2010年07月29日

夜市でうんま〜い客家料理♪ in台北



皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



台湾に到着したその日に、案内していただいた現地の女性Oさんに連れて行っていただいたところがこちらっ。↓ (^▽^)/


   t-neikayo10-1.jpg


寧夏観光夜市です。(*^^*)


台湾にはあちこちに「夜市」があるんですね〜。


巨大な「屋台村」のようなものです。


そのうちのひとつに連れて行っていただきました。



まずは腹ごしらえ〜♪ !o(⌒囗⌒)oΨ


初日は雨模様だったので、屋台ではなく食堂に入って食事することになりました。


この寧夏観光夜市は 両端に店舗、道路の真ん中に屋台が並ぶんです。


屋台には屋根がなかったので食堂をチョイス。(^^)


どの店がどうか…ってぜーんぜんわかんないので、すべてOさんにお任せ定食〜♪ (*´▽`*) ラクチン


 t-neikayo10-2.jpg


で、連れて行ってもらったのがこちらのお店客家放山鶏荘 ↑です。


 t-neikayo10-13.jpg


お店の前には鶏の丸茹でがどどーん! ↑ (゚ロ゚屮)屮 ギョェ


こんな風に鶏さんや豚さんがそのまんまの姿でドドーンと店の入り口に置かれている光景は台湾では普通なので、そのうち見慣れるんですけど、


台湾に到着した当日だったのでひょぇ〜 (゚〇゚;)…って思っちゃいました。


 t-neikayo10-5.jpg


   お店の中はこんな感じ。↑ 庶民の食堂ですね〜。(o^-^o)


 t-neikayo10-3.jpg


メニュー ↑ です。


このお店では客家(ハッカ)の伝統料理を提供してくれることで台北では有名なお店なんだそうです。


オーダーもOさんに全部おまかせしちゃいました。(*^m^*)


お値段はNT$40〜280(120円〜840円)の間でリーズナブル♪



でっ! とりあえずビール!ですっ!ヽ(*゚∀゚)ノ


   t-neikayo10-7.jpg


何せ暑い! こういう時にはビールですよねっ!(^∇^)b


お店によってはお酒類を置いてないところもあるんですけど、このお店はありました。


はじめて飲む台湾ビール! うんめぇ〜♪ (*^Q^) プハー



ビールを飲みながらおしゃべりしていますと、オーダーしたメニューが運ばれて来ました♪


 t-neikayo10-9.jpg


これは客家料理では有名な鶏料理 ↑なんだそうです。


蒸した鶏さんですね。食べにくかったけどおいしかったですねぇ。(o゚▽゚)v


 t-neikayo10-10.jpg


こちらはスープ ↑です。


このスープ、むちゃくちゃおいしかったですよー! (*゚▽゚*)


ホントに濃厚なスープでした。


 t-neokayo10-8.jpg


こちらは焼き飯 ↑です。


家庭では出せない味付けで、かなりおいしかったです!(⌒∇⌒)v


 t-neikayo10-11.jpg


こちらは炒め物 ↑です。


これもおいしかったですね〜。


白いご飯が欲しい感じですが焼き飯を頼んじゃってたので断念。


  t-neikayo-10-12.jpg 


これ ↑ がものすごーっくおいしかったんですよー!(´∀`)


メニューの名前がわからないんですよね〜〜〜。


何だろう? プルプルしたものが入ってるんです。


マジでおいしかった! おススメです!\(*^▽^*)/


…って、メニューの名前がわかんないんですけどね…。(∩。∩;)ゞ



もう、お腹がいっぱいになっちゃいましたよ〜。( ̄3 ̄)=3 マンゾクー


コレだけ食べてビールもいただいて!


な、な、なんとっ! 3人でNT$900(2700円)! (ノ´▽`)ノオオオオッ♪


一人当たり900円! 安いっ! v(≧∇≦)v


安くておいしい! 台湾料理って最高ですねっ! (*^0゚)v




     【えいと@のお気楽豆知識〜♪】


ここでちょこっと台湾のお勉強でございます〜。


今回出て来た客家でありますが、いったい何かご存知でしょうか?


台湾の住民は、漢民族と原住民族に大別されるんですね。


   t-neikayo10-14.jpg

台湾の漢民族は、戦前(主に明末清初)から台湾に居住している本省人と、国共内戦で敗れた蒋介石率いる国民党軍と共に台湾に移住した外省人に分かれる。
本省人が台湾で85%を占めており、本省人は福建系と客家系に分かれる。

客家(ハッカ)は原則漢民族であり、そのルーツを辿ると古代中国(周〜春秋戦国時代)の中原や中国東北部の王族の末裔であることが多い。
漢民族の中でも中原発祥の中華文化を守ってきた正統な漢民族である。

歴史上、戦乱から逃れるため中原から南へと移動、定住を繰り返していった。
移住先では原住民から見て“よそ者”であるため「客家」と呼ばれ、原住民との軋轢も多かった。

ほとんどの家に古代からの族譜があり、祖先信仰が強く、風習も頑なに守ってきたため、周囲から隔絶されて発達した客家語には古代の文語がうずもれるように残っている部分があるといわれている。

客家の人々は 周辺に住む他の集団とは異なり、山間部に好んで居住することが多く、独特の言語・文化を持っている。
少数派であるがゆえに劣勢であるため、中央政権や王朝と良好な関係を保とうとする傾向がある。このような背景から、客家には漢人としての意識が比較的強いとも言われる。


                   ウィキペディア「客家」 参照


台湾の歴史は複雑で民族は多くの困難を乗り超えて来たんですね。


今回、台湾旅行をすることで台湾について勉強するきっかけになりました。


日本にとって身近な国「台湾」をもっと知りたいと思うようになりました♪




     【インフォーメーション】


   寧夏観光夜市

 MRT淡水線「中山駅」から徒歩10分。
  南京西路を西に8分ほど歩くと圓環につきあたる。セブンイレブンの前を右折したところ。
 MRT淡水線「雙連駅」から徒歩10分。
  民生西路を西に10分ほど歩いたところ。右手にあるハイライフのコンビニが目印。

   午後6時頃〜午前3〜4時頃まで。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

       ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 02:43| Comment(10) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔になりますが、亡くなった父が台湾に旅行に行って、食べ物がおいしいんだ〜、って言ってましたっけ。
私は一度も行った事がないので、食べ歩き目的で行ってみたいですね〜。
台湾の歴史、そうなんですね。
興味深いです。
Posted by ree at 2010年07月29日 08:17
おいしくて安い は魅力ですね

ビール 大きい

えいとさんの分かりやすい 台湾歴史に期待して、、、


Posted by bachama at 2010年07月29日 12:08
賑わっていますね。
お料理、どれも美味しそうですね〜。
値段も安くてびっくりです。
漢民族と言っても、ひとくくりには出来ないんですね。
勉強になります。
Posted by コメット at 2010年07月29日 13:52
こんにちわ〜
ひょえぇ〜〜〜って感じですよ!
めちゃくちゃお安くないですか?
あれだけ食べて・・・・2700円?
信じられない、お財布気にしないで
頼めそうですね(笑)
Posted by べりー at 2010年07月29日 16:47
台湾の友人がアメリカに来ているのですが、彼女の様子を見ていても理解できますよ。とにかく、食べ物。アメリカの食事ができないんですよ。中華料理も。これってよいのか、悪いのか?^^?笑
応援ポチ★
Posted by みどり at 2010年07月29日 22:55

>reeさん。

台湾の食べ物は日本人の口に合いますね〜。
夜市がたくさんあって、食べ歩きも楽しいですよ。

台湾は複雑な歴史を持っています。
日本は一時、植民地政策で台湾を統治していました。
そのことから目を背けてはいけないと思っています。
日本が台湾統治下でどのようなこと行っていたのか、
台湾人の多くはなぜ親日なのかを、日本人として知っておく必要があると思います。

Posted by えいと@ at 2010年07月30日 05:24

>bachamaさん。

このビール、大瓶なんですよ。
なのでラッパ飲みはできないんです。(笑)

今回、台湾旅行するまで、実はあまり台湾の歴史を知らなかったんです。
今回、旅行することで本を読んだり、ネットでいろんな情報を得ました。
台湾と日本の関わりは深いんです。
日本人として身近な国、台湾をもっと知らないといけないなって、そんな風に思います。

Posted by えいと@ at 2010年07月30日 05:27

>コメットさん。

客家料理、おいしかったです。
このお店、観光客はあまり知られていませんが(ガイドブックにも載ってない)現地の人の中では有名なお店のようです。

>漢民族と言っても、ひとくくりには出来ないんですね。

そうなんです。
台湾人の中には親日派と反日派に別れるんですが、
本省人の多くの方は親日なんですね。
で、大陸からやってきた外省人は反日の人が多いのですね。
これについては、また後日、記事にしていきますね。

Posted by えいと@ at 2010年07月30日 05:31

>べりーさん。

安いでしょう? しかも味がいい!
日本だったら、コレだけ食べてビールも飲んだら軽く4000〜5000円こえちゃいますよね?

べりーさんも旦那さまといかがですか?
夫婦二人で楽しめると思いますよ〜。

Posted by えいと@ at 2010年07月30日 05:34

>みどりさん。

台湾の方、アメリカの食事に慣れないんですか?
その方は中華料理もダメなんですか?
そういうこともあるかもしれませんね〜。辛いでしょうね〜。

えいと@はアメリカの食事は大丈夫だけど、
やっぱり日本食が一番いいですもんね。
お魚、食べたいーって思いますもん。
あぁ、サンマ、サバの塩焼き、食べたい〜〜〜。

Posted by えいと@ at 2010年07月30日 05:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。