2010年08月13日

日本人なら必ず観て欲しい 〜「凛として愛」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ここ最近、政治や歴史の記事ばかりになっていますね…。


終戦の日が近いということもあるし、


民主党政権が日本の国益を損なうことばかりやってるので、


こういう記事ばかりになってしまうのですね…。


ここ最近、コメントがググッと減っちゃいました…。(^_^;)


コメント…しにくいですよね? 政治や歴史がテーマだと…。


自分の意見を名前を出して書きにくいのであれば匿名でもいいんです。


いろんなご意見を伺いな…って思っています。


もし、コメントしにくいのでしたら、応援クリック ↓ だけでもお願いしますね。


   banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ぽち☆していただくと、順位が上がって より多くの方の目に留まるみたいなので よろしくお願いします♪ m(。・∇・。)m



さて、今回はぜひ見ていただきたい動画を紹介いたします。



       凛として愛 1話〜7話(You Tube)


こちらの動画 ↑ 凛として愛です。


「凛として愛」は泉水隆一氏により、


靖国神社創立130年記念事業の一つとして制作され、


日本の近現代史の真実を65分の映画としてまとめ上げられた傑作です。


日本人であるなら絶対に観てほしい動画です。


ぜひ、お時間を作ってご覧になってください。



国家によって「安全と平和」「生命と財産」を護りきれなかった、

日本の悲惨さを私たちは知らない…。



そうです。私たちは知らないのです。


大東亜戦争を戦い、日本が負けたことで 日本人がどんなに悲惨な運命を背負うことになったのか…。


戦後65年以上も経過した時代に生きる私たちは知らないのです。


想像できますか…?


自分の国がなくなってしまうかもしれない恐怖を…。


今の私たちに耐えることができますか…?


焼き尽くされた日本で生きることが…。


今、私たちはおいしいご飯を食べ、温かい布団で寝ることができ、家族や友人と笑いあうこと ができます。


このような幸せな生活がなくなってしまうことを想像してみてください。


そんなことはあり得ない!…と言い切れるでしょうか?


国が亡くなれば「今の生活はない」のです。


国が亡くなるなんてありえない!…って思われますか?


武力で戦うことだけが戦争ではないのです。


もし外国人が大量に日本にやってきて、その外国人が日本の政治や経済を自由に動かすようなことになったら…!


国は簡単に乗っ取られてしまうのです。


あり得ないことだと思われますか…?



外国にお住まいの日本人の方も耳を傾けて欲しい。


祖国が亡くなってもいいですか?


私は、今、外国に住んでいますが、


海外で「日本っていい国ですね、日本人が好きです」と言われると本当に嬉しく思います。


海外の人々に「いい国」と言われる日本を誇りに思っています。


その「祖国日本」を失いたくはないです。


帰ることのできる国、祖国を亡くしたくはありません…。



戦争に負けたのは仕方がない。

でも、日本人は「戦いに敗れても誠実さは必要」だった。

日本という国に、祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千人の先人に、

愛を込めて感謝を捧げるべきだった。

…が果たせなかった。

多くの日本人が裏切った。

戦後の荒廃した日本に赤旗がなびき、社会主義思想が広がり、

戦勝国による一方的な裁判が開かれた。

日本の近代史は、偽りに満ちた悪意の基に書き換えられていったのだ…。



その扉を、今、開け放そうではないか!



この動画の6回目に出てくる陸軍大尉、星島進 命(35歳)の妻 寿子さんにあてた遺書をご紹介します。

寿子どの。

深愛を持ち続けながら、そのいたわること少なかりし結婚生活を許せ。

しかし 俺の武人としての正しさは誰かによって伝えられる。

戦犯の名は辛かろうが、もちろん俺は日本の罪人ではない。

寿子よ、泣くな。

子供をひがまさず 正しい人間にしてやってくれ。




この時代の日本人には「武士道」がありました。


今の日本人にはあるでしょうか…。


歴史を知ると 大東亜戦争が侵略戦争ではかなったことがわかります。


この動画の第4話〜第5話になぜ日本が戦争を始めなければならなかったのかが出てきます。


この部分だけを見ても日本は侵略戦争をしたのではないことがわかります。


日本は「自存自衛」のために戦ったのです。


日本人だけではありません。


あの時代は朝鮮・韓国人、台湾人、東南アジアの国の人々が日本人とともに戦ったのです。


大東亜戦争が「侵略戦争」と言われる方々は、


日本人と共に戦った朝鮮・韓国人、台湾人、東南アジアの国の英霊の方々をも愚弄することになるのです。


とても悲しいことではありませんか…?



監督の泉水隆一氏は 残念なことに今年の7月にお亡くなりになられました。


     rintositeai.jpg
    花うさぎの「世界は腹黒い」さんより画像をお借りしました。


謹んでご冥福をお祈りさせていただきます…。



「凛として愛」の最後はこういう文章で締めくくられています。


日本よ、日はまた昇る。

祖国日本を防衛するために、陸に、海に、空に散華される方々に

私たちは誇りと叡智をこの胸に抱き、

「凛として愛」を捧げる。

それがあってはじめて 日本の新しい時代が始まる…。



j-yasukuni09-8.jpg




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 12:18| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです。ずっと読んでいましたが書き込みのチャンスが無くて読み逃げしてました。
映像見ました。涙が出ました。
靖国で会おうと国の為に命を投げ出した人達の事。これは、宗教を越えた、祖国を想う愛でしょう。感動しました。

ペリー来航を受けた幕末から、日本を守ろう、欧米列強に食い物にされないよう力を付けて立ち向かおうと懸命に頑張って来た幕末の志士の熱い志と全く同じ気持ちで、日本はひたすらひた走って来ていたのだなと、感慨を覚えました。

先の戦争が侵略戦争だと教え込まれている現在の日本では、私自身、あの幕末の志は一体いつどこで消えてしまったのだろうと、常日頃から不思議に思っていました。
侵略?植民地化政策?南京大虐殺?
そんな姑息な、卑怯な悪事を、国を挙げて国民は本当にやっていたのか?そんなに日本国、日本人は意地汚い奴だったのか?
一介の農民でさえ誰もが持っていた武士道の美しい精神は一体何処へ? 敵さえも労るあの優しい精神は一体いつ失ったのだろうと。

捏造された自虐史をすり込まれて、国民の大多数が自らの祖国に対して誇りどころか、卑屈な思いしか抱けなくなっている今の日本の現状に、心から怒りを感じます。
すっかり骨抜きにされた今の日本は、ペリー来航から160年あまりを経た今になって、とうとう侵略される事態に陥っているわけです。幕末の志を否定する事を戦後教え込まれたからでしょう。

民主党の悪事を良い機会として、国民皆が目覚めて一致団結して国を愛し、守って行けるよう転換して行かなくてはならないですね。

えいと@さんのようなブログでの記事が、一人一人への地道な問いかけにとても役立っていると思います。これからも更新を楽しみにしていますね。
Posted by ケロケロ at 2010年08月13日 15:54
なんでここまでの反日内閣が日本の中枢をになっいてるのでしょうね。
本当に腹立たしい限りです。
日本の戦争被害者を無視しても、中・韓が大事なんて考えられません。
自分の足元を見れない男が首相なんて笑わせます。
自分たちが平和に過ごせる意味がわかっていないようですね。
中国が薄っぺらい正義面して出した談話に飛びつきましたよ。
どんどん火が燃え広がりますね。
消費税10%にして中国・韓国へ保障なんでしょうね。
それを国民の何割が知っているのだろう。
本当に嫌になります。
こんな国にする為に、兵隊さんたちはお国の為に命を投げ打ったのではないのに。
脚本家の倉本氏が戦争にまつわる話を舞台にしました。
http://entertainment.jp.msn.com/events/info/stage/article.aspx?articleid=369471
英霊たちが心安らかに眠れる国に日本はなっているとは思えませんね。
Posted by ちょびまめ at 2010年08月13日 16:01
今日もまた、応援だけですみません。
Posted by ree at 2010年08月14日 06:36
こんにちは。 
初めて書き込みさせて頂きます。
私も、日本国外に在住です。
今年のバンクーバーオリンピックのフィギュアスケートがきっかけで、日本がおかれている危機的な立場にきづくことができました。
それ以来、日本の家族、友達にメイルで伝え初めてはいるのですが、そんなこと(民主党政治家に中韓よりの人が多く日本の国益を全く考えていない、テレビ・マスコミ・スポンサーも中韓より或いはのっとられている)は聞いたことないとのことでした。 
主婦層・女性が見るブログで、このように政治ねたを書いて頂けることにとても感謝をしています。 これからも書き続けてください。
Posted by Nori at 2010年08月14日 13:15
えいと@会員番号15番さま^^
この映画,後ほど見せていただきますね。ご紹介ありがとうございます。ちなみに、リクエストですが〜私のようなものでも理解できるように、短く簡単な内容の政治記事をお願いします。5分で読めて理解できる内容。ということは、小学校3年生でいきますかね?それだと、皆さんがコメント残しやすいはずです。いかがなものでしょうか?ご検討くださいまし。応援2ポチ♪
Posted by みどり at 2010年08月14日 14:16
アロハ〜!
リンクありがとうございました〜。
凛として愛、あとでゆっくり見させていただきますね。
アメリカによる、日本人骨抜き教育がしっかり徹底したってことですよね。
それに便乗した、大陸組みにも奔放され。。
戦後65年経って、再教育が必要になった。
しかも、正当な日本人による日本人の教育が。。
何だか、遅かりしというのが怖いです。
政治の話しになると、引いたり、めんどくさがる人が多いのに、ちょっとビックリなんです。
そういう意味では、アメリカ人はちゃんと自国の政治を見てますよね。

Posted by モリオリママ at 2010年08月14日 15:01

>ケロケロさん。

お久しぶりです。
素晴らしいコメントをありがとうございます。

まさしくその通りですよ。
本当の日本の姿を知ると涙が出てきます。
明治維新以降、日本は必死で頑張ってきたのです。
何としても欧米列強の国の餌食にはなるまいと…。
そして、やむおえず戦争の道に進んでいったのですよね…。

臣軍(天皇陛下の軍隊)であった日本軍が、
戦後に言われているような残虐な行為はできるはずがないのです。
我々の曾祖父や祖父の世代の人々は、天皇陛下に恥をかかさぬよう自己に厳しく 規律正しく生きてました。
軍律もかなり厳しいもので、変なことをするとすぐに軍法会議にかけられ左遷です。
そんな日本軍が南京虐殺だとか、東南アジアの人々を人間として扱わずにひどい目にあわせた…とか、
謝罪をしなくてはいけないようなことは絶対にしていないはずなんです…!

民主党のやってることに疑問を持つ日本人が増えてくれるといいのですが…。
みんなが気がついた頃に、国がもうどうしようもないくらいひどい状況になっていないことを願うだけですね。
少しでもはやく日本人が気がついて、世論の声で解散総選挙に持っていきたいです。

>えいと@さんのようなブログでの記事が、一人一人への地道な問いかけにとても役立っていると思います。これからも更新を楽しみにしていますね。

ありがとうございます!
またブログに遊びにお越し下さいね。コメント、うれしかったです♪

Posted by えいと@ at 2010年08月14日 15:49

>ちょびまめさん。

民主党はどんどん調子に乗ってますね。
臨時国会では、菅直人氏も、仙谷氏も切れてましたね。
イラ菅、イラ仙ですね。まったく。。。

>中国が薄っぺらい正義面して出した談話に飛びつきましたよ。どんどん火が燃え広がりますね。

ホントですね…。
こうなることは前から予想できてましたけど…。
北朝鮮もなんか言ってきてますし、台湾まで…。
ホントに火に油ですよね…。
台湾は、今、馬政権でかなり中国よりに傾いてきてますからね。
世の中、なんだか赤く染まってきちゃってません???
イヤになっちゃいますね。。。

『歸國』、観たいです!
日本の方はTVでぜひ! 見て欲しいですね。
TBSってのがちょっとひっかかるんですが…。
はやく動画でUPされないかなぁ〜〜〜。心待ちにしてます。

ちょびまめさんはPCを開くお時間が出来たら「凛として愛」をご覧になってくださいね。
右サイドバーの「ぜひご覧になっていただきたい動画」にあげてますので。

Posted by えいと@ at 2010年08月14日 15:56

>reeさん。

いつもありがとう。
時間がある時にぜひ、ご覧になってくださいね。

Posted by えいと@ at 2010年08月14日 15:57

>Nori さん。

はじめまして! ご訪問とコメントをありがとうございます。

そうですか…。
オリンピックのあの事件がきっかけ…だったのですね…。

点数の付け方もえげつなかったですが、
日本のマスコミの報道は本当にひどかったようです。
いったいどこの国の放送なの?…って感じだったらしいですよ。

>日本の家族、友達にメイルで伝え初めてはいるのですが、そんなこと(民主党政治家に中韓よりの人が多く日本の国益を全く考えていない、テレビ・マスコミ・スポンサーも中韓より或いはのっとられている)は聞いたことないとのことでした。

そうなんですよね…。
TVで「マスコミは中韓が乗っ取ってます〜」なんて言いませんもんね。
マスコミの報道の偏向に気がついている人は少ないでしょうね…。

去年の5月にNHKが放送した「JAPANデビューアジアの一等国」をご存知ですか?
ものすごいです…。
http://eight-americann.seesaa.net/article/158495468.html
こちらの記事 ↑ に書いていますが、あまりのひどさに涙が出ちゃいましたよ…。
こんな歪曲を、日本の公共放送が平然と流すんです。
TVしか見ない人はコロリと騙されてしまうでしょうね…。

>主婦層・女性が見るブログで、このように政治ねたを書いて頂けることにとても感謝をしています。 これからも書き続けてください。

ありがとうございます!
普段は政治に関心の薄い普通の主婦や女性にも、政治のことを考えて欲しくて、
こうやって記事にしています。
出来るだけ、わかりやすく書こうと思うんですが、やはり難しいですよね…?
こういうテーマにするとコメントがググッと減っちゃうんですけど、めげずに「今の日本の危機的状況」の周知拡散していこうと思っています。
読んでくださった方の1人でも2人でも、気付いてくださったらうれしいんです。
頑張りますね!

また遊びにお越し下さいね。お待ちしています。

Posted by えいと@ at 2010年08月14日 16:09

>みどりさん。

>えいと@会員番号15番さま^^

あっ! やだ〜〜〜! 
これね、マツ女☆倶楽部っていう、政治好き女子が集まるブログがあるんですが、(右サイドバー参照)
そのコメントの名前欄に会員番号を書くルールがあって、それがそのままになってたんだ〜〜〜。
や〜ん、恥ずかしー。(苦笑)

>短く簡単な内容の政治記事をお願いします。5分で読めて理解できる内容。ということは、小学校3年生でいきますかね?

うーん、難しいですねー。
ちょっと長いけど、こちらのサイト ↓ がものすごくわかりやすいですよ。おじいさんが小学生の孫に話して聞かせているような感じで書かれています。
   http://www.senyu-ren.jp/MAGO/01.HTM

こういう歴史 ↑ をまったく知らないで、ホイホイと謝罪して、
日本のために戦った先人が眠る靖国神社には内閣そろって参拝しないと、今の総理大臣は言っております。


Posted by えいと@ at 2010年08月14日 16:21

>モリオリママさん。

>アメリカによる、日本人骨抜き教育がしっかり徹底したってことですよね。

そういうことですね。
GHQの影響、そして日教組の教育の賜物ですね。

戦後に一時、左翼活動が流行って学生運動が起きましたよね。
その時代の学生が、今、ちょうど50代後半〜60代なんです。
そう、団塊の世代ですよ…。
若い頃の革命的な考えを持ったまま大人になり、
そしてその活動家が今の政治や経済界などのトップにいるわけです。
こわいことですよ…。日本はどうなっちゃうんだろう…って思いますね…。

>政治の話しになると、引いたり、めんどくさがる人が多いのに、ちょっとビックリなんです。

確かにありますねー。
これも教育の賜物じゃないですかねぇ?
政治を考えることはダサイこと。
そんなことを考えなくてももっと、楽しいことだけを考えようよ…てな感じでしょうか。
それと、歴史を教えて来られなかったので、いったい何が問題かわからない。
議論が出来ないから興味が持てない…ってこともありますね、きっと。

>そういう意味では、アメリカ人はちゃんと自国の政治を見てますよね。

アメリカのいいところは、子供の頃から政治に興味がいくような教育をしますね。
共和党、民主党にわかれてのディベートとかやってます。
いいことですよね。
どんな考えを持った政党なのかを子供の頃から自分で調べるわけですよ。
18歳頃になると支持する政党がほぼ決まってるって言いますもんね。

それに対し日本は…。
20代の成人が、日本の総理大臣の名前すら知らない…なんてことがあるんですもん。
ため息が出ちゃいますね。。。

リンク、こちらこそありがとうございます。
今後もよろしくお願いしますね♪

Posted by えいと@ at 2010年08月14日 16:36
この俳優さんって 人気のある方ではないですか

そういうことでドラマに興味を持つ人もおおいんでは、、、

どうだったんでしょう
このドラマを見られた人たち

お盆ですね
子どもの頃 祖母がちょうちんをつって
戦争で亡くなった たかお伯父さんが帰ってくると話していたのを思い出します







Posted by bachama at 2010年08月14日 21:57

>bachamaさん。

>この俳優さんって 人気のある方ではないですか

泉水隆一氏は俳優ではなく監督さんなんです。

この「凛として愛」をご覧になった方のほとんどは「感動した、もっと日本人は胸を貼ってもいい」という感想を持たれます。
bachamaさんモ、お時間を作ってぜひ、ご覧になってくださいね。

お盆ですね…。
日本人は、先祖の霊を家に迎え入れる…という習慣があります。
戦争でお亡くなりになった先人方の霊もお迎えして、感謝しないと…って思います。

Posted by えいと@ at 2010年08月15日 00:45
お写真の方でなく

映画に出ておられる男性ですが、

これは ドラマではないんですね





Posted by bachama at 2010年08月15日 07:23
昨日放映された倉本さんのドラマですが、
まだ画像がUPされていないみたいですね。
(私の検索が悪いのかも?)
予告編だけ貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=mxNEFWdAfCM
お役に立ててませんね・・・汗
Posted by ちょびまめ at 2010年08月15日 07:50
こんにちわ!

先日『凛として愛』見ました。
前から見なくては!と思っていて。

日本人全員が見るべきですよね。

なんなんだろ?なんなんだろ?なんなんだろーーー???
こ、の、自虐な日本、は!?!?!と・・・・

そうかー、外国はやはり子供の頃から、政治を刷り込む‥‥政治は国際関係は、実は、《善悪》ではなく《損得》なんですよね。

汚いとか綺麗とか言ってられない。

日本は、住みやすい気候で、案外、なんとなぁくしていても寒くなくなるし、暑くなくなるし、三ヶ月クールで・・・・

(だから、実は東北・北陸の方達の生活感とかシビアだったりしますよね)

人間社会も、厳しい自然気候の中でキリキリしながら暮らしている人達がたくさんいて、
いいとか、悪いとかではなく、〈やるか、やられるか、勝つか?負けるか?(対自然だったり‥‥)〉が多数なんですよね。

日本人は世界的に見てかつては道徳観が高すぎて異端だったんだと思います(今でも基本はそうだと)

全然“世界標準、ナショナルスタンダード”になり得ない国民性が根にあるので(性善説とも言うかなぁ)、「世界との喧嘩の仕方」を学ばなくてはならないと思います、いい意味で。

日本は〈喧嘩の仕方を知らない一人っ子〉みたいなもんです。

極端ですが、戦争も兄弟喧嘩と同じ、勝ち負けがついて、謝ったら、あとはケロリとしている位の、図々しさが必要と思います。

(一人っ子は、ぐじぐじ気にして、いつまでも謝ってたりします)

凛として‥‥「靖国で合おう」は泣けて、泣けて・・・
Posted by はな at 2010年08月15日 17:05
>ここ最近、コメントがググッと減っちゃいました…。(^_^;)

ははは・・・・・時期が時期、スィーム(テーマ)がセンシティヴですからね。
ま、ボクはあの戦争ではThe pacific theater(対米・英戦)は明らかに自衛のための戦争だとは考えていますよ。
二十世紀前半のことを現在の価値観で判断することも難しいですよね。


韓国や台湾、そして東南アジアの諸国の多くが戦後なぜ共産化が防げたのか?(誰のおかげなのか?)ということもよ〜く考えていただきたいと思います。

欧州でもナチス・ドイツが台頭してあの戦争を起こさなければ確実に戦後の西欧州は共産化されていたことでしょう。
そうなったとしたらUNSCの加盟国・イギリスやフランスの現在の地位はなかったはずでしょう。


えいと@さん、
これからも異国(バッファロー)の空の下、我祖国の行く末を暖かく見守ってあげてくださいね。
Posted by Tony at 2010年08月15日 18:00

>bachamaさん。

どの俳優さんでしょう…? ちょっとわかりません。

これはドラマではなく、書き下ろし…でしょうか?
作り話ではなく、真実を描いたものです。
だからこそ、日本人に観て欲しいなと思っています。

Posted by えいと@ at 2010年08月17日 08:17

>ちょびまめさん。

動画を探しているんですけど、なかなか見つかりませんね…。
ひと月くらいしたら出てくるかな〜。
期待して待ってます。

Posted by えいと@ at 2010年08月17日 08:18

>はなさん。

私がこの動画を観たのは半年ほど前なんです。
もう、泣けて泣けて…!
何度観ても泣けますね〜〜〜。

>政治は国際関係は、実は、《善悪》ではなく《損得》なんですよね。

そうですね。
政治は「損得」で考えないとやっていけません。
国益にかなうかどうか、それだけです。
もちろん、ルールはありますが、一番に考えるのは自国の国益です。
共産圏の国はルール無視で、自国の国益のみで突っ走りますけどね。
だから、共産圏と付き合う時には要注意なのですよ。
日本はいったい何をやってるんだか…って思いますね。

もっと国益を考えてくれる正当でなかったらダメですよね。。。
日本人の目はいったいどうなってるんでしょう。節穴ですか?
なんやら手当〜とかに騙されて、国を売っててどうすんです!…って言いたいですね。

Posted by えいと@ at 2010年08月17日 08:24

>Tonyさん。

>ははは・・・・・時期が時期、スィーム(テーマ)がセンシティヴですからね。

時期が時期…そうですね。
日本はお盆だし、アメリカは夏休みだし…ですね〜〜〜。
テーマもねー。難しいですよね?
自分の考えを表に出したくないって人もいるでしょうし。

>二十世紀前半のことを現在の価値観で判断することも難しいですよね。

本当にその通りです。
今の常識で物事を考える人が多すぎるんですよね。
ドイツもいろいろ汚名をかぶせられてんだろうな〜って思いますねぇ。
今の世界は、かの戦争抜きには語れないのに…。
戦勝国だけがエラくて正義だ!…みたいな世の中になっちゃってますね。
何だか悔しいけど、負けたから仕方がないんですね…。

せめて、日本の中だけでも先人の名誉を回復し、先人に感謝していかないと!…って思います。
アメリカから日本を憂いておりますよ…ホントに。。。

Posted by えいと@ at 2010年08月17日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159314128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。