2009年12月26日

返品大国! アメリカ! Part2


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日はまーったくイブらしくない一夜を過ごした えいと@夫妻でございますー。(- -;)

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    アメリカでのイブはお家に引きこもり〜♪


昨晩は 教授と夜の9時半〜12時半すぎまでスカイプ電話で論文の議論をしておりましたよー。


その後 えいと@夫は午前5時頃まで仕事をやっていた様子です。(^^;)


んで、一夜明けた25日も午後3時までPCの前に釘付けでございました。


学会が近いんで仕方がないんでしょうけどねぇ〜。(*´ο`*)=3


やれやれでございますー。┐(´-`)┌




さて、今回は返品大国 アメリカの続編を書きたいと思います。


前編は……なんと去年の今頃書いてたんですね〜。Σ(・ω・ノ)ノ!

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    返品大国! アメリカ!



欧米の方々にとってクリスマスに家族や親戚がみんなで集り クリスマスプレゼントを贈りあう。 


これは絶対に欠かせないイベント!
のようです。(=^▽^=)b


日本でもクリスマスプレゼントはありますよね。


えいと@も子供の頃25日の朝に枕元に置かれているプレゼントがうれしかったもんですー。(*´▽`*)


でも日本の場合は子供が小さい間に親から子へプレゼントするだけで、


子供が大きくなったらプレゼントはしなくなる家庭が多いんじゃないかなって思います。(・o・)b


親戚中にプレゼントを贈る家庭も日本では少ないですよね?


でも、アメリカは自分の子供だけでなく、自分や配偶者の両親、祖父母、兄弟姉妹、いとこ、甥、姪にもクリスマスプレゼントをする家庭が多いようなのです。(家庭によってどこまで…っていうのは違いがあるようですが)


これはホントに大変だと思いますよ〜。d('д')


プレゼントを準備してラッピングするだけで、ものすごい労力がいりますよね〜。


それが楽しみである反面、クルシミマスになってる方もいらっしゃるようです。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    クリスマスはクルシミマス???



で、去年に返品大国! アメリカ!の記事に書いたように、


もらったプレゼントの中で気に入らないものがあれば返品 交換しちゃうのですね。(・・*)


だいたいは、前もってリクエストを聞いておくことが多いようなんですけど、


それでも好みやイメージと違ったっていうことが少なからずあるんですよねー。


そんな時のために アメリカのギフトには返品用のレシート(金額が書かれていないレシート)をプレゼントと一緒に入れておくんですね。


それを26日以降にスーパーのカスタマーセンターに持って行くと同じ金額のギフトカードに交換してもらえる…ってわけです。


で、自分の好きなものを買うんですね〜。


そのため26日にはカスタマーサービスにすごい列ができるのです。


このへんの感覚が日本人である えいと@には理解しがたいことなのですねぇ。c(゚^ ゚ ;)ウーン


だって一生懸命に選んでくれたプレゼントですよ? (・o・)b


それをちょっと気に入らないから…って返品しちゃうなんて…。(・へ・;;)


もし、えいと@が「これだったら喜んでもらえるかな?」って時間をかけて一生懸命に選んで贈ったものが 返品されちゃったとしたら…。


すごーっく悲しく思っちゃいますねぇ〜。(ノд-。)


ある意味合理的ではあるとは思うこともありますけど…。


こんなんだったらギフトカードにすればいいのにーって思いますが。


そうなると25日にプレゼントの包装紙をビリビリーって破る楽しさがなくなっちゃいますもんね〜。


プレゼントを開けるときのワクワク感は どの国も同じでしょうしね。


難しいことですね〜。(-_-)ウーム




さて、ここから本題。(…長い前置き、ごめりんこ〜 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘ)


この返品する習慣はホリデーギフトに限りません。


食料品や生鮮品は無理ですが衣類や雑貨、電化製品においてはレシートがあったら簡単に返品できちゃいます。d(゚д゚)


日本でもサイズ違いや不良品であったりした場合には返品交換できますよね。


でも、アメリカの場合は不良品でなくても返品できちゃうのです。


その返品の期限が60〜90日と とーっても長いのですねぇ。(お店によって異なります)


でねっ! 返品の理由がびっくりなんですよ。( ̄ェ ̄;)


例えばサイズが合わない、イメージが違った、使い勝手が悪いなどの理由だったら納得いくんですけど、


驚くことに「買った時には欲しかったが、今は気が変わった、または使わなくなっていらなくなった」とか、


「今、お金が必要だから返品する」なんてぶっ飛びそうな理由で返品するケースもあるんだそうです。|)゚0゚(| ホェー!!


もちろん未開封、未使用でなくても返品可能です。(−x−;)


返品の期限以内であれば使いまくったモノでも返品できちゃうっていうから驚きですよね。(”ロ”;)


びっくりしたのはセーターを2〜3週間着て、そろそろ洗濯しないとクサくなって来たから返品なんてことをする強者もいるんですよー!!?(゚〇゚;)マ、マジ???


返品できるようにタグを取らないで着るんだそうです…。


…ってことは…。


簡単に返品できるお店では、2〜3週間着て返品された クサい服が普通に売られてる…ってことですよね? Σ(=∇=;ノノヒィッー!!


これを聞いた時には返品のポリシーのゆるいお店では あまり買い物をしない方がいいなーって思いましたよ〜。


返品ポリシーのゆるいお店ではこれは返品されたものでしょー?…っていうことが明らかにわかるものが普通に売られているんですもん。Σ( ̄⊥ ̄lll)


昔はタグがなくても、レシートがなくても返品できるお店が多かったようなんです。


そうなると返品制度を悪用する人が出てくるんですよねー。


そういう悪用するケースが多いとお店もたまったもんじゃありませんよね?


最近はレシートがなかったら返品は受け付けないお店が増えて来たそうです。


店によっては返品されたものについては、割引されて売ってるところもあるんです。


そういうお店は一度使ったものは元の価格では返品ができないのでしょうね。


そういうお店の方が安心できます。(*゚∀゚)v


それにしてもこのあまりにも簡単に返品ができる…っていうことには たまげちゃいますよねぇ〜〜〜。ヽ( ̄д ̄;)ノ


合理的かもしれないこの制度ですけど、


返品されたものを知らずに買っちゃう可能性がある…って言うのはちょっとイヤな気がしますね〜。|||(-_-;)|||


こういう返品の習慣ってアメリカだけなんでしょうかねぇ?


欧州や他の国ではどうなんでしょうか…???( ・◇・)???




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)




posted by えいと@ at 09:44| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにね〜〜
返品できるのはいいのですが
(特に子どもの衣服類)
店によってはそのまんま売るってのも・・・

プレゼント交換も負担に思ってる方が
結構いるみたいなんですね。
聞いてみるとこれで$1000単位だとか。
それで返品交換ってのはやはり気分のいいものでは
ないようですよ。
もっと「お互い様〜」って感じなのかな〜と
思ってましたけど、やっぱりね・・と思いました。
「お金が必要だから」っても
現金で買わないとその店のギフトカードにしか
ならないんで??
困ったちゃんですね〜
あとBUY1GET1の場合どうなるんだろう?と思った事があるのですが、友達が聞いた話によると
ある大手チェーン店では期限をすぎると平常の値段で返金なんだそうです。
って事はお店の損なんですが、これも顧客対策って事でしょうか?

便利なようで、そうでもないようなシステムですよね〜
Posted by おね太郎 at 2009年12月26日 10:26
クリスマスのイヴにスカイプなんて、アメリカ人の妻にやったら離婚でしょうね。(爆)
そこでじっと耐えるのが、日本人妻〜えいと@さん偉い!国民性の問題なんです。という、この私もペパー書いていますが。これってね、学ぶ者も習性〜病気です。頭の中で、始終考え事をしているんですよね。(苦笑)
先日のニュースでの話。中国人の消費問題。中国人は、物を買えばそれで終わり、大切に使うから。物にもよるのでしょうが、ところがアメリカ人は使い捨て〜買うんですね。どんどん買って、がんがん捨てる。ますます、made in Chinaの需要が高まって結構結構〜♪というお話でした。明日も、返品の行列ができることでしょう。
Posted by greensmoothie at 2009年12月26日 11:21
うあ。

アメリカで商売したくないですねえこれ(笑)。

ところでクリスマスのプレゼントは苦手です。
そのような経験が極端に少ないせいか、ヘタにもらうとどうしたらいいかわかんなくなっちゃう。

ほんと、ギフトカードとかいいかも。
でもお互いギフトカードの交換をするのもだいぶ間抜けな図ですよねえ。。
Posted by かげ at 2009年12月26日 13:04
返品大国アメリカですよね〜。
オムツのサイズをうっかり間違えた時など、
もう袋を開けてしまったのに、
返品、交換をしてくれるアメリカのスーパーに
えらく感動しましたが、
そういうのを悪用する人もいるってことですよね。
さて、クリスマス。
いつものPCが、もうほとんど動かないので、
父ちゃんから母ちゃんへのプレゼントってことで、
新しいPCが来ました〜♪
家族全員つかっているんですが、
母ちゃんにってことになってるんで、
泣き泣き私が苦手なセットアップしたところです(笑)。
これで、えいと@さんのところに、
あそびに来れます!(笑)
Posted by 母ちゃん at 2009年12月26日 20:43
なんとなく風邪気味の私  夕べは睡魔と頭痛に襲われ

読めなく コメも出来なかったです

今朝は 随分良くなりました

そうなんですよね

返品おおいですよね

こちらで そういったことを良くするようになったと思います

たとえば はいて1週間のサンダルの紐が取れた

義母に返品しなさい
 と云われたときは びっくりしました

安物のサンダルなのに出来るのって タグもなければレシートもない。

簡単に出来ました

うちの家族でのクリスマスギフト交換はないです

この数年はゲームでのギフトをしています。
今日はセールと返品で大忙しでしょうね

Posted by bachama at 2009年12月27日 01:03
さすがアメリカ、合理的〜!
だけど、一度着た服、しかもクサイのまで返品〜?!(爆)
こちらでは、有り得ませんね、、。(多分?)
返品は可能ですが、レシートはもちろん、タグも付いたままの新品に限るはずです。
期間はちょっと分かりませんけど、TVショッピングだと30日間とうたってるものが多いような?

だけど、せっかく良かれと選んだものが返品されるというのも悲しいですよね、、。
(サイズが合わないとかは仕方ないにしろ)

かといって確認するのはいいのですが、楽しみ感が減りますしね、、。
ってことで私は小さなもの以外は商品券を贈ることが多いかな?
Posted by mucci at 2009年12月27日 01:04
こんにちはー。すっかり風邪引きさんになってしまいました。クリスマス、、すっかり引きこもりですよ。鼻が・・・つらいー。

そうそう、この返品の話ね、本当にすごいですよね。
理由も聞かないものね。ランズエンドなんて、返品の期限なしですよ。いつのものでもレシートさえあれば返品可、なんてビジネス大丈夫なのかしら?

セール前に買ったものはあとで値段調整してくれるし、レシートさえあれば返品でもなんとでもなる。こちらが切実な時はとても便利なシステムって感謝するけれど、悪用する人がいるのはいやですねー。
Posted by つなみ at 2009年12月27日 05:12
ひゃあ、、、びっくりしたっ、、
そんな返品制度、日本であっても悪用する人は
絶対に出てくると思います。
不景気な時期は特に、、ですよね、、
まさか着古したシャツが売ってるなんて
きもちわるい〜^^;笑 
ハンガーに掛けて売ってある場面想像したら
ちょっとねぇ〜・・・

プレゼントの返品もデリカシーないなぁ、なんて
思っちゃいますけど、これもお国の文化なのかしら、、
合理的だけど、気持ちを重んじる日本人には受け入れ難いかも〜^^;

前記事のカボチャグラタン美味しそう−!
うち、旦那が苦手でかぼちゃ料理ウチでしたことないの〜時々食べたくなるわ^^
旦那さん、お仕事落ち着くといいね〜
シャンパン頑張って飲んでね^^

ぽちっと!
Posted by ひろめい at 2009年12月27日 16:09
この時期のカスタマーサービスの列はすごいですよねぇ。
日本だと全くの未開封で買ったまんまの状態でも
「返品交換は一切お断りっ!!」
っていうお店もありますよね。
何もそこまで…って思うけど、アメリカのはさすがに行きすぎですよね!
返品できるシステムは助かるけど個人のモラルの問題ですよね。

贈り物を返品しちゃうなんてわたしにはできないー!
クリスマスもウェディングとかみたいにレジストリーになったりして…
Posted by ちい at 2009年12月27日 17:29
こんにちは^^
旦那様はクリスマスイブもクリスマスも大変ですね。学会がんばってください!
でも、バッファローウィングとシャンパンは楽しめましたでしょうか?

そうそう、この返品大国(笑)、私も最初はびっくりしましたが、今はそんな習慣にもだんだん慣れてきて、とりあえず買っていらなかったら返品すればいいか?!と思うようになってしまいました^^;
そうはいっても頻繁に返品しないですし、セーターを着倒した後に返品なんていう事もしないですけど、何か買う時に、人が使った物かも?!っていうのはいい気分しないですよね。。。

ラッピングをびりびりっ!!って破るのも、日本とはかなり違いますよね。日本人だと、どちらかというとできるだけ破らないようにしますものね。
文化の違いっていろんなところにありますね。
Posted by yoko at 2009年12月28日 04:09


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。


>おね太郎さん。

そうなんですよねー。
サイズが違った〜とか、ちょっとイメージと違うかナーって時に簡単に返品できるのって消費者にとってはありがたいですよね。
しかし、その返品制度を悪用する人がいるってことと、
そうやって古いものをそのまんま売っちゃうっていうのがねぇ〜。
返品ポリシーが甘いお店では、あまり買わないようになりましたよ〜。

>「お金が必要だから」っても現金で買わないとその店のギフトカードにしかならないんで??

クリスマスプレゼントの返品ではなくて、日常の買い物の返品の場合はお金をくれるんですよ。
デビットで買ってたらデビットで返金ですけど、厳禁で買ってたら厳禁が戻ってくるんだそうです。

プレゼントの交換は楽しみにしてる人も多いんでしょうけど、
負担に思う人も少なからずいるでしょうね。
1000ドル単位でプレゼントですか−?
それは負担だわ…。

>BUY1GET1の場合どうなるんだろう?と思った事があるのですが、友達が聞いた話によると
>ある大手チェーン店では期限をすぎると平常の値段で返金なんだそうです。
>って事はお店の損なんですが、これも顧客対策って事でしょうか?

えぇえ〜〜〜! そうなんですかー?
お店の丸損ですよね? いくら顧客対策って言っても…ちょっと…ねぇ〜。
レシートがあるんだから、半額だけ返せばいいのに…。
てか、Buy1Get1Freeの場合、2個目はタダなんだから、そのうちのイッコは返金なしのような気がするんだけど…。
えいと@が経営者だったら返金しないよー。
やっぱアメリカって変な国だわ〜〜〜。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:11

>greensmoothieさん。

>クリスマスのイヴにスカイプなんて、アメリカ人の妻にやったら離婚でしょうね。(爆)

わはは〜〜〜そうかも〜ですね。
教授はアメリカ人ですが、離婚してませんけどねぇ〜。(笑)
奥さまはもうあきらめちゃってるんでしょうねー。

えいと@はけっして忍耐強いってことはないんですよ。
研究者ってこんなもんです。仕方がないなって思っています。
今年はたまたまクリスマスに仕事をしちゃってますけど、
ヒマな時は思いっきり遊びますしね。
メリハリがついてていいですよ。(笑)

>アメリカ人は使い捨て〜買うんですね。どんどん買って、がんがん捨てる。

そうですね〜アメリカ人ってそんな感じですよね。
だから、アメリカのものって壊れやすいんでしょうかね?
1〜2年で買い替えたいから、長く使えるものでなくていいんでしょうか?
アメリカに来て、電化製品の耐久性のなさにびっくりですもん。。
えっ? もうダメになっちゃったのぉ〜〜〜っ(涙)って思いますねー。

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:19

>かげさん。

ねー、アメリカで商売したくない気がしますねー。
着たおしたお古の服を返品されたらかないませんよね〜〜〜。

>そのような経験が極端に少ないせいか、ヘタにもらうとどうしたらいいかわかんなくなっちゃう。

あはは〜〜〜かげさんらしいわー。
思いがけずにプレゼントしてもらったら…!
これは本気だろうか???
それとも義理でくれたものなのか???
お返しを期待してるんだろうか???
お返しってどんなもの返せばいいの??? もしかして倍返し???(不安倍増)
…てな感じ?(笑)

>ほんと、ギフトカードとかいいかも。
>でもお互いギフトカードの交換をするのもだいぶ間抜けな図ですよねえ。

わはは〜ホントですね。
お互いにギフトカード…っていうのもねぇ〜〜〜。
考えたらヘンテコですね。

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:27

>母ちゃん。

そうなんですよねー。
簡単に返品交換に応じてくれるって、ありがたいこともあるんですよね〜。
でも、悪用してる人がいるって言うのも事実なんだそうですよー。
これはお店が気の毒ですよねー。
どの世界でも悪いことを考える人がいるようで…。
そのせいか 今は、昔ほどは何でもかんでも返品できなくなったそうです。


>父ちゃんから母ちゃんへのプレゼントってことで、新しいPCが来ました〜♪

おめでとうございます〜〜〜!
良かったですね〜!
祈りが通じましたね!(笑)
やっぱ必需品ですよ、PCは。
初期設定、頑張ってくださいね〜♪

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:32

>bachama さん。

頭痛はいかがですか? もう大丈夫ですか?
今の時期、風邪が流行ってるのでゆっくり休んではやく元気になってくださいねー。

使ってすぐに壊れた〜とかだったら返品OKだと思いますよー。
えいと@もそれだったらカスタマーセンターに持って行きます。
日本でも期間はわかんないけど、交換に応じてくれると思います。

ただ、アメリカの場合は数ヶ月とか、ひどいケースは1年も使ったものでも返品するんだそうで…。
そんなものの返品を受け付けてたら、お店は大変でしょうにねぇ〜。
今は昔ほど返品に甘くなくなったとは言いますけど、
それでも、日本では考えられないような返品を受け付けますもんね。

bachama さんはご夫婦お互いに、娘さんのご家族や親戚とのプレゼント交換はされないんでしょうか?
子供さん、お孫さんだけに…なのかな?
それだったらいいですよねー。
大人同士のプレゼント交換がけっこういろいろあるようですから…。

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:40

>mucciさん。

合理的でしょー?
日本人のえいと@は目をまん丸くしちゃいますよー。(笑)

しかし。
着古したクサい服を返品した…ってのは身近に実際にあった話なんですよ。
実は、夫の知り合いの人の話でして…。
他にも通学に使ってた自転車を返品した…とか
使ってペッタンコになっちゃった寝袋を返品した…っていうのもありましたしね。(苦笑)
聞いた時、エェエ〜〜〜ッて思いました。
とってつけたような理由でも返品に応じてくれちゃうんだもん…。
ホントにびっくりですよねぇ〜。

>せっかく良かれと選んだものが返品されるというのも悲しいですよね、、。

ですよねー。
去年のNo.1の方の記事のコメントに、
「そのかばん、かわいいね」って言ったら「あなたがプレゼントしてくれたカバンを返品してこれに交換したの」
ってサラッと言われて気分が悪くなった…っていうのがあったんです。
やっぱイヤですよね〜〜〜。

>かといって確認するのはいいのですが、楽しみ感が減りますしね、、。

ん〜そうですよねー。
サプライズーっていう楽しみはなくなっちゃいますよね。
でも、けっこう「このブランドのこれが欲しい」ってリクエストがあることが多いって友人は言ってました。
考える手間はいらなくなるけど…それも何だかねぇ〜〜〜?

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:49

>つなみさん。

風邪、大丈夫ですかー?
鼻にくるってイヤですよね〜〜〜。頭がボーッとするしね。
はやく良くなってね〜。

>ランズエンドなんて、返品の期限なしですよ。いつのものでもレシートさえあれば返品可、なんてビジネス大丈夫なのかしら?

えぇえ〜〜〜!
今でもそうなんですか? 
それで商売やっていけるんでしょうかね???
期限なし…って!(驚)
じゃー5年10年使って壊れたから新品と交換〜なんてことだってできちゃいますもんねー?
信じられないわ〜〜〜。

返品されたものが売り物にならない場合が多くて、
そういうのは全部ゴミになっちゃってるそうです。
お店の損失も大きいでしょうし、ゴミ問題もありますよねー。
こんなことでいいんでしょうかね??? アメリカ…。

消費者に取っては便利な返品ンシステムだけど、
実際に悪用してる人がいますからねー。
経営者は悪用されない方法を考えないとダメなんじゃないかなって思いますよね〜。(ため息)

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 07:58

>ひろめいさん。

ね〜〜〜信じられないでしょう?
アメリカではこれが普通なんですよ。
ま、確かに気軽に返品に応じてくれるっていうのはありがたいときもあるんですけどね。

でも、使い古したものまで返品…っていうのは…ねぇ〜。
それがまら普通に売られてる…っていうのも、信じられないことですよねー。
返品ポリシーの甘い店では、買い物をしないようになりましたよ。
だって、やだもん〜〜〜。
うっかり確認しないでお古を買っちゃったりしたら…。

プレゼントの返品も…ねぇ〜。
日本人的感覚ではデリカシーがないって思いますよね。
一生懸命に選んでプレゼントしたのに、簡単に返品交換…なんて。
アメリカの場合、みんながそうなので違和感がないのかな?
日本にはプレゼントの返品用のレシートなんてないもんねぇ〜。
日本の「プレゼント=気持ち、心」っていうのはステキだなって思いますよ〜。
このへんはアメリカのマネをして欲しくないなって思います。

カボチャ、そっかー。旦那さま苦手だったねぇ〜。
男の人でカボチャが苦手な人って多いよね? 何でかな???
カボチャの甘辛煮なんてめっちゃおいしいのにね〜〜〜。
あー食べたくなって来たよー。

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 08:07

>ちいさん。

日本の場合は返品が厳しいですよね。
だからこそ、安心して買い物ができるって思いますしね。
日本はアメリカのように、これは返品で戻って来たでしょーっていう商品は陳列してないもんね。(笑)

でも、新品の場合だったらレシートがあったら返品、交換に応じてくれませんかね?
単なる返品はダメなのかな?

アメリカのこの制度は消費者に取ってはありがたいものですよね。
でも、それを悪用する人がいる…っていうのがね〜〜〜。
やはり、レシートは絶対に必要、期限も1週間〜1ヶ月以内!…とかにしないとねぇ〜。
1年も2年も経ったものでもOK!…っていうんじゃ〜悪用する人が出て来てもおかしくないですもんね〜。
おかしなシステムだと思います、ホントに…。

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 08:13

>yokoさん。

今年のクリスマスはないようなもんでしたー。
今も教授としゃべってますよ…。(苦笑)

シャンパンはまだ開けてないんです。
夫が落ち着いてからの方がいいかなって思って。
もしかしたら新年以降になるかもー。(笑)


>この返品大国(笑)、私も最初はびっくりしましたが、今はそんな習慣にもだんだん慣れてきて、とりあえず買っていらなかったら返品すればいいか?!と思うようになってしまいました^^;

ありゃりゃ〜〜〜yokoさん、慣れちゃった?(笑)
yokoさんご夫婦は、いつか日本に帰国されるんでしょうか?
だったらあまり慣れない方がいいかもかも〜〜〜。(笑)

>何か買う時に、人が使った物かも?!っていうのはいい気分しないですよね。。。

ですよね〜。
スーパーによって違うと思いますが、そのまま売ってるお店がありますからね〜。
包装の段ボールがビリビリに破られてる商品があったり…とかね。
それだったらすぐに返品ものだ…ってわかるけど、服とかはわかんないですよねぇ。
いちいち匂いをかいで買うとか?(苦笑)
クサいのに当たったら気絶しそう。。。(爆笑)

>ラッピングをびりびりっ!!って破るのも、日本とはかなり違いますよね。日本人だと、どちらかというとできるだけ破らないようにしますものね。

そうなんですよねぇ〜。
アメリカ人はこのビリビリーって破るのが喜びの表現みたいです。(笑)
日本人の用にきれいにあけてると「うれしくないの?」って思うみたい。
文化の違いってホントにおもしろいー!

Posted by えいと@ at 2009年12月28日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。