2009年11月10日

ステキな古い町並 & 手長・足長像 〜 in 飛騨高山


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」
   活気あふれる 飛騨高山の朝市
   江戸幕府直轄領「高山陣屋」



今回は飛騨高山旅行記の最終回です。


1泊2日の同窓会旅行だったので、


あまり多くの観光地を回ることをしませんでした。


恩師の先生もおられたこともありホテル周辺の近場を楽しむことにしたのです。


そんな中、えいと@が一番気に入った場所、それは…。



           ↓





           ↓





           ↓



   j-furuimatinami09-1.jpg


飛騨高山の「古い町並」です。


飛騨高山の古い町並みは商家の町並みなんだそうです。


j-furuimatinami09-4.jpg


飛騨高山の「古い町並」は昭和54年に「高山市三町伝統的建造物群保存地区」、


更に平成16年に「高山市下二之町大新町伝統的建造物群保存地区」が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定
されたんだそうです。


j-furuimatinami09-2.jpg


とーっても静かな町なんです。


えいと@は こういう静かな町並みを歩くのって好きなのですね〜。


   j-furuimatinami09-6.jpg


    お坊さんが托鉢 ↑をされていました。


j-furuimatinami09-7.jpg


   j-furuimatinami09-3.jpg


なんてステキな町並なんでしょう〜。


着物を着てこういう古い町並を歩いてみたいものですね〜。


   j-furuimatinami09-8.jpg


「フィルムあります」がこんな ↑になってるんですね〜。


なんかほっこりと笑っちゃいました。


こういう看板も古くて いい感じですね〜。



この飛騨高山の「古い町並」は観光地なので、


シーズンのいい時期の日中は観光客がとっても多いんですね。


この静かな「古い町並」を十分に堪能するには、


早朝、夕暮れ、真冬などに訪れるのがいいのではないかなと思いました。



ところでこれは何だと思いますか?



            ↓





            ↓





            ↓



 j-furuimatinami09-15.jpg j-furuimatinami09-16.jpg


左はやたらと手が長く、右はやたらと足が長いですよね。


これはいったい何なのでしょうか…?




           ↓





           ↓





           ↓



   j-furuimatinami09-11.jpg


    じゃん! 手長像 ↑なんですね〜。


    そして…。


   j-furuimatinami09-10.jpg


じゃん! 足長像 ↑でありますー。


高山市街の安川通りと国分寺通りをつなぐ「鍛冶橋」の欄干に向かい合うように設置されている像なんですねー。


名工、谷口与鹿(たにぐちよろく)が、出雲神話の登場人物をモデルとして彫刻した像なんだそうです。


この2つの像はその昔、出雲神話から簸川の川上に住んでいた 足名椎命(アシナヅチノミコト)、手名椎命(テナヅチノミコト)で、


このこの「足名椎命、手名椎命」は夫婦で 娘が一人いたそうですよ。


娘の名前は「奇稲田媛(クシナダヒメ)」というそうです。


この手長像・足長像が夫婦だなんてっ !!!!!


びっくりですね!


どちらが夫で、どちらが妻なのでしょうねぇ?


足長像のお腹が大きいですよね。


なんだかお腹の部分が顔のようにも見える気がします。


これって娘さんがお腹にいる…ってことなのでしょうか?


お腹に手をやって守ってるようにも見えますしね。


えいと@は足長像が奥さまなんじゃないかなって思いました。


皆さまはどう思われますか…?


飛騨高山の「手長像・足長像」


とっても不思議な像でございましたー。




以上でえいと@の飛騨高山旅行記は終了です。


長らくお付き合い、ありがとうございました〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
あら?どっちが奥さんとかって考えたこともなかったわ。笑
クシナダヒメはスサノオノミコトの奥さんで
大国主命のお母さんですね。

古い町並みは持ち主も大変だけど
(シカゴのライト設計の家などもそうみたいです)
やはり残して行って欲しいものですね。

私のお気に入りの喫茶店とかまだあるのかな〜〜〜
私、高山で実は「火曜サスペンス劇場」のエキストラやった事があるんですよぉ〜〜〜ギャハハハ(≧▽≦)
高山はロケも多いので
皆さんTV慣れしてらっしゃいます。笑
Posted by おね太郎 at 2009年11月10日 12:50
素敵な町並みですね〜!
散策がとっても楽しそう。
古い町並みを綺麗に保存しているのって
有難いことですよね。
飛騨高山、行ってみたいリストに載せないと!!
Posted by コメット at 2009年11月10日 13:03
素敵〜〜〜〜こんなところを古着の着物でも着て歩いてみたいわぁ。本当に、風情があっていい町ですね。
それにしても、手長像。えいと@さん、またクイズになるのかと思って、考え込んでいましたよ!爆
まさか、あんな像がでてくるとは。以外でした!
まだまだ、日本の記事がきますね〜たのしみです。どうもありがとう。
Posted by greensmoothie at 2009年11月10日 14:11
ああ〜、良いですよねぇ。こういう古き良き町並み。飛騨高山って行った事ないけど、死ぬまでに一度は訪れたい街になりましたよ。
さて、アシナヅチノミコトとテナヅチノミコトさん達の娘さん、クシナダヒメさんは手も足も長かったのでしょうか?どうせなら娘さんの銅像も作って欲しかったですよね〜?
Posted by Cat's mama at 2009年11月10日 14:26
こんにちわ
こういう街並みって風情があっていいですよね。
私も大好きです。
観光客でいっぱいかとは思うけど
のんびり歩きたい街並みですよね♪

んーどっちが奥さんなのかしら???
顔を見るとどちらも男性?
きっと娘さんはバランスのとれた体型で
生まれできたのかも(o^―^o)ニコッ
Posted by べりー at 2009年11月10日 14:48
いやあ、えいと@さんのところは、
楽しいだけじゃなくて
勉強にもなります〜〜。
名椎命(アシナヅチノミコト)、手名椎命(テナヅチノミコト)って
知りませんでした。
でも、この像、
なんだかE.T.みたいですよね(笑)。
Posted by 母ちゃん at 2009年11月10日 14:52
こんな街並み大好きです〜
なんかほっこりしていい感じですよね
手長像と足長像は説明が無ければ
妖怪かと・・・思うところでした(笑)
とっても充実したご旅行でしたね
お疲れ様でした〜〜♪
Posted by at 2009年11月10日 17:28
えいと@さん、こんにちは^^

飛騨高山、とっても素敵な街並ですね♪
この古い町並みを求めて、観光客の方々で賑わっていますね。
人力車で周るのにぴったりな風情の街、ゆっくり散策してみたいです。


またまたクイズかと思いました!
ぱっと見た感じは、足長像のほうが女性っぽいような…。
そう思って見るとスカートを履いているように見えなくもないですが。
うーん、どちらなんでしょうね?
Posted by ももんが at 2009年11月10日 17:46
足長像のあし、、、、う〜んっむ、全然いやら〇しくない。

手長像、、デュークさんっぽいね。
Posted by かげ at 2009年11月10日 19:31
きっとあぐらをかいてる方がパパで、足長の方はスカートに見えなくはないものを履いてるのでママかな?と。
それに顔つきが全然違いますもんね。

私ね、実家に帰ると、いつも通学に使ってた道を歩くんですが、そこのレコード&時計屋さんの前に、ビクターのあのワンコがずーっとそこに座ってるんですよ。
物心がついた時には既に座ってたので、そう言うのを見ると、本当に嬉しくなります。

デジカメが、そしてCDが当たり前の昨今、なんかいいですよね〜。
フィルムのカメラ、そう言えばどこにやっただろう・・・。
Posted by ree at 2009年11月11日 00:48
足長像の方は、太ももやら膝のあたりが女子っぽいかも?
手長パパと足長ママから生まれたら娘さんは手足が長そうですね。

わたしも温泉とかお宿でゆっくりできる旅のときは
あんまり観光地を巡ることをせず、のんびりするのが好きです。
何もしない贅沢♪これに限りますよ〜。
Posted by ちい at 2009年11月11日 01:42
こういうところが残されているとほんとに嬉しいですね

どんどん新しくなっていく日本

大切な物は壊したくないですよね

いいな

この町並み

タイムスリップしそうですね

私も足長が 女性だと思います
手長は女性にしてはあまりにも怖い顔をしています

これだとカカアデンカです。
Posted by bachama at 2009年11月11日 03:15
こんにちは!
伝統的で静かな町並み、良いですね^^
のんびりぽくぽく歩いて、時々おやつ買って(笑)ゆっくり過ごしたいです。
フィルムあり〼、気に入りました!(笑)

この像、夫婦だったんですか?!びっくりですね。
私も足長が女性に近いかなぁ?と思います。
Posted by yoko at 2009年11月11日 07:14
「ます」が文字化けしちゃいました。すみません〜^^;
Posted by yoko at 2009年11月11日 07:16
足長手長っていう日本昔話(あの、「ぼうや〜よい子だねんねしな♪」の、日本昔話です)の中の一話では、この夫婦が福島の会津地方にやってきて悪さをするっていうのがありますね。それでは手長が奥さん、になってましたけど、おなじかなぁ?

高山、やっぱり次の帰国で行きたくなりました・・・
Posted by moi at 2009年11月12日 05:56


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。 まとめてのお返事でごめんなさい。


飛騨高山の「古い町並」、残していくのはとても難しいでしょうね。
実際に住んでおられる方が一番大変なんでしょうね。
でも、こうやって残してくださってる。
感謝ですね〜。

手長像・足長像、おもしろい像ですよね。
この二人の娘さん、どんな姿だったのでしょうね。
足も手も長かったのでしょうかねぇ?
それとも普通の姿だったのでしょうかねぇ?
想像すると楽しいですね。

日本昔話でも「手長・足長像」のお話があったんですね〜。
知らなかったです。
そのお話では「手長」が奥さまだったんですね〜。
この像はどうなんでしょうね〜。真相が知りたい気がします。

yokoさん。
えいと@も文字化けしちゃったんですー。
「ます」の字はブログには入らないんですねぇ〜〜〜。


   えいと@





Posted by えいと@ at 2009年11月12日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。