2010年11月20日

コロラド州 PIKES PEAKをドライブ♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のコロラド旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。



えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりました。( ´艸`)



前半の3日間は えいと@夫の学会のためにコロラド州デンバーに滞在し、


そして、後半の3日間はデンバーから車で1時間半南下した所にあるマニトウスプリングスという所に滞在しました。


はじめはコロラドスプリングスに宿泊しようと思っていたのですが、


結果的にはマニトウスプリングスに宿泊して良かったです。


コロラドスプリングスとマニトウスプリングスは距離的には近いんですけど、


大自然の観光にはマニトウスプリングスがアクセス的に断然便利なんですね〜。



さて。


マニトウスプリングスの1日目は…。


先日、記事にいたしましたPIKES PEAKというコロラド州から見えるロッキー山脈の一部に登ってまいりました。


a-Pikespeak10-1.jpg


標高14110フィート(4300メートル)もある高い山なのです。


前回の記事に書きましたが、この山にはPIKES PEAK Cog Railwayという登山電車で行く方法と、ドライブ、徒歩で登ることができます。

   関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
     高山病になりかけました


えいと@夫妻はレンタカーでドライブして山頂まで行く方法を選びました。


いいお天気でドライブ日和でしたよー!


a-Pikespeak10-10.jpg


勾配はそんなにきつくはないんですが、ヘアピンカーブがけっこう多かったですねー。


しかもとちゅう舗装されていない道になるんです。


a-Pikespeak10-9.jpg


砂埃をあげながら タイヤを滑らせて走れるんですよー。


えいと@夫も、時々タイヤを横滑りさせながら嬉しそうに走ってました。


走り屋にはたまらないコースなんじゃないでしょうかね。


ただし。


車でこの山に登るには 一人12ドルかかるのと、


午後5時にはクローズ(季節によって異なります)されるので、


イニシャルDのように「ちょっと走りに行こうぜ♪」てなことはできないようになっているようです。


時間内だったら走れるけど、一般の車が走ってるので危ないかも…ですねぇ。



ところで、先日こういうコメント ↓ をいただきました。

毎年山頂までの自動車レースがあります。
スズキの車で日本人のドライバーが5年連続か?の連勝記録を持ってます。最高タイムも更新中です。
あまり、日本人に知られてませんが、マニアにはよく知られてます。
(By 夢見る親父さん


ここで自動車レースが開催されるようなんです!


スズキ車で 日本人ドライバーが記録を持っているそうですよ!


すごいですね〜〜〜!


それにしても、この道路、道路脇はすぐに崖で、しかもガードレールがない部分が多いのですよね。


こんなことろでペアピンカーブのレースってめちゃ怖そうじゃないですか〜。


スリル満点ですよねぇ。


 a-Pikespeak10-11.jpg


山の途中にお土産物屋さん&カフェ ↑がありました。


ここでちょっと休憩したり、お手洗いを借りることができます。


ここはINNでもあるようです。


グレンコープという けっこう有名なお宿のようです。


こういう所に宿泊するっていいかも! 


朝起きるとすばらしい景色が広がっているのが見えるんですもんね。


山から見る朝の太陽ってすごいでしょうねー。


見てみたい気もしますね〜。


ただし…海抜3,482mに位置するので空気はかなり薄いので、それを覚悟で…ですね。


 a-Pikespeak10-12.jpg


夏のいい時期には砂金採り体験 ↑ができるようですよ。


このへんはゴールドラッシュで栄えた町ですからね。


探せば今でも砂金が見つかるかもしれません。



さて。


PIKES PEAKのすばらしい風景をご覧くださいまし♪


  a-Pikespeak10-7.jpg


a-Pikespeak10-6.jpg


  a-Pikespeak10-2.jpg


a-Pikespeak10-8.jpg


いかがですか〜? 大自然!って感じでしょう〜?


登っていくに従って花崗岩地帯、アルプス・ツンドラ地帯となり、


山頂付近では木々がまったくない森林限界地域になっていきます。


いい季節には鹿、大鹿エルク、ロッキーマウンテン・オオツノ・ヒツジなどの野生動物に出会えるそうです。


今回は時期的に無理でしたね…。



えいと@夫妻が このPIKES PEAKに登ったのは11月14日だったのですが、


もっと雪がたくさん積もっていると思っていました。


けっこう雪は少なかったですねぇ。


山頂に近づくに従って風がえげつなく強くなるので、雪が吹き飛ばされるのでしょうね。


真冬になれば雪に覆われたPIKES PEAKになるのでしょう。



まだまだPIKES PEAKの記事は続きます。


また遊びにお越し下さいまし〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



この記事へのコメント
私は根性なしなので、車以外で行くなんて考えられませんね〜(笑)。
カーブが多いんですか?
酔ってしまいそう・・・・
でも、こんな素晴らしい景色が見れる為なら・・・って思っちゃいますね。
Posted by ree at 2010年11月20日 04:26
婿が車で ロッキーの一部のどこかに連れて行ってくれたことがありました

とにかく その雄大さには 驚き

吸い込まれそうでした

別の世界のようだったのを覚えています

Posted by はちきんイジー at 2010年11月20日 04:55
アロハ〜!
すばらしい眺めですね〜。
また、雲海もなく、見晴らし抜群〜!
マウイのハレアカラもこんな感じなんですが、雲海で景色がみえないことが多くて。
ロードレース、スゴイ迫力でしょうね〜。。
写真の構図がとってもステキです。
Posted by モリオリママ at 2010年11月20日 06:38
こんにちは。いい景色ですね。
思ったほど雪がないですね。まあ、本格的な雪は3月、4月でしょけど・・。私は鉄道で今年の春にいきました。頂上までは雪と風でいけませんでしたが、楽しい旅でした。
そうなんです、山岳地帯の道にはガードレールが無いんです。一度、アイダホスプリングス(デンバーから30分)の所に通称「Oh my god」と言う山道があります。
これもダートロードでガードレールがありません。片面は谷底です(落ちると天国です)。
話しによると、こうした道にガードレールを着けると州の予算がいくらあっても足らないそうです。
また、「Take your own risk」の考えなんですね。日本は甘ちょろいと言う事なんです(笑)。

これに輪をかけて、冬のこうした道です。昼間はいいのですが、夕方になると氷点下になり路面が凍りつきます。つまりアイスバーンでこちらでは「Black Ice]とか呼びますが、見た目には判らないので、そのままドーンです。また、フロントガラスにひびが入り、これが拡がるんです。まあ、いろいろありますね。

でも、楽しい旅でよかったです。ご苦労さま。
Posted by 夢見る親父 at 2010年11月20日 10:05
こんにちは。

コロラド、私は去年高山病に散々苦しめられたんですが、えいと@さんは平気でしたか?
どれもすごく素敵な写真ばかりで、行ってみたいなぁ☆っと一瞬思うものの、同時に高山病の恐怖が蘇ってきます(>_<)
私が行った地域のロッキー山脈も、植物はほとんど生えてなかったです。
ロッキーがいかに高いか改めて感じさせられますよね。
それにしても、こんな所でレースって…。
命をかけた本気勝負ですね(苦笑)
Posted by 日向夏 at 2010年11月20日 11:03

>reeさん。

車と徒歩以外に電車って手がありますよ。
文中に書いてますが「PIKES PEAK Cog Railway」という登山電車があるんです。
子供さんがおられる場合、電車お方が楽しいかもです。

>カーブが多いんですか? 酔ってしまいそう・・・・

カーブでスピードをしっかり落とせば大丈夫かなと思います。
レースじゃないので、スピードを上げる必要はないしね。
ガードレールがない山道なので急カーブで走ると怖いですし。

景色が素晴らしいので、感激で酔ってる暇はないかも〜です。(笑)

Posted by えいと@ at 2010年11月23日 12:38

>はちきんイジーさん。

>その雄大さには 驚き 吸い込まれそうでした

そうそう! そんな感じですね。
吸い込まれそう〜って感じ。
感激しまくりでした〜。

Posted by えいと@ at 2010年11月23日 12:39

>モリオリママさん。

>雲海もなく、見晴らし抜群〜!
>マウイのハレアカラもこんな感じなんですが、雲海で景色がみえないことが多くて。

そうなんですか〜。
雲海が多いと景色が隠れちゃって残念ですよね。
コロラドは雨の少ない地域なんだそうです。
雪の季節は別でしょうが、いい季節はいつも視界がGoodだそうです。

ロードレースはすごい迫力でしょうね〜。
ガードレールがない舗装されてない道路でのレース。
ひとつ間違ったら………ですもんねぇ〜〜〜。

>写真の構図がとってもステキです。

ありがとうございます〜〜〜。誉めていただいてうれしいです♪
写真の腕はまだまだで、勉強中ですー。

Posted by えいと@ at 2010年11月23日 12:43

>夢見る親父さん。

>思ったほど雪がないですね。まあ、本格的な雪は3月、4月でしょけど・・。

私もこの時期は雪がどうなってるか かなり心配だったんですよー。
道路が閉鎖されてないか…って。
ぜんぜん大丈夫でした。この時期は車で十分頂上まで行けますね。

>山岳地帯の道にはガードレールが無いんです。
>アイダホスプリングス(デンバーから30分)の所に通称「Oh my god」と言う山道があります。
>これもダートロードでガードレールがありません。片面は谷底です(落ちると天国です)。

ほんとに片面は谷底ですね〜。
スピードを出すと危ないなってところが何カ所もありました。
ホントに危険な場所にはガードレールがありましたが…。
きっと、今までに事故があったか、事故になりかけたのでしょうね。。。

>話しによると、こうした道にガードレールを着けると州の予算がいくらあっても足らないそうです。
>また、「Take your own risk」の考えなんですね。日本は甘ちょろいと言う事なんです(笑)。

なるほどー。
予算の関係ってのは辛いですね〜〜〜。(苦笑)
「Take your own risk」の考えはアメリカらしいっていうか、間、自己責任ってことなのでしょうね。

>これに輪をかけて、冬のこうした道です。昼間はいいのですが、夕方になると氷点下になり路面が凍りつきます。つまりアイスバーンでこちらでは「Black Ice]とか呼びますが、見た目には判らないので、そのままドーンです。

夜は気温が下がるので雪でなくても怖いですね。
自動車道に時間制限が設けられているのは、このへんのこともあるのでしょうね〜。

>私は鉄道で今年の春にいきました。頂上までは雪と風でいけませんでしたが、楽しい旅でした。

おぉ〜PIKES PEAK Cog Railwayに乗られたんですね!
私たちも、どっちにしようか迷ったんです。
電車にも乗りたかったんですけど、今回は車のドライブを選びました。

楽しかったです〜コロラド、いいところですね♪

Posted by えいと@ at 2010年11月23日 12:52

>日向夏さん。

>コロラド、私は去年高山病に散々苦しめられたんですが、えいと@さんは平気でしたか?

先日の記事に書きましたが、なりましたよ、高山病に〜〜〜。
http://eight-americann.seesaa.net/article/169580111.html
たぶん、あれは高山病でしょうね。息苦しかったですもん…。脈もはやかったし…。

>どれもすごく素敵な写真ばかりで、行ってみたいなぁ☆っと一瞬思うものの、同時に高山病の恐怖が蘇ってきます(>_<)

日向夏さんの高山病はどのような症状でしたか?
かなりきつかったんでしょうか…?
私の場合は、下山したらすぐに治まりましたよ〜。軽い症状で良かったです。

>私が行った地域のロッキー山脈も、植物はほとんど生えてなかったです。ロッキーがいかに高いか改めて感じさせられますよね。

ですよね〜。
本当に高い山。そこに車で頂上まで行けるっていうのもすごい!

>それにしても、こんな所でレースって…。命をかけた本気勝負ですね(苦笑)

ほんとに命がかかってますよねっ!
ガードレール、ないんですもん! こんなとこでイニシャルDのようなハイスピードで競争なんてやっちゃったら…。
さよ〜〜〜なら〜〜〜ってことになっちゃいますよねぇ〜。こわいよぅ〜〜〜。

Posted by えいと@ at 2010年11月23日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。