2009年11月11日

飛騨高山の+α ビクターのワンコ


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」
   活気あふれる 飛騨高山の朝市
   江戸幕府直轄領「高山陣屋」
   ステキな古い町並 & 手長・足長像 〜 in 飛騨高山



今回は飛騨高山旅行記の最終回です!


…な〜んて前回の記事で書いたのですが。


私ね、実家に帰ると、いつも通学に使ってた道を歩くんですが、そこのレコード&時計屋さんの前に、ビクターのあのワンコがずーっとそこに座ってるんですよ。
物心がついた時には既に座ってたので、そう言うのを見ると、本当に嬉しくなります。
(By reeさん


…っていうコメントを昨日の記事でいただいたのですねぇ。


実はreeさんが書かれてたビクターのワンコがいたのですよ!


飛騨高山の古い町並のはずれにっ!



           ↓





           ↓





           ↓


   j-hidameibutu09-1.jpg


じゃん! ビクターのワンコ ↑ですー。


この憂いのある うつむき加減な表情が何とも言えないんですよね。


何となく物悲しさを感じるのは えいと@だけでしょうか…?


このビクターのワンコの原画は1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって描かれたそうなんですね。


フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとりフランシスが育てました。

たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。

そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。

その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、その後円盤式に画き変えられました。そして、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。

それ以来この由緒あるマークはビクター商品に美しく記され、最高の技術と品質の象徴としてみなさまから深く信頼され、愛されています。

                      ビクターマークの由来 参照


この憂いのある もの悲しいワンコの表情は、亡きご主人様の声を聴いていたからなんですねー。


昔は電気屋さんやレコード屋さんの前にはこのワンコが座っていたものですが、


最近はあまり見なくなっちゃいましたね〜。


今はレコード屋さんはないし、量販店の電気店が増えたために町の電気屋さんが少なくなってしまったからでしょうね。


このビクターのワンコは 町の電気屋さんが無くなりつつあることも憂いているように感じちゃいました。




さて、ついでに…と言っては何なのですが。


飛騨高山の名物かどうかはわからないんですけど、


おいしい鯛焼きが売られてましたよ。


宿泊したホテルで一人5個無料券がもらえたので、しっかりもらいにいきました♪


   j-hidameibutu09-3.jpg


この鯛焼き屋さんは飛騨高山の「古い町並」の一角にあるのですねー。


で、普通の鯛焼きとはちょっと違うんです。


何が違うのかと言いますと…。


   j-hidameibutu09-4.jpg


わかりますか? 一口サイズの「小鯛」なのですね〜。


   j-hidameibutu09-6.jpg


小さくてもちゃんと鯛焼きの形をしてるんですよ。かわいぃ〜。


そして鯛焼きの中味も特徴的なんですよ。


オーソドックスなあんこ(あずき)の他、


チョコレート、胡麻、チーズ、ソーセージなんていう鯛焼きがあるんですよー。


なんか斬新な鯛焼きですよね。


 j-hidameibutu09-7.jpg


この小鯛みたらしダンゴのように飛騨名物になるかどうかはわかりませんが、


けっこうおいしかったですし、何と言っても一口サイズっていうのがいいですね。


大きな鯛焼きだと1個でお腹いっぱいになっちゃうけど、


この小さい鯛焼きだったら古い町並を散策しながら買い食いしても胃にどっしりこなくていいですよね。



さて、えいと@たちご一行は、飛騨高山を離れる前に、あるお蕎麦屋さんに入りました。


 j-hidameibutu09-9.jpg


高山といえばラーメンなんだそうですけど、


このお蕎麦屋さん ↑は、地元でもけっこう有名なお店なんだそうですよ。


ここのウリはざる蕎麦だそうです。


 j-hidameibutu09-8.jpg


えいと@はなめこ入り山芋のとろろ ざる蕎麦 ↑をオーダーしました。


見た目は少なそうなお蕎麦ですが、食べてみるとた〜っぷり入ってて満足感大でした。


麺もおいしかったしつゆもGood!


そば湯を入れておつゆまで味わいましたよ〜♪



飛騨高山旅行ではおいしいものをいっぱい食べることができたし♪


江戸幕府直轄領「高山陣屋」や「古い町並」「朝市」そして美しい紅葉を満喫できたし♪


何といっても懐かしい恩師や学友に会えたこと!


大大 大満足な旅でありました〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
あ〜〜このビクターのわんちゃん
確か高山駅の近くで
民芸家具屋さんの近くでは??
味があっていいですよね〜〜
一口たい焼きは知らなかったけど。。

飛騨の人に「ラーメン」って言っても通じませんよ。笑
「中華(そば)」じゃないと。
確かに日本ソバも美味しいのだけど
ひだ出身の友達は年越しソバも「中華だ」って言ってました。初めて聞いたときは
「え〜!?年越しソバにラーメン??」と思いましたけど、あっさりしょうゆ味の中華がまた美味しいのですよね。

いいなーー私も年末帰っちゃおうっかなーー笑
Posted by おね太郎 at 2009年11月11日 11:25
こんにちわ〜
ビクターのわんちゃんにはそんな物語があった
んですね♪
んー感動しちゃいましたよ。

一人5個までの無料鯛焼き券?
えぇ〜5個も無料で?って思ったら
一口サイズの鯛焼きなんですね。
最近あちこちで見ますよ。
私も前に10個ほど買って・・・半分一人で
食べちゃいましたから(o^―^o)ニコッ
なんだかおやつ感覚でパクパク食べれちゃう
んですよね(笑)
ん〜お蕎麦も美味しそうです。
最後の蕎麦湯でおつゆ・・最高だよね♪
Posted by べりー at 2009年11月11日 14:47
ビクターのワンコにはそんな由来があったんですね〜。
そう言われれば、ちょっと切なく見えますね。
最近は全然見なくなりました。
時代の移り変わりなんでしょうけど、
さびしいですね〜。
鯛焼き、可愛らしいです!!
どんどんいけちゃいそう(笑)
Posted by コメット at 2009年11月11日 15:16
ビクターのワンちゃんには、
そんな切ないストーリーがあったんですね。
子供の頃、家の「ステレオ」にもついてきました、
あの陶器のビクター犬(遠い目)。

古い街並みを歩いていると、
記憶の底にしか残っていなかった
懐かしいポスターなんかと
遭遇しますよね。
私も行きたくなってきました♪
Posted by 母ちゃん at 2009年11月11日 18:53
一口たいやき、本体(?)はもちろんだけど
焼きたての写真にあるフチの部分(おせんべいの耳みたいなところ?)
が食べたいな〜、っておもっちゃいました。
ああいう端っこってなぜかおいしく感じたりするんですよね。
一口サイズだと無理なく色んな味が試せていいですね。

飛騨高山というと地ビールもなかなかおいしいですが(飛騨高山麦酒)
試されましたか?
Posted by orval at 2009年11月11日 19:59
ああ、昔わが家(実家)に
ビクターのわんこの置物の小さいのがあったんですよね〜、、
とっておいたら価値あったかなぁ〜
残念ながらどこにも今はないと思われます。

鯛焼き美味しそうね〜
パリっと感が写真にも出てる〜!
小さいのがいい! ひとつ食べるとお腹いっぱいになるし^^;
ぽっちり応援♪
Posted by ひろめい at 2009年11月11日 22:42
えいと@さん、日本満喫中でいいなぁ。
さて、ビクターのワンちゃんにはそういう由来があったんですね。どことなく哀愁が漂っている感じがしますもんね。
一口鯛焼きにお蕎麦も美味しそう♪ 
私も日本に帰りたくなってきました。
Posted by Yogacat at 2009年11月12日 00:14
ビクターのワンちゃん そういう話が合ったんですね

ますます可愛くなってくる

なにか八公を思い出します

日本の知人があるたい焼き会社で働き始めましたが

見て びっくりいろんなたい焼きがあるんです

支店がいろいろだされてるようですが

見たことあるかな?

一口だと いろんな味を 試せていいですよね
Posted by bachama at 2009年11月12日 01:32
ビクターワンコに由来があったなんて知りませんでした。
しかも、切ない物語があったのですね、、。
そういえば、このワンちゃん、最近見かけませんよね。(って、随分日本にもいませんが。^^;)

この飛騨高山の古い町並み、なんて素敵なんでしょう!
江戸時代?って錯覚しそうです、、。
おまけに、このお蕎麦、なめこもビックで美味しそう〜〜〜♪
Posted by mucci at 2009年11月12日 02:00
タイトルを見た時に、あれ?って思ったんですよ〜。
すっごい今、感動してます。
飛騨にもいたなんて〜!!
その名画がモデルって事と名画、テレビだったかな・・・何かで見たんですが、その背景は知りませんでした。
こんな風に調べてアップするえいと@さん、す・て・き!!

一口たい焼き、食べたいです。
このはみ出た生地が又、おいしかったりするんですよね〜。
Posted by ree at 2009年11月12日 02:38
なるほど、小さいから5コ無料、ね。(最初は「5コも無料にしたら買って貰えないじゃない!」って思ったけど・・・)でもナイスなサイズですわ。

そういえば、私の実家は水戸にありますが、去年までビクターわんちゃんが座っていた電気屋さんが、この間の夏になくなってしまってました・・・かなり悲しかったです(T-T)
Posted by moi at 2009年11月12日 05:59
ビクターにこんなかわいいワンコの置物があるなんて知りませんでした〜!
ものすごい物悲しい感じで哀愁漂ってますね。
ご主人様に会いたいのかな。切ない…

タイヤキ5つ!?と思ったらミニサイズだったんですねー。
色んな味が楽しめていいですね☆
全種類制覇したいけど、やっぱりあんこが一番好きです♪
Posted by ちい at 2009年11月12日 10:57
ビクターわんこの置物、、、見た事ないかも?!
おかしいな、町のレコード屋さんによく行っていた時があったのに。。。
一口サイズのたいやき、かわいいですね!
これは5個くらい欲しいですね(笑)。
それにおそば!とろろとなめこ、、、あぁ、食べたいですっ!
Posted by yoko at 2009年11月12日 12:40
居ましたよね〜、ビクターのわんちゃん、昔は。
懐かしいなぁ。でもあのわんちゃんにはそんな物語があったなんて知りませんでした。ますます惜しくなるなぁ、ビクターのわんちゃんが見られなくなって。
さて、おそば。おいしそう〜。なめこ入り!最高!
たいやきも良い感じ。これから寒くなると、ああいうのを手にもって、「あち、あち」とか良いながら食べるのが良いんですよね〜。よだれがぁ〜。
Posted by Cat's mama at 2009年11月12日 13:19
ビクターのワンちゃん懐かしい!!
昔は商店街の電気屋さんの前にありましたね
わんちゃんには素敵なお話があったのですね
小さな鯛焼きもお蕎麦も美味しそう〜〜
飛騨の高山に行きたくなってきました〜♪
Posted by at 2009年11月12日 14:53


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。
まとめてのお返事でごめんなさい。


ビクターのワンコ、この憂いのある表情は鳴きご主人の声を懐かしく聞いてたからなのですね。
ワンコってご主人さまを忘れないのですね〜。
ホント、忠犬ハチ公を思い出しますね!
えいと@も今回、こうやって調べるまでビクターのワンコの物語を知りました。
町の小さな電気屋さんがなくなっていくとともに、ビクターのワンコも消えていくのですね〜。
悲しいですね。。。


鯛焼き、いいですよね〜。
アツアツはとーってもおいしかったです。
こういうのをパクツキながら歩くのもいいですね〜。
一口サイズってのがいいですね! 食べやすいし。

高山は中華そばが有名なんですねー。
年越しそばが中華そばっていうのはびっくりですねぇ〜。

このざるそば、おいしかったです!
とろろとなめこ! もうたまりません〜〜〜。

高山の地ビールは飲みませんでしたね〜。
いつか、また訪れることがあったら飲んでみたいって思います。


   えいと@


Posted by えいと@ at 2009年11月12日 20:32
えいと@ちゃん♪こんばんは

ビクターのワンコ
昔はよく見かけたけど、、、
大型店におされて町の電気屋さんも少なくなったからなのかなぁ・・・
そっかぁ。。。ビクターのワンコにはそういうお話があったんですね。
うん。私もハチ公を話を思い出しました。

一口サイズのたい焼き
見た事ないですぅ〜
中身も色々なのがあるんだね
一口サイズなら色々食べ比べれそうだね^m^
端っこのはみ出た皮の所も美味しそう〜(*^。^*)
Posted by チャチャ丸 at 2009年11月12日 22:48

>チャチャ丸さん。

ビクターのワンコ、昔はよく見ましたよね〜。
今はホントに見かけなくなっちゃいました。
なので、この高山で見かけた時には感激しちゃいましたよー。
こんなせつないお話があるなんてね…。
ワンコって忠実ですよね〜。

一口サイズはなかなかいいアイデアですよね。
おやつにぴったり。
大きいのもおいしいけど、ちょっと小腹が空いたときとかね〜。
大きいのだとどっしりしちゃいますもん。
おいしい子鯛焼きちゃんでしたー。


   えいと@
Posted by えいと@ at 2009年11月14日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。