2010年03月08日

Freeでジャズコンサート


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のバンクーバー旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  バンクーバーの過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    バンクーバー旅行記 (2009年6月29日〜7月8日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


去年(2009年)の6月〜7月のお話なので だいぶタイムラグがあります。ご了承くださいまし。



さて、昨日の記事の続編です。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    ショッピングスポット「グランビルアイランド」



えいと@夫妻がバンクーバーに行った2009年の7月上旬は、


ちょうどジャズフェスティバルが開催されていた時期だったんです。(⌒∇⌒)b


こういうコンサートを無料で聴くことができるんですねぇ。


太っ腹じゃありませんかー? (´∀`)


これは行かなきゃ〜って思いますよね。(^∇^)b


   c-glanb10-20.jpg


カナダの銀行がスポンサーのようです。


午後の12時半からコンサートが始まるということだったので、


それまでにブラブラショッピングをしたりランチをすませておくことにいたしました。


そして開演です。


 c-glanb10-25.jpg


ちゃんと座席を準備してくれてるんですよ。


なかなか親切ですよね〜。(´▽`)


アメリカでも無料のコンサートはたくさんあるけど、


ほとんどが立ったまんま聴くスタイルですもん。


   c-glanb10-22.jpg


  左の女性がボーカル ↑です。


  アジア系の方ですね〜。


  透き通ったきれいな声でしたよ。(=´▽`=)


   c-glanb10-23.jpg


ドラムの方 ↑ は自分の世界に陶酔しちゃってる感じでした。


 c-glanb10-24.jpg


ところで、えいと@夫妻はジャズが大好きなんですよ。(o^-^o)


ジャズの不協和音のハーモニーが 何ともいい感じで、


心地よく心に響いてまいります。


 c-glanb10-21.jpg


たくさんの観客を魅了しておりました。( ´ ▽ ` )



さて、この他にもグランビルアイランド内でいろいろなパフォーマンスが行われていました。


有名人(えいと@夫妻は知らないけど)も来てて、なにやらショーをやってました。


プロのショーは見学はFreeだったんですけど、撮影は禁止ってことだったので、残念ながら写真はございません。


けっこうおもしろかったです。


   c-glanb10-26.jpg


 こちら ↑ は変わった楽器の演奏でした。


 何でしょうね? バグパイプかな???


 東南アジア系の方でしょうか?


 いい音色でございました。


 c-glanb10-27.jpg


こちら ↑ は三重奏のパフォーマンスです。


真ん中の方の楽器は何でしょうね?


ところで、左のコントラバスを演奏している方 ↑をよ〜〜〜く見てくださいますか?


何か背中に背負って演奏されています。



            ↓





            ↓





            ↓



   c-glanb10-28.jpg


何と! 赤ちゃんを背負って演奏してるんですね〜!(≧∇≦)b


この赤ちゃんすやすやと眠ってましたよー。(*^m^*)


パパが演奏する音楽が子守唄なんでしょうねぇ〜。


ほのぼの〜とした光景でございました。(*´∇`*)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
こちらは、日本と違って音楽会など芸術はタダも多いし
タダでなくてもお安いですものね〜〜

知らない楽器も沢山あって楽しそう〜!
お子さんもいつもパパの演奏を聞いているから
安心して眠れるのでしょう♪

そういえばウチの娘
「私だけ『ねこふんじゃった』がピアノで弾けないの!」
って言い出して
内心「ピアノの先生が泣くよ・・」と思ったのですが
私も忘れちゃっててネットで楽譜を出したら
結構難しそうなのには驚きました。
だって#が6個もあるんですよ〜〜知らなかったよ。爆笑
Posted by おね太郎 at 2010年03月08日 11:44
はいた〜い!えいと@さん

月曜、週初めの仕事で〜〜す!

カナダへ行ったときに、街角でいろいろと
パフォーマンスをやっているのをみました。
ワタシたちも、和太鼓演奏でアルゼンチンへ
行った帰りなのでパフォーマンスをすればよかったと
みんなで話をしていましたよ!

それにしても、ベイビーを背負ったパパさん
日本人がは、ああいうことはしないですよね!
エライ!!と言いたいさあ〜〜
Posted by MAGI at 2010年03月08日 13:05
えいと@さん、
3年前(だったかな?)にバンクーバーに行った時の感想は、アジア人が多い!でした。
えいと@さんの写真にも写っていますものね。
街を歩いている時に周りを見わたしてみれば、全員アジア人という事が何度かあってびっくりしましたよ。
そのおかげかレストランや食べ物は充実しているようでとてもうらやましかった思い出があります。

Posted by Yogacat at 2010年03月08日 22:35
音楽系の無料のイベントが多くていいですよねー!
アメリカ時代、夏にある大きい野外の音楽イベントでボランティアしましたー。スタッフは有料のメインステージ用のパスがもらえて、仕事後にコンサートを楽しめましたよ☆

背中の赤ちゃんにはびっくりー!
きっと音楽センス豊かな子に育つんでしょうね♪
Posted by ちい at 2010年03月09日 00:24
おはようございます、えいと@さん

カナダって、いろんな意味で音楽が浸透している社会じゃないですか?と言う印象を最近深めているんです・・・
カナダ人は歌が好き、聴くのも好き、結構ロックだろうがカントリーだろうが他国の音楽だろうが 何でも楽しんで知識にまでしちゃう。。。ってかんじ。
こういうコンサートで演奏でき、聴くことも一緒にリズムに乗ることも出来るって、音楽に対して心のハードルを下げてくれるんでしょうか。日本でやったら、ヘタすると遠巻きにみんなが眺めてるだけになりそうだもんね。

素敵だな、こういうイベント。こんな素敵なアイランドでこういうイベントって、更にヒトを集めて元気になりそう。
Posted by moi at 2010年03月09日 01:28
Freeでこんなに音楽を楽しめるっていいですね〜。
ここでも週末に公園であったりするんですが、子連れじゃなかなか落ち着いて聞けないんですよ〜。
それが悲しい・・・。
Posted by ree at 2010年03月09日 03:25
ジャズコンサートなんていいですね〜♪
しかも無料?!これは行かなきゃですねぇ。(^^)
なんだか、こちらまで演奏が聞こえてきそうでしたよ♪
コントラバスのお母さんもスゴイ!
音楽と住人が一体となってる感じで、平和な街ですね。
Posted by mucci at 2010年03月09日 05:28


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。


>おね太郎さん。

アメリカやカナダではこういうコンサートを気軽に楽しめていいですよね。
無料のが多いのがすごくうれしいです〜。

この赤ちゃん、将来は音楽の才能がでてくるでしょうね〜。
すごい有名になったりして!
子守唄ですもんね♪

ネコ踏んじゃった〜♪って楽譜を見たら難しいと思いますよー。
#が6個も〜〜〜てんこ盛りですね〜。

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:09

>MAGIさん。

>ワタシたちも、和太鼓演奏でアルゼンチンへ行った帰りなので パフォーマンスをすればよかったとみんなで話をしていましたよ!

えぇっ!
アルゼンチンに和太鼓演奏にいかれたんですか!
すごいっ! ステキですね。
帰りにバンクーバーですか〜。
ホントにバンクーバーで沖縄の音楽を広めて来られたら良かったですね。
機会があったらぜひ!

赤ちゃんをおんぶして演奏してるパパさん、いいですよね〜。
ほのぼの〜としてていいですよね。
この赤ちゃんは将来絶対に音楽の道に行きますね!
日本じゃ、赤ちゃん背負って〜なんてダメーっって言われちゃいそうですもんね。
このへん、おおらかですよねー。

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:15

>Yogacatさん。

カナダ、特にバンクーバーはアジア人が多いですねぇ〜。
特に中国人と韓国人が多いって聞きますね。
でっかい中華街もありますもんね。
アジア系のレストランも多いかも〜です。

アメリカも西海岸はアジア系の人が多いですよ。
西の方が気候が温暖だし、住みやすいんでしょうね。
アジアからは東より西海岸の方が行きやすいしね〜。

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:19

>ちいさん。

>アメリカ時代、夏にある大きい野外の音楽イベントでボランティアしましたー。
>スタッフは有料のメインステージ用のパスがもらえて、仕事後にコンサートを楽しめましたよ☆

へぇ〜ボランティアですかー。
それいいですね!
メインステージのコンサートの件がもらえちゃうなんて!
そのグループのファンだったらすごっくうれしいですよね〜。

赤ちゃん背負っての演奏にはびっくりですよね。
きっと音感のいい子供に育つでしょうね!

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:44

>moiさん。

日本だと、ある程度人気が出て来たミュージシャンでないと聴いてもくれない…って感じがありますよね。
もちろん、ストリートから有名になったグループもありますが…。
「こぶくろ」とかね…。(実は「こぶくろ」が素人の時代、通る駅でよく歌ってたので聴くことがあったんです。まさかあんなに有名になるとは思わなかったなぁ〜。)
アメリカやカナダは、そんなに有名でなくてもいい音楽だったら聴いてくれる…っていうところがありますよね。

音楽っていいなーって思いますね。ホント。

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:53

>reeさん。

そうですね〜〜〜。
子供さんの興味があるものと、大人が純粋に楽しみたい物とにはちょっと温度差がありますもんね〜。

今は子供さんと一緒にいろんなことを楽しんで、
もうちょっと大きくなったら、ご夫婦二人で楽しんじゃってくださいね〜。

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 10:58

>mucciさん。

そーなんですよ! 無料なんです〜!
こういうのはスイスにはないですか?
アメリカでも夏の時期には毎週あるんですよ〜。無料のコンサート。

今回はジャズだったのでうれしかったですー。
ジャズの無料コンサートって少ないですからねぇ〜。

>コントラバスのお母さんもスゴイ!

 これ、お母さんなのかな???
えいと@はお父さんだって思ったんですけどぉ〜。
どっちだろう。。。??? ちょっと中性的な方ですよね?(笑)

Posted by えいと@ at 2010年03月09日 11:01
シカゴも大きなジャズ祭りがありますよね

たしか

この辺りの町で 夏にこうして ジャズなどの野外コンサートがあります

ジャズには詳しくないですが 好きですね

高校時代は よくジャズ喫茶にいってました。

この子どもをおんぶしたパパ いいな〜〜〜

Posted by bachama at 2010年03月09日 14:10
PCが大の親友のピン吉です(笑

いや〜なつかしい、これぞアメリカ、あっ、いや、カナダですわ
野外ステージ、のびのびしてますね、演奏する方も聴く方も

でも、コントラバスの演奏者びっくり
楽器を支えるだけでも重そうなのに、赤ちゃんを背に、、、
でも、それでバランスが取れてたりして(笑

近くに高層ビルが、、、都会の真ん中なんでしょうか
カナダ、よく分かりません、、、

Posted by ピン吉 at 2010年03月09日 14:49

>bachamaさん。

シカゴもジャズのお祭りがあるんですか〜。
いいですね〜。
無料のロックコンサートはけっこうたくさんあるけど、ジャズってなかなかないんですよね〜。

ジャズって何とも言えない不協和音がいいんですよねー。
えいと@はピアノのジャズが好きなんですよ。
自分もピアノが弾けたらなーって思いますねぇ〜。

赤ちゃんをおんぶしたパパ、ステキですよね。
きっとこの子は将来 音楽の才能をあらわすでしょうね〜〜〜。

Posted by えいと@ at 2010年03月10日 13:14

>ピン吉さん。

こういう野外のコンサートっていいですよね〜。
この時は7月初めだったんですが、暑くもなく寒くもなく、いい気候でしたよ。
日本だったら7月なんて暑くて無理ですよね〜。
あ、梅雨の真っ最中だ。。。(苦笑)

コントラバスのパパさん。
このスタイルが普通になっちゃって、子供が成長したら背中が寂しくなったりしてね〜。(笑)

バンクーバーは都会です〜。
ビルがいっぱいあります。
このグランビルアイランドは、中之島のようなところなんですよ。
水に囲まれてていい感じですよん。

Posted by えいと@ at 2010年03月10日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。