2010年10月10日

皆さまにお願いです! 尖閣諸島の嘆願署名を!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



このブログをご覧いただいている日本の皆さま!


日本、そして日本国外にお住まいの日本人の皆さまにお願いです!


尖閣諸島を守るための嘆願書名を「たちあがれ日本議員団」で 衆参両院議長に提出します。


できるだけ多くの方の署名を集めて国会に提出されるようです。


今回の尖閣諸島の問題は黙ってスルーできるものではありません!

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
尖閣諸島、沖縄を守れ!
一番恐れていたこと…! 中国に屈した日本〜日本の民主国家の崩壊の始まり
平和主義が戦争に導く〜外国に住んでいる日本人の方々! 他人事ではありませんよ!
尖閣諸島は日本のものだ! 日本人みんなで日本を護ろう!
日本人は怒っている! 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動デモに2600人以上が参加!
これが中国の捏造報道だ! 情報戦に負けるな日本!


中国側は真剣に中国の領土と主張しているのにもかかわらず、


日本側は領海侵犯をした中国の船長を起訴することなく返してしまうという至上最大の失敗をやらかしてしまいました。


その上、民主党政権は7日、沖縄・尖閣諸島沖 の中国漁船衝突事件の様子を海上保安庁 が撮影したビデオの公開に応じない方針を固めたそうです。


いったい何なのでしょうか?


なぜ、肝心な時にきちんと外交をしないのでしょう。


今、この時期に証拠ビデオを公開しないと意味がないじゃないですか…!


日本政府は、民主党政府はいったい何をやっているのでしょうか!


どこまで中国に頭が上がらないのでしょうか…?


このまま放っておくと尖閣諸島は中国のものになってしまう!


今、声を上げないと中国と戦争する可能性が高まってしまう!


平和主義、友愛を貫いて、問題を後回しにすることが戦争を招くことにつながるのです。



当ブログにお越しの皆さま! お願いです!


尖閣諸島を守るための請願署名にご協力ください!


請願署名用紙↓(PDFで開きます)
  http://www.tachiagare.jp/emergency/data/em.pdf

【署名に関する注意事項】
(1)署名はそのままではA4サイズで印刷されます。印刷の際にB4サイズに拡大印刷、又は、A4サイズで印刷したものをB4サイズに拡大コピーしたものをご利用ください。(A4サイズでも結構ですが、最終的にとりまとめますので、できるだけB4にして下さい)。
(2)団体又は取扱者名のところは、署名を呼びかけて頂く皆さまの個人名か、所属の団体名をご記入下さい(たちあがれ日本は、取り扱い団体となることはできませんので、ご注意ください)。
(3)署名は必ず自筆でお願いします(捺印は必要ありません)。
(4)年齢制限はありませんが、請願趣旨を理解し、賛同する高校生以上の方でお願いします。
(5)同一住所にお住まいの場合、「同右」で構いません。
(6)ご署名頂いた用紙は、郵送にてお送り下さい。コピー、FAXは無効ですのでご注意下さい。
(7)締切は、11月20日(必着)と致します。

用紙記載する団体名は、政党名や候補者名はダメです。(公職選挙法違反になります)

※詳細は、尖閣を守る国会請願係(たちあがれ日本 党本部内) 電話:03-3582-8111 担当 江崎・頭山(とうやま)まで 

   http://www.tachiagare.jp/emergency/


2010年11月20日必着です。


送付先は郵送で
〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-28 赤坂1丁目森ビル10F 尖閣を守る国会請願係(たちあがれ日本 党本部内)
までお願いします。


アメリカ、カナダ、南米、欧州、アジア諸国、豪州など、日本国外在住の方も署名をお願いします!


できましたら ご家族、友人、お知り合いの方々、5〜10人くらいの署名を集めてくださると嬉しいです。


お友達や知り合いの方に「何の署名?」「尖閣問題って、結局のところ何?」って聞かれたらチャンスです!


この機会を利用して相手の方に今のことを話してみてください。

1 尖閣領海内にやってきた中国漁船は一隻ではない。今もたくさんの中国船がやって来ている。
2 船長釈放は、中国人に対する治外法権を認めたことになる。
3 尖閣領海には、イラクに匹敵するものすごい石油資源がある。中国はそれを狙っている。



説得する、とまで考える必要はありません。大きな問題なのだと少しでもわかってもらうだけでいいのです。


こういう問題を一度で理解してもらうのは難しいことですから。


海底にものすごい資源が眠っている日本の領土を 中国が奪おうとしていることって許せないよね?


…と話せば賛同していただけるのではないでしょうか?


今回、1200万人の署名を目標にしているとのことです。


日本国民の約1割にあたる数の署名です。


署名をきっかけに関心を持ってもらえたらうれしいですしね。


今、日本は崖っぷちに立たされている…ってことを、多くの方に知っていただきたいです。


将来こんな日本 ↓ にしないためにも…!
  未来の日本〜こんな日本になってもいいですか?


我々の手で尖閣諸島を守り抜きましょう!


皆さま、よろしくお願いいたします。


   



    【おまけ】


お時間があったらせひ見てください! 


日本にはこんなにすばらしい国会議員(稲田朋美氏)がおられるんですよ!


彼女のような日本のために頑張る議員さんを応援したいです!



   稲田朋美 主権国家としての気概を示す大演説1
   稲田朋美 主権国家としての気概を示す大演説2
   稲田朋美 主権国家としての気概を示す大演説3
   稲田朋美 主権国家としての気概を示す大演説4


答弁している菅直人氏…。これが日本の代表、総理大臣なのか…って情けなくてガックリきちゃいますね〜。


はぁあ〜〜〜ため息ぃ〜〜〜。ε=(´Д`)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロハ〜!
動画のアップ、ありがとうございました。
この代表質問、見たかったんです〜!
菅氏が、汚い言葉と言った質問だったので、どんな汚い言葉が出てくるかと。。
「汚い言葉」ではなく、「的確な言葉」のいい間違いでしたね。
「汚い」を「的確」という言葉に置き換えたら、納得できます。(爆)
それから、菅氏一箇所ですが、船長を被害者って言ってます。
昼行灯、そのまま。。
本当情けない。。
稲田議員は、「官僚の書いた」メモを棒読みしないで、自分の言葉でと言っているのに、お前もメモを読むなって。。
稲田議員は、自分の言葉で説得力のある質問をしています。
完全に菅氏の負け!
本当!情けない〜!!
署名運動、出来る限り応援しますが。。
内容を良く解ってない人を説得するエネルギー。。。
考えただけでも、ため息です。
最近、中国とビジネスのあるお友達。。
「今こういう状況。。ご主人大変でしょ?」と聞いたら。。
「また、中国行くんですよ〜。しかも色々な人達引き連れて。」って。。
ビジネス、上手く行ってるのだそうです。
それ以上、言うの止めました。
忠告=余計なお世話のケースになりそうだったので。。

Posted by モリオリママ at 2010年10月10日 06:16

>モリオリママさん。

>菅氏が、汚い言葉と言った質問だったので、どんな汚い言葉が出てくるかと。。
>「汚い言葉」ではなく、「的確な言葉」のいい間違いでしたね。
>「汚い」を「的確」という言葉に置き換えたら、納得できます。(爆)

本当ですよね。
どこが汚い言葉何だか。民主党が野党だった時代の方が汚い言葉を使ってましたよね。
よくいうよって思います。

>菅氏一箇所ですが、船長を被害者って言ってます。

あなた、どこの国の政治家なんですかって聞きたいですね!
仙谷氏もやたらと中国に気を使いまくってるし。
中国からお金をもらってるんじゃないのって疑っちゃいますよ。

>稲田議員は、「官僚の書いた」メモを棒読みしないで、自分の言葉でと言っているのに、お前もメモを読むなって。。
>稲田議員は、自分の言葉で説得力のある質問をしています。
>完全に菅氏の負け! 本当!情けない〜!!

その通りです!
稲田議員は自分で考えて書いた文章を読んでいるのです。
菅直人氏なんて、官僚が書いたメモでしょ?
ぜんぜん自分の言葉として読んでないし。
本当に情けないです。
こんな人が日本の総理ですよ。。。イヤになります。

日本人の中で中国の危険性、脅威を感じている人はきっと1割ちょっとじゃないかなって思います。
今回の尖閣諸島の事件で少しは増えたとは思いますが、
まだまだ現状をわかってない人は多いと思いますね。

特に外国に住んでいる場合、よっぽどアンテナを張り巡らさないと日本の状況はわかりません。
今回、SC州滞在中1週間ネットから離れましたが、
何も日本のこと、わかりませんでしたもん。
多くの外国在住の日本人は、私のSC州滞在中の状況が365日続いてるんだろうなって思います。
だから、いきなり問題を突きつけても戸惑う方が多いのでしょうね。

今、中国に行くのは危険だと思いますが、
ビジネスだと仕方がないのでしょうね。
余計なお世話には決してならないはずですけど、
問題が大きくなってからでないとなかなか理解は得られないでしょうね。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月18日 05:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。