2010年10月06日

これが中国の捏造報道だ! 情報戦に負けるな日本!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日の10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動に2670人の日本人が集合いたしました。

 関連記事はこちら ↓ の記事をご覧くださいね。
  日本人は怒っている! 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動デモに2600人以上が参加!    


多くのブロガーの方々が当日の様子を記事にされていたり、たくさんUPされている動画を拝見して、


あぁ、こんなに多くの方が民主党の対応、中国人船長の釈放に怒っているんだ!


…と、心強く思いました。


しかし…。


2600人以上もの大きなデモにも関わらず、日本のマスコミはぜんぜん報道しなかったのです。


外国のマスメディアは取り上げているのに、日本のマスコミは全くと言っていいほど取り上げなかったようです。



     渋谷2600人デモについて 2010.10.04(2分30秒)


こちらの動画 ↑ で、辛坊氏が土日はマスコミ関係者は手薄になるって言ってますけど。


報道に土日って関係があるんですか???


東京のど真ん中で あんなに長時間 演説、デモ、街宣をやってたんですよ?


本当に報道規制はなかったの…?


沖縄の反基地デモや、その他の100人規模の小さなデモでも一面ではないにしろ新聞記事になるでしょう?


今回の「尖閣諸島」のデモに関してマスコミ関係者が誰一人知らなかったなんて…あり得ますか?


どこからかの圧力がかかって、マスコミの口封じがあったのではないかと思えてならないのです。


日本って「言論の自由」がある国ではないのでしょうか?


共産国のように情報規制がなされる国なんでしょうか?


言論の自由があるといいながら「この国はいい国だった」という発言で自衛隊幕僚長が更迭されたことがありましたし。


「日本は侵略国家ではない」という その声は消されてしまうのです。


日本を守る言動がかき消されてしまう日本…!


今回の尖閣諸島の報道規制問題で、日本人はしっかり自覚しないといけませんね。



さて。


諸外国が今回の「尖閣諸島」デモに関する報道をしておりましたが。


たいていの国は行われたデモを事実として普通に報道しておりました。


その中で中国は次のような嘘っぱちな報道をしていたのです!


以下の中国に関する報道と画像は台湾は日本の生命線!さんより引用させていただきました。
中国メディアが伝えた「10/2 中国の尖閣諸島侵略糾弾行動」日本国民の怒りを報じる
中国メディアが写真捏造!「10/2 尖閣侵略糾弾デモ」を誹謗宣伝

頑張れ日本全国行動委員会、草莽全国地方議員の会、台湾研究フォーラムなどの右翼組織は二日、東京、名古屋、札幌、京都など十八の都市で統一行動を行い、数千人が参加した。

右翼分子の反中情緒は高まり、一部の者は紺色の制服を着用し、
ナチスのマークを見せ、街頭で国土防衛を訴えた。

主催者は明らかに計画的で、秩序を維持しながら「桜新聞」を配っていた。



成報はこんな風 ↑ に報道していたそうです。


明らかに「右翼」の大騒動といった感じの伝え方で、事実捏造、印象操作に満ちたものです。


   tyuugoku5.jpg


これ ↑ は中国評論新聞網という中国(香港)の新聞に掲載されていた写真です。


皇軍復活って…!


この写真のどこが「尖閣諸島糾弾デモ」と関係があるというのでしょうか…!


 tyuugoku1.jpg


こちら ↑ も同じ中国評論新聞網に掲載されていた写真です。


ナチスのマークを付けた紺の制服の右翼グループが警察と揉めた現場写真を使って、


日本のデモがいかに暴力的かをアピールしているのです。


明らかな偽写真です!


これらの写真 ↑ は、今年の8月15日に靖国神社付近で撮影されたものだそうです。


左翼集団のデモ隊に接近しようとして警察に阻止される右翼グループの奮闘を写したものです。


これらの制服の肩にナチスのハーケンクロイツの徽章が縫いこまれていたことで、


「尖閣侵略糾弾デモ」を行う日本人は「ナチスの如き侵略主義者だ」と世界に宣伝する意図があったと考えられるのです。


 tyuugoku2.jpg
  花うさぎの「世界は腹黒い」さんより画像をお借りしました。


見てくださいよ! 当日はこんなに美しいデモ行進 ↑をしていたのですよ!


「尖閣侵略糾弾デモ」ではナチスのマークが入った制服を着た人なんて誰一人いなかったし、


暴力的なデモでは決してありません!


日本人は抗議行動で外国の国旗を燃やしたり踏んづけたりはしません!


いつ、どの時間帯に 上の写真のように暴力的なデモが行われて警察官と衝突があったというのでしょうか?



中国は捏造報道がお得意です。


皆さまは大東亜戦争中の南京事件をご存知でしょうか?
  ご存知のない方はこちらのHPをご覧くださいね。


この際にも日本を悪者に仕立て上げるために 違うところから写真をもってきて捏造したのです。


数万人の死者が出たと言われていた南京事件が、いつの間にか30万人の大虐殺に変わってしまっていたのです。


こういう捏造報道を平気でする国なんですよ! 中国という国は!


世界中に散らばった中国人が こういった捏造報道を世界に発信しているのです。


情報戦に負けてはいけません!


ジャーナリストの水間政憲氏が、現在発売中の「週刊ポスト」に「中国が尖閣諸島を日本領土と示した動かぬ証拠」を掲載されています。


日本にお住まいの方は、本屋さんに行ってみてください。


こういった中国の嘘で固められた情報操作を黙認してはなりません!



中国を甘く見てはダメです。


中国は真剣に 近い将来 領土拡大のために日本を奪いにかかって来ます!


目的のためには戦争を起こしてやろうとまで思っていますよ!


9月24日午後、中国人船長が処分保留のまま釈放される、との報を最初に聞いた日本国民は、一瞬、耳を疑うほどの驚愕(きょうがく)を覚えた人が多かったが、私も例外ではなく、耳を塞(ふさ)ぎたかった。
日本政府は国内法に則(のっと)って粛々とことを進めると再三、公言していたわけだから、ここで中国の言い分を認めるのは自国の法律を否定し、自ら法治国家であるのをやめたことになる。
尖閣海域は今日から中国領になるのだな、と思った。

まさか、中国もいきなり軍事侵攻してくるわけはあるまい、と大方の人が考えているが、私は、それは少し甘いのではないかと思っている。
また、アメリカが日米安保条約に基づいて抑止してくれると信じている人も圧倒的に多いようだが、それは、さらに甘いのではないかと思っている。

言い換えれば、自衛隊が中国軍と一戦を交え、尖閣を死守するなら、アメリカはそれを精神的に応援し、事後承諾するだろう。
しかし逆に、何もせず、中国に占領されたら、アメリカは中国の実効支配を承認することになるだけだろう。
安保条約とは、その程度の約束である。

アメリカに攻撃力の開発を抑えられたまま、中国に攻撃されだしたのである。
後ろ手に縛られたまま、腹を足蹴(げ)りにされているようなものだ。
そして今、痛いと言ってうずくまっている姿、それがわが祖国なのだ。嗚呼(ああ)!

  【正論】評論家・西尾幹二 悲しき哉、国守る思想の未成育 産経ニュース


この西尾幹二氏の叫び! まさにその通りだと思います!


後ろ手に縛られた手をはやくほどかないと、無抵抗のまま足蹴りにされたままの状態が続くのです。


足蹴りにされて痛いとうずくまるだけで治まるわけがありません。


そのうち立ち上がれなくなって命が亡くなってしまうことになるのです。


命が亡くなる=国が滅ぶということです。


日本が亡国となり 中国の一部になってしまったら 今の生活は一変するでしょう。


何気ない幸せが なくなってしまうことになるのです。


そんなの、イヤでしょう…?


今の生活を失いたくはないでしょう…?


外国に住んでいる人は 帰る祖国がなくなってしまったら悲しくはないですか…?



日本という国を護るためにはどうすればいいのか。


もし 中国が日本を奪いに来たらどのように迎え撃てばいいのか。


迎え撃つためには何が必要なのか。


日本国民一人一人がきちんと考えないといけない時期に来ていると思います。



     【おまけ】


日本のメディアがどこも報道しないので、どなたかがTVニュース風に動画を作ってくださったようです。


    【MHN】渋谷で大規模なデモ行進(11分56秒)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:12| Comment(24) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うそ付き中国が世界に向けて日本を貶める情報戦争を仕掛けている事を、日本のメデアが隠している事を、エイトさん良く書いて下さいました。
嘘付きは、中国だけでは無いんですよ。私もエイトさん同様、在米ですが、アメリカで一番知識人に影響力を持つニューヨークタイムスも、こと日本と中国朝鮮半島の関係となると、平気で嘘を書くので要注意です。
日本軍が南京重慶を攻撃する前に、通州事件そのほか、中国軍による日本人(日本系朝鮮人を含む)虐殺が有りました。日本軍が虐殺した事ばかり歴史と成っているので、通州事件や尼口事件は、ご存じない方も有るでしょう。
通州事件では中国軍が、日本人(当時日本人だった朝鮮系日本人を含む)230名を、残酷な方法で虐殺しました。婦女子は、衣服を強奪され、子供も成人も、陰部にホーキの枝を突き刺さされ、目をえぐり出され、鼻腔にワイアーを通され、死姦されていました。殺し方が猟奇的で、日本人の想像を絶する方法でした。
この事件で日本軍は、中国北京地方を管轄していた軍閥中国政府に謝罪させ、120万円の倍賞を払わせました。ニューヨークタイムスが、朝日新聞の捏造・従軍慰安婦記事に輪をかけた日本軍による朝鮮人婦女子強制連行事件をデッチ上げた記事を書いたついでに、写真を掲載したのですが、その写真は、日本軍の制服を着た軍人が、数々の死体の前に立っている姿で、全裸死体は膨張し、パンパンに腫れた足に、まだ足袋を着用している所から犠牲者は、通州事件で中国人に虐殺された日本人であるのは明らかです。ところが、ニューヨークタイムスの Howard French 記者は、これを日本軍による南京虐殺の一例で有るかの様な記事を書き、その記事の横に写真を挿入したのです。ニューヨークタイムスの自称日系オーニシ記者(カナダに移民した後、アメリカに入った在日朝鮮人。千葉出身と面割れしていますが)も、Half truth (事実の一片を使って総体的に嘘を付く)の記事を書く記者です。中国だけでなく、欧米の名のあるメデアも、嘘を書く事を前提に、私達は、記事を読む必要が有りそうですね。
Posted by すもーきーまま at 2010年10月06日 07:55
中国側ではそんな風に報道されてるんですね。
私から見れば、ナチスはそっちだろうが!!って言いたくなります。
兎に角、報道する側が圧力を加えられるって事自体どう言う事なの?って前にも書きましたが、それが納得行きません。
こんなところに日本の一番悪い部分が出ちゃってる。
実際、圧力に屈しないで、って事は、難しいんでしょうが、絶対、絶対おかしいと思ってる報道関係者も多いはず。
そう言う人達に立ち上がってもらいたいですね。
Posted by ree at 2010年10月06日 09:23
えいとさん、こんにちは。
いつもいつも大変勉強になります。
ありがとうございます。
先日行われた日中首脳会談、何と、中国語の通訳なしで行われ、日本側の談話は英語の通訳が日本語から英語へ、後は中国側の通訳が英語から中国語へ訳して中国側へ伝えられたそうです。
これではいくらでも違う事が伝えられ、しかもいくらでも作り話ができるということですね。
本当に恐ろしい話です...
Posted by 通りすがり at 2010年10月06日 09:24
アロハ〜!
中国はこんな報道をしてるんですか!?
この右翼は似非右翼の、あの車でスピーカーワンワンのグループですね。
靖国時の写真なんですね。
全く、こういうややこしいめくらましをするので、それにだまされちゃうと、右翼=乱暴悪というレッテルになる。
それが目的でしょうが。。
よその国の報道、訂正できないのに苛立ちますね。
サンケイ系のZAKZAKが、二日後の4日にデモのニュース載せていましたが。。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101004/dms1010041702016-n1.htm
やはり、このテレビと一緒で、言い訳です。
知らなかったって。。
日本のマスコミは、だれもネットのチェックをしてないんでしょうかね?
デモのことは、ちゃんと通知も出してるというし。。
海外のメディアが知っていることを、本国が知らないと平然と言う。。
このテレビのコメンター、私は誰なのかわからないのですが、言い訳している間、手が落ち着かず、全くカメラを見ない。
何だか、疑っては申し訳ないのですが。。
本当のこと言っていないような。。
とにかく、デモに関してはスルーって言葉がぴったりの日本のマスコミでしたね。


Posted by モリオリママ at 2010年10月06日 09:45
追記:
今、お返事コメント読みました。
このコメンテーター辛坊氏というんですね。
政治のことを、分かりやすく解説してくれる番組なのかな。
テレビに出るためには、合わせなくてはいけないことってあるんでしょうね。
Posted by モリオリママ at 2010年10月06日 09:52
中国は、どんなに汚い手を使っても
日本を落とそうとするのでしょうね。
国民性というか、恐るべき中国人。
日本は、同じレベルでは戦えないから、
さて・・政治家のかたは、どのような
対策をたてるのでしょうか。
Posted by みどり at 2010年10月06日 10:17
えいと@さん、こんにちは。
さやーむです。

私も中国側での捏造報道には唖然です。
「日本右翼分子」ってねえ・・・
中国国民は本当にこんな捏造話を信じている
のか?そっちのほうが不思議なぐらいなんですけど、中国共産党が尋常じゃない程の報道規制をしているから、すーっと信じちゃうんでしょうか・・・?

中国、というか中国共産党支配の国はどこまでいってもこんなんだから、私たち日本人が自ら防衛線を張るしかないんだけど、それが今全く無防備な状態だから大問題なんですよね。

マスコミの報道しか知らない人のなんと多いこと!!無知と無関心ほど、今の民主党政権に都合のいいものはないのに・・・!

えいと@さんが紹介されている「おまけ動画」ぐらいのものがゴールデンで放送されるべきですよ!デモ感想後半記事で、トラックバックさせていただくかと思います。よろしくお願いします☆

さやーむ。


Posted by さやーむ at 2010年10月06日 13:37
私はひとえに、日中記者交換協定のためだと思ってます。
中共に都合の悪い事報道したらただで済ませへんでーと脅した、ヤクザの血判状みたいなもんですが、中共の言いなりになるよう約束させられた密約とのこと。
今の所、アサヒる新聞が中共の忠実な優等生のようですよ。周知の通りですが。
密約とか言ってますけどWikiでも堂々と出てるし、これだけの規模のデモを知らなかっただの、土日にやっても記者がいないからだのと屁理屈の言い訳並べてるマスコミを見ると、やはりそうだろうなあと思いますね。
じゃなきゃ、日本のマスコミは国内で起こった出来事もスクープ出来ずに海外メディアに先越されたって自ら暴露してるって事?そこまでバカじゃないでしょ、でもバカなフリしなきゃならない理由があるんだよね。政府や経済界(スポンサー様)からの圧力だの色々事情はあるんでしょうが、、言論の自由はどうなったんだ、と問いたいですね。
マスコミにこの協定の有無を尋ねるとみな口を揃えてそんな密約は存在しない、と答えるそうですよ。

ただ救いがあるなあと思ったのは、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員である古森氏という方の個人ブログ?で、花うさぎさんのブログからの転載という形でデモの事が紹介されてました。新聞では出来なかったけど、せめて個人ブログで紹介して頂けたのはやはり産経社員だからなんでしょうか??
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1827082/

しっかしながら、もう完全に日本も、独裁中共の毒牙に侵されてるって事です。独立した自由民主国家のはずなのに、ヤクザからの脅しによって言論の自由遮断。
中国人の底知れない悪知恵と腹黒さだけが際立って見えます。
Posted by ケロケロ at 2010年10月06日 13:54
>アメリカは決して自らのいかなる犠牲においても日本の領土を守ることはしまい、
いや守れまい。
明らかな衰弱の傾向にあるアメリカにとって現時点での日米中の関係での中国の比重は著しく増している。


丁度 今日 石原慎太郎さんの この記事を見たことでした

日米安保条約があるからと 安心はしないほうがいいですよね







Posted by bachama at 2010年10月06日 13:55
こんにちは。宜しくお願いします。
超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-151.html

売り切れの店も出ています。早めにお買い上げを!

情報戦の為の行動を!
海外の掲示版にもこの話を周知して中国の泥棒国家を拡散してください。

方法は下記ブログ必見↓

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-153.html
Posted by 山河 at 2010年10月06日 19:05
中国のみならず、この尖閣列島の問題提起から戦前の歴史事象を検証することは大切だと想います。

私は団塊の世代末期に入りますが、一般に言われる自虐史観の世代です。私、個人はそう想っていませんが、若い世代が一丸となって、これらを払拭しなければなりません。皆さんの熱気に心から応援します。

終戦直後、GHQによる日本統治時代、かなりの日本人インテリが破格の高給でGHQに雇われ、翻訳、民主化への先導等、相当なプロパバンだが成されていたようです。
その中で南京大虐殺とか過大に捏造されたのではないかと想像します。当時GHQに携わった人達はどこへ?
また、彼らの後継者たちはどこで何をしているんでしょう。マスコミや大学教授にもなっているのではないでしょうか? 彼らこそ売国奴です。

また東京裁判でも一方的な勝者理論です。数々の戦争犯罪をでっち上げ米国側の望む方向に仕向けたのでしょう。インドの裁判官ですか、裁判の不当性を述べてますね。東条英機は「私は戦争犯罪人ではなく、戦争責任者だといっています。」

今回の尖閣列島の問題、ビデオ公開等明確にしていかないと日時が経てば、意味のないものに変わってしまいます。これを契機に日本を守る、毅然として立ち向かう、そんな日本であることを望んでいます。
その為には「憲法改正、日本の真の独立」しかありません。 応援しています。
Posted by 夢見る親父 at 2010年10月07日 02:49
中国ってこういう国ですよね。
なのに日本のバカ議員だけじゃないでしょうか?
まだ中国人の良心に希望を持ってるのは?
いやいや、中国人の良心なんて期待してませんよ。
こういう非道な中国人に早く日本を分解してもらいたいのですよね。
だから中国に土下座外交をする。
民主は狂ってますよ。
バカと金の亡者で成り立ってる党なんて早く潰れて欲しいですよ。
Posted by ちょびまめ at 2010年10月08日 16:17
在米の皆さんにお願いしたい事があるのです。
"Ways That are Dark the Truth About China" by Ralph Townsend を読まれた事がありますか? ぜひ一度読んでいただきたいのです。その上で、アマゾンのレビューを書いてほしいのです。もちろん客観的なレビューです。
どうぞこの本を一人でも多くの人に読んでいただいてください。他の在米日本人にも勧めてください。お願いします。
できれば、"The Alleged "Nanking Massacre": Japan's rebuttal to China's forged claims" by Takemoto Tadao and Ohara Yasuo も同じくお願いします。
英語圏の人を
Posted by もちもち at 2010年10月09日 00:16

>すもーきーままさん。

>うそ付き中国が世界に向けて日本を貶める情報戦争を仕掛けている事を、日本のメデアが隠している事

日本で流される日本のメディアだけを信じることがいかに怖いことか。
中国の情報戦争はしたたかで腹黒いです。
世界中に散らばった中国人が、日本を悪者にすべく動いています。
南京事件もすっかり世界に定着しちゃいました。南京大虐殺として…。

>嘘付きは、中国だけでは無いんですよ。
>アメリカで一番知識人に影響力を持つニューヨークタイムスも、こと日本と中国朝鮮半島の関係となると、平気で嘘を書くので要注意です。

そうなんですよね!
NYタイムスは反日の記事を書くので有名ですよね。
中国系、韓国朝鮮系のアメリカ人が多いって聞いたことがありますし。


>日本軍が南京重慶を攻撃する前に、通州事件そのほか、中国軍による日本人(日本系朝鮮人を含む)虐殺が有りました。日本軍が虐殺した事ばかり歴史と成っているので、通州事件や尼口事件は、ご存じない方も有るでしょう。

そうなんですよ…。
かの戦争では日本ばかりが虐殺をして来た、中国人をひどい目にあわせて来た…って教え込まれて来たのですね。
知らない人、多いですよ。
日本の教育が真実を教えませんからね。
通州事件。私もどんなことが行われたのか、その詳細を知った時にはびっくりしました。

アイリスチャン著の「レ○プオブ南京」に使われた写真は、
100%南京事件において撮影されたものではないということも証明されています。
日本軍が行ったとされるひどいリンチも、多くは中国人によるものをさも日本軍が行ったかのように表現しているのですね。
これに世界中が騙されて来てしまいました。

日本人自身がしっかり現実はどうであったかを見極めないと…って思います。
そのためには、近代歴史の事実を知ること。
そうしないといつまでも、日本人自身が日本を貶めていくことになるのです。

何でもかんでも鵜呑みにしてしまう、お人好しな日本人…。
情報戦に負けてしまってはいけないのに…って思います。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:02

>reeさん。

>中国側ではそんな風に報道されてるんですね。

そうなんですよ。
中国って国は徹底的に情報を中国の都合のいいように歪曲しますからね。
こんな風に、日本は暴力的だ! 軍事国家の再来だ!…とかき立てることで中国人のナショナリズムを刺激しているわけです。

>報道する側が圧力を加えられるって事自体どう言う事なの?って前にも書きましたが、それが納得行きません。

今の日本のマスコミは、全部ではないですけど中国系、韓国朝鮮系のディレクターが力を持っているんです。
そして、日本人の中でも団塊の世代。
団塊の世代は、左翼活動の運動家が多く生まれた世代です。
その反日活動家が、マスコミの中で重要な地位になっているのですよ。
だから中国、韓国朝鮮に不都合な報道はしないんですよ。
そして政治家の中にも同じようにかつて左翼活動をして来た人物がたくさん存在しているのです。菅直人氏、仙谷氏のようなね。

>実際、圧力に屈しないで、って事は、難しいんでしょうが、絶対、絶対おかしいと思ってる報道関係者も多いはず。
>そう言う人達に立ち上がってもらいたいですね。

そう期待したいですね。
しかし…。↑でケロケロさんがコメントに書かれているように「日中記者交換協定」っていうものがあるんですよ。
10月19日の記事にも書いていますが、
日本側が中国にとって都合の悪い情報を流すと、中国側から一方的な処分を受け、中国における情報がいっさい入って来なくなるそうなのです。
だからNHKをはじめとする日本のTVは 中国の都合の悪いことは報道しない、できないのですね…。
ホントに、なんちゅー協定を結んじゃったんだ…って思いますね…。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:14

>通りすがりさん。

>先日行われた日中首脳会談、何と、中国語の通訳なしで行われ、日本側の談話は英語の通訳が日本語から英語へ、後は中国側の通訳が英語から中国語へ訳して中国側へ伝えられたそうです。
>これではいくらでも違う事が伝えられ、しかもいくらでも作り話ができるということですね。

これ、聞いたとき卒倒しましたよ。
なんでこんなことがまかり通っちゃうんでしょう?
ちゃんとした通訳を置かないといけないことくらい外交の常識なのに…!
このへんでも中国に舐められている…ってことでしょうね。
あきれちゃいますね。。。


Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:18

>モリオリママさん。

>中国はこんな報道をしてるんですか!?
>この右翼は似非右翼の、あの車でスピーカーワンワンのグループですね。靖国時の写真なんですね。

そうなんです。
今回のデモとは全く関係のない、右翼活動家の写真を持って来ているんですよ!
右翼って、日本人にとってはいいイメージがないですよね。
右翼=乱暴でうさんくさいグループ…ってイメージを植え込まれて来てしまいました。
そして日本の場合、愛国を唱えると「右翼」ですからね。。。

>サンケイ系のZAKZAKが、二日後の4日にデモのニュース載せていましたが。。やはり、このテレビと一緒で、言い訳です。
>知らなかったって。。
>日本のマスコミは、だれもネットのチェックをしてないんでしょうかね?

知らなかったわけがないですよね。
だって、チャンネル桜や田母神氏はしっかりマスコミには通告していたそうですから。
マスコミが一斉に報道規制するよう、何か大きな力が働いたとしか考えられません。

>このテレビのコメンター、私は誰なのかわからないのですが、言い訳している間、手が落ち着かず、全くカメラを見ない。
>何だか、疑っては申し訳ないのですが。。本当のこと言っていないような。。

辛坊氏は普段は言うべきことは言うキャスターなんですが、
このことに関しては歯切れが悪いですね〜。
規制がかかったとは言えないので「知らなかった、土曜日で手薄だった」としか言えないのでしょう。

>とにかく、デモに関してはスルーって言葉がぴったりの日本のマスコミでしたね。

完璧に見事なまでにスルーです。
ネットをしないであろう、多くの日本人にいっさい情報を流すまいとした力が働いたように思います。
これでネットがなかったら…!
戦後のGHQの情報コントロールと同じことが起こってますね。
怖いことですよ、ホントに。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:31

>みどりさん。

>中国は、どんなに汚い手を使っても日本を落とそうとするのでしょうね。

でしょうね。
中国の目的は、日本から南シナ海のあたりの国をすべて中国領にすることですから。
そしてアメリカと正面を切って戦うことです。
中国が太平洋海域の支配者となる、これが中国の最終目標です。

そのためにはどんなに汚い手も使いますよ。
日本の政治家を手込めにするのも朝飯前です。ピースオブケーキですよ。

>さて・・政治家のかたは、どのような対策をたてるのでしょうか。

民主党政権では無理です。(きっぱり!)
民主党政権内の政治家は、日本が中国と一緒になったほうがいいって考えてる人が多いですから。
共産国バンザイですからね。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:37

>さやーむさん。

>私も中国側での捏造報道には唖然です。「日本右翼分子」ってねえ・・・

ホントに「普通の一般の国民、主婦たち」だってのに「右翼分子」ですって。
右翼分子がベビーカーを押してるんかぃ!…って言いたいですよね。

>中国国民は本当にこんな捏造話を信じているのか? 
>そっちのほうが不思議なぐらいなんですけど、中国共産党が尋常じゃない程の報道規制をしているから、すーっと信じちゃうんでしょうか・・・?

どうなんでしょうね〜〜〜。
情報を信じるっていうか、中共の言うことを聞かないと生きていけない国ですからね。
反日教育は子供の頃から受けているから、反日的な情報は簡単に信じちゃうのかもしれませんね。

>中国、というか中国共産党支配の国はどこまでいってもこんなんだから、私たち日本人が自ら防衛線を張るしかないんだけど、それが今全く無防備な状態だから大問題なんですよね。

そうなんです。
これぞ、中国が望んだ「平和ボケ日本」です。
はじめはGHQが「日本がアメリカに二度と歯向かうことがないように教育」してきたことだけれども、
結果的には中国のためになってしまった感じですね。
全くの無防備。
真剣に、一発ミサイルが日本に飛んで来て多くの日本人が犠牲にならないと 日本人は目覚めないんじゃないかって思います。(涙)

>マスコミの報道しか知らない人のなんと多いこと!!無知と無関心ほど、今の民主党政権に都合のいいものはないのに・・・!

そうなんですよね。。。
こんなに世界中にネットが普及しているのに、日本人のPC普及率って意外に少ないのです。
携帯が発達し過ぎたから…っていうのも原因のひとつかも。
PCなくても携帯で事足りますもんね。
でも、政治的な情報は携帯では取りにくいじゃないですか。
社会の情報はTVから…って人がまだまだ多いんでしょうね。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 03:48

>ケロケロさん。

>私はひとえに、日中記者交換協定のためだと思ってます。
>これだけの規模のデモを知らなかっただの、土日にやっても記者がいないからだのと屁理屈の言い訳並べてるマスコミを見ると、やはりそうだろうなあと思いますね。

でしょうね〜。私も同じように思います。
「日中記者交換協定」って日中国交正常化される前に結ばれた協定なのに、
何で、いまだに後生大事に守ってるんでしょう。
相手が共産国だから仕方がないのでしょうか…。
どこまでも弱いじゃないですか、日本の情報社会は…。
ホントに言論の自由はどこにいったって聞きたいですね。
中国の顔色ばっかり伺って、日本国内のニュースでさえ普通に流せない。
こんなの異常ですよ。

>ただ救いがあるなあと思ったのは、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員である古森氏という方の個人ブログ?で、花うさぎさんのブログからの転載という形でデモの事が紹介されてました。
>新聞では出来なかったけど、せめて個人ブログで紹介して頂けたのはやはり産経社員だからなんでしょうか??

産経の社員は、全員ではないでしょうが、今の日本に疑問を持っておられる方が多いと思います。
個人のブログで紹介されたのは、何らかの圧力に対する抵抗だったのかもしれませんね。

>もう完全に日本も、独裁中共の毒牙に侵されてるって事です。
>独立した自由民主国家のはずなのに、ヤクザからの脅しによって言論の自由遮断。
>中国人の底知れない悪知恵と腹黒さだけが際立って見えます。

本当にその通りですよ…。
日本はまだまだ独立国なんかじゃないですね。
これだけ、他国の顔色をうかがいながら政治をしている国なんて他にあるのでしょうか?
北朝鮮が中国の顔色をうかがってるのと同じですよ…。
イヤになりますね。。。

このことにどれだけの日本人が気がついているか…。
多くの日本人はまだまだお花畑ですからね…。
どうしたらいいのか…って思います。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 04:08

>bachamaさん。

>日米安保条約があるからと 安心はしないほうがいいですよね

そうなんです。
確かに戦後はソ連が存在したし冷戦状態でしたから日本にある米軍基地は重要でしたけど、
時代はどんどん変わってきています。
世界の警察的存在であったアメリカの状況もだいぶ変化してきています。

民主党、オバマ政権が対日より対中を重視しているのは周知の事実ですし、
その上、鳩山元総理がアメリカとの関係を非常に悪いものにしてしまったこともあって、
日本にとっていい状況ではけしてありません。
日本が戦争状態になったからといって、アメリカは日本を守るために軍を出さないでしょう。

だからこそ。
日本は独自で軍を持地、自衛すべきなのです。
自衛隊が軍として活動できるように、法律を変える必要があります。
それにブレーキをかけているのが日本の今の民主党政権、そして平和主義者なのですよ。
このままでは日本は沈みます。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 04:17

>夢見る親父さん。

戦後の自虐史観を持たせる教育。
これは実に根が深いんですよ…。
自虐教育を受けたと自覚させないように教育して来たのです。
反戦、平和、友愛。
こういう耳障りのいい言葉で、すっかり骨抜きにされてしまったのですね。

今の教育もなんら変わっていません。
今の子供たちの教科書を時々見せてもらいますが、
すごいですよ。
社会の教科書では、日本軍が先の戦争でいかに残酷でひどいことをして来たかをこんこんと書いてあるのです。
中国や東南アジアの人々がどんな目にあって来たか、どれだけの罪のない人々が日本軍に殺されたか…など、事実とは違うことを教えるのです。
こういう教育を受けた子供は「日本人ってなんてひどいんだ! おじいちゃんたちは残酷なことをして来たんだ! 日本人として恥ずかしい」って思い込みます。

そしてこんな残酷な戦争を起こさないためには何が必要か…っていうことを子供に考えさせるというものです。
純真な子供は「戦争なんてイヤだ! みんな仲良く暮らしたい」って答えるでしょう。
「戦争を招かないように、日本はよその国と諍いを起こしてはならない」
「日本が武器を持つこと=戦争に向かうこと」とインプットさせるのです。
お花畑の平和主義者の出来上がりです。

>終戦直後、GHQによる日本統治時代、かなりの日本人インテリが破格の高給でGHQに雇われ、翻訳、民主化への先導等、相当なプロパバンだが成されていたようです。
>その中で南京大虐殺とか過大に捏造されたのではないかと想像します。当時GHQに携わった人達はどこへ?

彼らは、自分がそういう仕事をして来たということをいっさい他言しないように命令されていました。
家族でさえ知らされなかったと聞きます。
戦後のGHQによる日本統治時代に30〜40代の方がそういう仕事をしていたと思われますので、
もう、今はお亡くなりになっているんじゃないでしょうか?

>また、彼らの後継者たちはどこで何をしているんでしょう。マスコミや大学教授にもなっているのではないでしょうか? 彼らこそ売国奴です。

1960年〜70年代に安保闘争で運動家であったインテリたちが、現在 大学の教授になり、弁護士になり、政治家になっています。
今、まさにその年代の人たちが日本を動かしているのです。
怖いことですよね。。。

>また東京裁判でも一方的な勝者理論です。数々の戦争犯罪をでっち上げ米国側の望む方向に仕向けたのでしょう。
>インドの裁判官ですか、裁判の不当性を述べてますね。東条英機は「私は戦争犯罪人ではなく、戦争責任者だといっています。」

パール判事ですね。
あの裁判は戦勝者による敗戦国日本に対するリンチ裁判です。
事後法で裁かれ、死刑になったいわゆる戦犯の方々。
日本には戦犯などいません。すべて日本のために一生懸命に戦ってくださったんです。
負けたから裁かれた。それだけです。
1953年に、国会で「戦争犯罪による受刑者の放免に関する決議」が可決され、戦犯方の名誉は回復されています。
軍事裁判での死亡者は一般戦没者達と同じように「公務死」ということになったのです。
それなのに、8月15日になるといまだに「A級戦犯がいるから参拝しない」だの何だのって…!
日本人が何を言ってるのでしょうか。
あきれてしまいます。。。


>今回の尖閣列島の問題、ビデオ公開等明確にしていかないと日時が経てば、意味のないものに変わってしまいます。

その通りです。
公開したら中国の気に触る、また、中国の船長をなんで釈放したんだって日本の世論が騒ぐから隠しているとしか思えません。
中国側は「日本の海保がぶつかって来た」と外国で宣伝を始めています。
声の大きなものが勝つのですよ。
今までもそうだったじゃないですか…。
日本政府はいったい何をやってるんだって思いますね…。

>これを契機に日本を守る、毅然として立ち向かう、そんな日本であることを望んでいます。
>その為には「憲法改正、日本の真の独立」しかありません。

私もそう思います。
何としても「真の日本の独立」を目指すべきです。
自国は自国で守る! こんな普通のことをしていない国は日本だけです。


Posted by えいと@ at 2010年10月20日 05:01

>ちょびまめさん。

>中国ってこういう国ですよね。

ほんとにこれでもかーっていうくらい歪曲した情報を平気で垂れ流す国です。
自国民ですら騙して 共産国家を守っているんですね。

>こういう非道な中国人に早く日本を分解してもらいたいのですよね。
>だから中国に土下座外交をする。 民主は狂ってますよ。

ほんとに狂っています。
60年、70年安保闘争で運動して来た当時の学生たち。
彼らは心の底から共産国家が素晴らしいと思い込んでいるのでしょう。
そういうインテリの学生たちが大人になって、今、政界で日本の政治を行っているんですよ。
ホントに恐ろしいことです。

>バカと金の亡者で成り立ってる党なんて早く潰れて欲しいですよ。

つぶれて欲しいですねー。
何とか問題を起こして、内部分裂しないかな〜。
はやく政権交代しないと、日本がもちませんよ。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 05:12

>もちもちさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

10月4日の記事に、追記で本の紹介をさせていただきました。

Posted by えいと@ at 2010年10月20日 05:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164821462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今日から一日一タイ語!〜中国と日本のメディア〜
Excerpt: こんにちはサワディーカ(*・ω・)ノ日本に帰国してからというもの、日常生活でタイ語を使う機会が全くなく、タイ語がぽろぽろ頭からこぼれていってる今日この頃です。 あんなに苦労
Weblog: タイのち日本の嵐
Tracked: 2010-10-09 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。