2010年08月31日

緊急! 夫婦別姓法案に反対の署名を!


日本の皆さま! 緊急事態です!


「夫婦別姓法案」が強引に法案化されようとしています!


「夫婦別姓法案」は単に「結婚して姓を変えなくてもよくなる制度」ではないのです。


夫婦別姓とは「親子別姓」「戸籍法の解体」につながる法案なのです!


そして「嫡出子と非嫡出子の権利を同等なものにする」という内容も含まれているのです。


これはどういうことかといいますと、つまり(言い方は悪いかもしれませんが)不倫でできた子供と自分の子供が、相続等で同等の権利を有することになるのです。


現在の法律では相続において 非嫡出子の場合、認知されていれば嫡出子の半分の権利を有する、認知されていない場合は権利はなしとなっています。


「夫婦別姓法案」はこの嫡出子と非嫡出子の区別をなくすることもセットになっているのです。


これでは結婚制度の意味がなくなり、事実婚でいいじゃないかということになってしまいませんか?


最終的には家族の解体、国家の解体につながっていく恐ろしい法案なんですよ…!

  夫婦別姓法案に関する過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
    夫婦別姓のメリット&デメリット
    本当は怖い「選択制夫婦別姓制度」



マツ女☆倶楽部の仲間であるしおんさんが詳しく書かれているので転載させていただきます。
    緊急拡散! 夫婦別姓が強行採決? 意見を送る最後のチャンス!


   〜〜〜転載ここから〜〜〜

緊急拡散です!
昨年の衆議院選挙の前から危険性が叫ばれていたことですが、
とうとう、日本は、歴史の大きな曲がり角に立ちそうです。

民主党の党首選を隠れ蓑に、テレビが報道せず隠ぺいしているあいだに、
日本の伝統的なファミリーネーム(=家族同一の性)が、
民主党の長年の願いであった、「家族バラバラの苗字」「韓国・中国式の姓名」を名乗って良し、
というかたちに、大きく変えられてしまう可能性がきわめて高くなっていることが判明しました。



imga7fa7f7ezikbzj.jpg


まさか、こんな時期に、これほど重大な、歴史的な転換を、
国民に広く知らせること無く、
いきなり強引にねじ伏せるがごとく決めてしまうとは・・・。

夫婦別姓に関してまったく知識がない方は、参考までに、以下の、私が書いた昨年9月の日記 ↓ をご覧ください。

 民主党の夫婦別姓政策、中国人女性に福音?!


家族の中で母親と父親が別姓になるよう法律が変えられる、つまり親子別姓<となっています。
(今回はとりあえず 日記ではもともとの案にあった、「兄弟姉妹も別姓」に言及し、仮定しています。)

夫婦別姓法案に対しては、ネットでその危険性が広まり、
今年3月には、252万名もの反対署名が集まり、東京ビッグサイトで、有名ジャーナリストや学者、5100人の一般参加者と反対派国会議員が、「絶対反対」の国民大会を開く大問題へと発展しています。

テレビでこの騒ぎを見た方います?
信じられないことですが、
今、日本の報道は北朝鮮並みに伝わらなくなっています!

民主党が強引に推し進めるこのような「新しい法律」には、ネットでその存在と危険性に気付いた人たちから どんなに反対意見があろうとも、
テレビは報道しないでもみ消してしまう上、その法案の存在すら、伝えません。

まだ、反対の意見を送る時間が、あと1日だけあります!
国民として正式に与えられた、最期の抵抗のチャンスになりますので、
お時間が許す方は、ぜひメールやファックスで送ってみてください。

以下、ネットで緊急拡散されている「反対意見の送り方」です。
下の枠で囲ったリンクのうち、どれか1つだけでもクリックして、読んでみると、
この問題の深刻さや、反対意見を送る方法などが詳しくわかります。
反対意見を言わせないよう、意見公募を行わないなど、
国民の意見を封じ、民意を弾圧する、恐ろしい一面も伝わってくる
と思います。



★☆★男女共同参画パブコメ締切り間近のお知らせ
『第3次男女共同参画基本計画に盛り込むべき施策に関する提案募集の締切り迫る』


内閣府の男女共同参画会議が策定中の
「第三次男女共同参画基本計画」について盛り込むべき具体的施策における
意見公募手続き(パブリックコメント)の締切(8/31)が迫っています。

国民の意見を聴取するパブリックコメントの募集は、今回の“8月31日(mail・fax可)”で締め切られます。
通常は、「基本計画素案」を発表した後、国民から意見公募を行い、その後、閣議決定するという手順を踏みますが、
「今回はこの手順は踏まず」、
すなわち、今秋の閣議決定まで「もう意見募集は行わない」ということが、このたび判明しました。

これは、今年4月のパブリックコメントで
「夫婦別姓」や「ジェンダーフリー教育」に反対する意見が圧倒的多数であったと報道された影響があり、
再び反論が高まる前に、まとめてしまおうという、内閣府男女共同参画局の焦りが感じられます。

また、今回のこの答申では、平成17年の「第2次男女共同参画基本計画」で明記された、
「行き過ぎた“ジェンダーフリー教育”を是正する為に付された文言が完全に抜け落ちている」ばかりか、
「“選択的夫婦別姓導入”が盛り込まれて」おります。

今回策定される基本計画は、「今後5年間の国の政策を規定する」ものであり、
これによる家庭や学校教育、社会への影響は計り知れません。

つきましては、答申の内容をご確認のうえ、
夫婦別姓や行き過ぎたジェンダー教育に関する事項など、
「“家族を解体”し、男女平等に偽装した“共産主義思想”」である男女共同参画について、
まだ、mail・faxなどは“間に合います”ので、下記の参考リンク先などをご参照のうえ、
よろしければ、男女共同参画局に対して意見提出を行って下さいます様、よろしくお願いいたします。



【「男女共同参画基本計画」に「夫婦別姓推進」が盛り込まれる!】《日本会議》
〔「これまでの経緯」や「今回の問題点」、「今後の方策の提案」などの解説あり〕
http://www.nipponkaigi.org/opinion/archives/1292


【第3次男女共同参画基本計画に関する提案募集協力のお願い】 《日本会議地方議員連盟》
〔「今回の問題点」、「提出方法」や「意見例」などの解説あり〕
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2967.html#


【第3次男女共同参画基本計画について意見を提出してみましょう】 《なでしこ日本》
〔「これまでの経緯」や「問題点」、「意見例文」などの解説あり〕
http://nadeshikon.blog102.fc2.com/


【第3次男女共同参画基本計画に盛り込むべき施策に関する提案募集について】 《内閣府》
〔「今回の提案募集主体」であり、「提案募集について具体的内容」についての記述あり〕
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/te...


【フェミニズム批判】 《元東京女子大学文理学部教授 日本ユング研究会会長 林 道義》
〔「男女共同参画社会基本法の危険思想」「男女平等に隠された革命戦略」等の解説あり〕
http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/femi.html


【男女共同参画基本法の廃棄を求める署名】
(美しい日本をつくる会 共同代表:伊藤玲子氏、桜井裕子氏)
http://www.utsukushii-nippon.org/shomei.html


【第3次男女共同参画基本計画に盛り込むべき具体的施策】 《フェミナチを監視する掲示板》
http://www.azaq-net.com/bbs/res.cgi?tani6010+65140

【男女共同参画に反対する女性たち】 《フェミナチを監視する掲示板》
http://www.azaq-net.com/bbs/res.cgi?tani6010+65357
〔上記掲示板2スレは今回のパブコメの情報交換をしています。意見交換をされたい方に!〕



以下(↓)他サイトさまの文章から引用です。

・・・計画が「夫婦別姓が必要である」と大きく踏み込んだ提案をしていることについて
与党内の議員も、また関係閣僚以外の大臣も、その事実を知らずにいる。
このまま水面下で準備が進められ、突然閣議決定ということも考えられる。
今回のことは、与党内や閣内での議論をも省略し、
何が何でも「夫婦別姓が必要」と明文化した既成事実を作り上げようという、
菅?仙谷体制の極めて悪質な「政治主導」と言わざるをえない。


・・・250万人以上の国民の反対署名と、100人以上の国会議員の反対署名、
世界の主流としての「家族」の考え方を無視し、
ほぼ秘密裏に無理やり自身の革命思想を遂行し、立法する現与党を、
私は恐ろしいと感じます。


              〜〜〜転載ここまで〜〜〜



何度も言いますが夫婦別姓法案は「結婚時に苗字を変更しなくてすむ」という単純なことではないのです。


この奥に潜んでいる恐ろしい「日本解体の企み」にどうか、どうか気がついてください!


一度法律が決まってしまえば もう後戻りはできなくなってしまいます!


夫婦別姓で「親子別姓」「事実婚の増加」=「家族の解体」につながっていくのです。


今の日本の制度を 税金を使って変更する必要などあるのでしょうか?


今回の記事に賛同してくださる 皆さま! お願いします!


こんな重要な法案を しれっと通そうとしている民主党に怒りを感じます。


8月31日を過ぎても受け付けてくれるかもしれませんので、お時間がある方は抗議のメール、ファックス、反対の署名をよろしくお願いします。



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 11:32| Comment(12) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら〜怖いですね。けど、署名に間に合いませんね。
Posted by みどり at 2010年08月31日 14:23
アロハ〜!
なんと、夫婦別姓強行採決ですか!?
なんでもかんでも、内緒で強行採決ですよね。
確かに!戸籍をなしにする法案にも、つながりますね!?
今それを研究中だったので、別姓のこと忘れてました。
最初は、男女同権!
結婚後、女性が男性姓に変えなくてはいけないのは、男女差別なんでいうところからはじまりましたよね。
表面では、男女平等をうたい、それによる負の面は伝えない。。
家族関係がややこしくなるだけで、私は別姓にする必要、全くわかりません。
日本のいい文化が、どんどんなくなって行きます。
これで、戸籍までなくしたら。。
そして、将来は重複国籍OKにも。。
今日もお友達と話したのですが。。
私達は、こちらに永住組なので、日本人がその気になって危機感持ってくれないんなら、もう見捨てるかっていう言う意見も出ちゃいました。
ちなみに、ハワイ州が別姓認めているの、知りませんでした。
Posted by モリオリママ at 2010年08月31日 17:31
えいと@さん、こんばんは。

締め切り今日ぉ〜〜〜!?
日本は「菅」か「小沢」かばっかりで、
そんな重要な法案のことなんてかけらも報道してません。はっきり言って「油断」してました。。。
内閣府へ反対の意見書をいっそいで書いてメールしました!でも、この意見書をどれだけ考慮するのか、正直なところ疑心暗鬼ではありますが、何もしないよりはましかと思って送ってみました。

小沢の出馬表明の意図は、「密室」をさけて「正々堂々と戦う」ということでしたが、↑こういう動きを見るにつけ、「密室」以外のなにものでもないやん!と思いますね。。。

小沢出馬→民主党解体→総選挙実施
を切に願います・・・!!
Posted by さやーむ at 2010年08月31日 23:22
今日が締め切り?
署名だけは出来そうですが、実は今日、息子のお誕生日なんで、ブログで流す事は時間的にも不可能ですね〜。

いいんですよ、戸籍上を結婚してて、仕事上だけ別姓なら。
実際前の結婚で私もしてましたから。
でもね、戸籍ごとってのは駄目、絶対駄目。
戸籍がなくなったら、国民である意味すら薄れます。
外国籍も日本籍もみんな一緒、ってなっちゃいます。
断固反対、これから署名します。
Posted by ree at 2010年09月01日 00:41

>みどりさん。

署名は間に合わないかもしれませんね…。
こういうことが水面下で進んでるってことを知ってもらいたくて記事にしました。

Posted by えいと@ at 2010年09月01日 04:47

>モリオリママさん。

まだ採決にまでは至ってませんが、
水面下で法を成立させようとの動きがあるようなんです。
今、民主党の代表選でマスコミはそっちばっかりじゃないですか?
この陰に隠れてこっそり水面下で進めているようなんです。(怖)

>確かに!戸籍をなしにする法案にも、つながりますね!?

そうなんです。
夫婦別姓は戸籍法廃止の方向に向かって行く可能性があるのですよ。
夫婦別姓を望んでいる方のブログを拝見することがあるのですが、
たいていの方は「結婚で苗字が変わるのはイヤ」「姉妹だけなのでみんなお嫁に行くと名前が途切れてしまう」「名前が変わると仕事をしにくくなる」「何で女ばなり我慢しなきゃいけないの」「離婚した時に周囲の人にバレるのがイヤ」…というものなんですね。
「戸籍をなくしたらいい」「家族なんていらない」なんて思っている人は誰一人居ないんですよ。
この法案の奥の奥までなかなか見えて来ないのが恐ろしいところなんですね…。

>将来は重複国籍OKにも。。

これも怖いですよね。。。
国際結婚されている方は二重戸籍を認めて欲しいって言われる方が多いのですが、
日本の状況を考えると安易に認めたらえらいことになってしまいます。

>私達は、こちらに永住組なので、日本人がその気になって危機感持ってくれないんなら、もう見捨てるかっていう言う意見も出ちゃいました。

おぉお〜〜〜ママさん〜〜〜それはちょっと待って欲しいです〜〜〜。
確かに日本人には危機感を持っている人は少ないけど、
これは情報制限のせいなんですよね。。。
文中にも書いてますが、北朝鮮並みとまでは言いませんが、マスコミは都合のいいことしか報道しません。
だから自分から進んで興味を持って自ら調べる人以外は危機感を持つことができないんですよ…。

外国に住むと日本のことがよく見えて来ますよね。
だからこそ、外国に住む日本人が「日本人、もっとがんばれ!」ってエールを送って欲しいと思っています。
外国に住んでも、外国に永住権を持っていても、たとえ外国の国籍を選択したとしても。
祖国は日本なのですから…。

じれったいと思います。
なんでこんなに気がつかない? こんな危険な民主党になぜ票を入れる?
…そう思いますよね。
でも、きっと少しずつ気がつき始めている人が増えていると思います。
この人数をもっと増やしたい!
そんな風に思っています。

Posted by えいと@ at 2010年09月01日 05:06

>さやーむさん。

>日本は「菅」か「小沢」かばっかりで、そんな重要な法案のことなんてかけらも報道してません。

やはりそうなんですね…。
日本では民主党の代表選のことばかり…。
裏で着々と進んでいるのに、それから目をそらすかのような動きですよね。

署名、ありがとう〜!
小さな抵抗であっても続けていかないと。
あきらめたら終わりですから。

>小沢出馬→民主党解体→総選挙実施を切に願います・・・!!

私もそう願っています。。。



Posted by えいと@ at 2010年09月01日 05:56

>reeさん。

>いいんですよ、戸籍上を結婚してて、仕事上だけ別姓なら。
>実際前の結婚で私もしてましたから。

夫婦別姓を望む方はこれを理由にされている方が多いですね。
私も働いてましたから、気持ちはよくわかります。
結婚したからって姓を変えてしまうと働きにくくなっちゃいますもんね。
でも、通名の使用が認められている現在、仕事に影響することは少なくなりましたよね。

そして、仕事上名字が変わると不都合である方、家族を否定りているかといえば否!なんです。
名字だけの問題なら、ミドルネームを戸籍に入れるのを認めるとか、
いろいろ方法があるはずなんです。
なのに、なぜ水面下で、国民を欺いてまで推し進めようとするのか…。
目的があるからなんですよ。
真の目的を知らないとダメなんです。

戸籍をなくすなんてもってのほかですよね。
こんな素晴らしい制度をなぜなくそうとするのか…。
怖いです、ほんとに。。。




Posted by えいと@ at 2010年09月01日 06:04
えいと@さん

間に合ったかなぁ、これを読んですぐFAXしたのだけど(メールって、手のひらに乗らないから重み無いかなって・・・あ、紙一枚も、重くはない?)。
戸籍をなくすなんて、絶対反対。それが日本という国をどれだけ守っているか、わからないんだろうか?

というより、えいと@さんの仰るように、この話が話題にも上らない、それが本当に怖いです。
Posted by moi at 2010年09月01日 12:32
こんばんは遅くなってゆっくり読めないんで

また明日の夜来ますね、、、  だと遅すぎるのかな

できたら 朝 トライしますね

Posted by bachama at 2010年09月01日 13:12

>moiさん。

moiさん、ありがとう〜!
私ね、moiさんが別姓賛成であったこと、理解しているんですよ。
でも、日本の政治家がすすめている「選択制夫婦別姓」は「夫婦別姓」を純粋に望む方のようなものでなはいんです。
純粋に「別姓」を望む方を騙してうまく利用して、この法案を成立させようとしているんです。
「家族解体」「戸籍解体」そして日本という国を中国だか日本なんだかわかんなくしてしまう、「国家解体」に結びつく法案なのです。
だから断固反対なんです。

メールよりファックスの方がいいと思います。
メールは見てももらえない可能性がありますからね。
アメリカからファックス送信、ありがとう〜〜〜。

こんな大事な法案を、しっかり審議しないまま水面下で成立に向けて動いてる、
こんな国民を騙すようなやり方は許せないですね。
いっこくもはやく民主党には下野してもらいたいです。。。

Posted by えいと@ at 2010年09月01日 14:01

>bachamaさん。

アメリカからなので、署名は無理にはいいですよ〜。
こういうことが日本で行われてるってこと、知っていただくだけで十分です。

日本、どうなっちゃうのでしょうね。
はやく政権交代して欲しい。。。


Posted by えいと@ at 2010年09月02日 02:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161104421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。