2010年10月02日

腹立つ〜! アメリカの大学の事務うぅう〜っ!(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



日本の政治について頭の血管がブチ切れそうな今日この頃なのですが、


アメリカの日常生活でも血圧が上昇しておるのでございますよ。(-""-;)


…というのは…ですね。


なぜかえいと@夫がこの前の5月に卒業したってことになっていたのですっ!(゚Д゚)ハア!?


えいと@夫はPh.D(日本でいう博士課程)の学生で、


指導教授からは いつでもPH.Dを授与できるし、卒業もいつでもOKって言ってもらってたのです。


しかし、不景気の影響で今年の就職の状況が最悪であったため もう1年卒業をのばすことにしたんですね。


博士課程はそのへんの融通がきくわけです。


で、この9月から1年間、去年と同様にRA(Research Assistant)としてのお給料をいただけることが決まっていたのですよ。


RAというのは教授のアシスタントをする仕事です。


学部生(大学生)や修士課程の院生への指導や 論文作成の補助などを行います。


それが卒業したということになっていたため9月からは支払いがされないことになってしまったのですよ〜。ガ━━(゚Д゚;)━━ン!


これはめちゃくちゃショックですー。(≡д≡)


えいと@夫妻には収入がないため、そのRAのお給料で生活費をまかなっていたわけですから。


学会などであちこちに行く必要があるのですが、それはもちろん自己負担ですし。


そういう費用は えいと@夫妻の僅かな貯蓄から捻出してたわけなんですよ。


生活費まで貯蓄からださなくてはならないなんて…。(´□`;)


えいと@夫妻のわずかな貯蓄がどんどんなくなっていくじゃないですか〜。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!


でっ!


腹が立つことに9月からの授業料や保険料、その他の費用はしっかり支払わされたんですよっ!


これはいったいどーいうことでしょうかっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆


これは明らかに大学の事務の手続きのミスですっ!(`Д´) b


くれるべきものはくれず、支払いだけさせるなんて…!


まったくもう〜〜〜っ!(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!


アメリカの大学の事務っ! ちゃんと仕事をしてよねっ! ι(`ロ´)ノ



以前も事務のミスで大迷惑を被ったんでしたよね…。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    アメリカの大学の事務って…!(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!


この時 ↑ は移民書類のミスだったんです。


この時もエラい目にあいましたからっ!ε-(=`ω´=)


ホントにいい加減にしてもらいたいですよ…。


教授はできたら10月から、無理だったら何とか来年の春学期からお金が出るように何とかする…って言ってくれましたけど…。


期待できるのやら…。(*´ο`*)=3



その償いかどうかはわからないのですが、えいと@夫に研究室をくれました。(^∇^)


Ph,Dの学生でRAやTA(Teaching Assistant)をしている学生には研究室をくれる場合があるのですが、


たいていの場合は何人かで共有する大部屋なんですね。


しかし。


えいと@夫は個室をもらいました〜♪ ヽ(*^◇^*)/


個室だったら えいと@が入っていても大丈夫ですもんね〜♪ ( ´艸`)


   a-inseikositu10-9.jpg


これが教授、RAの研究室であります。殺風景な廊下 ↑ですねぇ〜。


a-inseikositu10-1.jpg a-inseikositu10-2.jpg


中は机が背中合わせにふたつ、PC2台、電話とロッカーなどの物入れがあります。


えいと夫が 棚が殺風景だ〜って言うので、こういうの ↓ を買って来ました。


   a-inseikositu10-5.jpg


この置物 ↑ はえいと@夫が一目惚れ。


何とも言えない表情ですよね。(*^m^*)


サルベーションアーミーで99セント+TAXで売ってました。中古品です。

 サルベーションアーミーに関してはこちらの記事 ↓ をご覧くださいね。
     Salvation Armyでお買いもの♪


a-inseikositu10-3.jpg


奥に立てかけてある鳥の絵もサルベーションアーミーです。中古品です。


額縁込みで1.99ドル+TAXでした。


アラスカって書いてましたよ。アラスカの鳥の絵???


手前の赤いのは ちょっとはやいけどクリスマス〜♪の飾りですー。d(´▽`)


   a-inseikosit10-10.jpg


ひょうきんな感じでかわいいでしょ? 


バネがついててはじくとビョ〜ンビョ〜ンと揺れて和ましてくれます。 (´ー`*)


これはダラージェネラルで2ドル+TAXでした。いちおう新品。


左の時計は雑貨屋さんで購入したもので8,99ドル+TAXだったかな。これも新品。


あとで気がついたけど、この時計…メイドイン・中国でした。。。(;´Д`A


アメリカで売られている時計はほとんどメイドイン・中国ですもんねぇ〜。


雑貨でチャイナフリーは難しいですねぇ。。。(-。ー;)

 チャイナフリーに関しての記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   中国製の割り箸や爪楊枝は大変危険! この恐怖の事実!
   チャイナフリーを考える 
   チャイナフリーでいこう! 自分自身や家族の身を守るために〜




     【おまけ】


ここんとこ、すっかり秋の雰囲気が漂うバッファローでございます。


 a-inseikositu10-7.jpg


これは9月の3週目〜4週目あたりの木々の様子です。


もうすっかり紅葉(黄葉)になってますね〜。


アメリカの北国の紅葉は9月から始まるんですよー。


   a-inseikositu10-8.jpg


こんな風に色が変化していく時が美しいですよね〜。(*´∇`*)


えいと@夫の研究室から見える景色 ↓ がなかなかいい感じなんですよ〜。


   a-inseikositu10-6.jpg


芝生がハゲハゲですなぁ〜〜〜…。誰かむしったの…? ('〜`;)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 11:28| Comment(21) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(愚痴編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん?来春までお給料がでないって恐ろしい。
けど、お部屋が無料で使えて、そこで
ビジネスでもしてよろしいのでしょうかね(笑)
なにわともあれ、ご卒業されたのではありませんか?!
おめでとう。とりあえず、与えられたものを一つ一つ
こなしていくしかないのでしょうか。
アメリカは、かなりの不況ですものね。
スリフトストアー、私も大好きです。
新品もブランド物も多いし^^
秋のBFで週末を楽しんでくださいね。
Posted by みどり at 2010年10月02日 12:04
えいと@夫さんが一目惚れした置物
なるほどです
とってもいけています
座って新聞を読んでいるような
こんなのが1つあると和みますね
事務ミスのお蔭でお給料がいただけなくなるなんて
考えられません、なにか救済措置はないのでしょうか
納得いかないですよ・・・頑張ってね♪
Posted by at 2010年10月02日 13:06
二人のあつあつ 写真を額にいれ飾りましょう
Posted by bachama at 2010年10月02日 13:30
ええっ!?

そりゃヒドい!

ミスならミスした方が不利益を被るようにしなくちゃ。被害者にしわ寄せが来るのはおかしいです。


しっかし、すごいなあ。個室を貰っちゃったなんて。本格的に先生ですね。夫さま、カッコイー!
Posted by かげ at 2010年10月02日 14:21
アロハ〜!
全くアメリカ人の事務のいい加減さ、日本では考えられないですよね。
縦や横のつながりも、いい加減ですからね。
完璧にしなくちゃいけないという、意識もないんでしょうね。
人間にはミスがつき物って感じ。。
アハハ〜!(失礼。。)パートタイムのステイタス間違い、こんなに間違いがあるって見せたんですが!?
信じられない。
怒る気にもなりませんね。
収入に結びつくミス、本当腹が立ちますね。
事務方のミスとわかっても、訂正もしてくれないんですね。
アメリカらしい。。
教授の進言が通りますように。。
娘が中学のとき、新学期がいつから始まるのか、日本から帰る飛行機の手配に必要だったので、オフィスで聞いたら。。
誰も知らない!
分からず仕舞いでした。
3ヶ月先のことまで、分からないそうです。
毎年のことなのにね。



Posted by モリオリママ at 2010年10月02日 14:29
こんにちは、今日は愚痴編ですね。
やはり五大湖周辺は秋が早いですね。コロラドはここまではいってません。

「経済学者の家庭が、家計の経済問題で頭を抱えている」ちょっと皮肉なもんですね(失礼)。何とかブログを有効に頑張って下さい。また、ノーベル賞を取れば、引く手あまたになりますよ。応援してます。

一人日本人の経済学者がノーベル賞候補にのぼっていると聞いていますが? プリンストン大学だったかな?
クルーグマンのNYTの記事をよく見ますよ。期待しています。まだ、日本人では一人もいませんからね。

いつも思うことなんですが、対アメリカ人だけではないですが、世界でガンガン主張できる日本人が多くなってもらいたいです。いつも、アメリカの学者は「000言っている」とか「ケインズは0000と言っている」「私はマネタリー派だ・・云々」もう飽きましたね。

アメリカも日本に比べて行動が早いですね。雇用対策への財政出動、FRBの金融緩和、国債の買取。一方日本の民主党の経済政策は国民に何のメッセージも送ってないですね。日銀の為替介入と金融緩和だけすよ。これではデフレ脱却は無理ですね。値下げ競争すれど消費は冷え込み、円高で産業の空洞化は加速に伴って税収は落ち込み、消費税を上げてもプライマリー・バランスは逆行するでしょう。
最近は経済学者の理論に欠陥があると感じているんですが、どうなんでしょう?。

何か、英語の文法を完全にマスターすれば、英語が上手くなると言っているのと同じ様に思えますが。

ご主人には是非頑張って頂きたいと思っています。
「金は天下の回り物」きっと好転しますよ。

今日はすこし辛口になってしまいました。
Posted by 夢見る親父 at 2010年10月02日 15:06
娘の高校で 学校側のミスがあり

かなり強気の態度で あたりました。


今考えると それでどうなるのって感じでしたが、、



Posted by bachama at 2010年10月03日 04:08
こんにちは。

英語付きですので、この動画を是非英語の出来る方に拡散お願いします。
尖閣を中国が狙っているようすがとてもわかります。

http://www.youtube.com/watch?v=Dz7WnURVwrw&feature=player_embedded

アメリカも景気悪いので研究費なども出ないようですね。
息子が言ってました。
Posted by 山河 at 2010年10月03日 09:16
こんにちは。

水間条項さんから下記の更新がありました。次の更新時には緊急拡散のご協力をお願いします。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-150.html

★10月3日深夜に、中国の尖閣領有捏造に打撃を与える重要発表を緊急拡散としてアップしますので、総力で情報戦を勝ち抜きましょう。
Posted by 山河 at 2010年10月03日 22:17

>みどりさん。

>お部屋が無料で使えて、そこでビジネスでもしてよろしいのでしょうかね(笑)

ビジネスはちょっとできませんね…。(苦笑)
この部屋で、学生の質問を受け付けたり、研究や論文の指導をするようですよ。

>なにわともあれ、ご卒業されたのではありませんか?!

夫はいつでも卒業できるのですが、就職が決まらない状況で卒業するとアメリカに滞在できないのです。(ビザの関係で)
博士課程の院生場合、卒業する時期はある程度融通がきくのですよ。期限はありますけどね。

スリフトストアー、見るだけでも楽しいですよね。
新品があるんですか? それはびっくりです!



Posted by えいと@ at 2010年10月04日 06:54

>E店長さん。

このおじいさんの置物、なごむでしょ〜?
この顔を見ると力が抜けちゃいます。(笑)

>事務ミスのお蔭でお給料がいただけなくなるなんて考えられません、なにか救済措置はないのでしょうか

日本ではあり得ないでしょう?
事務のミスでイヤな思いを何度もしています。
今回は卒業したことになってて、RAの報酬がもらえないんですよー。
なのに、しっかり授業料は取られてるんです!
ひどいでしょー?

何とかなったらいいんですが…。
車を買っちゃったし…実際のとこ、きついんですよね。。。(涙)

Posted by えいと@ at 2010年10月04日 06:57

>bachamaさん。

>二人のあつあつ 写真を額にいれ飾りましょう

わはは〜〜アメリカ人はよくやってますよねー。
アツアツの写真ですか〜。
最近、また二人の写真を撮ってないなー。うーむ。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月04日 06:59

>かげさん。

州立大学なので、予算がもう決まっちゃってるみたいなんですよー。
ひどいでしょう〜?
なんでこんなにいい加減なんでしょうね。
ホントにアメリカの事務って…イヤになってしまいます〜。

>しっかし、すごいなあ。個室を貰っちゃったなんて。本格的に先生ですね。

いやー部屋をもらったからって、先生になったわけじゃないですよ〜。(笑)
でも、うちの家に散乱してた本がこの部屋に運び込まれてうれしい〜。
うちの中がちょっと片付きましたー♪

Posted by えいと@ at 2010年10月04日 07:02

>モリオリママさん。

>全くアメリカ人の事務のいい加減さ、日本では考えられないですよね。

そうなんですよね〜。
アメリカ在住の方はどなたでも2〜3回はイヤな思いしてますね。
日本では考えられない!

>縦や横のつながりも、いい加減ですからね。
>完璧にしなくちゃいけないという、意識もないんでしょうね。人間にはミスがつき物って感じ。。

ホントにヨコのつながりがまったくないですよね〜。
以前、アラスカに行った時、ヨコのつながりがなくてめちゃくちゃ悲しい思いをしたことがあるんです。
http://eight-americann.seesaa.net/article/58553498.html
http://eight-americann.seesaa.net/article/58772321.html

この時は教訓になりました。
口約束はぜったいにするまいと!

>パートタイムのステイタス間違い、こんなに間違いがあるって見せたんですが!?
>信じられない。

そうなんですよ〜〜〜。
君だけじゃないんだよーほらーって。あきれちゃいません?

>娘が中学のとき、新学期がいつから始まるのか、日本から帰る飛行機の手配に必要だったので、オフィスで聞いたら。。誰も知らない!
>分からず仕舞いでした。3ヶ月先のことまで、分からないそうです。

3ヶ月先のことがわからないんですか〜。1年先立ったらわかるけど…ねぇ。
誰か一人位知ってても良さそうなのにね。
長期で地元を離れる場合ってけっこうあると思うのに…バカンスの時期なのに。
それで学校に間に合わなくても許してくれちゃったりしてね。
そういうところもありますよね、アメリカって。(笑)

Posted by えいと@ at 2010年10月04日 07:46
PhDを取る迄は、石にしがみついても大学を出る訳には行きませんよね。絶対RAステイタスを貰って下さいね。ネットで頑張れとしか言えないけど応援してます。アメリカの事務は、大学に限らず、メチャクチャです。2例ほど書きましょうか。ウチの子はアイダホからカリフォルニア大学へ行ったんですが、入学条件が、奨学金+授業は好きな科目を最優先される、寮も最優先される、と言うものだったのに、入学して見れば、取りたいクラスがセニオアで既に一杯、次の学期まで待て、と事務で言われた。条件が違う!入学条件証明書を見せても、事務はお手上げ、「これ以上、クラスに机も椅子も入りません」うちの子「椅子なら、自分で持って入ってやる!イーストのアイビーリーグを蹴って、わざわざココへ来たのに騙したのか!」強引にクラスを取った。傍でヤリトリ見てて、ハラハラしましたよ。
私は、病気になって治療に保険が効くかどうか分からないと病院事務が言ったので、自分で医療保険カードの裏のゴマ粒みたいな小文字の「問い合わせ」の所に電話して、「保険降ろせ」「医者の診断次第だ」「医者は必要と言ってる」「もう一度、強く必要性を強調した診断書が必要だ」
私、医者の事務所に電話して、その旨を言い、再度、医者から別の診断書を保険会社にファクスして貰う。私、「医者から新しい診断書、届いたか」保険会社「届いた」私「保険は降りるのか」保険会社「新しく高価な療法なので、保険を降ろすかどうか会議に掛ける」「回答は何時か」
一週間以内」一週間後、私「会議の結果を知りたい。保険は降りるのか」保険会社「降りると決定。医者の事務所に、その旨、ファクスを送った」私、医者の事務所に「保険会社からOKのファクスは届いたか」事務員「どこにもファクスが見当たらない。」私「ジャンクメイルと間違って捨てたんじゃないの?ゴミ箱を探して」事務員「探したけど無い。」私、再度、保険会社に電話「と言う訳で、もう一度ファクスして」保険会社「OK」私、医者の事務所に「新しいファクス届いたか」事務員「届いた」私、「では治療の月日を決めたい」事務員「OK」日本で、こんな事、患者がやる必要ないでしょ。
治療後、病院から巨万の治療費を書いた請求書が来るわ、来るわ。私「保険が降りる筈なのに、この金額は何だ」事務員「さあ。コンピュータがプログラム通り吐き出した紙切れをマニュアル通り、送付してるので、分かりません」私、保険会社に再度保険確認の電話。私、病院にも電話「保険会社は保険を出すと言った。確認した。これ以上、請求書を送るな」病院事務「マニュアル通り送るのが仕事なので勝手な事(送らない)は、できない。そちらが、払わなければ良いでしょ」私、「払う必要が無いなら、始めから請求書、送るな。巨額請求書が来る度に気分が悪い。病気の予後に悪い」事務所、「Get used it(慣れて下さいよ)」
日本の皆様には、日本がどんなに住み良いか、想像も出来ないでしょう。
Posted by すもーきーまま at 2010年10月04日 12:43

>すもーきーままさん。

>絶対RAステイタスを貰って下さいね。ネットで頑張れとしか言えないけど応援してます。

ありがとうございます〜〜〜。
3ヶ月間は無理かもーなんて言われてます。。。(涙)
RAの仕事はしているのに…無給とは…。悲しい。。。

ホントにアメリカの事務って何なのでしょうね?
連絡網がなってないっていうか…。
お子さんの大学の件も、ホントに唖然としてしまいます。
どうしてこんなことが起こっちゃうのでしょうか?
病院の書類も…ホントに腹立たしいですね。

こういうこと、ほんとに日常茶飯事ですよね。。あきれます。。。

アメリカにやって来た頃、私が病院にかかったことがあるのですが、
その際、夫の保険では治療費はカバーという説明を受けてから診察を受けたのに、
後になってドカーンと請求書が来ましたよ。(涙)
あの時は夫が忙しくて、交渉ができず、結局全額支払いましたが、
もしかしたらし払わなくてもよいお金だったかもしれません。

日本ではあり得ないことが、ここアメリカでは普通に起こっちゃうんですよね。
訴訟の国なんだから、もうちょっときちんと仕事をしたらいいのにって思います。

Posted by えいと@ at 2010年10月05日 06:14

>夢見る親父さん。

>やはり五大湖周辺は秋が早いですね。コロラドはここまではいってません。

昨日はついに暖房をつけちゃいましたよ。
あまりに寒くて…。

>「経済学者の家庭が、家計の経済問題で頭を抱えている」ちょっと皮肉なもんですね(失礼)。

わはは〜そうなんです〜。
経済学者って言っても、家庭内の経済を研究してるわけではないですからね。
貧乏なんですよー。

>一人日本人の経済学者がノーベル賞候補にのぼっていると聞いていますが? 

清滝信宏先生ですね。
シカゴの学会の時にお会いしてお話をしたことがあります。
穏やかな方でしたよ〜。
今回有力なのは「清滝ムーアモデル」と呼ばれている経済理論だそうです。
サブプライムによる大不況と同じ状況を、だいぶ前に経済理論で証明されているのです。
すごいですよね。
もし、受賞が決まったら日本人でははじめての経済学ノーベル賞ですね。
栄誉なことですね!

>最近は経済学者の理論に欠陥があると感じているんですが、どうなんでしょう?

これを夫に聞いてみましたら「欠陥があるから研究をしている」と笑っていました。
かつての経済理論で間違った物がたくさんあるそうです。
それを証明していくのも、現在の経済学者の仕事なんだそうです。

家庭内の経済は厳しいですけど(苦笑)夫には頑張ってもらいたいです。
私は、ひたすら内助の功に励みます。(ちゃんと励んでいるのかは不明ですが…笑)

Posted by えいと@ at 2010年10月05日 06:49

> bachamaさん。

言うべき時には言わないとダメですよね。

私たちの場合は、外国人でしょう?
留学生ですからね。
学ばせていただいている立場なので強く言えないんですよね…。
ジレンマですね〜。

Posted by えいと@ at 2010年10月05日 06:51

>山河さん。

動画、次の記事に貼らせていただきました。
英語圏の方にも知ってもらいたいですね。

>アメリカも景気悪いので研究費なども出ないようですね。
>息子が言ってました。

息子さん、アメリカにお住まいですか?
そうなんです〜〜〜。
2年前の不景気以後、急激に大学にお金が降りなくなってしまいました。
研究費も削られ、職員の募集もできないんです。
大変な状況です。。。

でも、日本も大変なんですよ!
事業仕分けで日本の大学もえらいことになってきているようです。
このままでは研究者が育ちません。
将来の日本、どうなってしまうのか…とても心配です。

Posted by えいと@ at 2010年10月05日 07:09
おはようございます。
えっ?卒業してたの?
びっくりしたでしょう?
大学側では、事務のミスをすぐに正さないのですか?
お給料が出るようになるまでにそんなに時間が
かかりそうなの?
えいと@ちゃんちにはなんのミスがないんだから
すぐに正してくれるのが普通のような気が
するんだけど・・・。

Posted by べりー at 2010年10月05日 11:25

>べりーさん。

そうなんですよ〜〜〜。
卒業していないのに、書類上卒業したことになってたんです。
信じられないでしょう?

>大学側では、事務のミスをすぐに正さないのですか?
>お給料が出るようになるまでにそんなに時間がかかりそうなの?

書類のミスは何とか直してもらって、今年度フルタイムの学生のステータスをもらえたんですが、
お金に関しては、もう予算が決まってしまっていて、
あとから追加で〜っていうことができないんです。
特に、今、不景気で予算が厳しくなってるんだそうです。(涙)

アメリカってこんな国なんですよ。
事務手続きのミスは信じられないくらい多いのです。。。

Posted by えいと@ at 2010年10月06日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。