2010年03月05日

オリンピックで感じたこと〜独り言♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



バンクーバーオリンピック2010が終了しましたねー。


 c-yakei10-4.jpg


アスリートたちが賢明に戦う姿に大きな感動がありましたね!


皆さまはどの競技、どの選手に感動されましたでしょうか?



さて、今回のオリンピックではいろいろなことがありました。


1000人いたら1000通りの、いろんな見方、考え方があると思います。


今回は 去年の6月に撮影したバンクーバーの夜景の写真とともに、


このオリンピックで感じたことをつぶやいてみたいと思います。



  c-yakei10-1.jpg


まず、服装で問題になった選手がいましたね。


彼の服装に対して、いろんな意見が出ておりました。


「今どきの若者らしくて別に問題はない」


「いくら日本代表でもファッションは個人の自由」


「オリンピックなんだし結果が重要」
…という擁護する意見と、


「日本の代表なのだからきちんとすべきだ」


「時と場所をわきまえた、ふさわしい服装というものがある」


「日本の代表としての自覚が足りない」
…という意見に別れたようです。


皆さまはどちらの考えでしょうか?


えいと@はどんな場合でもTPOをわきまえた服装があるという考えです。


例えば結婚式にヨレヨレのTシャツ & Gパンで出席する人を見たら「何? あの人? 常識がないな」って思いません?


就職の面接を受ける時の服装はスーツを着て、派手でないネクタイをしていこう…って考えませんか?


ドレスコードがあるレストランでは きちんとした服装でないと入店すらできないですよね。


自分がいいと思っているんだから どんな服装にしようが自由だろう?というわけにはいかないのです。


人が見てどう感じるか、自分はその場で浮いてはいないか…ということが時と場合によっては非常に重要になってくるわけです。


オリンピックは国の代表で 国の費用で参加してるわけですよね。


国のユニフォームを着崩すなんてもってのほかですよ。


何でもかんでも いつでもどこでも自由がまかり通るなんていうことはありえません。


普段の日常の場合であればどんな服装でも、それは自由です。


逮捕されない範囲で思いっきり個性を出しても 何でもOKですよ。


でも、オリンピックは「普段」ではないのです。


そのへんの区別がきちんとできていない、


TPOに合わせた服装というものが理解できていない人
が存在し、


それを容認、肯定する人がけっこうたくさんいるんだなぁ〜…って思いましたねぇ。



c-yakei10-3.jpg


さて、次はフィギュアスケートについてです。


フィギュアスケートは本当に感動的でしたね。


日本中がTVに釘付けになったのではないでしょうか?


本当にステキでした。


ところで、女子の点数に関してはいろいろと疑問があるとネット上で騒がれましたね。


スケートに関しては素人の えいと@でも「えっ? 何この点数の差は?」と違和感を感じました。


確かに金メダリストの選手の演技はすばらしかったです。


ノーミスで完璧でした。


でも、あれだけの加点はありえないのでは…って疑問に思いましたよ。


えいと@の友人の中にはオリンピックでフィギュアスケートは見る気が起こらないという人が何人かいます。


どうしてかというと公平ではないからだというのです。


判定基準がオリンピックごとに変わるし、


買収があるかもしれない、審判の好みや気分などで点数が大きく変わるからだと言います。


そういうこともあるのかなぁ〜と漠然と聞いておりましたが、


今回の金メダルの選手の加点をみると 不自然さを強く感じてしまいましたし、


裏で何かあったのでは…?…と疑ってしまいましたよ。


でも、日本の選手は本当によく頑張りました。すばらしいのひと言です!


正々堂々と 持てる力を精一杯出した選手たちに拍手ですね。


今回の悔しさをバネにして、次回からも頑張って欲しいと思います。



  c-yakei10-2.jpg


ところで、最近アスリートのDNA配列で どの競技に向いているかを調べたり、


どんなトレーニングをしたら競技が上達するか
…などの研究がされているそうです。


これを聞いて「えぇえ〜〜〜」って思っちゃいましたよ。


こういうことが普通に行われるようになったら本人がやりたいスポーツではなく、


絶対に上達するスポーツをするようしむけられること
が出て来そうですよね。


もしかしたら国によっては もうすでにこの技術を利用してアスリートを育てているかもしれません。


つまりメダルを取るための選手を作り上げる…ってことですよ。


これってどうなんでしょうか…?


日本の場合は、好きなスポーツをやって、その中から優れた才能の持ち主がアスリートになっていく…って感じですよね?


子供の頃に このスポーツが向いているからやれ!って命令されるわけではないですよね。


たぶんこの技術が発達したとしても日本ではあえてそれを利用することはないような気がします。


でも もし、外国が積極的にこの技術を取り入れていくことになったら…。


DNAで勝てる選手をどんどん作り上げていく時代がきたとしたら…。


日本はもうオリンピックやその他のスポーツ選手権では勝てない…ってことになってしまうのでしょうか…?


そういう時代がきたら日本もDNAで勝てる選手を子供の頃に見つけ、英才教育をしていくのでしょうか…?


オリンピックってメダルを取ることが目的ではないと思うんですけど…。


化学の力はすごいけれど、こういうスポーツの世界に利用するのはどうなんでしょうね…?


皆さまはどのように思われますか…?



c-yakei10-5.jpg


バンクーバーで見た夕焼けは 純粋にとても美しかったです♪





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 07:57| Comment(34) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コワイですねー
そうなったら。
DNAって。。
たまたま義母の一周忌で日本にかえってテレビで見てました、今回のオリンピック。
豪州では英連邦の選手しか放送されないので。。
嬉しかった。
みられて。
お久しぶりです
いつも拝見シテマス
Posted by hima at 2010年03月05日 09:59
はいた〜い!えいと@さん

フィギュアスケートの大輔くんの演技は
怪我からの復帰で、ワタシも嬉しくなりましたよ!

確かに点数のつけかたは疑問。。。完璧だったけど
そこまで引き離す??感じだったとね・・

でも、ロボットのように作られた選手はどうなんだろう
本当に将来のオリンピックはそうなっちゃうのかな?


ワタシも若いときには、沖縄を代表するソフトテニスの
選手でした。でも、若くして選手時代に最初の子供を産んで復帰したら、そんな子供がいて自由な時間がない選手はいらないみたいなところがありました。
だから、アスリートのときには子供が持てないのだろうなあ〜って思います。

ただ、ワタシは子供ができても純粋にテニスが好きだったし選手にもどりたかった・・・でも、確かに子連れは難しいだろうなあ・・・って段々自分でひいていった選手時代がありましたねー
Posted by MAGI at 2010年03月05日 10:13
私のブログのURL貼っておきますのでよかったら見てください。
日本人とTPOって皆無になってきた気がします。
要するに何でも「自由」という履き違えな風潮で教育されていないのです。
無知は悲しいことですが、それすらも気がつかないのだから始末が悪い。
今の日本人って、野生動物に近くなってきているのではないかと思います。
これも愚民計画の一環なんじゃないでしょうか。
スポーツとDNA・・・
そこまで来ると面白くないですねぇ・・・
日本はオリンピック競技が事業仕分けの対象になって経費も削られ
これからオリンピックで金メダルなんて取れない状況になってきそうですが、
DNAで種目を決めるって何か嫌ですね。
あぁ〜それにしても日本脱出したいなぁ〜
えいと@さん!羨ましいです!!
Posted by ちょびまめ at 2010年03月05日 10:23
えいと@ちゃん おはよう!

えぇーっ!DNAで・・・
そんな方法が研究されてるんだぁ
何かもしそれが当たり前の現実になってきたら・・・
それがその人のやりたいスポーツだったらいいけど、、、
何か夢や希望なんてないというかその競技のために作り上げられたロボットみたいだよ。
勝つためにそこまでする?そんなのしてほしくないなぁ・・・

フィギュアスケート
確かに金メダルの演技は本当にカンペキで素晴らしかったよね。
でも、うん。。。やっぱり点数のつけ方が何か、よくわからないなぁとは思ったなぁ

スポーツなんだけど、何か芸術でもあるというか・・・そこが難しいんだろうね。
何かバレエっぽい感じで・・・
芸術、表現力って、、、採点はやっぱりどうしてもその人それぞれの感覚?感性?になっちゃうよね。
でもオリンピックってスポーツの祭典なんだよね?フィギュアスケートの立場が微妙で難しいよね(*_*;
Posted by cha^^cha at 2010年03月05日 11:05
服装問題はねぇ・・
私個人的には「親御さんにTVで謝らせるような態度はいけない」って思います。
確かにTPOも昔よりはゆるくなりました
(例えば私は結婚式にサンダル、つまりかかとのない靴はNGと教えられました。それにヒールの高さも5センチくらいが正式だと)
でも守らなければいけない部分はあるはずですよね。

女子フィギュアは金銀はプラグラムを発表した時点で今の採点では分かっていたようなものです。
ある広告代理店の力も大きいのだとか・・。
銅メダルの方も同情点で決定だったと言われるのも
なんだかなぁ・・と。
フィギュアは男女とも
「記録に残った」か「記憶に残った」かの違いかな〜。

日本の政府は学問やスポーツに冷たいとは思いますが
DNAって・・・
そこまで行ったらオリンピックの意味がなくなりそうですね。

Posted by おね太郎 at 2010年03月05日 11:10
オリンピック、1場面も見なかったんで、問題になった服装がどんなんだったか知らないんですが…。インターネットのどこかのサイトにあるでしょうか?

DNAの話、ちょっと違うかもしれないけど、以前ステロイドを大量投与されて男性に性転換せざるを得なかった某国の女子体操選手の話を思い出しました。
科学が人間の体に過剰に関わるとこわいです。

うちのダンナ、科学者で、スポーツにもテレビのおバカな番組にもな〜んにも興味のない(あまり面白くない)人なんですが、昔、ミスアメリカとかの番組は毎回ビデオに撮って見てたんだそうです。
採点者の配点、性別、出身国、年齢層、などを統計分析するのがおもしろかったんだそうで…。(ったく、科学者って…)で、最近は得点を詳しく放映しなくなったんで、見るのをやめたそうです。
Posted by あつこ at 2010年03月05日 12:20
服装問題。
随分大騒ぎになりましたね。
TVを普段見ないのでネットでしか
見ていないのなんとも言えませんが。
指導者の人達は、注意しなかったのでしょうか。
服装は大切ですよね。
公式の場には公式な服装は必要です。
でもマスコミは面白がって
騒ぎすぎてはいないでしょうか。
どうなんでしょう。

スケートは選手のことを考えると胸が痛くなります。
採点競技って難しいですよね〜。
不正も防げないし。

DNAで選手を育てるようになるなら
オリンピックは止めた方がいいですよ。
Posted by コメット at 2010年03月05日 15:54
私も女子フィギュアは見る気にならない一人でした。
初めから出来レースという話がありましたからね〜。

NHKもフィギュアの中継には力を入れて放送していたようですが、
ヨイショして褒めるのは例の韓国選手・・・自国の選手に愛情示せ
よ!と、言いたくなる始末(-_-#
結果だけ見ようかとTVを点けたら、カナダとアメリカ、2人の選手
の演技が残っていたので見てみたら・・・唖然( ̄□ ̄)
どう見ても、カナダの選手が銅はありえないだろうーーー!
て、内容でしたよ。
男子のフィギュアもね〜。
ロシアのフルシェンコ選手が放った言葉に同意ですわ。

DNAでの選手選別・育成の前に、選手皆がドーピングしていたら
記録はどこまで伸びるのか、「ドーピング・オリンピック」を
見てみたい!(笑)

服装の件で騒ぎとなった選手に関しては、親の顔が見てみたい!
の一言に尽きます。
えいと@さんが記事で仰っていることは、成長段階で親が教えて
いく事ですからね。
「反抗的な俺ってイケてるぜ!」とでも思っているのか、謝罪(?)
会見も最悪だった様子。恥の上塗りですね。
スポンサーから総スカンを喰らって、社会の厳しさを知ればイイ
のに・・・と、思ってますわ。
Posted by たまてん at 2010年03月05日 17:55
ごきげんよう。
キムヨナのハイパーインフレはこの前ウチでも書いたわぁ〜
新しい技、画期的な技を取り入れない限り
基本的には得点は伸びないものなのよ。
なのに単なるノーミスであの爆上げでしょ?
「またか!」って思っちゃったわよ(笑)

韓国の買収って世界的に有名よ♪
ワールドカップ、ソウル五輪、えとせとら♪
あの国のお家芸だしねぇ〜
今回もやってても不思議ではないわぁ〜
知らなかったんだけどカナダもけっこー
買収とかしてるんだってね。なんか意外だったわぁ〜

一昔前、社会主義国ってやたらとスポーツが強かったでしょ。
あれと一緒で、平和な民主的な国はもう太刀打ち出来ない時代なのかもね。

国母選手は論外ね。
やっぱドレスコードってあるし♪
まあ、単なるお子ちゃまなんだと思うわ。

Posted by もやこ at 2010年03月05日 18:39
えいと@さんこんばんわ〜〜〜

日本でどっぷりオリンピック観戦しました、テレビで、、、

女子フィギュアの鈴木明子選手
ほんとよかったわ〜〜〜
彼女と、それからアメリカの未来ちゃんはのびのびと楽しそうに幸せそうに滑ってた
滑るっていうか、飛び跳ねてた(笑

真央ちゃんにもこんなに楽しくすべって欲しかったな
日本に帰ってきてからの真央ちゃんは笑顔がいっぱいでホッとしました

えいと@さんはオンタイムで楽しんだんですね〜♪
Posted by ピン吉 at 2010年03月05日 18:56
バンクーバーの夕焼け、絵葉書みたいですね。

選手の服装の話、よしあしは自分には判断出来ないけれども、追求している人の態度もあまりよいものではなかった気がします。
あまりああいった話題は前面に出ないで欲しいですね。

オリンピックの目的はメダルだけじゃないとは思うけれども、やはりメダルが大きな目的になっていると思うな〜。

選手も国も、そして応援してる人も。

でもメダルの目的はなんと言うか、向上心と言うか、探求心と言うか、人類の叡智的なものだと思う。科学的なものもそうだけど、それだけじゃなくて文化的な精神的なものも。

DNAレベルでとか言い出すのはちょっと無理矢理な気がします。
それでメダルを取るって、各国が単純な作業ばかりを繰り返すだけの無味乾燥な意義の少ない行為に思えますね。
Posted by かげ at 2010年03月05日 22:24
フィギュアで印象的だったのは、滑り終わった瞬間にみんな泣いてしまっていたこと!人気のある競技だからこそ注目され、国民の期待も背負い、ものすごいプレッシャーだったんだろうな、って思いました。
その分緊張感がすごく、見ていて圧巻でした!
ただ必要以上に「ヨナvs真央」をあおるマスコミにちょっとうんざりでした。2人だけで勝ち負けを競ってる訳でもないのに…。何だかお互いの国の選手をひどい言葉で中傷し合う人もいて悲しいなぁ。。
Posted by ちい at 2010年03月05日 22:43
再びごきげんよう。
今回の採点についてとてもわかりやすく
書かれているサイトです。

http://toramomo.exblog.jp/12905771/#12905771_1
Posted by もやこ at 2010年03月05日 23:31
うんうん。。。世界一を競う大会、公正とはなにか、スポーツマンシップとは何か、という基本が常に問われますよね、選手もジャッジも。

ジャッジと言えばオリンピック中いろいろあったけど、なぜかdisqualifyされたオーノ選手が「それがこのスポーツ」と言いましたが、それに尽きる気がしました。いろんな意見、それぞれに正しいけど、だからこそその時のジャッジには大きな権限が与えられる。そして選手はそれを受け入れなければいけない。そしてその裏でなにがあるかは、うーん、この世の中と同じですね。そうかも知れない(きっと)、でもよく分からない。

服装問題、アメリカ人の知人には「どうして?だってボードの、しかもハーフパイプの選手でしょ?」と言われました。なるほど、考え方だなぁと思いました。彼らによるとスノーボーダー、とくにああいったパフォーマンスをするひとたちは普段からのファッションが彼らの考え方の違いを示しているのだと。「日本選手団の服をきてたのなら、それをどう着るかは彼らなりの解釈で他人が決めることではない」んだと。それくらい特殊なひとたちなんだという認識らしいです。そういう考えも、ありかもしれない。
ただ個人的にはね。えいと@さんと動揺です。TPOを知る。あるいは「選手個人」じゃなくて「選手団」で来るならそれに従う、例えは悪いけど軍隊で着崩すのが許されるわけがないのと一緒です。
そうでないなら、到着まで完全に選手団と行動を別にすべきだったのだと思います。って、今更言ったって、ですけどね。
Posted by moi at 2010年03月06日 01:19
明日起きれないから早く寝なさい、と怒られながら、うちの2人も毎晩見てました。

服装については私もえいと@さんと同感ですね〜。
TPOがあり、日本の代表として出てる訳だから、恥ずかしくないようして欲しいと思います。
昔はどうだっていいじゃん、って思った私も、年を取りましたね。
常識を重んじるようになりました。

スケートの方は、ポイント結果は置いておいて、演技を見た時に、あぁ〜これは負けた、って思ったんですよ。
でもね、真央ちゃんもすごかった。
彼女はこれからもっと大きくなると思います。

DNAで、ってなっちゃうと、これはもうオリンピックじゃない、ただの人間の国のエゴになってしまう。
それじゃぁ不正と一緒。
冗談じゃない!!
Posted by ree at 2010年03月06日 03:35
今回のオリンピックまめに見てないです。

感激したのは 大好きなアポロ選手のスピードスケートの技かな

日本選手の活躍は ほとんど見てません

服装の話はブログで知りました

えいとさんと同じ意見です。

場をわきまえて欲しいですね

人間がどんどん作られていく時代になってきてるんですね

胎児の時に 親の希望の子にするようになる時代が来るんじゃないでしょうか


中国で 背を高くする整形があると聞き 驚きました

容姿とか うるさい国のようです

関係なかったけど、、、。

人間が人間を作る世の中になると

思いもしない問題がおこってくるんでしょうね





Posted by bachama at 2010年03月06日 05:41
服装問題は色々うるさかったですね。
私もえいとさん同様、普段の服装はもちろん自由だけど
TPOをわきまえるべきだと思います。
(彼の母親が自分と同い年ってのも別の意味でビックリでした。汗)

フィギュアスケートは、採点法が不透明で嫌ですね、、。
その追加点というのがなんか謎です・・・
次回のオリンピックまでなんとかしてもらいたいですが、、。

DNAで・・・なんだか人類の将来が恐ろしくなりますね。
Posted by mucci at 2010年03月06日 06:41


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。


>himaさん。

お久しぶりです〜。お元気ですか?

オーストラリアでは日本の選手の放送があったんですね。
アメリカはアメリカの選手ばっかりでしたよ。(当たり前かもしれないけど…)
スケートはかろうじて上位の選手の放送がありましたので見ることが出来ました。

DNAはねぇ…。
こんなことまでしてメダルが欲しいなんて思うのでしょうか…?
そんなオリンピック、見ててもおもしろくないかも〜ですね。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 09:56

>MAGIさん。

審査員が点数を決める競技って公平さが欠けますよね…。
今回は特に感じましたねぇ。

>ロボットのように作られた選手はどうなんだろう
>本当に将来のオリンピックはそうなっちゃうのかな?

本当に、今後どうなっていくでしょうね。。。
今でも小さい頃から、好きなスポーツではなく、才能がありそうな子供を選別して英才教育をしてる国は存在しますしね。
これにDNAを入れ込むなんてこと、抵抗なく普通にやっちゃう国はあると思いますよ。
そうなったら…オリンピックはつまらなくなっちゃいますね。

MAGIさん、テニスの選手でいらしたんですか〜!
すごい!

>若くして選手時代に最初の子供を産んで復帰したら、そんな子供がいて自由な時間がない選手はいらないみたいなところがありました。

えぇえ〜! 子供がいたら選手になれないんですか? 練習時間がとれないからでしょうか???
それも何だか寂しいですね。。。
でも、それだけ厳しい世界なんでしょうね…。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:03

>ちょびまめさん。

日本はやたらと「自由」を強調しますよね。
何をしても本人の自由じゃないか…って。
自由には「責任」が伴うってことが飛んじゃってる気がします。

どんな世界にも「規律」ってものがありますよね。
きちんと場をわきまえる…って教育がなされていないのでしょうか。
成人式の一部の若者の姿を見ていてもそう感じますしね。
親は何とも思わないのでしょうかね? 自分の子供がああいう常識のないことをして…。
子供に何も言えなくなっちゃってるんでしょうか???

>日本はオリンピック競技が事業仕分けの対象になって経費も削られ

もう…何なんででしょうね。。。
スポーツで感動をこんなにもらえる…っていうのに。
もっと国をあげて支援や応援をするようにすべきですよ。
何でもかんでも経費削減…って! あきれてしまいますね。

えいと@は日本が好きなんですよ。
心の底では日本で暮らしたい…って思っているんです。
でも、今の日本は…ちょっとイヤですね…。
今後の日本、どうなっていくのでしょうかね。
帰りたいって思える国を残して欲しいです!

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:11

>cha^^cha さん。

やりたいスポーツと才能があるスポーツが一致すればいいですけど、
ほとんどの人はそうではないんじゃないですかね?
だからこそ、その中から一流のアスリートが出るのがすばらしいんじゃないでしょうか?

>何か夢や希望なんてないというかその競技のために作り上げられたロボットみたいだよ。
>勝つためにそこまでする?そんなのしてほしくないなぁ・・・

ホントにそう思いますよね。
でもね、今でも小さい頃から、好きなスポーツではなく、才能がありそうな子供を選別して英才教育をしてる国は存在するんです。
そいう国はこれにDNAを入れ込むなんてこと、抵抗なく普通にやっちゃうと思いますよ。
もしDNAで鑑定される時代が来たら、自分の意思とは無関係に「このスポーツをしろ」なんて言われるかもしれません。
世界中がそんな風になっていったら…日本だけ取り入れないなんてことはできないでしょうね。
だって勝てないんですもん。。。
そんなオリンピック、見たくもないですね。

>オリンピックってスポーツの祭典なんだよね?フィギュアスケートの立場が微妙で難しいよね(*_*;

そうなんですよね〜。
演技の美しさだけだったらバレエやダンスと同じですよね。
3回転半、4回転という難易度の高い技術があるからこそスポーツなんだと思うんですよ。
それが点数から除外されるって…それだったらスポーツでもなんでもないんじゃないかって思っちゃいます。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:20

>おね太郎さん。

>私個人的には「親御さんにTVで謝らせるような態度はいけない」って思います。

そうですね。
服装もそうですし、謝罪の会見も良くない態度だったって聞きました。
スノボーしてる選手なんだし、あんな風でもいいんじゃないの?…っていうことが言われていますが、そうでしょうか?
スノボーをしている選手がみんなあんな服装をしてるのか? みんなあんな態度をとるのか?…っていうと否ですよね。

今回の女子フィギュアは、銅メダルもどうかなぁ〜って思いましたね。
同情点とか、広告代理店の力だとか…。
スポーツの世界にそんな物を持ち込んで欲しくないなって思います。

オリンピック、面白みがなくなっていくかもしれませんね。
パンドラの箱を一旦開けちゃうと…ってことですね。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:29

>あつこさん。

>問題になった服装がどんなんだったか知らないんですが…。インターネットのどこかのサイトにあるでしょうか?

これ ↓ なんかどうでしょうね? 
http://www.chunichi.co.jp/article/sports/news/CK2010021402000131.html
この写真はそんなにだらしなくは見えませんけど、角度によってはもっと着崩した感じだったそうです。
ネクタイをきちんと閉めずに、シャツはズボンから出して、ズボンは腰パンだったそうです。

>科学が人間の体に過剰に関わるとこわいです。

ホントにそうですよね。恐ろしいと思います。
ドーピングも今では厳しくなって、ドーピングする選手は少なくなって来ましたが、
ジョイナーでしたっけ? 陸上選手の。亡くなりましたもんね。
ステロイドで性転換ですか…。
その選手、どんな人生を送ってるんでしょうね? 成績のためだったんでしょうけど気の毒ですね。。。

旦那さま、科学者でおられるんですか〜。
で、ミスアメリカですか? へぇ〜。
いろいろと研究材料があるもんですね〜。(笑)
今はどんなことに興味をもたれてるんでしょう???

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:42

>コメットさん。

>指導者の人達は、注意しなかったのでしょうか。

ホントにそうですよね。
でも、もしかしたら21歳だし、注意しても〜って思ったのかも。
中学生や高校生でもあるまいし…って。

日本のマスコミの騒ぎ方を知らないんですけど、そんなに大騒ぎだったんですか?
うーん、それもどうなんでしょうね。
日本って、そう言う風潮がありますよね。叩き出したら思いっきり〜って感じです。
トヨタでもそうですし…。
叩くとなったらめちゃくちゃ叩いてますよね。
これは日本のマスコミに問題があるように思いますね。

>DNAで選手を育てるようになるなら オリンピックは止めた方がいいですよ。

同感です。
何のためのオリンピック…?って感じですよね。
でも、ちょっと気になるのは世界がメダルに執着していることです。
どの国が何個メダルを取った〜とか。
そんなことじゃないのにね。
精一杯戦う姿に感動するのに。
メダルを取ることが目的のようになっていたとしたら、DNAで…っていうことがあり得るような気がしますね。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 10:50

>たまてんさん。

フィギュアは男子も女子も、しこりが残る感じの終わり方でしたね。
銅メダルの選手は確かに頑張ったけど、公平に見たら「え? 銅メダル?」って思いますよね。
あきらかに同情点、しかもカナダ人だし〜っていうことがあったのでしょうね。

>選手皆がドーピングしていたら記録はどこまで伸びるのか、「ドーピング・オリンピック」を見てみたい!(笑)

わはは〜。
しかし、ドーピングも最近でこそ減りましたが、一時はすごかったですよねー。
死者も出ちゃいましたしね。
人間って名誉のためには身体は二の次でもいいんでしょうかねぇ?

>服装の件で騒ぎとなった選手に関しては、親の顔が見てみたい!の一言に尽きます。

ホントにね…。
両親が謝罪会見をしたそうですけど、本人は21歳で、しかも結婚してるんですってね?
子供のまんま成長し、結婚しました…って感じなんでしょうね。

今回はマスコミもちょっと騒ぎすぎかもしれませんが、
こんな風に大きな問題になることで、言っちゃ悪いけど「見せしめ」になったような気がします。
きちんとすべき時にしないと、こんな風になるんだよ…って。
若者がこの報道を見て「かっこ悪いな〜」って思ってくれたらいいなって思いますね。

しかし、びっくりしたのがね。
庇護してるのが50〜60代の年齢層なんだそうですよ。
親の年代ですよね?
何で???ってびっくりでした。
かえって20〜30代の人の方が「あれはいかんやろ〜」って思ったそうです。
これは何を意味するんでしょうねぇ〜〜〜?

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 11:01

>もやこさん。

フィギュアスケートって、ダンスと何が違うかってジャンプなどの技でしょう?
なのに、難しい、今まで誰も飛んだことのないようなジャンプを披露しても、
きれいな演技の方がが勝っちゃうなんて、おかしいよね。
それだったらスポーツじゃないじゃん!…って言いたくなりますよ。
カナダは同情点じゃないのかな?
4位と5位の選手の方が素人目に見ても上のような気がしたわね〜。

>一昔前、社会主義国ってやたらとスポーツが強かったでしょ。
>あれと一緒で、平和な民主的な国はもう太刀打ち出来ない時代なのかもね。

そうそう。
あれは幼少の頃に「この子はこのスポーツが向いてそうだ」って決められちゃうんだそうね。
で、国費で英才教育してたもんね。
今でもそれは残ってるんじゃないの?
で、DNA鑑定なんか入って来たら真っ先にやりそうね。
ますます太刀打ちできなくなっちゃいますねぇ〜。はぁ〜。(ため息)

お子ちゃまな若者が増えてるのかしらね。
もう結婚してるんでしょう? びっくりだわよ。
それなのにあのかっこう。。。
日本人として恥ずかしいよね。


Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:09

>ピン吉さん。

日本だったら日本の選手がいっぱい見れたんでしょうね〜。
いいなー。
アメリカは主にアメリカの選手出てる競技ばっかり、もしくはアイスホッケーの試合が多かったかな〜。
フィギュアの女子は上位の選手を放送してたので見ることが出来たんですよ〜。

アメリカの日本の選手、ノビノビと楽しそうに演技してましたね〜。
本来はああいう風に思いっきり、楽しく演技するものでしょうにね。。。
ホントにあの重圧の中、かわいそうなくらいでしたね。。。

4年後にむけて頑張って欲しいですね。
彼女は伸びますよ、きっと♪

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:16

>ちいさん。

女子フィギュア、すごい緊張感でしたね。
ホントに見ていて圧巻でした。
あのような重圧の中、一生懸命に戦った選手たちはすばらしいって思います。

日本のマスコミ…どうして絡めてくるんでしょうね。
えいと@は日本の番組を見ていないのでどんな風だったかはわからないのですけど、
他の型のブログなど見てると、いつでも絡めて放送されてたようですね。
本人たちがかわいそうですよね。。。

>何だかお互いの国の選手をひどい言葉で中傷し合う人もいて悲しいなぁ。。

これは悲しいですね。
選手に罪はないんですから。
みんな、どの選手も一生懸命に戦ったんです。
だからこそ、誰が見ても納得できるような公平な得点であって欲しかったですね。
金メダリストの選手もかわいそうですよ。。。
彼女自身、もう自分の点を超えることはできないんでしょうから…。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:37

>かげさん。

>選手の服装の話、よしあしは自分には判断出来ないけれども、追求している人の態度もあまりよいものではなかった気がします。

えいと@は日本のTVニュースを見ていないので、どんな風に放送されたのか、どのように追求されていたのかわかりませんが…。
日本って、何かひとつ問題があると徹底的に叩く傾向がありますよね。
故中川昭一氏の泥酔問題にしてもそうです。
あの時はちょっとやりすぎじゃないの…って思いましたよ。
あの後、腰痛の薬を飲んでいたため…ってことがわかってからも報道は何も変わらなかったですし。
マスコミの持っていきかたで全然違って来ますよね。

しかし。
今回のあの選手の服装、記者会見での態度はちょっといただけません。
あれだけの騒ぎになったのはマスコミだけのせいではなく、一般人の中からも声が上がったからではなかったですか?
きちんとすべきところできちんとしていれば、あのような騒ぎにはならなかったんですよ。
成人式でもそうでしょう?
ああいうTPOをわきまえない新成人を見てどう思うか…ですよ。
あれが「かっこわるいこと」だと認識してもらえたらいいのになって思いますね。

メダリストはすばらしいと思うし、オリンピックに出る選手はメダルを目指して頑張りますよね。
でも、メダルだけが目的ではないと思うのですよ。
オリンピックに出られること自体がすばらしいことだと思うのです。
メダルは目標です。
あくまで目標であって目的ではないんですね。
だから化学の力を借りて…っていう時代になっていくのはどうなんだろうって思うのですよ。
目的になってしまっていたら、何としてもメダルを…!ってなってしまいますもんね。
DNA鑑定が一般的になってしまったら 味気ないオリンピックになってしまいそうですね。。。

バンクーバーの夕焼け、きれいだったの〜〜〜。うっとりー。
こういう風景を見てると心が洗われる気がします。


Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:41

>もやこさん。

見せてもらったわ〜。ご紹介ありがとねー。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:42

>moiさん。

>世界一を競う大会、公正とはなにか、スポーツマンシップとは何か、という基本が常に問われますよね、選手もジャッジも。

ホントですよね。
あれだけの大会。世界中が注目する大会ですからね。
選手もジャッジも正々堂々と…ですよね。
ジャッジの判定は受け入れられなければならないけど、明らかに???って思うような判定はどうなんでしょうね。
フィギュアスケートに関して言えば、あれはあくまでスポーツなわけで。
きれいな演技がいいのであれば、それはダンスと変わりません。
世界で誰もできないようなことができているのに、それが得点にならないっていうのは…どうなんでしょうね。

>服装問題、アメリカ人の知人には「どうして?だってボードの、しかもハーフパイプの選手でしょ?」と言われました。
>とくにああいったパフォーマンスをするひとたちは普段からのファッションが彼らの考え方の違いを示しているのだと。
>「日本選手団の服をきてたのなら、それをどう着るかは彼らなりの解釈で他人が決めることではない」

う〜ん、これはどうなんでしょうか。
ハーフパイプの選手であればどんな服装でもOKなんでしょうか?
結婚式に腰パンにして、草履を履いてやって来てもいいのでしょうか?
じゃ、その人は「ハーフパイプの選手がアメリカの軍隊にいた場合、その軍隊の服を着崩してもいい」って思ってるんでしょうかね?
普段なら何でもいいんですよ。本文に書いてるように逮捕されない程度であったら裸でもね。
その人の解釈でどういう風に着こなしてもアリだと思います。
でも、公式な場ではどんな種目の選手であっても、メダリストであってもきちんとした服装、きちんとした態度でないとといけないんじゃないかって思うわけです。

>そうでないなら、到着まで完全に選手団と行動を別にすべきだったのだと思います。

そうですね。その通りだと思います。
自由な、着崩した服装で行きたかったら、私費で単独行動をすれば良かったんですよ。
国のお金で、制服を着てああいうことをするのはもっての他だと思いますね。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 12:55

>reeさん。

若い頃って反抗心がありますからね。
どんなカッコウをしてもいいじゃん!…ってイキガる時期って言うのはあると思います。
でも、この選手はもう21歳。しかも結婚してるんですよね。
独身の21歳だったらまだ「お子ちゃまなんだなぁ」ですませられたかもしれないでしょうけどね。

ある程度の年齢になったらTPOはわきまえないといけませんよね。
若いうちは親がきちんと監視して、あんまりな時には注意すべきでしょうし。
この選手はもう20歳を超えていて、しかも結婚してる…っていうことで周りから教えてもらうことがなかったのでしょうか?
親御さんが謝罪していましたね。
親に謝らせるなんて…恥ずかしいって思わないんでしょうかねぇ。

>スケートの方は、ポイント結果は置いておいて、演技を見た時に、あぁ〜これは負けた、って思ったんですよ。

えいと@も思いました。
金メダル、銀メダルは妥当であったと思うんです。
でも点数がね…。あの加点はちょっと異常でした。
あれは歴史に残る点数なんですよ。あり得ない点数だってことで…。
選手もかわいそうですよね、いろいろ言われちゃって。。。

DNA鑑定は実現しそうで怖い気がしますよ。
もうすでに実施してる国があるんじゃないでしょうかね?
10年後には、ある国の選手だけずば抜けた数のメダルを取っていっちゃったりしてね。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 13:06

>bachama さん。

>人間がどんどん作られていく時代になってきてるんですね
>胎児の時に 親の希望の子にするようになる時代が来るんじゃないでしょうか

来るような気がします。
bachamaさんはご存知でしょうか。手塚治虫氏の「火の鳥」という漫画を…。
あの作品の中の「愛のコスモゾーン」はまさしくそれなんです。
親の希望ではなく、国の希望するある特殊な能力に長けた人間を胎児の頃から作り出していく…という話です。
試験管ベビーで生まれて来た子供は、小さな頃からどういう仕事に付きどういう人生を歩むかが すでに決められているのですよ。
おそろしい話ですよね。。。
自然にではなく、人間が生命をコントロールするっておそろしいですよね…。

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 15:14

>mucciさん。

普段であればどんか服装でもそれは自由ですよね。
でも、公式の場では「何でも自由」というわけにはいきません。
まして、国の費用でオリンピックに行くのです。
国の代表なわけですからね…。

>フィギュアスケートは、採点法が不透明で嫌ですね、、。

そうですよね。
詳しい採点の方法はわかりませんけど、今回ほど「え?」って思うことはなったように思います。
誰が見ても納得いくような点数の付け方であって欲しいですね。
選手がかわいそうですよね。
今回のこの騒ぎで、点数のあり方がちょっと見直されるって聞きました。
次回のオリンピックではこういう疑惑のようなことがないようにしてもらいたいですね。

DNAは、ちょっと怖いですよね。
メダルのために作られたスポーツマン…。
これってどうなんでしょうね…?

Posted by えいと@ at 2010年03月06日 15:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。