2010年09月23日

パンダを受け入れること=中国によるチベット侵略を肯定すること


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



神戸市立王子動物園のジャイアントパンダのオス「コウコウ」が、今月9日、死亡したそうですね…。

神戸市立王子動物園(神戸市灘区)は16日、今月9日に死んだ雄のジャイアントパンダ「興興」(14歳)の死因を調べるため、中国の調査団が来日したと発表した。
調査団は中国の国家林業局が派遣した。中国野生動物保護協会、四川省ジャイアントパンダ保護センター、四川農業大学の専門家3人で、王子動物園では「今後の検査方法は日中の専門家で協議する」としている。
興興は共同繁殖研究のため、2002年に中国から借り受けたが、9日朝、人工授精のための麻酔後に急死。死がいは当初冷蔵保存していたが、調査団の出発が遅れたため冷凍保存に切り替えたという。

   パンダ「興興」死亡で中国から調査団が来日 神戸新聞NEWS


中国からレンタルしているパンダが死亡した場合日本は賠償金を支払うことになっているそうですね!


その額、何と! 


50万ドル!(現在のレートで4300万円!)


神戸市立王子動物園で9日、14歳の雄のパンダ「コウコウ(中国名は龍龍=ロンロン)」が死亡した件で、日本側は賠償金50万ドル(約4200万円)を支払う取り決めだ。東方網が報じた。

中国野生動物保護協議会によると、日中双方の取り決めにより、貸し出したパンダが死亡した場合の賠償は50万ドルと決められている。

コウコウは王子動物園が中国から借り受けていた。同動物園は人工授精のため精子を採取しようとしたが、麻酔から覚める途中でコウコウは心肺停止になった。中国側も専門家を派遣し日中共同で死因を解明する。

王子動物園は、雌のタンタン(14歳)に発情の兆候がみられたことから、精子採取を試みたと説明したが、中国では「パンダから精子を採取するのは、3−5月に限られる。秋に精子が採取できる可能性はほとんどない」と、日本側の試みに批判的な意見を述べる専門家もいる。

四川臥龍ジャイアントパンダ研究センターの獣医学専門家は、「(日本側から)精子の採取を行うとの連絡は受けなかった」として、麻酔と死亡の関連を疑っている。(編集担当:如月隼人)

 中国報道「パンダ死亡で賠償4200万円」=神戸・王子動物園 Seachina


故意に死亡させたわけでなくても50万ドルの賠償ですってよ。


すごいですよね…? 


多額のレンタル料だけでなく、死亡した時の賠償金まで必要だなんて…。


これって中国ばかりが得をするシステムになってないですか?


アメリカではパンダのレンタル料が高いと中国に対し値下げ交渉を行ったことがあったようですね。


2007年9月18日、中国国内の報道によると、中国からパンダを借り受けているアメリカの動物園がレンタル料の値下げ交渉を始める。

現在、ワシントン、アトランタ、メンフィス、サンディエゴの4動物園でパンダの「保護研究」と称した10年契約を中国と交わしているが、年間のレンタル料が110万米ドルと高額なため、これまでも再三値下げ要求をしてきた。しかし、値下げに応じない中国に対抗し、今回は4園が共同戦線を張り、談判に持ち込むことになりそうだ。

これに対し中国側は「交渉の門戸を閉ざしているつもりはなく、アメリカ側が契約の続行を望むなら、更新の際に交渉する用意はある」と表明、契約途中での値下げには応じないと暗に示した。

契約では、レンタルパンダが外国で産んだ子どもは中国に帰属すると定められ、赤ちゃん一頭につき毎年60万米ドルの「養育費」を中国に支払う約束。3歳になった時点で中国に返還するかどうか中国側が決めるという、どこまでも貸し手側に有利な契約内容になっている。

パンダのレンタル料高すぎ!4動物園が値下げ交渉へ―米国 Recordchina(2007-09-19 13:08:25 配信)


何だか中国ってむちゃくちゃ強気で びっくりしちゃいますねぇ。



ところで、このニュース ↑ を記事にしておられた「まつりごと女子☆倶楽部」のお仲間であるLisa_ceriseさんの記事から引用させていただきます。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

ンダはかわいいと思います。
とっても癒されるし、
ぬいぐるみを越えられない唯一の動物と言われるのも判ります。

でも。
パンダをレンタルをするのはもう止める時期だと思いませんか?

レンタル料は一頭につき、1年1億円です。
日本の動物園で子供が生まれても、その子供も孫も、
レンタルパンダが外国で産んだ子どもは中国に帰属すると定められているんです。


双子の赤ちゃんが生まれたら、1年間で2億円です。
(入場料を考えると、どれだけ来園してもらえば、採算が?)

パンダがどうしても見たいって思ったら、中国へ行く!
そういう決断の時じゃないですか。

旭山動物園は、パンダいませんよ?
でも、とってもステキですよね。


                   〜〜〜転載ここまで〜〜〜



まったくもって同感です!


年間1億円、新しくベビーが産まれたらまた1億円、不幸にも死んでしまったら4300万円もかかってしまう、


そんな高額なレンタルパンダは必要でしょうか?



2010年現在、日本国内には神戸市立王子動物園に1頭(1頭死亡)、和歌山県のアドベンチャーワールドで7頭の合計8頭のパンダがいます。


年間8億円(今までは9億円)のレンタル料を中国に支払っているわけです。


そして来春には東京の上野動物園にも再度パンダがやってくるらしいですね。


東京都の石原都知事は「パンダ外交」に否定的だったんじゃないんですか?


なぜ、またパンダを受け入れることにしたのでしょうか?


何か圧力があったのでしょうか…?



ところでパンダは中国原産の動物ってイメージですが、事実は違うんですよ。


チベットにも生息している動物なのです。

現在チベット自治区と呼ばれている地域だけがチベットの土地ではない。本来のチベットの領土はその約2倍もの面積があった。
これは、インドの0.8倍、グリーンランドの1.2倍、日本の6.5倍という、広大な面積である。
中国は欧米列強の力がほとんど及ばないチベットに対し、1950年に軍事行動を発動、1950年から1957年の間に次々とチベットの広大な土地を中国の省に併合した。
残ったウ・ツァンも1965年に併合され、チベット自治区となった。
そして中国による弾圧で、120万人のチベット人が犠牲となった。これは全人口の約1/5にあたる。

その後も我が国では(中国の意図通り)パンダ人気は衰えず、今も時々パンダを取り上げた番組が放送されている。その放送の中では決して語られることのない話がある。実際はパンダはチベットの動物でもある、ということだ。
チベット人から奪い取った土地(主に現在の四川省)にも多数のジャイアント・パンダが生息していた。日本の子供たちが笑みを浮かべて「パンダちゃんパンダちゃん」と声をかける、中国からの“可愛い”贈り物の背景には、120万人ものチベット人の死があった。

チベット侵略の象徴・パンダ チベットを弾圧する中国への支援を止めさせよう! 参照


こうして中華人民共和国はチベットを武力で飲み込み、


チベットに生息するパンダを中国のものとして外交に利用しているのです。


日本がパンダを受け入れるということは中国のチベット侵略を認めることに他なりません!


「Freeチベット!」と叫びながらパンダを受け入れる この矛盾!


日本にパンダはいらない!


…と 私は思うのですが…。皆さまはどう思われますか…?


パンダはかわいい。確かにかわいくて愛らしい。癒されます。


だけどパンダだけがかわいい動物ではないと思います。


魅力のある動物はパンダ以外にもたくさんいると思いませんか…?


パンダのいない動物園に子供さんを連れて出かけてみてください。


象さん、キリンさん他にもたくさんいますよ、かわいい動物が…。


年間に1頭あたり1億円、死んでしまったら4300億円かかるレンタルパンダは必要でしょうか…?


今、中国とは緊張状態にあります。


今一度、中国との関係を考えることが必要なのではないかと思います。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 23:42| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本が中国からのパンダにそれだけのお金を払っていることを初めて知りました。
また、チベット原産だということも初耳でした。
掲載していただいて有難うございます。

パンダが中国から来日するたび、日中友好!というタイトルがつきますので、無償だと思っておりました。

先日、来日中のアーミテージ元国務副長官が尖閣諸島漁船衝突事件に触れて「中国は日米関係が冷えてきているところにそういうことを行って、どこまで許されるか日本を試している」というようなことをおっしゃったそうです。
また、アーミテージ氏は「米国は日米安全保障に基づき尖閣諸島防衛の義務がある」と中国を牽制したのだそうです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100916/plc1009160038002-n1.htm(産経新聞)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/440593/ (イザ)

私は実際に記者会見を見ておりませんが、中継を見た日本の日本人から聞きました。
その人は、よくぞ言ってくれた!と思ったそうです。

仙谷官房長官とも談話したそうですが、仙谷氏は沖縄の米軍施設移転問題を尋ねられて、なにやら腰抜けな回答をしただけなようで・・・。

ちなみに日本の「民主党」という名前はアメリカでは誤解を生むということがわかりました。
こちらの方に日本民主党の政策を説明すると、「じゃあ、なんで民主党なの?民主じゃないじゃないの?」と一刀両断。「民主」の意味、というかイデオロギーが完全に違うのですね。

(gooのほうに私信をお送りしました)
Posted by K.B. at 2010年09月24日 03:18
うんまぁ〜〜〜!!
国際悪徳商法を耳にした気分。
レンタル料、そんなに高く、賠償金もあっただなんて・・・。
酷いですね〜。
それだけの支払いをしてまで、パンダを受け入れる必要はないと、私も思いますよ。
Posted by ree at 2010年09月24日 09:29
アロハ〜!
最初のニュースでは、人為的な理由で死亡だと賠償金支払いが課されるとあったのですが、時間が経つにつれ、そういう記事が削除され、死亡の場合は賠償金支払いなんてことになっていますね。
まあ、人為的な理由って何だか不明瞭ですが。
わざわざ殺す飼育係もいないでしょう。
初めて日本にパンダが来た時は、大騒ぎでしたよね。
パンダ外交と銘打って、中国からの贈り物と言ってましたよね。
贈り物どころか、日本政府は、すごい大金払っていたんですよね。
確かに、タダで中国がくれるわけがない。
友好パンダ外交という言葉に、すっかり騙されていましたよ。
しかも、パンダビジネスは、中国の一方的な条件をのんでのビジネスってことですよね。
これほど、高額でリスキーなレントをしてまで、動物園に展示する必要がどこにあるんでしょう。
確かにパンダは可愛いし。見てて飽きない動物です。
でも、それをビジネスにいている国から、これほどのリスクを持ってまで、借りる必要全然わかりません。
今回コウコウちゃんが、それを教えてくれたのかも。
需要があるから、供給がある。
需要する側から、替えていくべきです。



Posted by モリオリママ at 2010年09月24日 09:47
パンダがレンタルだってことさえ知らなかった

そんな裏話があったとは


パンダちゃんは ヴィデオでも見て 満足しましょう


Posted by bachama at 2010年09月24日 10:57
このお話ききましたよ。
恐るべし〜中国。
私がパンダになりたいくらいかも。
Posted by みどり at 2010年09月24日 11:46
こんにちわ〜
パンダ、本当にかわいいですよね♪
でも、そんなにお金が支払われているのですか?
そこまでしてパンダって動物園に必要なのかしら?
ふと疑問に思います。
パンダがいなくても工夫次第で動物園は盛り上がりますよね♪旭川動物園がよいお手本だと思います。

近頃、中国っていい気になって強気で日本を
攻めてきていると思うんですが・・・。
もう、腹が立つし気分悪いです。
これも、民主党政権になってから目立ってきてるような気がします。

Posted by べりー at 2010年09月24日 13:30
ちょとお〜パンダレンタル!? レンタルじゃなくて、買えないんでしょうか? 輸入にする? 4300万以下で買えると思うけどねえ?

まじで、中国に合理的なようなシステムになってます。なんでこんな契約したんでしょうか日本は!? 中国の方針になんでも丸め込まれてるような気がするのは私だけか!? 

先日の沖縄の記事に書かれていたように、中国側はもうすでに日本を手の内にいれたと思うの、当然だわー

パンダ、動物園にいなくても、ぬいぐるみを売ってるだけで十分でしょう。
Posted by もみじ饅頭 at 2010年09月25日 03:11

>K.Bさん。

>日本が中国からのパンダにそれだけのお金を払っていることを初めて知りました。

パンダのレンタル料金が必要なのはワシントン条約があるからなんです。
絶滅保護種の動物を無償で贈与したり貸与することが条約によりできないからなんだそうですよ。
しかし、それだったら有償で貸し借りもおかしな話ですよね?
絶滅保護種だからお金をとるって、意味不明です。

>また、チベット原産だということも初耳でした。

中華人民共和国四川省北部の岷山山地、陝西省南部の秦嶺山脈、甘粛省南部などにも生息しているそうですが、
もともとチベットの土地であった場所に多くのパンダが生息しているそうです。
今では、ほとんどの土地を中華人民共和国に飲み込まれてしまい、
チベット自治区はほんの僅かになってますからね。
ひどい話だと思います。


日米同盟は必要なのです。
アメリカにとっても、東シナ海は重要な海ですから。
アーミテージ氏はよく情勢をわかっているんだろうと思います。

>ちなみに日本の「民主党」という名前はアメリカでは誤解を生むということがわかりました。
>こちらの方に日本民主党の政策を説明すると、「じゃあ、なんで民主党なの?民主じゃないじゃないの?」と一刀両断。「民主」の意味、というかイデオロギーが完全に違うのですね。

そうなんです。
日本の「民主党」は「民主」のための党ではないのです。
日本国民自身もこれに騙されているのですね。
「民主党」だから保守なのだろうと勘違いしているのです。
日本の「民主党」はもともとは自民党出身の左派グループ、そして社会党出身の議員で占められています。
だからはっきり言って「左派政党」なんですよ。
しかも、日本の左派は外国(中韓)のために働こうという考えを持つ人が多いのが問題です。
アメリカのように、国のためを思う左派であればまだいいのですが…。

いよいよ尖閣諸島が日本から切り離される第一歩が始まってしまいましたよ…。(涙)
どうなるのかな…日本。。。
ため息しか出ませんよ。。。

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 06:58

>reeさん。

>うんまぁ〜〜〜!! 国際悪徳商法を耳にした気分。

でしょー? 金額の高額なこと…! 
詐欺師もびっくりですよね。

>レンタル料、そんなに高く、賠償金もあっただなんて・・・。

そうなんです。
もともとは友好のために〜って言う目的だったのでしょうが、
今では中国にお金が流れていく、その手段になってしまっています。
動物ですから死ぬことだってあるでしょう。
死んじゃったら50万ドルですってよ…
ホントに悪徳商法ですよね。

>それだけの支払いをしてまで、パンダを受け入れる必要はないと、私も思いますよ。

私も同感です。
確かにパンダがいなくなったら寂しいでしょうけど、
そのへんは工夫次第で楽しい動物園にできますよね。
こんな高額なレンタルパンダはいらないですっ。

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:03

>モリオリママさん。

人為的な〜って、わざと殺しちゃうことはないでしょうに。
動物だし死ぬことはありますよね。
それで50万ドル! びっくりですよ。

>パンダ外交と銘打って、中国からの贈り物と言ってましたよね。
>贈り物どころか、日本政府は、すごい大金払っていたんですよね。
>確かに、タダで中国がくれるわけがない。

これね、ワシントン条約があるからなんですよ。
もともとは友好としてプレゼントされていたんでしょうけど、
ワシントン条約に引っかかって、無償での贈与や貸与が禁止されてしまったのです。
でも、絶滅危惧種を保護する目的だったら、貸与も禁止にすればいいのにね。
産まれた場所から動かさない。
天然記念物として野生のママで置いておくべきなんじゃないでしょうか?
なんで1頭1億円。死んじゃったら4300万円。
これが中国の懐に入るんですかね? 意味不明です。

>需要があるから、供給がある。
>需要する側から、替えていくべきです。

同感です。
パンダがいなくなって、上野不動物園の入場者がグッと減ったそうなんです。
このへんの日本人の意識も問題なんでしょうね。。。

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:10

>bachamaさん。

>パンダがレンタルだってことさえ知らなかった

けっこうご存知のない方がおられますよね。
友好のために無償で贈呈された…ってイメージがあるんでしょうね。

↑の他の方へのコメントにも書いてますけど、
パンダのレンタル料金が必要なのはワシントン条約があるからなんですよ。
絶滅保護種の動物を無償で贈与したり貸与することが条約によりできないからなんだそうですよ。
しかし、それだったら有償で貸し借りもおかしな話ですよね?
絶滅危惧種だったら貸与も禁止にすべきじゃないのって思うんですけど…。
野生のままに置いておくべきなんじゃないんでしょうかね?

パンダはTVやビデオ、ぬいぐるみで満足しましょう〜ですよね。

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:14

>みどりさん。

恐ろしい話ですよね?
どういう状況になっても中国だけは損をしないってことですよ。
ワシントン条約をうまく利用しているんです。
まったくもってしたたかな国ですね。
Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:16

>べりーさん。

>そんなにお金が支払われているのですか?

そうなんですって。
レンタル料があるのは知ってましたが。死亡した場合の賠償金まであるとは…。
しかもものすごい高額。。。
びっくりしました。

>そこまでしてパンダって動物園に必要なのかしら?

ですよね?
リンリンが死んでから、上野動物園ではパンダの受け入れをしてなかったのに、
来春2頭のペアを東京都は受け入れるんだそうですよ。
またこれでさらに2億円が中国に流れ出ていくってわけです。
日本人の税金ですよ?
ホントにここまでしてパンダは必要なのでしょうか?


>近頃、中国っていい気になって強気で日本を攻めてきていると思うんですが・・・。
>もう、腹が立つし気分悪いです。
>これも、民主党政権になってから目立ってきてるような気がします。

その通りです。
以前は、中川昭一氏をはじめ、自民党議員が強硬な態度で中国に対応してくれていたんです。
だから中国もおいそれと領海侵犯なんてできなかったんですよ。
それが民主党政権になってから、中国の動きはものすごいものになってきているんですよね。

そして、ついに民主党は中国に屈してしまいました。(涙)
もう、日本はおしまいかも。。。
平和な日本は時間とともに崩れ去っていくかもしれません。。。

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:30

>もみじ饅頭さん。

>ちょとお〜パンダレンタル!? レンタルじゃなくて、買えないんでしょうか? 輸入にする? 4300万以下で買えると思うけどねえ?

それがねぇ〜〜〜。
ワシントン条約があるからなんですよー。
パンダは絶滅危惧種に指定されているので、無償での贈与、貸与、売買ができないことが’決められているんですよね。

>まじで、中国に合理的なようなシステムになってます。なんでこんな契約したんでしょうか日本は!? 
>中国の方針になんでも丸め込まれてるような気がするのは私だけか!? 

アメリカも同じですよ。
アメリカも中国からパンダを有償で借りています。
その価格の交渉は、その国次第なんでしょうけどね。
どっちにしても、中国は損をしないシステムになってます。
ずるいですよね…? したたかな国だと思いますよ…。


今回の尖閣諸島の問題は、中国の勝ちに終わってしまいました。
日本は中国の脅しに屈してしまったのです。
今後、どういう展開になっていくか…。
何でもかんでも中国に有利にコトが運ぶでしょうね。
日本は沈んで行く一方になるでしょう。(ため息)

Posted by えいと@ at 2010年09月25日 07:35

>はまもとさん。

以前、違うHNでコメントをくださった方ですね。(IPアドレスでわかっています)
同じ内容のコメントを違うHNでお書きになるのは遠慮してくださいませんか。
書かれるのであれば、あなた自身のご意見もお書きになってください。

パンダがチベットだけに生息していたか、していなかったかは、
両方の主張があるのでどちらが正しいとは言い切れないと思います。
私がブログの記事で書いているのは、中国がパンダを利用した外交を行っているということです。
多額な税金を投入してまでパンダが必要なのかどうかを 皆で考えたい、それがテーマです。

前回と同じ内容のコメントでしたので、削除させていただきました。ご了承ください。

Posted by えいと@ at 2012年01月22日 06:10
ああ、申し訳ない。違う名で書き込んだのは作為があったのではなく、
ふと、検索して立ち寄ったブログに書き込んでいるので、前回に書き込んだことを忘れてしまっていたからです。
無論、IPうんぬんも知ってますって。

で「パンダがチベットの固有種」でない件だけは残念ながら確かですね。
学者うんぬんではなく、チベットの領土にこじつけることが不可能な陝西省にパンダが数百頭住んでいるからです。
ただ、このことにブログ主さんはあまり関心なさそうなのでおいておきますが、

で、上野動物園にパンダをレンタルする件は私は賛成ですよ。
まず、一億円程度なら、パンダの集客効果と経済効果を考えれば十分見合うというか利益がありますし、
せめて上野動物園にパンダがいないとさびしいからです。
Posted by はまもと at 2012年01月23日 07:22

>はまもとさん。

>「パンダがチベットの固有種」でない件だけは残念ながら確かですね。
>学者うんぬんではなく、チベットの領土にこじつけることが不可能な陝西省にパンダが数百頭住んでいるからです。

そうなんですか。
了解しました。本文を一部書き変えておきます。

>上野動物園にパンダをレンタルする件は私は賛成ですよ。

パンダの件は賛否両論あるでしょうね。
年間1億円が安いか高いか、その判断は人それぞれでしょうし。

私は、中国がもっと真っ当な国であれば こういう記事は書きません。
中国という国を警戒しないことの恐ろしさを記事に書いているのです。
上野動物園にパンダがいた方がいい、そうかもしれません。
しかしそのために国を売るようなことをしている日本が歯がゆいのです。
はまもとさんは 必要以上に警戒し過ぎじゃないかと思われるかもしれませんが、
気がついた時には遅かった…ということがないように…と私は思っています。

Posted by えいと@ at 2012年01月23日 10:35
申し訳ない、ハンドルが違っていたのは他意があったわけではなく、
単なる間違いで、ここに前に書いたことがあると忘れていただけです。
無論、IPとかもしっますよ。

パンダについては私は賛成ですよ。
上野にパンダがいないのはさびしすぎますから。
Posted by はまもと at 2012年01月25日 02:38
すいません、おととい書き込んだときに再三にわたって「error」が出て、かきこめなかったので
まだ書いてしまいました。
悪意があるわけではありませんので、適当に削除してください。

中国に関してですが、まあその気持ちはわからないでもないです。
しかし、友好的にやることも必要です。
Posted by はまもと at 2012年01月25日 02:44

>はまもとさん。

>中国に関してですが、まあその気持ちはわからないでもないです。
>しかし、友好的にやることも必要です。

日中の国交が回復した後、日本は中国と仲良くしようと大変な努力をしてきましたね。
しかし、それをことごとく壊してきたのは中国側です。
それでも、今もなお、日本側は中国と友好的にやろうと 日本は努力を行っているのです。

私は、あの国と付き合うのは日本側が賢くあらねばならないと考えています。
確かに現在は 経済的には中国なしには語れなくなっています。
しかし、だからといって日本がワリを喰うばかりでいいとお考えになられますか…?
日本が賢くなって、中国を利用するくらいでなければ、日本はいずれ中国に完全に喰われてしまうでしょう。
今は逆ですよね。
中国が日本を利用している構図が いたるところに見えるのですよ…。

パンダもそのひとつです。
私はそう考えています。

Posted by えいと@ at 2012年01月25日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。