2010年10月18日

歴史を感じさせるステキな街並 SC州チャールストン


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日、無事にSC州チャールストンから戻ってまいりました。


旅行中はネット環境がイマイチで、ほとんどPCを開けることができませんでした。


それなのにご訪問、コメント、応援ポチ☆をしてくださってほんとうにありがとうございました! (^人^)感謝♪


とーってもうれしかったです。


コメントのお返事が遅れておりますが、もう少しお待ちくださいね。m(*- -*)m



さて。


今回サウスキャロライナ州 チャールストンというところで えいと@夫の学会が行われました。


そこに えいと@も一緒について行きまして、えいと@はちゃっかりチャールストン観光をしてきちゃいました。


ところで、先日のコメントでサウスキャロライナってどこ?…というご質問をいただきました。


サウスキャロライナはアメリカ東海岸の南部に位置いたします。


大きな地図で見る


東海岸沿いなので気候は温暖で海の幸が多い ステキな街なのですねぇ。


えいと@夫妻が訪れた7日間は毎日が快晴で観光するにはバッチリのお天気でした。


ただ、はじめの3日間はこの時期にしてはかなり暑く、天気予報でもRecord high temperaturesって言ってましたよ。


南国の太陽は痛いんですねー。ジリジリ焼けるような感じです。


しっかり日焼けしちゃいましたよー。


湿気が少ないせいか汗はそんなにかかないのです。これは日本の暑さと違うところですね。


日陰に入ると涼しいんですよね。とーってもさわやかです。(o^-^o)



そんな南国のSC州チャールストンの街並をご紹介いたします。


a-SCtya10-8.jpg


チャールストンは、植民地時代からイギリス文化を継承してきている街なのです。


1861年に勃発したThe Civil War(アメリカ南北戦争)の激戦地であったことから、ほとんどは破壊されてしまったのですが、


焼け残った建物や再建された建築物が多く、19世紀の面影を残す街です。


a-SCtya10-7.jpg


ところでこの小径 ↓ ステキだと思いませんか〜?


   a-SCtya10-11.jpg


こんな風 ↑ ↓ に昔の面影の残した小径があちこちにあるのです。


a-SCtya10-6.jpg


いい感じでしょう〜? (=´▽`=)


木陰で涼しいしね。


こういうところを歩くの、大好きなんですよ〜。


こういう小径を見つけると(個人のお宅でないかを確認をして)歩きました。


   a-SCtya10-10.jpg


 そしてアメリカ南部といったら豪邸ですっ!


   a-SCtya10-12.jpg


かつて農業で栄えた南部にはハンパないくらいのお金持ちがいるのです。


ここチャールストンには多くのプランテーションがあり、


プランテーションの経営に成功して富を得た人々が存在したのですねぇ。


一般公開されている豪邸もありました。


また後日、ご紹介いたします♪



   a-SCtya10-2.jpg


街には こんな風 ↑ に馬車が走っているんですよー。


馬車に乗って街並を眺めるのもいいですね♪


a-SCtya10-9.jpg


チャールストンの東側は大西洋に流れ込むCooper Riverに面しています。


淡水と海水が混じりあった川なので イルカが入って来るのです。


何度かイルカを見かけましたよ。


こういう風景を眺めてゆったりとした時間を持つってステキだと思いませんか?



時間がゆっくりと流れ 歴史を感じさせる街 チャールストン。


ステキなだけではなく、考えさせられる街でもありました。


そのことについては また後日記事にいたしますね。また見にお越し下さいまし〜。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
こんにちは、久しぶりになります。

西に東にではなく、北に南にですね。忙しそうですね。いい旅が出来ましたか? 

今、日本では反中デモが各地に広がっています。また中国各地でも反日デモが行われ、話題満載といった感じがします。
背後には中国の内包する数々の問題点;
水、食料、石油、賃金格差、社会保障の未発達、通貨(元)、資源の買いあさり、党本部と軍部の確執、物価の上昇と低賃金、情報の統制と検閲、民主化への動き、

もはや、国内問題だけでも政権維持が難しいのではとかってな勘ぐりをしています。

日本のこうした動きが、より一層中国内部の腐敗構想を
顕在化させるきっかけになると思います。

今までえいと@さんが発信してきた事を含めて、多くの日本人が覚醒していることの証明だと思います。

最近、ブログランキングが落ちてますので、気になってます。落ち着いたら、皆さんに強いメッセージを送ってください。

夢見る親父


Posted by 夢見る親父 at 2010年10月18日 03:49

>夢見る親父さん。

お久しぶりです。
ハイ、とーってもいい旅でした〜。
SC州はいいところです〜。
大好きになりました。また訪れたい街のひとつですね。

ボストン、チャールストンに滞在していた1週間ちょっとの間 ブログの更新がとまってしまったせいでランキングが落ちてしまいました。(苦笑)
ネット環境が悪かったせいもあって、日本のニュースもほとんど見ることができませんでした。

BUFに戻って来て16日のデモがあったことを知りました。
中国の反日デモのことも…。
NHKは中国のデモのことはトップニュースで流したにもかかわらず、16日の日本の尖閣諸島のデモは「一部のグループによる抗議運動」ですって。
3000〜5000人規模のデモだったのに!
何なのでしょうか、日本の報道は!(怒)
http://www.youtube.com/watch?v=HmAbQOAJ_OU&p=7D48868CDF46F5CC&playnext=1&index=4

他の報道も産経くらいですかね、ちょっとまともに記事を書いていたのは。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101016/plc1010162026013-n1.htm

AFPでは都内で右派系デモ、中国の「侵略」に抗議 1000人以上行進ですって。
右翼系ではなく一般の日本人が参加したデモなのに。(怒)
日本の場合は「愛国」っていったら右翼になるんですね〜。
http://www.afpbb.com/article/politics/2766352/6332597

時事ドットコムは「反中集会」ですって。
反中デモではけっしてないのに。しかも集会って…!(怒)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010101600266


>中国各地でも反日デモが行われ、
>背後には中国の内包する数々の問題点;
水、食料、石油、賃金格差、社会保障の未発達、通貨(元)、資源の買いあさり、党本部と軍部の確執、物価の上昇と低賃金、情報の統制と検閲、民主化への動き、
>もはや、国内問題だけでも政権維持が難しいのではとかってな勘ぐりをしています。

同感です。
今回の中国のデモは中共の抑えがきかなくなって来ている感じがしますね。
もしかしたら、このことがきっかけで民主化運動につながっていくかもしれませんね。


Posted by えいと@ at 2010年10月18日 06:29
南北戦争など

歴史的な街としてしられる所ですよね

まだいった事がありませんので

お話 や 写真など楽しみにしていますね





Posted by bachama at 2010年10月18日 09:48
えいと@さん、おかえりなさい。
楽しい旅だったようですね!お写真から
旅の様子が伝わってきます。
私は南部ってまだ行った事がなにのですが、
建物に歴史を感じて素敵です。
真っ青な海も似合うんでしょうね。
Posted by みどり at 2010年10月18日 10:24
素敵な風景ですね〜。
街並みも素敵だし、
散歩するのに気持ち良さそうな小道ですね。
雰囲気がありますよね〜。
馬車に乗って散策してみたいです!
Posted by コメット at 2010年10月18日 14:33
アロハ〜!
お帰りなさい〜!
本当にフロリダに近いですよね。
ハワイのような気候なのに、町はヨーロッパみたいですね。
アメリカとは思えない。
こういう石畳いいですね〜。
足の裏マッサージにもなるらしいですよ。(笑)


Posted by モリオリママ at 2010年10月18日 15:11
おかえりなさーい!
良い旅行だったようですね。
えいと@さんがおっしゃるように、昔を偲ばせる風景がある街、いいですねぇ。小道の雰囲気、サイコー☆

SLCでなかったら我が家も南部にいくかも・・・だったんです、もう8年前になりますが。ダンナ的に「子供が小さいときに育てるのはまだ難しい土地」という判断だったらしいですが。
どの土地にもいろんな歴史がありますよね。
えいと@さん流の切り口チャールストン記事、楽しみにしてます。
Posted by moi at 2010年10月18日 23:59
お帰りなさい。
本当、素敵な町並みですよね〜。
ここもそうですが、乾燥期に入ると、暑い日でも風が心地いいんですよね。
ちょっと地図を上に行くだけで、全然違う雰囲気!
Posted by ree at 2010年10月19日 04:50
こんにちは。

お帰りなさいませー♪
チャールストン、さすが南部!写真から南国っぷりが伝わってきて、うらやましい限りです☆
どの写真もとっても素敵で、私のいるシカゴ近郊とは街の作りが全然違うんだなーと、しみじみ感じちゃいました。

一般公開されていた豪邸の記事、楽しみです☆
アメリカに来て、豪邸巡りが趣味になったので、豪邸と聞くとテンション上がりまくりです(笑)
楽しみにしてまーす♪♪
Posted by 日向夏 at 2010年10月19日 07:32

>bachamaさん。

>南北戦争など歴史的な街としてしられる所ですよね

そうなんです。
チャールストンはまさに、南北戦争が勃発した場所なのですね。
要塞の後もありましたし、奴隷制度のことなど、いろいろ考えることが多かったです。

南北戦争はけっして「奴隷解放を目的に始まったのではなかった」こと。
私たちが思い描いていた「奴隷」と現実の「奴隷」とは異なっていること。
夫がアメリカ経済の歴史を研究しているので、そのことは知っていましたが、
今回、チャールストンを訪れることで、その裏付けができました。
本当に興味深く、勉強になった街でした。
アメリカの歴史は深いです。
このことはまた後日記事にします。


Posted by えいと@ at 2010年10月19日 08:58

>みどりさん。

ハイ、楽しかったです。
南部って北部と全然イメージが違うんですよ。
同じ南部でもreeさんがおられるフロリダと、ここチャールストンともまた違うようなんですね。

東海岸なんですが、これは川なんです。
海に注ぐ下流なんですね。
広い川! まるで海のようでした。

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:02

>コメットさん。

ステキな街でした〜。
馬車に乗って散歩、ステキですよね〜。
このお馬さんたち、かしこいんですよー。
信号が赤だとちゃんとストップするんです。
で、曲がる場所もちゃんと覚えてるんですね〜。
かわいい目をしていました。

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:04

>モリオリママさん。

そうなんです! ハワイのような気候ですね。
暑いんだけどカラッとしていて、日陰は涼しいんです。
風も冷たくて気持ちよかったですー。

石畳、いい感じですよね。
他にも石畳の場所があって、石がけっこうとんがってるんです。
足裏マッサージですか〜〜〜。
ビーサンで歩きましたが、それでも足の裏が痛かったですよー。
裸足だと…痛すぎるかも!(笑)
車も通ってましたけど、すぐパンクしちゃいそうな感じ。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:07

>moiさん。

小径、ステキでしょう〜〜〜?
こういった道を見つけると歩きたくて仕方がなくなっちゃうんですよ〜。
19世紀の雰囲気が漂う街並。
レンガ造りの家が多いんですよ。そしてガス灯!
いい感じですよね〜。

「子供が小さいときに育てるのはまだ難しい土地」ですか〜。
それはどういった意味合いででしょう? 
差し支えなかったら教えていただきたいです。

チャールストン、深い歴史がある街です。
考えさせられることがいっぱいありました。
アトランタの時も思ったけど、今回はプランテーションを実際に見学をして考えさせられました。
後日記事にしますね〜。

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:12

>reeさん。

ステキな街並でしたー。
毎日歩いても飽きませんでしたよ。

フロリダも乾燥機にはサラッとしてて気持ちがいいんですね。
南部っていいですね〜。
暖かいし〜〜〜。
BUFはすっかり冬のようですよ。。。寒いー。

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:14

>日向夏さん。

ね〜南国って感じでしょう〜?
生えている木々が南国ムードたっぷりです。

シカゴとは雰囲気がだいぶ違いますね。
シカゴは都会!って感じ。
チャールストンは都会なんだけど、高いビルがないんです。
背の高い建物はホテルくらいかな。
他はみんな3階建てくらいのお家ばっかり。

豪邸! すごかったです〜〜〜。
土地の広さがハンパじゃない!
すごすぎますよ〜!
後日記事にしますので、またお越し下さいね。

Posted by えいと@ at 2010年10月19日 09:18
 はじめまして。来年の夏にチャールストンへ旅行しようかと考えています。ご旅行のお話をおききしたいです。

 チャールストンの宿について調べているところですが、どちらにお泊りになりましたか? B&Bに泊まりたいのですが、チャールストンは宿泊代が高いと聞いているので心配です。
 
 
Posted by スカーレット at 2010年11月18日 21:25

>スカーレットさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

夏にチャールストンですか! いいですね〜!
チャールストンは19世紀のアメリカの雰囲気を感じることができる、とってもステキなところです。
ぜひ! 楽しんでくださいね。

さて、ホテルですが。
私たちは学会でチャールストンに行ったので、3日間は学会の指定ホテルに宿泊しました。
Francis Marion Hotelっていうダウンタウンの中心にあるホテルで、ここはかなり良かったです。居心地、立地ともにGood!
ただしお値段もよかったです…。ここは1泊180〜200ドル(学会価格)くらいしました。普通で泊まると350ドルくらいのお部屋だったそうです。
ダウンタウンの中心のホテルは150〜500ドル/1泊はするでしょうね。

残りの3日間は、ダウンタウンからちょっと離れたベストウエスタンダウンタウン(ダウンタウンと書いてましたが、実際はバスで10分、歩くと40分かかる場所でした…汗)というところに宿泊しました。
↑に比べるとランクは下がりますが、ここも割に良かったです。朝食付きでしたし。ここは1泊110ドルくらいでした。

チャールストンのダウンタウン周辺は宿泊価格は高いですね〜。
だけどダウンタウンに宿泊するとかなり便利です。
レストランもいっぱいあるし、お店もたくさんあって夜まで楽しめます。
レンタカーがあったら近郊に宿泊して車でダウンタウンまでいく…っていうのが安くあげる方法かなって思います。

まだ記事にしていませんが、チャールストンはプランテーション(マグノリアプランテーション、ティープランテーション、ブーンホールプランテーション など)があるのですが、
プランテーションの見学を予定されているのであれば車が必要です。
ここは車でないといけません。ツアーも出てるかもしれませんが…。

B&Bも探せばあると思いますよ。
右のサイドバーにトリップアドバイザーのバナーがあります。
このサイトはホテルのランク、価格の他、利用者の評価も入っているので決めるのに参考になるんじゃないかなと思います。

他にもご質問があったらコメントください。
私のわかる範囲でお答えします。
プロフィールにメルアドを書いてますので、メールで聞いてくださってもOKです。

Posted by えいと@ at 2010年11月19日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。