2010年11月03日

沖縄辺境を守れ! 85歳の女性に武士道の魂を見た!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日10月24日に行われた「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!」in 埼玉の記事を書きました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
  ビデオ公開を! 憲法9条改正を! そして尖閣諸島 与那国島に自衛隊を!


このデモで先頭を切って歩かれている中に一人のおばあちゃまがおられます。


 senkaku10-1.jpg


真ん中の女性の右側の方 ↑ です。この写真はお顔を隠していますが、写真の拝借元の花うさぎの「世界は腹黒い」さんのブログではそのままの写真が掲載されています。


このおばあちゃまは沖縄県在住の金城てるさんという方で、


なんと! 御年85歳!


沖縄から上京され、デモに参加されました。


そして「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」を自衛隊統合幕僚長に直接提出されました。



10/24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」提出:金城てる(5分33秒)


統合幕僚長 折木良一 殿

「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」

自衛官の皆様、日々の国防の任務、本当にありがとうございます。

皆様におかれましては、尖閣危機の今、新たな情勢に即した訓練に日々励まれている事と存じます。

一方、中国人民解放軍は東シナ海の覇権を目指して着々と動いており、尖閣諸島の実効支配も本気で狙っている事もご存知だと思います。

そして、もし尖閣諸島が人民解放軍に実効支配されたら、二度と取り返すことが困難であることもご存知だと思います。

国防のプロである自衛隊の皆様は、本来なら自衛隊を尖閣諸島近海や先島諸島近海に派遣するべきであることもご存知だとおもいます。

それにもかかわらず、現政権では国防に関する危機意識が不充分な国会議員が多いため、自衛隊も思うように動けず、臥薪嘗胆の思いでいるのではないかと推察いたします。

しかし、私達、日本の主権と自由を守るためには、日本の自衛隊が国家を守る意志を強くみせる事が必要不可欠だと確信しております。

このような中、尖閣危機の最前線の沖縄県民こそ、自衛隊配備要請の声を上げるべきだと考え、この度、上京し要請させていただきます。

「私達、沖縄県民は、日本国の主権と自由を守るために、尖閣諸島・沖縄へ自衛隊を緊急配備する事を強く要請致します。」

「一日でも早く、配備するようご尽力を更に強くお願いいたします。」


私たち沖縄県民は、国民の立場から、自衛隊の配備が実現するまで、国会に対して請願活動を行い続ける覚悟です。

自衛官の皆様は、国防のプロの立場から、どうか国会議員を教育し説得をお願いいたします。

自衛隊の皆様が沖縄に増強配備、駐屯される時には、沖縄県民総出で日の丸を振って、大歓迎で迎えさせていただきます。

国を守る尊い任務に励む隊員の皆様と、ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

          平成二十二年十月二十四日     

   沖縄請願団 代表 沖縄県那覇市○○○丁目○○-○ 金城てる


沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)さんより転載させていただきました。



金城てる氏の活動を拝見して、


私は金城氏の中に「武士道」の魂を感じました。


国のために! 沖縄を守るために立ち上がって活動されている85歳の女性!


普通85歳にもなって上京して運動しますか?


それも自分のために…ではないんです! 国のために! 沖縄のためにですよ?


私は国を思うこの女性の魂の中に「武士道」を強く感じました!



ところで、話は変わりますが。


11月4日に台湾人の高金素梅氏が尖閣諸島へ上陸するかもしれないとの情報があります。


高金素梅という人は父親が外省人(戦後に台湾に渡った中国人)、母親は台湾原住民 タイヤル族だそうで。


中国共産党から支援を受けて 強烈な反日運動を行なっている台湾の政治家です。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    靖国神社に戦犯は一人も存在しない


高金素梅氏は2009年8月11日に大勢の台湾原住民を引き連れて「靖国神社」で大暴れをしました。

  高金素梅が靖国神社で暴挙 8月11日 1/2(動画8分41秒)
  靖国合祀に対する台湾原住民の本音(動画3分47秒)


この人は反日行動を行うことによって 中国から多額のお金を受け取っています。


つまり。


反日運動をすればするだけお金になるのです。


日本に対し何らかの不満を持ってる人はお金になるんだったら反日運動をやろう〜♪って思いますよね?


すべて自費で、大勢のタイヤル族の人々を連れて日本にやって来て神社で大暴れしますか?


普通はしませんよ。


他の日本人や外国人による反日左翼の運動も同じです。


反日運動をするとお金が出るんです。だからするんです。


中国の狙いは「この極左反日議員を駆使して台湾国内の親日ムードに冷や水を浴びせる一方」で、


日本の親台派には「台湾にこんな反日議員がいるのか」と悪印象を抱かせて、日本と台湾の民間交流を分断させるとの思惑があるようです。


こんな中国の陰謀に 日本は乗ってはいけません!


尖閣諸島が台湾の領土であると主張しているのは、中国の息がかかった台湾人の行動です。


中国は「台湾は中国の一部」だと言い切っているのですから。


高金素梅氏は中国共産党に利用されているだけなんです。


いや、彼女は「台湾は中国に併合されるべき」と考えているので、台湾にとっては売国議員なのでしょうね。



以前の記事にも書きましたが、


国境って本当に危険な場所なんですよ。


特に、日本の場合は近隣諸国に領土を狙われていますからね。


尖閣諸島は中国、台湾に、


竹島(実効支配されている)及び対馬は韓国に狙われていますからね。


北方領土(実効支配されている)はロシアに奪われてしまってますし。


日本は領土、領海、辺境にもっと気を配らないとダメなんです。


ボーッとしてたら国土がどんどん削られてしまいますよ!


もしあなたの家の庭の離れに埋蔵金が埋まってるということを知ったお隣の家のちょっと強面のご主人が、


「そこはわしの土地だから、お前は出て行け!」…って言ってきたとしたら…。


あなただったらどうします?


お隣のご主人の言うがままになりますか? それとも断固として自分の土地を守りますか?



国境近くって かなり危険地帯なんです。


皆さま、アメリカのアラスカ州、バローをご存知でしょうか?


バローがどんな町かはこちらの記事の第9章 ↓ をご覧になってくださいね。
    えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)


ご存知の方もおられるかもしれませんが、アメリカのアラスカ州、バローにはアメリカ軍が厳重に配置されています。


アラスカ州の原住民族、エスキモーの方々が住むのどかな田舎町に厳重な軍隊ですよ。


なぜだかわかりますか?


目と鼻の先にロシアがあるからですよ…。


ソ連が崩壊し冷戦は終わりましたが、現在に置いてもアラスカの辺境には軍を置いて警戒しているのです。


それが普通です。国防とはそういうことなのです。


中国船の衝突事件が起きた尖閣諸島周辺の海域は良い漁場として知られている。
中国人船長の釈放に、漁業関係者からは「安心して漁ができない」「何を信じればいいのか」など、怒りと不信の声が上がった。
 
尖閣諸島に近い与那国町漁協の中島勝治組合長(44)は「あの辺りは最高の漁場。国交を断絶してでも、起訴すべきだった。
中国の圧力に負けてみんな憤慨している」。
中国船の目的は漁ではなく、領土の主張だとみる中島さんは「これからは中国側が日本船を拿捕するようになるのではないか。
政府は国境に暮らしている人の気持ちが分かっていない」
と不安も漏らした。
 
石垣島の遊漁船船長(58)は「地元の船はあの辺にはほとんど行っていない。
トラブルがないようにはっきり線引きし、中国や台湾とも仲良くやっていければいいのだが…」と声を落とした。

【中国人船長釈放】「安心して漁ができない」 地元漁師に怒りと不信(産経ニュース)


これ ↑ が国境付近で暮らす方々の本音です。


日本は沖縄の離島、尖閣諸島に自衛隊を駐屯させ、国土を守るのが当然だと思いませんか?


沖縄にも「日本の国を、沖縄を守りたい!」と思っておられる方はたくさんおられます。


沖縄のマスコミは 日本本土よりも強烈な左巻きですから、なかなか沖縄県民の声が聞こえて来ないのです。


そこで!


金城てるさんは立ち上がったのです!


沖縄の声が、国を護りたいという沖縄県民の声が 本土になかなか届かない!


この現状に危機感を持たれたのです。


どこかの運動家のように、お金になるからやっているのではないのです。


自らの意志で「沖縄、尖閣諸島に自衛隊を!」と運動されているのです。


我々も声を上げなくては!


国境の島を守らなくて国そのものを守れるはずはないのですから…!



ところで、沖縄最西端の島、与那国島の島民を守ってるのは警察官二人なんだそうです。


1670人の島民をたった二人のお巡りさんが守ってるんですって!


国境の島なんですよ?


国境を防衛しない…ってありえません!



さて、去年の8月に与那国島の町長選挙が行われたそうです。


こちら ↓ は与那国島の自衛隊誘致賛成派と反対派の議員の意見を収録した動画です。



 【与那国島レポート】自衛隊誘致反対派・小嶺博泉町議に聞く(26分50秒)


 【与那国島レポート】自衛隊誘致推進派・外間守吉町長に聞く(6分20秒)


こちらの動画 ↑ は2009年の8月の与那国町長選挙前であり、


もし自衛隊誘反対派の候補者が選挙に勝つと 辺境の自衛隊誘致は不可能になるという懸念がされていたわけですが、


結局 選挙では自衛隊誘致賛成派の外間守吉氏が勝ったようです!


本当に良かった!


与那国島の町民の方々は 中国の脅威を肌で感じておられるからでしょうね!


与那国島町民の方々! Good Jobですっ!


もし、お時間に余裕のある方はこちらの動画 ↓ もぜひご覧になってください。

 【与那国島レポート】与那国町・糸数健一議員に聞くその1(16分)
 【与那国島レポート】与那国町・糸数健一議員に聞くその2(12分10秒)


与那国島の議員さんが沖縄、そして日本にとって 大変重要なことを述べられています。


こんな大切なことを沖縄のマスメディアはまったく報道しないんですよ…。



そして! もうすぐ大事な選挙が沖縄であるんです!


11月28日の沖縄知事選挙です!


これ、ものすごっく重要な選挙ですよ!


だって…!


現職の仲井眞知事の対抗馬は こういう人 ↓のようですから…!
   沖縄の県知事選 masaさんのブログより


対抗馬の現 宜野湾市長の伊波氏はバリバリの「米軍基地反対派」です!


沖縄の米軍海兵隊を全部グアムに移転させると明言している方ですから…!


普天間基地だけじゃなくですよ?


沖縄を防衛のまったくない 丸裸にしようとしているんです。


こんな人が当選しちゃったら…。


間違いなく中国は沖縄を狙ってやってきますよ…!


沖縄県民の方! 賢明な選択をお願いしますっ!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 14:41| Comment(21) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜
さやーむです。

金城てるさんの「武士道」魂は本当に凄い!!
85歳で最前列でデモに参加し、自衛隊の要請書を読み上げる・・・。
ちょっとやそっとで真似出来るもんじゃありません!!頭が下がります。

こういう方の熱いメッセージを日本中の方に知ってもらいたいです。そしたら、平和ぼけしてる暇なんてないことが分かるんですけどね。

今、日本は北から南まで狙われているという、戦後初の危機的状況にみまわれている中、なんでトップニュースが「オバマ中間選挙、敗北」(NHK)やねん!!怒

ニュースを見て毒づき独り言がますます増えてる今日この頃です。。。

さやーむ

Posted by さやーむ at 2010年11月03日 19:12
菅総理が遺憾と言っても、領土問題は無策やカードなしの交渉では解決しない。
前原外相の対抗策は無いよりはましであるが、甘すぎて、話にならない。
北朝鮮に対する制裁を上回る制裁をロシアに対しても実施すべき。
泥棒メドベージェフは北朝鮮の金正日より腹黒でたちが悪い。
モスクワの領土泥棒メドベージェフを標的にしたミサイルを北海道に配備することが必要。
核弾頭を搭載するのが望ましい。核は使用するのではなく交渉のカードとする。
Posted by 盗っ人メドベージェフ at 2010年11月03日 20:22
先日、中国は昔から、兵士ではなく普通の市民を、実効支配の先兵として送り込む、ということを新聞で読みました。それで、南沙諸島も奪われてしまったと。
夫が以前、ロシアの人(ロシアに住んでガイドをやっている日本人?)に、「ロシアでは北方領土に移住するといろいろと優遇措置があるからそこへ行こうとする人たちがいる。そして、市民がどんどん増えて、実効支配が完成した」と言われたそうです。
つまり、ロシアも「お金」で市民を動かして、領土を広げようとしている・・ということだと思います。
今の内閣は、ロシアにも何も言わず、中国へは尖閣問題が解決しないのに訪中団を送り込む、と高らかに宣言しています。
日本はもう、すべてを失う瀬戸際に立っているのかも知れません。
Posted by しおん at 2010年11月03日 23:42
実家の88歳は、ここまで行動力はないけれど、日本の行く末について、最近話す事が多いんですよ〜。
自衛隊は絶対不可欠な存在です。
今日は水曜日、子供達がもう帰ってきちゃったので駆け足でごめんなさい。
Posted by ree at 2010年11月04日 03:44
えいと@さん、こんにちは。
毎回、内容の濃いエントリー、またその努力に海外在住の方だけでなく多くの日本人へ強いメッセージになってます。

私は25年程前から、コンピューターをいじくっていました。最近はネット中心に広く日本の情報を検索していますが、2008年の北京オリンピックからリーマン破綻の金融危機以後、毎日数時間を費やしています。
日本にいる友人達は、新聞とテレビのニュースだけでしょう。つまり、マスコミ(マスメデイア)中心と言うことでしょう。

この2008年から現在まで、ものすごい変化が起きてます。一言で言えば「世界全体がパラダイム・シフトを起こしている」こんな感じです。
ある意味では危険な状態でもあります。後日この件についてコメントいたします。

さて、「沖縄辺境を守れ! 85歳の女性に武士道の魂を見た!」なんですが、正に「命を賭けた最後の祈り」の様な執念を感じますね。
彼女が二十歳のときに終戦を迎えられたんでしょう。
当時の沖縄を想えば「絶望の淵」にあったと思います。

普天間基地の問題、尖閣列島の問題、沖縄の市民の本当の声があまり聞こえてこないのですが、皆さんどうですか?
私は横須賀基地に住んでいましたから、アメリカ軍基地の状況はだいたい判ります。
本州内の米軍基地と沖縄の基地との決定的な違いが判りません。どなたか判る方がいましたら、説明お願いします。


Posted by 夢見る親父 at 2010年11月04日 04:49
沖縄を語る上で参考になればと思い、横須賀基地についてお話します。
女房がアメリカ人で米軍基地で教師をしていたもので、結婚以来2004年まで横須賀にいました。

横須賀には通称「どぶ板通り」が基地の正面にあります。言わば、水兵さんの遊び場ですが、中には「米軍お断り」の店もあります。基地内の行事に「フレンドシップ・デイ」が年2回ほどあります。その時は基地内の住宅地以外は日本人で埋め尽くされます。
特に空母に乗りたい子供は限りなしですね。私はミッドウエーの頃からいました、その後新しい空母に何回か変わり、今はワシントンですか?わかりません。

基地内で働く日本人は2万人位だとだと思いますが、基地内での仕事を希望する日本人は多いと想ってます。
アメリカ軍にとっての日本の基地は日米安全保障の問題は当然ですが、日本の技術力も影の力になってます。
空母にしろ、その他でも修理は日常であり、年々ハイテク技術が必要になります。今、アジアでそれが可能なのは日本だけではないでしょうか。
日本無くして、アメリカが成り立たないとも言えます。

米軍基地の提供で、横須賀市に政府からの補助金が出ているはずです。(50億円くらいだと想うのですが、不確かです)そして市民感情ですが、全体的には極めて良好だと思います。(若いアメリカ人のセーラーと付き合って女性、待ち構えるXX婦もいます)
時々事件は起きますが、米軍だからと言うわけでもないと思います。
もし、基地がなくなれば、どうなるか?
仕事、補助金、が無くなりますから、まず衰退するでしょう。

沖縄の人はこの辺をどう考えているんでしょう。?

Posted by 夢見る親父 at 2010年11月04日 05:33
Oh〜!こんなパワフルなオバアチャンがいたとは!!
すごく頼もしいですね。
それと同時に、私らももっと出来ることがあると再確認させられました。
私の母なんかもデモに参加したと言っていましたけど、
あの人は血の気が多い性格なので考えると恐ろしいです・・・(笑)
やはり危機感を覚える一般市民も徐々に増えているのでしょうかね。
それなら良いのですが!
話しが逸れましたが、「沖縄市民=基地反対+自衛隊否定+沖縄独立」なイメージありませんか?
市民全員が左翼思想のようなイメージがありますよね。
マスコミがそういう方向でしか報道しないからですけど。
だから本当の沖縄市民の声がまったく聞こえない。
沖縄県民だって、何もしないで中国に乗っ取られる恐怖心や蟠りはあるはずなんですけどね。
マスコミって本当に悪質ですね。

反日運動ってウンザリしますね。
私のブログにリンクしてある「老人タイムス」というブログを読んで頂いてもわかりますが
(ブログ主さんは元新聞記者で、現在もインドネシアなどと色々交流のある方)
そこで従軍慰安婦の話が出てきましたが、民主党の岡崎なんかが色々運動してますでしょ?
あんな感じなのかインドネシアで従軍慰安婦の賠償の話が出たら、当時の軍人よりも多くの数の
女性が名乗りを挙げたという驚くような話しもあるのです。
結局、お金になるからなんですよね。
特アの反日活動は全てお金を引き出すのが目的なのが見えているのに、
今のバカ内閣はいつまでも土下座している。
本当に呆れかえりますよ!!

Posted by ちょびまめ at 2010年11月04日 09:57
アロハ〜!
このお写真、どなたかのブログでも拝見しました。
そういういきさつのあるご婦人だったんですね。
こちらでも、80代のご婦人で、政治のことに精通されている方がいます。
インターネットはしないけど、的確な雑誌や本を読んでいらっしゃるので、インターネット族と全く同じ情報をお持ちです。
今の日本、尊敬できるお年寄りが先頭に立って、愛国を唱えてくれるの、何よりの力ですね。
自分のふるさとを自分で、守る。
それは、自分の国を自分で守るということですね。
てるさんの闘志を、日本国民にばら撒いて欲しいです。
自衛隊に対する国民の気持ち、大きく変わって欲しいです。
自分たちを守ってくれる、大切な大切な軍隊と。
反日はお金で買われたものなんですね。。
そんなことだろうと。。
この大きな違いは、将来に結びつくと思います。
Posted by モリオリママ at 2010年11月04日 11:29
85歳でこうして沖縄の為 国の為に 

行動を起す女性

心に強く 残しておきたいです。


沖縄知事選挙なんですね


Posted by はちきんイジー at 2010年11月04日 13:04
も〜〜、何万回でも応援ポチ!しちゃう〜〜〜!!!

ところで、ちょびまめさんからの情報なのですが、
携帯電話でえいと@さんのブログを閲覧しようとすると
『無謀なデータを受信しました」とメッセージが出て、
記事が開けないのです』という事態になってるそうです。
これは、まさかとは思いますが検閲をかけているって
ことなのか???
なんてエゲツナイんでしょう(`皿´)

着実に中国化がはじまっている!
これは由々しき事態です。
Posted by たまてん at 2010年11月04日 19:04
訪問が遅くなっちゃってごめんなさい、コメントも遅れ気味・・・・

自分の国のことを知り、自ら行動する。これって、簡単そうで本当にむずかしいですよね。
先日地方選挙がこの辺りではありましたが、そのとき「国を愛するからこそ自分が自分の国に意見を述べられるよう、投票するんだ」「この権利がなくなったら 国は滅ぶ」とアメリカ人が言ってました。全くですね。
投票日すら知らないひとがいたり、先日もえいと@さんが記事にして下さっていた北方領土の問題、今回の尖閣諸島の問題。どうして日本人で日本国内にいながら 見ぬ振り、聞こえぬふりが出来るのかが 逆に分かりません。

85歳!たくさんの物事を見て聞いて考えていらしたに違いありません。
心からこの方に拍手を送りたいです。
Posted by moi at 2010年11月04日 23:41

>さやーむさん。

85歳で沖縄から上京し、デモに参加、自衛隊の要請書を読み上げる…!
普通はできませんよ。
本島に頭が下がります。
金城氏の行動力に拍手ですね。
金城氏の行動を無駄にしないよう、我々も声を上げないと…って思います。

アメリカの政治は日本に影響するので、ニュースとして流すのは当然なのでしょうけどね。
でも、こういうことも流して欲しいですね。
国民が立ち上がっているのですから…!

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 06:18

>盗っ人メドベージェフさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

世界は腹黒い…ってことですね。
日本はもっとしたたかにいかないと、国を乗っ取られてしまいそうです。
今の素人政権では望み薄ですね…。

核兵器ですか。
私は、核については慎重であるべきだと思っています。
核保有に反対ではないのですが、大手を降って賛成もしていません。
いろいろ問題が多いのでしっかり議論して、
抑止力のために使うような核を考えるべきだと思っています。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 06:23

>しおんさん。

>先日、中国は昔から、兵士ではなく普通の市民を、実効支配の先兵として送り込む、ということを新聞で読みました。それで、南沙諸島も奪われてしまったと。

そうなんですね。中国はそういう手法で侵略していきます。
中国の中では、中共政府による土地の収用が頻繁に行われているんだそうです。
中国では土地は国のものですからね。自由に収用できますよね。
今、土地を失った中国国民が「尖閣諸島」への移住を国に申し立てしていて、
中国もそれを許可する方向なんだそうですよ。

>「ロシアでは北方領土に移住するといろいろと優遇措置があるからそこへ行こうとする人たちがいる。そして、市民がどんどん増えて、実効支配が完成した」と言われたそうです。

千島列島なんかがそうだったんでしょうね…。
ロシアは本当にしたたかです。
すでにロシアの国民が住み着いている北方領土…。
日本に戻って来る可能性は低いですよね。
それでも主張だけは続けていかないと!…って思います。

尖閣諸島には自衛隊が駐屯すべきです。
でないと、本当に中国人が住み着いちゃいますよ。
そうなったら北方領土と同じになってしまいます。
今のうちに何とかしないと…!

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 06:31

>reeさん。

88歳のおばあさま。
戦前の日本のこともご存知ですね。
戦争のこと、戦争前のこと、日本のいろいろなお話を聞いておいてくださいね…。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 06:34

>夢見る親父さん。

>「沖縄辺境を守れ! 85歳の女性に武士道の魂を見た!」なんですが、正に「命を賭けた最後の祈り」の様な執念を感じますね。
>彼女が二十歳のときに終戦を迎えられたんでしょう。
>当時の沖縄を想えば「絶望の淵」にあったと思います。

そうですね。
戦前、戦争中、戦後の米国占領下時代、そして今…。
金城てる氏は時代をずーーーっと見て来られた方です。
このままでは沖縄が危ない! 日本が危ない!と国を憂い、
「命を賭けた最後の祈り、戦い」をされているのだと思います。


>普天間基地の問題、尖閣列島の問題、沖縄の市民の本当の声があまり聞こえてこないのですが、皆さんどうですか?

日本のマスメディアを見ていると、かなり左に偏っているのがわかります。
その中でも沖縄のマスメディアは特にすごいようです。
中立的な内容のものがいっさいなく、すべて左に偏っているんだそうですよ。
沖縄の日教組の力も大きいですし、
本土の左翼活動家の中には、沖縄に住民票を移して活動をしているということもあるようです。
「沖縄に米軍基地があった方がいい」なんて言える雰囲気ではないと聞いています。

そういった左翼活動に影響されている沖縄県民の方は多いでしょうね。
でも、そうでない沖縄県民もたくさんおられると思います。
そういった声は左翼グループにかき消され、なかなか聞こえて来ないんですね…。


>市民感情ですが、全体的には極めて良好だと思います。(若いアメリカ人のセーラーと付き合って女性、待ち構えるXX婦もいます)

横須賀基地情報、ありがとうございます。
アメリカ兵と付き合う沖縄の若い女性は多いと聞きます。
このへんの事情は本土の基地と同じでしょうね。
ただ、市民感情はちょっと異なるのかもしれません。
沖縄は戦争の被害者だという、そういった左翼の刷り込みがあったせいもありますが、
沖縄県民のアメリカ兵に対する感情はあまりいいのもではないようです。
沖縄の米兵がレ○プや交通事故など、犯罪が多いと言われていますが、
調べてみると、そういう事件や事故はあることはあるのですが、件数としてはそんなに多くないようなのです。
そういった事件や事故があるたびに大きくニュースに取り上げられるので、米軍の犯罪が多いと思い込んでしまっているんですね。

そして、基地で働く県民が多いのも事実。
過去記事で書いてますが、基地があるからこそ町が栄えたという事実があるのです。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/148374996.html

補助金もそうです。
基地があることで、住民に対する特別な援助があります。
それを目的に基地のある地域に引っ越す人さえいるんです。

もし、沖縄の米軍基地をすべてなくしてしまうとなったら…。
失業者はあふれるでしょう。
補助金がなくなるので、今の生活を維持できなくなるかもしれません。
そして、懸念している中国の侵入が考えられます。
沖縄はあっという間に中国に飲み込まれてしまうでしょうね。

こういうことをきちんと考えている沖縄県民の方は「基地はあった方がいい」と考えていますし、
沖縄辺境の島に自衛隊を駐屯させて欲しいと願っているのです。
現実が見えている沖縄県民の方々の声を消さないようにしないといけませんね。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 07:21

>ちょびまめさん。

>Oh〜!こんなパワフルなオバアチャンがいたとは!! すごく頼もしいですね。
>それと同時に、私らももっと出来ることがあると再確認させられました。

ですよね〜。
私も感動いたしました。
こうやって頑張っておられるおばあちゃまがいてくれる!
我々も声を上げなきゃって思いますね。

>「沖縄市民=基地反対+自衛隊否定+沖縄独立」なイメージありませんか?
>市民全員が左翼思想のようなイメージがありますよね。マスコミがそういう方向でしか報道しないからですけど。

そうなんです。
これはきっと、沖縄の左翼マスコミ、反日左翼活動家によるイメージ操作でしょうね。
さも、沖縄県民のほとんどが米軍基地反対! 自衛隊反対!…って思ってるという印象が作られているのです。

>インドネシアで従軍慰安婦の賠償の話が出たら、当時の軍人よりも多くの数の女性が名乗りを挙げたという驚くような話しもあるのです。

そうそう! この話知ってます!
一人の軍人が2〜4人の慰安婦を囲ってたような計算になるくらいの元慰安婦が名乗り出たそうですね。
要するにお金なんですよ。
お金がもらえるんだったら、元慰安婦じゃなくても「元慰安婦です」って言うんです。
韓国の元慰安婦って言われる人たちも同じです。
ああやって運動したらお金がもらえるんですよ。
本当に慰安婦で働いてた人を責めることはできません。
でも、戦後65年にもなってるのに、まだこんな風に補償しろーって運動しているのは軽蔑します。
何で日本に言うんですか? 補償を求めるのなら韓国政府でしょ。…って思います。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 07:32

>モリオリママさん。

お年を召しておられても、国を思う心は同じですね。
80歳を超えられてる方は戦前、戦争中、そして戦後を経験して来ておられます。
あの時代をしっかり見て来られている方々なんですね。

自分の国は自分たち自身の力で守る。
こんな当たり前のこと、今までしてこなかったんです。
おかしいですよね?
平和憲法を守りたいと思ってる人は、このまま永遠にアメリカに守ってもらえばいいって思っているのでしょうか。

>反日はお金で買われたものなんですね。。そんなことだろうと。。

沖縄辺野古の座り込みの運動も、日当とお弁当が出るそうですよ。
これを聞いたとき脱力しましたよ…。
4月25日に行われた沖縄の「基地に反対する県民大会」ってありましたでしょ?
9万人もの参加があった!…って大々的にニュースニなりましたよね。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/149156238.html
あれ、集会の人数を水増ししてたのはすっかり有名になっちゃいましたが、
あの集会にいくためのバスが出たんだそうです。
集会に行くのにバスを出すってすごくないですか? 左翼から資金が出たのでしょうね。

先日から行われている「尖閣諸島糾弾デモ」はどこからもお金は出てません。
名古屋のデモに参加された方がお友達ブロガーにいるのですが、
その方がおっしゃるには「県外からの参加者も多かった」とのことです。
お金が出なくても愛国のデモは集まるんです。
国を守るための暑いエネルギーを感じますね!

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 08:07

>はちきんイジーさん。

>85歳でこうして沖縄の為 国の為に 行動を起す女性
>心に強く 残しておきたいです。

本当ですね! 残しておきましょう!

沖縄知事選挙、今月28日です。
この選挙で沖縄県の将来が決まるといってもいいくらいです。
もし、現 宜野湾市長の伊波氏が勝ってしまったら…。
もうお先真っ暗です。
米軍基地に反対なら反対でもいいんですが、
それならどうやって沖縄を守っていくのか、そのビジョンが伊波氏にはまったくありません。
平和な沖縄を!…って言ってますが、どうやって平和を保てるのか、
米軍もいらない、自衛隊もいらないでは沖縄に平和はありません。
沖縄県民の方の賢明な判断をお願いしたいですね…。
Posted by えいと@ at 2010年11月07日 08:14

>たまてんさん。

>も〜〜、何万回でも応援ポチ!しちゃう〜〜〜!!!

ありがと〜〜〜。感謝です〜。

ちょびまめさんの携帯の件、サーバーの問題だったようです。
私の弱小ブログに目を付けるなんて、そんなことはないと思いますが、
もし、本当にブログの内容によって閲覧できないようになってきているのであれば由々しき問題ですね。
情報制限が始まっているのか…?って勘ぐってしまいますね。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 08:17

>moiさん。

>自分の国のことを知り、自ら行動する。これって、簡単そうで本当にむずかしいですよね。

そうなんですよね…。
日本では、最近でこそ こういうことが言えるようになって来ましたが、
ちょっと前はなかなか言えませんでしたよね。
「日本はもっと軍事力を持った方がいい」なんて言えば「戦争を始めたいのか?」なんて思われてましたし。
「反戦平和」「みんな平等」こんな風に言うことのほうがすばらしいように思い込まされていたんです。

自分の国を自分たち自信の力で守る。
こんな当たり前のことが今までなされてなかったんですね。
沖縄はもっと深刻だと思います。
だって、目と鼻の先に中国という国があるんですから…。
そして「米軍基地賛成! 自衛隊駐屯を望む」なんて言えない雰囲気がまだまだ根強く残っているのです。
そんな中、このおばあちゃまは運動されています。
たくさんの物事を見て聞いて考えて、この運動をされているんです。
沖縄を、日本を守りたい!
私たちも頑張らなきゃ! 我々の子孫に日本という国を残さなきゃ…って思います。

>投票日すら知らないひとがいたり

有権者でありながら選挙に行ったことがないって人、けっこう多いんじゃないでしょうか?
国民が唯一意思表示できる、選挙。
この権利がなくなったら、独裁国家一直線です。
そう、今の北朝鮮、中国のように…。

Posted by えいと@ at 2010年11月07日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168140937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。