2010年03月01日

自然災害は恐ろしい〜チリ地震2010


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪



また大きな地震が起こってしまいました。


先日ハイチ地震で多くの方が亡くなられたばかりだというのに…。


沖縄でも2月27日早朝にM6.9の地震があり、沖縄の方々は驚かれたことでしょう。


沖縄では死者が出なくてホッとしていたら…チリでM8.8の大地震です。


なんとハイチ地震の500倍の規模の地震だったそうですよ…。


アメリカ時間の2月28日現在では死者が700人を超えたことが確認されたとか…。


今後、詳細がわかるごとに死者の数が増えるのでしょうね。。。



えいと@は1995年の阪神淡路大震災を経験しています。


あの頃、大阪の南部に一人で住んでいました。


大阪の南部だったので震度5強くらいでしたが、かなりきつく揺れたことを覚えています。


早朝の地震であったので 当然寝ておりましたが、一瞬何が起こったかわかりませんでしたよ。


起きてすぐにTVをつけましたが、地震の情報がなかなか伝わって来ず、


地震直後は、何と「そんなに大した被害ではない」と報道
されていました。


ところが時間の経過とともに増えていく死傷者の数…!(死者6434名、行方不明者3名、負傷者43792名)


そして徐々に明らかになっていった 神戸の無惨な姿…!


思い出すと震えが来るほどです。



今回のチリの大地震で津波が日本に押し寄せて来ましたね。


もう警報は解除されたようですが、まだ油断はできません。


インターネットを見ておりますと、このネットニュース ↓ に目がとまりました。
   避難指示応じず、津波到達予想時刻にサーフィン


このニュース ↑ を見て がっくりきました。


なぜこんなに危機感がないのでしょう?


今回 津波は徳島県では大きな被害をもたらさなかったけれど、


自然災害の恐ろしさがちっともわかっていないんだな…って思いました。


津波と高潮は全く違うのに…。


サーフィンをする年代の人は1960年に三陸海岸を中心に起こった大きな津波被害 ↓ご存じないのでしょうけどね。




  1960年のチリ地震 142名死亡・津波被害のニュース映像(動画 1分36秒)


えいと@自身も生まれる前の頃のことなので実際に経験したわけではありませんが、


津波被害で多くの方が亡くなったことは知っています。


1960年5月にチリ大地震による津波による被害だったのですよね。


1960年のチリ地震は 断層の大きさと滑り量から求めたモーメントマグニチュード (Mw) 9.5という観測史上最大の地震とされ、チリ南部で大きな被害が出たのです。


そして地震により起こった津波は地震発生から約22時間後、太平洋を挟んで約1万7千キロ離れた日本に到達し、


岩手、宮城両県など太平洋岸に被害が集中し、全国で死者が142人
にも及んだのです。


地球の反対側で起こった地震の影響で死者が142人ですよ?


あれ以来、日本の地震や地震による津波の研究が進められ、


そのおかげで地震や津波の情報をいち早く知ることができ、


そして避難する時間の余裕も持てるようになったというのに…。


その せっかくの情報を無駄にする人間がいるのですね…。


東北の太平洋側の住民の方々は50年前の恐怖を思い出されてきちんと避難されていたようです。


実際に経験しないと災害の怖さがわからないのでしょうか…?


2004年に起こった「スマトラ島沖地震」の津波による被害はまだ記憶に新しいですよね…?


津波の威力を軽視するな!…って叫びたいです。



チリ地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、


1日も早く復興することを願ってやみません。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 08:43| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はいた〜い!えいと@さん

週末は震度5弱の地震そして津波警報での避難と
大変な週末でしたが、何事もなかったのが幸いでしたが
チリ地震もさごかったようです。

沖縄での大きな地震は100年ぶりとか・・・滅多に地震がない地域だっただけにショックでした。

でも、自分も明け方に起こり寝ていたところへの揺れ
だったので咄嗟に何もできませんでした。
今後は、どうするというのを家族で話しあわないといけないと思いましたねー

Posted by MAGI at 2010年03月01日 10:17
チリ地震のまだ良かったのが
チリは建物の耐震性がきちんとしていたから
崩壊が少なかったそうですね。

しっかし、津波でサーフィン!?
こういう人はね被害にあわないと分からないより前に
「救助が遅い!」って怒るのかも?

昔あったダムが崩壊するから中洲にいる人は非難しろって再三の警告にもかかわらず居残ってレスキューに助けられた人っていましたよね?
その後も「キャンプ場は自然ではない」と危険な場所でキャンプを張る人がこの事件の後も絶たなかったそうですから。

阪神大震災は私の住んでいる地域は震度3くらいでしたが、それでも怖かったです。

こんな事を言うと非難されちゃうかもしれないけど
今度は何のご褒美があるから寄付しろ。
と学校から言われるのやら・・と思う気が重いです・・・。
Posted by おね太郎 at 2010年03月01日 11:02
小学生か中学生の時 一度 強い  といっても 震度5ぐらいの地震を経験しました

夜中で 驚いて 外に出たら 当たり前の事ですが

地面が揺らいでいて びっくりしました。


ハイチ やチリ と続けての強い地震

いったい 地球はどうなってるんでしょうね。


天災の被害を強く受けてしまうのは

貧しく弱い人々

心が痛みますね

Posted by bachama at 2010年03月01日 11:32
続きますね〜。
最近大災害が多くて不安になってきます。
自然災害をなめてはいけませんね〜。
自然の中では人間なんてちっぽけな存在なんですから。
被害が大きくならなければ良いのですが。
Posted by コメット at 2010年03月01日 14:04
えいと@さんこんにちわ〜〜〜

ご無沙汰しています、ピン吉です
日本に帰国になり、やっとネットも繋がり、のんびり暮らしているところです
これからは日本からえいと@さんのアメリカ生活を見ることができ楽しみです

津波、昨日はずっとTV画面に津波情報が移り
各局津波番組を流し、こんなに津波が取り上げられることもないので釘ずけでした
東京マラソンやフィギュアのエキシビションを録画してた人はずっとその画面の4分の一くらいは津波情報がなばれてたはずです

実際、大事にはならなくてよかったです


また遊びに来ますね〜〜〜♪
Posted by ピン吉 at 2010年03月01日 14:47
オリンピックの真央ちゃんで一喜一憂していたら
チリの地震でビックリしました
Eも阪神大震災経験組ですので
怖いです
津波注意報が出ているのにサーフィンって
つける薬がないですね
遭難すれば必ず人に迷惑かけるのに(プンプン)♪
Posted by at 2010年03月01日 16:26
世界のそこらじゅうが地震で怖くなりますね。
そのサーフィンの人、、、平和ボケすぎというか、、、
自然の恐ろしさを舐めてますよね。
どうか津波被害など大事には至らずにいてほしいです。
Posted by mucci at 2010年03月01日 18:28
朝からドラゴンボール改とワンピースを見てたら画面がヘンになって津波速報オンパレードでした。

結局津波はたいした事なくてよかったけれども、、チリの惨状を思うと喜べませんね。

地震は本当にこわいです。
Posted by かげ at 2010年03月01日 20:38
週末でご無沙汰しました

またチリ地震、沢山の方が亡くなられましたね。ご冥福をお祈りします。ほんとうにこれからの復興も頑張って欲しいモノです。

三陸の宮子では、えいと@さんの載せられている1960年の津波の後、防波堤を更に高くしたと、訪れたときに聞きました。たしか3m?(ウソ?)とにかく「津波のためだけ」の防波堤です。
サーフィンなんてしてる馬鹿者ども、それらの自治体がどんな思いで防波堤を持っているか、かんがえろ!!!って言いたいですね。

もう1個・・・ハイチのように、各国から人さらい(子供さらい)が出てこないことを祈ってます・・・・
Posted by moi at 2010年03月01日 23:41


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>MAGIさん。

今回は津波被害がひどくなくて良かったですね。
沖縄って地震が少ない地域なんですね。
地震が少ないとなかなか備えがないですもんね。

えいと@が1995年に経験した阪神淡路大震災も明け方でした。
寝てる時に地震が来ると…怖いですよね。
タンスなどの家具に押しつぶされて亡くなられた方が多かったのですよ。
寝る場所(家具の配置など)も考えないといけませんよね、本当に…。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:17

>おね太郎さん。

>チリは建物の耐震性がきちんとしていたから崩壊が少なかったそうですね。

そのようですね。
チリも地震多発地域なため、建築基準がけっこうきちんとしていたようです。
倒壊してたのはきっと古い建物なのでしょうね。

>しっかし、津波でサーフィン!?
>こういう人はね被害にあわないと分からないより前に「救助が遅い!」って怒るのかも?

ホントにあきれちゃいますよね。
被害にあっても文句を言いそうですね、ホント…。
どうしてこんなに危機感がないのでしょうね? 何かあってからでは遅いのに…。

アメリカは寄付がすごいですもんね。
寄付はいいことだと思うのですが、そのやり方がね…。
ちょっとどうなの???…って思いますよねぇ。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:21

>bachamaさん。

震度5ってけっこう揺れますよ〜。
えいと@も経験しましたが、恐かったです。

最近、地震が多発してますね。
何か、地球がおかしくなって来ているのでしょうか?
チリは日本と同じで地震が多い国なんです。
でも、ハイチは…。
ハイチでは かつて地震がほとんど起こったことがないので、建築基準も甘いのですよね。
だからあんな悲惨な状況になったのでしょう。

何年か前のルイジアナのハリケーン「カトリーナ」の時も、裕福層はルイジアナを去って行きましたよね。
結局、貧しい人ばかりがルイジアナに残り、インフラの整備もなかなかすすまず…という状況でした。
貧しいと、天災などがあった場合にはモロに打撃を受けてしまいますよね…。
本当に心が痛みます。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:26

>コメットさん。

地震が多いですよね、本当に…。
日本も他人事ではないですよ…。東南海大地震がいつ来るか…恐ろしいですよね。。。

日本は地震に関してはいろいろ研究がされていますよね。
でも、国民(一部ですが)の危機感のなさにはあきれてしまいます。
自然を甘く見たらダメですよね。
こういう人が、後になって文句を言うんですよ。
ため息が出ます。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:30

>ピン吉さん。

お久しぶりです〜。
日本に本帰国されたのですね〜。
ブログ再開、楽しみにしています。

今回の津波は大きな災害にならなくて本当に良かったです。
津波は怖いですからね。。。
スマトラの映像を見てゾッとしましたもん。。。
自然を甘く見てはいけませんよね、本当に。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:32
このニュース、週末だったじゃないですか。
津波の危険性・・・って伝えられ、すぐ海沿いに住む日本の知り合いに電話したんです。
被害がなかったからよかったけど、自然災害で私が一番怖いと思うのが地震です。
大きな地震を経験した事はないけれど、祖母が関東大震災の経験者で、子供の頃の恐怖を今で覚えてる、って話してくれるんです。
フロリダはハリケーンの通り道で、ハリケーンチャーリーで3日間の停電で済みましたが、あれも不安な夜でした。
地震って一瞬で愛する人の命を奪い、家を失う・・・。
こんな怖い事ってないです。
お亡くなりになった方々のご冥福と、一日も早い復興を祈って・・・。
Posted by ree at 2010年03月02日 08:34

>E店長さん。

地震は恐いですよね〜。
えいと@も阪神淡路大震災のときは本当に怖かったです。
えいと@夫の母の事務所が大阪市内にあるのですが、事務所の中の棚や冷蔵庫が吹っ飛んでいたそうですよ。
ビルは崩壊しなかったけど、亀裂が入ってしまったそうです。
同じ大阪でも南部と市内では被害が大きく違ったのですね。。。
兵庫県の方々はどんなに恐ろしかったでしょう。。。

避難勧告を無視してサーフィンですってよ。
あきれてしまいますよね。
これで津波の被害が大きかったら、救助しないといけなくなりますよね。思いっきり迷惑ですね。
つける薬、ございません! プンプン!

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:44

>mucciさん。

地震、多いですよね。
ハイチに続き、沖縄、そしてチリ…。
しかもハイチは地震が多くない地域なんですよ。
なんでこんなに多発するんでしょうね。怖いですよね。。。

サーフィンやってた人はいったい何を考えてるんでしょうかね。
台風で波を追いかける〜っていうのはまだわからなくはないんですけどね。(もちろん危険ですが…)
津波は高波とはまったく違うんですよ。
これをわかってないのか???って思っちゃいます。
何事もなかったからいいような物の、
もし、大津波が来ていたら…! 間違いなく死亡ですよ。。。はぁ〜。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:48

>かげさん。

今回の津波は大きな被害がなくて良かったです。
でも、チリは大変ですよね。
ハイチもまだ混乱してるままだし…。

地震はやっぱ恐いです!
日本で起こったら…こわいよ〜〜〜!

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:51

>moiさん。

>サーフィンなんてしてる馬鹿者ども、それらの自治体がどんな思いで防波堤を持っているか、かんがえろ!!!って言いたいですね。

ホントに馬鹿者ですよ…!
あの1960年の大津波で多くの国民の命が亡くなり、そして日本は一生懸命に研究し、
そのおかげで素早く警報を出せるようになったのです。
それ無私ですか…!

サーファーって波が大きいのが楽しいんです。
だから台風の時には海に出る…って聞いたことがあります。(サーファーの友人が言ってました)
でも津波と高波は違うんだ…って、このニュースのサーファーたちはわかってないのでしょうか?
大津波が来たら波乗りなんてできません。
あきれてしまいますね。。。本当に。。。

>ハイチのように、各国から人さらい(子供さらい)が出てこないことを祈ってます・・・・

これ! 問題ですよね!
びっくりしましたよ。被災地の子供をさらっていくなんて…!
どうしてもっと大きな問題にならないんだろう…? 不思議ですよ。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 08:58

>reeさん。

どの自然災害も怖いけど、えいと@も地震が一番怖いかもしれません。
阪神淡路大震災のときのTVに映し出された映像は忘れられません。
震度5強であんなに怖かったんです。
震度7ってどんなんだろう…って思います。

建物が倒壊して、その中から出られなくなって火事が起こって亡くなられた方々。
早朝の地震であったので 寝ていて逃げるのが遅れて亡くなられた方々。
寝ている部屋に大きなタンスなどがあり、それが倒れて下敷きになって亡くなられた方々…。
もう涙が出ちゃいます。

チリではどんな状況なんでしょうね?
チリは日本と同様、地震が多発する国なので建築基準はしっかりしてたようです。
なのでハイチほどの悲惨な被害はないかもしれません。
ハイチもチリも、1日もはやく復興することを願っています。。。

Posted by えいと@ at 2010年03月02日 09:05
津波警報時にサーフィン?!!!
はぁ〜、どこにでもバカはいるんですねー。
バカがどうなろうと自業自得ですが、万一なにかあった場合、
その人を救おうとした人や悲しむ家族が気の毒ですよ。

阪神淡路の大地震・・・知らない世代が大人になっているんで
すよね。もうそんなに年月が経ったとは思えないのに(-_-|||
ゆとり教育のせいか、はたまた親の出来が悪いせいか、
今の子供・若い世代は想像力に欠けますよね。
こんな状況で○○したら、こうなる!とか、自分の身に降り掛かる
かもしれない物事を想像出来ない貧困な思考力。
大切な人を守る為には、まず自分が無事でいなきゃいけないという
考えすら浮かばないんでしょうね〜。
Posted by たまてん at 2010年03月03日 20:14

>たまてんさん。

ほんとにね、、、もうあきれるっていうか…ぐったりですよね。
自然の怖さをちーっともわかってないんです。
これで、大津波が来たら真っ先にあわてるんですよ。
思いっきり迷惑をかけて、それでも平気なんでしょうかね…。

>阪神淡路の大地震・・・知らない世代が大人になっているんですよね。

そっか…、若者の中には知らない人がいるんですか…。
15年前のことですもんね。15歳以下の人は知らないんだ。。。
でも、実際には知らなくても教えなきゃね? 日本はいつ大地震が起こるかわかんないんだし。

>こんな状況で○○したら、こうなる!とか、自分の身に降り掛かるかもしれない物事を想像出来ない貧困な思考力。

確かに想像力はなくなって来たかなって思いますね。
いろんな意味で平和ボケっていうか…。
何でもそうですけど、危機感がないって怖いことですね。
先のことが読めない、読もうとしないのでしょうかね。
なんでこんなになっちゃったんでしょうねぇ〜。(ため息)


Posted by えいと@ at 2010年03月04日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。