2010年05月18日

日本弱体化を狙う? 「国家公務員法改正案」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今回は政治に関して取り上げたいと思います。


先日記事にした国会法改正案ですが。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    怖い法案「国会法改正案」が提出されようとしている!


国会法改正案に関しては 14日に国会に提出はされてしまいましたが、


今回の国会での成立は難しくなったそうです。

民主党の小沢一郎幹事長は17日の記者会見で、官僚答弁禁止や副大臣、政務官の増員を柱とする国会法改正案について、「会期延長して何が何でも(成立させる)というのは幹事長の判断としては必ずしも妥当でない」と述べた。
改正に強い意欲を示してきた小沢氏が固執しない考えを示したことで、今国会成立は難しい状況となった。

小沢氏は「私は個人的にはぜひ実現させたいと思っている。だが、全体の政治状況やら、国会運営の状況やら、いろいろある」と説明した。

これに先立ち、自民、公明、共産、みんなの党の野党4党は、国対委員長会談を国会内で開き、国会法改正案の審議阻止を目指すことで一致した。たちあがれ日本を加えた5党の幹事長が18日に会談した上で、横路孝弘衆院議長に、与党に撤回させるよう申し入れる。

17日の会談は、野党の集中審議開催要求を無視する形で国会法改正案を提出した与党への反発で足並みがそろった。

 
   国会法改正は困難 5野党が阻止で一致 2010/05/17 20:35 【共同通信】



本当にホッとしました。


こんな法案を通してしまうと数の力で何でもかんでも通してしまうことにつながりますからね。


民主党政権になってからというもの、今でもその傾向はあるんですが、


「法の番人」を排除してまで…っていうところに大きな問題があるわけです。


多くの方が手紙やファックス、電話、メールで抗議をしてくださったことも大きな力になったと思います。


しかし。


今回の国会での成立が難しくなっただけであって、


廃案になったわけではないですからね。


今後も注意は必要です。



ところで、ご存知の方もおられると思いますが、


12日に「国家公務員法改正案」が強行採決されてしまいました。


民主党の三宅雪子氏が転倒し車椅子で国会に出てくるなど、


強行採決から目をそらすための自作自演か?…と思わせるようなことも起きましたし。(ご存知ない方は「三宅自演乙雪子」でググって下さい。たくさん動画がUPされています。)


この強行採決された「国家公務員法改正案」を調べてみたんですけど…。


これかなり ヤバい法案ですよ!


1. 総理大臣指揮下に内閣人事局を新設し、幹部公務員人事を「政治主導」で一元化にする。
2. 事実上の天下り斡旋を行う、自民党政権による「官民人材交流センター」の廃止。


    「国家公務員法等の一部を改正する法律案骨子」 参照(PDFで開きます)


これだけ読んでもどこがどう悪いのか、イマイチわかりにくいですよね。


これね、内閣の都合の良い人物を国家公務員の幹部に登用できるということなんです。


現在では専門性の高い一種、上級公務員が幹部となって 政治を監視しているのですが、


この法案では大臣が幹部公務員の任命を行えるようにするもので、


幹部公務員の専門性は機構的に評価されないということになるのです。


これでは行政が民主党の恣意により運営されることにつながってしまいます。


しかも! 国籍条項がないのです!


日本の政治に関わる公務員に国籍条項がない…って!


これはいったいどういうことなんでしょうか。。。


考えるだけでも恐ろしいんですけど…。



そして2. の「天下りの廃止」に関してですが…。


「天下りの廃止」っていいことなんじゃないの?…って思われるかもしれません。


確かに「官僚の天下り」には多くの問題があります。


しかし、よく考えてください。


一種、上級国家公務員のトップの役職には「人数に制限」があるんですね。


つまりトップになれる人間の数が限られるんですよ。


本省の課長になった後に審議官、参事官、局長、次官と出世していくのですが、


当然、その椅子が足らなってきますよね。だって、新人だって何年も勤めてたら出世していくわけですし。


そこである程度の年齢に達したキャリア組に辞めてもらい、関係官庁や企業に天下りとして送り出されていたわけです。


これをすべてなくしまうとどうなってしまうか…。


官僚が定年まで辞めないことになります。


官僚だって生活していかないといけませんからね。お給料は必要ですから。


40〜50歳くらいで公務員の退職を余儀なくされ、その後に行くところがなかったら官僚とて困るわけです。


定年が来るまで官僚が辞めないことになるので若い人たちの出世のチャンスが減るわけですよね?


そうなると、どういうことになるか…。


今後一種、上級の国家公務員になろうと思う優秀な人材がいなくなってしまうんですよ。


一種、上級国家公務員は超難関国家資格です。


出世の見込みもないのに、どうしてわざわざ辛い試験に合格して官僚になろうと思うでしょうか?


政治家は はっきりいって誰でもなれます。


立候補して当選しさえすれば、政治のことがわかってない人間にでも政治家になれるわけです。


現に「抑止力の意味」さえわかってない人が総理大臣になってるわけですしね。


しかし、官僚は、専門の知識を持った人材でなければなれないのです。


素人集団の政治家(全員とは言いませんが)を監視し、意見し、時にはブレーキをかける官僚が必要なんですよ。


いつまでも 年配の官僚が辞めないことは、もうひとつ問題があります。


国家公務員の人数は限られているために新人を雇えなくなるんです。


年配の官僚がいつまでも居座るということは、


考え方の古い官僚がたくさん存在することになります。


年月の流れとともに政治には変化が求められることが多くなっていくというのに、


いつまでも古い考えを持つ官僚が居座るということになるんですね。


官僚の天下り先をすべてなくしてしまうということは、


優秀で若い人材を官僚から遠ざけてしまうことにつながりかねないんです。


これってすごく怖いことのような気がするんですけど。。。


皆さまはどうお考えになられますか…?



民主党連立政権の政治を見ていますと、


日本国を弱体化させようとしているように感じてなりません。


日本の国益を損なっていると強く感じます。


なぜ、今、この「国家公務員法改正案」の強行採決をしなくてはならなかったのか…。


この勢いで「国会法改正案」も強行採決に持って行きたかったんでしょうけど、


これは国民の方々の抗議、野党議員が団結して阻止してくれたおかげで成立には至りませんでした。


しかし民主党政権が掲げる法案が、仮にすべて通ってしまったら…!


ものすごく恐ろしいことだと思いませんか…?


この他にも怖い法案がてんこ盛りなんですよ…。


国民が気がつかないうちに しれ〜っと国会に提出して、


そして数の力で強行採決しているんです。


十分審議もされないうちに…!


あの子ども手当法案のときもそうでしたよね…。


民主党の独裁政治がどんどん表面化しているように感じてなりません。。。



この「国家公務員法改正案」は通過してしまいましたが、


あきらめないで抗議を継続させていきたいと思っています。


皆さまも、どうかご協力ください。↓


  国会法改正案まとめWiki「できること」




       【お知らせ】


こちらのブロガーの方『国民に信を問うため、直ちに衆議院を解散し、総選挙を行うよう求める!!』署名活動を呼びかけておられます。


   〜引用 ここから〜


いよいよ 国民が署名して解散選挙を要求する音頭取りしてくれました!

自民の西田議員はとてもいい議員で信頼できますよ。 下記の署名を広めてください。 

よそのブログにも拡散してください!


  『緊急告知』

『国民に信を問うため、直ちに衆議院を解散し、総選挙を行うよう求める!!』署名活動をしています。



『解散総選挙を求める署名用紙(試用版)はこちら』↓
   http://showyou.jp/news/kaisan.pdf (PDFで開きます)


お願いだからスルーしないで!!

私のこのブログには毎日2000人強の人が来るんです 本気出してください!!


ここに毎週のように西田さんのyoutubeビデオレターが出てます。 とても良いですよ。 明瞭で短いです。
    http://www.showyou.jp/videoletter_top.php


2010.5.14 安全保障委員会 小泉進次郎議員VS岡田外相 Vol3
    http://www.youtube.com/watch?v=1gyfc7zpMhQ

↑これ見るのしんどくないので見て下さい。 署名に力が入りますよ!! 岡田は凄い 鳩山だけではない!


中国、日本侵略へのシグナル[桜H22/5/17] ">【魔都見聞録】中国、日本侵略へのシグナル[桜H22/5/17]
  http://www.youtube.com/watch?v=D-q7qRhSMUA&feature=youtube_gdata


                          〜引用 ここまで〜



こちらの用紙をダウンロード ↓ して、下記の西田昌司事務所宛にファックス または 郵送で送ってください。
  http://showyou.jp/news/kaisan.pdf (PDFで開きます)

   〒601-8031
    京都市南区烏丸十条上ル西側
    TEL. 075-661-6100
    FAX. 075-661-6900
    E-mail. office@showyou.jp


5月末〆切だそうです。 



あと3年間も民主党の独裁政治を許していたのでは


日本が持ちません!



出来るだけ多くの方に今の日本の現状を知っていただきたいです。


日本国外にお住まいの方も、日本のご家族に知らせていただけると嬉しいです。


もう国民が黙っていて何とかなる…という時期ではなくなっているように思います。


このブログをご覧になった方、どうかよろしくお願いします。。。




     【お知らせ】その2


いつもコメントをありがとうございます。とってもうれしいです。


コメントのお返事、遅くなりましたが書きましたので、よかったらご覧になってくださいね♪

   アイスワインのシャンパンで乾杯〜♪
   皆さまにお願いです! 「口蹄疫」の作業のためにタオルの寄付を!
   卒業パーティで食べ放題♪



今後もコメント大歓迎ですので、よろしくお願いいたします〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



 「民主党政権」では日本が危ない!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 06:15| Comment(25) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変人とは言え老人でない女性があの程度の倒れ方で「右ひざ打撲と右ひざ関節挫傷」とは、診察したのは藪医者なのかそれとも骨年齢が90〜100才なのか。お可哀そう。お大事に。
腐敗した民主党の強行採決との関連性ありやなしや。
Posted by 変人・三宅雪子のお粗末 at 2010年05月18日 09:04
あ、すみません、募金UPして下さってたーーー!! 
また、ヴォケてけしまいました(恥)

えいと@さん、素晴らしすぎです(*^_^*)(*^_^*)

Posted by はな at 2010年05月18日 12:40

> 変人・三宅雪子のお粗末 さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

三宅雪子氏のあの転倒シーン、何度も動画を見直しましたが…。
どう見ても自分から倒れているようにしか見えませんね。
あれで車椅子、松葉杖って…ちょっとオーバーすぎると思います。

何だか…民主党のやり方って…どうなの?…と思うことが多いですね。。。

Posted by えいと@ at 2010年05月18日 13:04

>はなさん。

えーと。。。募金ではなく「解散総選挙」の署名の募集でございます。(笑)

そうそう。
以前の入らなかったコメント、やはり「禁止ワード」が含まれていたそうです。
どれが「禁止ワード」なのかは教えてくれませんでした…。

 http://eight-americann.seesaa.net/article/149665890.html#comment


Posted by えいと@ at 2010年05月18日 13:07
えいと@さんの記事で、日本の政治を学ぶことができて感謝です。上の用紙ですがプリントしました。これ渡し一人でもいいのかしら?って、まわりに日本人いないし。メール、とどいていません〜wこちらから、メールをおくってみますね。
応援ポチ★
Posted by greensmoothie at 2010年05月18日 13:15
官僚はその道のエキスパートですから、もっと賢く各分野に使うべきです。
天下りが問題になっていますが、天下り=無駄使いというイメージが
出来上がっているのではないかと思います。
天下りの何が問題かというと機能していない団体や架空の団体を作り税金を投入(人件費)したり
渡りを繰り返す人物を容認していたりするのが問題なのですよね。
こういう法案って個々の中身は問わずに、表面的な事ばかりを気にして
つくられる気がします(とくに民主党になってから)
素人・売名行為・利権屋・売国が集まって政党をつくり政策を考えているのですから
ザルみたいな中身の無い法案しか上げてきませんよ。

売国といえば、こちらも大変ですよ〜
7月1日から、日本は中国に対してビザ発給の条件緩和を行います。
中国は7月1日から「国防法」というものを試行させます。
まさかとは思いますが、この施行日が同じということは本当に偶然でしょうか・・・?

7月1日以降の中国は有事の際にこんな状態になります。
・中国国内の全財産没収&世界中の中国人の財産没収
・外資系の全財産没収
・全中国人に兵役を課す
・海外の中国人も、兵隊として、活動が始まる!
・場合によっては、世界の中国人が、そこで、決起する!

ということは、中国が沖縄侵攻を決定などした場合、日本国内にいる中国人全員が
中国兵に様変わりし、その日から兵隊として戦うことが出来るわけです。
中国は兵隊を出兵しないで敵国の人民を攻撃できるということです。
民主のやっている政策を考えると、ビザ発給を大幅に増やして中国人を日本国内に増やし、
そしていつでも日本を壊滅させることが出来るという準備をしているのではと勘繰りたくなります。

Posted by ちょびまめ at 2010年05月18日 15:41
こんにちわ〜
三宅雪子氏のあの車椅子には目がテンになってしまいましたよ。
一体何を考えているのか不思議です。

それにしてもえいと@ちゃんはすごいですね。
私なんて政治に興味など全然なかったんですよ(汗)
でも、えいと@ちゃんのブログでいつも読ませてもらって少しずつでも興味がでてきてるし、なんといっても
いまさら聞けない事ってあるじゃない?
そんな事もえいと@ちゃんのブログだとわかりやすく
書かれているのでとても嬉しいです。
み〜んな私みたいに少しずつでもいいから
興味を持って真剣に考えたりできるようになると
いいのにね♪
Posted by べりー at 2010年05月18日 16:46
少しはバンコクの人達を見習って、暴動すべきかしらねorz

日本人の「のど元過ぎれば〜」体質を改革しなければ!
政治の話は「気持ちが暗くなる」なんて言ってる無関心を改善しなくては!

あーーっ、民主許せねーーー!!!
そして、そんな民主に票入れた人達に激しく反省してもらいたいです。
自分達が国民の生活を不安と恐怖のドン底に叩き落とした事を自覚して欲しいです。
Posted by たまてん at 2010年05月18日 19:13
おはようございます

今日は休みで 9時まで寝てしまいました

40〜50歳くらいで公務員の退職を余儀なくされ、その後に行くところがなかったら官僚とて困るわけです。


って いままでは40−50さいの脂の乗った頃に

退職の形をとらされてたんですか?



ふと 思ったのが 次女がサブで勤める学校のこと

年をとったおばあさん先生が多い事です

この不景気で やめないみたいで 

それと教師カットで 次女のような若い教師の仕事先がない

上の肩の中国のことよんで

怖くなりますが

ほんとに そんな事ってあるのか

想像もつきません

私には、、、、。




Posted by bachama at 2010年05月18日 23:49
今日のニュースでやってましたね。

中国からの観光ビザの基準緩和によって数年後には、年間の観光客が600万に達すると・・・

その間に、不法滞在者も増えることでしょう。

チベットやウィグルみたいに、いつの間にか「中国」にならなければいいですけど
Posted by masa at 2010年05月19日 00:04
おはようございます

政治とか歴史が苦手な私はえいとさんのブログで色々学べていますよ〜〜
Posted by ちびか〜ちゃん at 2010年05月19日 01:04
パソコンの調子が悪い〜〜
先ほど書いてたけど、落ちてしまった・・・

えいとさんのブログで苦手な政治とか勉強出来るのでありがたいです
Posted by ちびか〜ちゃん at 2010年05月19日 01:08
天下りの廃止がそう言った影響を与える事、考えてもみませんでした。
でもそりゃそうですよね〜。
以前書こうと思って止めたのがあるんですが、その誰でも政治家になれちゃう・・・これも問題。
私、そもそも本当に大丈夫か?なタレントとかスポーツ選手とかが立候補、これが不思議。
人気投票だもの。
Posted by ree at 2010年05月19日 01:10

> greensmoothie さん。

政治って、自分から積極的に情報をとっていかないと、なかなかわからない部分が多くありますもんね。
お忙しい方には難しいと思います。
こんな風に、ブログなどにUPされてるのを読むだけでもだいぶ違うと思うんです。

ただ、気をつけないといけないのは、ネットに上がってる情報が正しいかどうかの判断ですよね。
私は、人のブログを鵜呑みにしないで、必ずソースを探してから記事にしています。
でないと、間違った情報を載せてしまうこともありますからね。。。

署名活動、ありがとうございます。
もう無関心でいてはダメなところまで来てしまってると思います。
今の日本は変です! 変な方向に向かってしまっているんです。
少しでも多くの方に知っていただきたいと思っています。


Posted by えいと@ at 2010年05月19日 05:50

>ちょびまめさん。

>天下りが問題になっていますが、天下り=無駄使いというイメージが出来上がっているのではないかと思います。

そうなんですよね…。
確かに天下りがあることでの無駄遣いはあるでしょう。
退職金の二重支払いや、利権の温床など、いろんな問題があるのは事実です。
しかし、だからといって「では廃止〜」ってわけにはいかないんですよね。
その受け皿をどうしていくか…。
結局、天下りと同じか、それに同等するポストを作らないとダメなんです。
なので、民主党のこの「改正案」は、実は全く「改正」にはなってないんですね。

>こういう法案って個々の中身は問わずに、表面的な事ばかりを気にして
つくられる気がします(とくに民主党になってから)

ホントですね。。。
結局、利権だの、お金だのはついて回るんですよ。
それを形だけ「変化」させたように見せかけて、実はとても後退させているような、
日本にとってまったくいいことのない(いいどころか、悪い)法案にしてしまってるんですね。
これで選挙の時に「天下りをなくしたぞー、民主党ってすごいだろ」とでも言うんでしょうかね。。。


中国人のビザ緩和と「国防法」に関して、次の記事にしますね!
これ、すごっく心配してことなんです。
ついに来たか。。。って思いました。
何とか食い止められなかったのかなぁ〜〜〜。もう涙が出ちゃいます。。。

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:06

>べりーさん。

べりーさん、ありがとう1 興味を持ってくださってとてもうれしいです。

今まではね、政治に無関心でも良かったですよ。
確かに,100%満足する政治はかつてもなかったけど、
国民が大騒ぎしなくても、政局の中にストップをかける人間がいたんです。
だから、そんなにヘンテコな方向に向かうことは少なかったんです。
でも、今はストップをかける人がいないんですよ。。。
それで、このままほっとくとどうなるか…。
5年後、10年後に日本ではない、何か違った日本が出来上がってるかもしれないんです。
それが、日本人にとっていいものであればいいんですけど、けしてそうではない。。。
だからこんな風に声を上げているんです。

今更聞けないことありますよね。
知らないこともいっぱいあります。それが普通です。
だから、今後、今までよりもちょっとだけ興味を示して 調べてみたりしていけばいいんじゃないかなって思います。

べりーさんがこんな風に言ってくださってすごくうれしい〜。
一人でも、二人でもいいので、知り合いの方にこのことをさりげなく広めてくださいね。
選挙までもう2ヶ月きってるんです。もう時間がない。。。お願いします。。。

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:15

>たまてんさん。

>少しはバンコクの人達を見習って、暴動すべきかしらねorz

ほんとにね。。。
冷静な日本人って聞こえはいいけど、事なかれ主義ってことでもありますからね。
こんな事態になってるのに他人事。。。
そりゃ〜やりやすいでしょうね。政府も、中国共産党も…!

>政治の話は「気持ちが暗くなる」なんて言ってる無関心を改善しなくては!

暗くなってるヒマはないんですけど。。。(涙)
ホントにクーデターくらい起こさないとダメなのかなぁ〜。
しかし、今の日本人にクーデターを起こすだけのファイトはないですよね。。。
ここまで無関心だと、もう…。(涙)

去年、民主党に入れなかった人でも まさかこんなにもひどいって思わなかったでしょうね。
だいたいの予想はついてたけど、ここまでとは…。
去年、民主党に入れた人は、民主党がどんな党かがわかってなかったんですよ。
今でもわかってない人が多いんじゃないですか?

あと1ヶ月半…。
どこまで一般の方が目覚めてくれるか…ですよ。
何とか解散総選挙に持って行きたいですね。

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:22

>bachamaさん。

>>40〜50歳くらいで公務員の退職を余儀なくされ、その後に行くところがなかったら官僚とて困るわけです。
>って いままでは40−50さいの脂の乗った頃に退職の形をとらされてたんですか?

そうなんです。
官僚ははやい人で40代で退職します。
で、その後に天下るんですよ。企業や公社のトップになったり、大学の教授になったりする方もあるそうです。
それが慣例だったんです。
官僚はクルクル回して行かないと、いろいろ問題があるんですよ。
ずーっと同じ人間が政治の同じ部分に関わるのは 利権を生んだりもすることもあるんです。

>年をとったおばあさん先生が多い事です
>この不景気で やめないみたいで それと教師カットで 次女のような若い教師の仕事先がない

これ、アメリカの現実ですね。
大学でもそうですよ。教授職の定年がないので90歳近い方が教鞭をとられています。
これ、差別撤廃運動があった時に「女性差別」「人種差別」を撤廃すると同時に「年齢差別」も撤廃されたんです。
だから、アメリカでは定年が決められていないんですよ。
職員の世代交代がなされないのって問題ですよね。。。


中国の話は想像しにくいことかもしれませんが…事実です。
怖いことなんですよ。。。
一番に狙われるのは…きっと沖縄でしょうね…。
米軍が撤退したところにいっきに中国人が押し寄せて来るでしょう。
米軍基地反対してる方はこういう「国防」のことまで考えておられるのかな…って思いますよ、本当に。。。

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:45

>masaさん。

>中国からの観光ビザの基準緩和によって数年後には、年間の観光客が600万に達すると・・・
>その間に、不法滞在者も増えることでしょう。

あぁ〜〜〜! 怖いですよ〜〜〜。
だんだん恐れていたことが現実になっていきそうで…。
不法滞在が増える…! 
日本の治安ももうめちゃくちゃになっちゃいますね。
池袋がすごいことになってるって聞きます。
町に中国人があふれて、まるでチャイナタウンのようになっているとか…。
マナーは守らない、道にゴミを捨て痰を吐く…。
ひどいことになってるんだそうです。
日本中がそんな風になっていくんでしょうか…?

>チベットやウィグルみたいに、いつの間にか「中国」にならなければいいですけど

ホントですね。。。
民主党政権はわかってないんでしょうか? 中国共産党が世界で何をしているか…って。
こんなお人好しな国はないですよね。。。(涙)

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:53

>ちびか〜ちゃん。

日本がえらいことになってますよ。
ホントに、このままだと、将来一時帰国する国が無くなっちゃうかも。。。

えいと@も日々、勉強です。
なんだか黙ってられなくて…。
Posted by えいと@ at 2010年05月19日 06:56

>reeさん。

>天下りの廃止がそう言った影響を与える事、考えてもみませんでした。

表面だけ見てたら、お金の問題、利権の問題など色んな問題があるので「天下りなんてなくせばいい!」って思いますけど、
いろんな側面から見たら、ただなくせばいい…というわけにはいかないんですね。
民主党がやろうとしていることは、日本の国力を弱めることにつながってしまうんですよ。。。
怖いことですよね。。。

>以前書こうと思って止めたのがあるんですが、その誰でも政治家になれちゃう・・・これも問題。

これが民主主義ってものです。
だから、監視役が必要なんですよ。
政治家の中には、ちゃんと政治を勉強してなってる人もいますけど、
そうでない人も多いですからね…。

>私、そもそも本当に大丈夫か?なタレントとかスポーツ選手とかが立候補、これが不思議。

これもね〜ある程度 人数制限が必要かなって思いますね。
国民の税金がお給料になるわけですし、いくら芸能人、スポーツ選手っていっても、片手間でやって欲しくないですね。
政治家になるのであれば、それなりに政治の勉強をして欲しいです。
日本の近代歴史もちゃんと学んで欲しい。
谷亮子選手に関しては、立候補するのであればオリンピックはあきらめるべきだと思いますね。

Posted by えいと@ at 2010年05月19日 07:08
そう云えば 先日の次女の卒業式の時にあった 

おじいさん

私はてっきり 卒業生とおもって
話かけたら

先生でした

それも 会社を定年して 暇になって 大学院で教えてるって言ってましたが

彼もずっと い続けるんでしょうね


返事はいいですので

明日から又仕事が忙しくなるので

今のうちにと 日が変わったんで 来て見ました

Posted by bachama at 2010年05月19日 07:34

>bachamaさん。

>おじいさん
>私はてっきり 卒業生とおもって話かけたら先生でした

そうなんですか〜。(笑)
アメリカって年配の方が大学で勉強されることが多いですもんね。

日本でも定年のない職業はあるんです。
弁護士や医師、公認会計士、税理士などの専門職で、開業している方には定年がないですよね。
でも、お勤めしている、いわゆる勤務労働者に関しては 日本では定年があるのに対し、アメリカではないんですよね。。。
アメリカでは自分が「この年に定年しよう」と決めることが出来るっていうことです。

ある意味、いいことだとは思うんですけど、
後輩の道を閉ざしてしまう…ということもありますね。
今の若い人はいろんな意味で大変だなと思います。

Posted by えいと@ at 2010年05月21日 00:54
フォントの使い方が変ですね
Posted by あああ at 2010年05月22日 01:12

>あああ さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

文字の大きさはわざと変えています。
強調したい部分の文字を大きくしたりしています。

できましたら、記事の内容のコメントをいただければうれしく思います。


Posted by えいと@ at 2010年05月22日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150252663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。