2009年12月29日

感謝する心・物を大切にする心


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@の風邪気味状態をご心配してくださった皆さま。


ありがとうございました〜♪ m(。・∇・。)m
  

はやめに風邪薬を飲んだおかげか、こじらすことはなく普通に生活ができています。


症状が緩和された状態で回復に向かっている…っていうのがいいですよね。


やっぱしんどくないっていうのが一番です。


健康ってありがたい!…ってしみじみ思いますね〜。(^∇^)v




さて、今日もえいと@の独り言にお付き合いくださいまし〜。


昨日の記事にも書きましたが、ここんとこ えいと@夫が超忙しく、ほとんど相手してもらってない…ってこともあって、


いろいろ考えることが多くなっちゃっいましてねぇ〜。σ( ̄、 ̄=)ンー


ブログ巡りをしておりますと考えさせられる記事があったりするわけです。


今回は感謝する心・気持ちを重んじる心と題してお贈りしたいと思います。


今回の記事はアメリカの文化を否定するものではなく、あくまでえいと@の感じたことですのでご了承ください。m(o・v・o)m



お友達ブロガーのCat's mamaさん(アメリカ在住)が 子供さんへのクリスマスプレゼントについて こう書いておられました。


豊かな環境の中ですくすく育つ子供達。これはものすごく有り難い事である。

買ってやりたい、と思って買ってやれる経済状態にいることも感謝しなければならない。

でも、大きくなって行く子供達に「貰って当たり前」という気持ちを植え付けることになるのではと思うとちょっと怖いような気がする。

山のようなプレゼントに目を輝かせるのは最初だけ。あとはプレゼントの有り難みも感じなくなってしまう人間には育てたくない。



この部分 ↑ を読んで えいと@はものすごく共感したんです。


クリスマスはアメリカ人にとって最大のイベントであり、


クリスマスプレゼントは最大の喜びであるのはすごく理解できます。


だけど、そのプレゼントの数がものすごいんですよね。


子供たちは 両親からだけではなく、親戚などからも贈られるすごい量のプレゼントに囲まれるのです。


これだけたくさんのプレゼントに囲まれると、子供はもらえるのが当たり前…という感覚になっていくのではないかなって思うんですね。


プレゼントしてくれた人に感謝をする気持ちを持つよりも、


プレゼントの中味、モノが重要になっていくんじゃないのかなって。


そんな風に思うのです。



ところで、えいと@が子供の頃にも両親からのクリスマスプレゼントはありました。


しかし毎年、クリスマスのたびにプレゼントをもらうということはありませんでした。


えいと@の実家は特別貧しかったわけではありませんが、(豊かでもなかったですけどね)


えいと@の親はイベントごとにプレゼントをくれる人ではなかったのです。


学校でいい成績を取った、人のために何か役に立った…などの時にはじめてプレゼントがもらえたんですよ。


プレゼントが欲しいから勉強する、人の役に立つようなことをする…っていうわけではありませんでしたが、


頑張ることでプレゼントがもらえるんだ…っていう、いわゆる馬の鼻先にニンジンなわけなんですよね。


反対に頑張らなければ、怠けていたら何ももらえないわけですから、


子供心に一生賢明に頑張ろう…っていう気持ちが生まれるんですねぇ。


そして両親からはもらったものはとことん大事に使うように厳しくいわれて育ちました。


もらったものを大切に使わなかった場合は、翌年のプレゼントはなしになっちゃうのです。


なので何でも 大切に使う習慣がつきましたねぇ〜。(100%ではありませんけど…)


貧乏性…っていうのもあるのかもしれませんけどね。( ̄∇ ̄*)ゞ



先日、返品大国! アメリカ! の記事に書きましたが、


クリスマスプレゼントの中には返品用のレシート(金額が書かれていないレシート)が入っており、


26日になるとスーパーやモールのカスタマーセンターで返品し、自分の好きなものと交換できるのです。


この26日のカスタマーセンターの長蛇の列は 毎年見られる光景です。


サイズが合わないから交換するのではなく、


自分の好みに合わないから交換するんです。


プレゼントでいただいたものを「好みに合わない」から交換するって…。


プレゼントを選んでくださった方のことは考えないのでしょうか?


アメリカ人は返品すきというか 相手の気持ちを考えずにちゃっちゃと返品しますよね。

私自身、友達(アメリカ人)が素敵なバックを持っていて「素敵なバックだね」といったら、

「これあなたからもらったプレゼントを交換してもらったものなの♪」といわれてちょっと不快な気分になりました。

ちなみにこの友達は、この数ヵ月後に自分の挙げたプレゼントを友人が返品してギフトカードをもらっていたと怒っていました(笑)。 

みんな結局挙げたものを感謝されずに返品や交換されるのは嫌なのに、合理的という名の下にしたりするものだなあと考えます。
(By Kazさん


以前、こういうコメント ↑ をいただきました。


自分がされてイヤなことなのに、自分はやっちゃうんですね…。


プレゼントの返品もデリカシーないなぁ、なんて思っちゃいますけど、これもお国の文化なのかしら、、
合理的だけど、気持ちを重んじる日本人には受け入れ難いかも〜^^;
(By ひろめいさん


前回の記事でこのようなコメント ↑ もいただきました。


コメントにもあるように日本人は相手の気持ちを重んじる国民ですよね。


プレゼントしてくれた人が自分のために一生懸命に考えて選んでくれたっていう気持ちがあったら、


簡単に返品はできない…って思うんですけどね…?



豊かな時代に生まれたことは幸せなことだと思います。


だけど豊かになればなるほど どこかに感謝する心を置き忘れてきたのではないのかなかな…とも思うのです。


そして豊かな時代に物を大事にすることは難しいことであると思います。


だって、物があるんですもんね。


気に入って買っても、その翌年にはもっと性能のいい新商品が出て来ちゃいますもんね。


欲しくなっちゃいますよね。それはよくわかります。


でも、新しい商品が出たらすぐに買い替える、古いものはまだ使えるけどポイ…っていうのも寂しい話だなぁ〜…って思うのです。


この豊かな時代にいかに物を大切に、感謝して使うか…。


難しいことではあるけれど心の中のどこかに置いておかなければいけないことなんじゃないかな…って思います。


日本人が持つ「相手の気持ちを重んじる心」「物を大切にする心」が失われることなく、


次の時代を担う子供たちに受け継がれていってもらいたい
ものだな…って…。


えいと@はそんな風に感じたのでありました。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 08:31| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのオトモダチのオトモダチ?、せめて言わなきゃいいのにねえ。

自分はプレセントとかニガテだけれども。そういった事は胸が痛んで出来なさそうです。
Posted by かげ at 2009年12月29日 10:37
うちの子供たちも多かったですねクリスマスギフト

主人がこれでもかこれでもかと 量でいきました

小さい頃は、、、。

長女が小学校の頃 であった友達に クリスマスにサンタが持ってきたのが 靴下 というこがいました

とってもいい子で 暖かい家庭でした

アメリカ人の中にも そういう家庭はあるんだなと思ったことです

Posted by bachama at 2009年12月29日 13:27
えいと@さんも風邪気味だったのねー!大丈夫ですか?
私も引きはじめに風邪薬とビタミンCをすぐ飲みます。今回もそれでなんとか鼻だけで済んだという感じ。でもその状態が結構長引いちゃいました。

さて、プレゼント、コメントにあったバッグの話、悲しいですねえ。そんなこと面と向かって言わなくてもいいのにね。そんなこと言われたらどういう気持ちになるかわからない人なんでしょうね。

これはあくまでも私見だけれど、こちらの子供は物を大切にしない子が多すぎ。なくしても汚しても平気です。人の持ち物に対してもそう。他人のものを平気で取ったりなくしたりする。
きっと物が簡単に手に入るし、親も与えるからなんでしょうね。
Posted by つなみ at 2009年12月29日 15:15
その後、身体の具合は如何ですか?
大事になる前に健康の有り難さが分かって良かったですね!
ただ私もそうですが「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」という諺があるくらいですから健康のありがたさを自覚し留意しなくてはなりませんね!

>物のありがたさ
私も家族も今では健康面もそうですが、贅沢に慣れてしまい有り難さを忘れています。人からのプレゼントもそうです。
でも流石にプレゼントを交換する考えは思いつきもしませんでした。最近はJARO(政府が所管するCM製作)で子供に対しての親のしつけのようなCMが流れています。小さい時からのしつけ大事だと思います。がしつけをされなかった大人の子に対するしつけってどうなのでしょう?
あぁ〜私自身、反省することばかりです。

今年もあと数日ですね!
一年お世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
Posted by toshi at 2009年12月29日 18:42
こんにちは。
感謝する心は大切ですよね。私もちょっと前までは感謝するほうだ、とちょっと自負していましたが、コスタリカにある小さな村の学校で1日ボランティアをした時には目からウロコでした。

その村には先生1人と全校生徒生徒20人くらいで構成されている小・中学校しかなくて、周りは熱帯雨林に囲まれているので電車やバスもないその学校へ遠くに住んでいる子供は毎日往復5キロ前後の道のりを通学していました。それに最寄りの高校は何十キロも離れた場所なので、高校へ進学したい子は高校があるエリアに住んでいる親戚や知人の家で暮らさないと無理な環境でした。
そんな環境で数少ない本をシェアして勉強している子供たちを見ていて、日本で育った自分がどれくらい恵まれた環境にいたかを実感しましたよ。

日本やアメリカのように基本的に何でも揃っている環境で育つと大人も子供も「当たり前」になっていることが多いんですよね。

応援☆

elle
Posted by elle at 2009年12月30日 00:01
さすがにアメリカと日本では、クリスマスプレゼントのスケールが
違うんでしょうね〜^^;;

物を大事にする心・・・改めて問われたら、唸ってしまいますねぇ〜(汗)
「まだ使える」「まだ動くから」と、自分では物を大事に(ケチとも言う)
しているつもりですが、果たしてどうだろう???
ただ、義父母が孫達(義妹の子供)に無制限でオモチャや様々な物を買い与
えているのを見ると、それはちょっと・・・と、口を挟みたくなります。
現に、アレもコレも出しっ放し、広げっぱなしという状況を見ていると、
「プレゼントしてもらった大事なオモチャ」という意識がゼロなんだ
な〜、て思いますわ。
私も親が厳しかったので、そうそうオモチャなど欲しい物は買っても
らえなかったので、遊び終わったら必ずしまう。でないと、無くしてし
まったり、踏んで壊してしまうなんて事に! そうなったら二度と同じ
物は買ってもらえない!て、必死でしたからねぇ。
義妹のお子達を見ていると、また買えばイイじゃん!
という気軽さが見え隠れして仕方ありません。

Posted by たまてん at 2009年12月30日 02:25
>>>そして両親からはもらったものはとことん大事に使うように厳しくいわれて育ちました。

えいと@さんのご両親に同意です。素晴らしいご両親に育てられて、あなたはお幸せなお方です。だから、ご主人の良き理解者でもあるのね。納得。
実は、私はお金と物にあふれて育ちました。それはね・・・家がお金持ちという意味ではなく、両親が共稼ぎで、家で留守番をする子供を不憫に思ったから。その物が豊富なのはね、今も同じ。今は、物を買わない&増やさないことに徹底している最中。で〜私が欲しいものって、実は何もないのよ。あるとすれば、それはお金では手に入らないもの。己を磨いています。頑張るぞっと!(爆)
今年のクリスマスは、我が家のお代官様からのお達しで、NO Gifts!その分のお金を、市へ寄付したそうでござりまする。毎年、凄い額のものをプレゼントしてくれた夫なので、私は寄付してくれてホッとしました。私たち、このお達しに一切文句なし。ただ、気持ちだけのチッチャなものは買った気がするかも^^; (苦笑)貧しい人が多いんでよね、特に今年は悲惨です。食べ物の配給を待って、列をつくるそうですよ!涙がこぼれました。家があること、食物が与えられること、仕事があること、そして何よりも健康があることに感謝です。

Posted by geensmoothie at 2009年12月30日 03:11
確かに・・・。
昨日のコメントで私、大反省。
ちゃんと交換して来ます。

でも正直に言いますが、お誕生日でプレゼントを頂くでしょう?
我が家は全部を与えないんです。
2品ほど、新品のまま恵まれない子に寄付なんです。
うちの2人は恵まれた環境にあるけれど、恵まれない子もいるって事、教えるのが大変だったりします。
実際、話だけでは理解出来ないんですよね。

Posted by ree at 2009年12月30日 06:08


皆さま、温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。


>かげさん。

ほんとにね〜〜〜。
何で。プレゼントしてもらった本人に言うんでしょうねー?
自分も気を悪くするんだったら、人の気持ちもわかるでしょうに。

日本人はプレゼントしてもらったものを返品したりはしませんよね。
このへんの感覚の違いは何なんでしょうねー?
やはり日頃から簡単に返品ができる社会だからなんでしょうかねぇ?

Posted by えいと@ at 2009年12月30日 09:17

>bachamaさん。

>うちの子供たちも多かったですねクリスマスギフト
>主人がこれでもかこれでもかと 量でいきました

これは、もうアメリカの習慣になってるんでしょうね。
たくさんのプレゼントに囲まれるのがアメリカ流ですから…。
bachamaさんは渡米当初は驚かれたことでしょうね。

資源のない日本では、資源は無限ではない、限りのある資源を大事にしないといけない…って言う風に教育されてきましたよね。
それでも、豊かになった現代は無駄が多いかなって思うことが多いですね。

アメリカは資源が豊富だからでしょうか?
毎年、これだけのプレゼントを子供に与えるっていうのは…。
えいと@はアメリカ人ではないので本当に理解ができないんですね〜。
アメリカ人の本音をいろいろ聞いてみたい気がします。

Posted by えいと@ at 2009年12月30日 09:24

>つなみさん。

>そんなこと面と向かって言わなくてもいいのにね。そんなこと言われたらどういう気持ちになるかわからない人なんでしょうね。

そうですよねぇ。
なんでプレゼントしてくれた人に面と向かって言うんでしょうね?
「あ、これ、どこどこで買ったのよー」でいいのにね。
しかし、この友人の友人は、自分のあげたプレゼントをその友人が返品してギフトカードをもらっていたと怒っていたそうなんですよ。
自分がされてイヤなことは他の人もイヤな気分になるってわからないんでしょうかね?
それとも、自分がされてはじめてわかったのでしょうかねぇ〜?

>こちらの子供は物を大切にしない子が多すぎ。なくしても汚しても平気です。人の持ち物に対してもそう。他人のものを平気で取ったりなくしたりする。
>きっと物が簡単に手に入るし、親も与えるからなんでしょうね。

うーん、やはり物を与えすぎるって教育上は良くないことでしょうね。
それが当たり前、大事にしなくても翌年にはまた違うものがもらえるわけですから…。
でも、アメリカはずーっとこの習慣が続いて来たんですよね?
いつからの習慣なんでしょうね?
アメリカだって、昔はものがこんなにあふれてなかっただろうし…。
年々、派手になっていって今の姿があるんでしょうか…?
…ってことは、日本もいつかはアメリカのようになっていくんでしょうか…?

Posted by えいと@ at 2009年12月30日 09:33

>toshiさん。

ホントに健康ってありがたいですよねー。
めったに病気をしない えいと@ですが、たまにお腹を壊して食中毒のような症状になったりすることがあるんです。(いったい何を食べてるんですか…って話ですけどね…苦笑)
そんなときは、本当に健康ってありがたいーって思いますよ。
痛くない、しんどくない、辛くない…ってありがたい!
健康に感謝ですね〜。


昔に比べて日本は豊かになりましたよね。
何でも売ってますし便利な世の中になったと思います。
生活水準もあがりましたし。
こんな風に生活できるのは、戦後 あの焼け野原からよみがえり、ここまで日本を立て直してくれた方々のおかげですよね。
やはり感謝は忘れてはダメだと思いますねぇ。

豊かになって物があふれるとどうしても贅沢になってしまいます。
えいと@だって、まだ使えるのに買い替えたりすることもあります。(反省)
でも、今の時代に何も買わずに我慢して生きるのは無理ですよね。
昔の人に感謝し、物があることに感謝する気持ちを持つことが大事なんじゃないかなって思うんです。
その気持ちがあるのとないのとでは違うような気がします。

健康に気をつけて来年も頑張っていきましょうね。
よいお年を〜♪

Posted by えいと@ at 2009年12月30日 09:48

>elleさん。

世界にはいろんな環境で暮らしてる人々がいますよね。
恵まれた環境もあれば、そうでない環境で生きている人々もいます。

恵まれた豊かな世界に生まれて来たことは、それだけですごく幸せなことだと思います。
物がない…っていう苦労がないんですからね。
でも、その分「物を大切にする」「感謝して生きる」っていうことが少なくなってしまう気がします。

アメリカのプレゼントに関して否定するつもりはないんですけど、
やはりこんなにいっぱい…って思ってしまいます。
プレゼントしてもらって嬉しい気持ちをもつことはすばらしいんですけど。
その「うれしい」気持ちが、プレゼントをしてくれた人に対してではなく、
「物」に対してだけになってしまってはいないのかな…って思うのです。
豊かな時代の弊害なのかもしれませんね。。。


Posted by えいと@ at 2009年12月30日 09:55

>たまてんさん。

ホントにすごいですよ。
2メーター級の大きなツリーの下に、いっぱいのプレゼントです。
日本とはかなり違いますね〜。(笑)

今の豊かな時代に、昔のような質素な暮らしをしろ…って言われても無理があります。
豊かさや便利さを知ってしまった人間は、昔のような暮らしには戻れません。
新しくて性能がいい物があれば、まだ十分使える物を持ってたとしても 新しいものが欲しくなるのは当然のことだと思いますよ。

>義父母が孫達(義妹の子供)に無制限でオモチャや様々な物を買い与えているのを見ると、それはちょっと・・・と、口を挟みたくなります。

わかりますー。
えいと@もそうでした。
えいと@の両親は、えいと@姉妹にはとーても厳しかったのに、孫に対してはぜんぜん違いましたよ。(笑)
おもちゃをイベントごとに買って上げてましたねぇ〜。
まぁ、それが祖父母というもんかぁ〜って思いましたがね。(笑)

物がある時代になった…っていうのはあるんでしょうけど。
与えたら与えっぱなし…っていうのも問題があるかなって思いますね〜。

豊かな時代は暮らしやすいですけど、こういう問題もあるんですね〜。
気持ちがふどこかに忘れ去られてしまう…って、寂しいことですね。


Posted by えいと@ at 2009年12月30日 10:03

>reeさん。

>昨日のコメントで私、大反省。ちゃんと交換して来ます。

いやいや、ごめんなさい! 誤解察せちゃいましたか? そんな意味で書いたんじゃないんですよ〜。
reeさんの場合は、サイズが合わなくて他のサイズがあう人に着てもらいたい…って思ったんですよね?
それは別に物を大事にしないっていうことにはならないと思いますよ。
せっかくプレゼントしてもらったのに返品の列が長くて交換できなかった…っていうのが残念だなーって思ったのです。

アメリカのクリスマスや誕生日プレゼントの状況で、子供に「物の大切さ」「感謝する気持ち」を教えるのは大変なことだろうなって思います。
だって、たくさんのプレゼントがあるんですもん。
来年も再来年も普通にもらえるんですもんね。

豊かな時代に、豊かな国に暮らせるって本当に幸せなことだと思います。
それを否定するつもりはないんですよ。
プレゼントを喜ぶ子供の顔を見るのって、親としては本当にうれしいことでしょうしね。
と、同時に「感謝の気持ち」をどんな風に教えていくか…ですよね。
これって本当に難しいでしょうね。

小さい頃にはわからなくても、親のいい聞かせ方、プレゼントの与え方で
大きくなるにつれて子供ながらに理解していくようになるんじゃないかなって思いますよ。
親が「感謝の気持ち」「物を大切にする気持ち」をきちんと持っていたら、子供はだんだんわかっていくんじゃないかなっ…て思います。

Posted by えいと@ at 2009年12月30日 10:33

> geensmoothieさん。

>素晴らしいご両親に育てられて、あなたはお幸せなお方です。

今でこそ感謝ですけど、子供時代はちょっと(かなり)寂しい思いをしましたよー。(苦笑)
友達はいっぱいオモチャやゲームを持ってるのに、えいと@姉妹にはぜんぜんないんですもん。
いつも友人の家で遊びながら、うらやましく思っていました。
でも、その分、工夫することは覚えましたね〜。
あるもので遊ぶんですよ。段ボールとかハンカチを利用してお人形さんの家を造ったり。(笑)

小さい頃から物を与えられないで育ったせいか、えいと@には物欲があまりありません。
たまに物は買いますけど、たくさん物を買うってあまりないんですね〜。
プレゼントをしたい人にとっては、えいと@はつまらない人間でしょうね。
何にも欲しくないんですから。(笑)

>私が欲しいものって、実は何もないのよ。あるとすれば、それはお金では手に入らないもの。己を磨いています。頑張るぞっと!(爆)

ステキです!
一番大事なものって…お金には換えられないものなんですよね。
自分自身を磨くこと! 人に親切にしたりされたり…。感謝の気持ち…。
こういうプライスレスなものこそが大事なんですよね。

>家があること、食物が与えられること、仕事があること、そして何よりも健康があることに感謝です。

まったくもって同感です!
豊かな時代に、豊かな国に生まれたことが「当たり前」なのではなく、
豊かな時代をつくってくれた人々に感謝し、そして健康に生きていけることに感謝ですね!
そういう気持ちを持って生きていきたいものですね。


Posted by えいと@ at 2009年12月30日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。