2009年10月12日

ユニークなStatueたち in オタワ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@のカナダ・オタワ旅行記(旅行じゃないけど)でございます〜。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    オタワに行きます!(^▽^)/
    ちんたら走って7時間! オタワは遠い〜
    フランス語あふれるカナダ・ケベック州
    えいと@夫妻の失敗談〜ビザの更新
    オタワから戻りました! 無事にビザ更新ですっ!
    オタワでビザ更新!
    一足お先に紅葉を満喫〜♪ in オタワ
    オタワのシンボル! 国会議事堂
    夕暮れ時と夜のオタワ・国会議事堂
    厳重なセキュリティ〜国会議事堂の内部を見る
    展望台から見るオタワの風景
    人力で水門を開閉する リドー運河
    銀色に光り輝く教会 ノートルダム大聖堂
    オタワの台所! バイワードマーケット
    戦争で戦った兵士が眠る 戦争記念碑



オタワにはあちこちにStatues(像)がいーっぱいありました。


その中からいくつか取り上げてみたいと思います。(^○^)



まずひとつ目はものすごく目について印象的だったこちら ↓ でございます。


c-matinozou09-1.jpg


蜘蛛のStatue ↑です。


えぇえ〜〜〜なにこれ〜〜〜って思いますよね? (^^;)


これはノートルダム大聖堂の真っ正面にでデーンとあるのですねー。


かなり大きいのですよ。真ん中へんに人が歩いてるのがわかりますか? 


人間と比較してかなりでかい蜘蛛だってことがおわかりになっていただけると思います。(゚ー゚;A


でね、この蜘蛛さんっってFemaleなのですよー。


…っていうのは、こちら。↓


   c-matinozou09-2.jpg


わかりますぅ〜??? ちょっとわかりにくいですかね? d(゚д゚) では拡大してみましょう。




            ↓





            ↓





            ↓



   c-matinozou09-3.jpg


じゃん! 卵をいーっぱい抱えてるのですね〜。(ノ゚ο゚)ノ


実はこの蜘蛛さん。蜘蛛を題材にするので有名なアーティスト、ルイーズ・ブルジョワの作品らしいんですね。


で、なんと題名が「maman/ママン」だそうですよ〜〜〜。


おかあさぁ〜〜〜〜ん!なのですねー。(ノ´▽`)ノ


この蜘蛛さん、置いてあるだけのようですが、強風が吹いたりしたらあおられないのでしょうか…? (゚゚;)


ところで この蜘蛛さんは国立美術館と同じ敷地に立っています。


ちなみに、えいと@夫妻は 時間の関係でこの美術館には入りませんでした。


ガイドブックにはなかなかよい美術館であると書いあるので 時間に余裕がある方は入られたらいいと思いますよ。



さて、お次ぎはこちら。


c-matinozou09-4.jpg


こちら ↑ は何なのかイマイチよくわからないのですが、存在感はありました。


Reconciliationって書いてあったんですよね。


意味を調べてみますと…和解、仲直り、調停、仲裁なのですね。


う〜〜〜ん、この像はどういう意味で立ってるんでしょうね? ( ̄ー ̄?) ご存知の方、教えてください〜〜〜。



さてお次ぎは…。


c-matinozou09-5.jpg


国会議事堂の敷地内にあっったStatues ↑であります。


なにやら女性たちが集まっている像のようですね。


c-matinozou09-6.jpg


      いったい何をやってるのでしょうか? (゚ー゚*?)


   c-matinozou09-7.jpg


おぉ! どういやら女性公民権運動のようですよ。w(*゚o゚*)w


公民権運動といえばキング牧師の黒人解放運動が真っ先に思い浮かびますが、


実は女性の公民権運動も行われたのですね。d(゚ー゚)


日本だけでなく、アメリカやカナダでも女性差別はあったのです。


女性の公民権運動における最も大きな前進は 女性の参政権の獲得でしょう。(*゚▽゚*)b


昔はどの国であっても男性のみで女性には参政権はなかったのですね。


政治に女性が参加する権利を勝ち取るのには、相当な努力があったのでしょうね〜。


Women are Persons…という言葉が涙を誘います。(;∇;)



さてお次は…。


   c-matinozou09-8.jpg


皆さま、この方 ↑ をご存知ですか? 


Terry.Foxという「希望のマラソン」で知られるカナダの義足のマラソンランナーです。


1958年7月28日、マニトバ州ウィニペグで生まれ、バンクーバー近郊のポートコキットラムで育つ。

サイモンフレーザー大学の学生で、バスケットボール部で活躍していた1977年、右ひざの痛みで医者にかかったところ、それが骨肉腫であることが判明。

骨肉腫で右足を切断した後、がん研究資金を募るために、1980年4月12日、ニューファウンドランド州のセント・ジョンズから「希望のマラソン」(Marathon of Hope)を開始した。

鉄のような固い意志で、北アメリカ大陸を横断してバンクーバー島のポートレンフリューを目指し、義足をつけて毎日フルマラソンと同じ42kmを走り続けた。

目標は完走と100万ドルの募金を集めることだった。

しかし143日目の9月1日5,373kmを走ったところで、癌の肺への転移のためオンタリオ州サンダーベイ付近でマラソンを断念し入院。

1981年6月28日、テリーは22歳の若さでこの世を去った。

1999年、カナダで投票によりもっとも偉大なヒーローに選ばれる。

2005年、挑戦25周年記念1ドル硬貨が発売された。


              ウィキペディア(Wikipedia)参照


義足でマラソン…。本当にすごいことだ思います。


カナダでは知らない人がいないほどの偉大な方なんでそうです。



さて、お次は…。


昨日のクイズのこの写真です〜。


  c-knenhi09-8.jpg


   (1) 人間の像

   (2) 爬虫類(ヤモリとかワニ)の像

   (3) クマの像

   (4) 恐竜の像



この4つから選んでお答えいただきました。(^◇^)


ミントさん、もやこさん、母ちゃん、かげさん、
おね太郎さん、ちいさん、greensmoothieさん、yokoさん、
bachamaさん、mucciさん、Cat's mamaさん、reeさん。



ありがとうございました〜! ( v^-゚)Thanks♪


クマさんだっ!…ってお答えが一番多かったですね。


さて、正解は…!


   c-matinozou09-9.jpg


そうなんですー! クマさんでした〜!(^▽^)/


このお腹から足にかけてクマさんらしくないって思ったのでクイズにしたんですよね。( ´艸`)


やはりクマの手が決めてになっちゃいましたね。ちょっと簡単だったかな? (●´ω`●)ゞ


   c-matinozou09-10.jpg


手に持ってるシャケがかわいぃ〜♪ (*´∇`*)


別に意味があるStatueではないと思いますが(あるのかな? ご存知の方教えてください〜)


ふと目についたクマさんでありました。(*^m^*)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
わ〜い!久しぶりに当った!ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン
手からだと、そのまんまかなー?って思ったのですけどね。笑

クモはすごいなぁ〜〜〜
あとこっちって像の使い方(置き方)が上手いですよね。
日本だといかにも周りにあってなくって
「・・・」の場合が多々あるよーな気がします。
こういうのは見習うべきですねー。
Posted by おね太郎 at 2009年10月12日 22:23
えいとさん、こんにちは。

クマの銅像は確かに可愛い!でも、蜘蛛の銅像は誰かに「あげる」と言われても、いりません(笑)。どうして蜘蛛なんでしょうね?

ところで女性の差別や公民権運動に関しては大学が女子大だったので(それに有名なフェミニストの出身校だということもあって・・・)在学中に多くの授業の中で学びました。だから今でも「まだまだ男女平等じゃない・・・」と思うことがよくあります。

楽しい写真をありがとうございました。

応援!

elle
Posted by elle at 2009年10月12日 22:27
ふんぬぅ〜!

深読みしすぎたァ!

やはりクマちゃんであったか。。


蜘蛛の像がこわ過ぎです!

ひ〜んっ!
Posted by かげ at 2009年10月12日 22:39
おはよ〜えいと@さん^^
WOW!くまちゃんだ!このクイズ、素直に答えてよかったわん♪ 笑
アラスカの空港では、白熊の剥製が展示してあったのを思い出すなぁ。カナダって何もないところ、せめてメープルシロップ、くま、ナイアガラの滝。これだね。

その蜘蛛母さんの像〜日本でみたことがある。
六本木ヒルズかな?もしかしたら、同じアーチストかもしれないね。
今日も、えいと@さんの「レンズを見る目」にポチ〜応援します!
Posted by greensmoothie at 2009年10月12日 22:48
うわあ、クマさんでしたか〜〜、残念です(笑)。

それにしても、蜘蛛の卵。
芸が細かいですねえ。

カナダも地震が少ないのかな、
像を置いてあるだけって、不安定じゃないのかな???
Posted by 母ちゃん at 2009年10月12日 23:40
あ〜やっぱりクマさんでしたか。
単純に答えるのが一番ですね。(笑)

このクモの像、デカイ!!
本物だと恐ろしいけど、像だと楽しい〜♪
卵までかかえて、芸が細かいですね。(^^)
と書いたところで、ふと上の「母ちゃん」さんも同じ事書かれてらっしゃる。
一瞬、アレ、私まだコメント送信してないのに?!
とドキッとなりました。
Posted by mucci at 2009年10月12日 23:48
えいと@さん。ハローです。

クマちゃんでしたね〜。
手がなんとなくクマでしたよね〜。
人間にも見えなくなかったですけど〜(笑)

クモのブロンズもデカ過ぎ〜〜。
その下の人をみて、えっ、デカっ!って思いました。
有名なアーティストの作品なのですね。
いろいろおもしろいですね。

Terry.Fox,,覚えておきます〜♪


Posted by ミント at 2009年10月13日 03:22
こんにちは〜!
よかった〜、クイズ当たって(笑)。

ところで、この蜘蛛のは覚えてますよ!
なんじゃこりゃ〜?!と思ったのを覚えています。
でも、卵まで気付きませんでした!
こんなにたくさんstatueがあったんですね。
寒すぎてあまり外を散策する余裕がなかったなぁ^^;
なぁんて、ほんとは食べる事に夢中だったんです(笑)。
Posted by yoko at 2009年10月13日 04:31
えいと@さん、こんにちは^^

あ〜残念、クイズを逃してしましました〜!
正解する自信あったのに〜なんて、後から言ってもウソっぽいですね〜^^;
街中にいろいろな像が建っていて、オタワは芸術の街なのですね。
ひとつひとつがいろいろな意味があって建っているようですが、蜘蛛はいったい何なんでしょう、卵まであってリアルで怖いです…。
でも、これ見かけたらギャーギャー言いながら、写真撮ると思います^^
Posted by ももんが at 2009年10月13日 08:28
遅い訪問になってしまいました

いいですね
こんな風にたくさんの銅像があるのって、、。

くものは ちょっとよさが分かりませんが、、。

やっぱりそのまま 熊だったんですね

素直に回答すればよかった。

おやすみなさい

Posted by bachama at 2009年10月13日 11:35
あーん、クイズ残念ー!!
わたしには全然クマさんには見えませんでしたー!
クモの像は近くで見たらちょっと怖そうですね。
卵は実物を想像しちゃうともうゾゾー!としちゃいます。

Terry Foxのことをもっと知りたくて英語のWikipediaも読んじゃいました。
読めば読むほど、彼の強さが伝わってきました。かっこいい青年だなぁ。
Posted by ちい at 2009年10月13日 20:50
蜘蛛ほんとデカイですね。知らずに下歩いていたら歪んだ柱?って思うのかな?(笑)お腹に卵を抱えているのがアーティストの遊び心が伺えて楽しい。しっかりとした意味のある銅像もステキですが、こんな卵を抱えた蜘蛛や鮭を掲げる熊とかのユニークなStatuesはアート気分いっぱいで好きです。

ところで今私もはじめてシリーズものをブログに書いているのですがこれがもう大変。思い出しながら写真を選定して文を構成して、リンクをそれぞれ張って読みやすいようにわかりやすいようにて書くのはホント至難の業。改めてえいと@さんのブログに感心しています。えいと@さんスゴイよ〜。途中で止めるわけもいかず毎回書き終えては「激疲〜」な私です。早くもとのお気楽メール調に戻りた〜い。(笑)
Posted by あんみつ at 2009年10月13日 21:38


>おね太郎さん、elleさん、かげさん、greensmoothieさん、母ちゃん、mucciさん、
>ミントさん、yokoさん、ももんがさん、bachamaさん、ちいさんあんみつさん。
コメントをありがとうございました!
まとめてのお返事でごめんなさい!

いろんな像があって、おそらくひとつひとつに意味があるんだろうなって思いながら見ていました。
蜘蛛の像はすごいですよね。
ホントに芸が細かい! 卵にはびっくりしちゃいましたよー。
蜘蛛が嫌いな人が「ぎょぇー」って思うかもしれませんが、
あまりにでかすぎて「気持ちが悪い〜」とは思わなかったですねぇ〜。

クイズは、お腹から足にかけてクマさんっぽくなかったのでクイズにしたんですけど、
熊の手が決めてになっちゃったようですね。
このクマさんが手に持ってるシャケがちっちゃくてかわいくて〜〜〜!
なんでここにクマさんの像があるんでしょうかね? カナダだから??? うーん。。。


greensmoothieさん。
この蜘蛛の像と同じものが六本木ヒルズにもあるみたいですね。同じ作者の作品のようですよ。
で、調べてみますと、この作者のルイーズ・ブルジョワ氏は、とっても悲しい生い立ちがあるようで、母の愛を一生追い求めた方のようですね。
 http://www.tagboat.com/contents/select/vol27.htm

母ちゃん。
このあたり地震は少ないと思います。
地震のない地域は建物の建築基準は西側と全く違うんですよねー。
なので、この蜘蛛さんも置いてあるだけなんでしょうねぇ〜。

ちいさん。
テリーフォックス氏は、えいと@はカナダを訪れた10年以上前にカナダ人に教えてもらいました。
その時の記憶が鮮明に残っており、今回、この像を見たとき「あっ!」って思ったんです。
癌の研究のためにマラソンをし、募金を集めたテリーフォックス氏。
涙が出そうですね。
 http://10e.org/terryfox/

あんみつさん。
あんみつさんのシリーズ、読んでます。
難しいテーマをよくまとめられていると思っています。
でも、他の同じように悩んでおられる方や、同じ状況の方にとってすごく大きな情報になると思いますよ!
頑張ってまとめてくださいね。まとめあげた後は清々しい疲れになると思いますよ♪



     えいと@

Posted by えいと@ at 2009年10月14日 11:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。