2010年02月18日

言論支配の日がやってくる? 人権擁護法案


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



今まで何度も国会に提出され、そして廃案になった恐ろしい法案が、またもや国会に提出されようとしています。


皆さま、ご存知でしょうか? 人権擁護法案というものを…。


何度も廃案になったことがある法案なので、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか?


今まで何度も廃案になったということは問題がある法案だからなんですよね。


その問題がある法案を成立させようと必死になっている政党…。


それが現在の与党、民主党です。


廃案になったものをなぜ 今、持ち出して成立させようとしているのか…?


しかも民主党は人権侵害救済法案と名称を変え、さらに深刻な内容にしています。


いったいこの法案のどこが、何が問題なのでしょうか…?



ところで、皆さまは日本はどんな国だと思われますか?


言いたいこと、感じたことを言える国である…と思われませんか?


ブログをお持ちの方は、ブログにどんなことを書かれているでしょうか。


毎日の出来事、子育て、旅行のことや食べ物のことなどなど、


いろんなテーマでブログを書かれていますよね。


時には「これって変じゃない? これってどうなの?」


…などと 問題意識を持たれたことをテーマにブログを書かれる
ことってありませんか?


この「人権侵害救済法案」が成立してしまうと、そういった問題提起をすることができなくなるかもしれないんです。



こちらのYou Tube ↓ をご覧になってみてください。




      人権擁護法案反対!! (You Tube 2分14秒)


先ほども書きましたが、なぜか民主党はこの法案をこの国会に提出しようとやっきになっています。


どうしてなのでしょうか…?


かつて、何度も「人権擁護法案」は廃案になりました。


それはその当時の与党(自民党)の中に慎重派の議員がたくさんいたからなんですね。


こんな悪法を成立させてはならないと考えるブレーキをかけてくれる多くの議員が与党の中に存在したからなんです。


現在の与党はほとんどが推進派なのですよ…。


もし、今回の国会に提出されたら…!


すんなりと通ってしまうかもしれないのです。



お友達ブロガーのかげさんが、この法案のおそろしさをわかりやすく書かれています。

  かげさんのブログ → ブログが書けなくなる日


この法案の恐ろしさは次の通り ↓ です。


●正当な批判さえ差別と取られる可能性があります。

●差別の基準が非常にあいまいで、人権委員会だけの判断で罰せられてしまう可能性があります。

●国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより 国民個人の言動や、ひいては 公の言動までのすべてが監視対象となります。

●人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しないので、不当に訴えられ処罰されても泣き寝入りになる可能性があります。

●インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上が考えられます。そしてマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる可能性もあります。(マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる)

●何が差別と取られるかわからないので、使える表現が減ってしまいます。その結果、アニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退が考えられます。(当たり障りのないものしか作れなくなる)

●特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がります。

●テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、現在 多くの国民に浸透していません。



現在の与党は このような恐ろしい法案を この国会に提出し成立させようとしているのです。


なぜ今なのか?


今の日本に必要な政策は他にたくさんあるのではないのでしょうか?


まだまだ日本は不況のまっただ中なのです。


まずは景気回復が先なのではないのですか?


なぜそんなに急ぐ必要があるのでしょうか?


いったい何が目的なのでしょうか…?



ところで日本のマスコミの情報規制は もうすでに始まっています。


先日記事にした外国人地方参政権についてもマスコミや新聞の情報は限定的なんですね。


こういう情報はインターネット内で流れることで 一般の人々に広まっているんです。


外国人地方参政権についても、今回の人権侵害救済法案(人権擁護法案)についても、


インターネットが普及したからこそ、我々が知ることができるんです。


この「人権侵害救済法案」の成立を急ぐのには、


インターネットの情報を強く規制するという目的があるような気がしてなりません。


マスコミを操るだけでは 日本人を騙しきれない…と 危機感を持ったからなのでしょうか…?



こちらの動画 ↓ 言論を支配せよ! を お時間があったら ぜひ見てください。(49分)




この動画 ↑ を見て、末恐ろしくなりました…。


この言論を支配せよ!の動画 ↑ は、ロシア政府がほとんどのマスコミをコントロールしている様子が描かれています。


ロシア政府に反する意見を持つジャーナリストは次々に首を切られているのです。


首を切られることが恐ろしくて黙ってしまうジャーナリストもたくさんおられます。


政府は自分たちの都合のいい情報のみをマスコミに流し、ロシア国民がそれを信じきっている様子も描かれていました。


この動画 ↑ のロシアの状況がもっともっと著しくなると中国や北朝鮮のようになっていきますよね。。。


中国人の中には中国の民主主義を願う人々が多く存在しますが、


その人たちは中国に帰国することができないのです。


帰国すると即座に 政治犯として逮捕され 牢獄へ送られるからです。


言論が支配された国の国民は、疑問を持ったり 考えることすら許されないのですね…。


ホントに恐ろしいと感じました。



もし人権侵害救済法案が成立してしまったら…。


いつ訴えられるか…という恐怖心が人々の中に芽生えてどんどんふくらみ、


言いたいことが自由に発言できなくなっていきます。


そして人々から言論の自由が奪われてしまう日が近いうちに来るかもしれません。


日本に 言論、思想、表現の自由がなくなってしまうかもしれないのです。


まさか 日本でそんなことがおこるはずがない…って言い切れるでしょうか?


民主国家であっても言論、思想をコントロールされている国は存在します。


政府が意図的に法律を作って、そういう方向に持っていこうとしているのだとしたら…。


これほど怖いことはないのではないか…と思うのですが…。


皆さまはどんな風に感じられるでしょうか…?




ところで、先日の外国人地方参政権に関しては多くの方のご意見がよせられました。


本当にありがとうございます。

  外国人参政権に関しての記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    知ってください! 外国人地方参政権について
    外国人地方参政権付与の法案に反対する署名運動
    相互主義を考える〜外国人地方参政権
    国籍と選挙権について


お友達ブロガーのたまてんさん外国人参政権に関して 次のような表現をされていました。


「カッコウの托卵」です。


   tamaten.jpg


こちら ↑ はたまてんさんが描かれたカッコウの雛のイラストです。

 カッコウという鳥は自分では雛を育てず、他の鳥の巣に卵を産み落としていきます。

 そして卵から孵ったカッコウの雛は、自分以外の卵と雛を全て巣の外に投げ捨てます。

 巣の持ち主である鳥(例えばモズやヨシキリ)は、そうとは知らずにカッコウの雛を育て続けます。


  たまてんさんのブログはこちら → さながらカッコウの托卵


この恐ろしい法案を日本人が知らない間にこっそりと成立することで、


日本人が気づかないうちに日本が乗っ取られてしまっているかもしれません。


そうなってしまった時、我々の子孫はどうなってしまうでしょうか…。


日本人でありながら 自分たちの居場所がなくなってしまう…などということが起こってしまうかもしれないのです。


情報が制限されてしまうということは、こういうことさえ知らされないということなのです。


実に怖いことなんですよ…。



この「外国人地方参政権」「人権侵害救済法案」絶対に成立させてはならない悪法です。


少しでも多くの方に知ってもらい、そして成立反対の意思表示をしていきたいと思っています。


ご協力いただける方、お願いします。


   外国人参政権に反対する会・公式サイト
      投票用紙ダウンロード用ページ(2010年2月27日必着)


以前からお願いしている署名運動 ↑です。


2010年2月28日以降も2次募集として受け付けているそうです。


三フォウいただける方は国民の声として反対の意思を表明してください。


そして、インターネット署名 ↓をみつけました。

 オンライン署名サイト
  【外国人参政権】【人権侵害救済法案】に断固反対します!
(2010年2月28日〆切)


こちら ↑ は匿名での署名運動なので、どこまで有効かはわかりませんが…。


この署名サイト ↑ の提出先が櫻井よしこ氏・内閣府・主要政党・新聞社・テレビ局ということのようなので、貼付けておきます。


他に意思表示ができるところがあれば教えていただけたらうれしく思います。


できたらこのことをお友達にも広めてください。


ブログやHPをお持ちの方、ミクシィをされている方、どうかよろしくお願いします。


一人の力は弱くても大勢のパワーがあれば この悪法2つの成立をくいとめられるのではないかと思っています。


我々の大切な日本を絶対に守りましょう!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 09:00| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ〜
またまたですか?
読めば読むほど怖いことですね!
言いたい事も言えない時代が来るなんて
想像もつかないけどこの法案が通ってしまえば
いずれは・・・・!
なんとかしなければいけないですね。
そう、ひとりでは何もどうすることもできなくても
ひとりひとりが集まればなんとかなるかもです。


Posted by べりー at 2010年02月18日 14:48
説明されても 何故 こんな事が

今の世の中 それも日本で 起こっているのか

理解しにくいです。


アメリカにしても 国民がブレインワッシされている事は多くあるように感じます

環境や人にとって本当にいいものでも

力のあるものによって 知らされないとか

崩されてきたものも 多いでしょう。

そうやって コントロールされる事は たくさんありますよね

話がそれてしまってたら ごめんなさい。

 

Posted by bachama at 2010年02月18日 15:09
ごきげんよう。
政治家とマスコミが結託してネットを
潰そうとしてるのがみえみえですな。

でもね最近ちょとくじけてるんよ。
ほとんどの日本人は無関心で政治に興味ないし。
説明しても だから何? って言われておしまい。
高速が1000円とか子供手当てがどうとか
目先の利益しか見えてない人ばかり。
ここまで腑抜けな国民に洗脳した
日教組とマスコミはある意味すごいと思う。
これでこの法案が通ればますます情報は
マスコミからの一方通行になりますね。
「地球温暖化」「民主の大勝」全て
マスコミ・政府の誘導に思えてしまいます。
またそれに見事にのせられる日本国民(笑)
小沢がなにがなんでも辞めないのは
この2法案を通したいからでしょうね。
言論の自由が無くなって雇用を中国人に奪われて
治安が悪くなって娘が強姦されて始めて気づくのかしらね。
Posted by もやこ at 2010年02月18日 15:12
この鳥さんの映像は見たことあります。

今の日本の姿のようで笑えなかったです。

結局日本はまだ戦後処理が終わってないんですよね。
米軍基地がが首都近郊にあったりするし。

すっきりしたいぞ〜!
Posted by かげ at 2010年02月19日 00:05
また民主党ですか!!
そもそも私は民主党派ではなかったけど・・・。
外国人参政権についてもそうですが、この前えいと@さんが取り上げて、私はその存在に気づきましたし、日本にお住まいの方でも知らない方が結構多く、その事実にも驚いたんです。
↑の方もおっしゃってるように、情報、マスコミに影響されやすい日本人。
もっと自分の国に責任と意識を持って欲しいものと思います。
Posted by ree at 2010年02月19日 00:05
既に情報規制が始まってるんですよねー!
民主サイコー!と、持ち上げるマスコミの情報操作も相当なものです。
それにしても、日本人はどうしてこんなにもマスコミに骨抜きにされ
てしまったんでしょう???

プリウスに関するトヨタ叩き(日本国内)にも裏があるそうですよ。

いっそ丑の刻参りでもしようかしら。
Posted by たまてん at 2010年02月19日 00:54
またですか、、。
全く呆れるというか、信じられませんね、、
このままだと日本はどうなってしまうんでしょう・・・
日本国民が後悔しない内になんとかなるのを願うのみ。
それにはやはり一人一人の行動が大事ですよね。
Posted by mucci at 2010年02月19日 02:18


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます。


>べりーさん。

そうなんです。。。またなのですよ。。。
何度も廃案になってるのに、また甦らせようとしているのです。
中味を知れば知るほど怖い法案です。

言いたいことが自由に言えるって幸せなことですよね。
色んな問題に向き合って、おかしいことには「これは変だ!」って声をあげられる。
それが日本のいいところなのに。
それを奪われてしまうかもしれないのですよ…。

みんなで声を挙げて反対していけば、国民の声、世論の意見を完全に無視することはできないと思います。
小さな力もみんながよれば大きくなります。
みんなで力をあわせて、反対していきましょうね。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 03:59
確かに、言論の自由は守られるべきですよね。
差別と認定されたら一切反論できないて…
まるで戦時中のイメージじゃないですか。
情報操作臭ぷんぷんですもん。

で、外国人参政権ですか?
日本は移民法自体きちんとしたものがない
イメージなんですが…
まぁ、移民の国じゃないですしね。
でも、もちろん日本国籍までとって、
自国のパスポート
捨てた人には参政権あるんですよね?

NZは移民の国だし、私は市民権(NZパスポート)
までは持ってないけど
永住者として選挙権は与えてもらっています。
でも、実際は外国人に参政権を与えてる国って
少ないんですね。
アメリカはどうなんですか?

私も、誰でも彼でも住んでるだけで参政権を
与えるということであれば断固反対です。
ってか、有り得ないですよね。
どうしても参政したいのであれば、
日本国籍取得者、日本永住ビザ保持者までは
OKなんじゃ…と思わなくもないですが。
Posted by どれみ at 2010年02月19日 04:10

>bachamaさん。

>何故 こんな事が今の世の中 それも日本で 起こっているのか理解しにくいです。

そうですよね。
まさか、日本でこんなことが起こってる…って想像つかないですよね?

この「人権擁護法案」は、実は長い歴史があるのですよ。
2002年(平成14年)の第154回国会(常会)に内閣が提出されたのが始まりで、何度となく国会への提出を繰り返され、
2005年にも「可決されるかも!」と大騒ぎになったようですが、自民党内の強い反対の元に廃案になりました。
それがまた、民主党によってさらにパワーアップ(悪い方に)されて、今回の通常国会に提出されようとしているんです。
ホントにゾンビみたいな法案なのですよ。。。

この法案が可決されて法律ができてしまうと日本はどんな風になってしまうのか…。
心配でなりません。
今の幸せな自由な日本がなくなってしまうかもしれないんです。
言いたいことも言えない、ビクビクした毎日をおくらないといけない…。
そんな日本にしたくないですよね。。。

>アメリカにしても 国民がブレインワッシされている事は多くあるように感じます

そうですね。
どの国にでも報道の制限、コントロールされていることはあると思います。
アメリカもそうですし、日本だってそうです。
でも、アメリカや日本などの民主主義を取っている国では、言論の自由は認められていますよね。(すべての国ではありませんが…)
共産国や社会国歌などの一党独裁の国家は言論の自由が認められていない国が多いのです。
国民に知られたらマズいことは知らせない、国民が不信感を持ったとしてもそれを力で押さえつけてしまうのですね。

日本にこの「人権擁護法案」なるものができてしまうと、
人権という名の下に「言論の自由が奪われる」ことにつながっていく可能性が強いのです。
ロシアは ソ連崩壊後に民主主義になりましたが、実際はプーチンの独裁国家です。
中国や北朝鮮は明らかですよね。
そんな国のように日本をしたくないです。

日本は一体どこに向かおうとしているのか…。
民主党はいったい日本をどうしたいのか…。
今の民主党の政治は理解に苦しみます。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 04:11

>もやこさん。

>政治家とマスコミが結託してネットを潰そうとしてるのがみえみえですな。

でしょうね。
日本ではインターネット規制が行われていないので、いろんな意見がありますもんね。
この法案ができたら、真っ先にネット規制が行われるでしょうね。

>ほとんどの日本人は無関心で政治に興味ないし。
>説明しても だから何? って言われておしまい。

ん〜これは「本当の怖さ」がわかってないからじゃないですか?
「人権を守る」って大切なことだしね〜って、法案の名前だけ見たらそう思いますしね。
その裏にどういうことが隠されているのかを知ったら、どんな人でも危機感を持ちませんかね?
その「この法案の裏の部分」をTVや新聞ではこと細かくは報道しないでしょう?
こと細かく書いてるのは、危険性にまでしっかり言及してるのはネットの中の一部のサイトだけなんですよ。
そういうサイトを見る人は、大体が「この法案の怖さがわかってる人」なんですよね。

景気がものすごくいい時に「失業した時のことを考える」人はいませんよね。
若い時に「老後のこと」を真剣に考える人は少ないでしょう。
それと同じなんでしょうね。
今、自分の生活に「人権がどうの〜」ってことが直接関わってないから、具体的にイメージがわかないんだと思います。
だから、興味がない、わかろうとしない…っていうのはある意味仕方がないことかなとも思うんです。

だからこそ、地道に少しずつ広めていくしかないんじゃないかと思うんです。
わかってもらえないから、理解されないからあきらめてしまっては、それでおしまいです。
我々一般人の声は小さいけど、その小さな声を大きくしていかないとダメだなと思っています。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 04:27

>かげさん。

>この鳥さんの映像は見たことあります。
>今の日本の姿のようで笑えなかったです。

このカッコウのお話、ご存知でしたか。
ホントに、今の日本と同じ状況な気がしますよね。
カッコウは遺伝子に「他の種の鳥を駆逐して生き残る」ことを刻み込まれているんですね。
他の種類の鳥の巣で、その巣の本当の雛を追い出して成長する…。
どこかの国と同じじゃないの…って思います。

「外国人参政権付与法」で国籍を持たない永住者に参政権を付与し、
「人権侵害救済法案」で言論をコントロールしていく…。
本当に恐ろしいです。
何とか廃案に持って行かないと、日本はあっという間に他の民族の餌食になってしまいそうですね。

戦争処理ですか…。
小沢氏は「戦争で自分の意思とは無関係に連行された方々がおられるので〜」と外国人参政権付与の理由を述べていますが、
日本人でさえ、政治家の中でさえ、まだまだ戦争に関しての歴史認識に隔たりがあるのだな…とつくづく思いますね。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 04:41

reeさん。

>また民主党ですか!!

そうなんですよ…。
今の民主党は、もともとバラバラの異なる政党に所属していた議員の寄せ集めなんですよね。
なのでいろんな考えの議員が存在するし、中にはまっとうなことを言われてる政治家の方もおられるんですけどね…。
今は小沢氏の力が強くて「小沢政党」のようになってしまっているんですよね…。(溜め息)

>日本にお住まいの方でも知らない方が結構多く、その事実にも驚いたんです。

そうなんですよね。
マスコミが報じないので、一般の国民の方々はこの2つの法案について「知ること」ができないでいるんです。
「知らなければ賛成も反対もできない」ですよね。
インターネット上では多くのサイトでこのことは取り上げられているんですけど、
そういう系統のサイトは、一般の方々の目にはふれないんですね…。
だからこそ、普通の「日記」的なブログでこのようなことを取り上げた方がいいのでは…って思ってるんです。

>情報、マスコミに影響されやすい日本人

日本人に限らず、TVやニュースの情報には影響されてしまいますよね。
もし、この「人権侵害救済法案」が成立してしまうと、マスコミを操り偏った情報しか流さず、
かつ、インターネット規制をかけて情報を制限する…という可能性が強いのです。
そうなったら、影響されやすい日本人はどんどん都合のいいように操作されてしまいますよね。
それが怖いんですよ…。
反論できない雰囲気にさせておいて、人間をコントロールする…。
これは 本当に怖いことなんです。

何とかみんなで力をあわせて、この2つの法案を廃案に持っていきたいって思っています。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 04:56

>たまてんさん。

>既に情報規制が始まってるんですよねー!

始まってますね。
今のマスコミの報道を見ると明らかにそれを感じます。
関西で報道されている『FNNスーパーニュースANCHOR』は、今の政治の本質を報道しようとしてる数少ないTV番組ですが(関東では放送されてませんよね?)
なかなかスポンサーがつかないっていうことでした。(現在は「別寅」がスポンサーです)
もし、ひとつもスポンサーがつかなかったらこの番組もなくなってしまうでしょうね。

何を信じるか…となったらマスコミ、TVニュース、新聞…って方が多いんじゃないでしょうかね?
ネットから情報を得ているのは一部の人間でしょう。
TVや新聞では論争にさえなっていない=問題ではない…って思う人もいらっしゃるようですし…。
何か目に見える問題が起こらないと、なかなか自分たちの問題として考えることができないのかもしれませんね。
↑のもやこさんのコメントのお返事に書きましたが、
景気がものすごくいい時に「失業した時のことを考える」人はいませんし、
若い時に「老後のこと」を真剣に考える人は少ないでしょう。
それと同じなんでしょうね。
今のところ自分の生活に直接関わってないから、具体的にイメージがわかないんでしょうね…。

Posted by えいと@ at 2010年02月19日 05:20
またまた恐ろしい法案ですね。
実はこの記事、夕べ読んでから、いろいろ自分なりにネットでこの法案について調べているんですが・・・。先の外国人参政権の法案と同じように賛成派が何故この法案を擁護するのかが良くわからない。人権って考えてみるとものすごく個人個人の立場によって違ってくると思うんです。で、人権と人権ってぶつかりあう物だしね。これはyou tubeに出ていた例ですが、例えば何処かに奇想天外な建物を建てようとする。すると周りの住民は景観が損なわれる、人権侵害だ!と叫ぶ。でもその建物を立てる人にとっては自分の土地に自分のデザインした建物立てて何が悪い!これは俺の人権だ!と叫ぶ。こうしたとき、この人権擁護委員会はどうやって判断するのか?または、誰かが何かを批判することをネットで書いたとする。すると人権擁護委員会がやって来て、「人権侵害だ!」と言う。でもその人にとっては言論の自由という基本的人権にのっとってネットに書いたものだから、人権擁護委員会のやっていることが人権侵害になる。考えれば考える程良くわからない。百害あって一理なしですね。理があるとすれば、特定の意図を持った人がこの法案を逆手にとって自分の利益になるように使おうとすることぐらいかな?一体民主党って何考えてるの?自民党も賛成派の人はいったいどんな意見をもって賛成というのかはっきり説明してもらいたい!
Posted by Cat's mama at 2010年02月19日 12:57
えいと@さん

ある意味はじまっているかな

沖縄は先の戦争で大きな犠牲を払い
そして、テレビで取り上げられている
普天間移設問題と・・ワタシ自身はその
普天間基地がある町に住んでいます。

悲しいけれど、声を大にして書いて
しまえば、標的の的になるかもしれないと
いうのをもう感じているので書けない
部分でもあるのです。
Posted by MAGI at 2010年02月19日 13:01

>mucciさん。

>全く呆れるというか、信じられませんね、、

そうなんです。信じられませんよね。
でも、ジワジワと何か強い力が働いて、日本が変えられていくような気がしてならないのですよ。

今までは多少変なことを言う政治家がいても、ブレーキをかける議員が必ずいました。
でも、今の政権を見ると「小沢王国」です。
ブレーキをかけたくても、小沢氏の力が強すぎてブレーキがかからない状態のような気がします。

だから、もう国民が黙っていてはダメなんですよ。
あきれて見ているだけの時期ではないんですね。
国民が声を上げないと、政治家がブレーキをかけないんですんなり通ってしまうかもしれないんです。
そうならないように一人一人が声を上げて、世論の力で食い止めないといけないんじゃないかなって思っています。


Posted by えいと@ at 2010年02月20日 12:10

>どれみさん。

>言論の自由は守られるべきですよね。

その通りです。
「言論の自由がある」ということは「何でもかんでも差別的なことでも書いたり言ったりしてもOK!」…っていうことではありません。
差別はなくさなくてはならないのは事実です。
でも、差別された…っていう感覚は個人で大きく違うものなんですね。
それを法律で定めるんです。そのあいまいな「差別」というものを。
人権委員が「差別だ」と認めたら、全く反論することができないのですよ。
どんなことが「差別」と認定されるかは、その人権委員にかかってくるのです。
何が「差別」に該当するかが明確でないので ブログにも何にもかけない、言うこともできなくなってしまいます。
それがどれほど怖いことか…。
この法案は絶対に食い止めねばなりません。

>日本は移民法自体きちんとしたものがないイメージなんですが…

そうなんです。
日本は移民に関してかなり規定が甘い国です。
永住権の取得に関しても、帰化(日本国籍を取得)することにしても、
諸外国に比べて非常にハードルが低いんです。
これがまず問題ですね。

日本の法律では「参政権は国民固有の権利である」と明言しています。
だから外国人参政権の話が出ること自体おかしいのです。
参政権が欲しいのなら、帰化して日本国民になればいいのですが、
日本の場合は、帰化の規定が甘いので これまたいろいろ問題が多い…と えいと@は感じています。

>NZは移民の国だし、私は市民権(NZパスポート)までは持ってないけど
>永住者として選挙権は与えてもらっています。

NZは永住外国人に参政権を付与してるのは知っていますが、
その実態がどうかはよくわからないのです。調べましたがよくわかりませんでした。
どれみさん、どうですか? 何か問題はありませんか?
NZの現状を教えていただけたらうれしいです。
オランダも同じように外国人に参政権を付与しましたが、かなり深刻な問題が現実問題としてあるんです。
NZはオランダとは違うのでしょうかね?

しかし たとえ外国で「外国人参政権」を付与しても問題がない…と言われても、
日本とは事情が違うのですよ。
安易に「外国が大丈夫だから付与しましょう」というわけにはいかないのです。

>でも、実際は外国人に参政権を与えてる国って少ないんですね。
>アメリカはどうなんですか?

アメリカは国籍(市民権)を持たなければ選挙権は付与されません。
永住権だけではダメです。
くわしくは、こちらのページ ↓ をご覧ください。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/140380780.html
アメリカで市民権を取るのは、かなり厳しいようです。

>どうしても参政したいのであれば、日本国籍取得者、日本永住ビザ保持者まではOKなんじゃ…と思わなくもないですが。

先ほども書きましたが、日本には日本固有の問題があります。
これを書き出すとものすごく長くなるので、お時間があったら過去記事 ↓ をご覧になってみてください。
過去記事に貼付けてある You Tube をご覧になっていただくと、どんなことが問題かが見えて来ますよ…。

 http://eight-americann.seesaa.net/article/139663462.html
 http://eight-americann.seesaa.net/article/140284988.html

Posted by えいと@ at 2010年02月20日 12:34

>Cat's mamaさん。

>先の外国人参政権の法案と同じように賛成派が何故この法案を擁護するのかが良くわからない。

そうなんですよ。えいと@も同感です。
なぜ、この法案が必要なのかがわからないんです。
何度も廃案になってるのに、ゾンビのように甦る法案なんですよ…。
いったい、賛成派の方々は何をしたいのでしょうか?
日本人に取ってはいいところが何も見えないんですよね…。

>誰かが何かを批判することをネットで書いたとする。すると人権擁護委員会がやって来て、「人権侵害だ!」と言う。
>でもその人にとっては言論の自由という基本的人権にのっとってネットに書いたものだから、人権擁護委員会のやっていることが人権侵害になる。

今だと、言論の自由が認められているので、一般的に何を書いても自由ですよね。
えいと@は「言論の自由がある」ということは「何でもかんでも差別的なことでも書いたり言ったりしてもOK!」…っていうことではないと思っていますけどね。
常識の範囲で、色んな問題に疑問を投げかけたりすることは普通にできますよね?
今であれば。

この法案が成立してしまえば、次のようなことが起こります。
Aさんが何を批判するようなことをブログに書いたとします。
それがBさんは自分のことを言われていると感じ「差別だ!」と人権委員会に通報します。
すると、人権委員はその権限でAさんの家宅捜査ができ、逮捕をすることができるのです。
Aさんが書いたことが、Bさんは「差別をされた」と受け取ったからです。たとえCさんが「別に差別じゃない」と言ったとしても、
人権委員が「差別」と判断したら、Aさんは反論ができないのです。
人権委員が訴えられることはまずないでしょう。委員なんですもんね。
こんなことがまかり通ってしまうのですよ。

>理があるとすれば、特定の意図を持った人がこの法案を逆手にとって自分の利益になるように使おうとすることぐらいかな?

その通りだと思います。
例えばね、えいと@に過去記事に「靖国神社参拝」の記事がありましたよね?
中には「靖国神社を参拝することは戦争を美化することだ! 人権を傷つけられた」と思う人がいるのですよ。
で、その人がもし「人権侵害だ!」と訴えたらえいと@は逮捕されてしまいます。
かの戦争で 国のため家族のために戦い、亡くなられた方々の霊を敬うことは、日本人にとっては当然のことだ…と言うことすらできなくなってしまうわけです。

こういう「言えない雰囲気を作る」ってことが怖いことだと思うのです。
「自由にモノが言えない、書けない」ようにしておいて、さらに情報規制ですよ。
どうなっていくと思いますか…?
本当に怖い法案です。
何とか廃案に持っていかなければ…と思っています。

Posted by えいと@ at 2010年02月20日 13:16

>MAGIさん。

>悲しいけれど、声を大にして書いてしまえば、標的の的になるかもしれないというのをもう感じているので書けない部分でもあるのです。

このお気持ちはよくよくわかります。
言いたいことはあるけど、それに反論する人って必ずいますもんね。
反論だといいのですが、非難中傷になるともうどうしようもありません。感情的になって書き込んでくる人が多いですから。
ブログが炎上してしまうと悲しくなってしまいますよね…。
中には匿名をいいことににひどい、ありえない中傷をする人っていますしね。

でも、問題だと思ったことは言っていかないと何も変わらないように思います。
標的の的になって炎上してしまうと困りますが、
そうではない、きちんとした反論にはそれに答えればいいと思うんですよ。
いろんな意見があって、社会は成り立っていますからね。

この法案が成立してしまうと、片方だけの意見が抹殺されてしまうのです。
人権委員が「差別」と判断したら、もうそれで逮捕ですよ。
こんな怖いことってないじゃないですか?
自由にモノが言えるのが日本のいいところなのに、それが奪われていくのです。
そして、情報規制がすすんだあげく…。
今以上に日本人は「特定の意図を持つ団体等の都合のいいこと」しか知ることができなくなってしまいます。
これが怖いことだ…と危惧しています。


Posted by えいと@ at 2010年02月21日 06:49
こんにちは。
今朝アントンオーノがTodayShowに出てましたね?
http://blog.goo.ne.jp/efraym
これご覧になって、ものすごい不気味です。

今、たかじんに水間さんと西川先生をゲストに招いて貰いたいと
メールを送っていますが、ご協力くださいますか?
よく熟知した方に出ていただいて、日本人もっと覚醒してもらわないと
参議院選挙でまた民主党が勝ってしまいます。

以下が私がお願いしたメールです。宜しくお願いします。
_________
たかじんのそこまで言って委員会の編集企画関係の皆様

いつも楽しく拝見しています。

今民主党になって本当に日本が危ないと気づき始めている日本人が多くなって
いると思います。
参議院選挙までにもっとそんな風が吹かない事にはまた民主党が大勝して
しまいそうです。
それを阻止させる為にも、出来たらより民主党の推し進めているような
闇法案の危険性を説明できる方をゲストに招いて頂きたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=p2bnYbrGKcw&feature=player_embedded

是非、このお二人をゲストに招いていただけないでしょうか?

女性の方は前衆議院議員の西川京子さんと男性はジャーナリストのジャーナリスト・水間政憲さんです。
水間さんは又、http://mizumajyoukou.jp/?Mizuma/Scoop/06のような
スクープされたことでも知られています。

これは衆議院選挙前のものですが、これが実際、
この動画でも判るように其の頃から、民主党の政権に対しての危惧がその通りに
今の混乱状態です

お二人は他の闇法案にも熟知していてキチンと説明して下さいます。
水間さんは、以前 5000人集めた請願集会の原案の立案者のお一人です。
既に消されましたが、ニコ動画では30万再生されたものもあるそうです。

本当に危機を理解している方が分かりやすく説明してくれるコメンテーターでなくては、
一般の人にこの危険がわかりません。もし、民主党が参議院選挙で大勝して
しまったら、もう日本は終ってしまうかもしれません。
中国がど〜んとやってきて、もしかするとチベットや、ウィグル自治区のような
状況が日本でもありえます。
まだのんびりしている日本人に出来るだけ今の危機を理解して貰う必要があります。

どうか、一回でもよいですので、勿論引き続きゲスト出演して頂けるようであれば
とても心強く思います。

こちらが水間さんのブログです。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

どうかご検討くださいますように、宜しくお願い申し上げます。

Posted by 山河 at 2010年03月05日 08:44

>山河さん。

民主党は好き勝手なことをやってますね。
本当にこのまま参議院選も民主党が勝ってしまったら…! 考えるだけで恐ろしいです。

日本のマスコミは、いまだにこのことを取り上げようとしていないんですね。(ため息)
こういった「外国人参政権付与」「人権擁護法案」「夫婦別姓法案」などを取り上げているような特定のブログ、政治的なブログを見る人の多くは すでにこの問題を理解している人なんですよね。
政治に興味のない人、理解しようとしない人は見ようともしません。
そういう人達にどうやって知らせていくか…ですよ。難しいことですが…。

たかじんの番組は関東では放送されていないんですよね。
アンカーも関東では放送されていませんよね?
関東でこういう番組ってないのでしょうか?
できたら関東で放送されている番組にも出演していただけるといいのですけどね。

とにかくネットからでも声を上げていかないと…ですね。
わたくしも微力ながら力になりたいと思っています。
何としても民主党の政治をストップさせなければ…!…と思っています。

Posted by えいと@ at 2010年03月05日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141477415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。