2009年10月06日

紙のようにペリペリになった葉っぱ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@んちの観葉植物、トロピックスノーのその後でございます。(^○^)b

 トロピックスノーの過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   ひゃ〜! 驚きぃ〜! (@∇@)変化を見せるトロピックスノー♪
   夜になると起こる現象とは…これだっ!
   トロピックスノーの変身! 今後はどうなるの???
   お子ちゃまを作った葉っぱ & 干し魚の香り〜その後
   ヘンテコな変化を見せるスノーちゃん & 育ってます!グリーンたち♪


    a-torop09-6.jpg


こちら ↑ がトロピックスノーちゃんです。(*^o^*)b


今年の7月にトロピックスノーのお花が咲いたのですねー。


   a-greensnou09-2.jpg


こちら ↑ が仏炎苞(ぶつえんほう)を持つトロピックスノーの花であります。d(゚▽゚*)


   a-torop09-2.jpg


咲いてから1週間ほどで閉じてしまったお花 ↑です。


で、その後、またまた不思議な様子をみせたのですよね〜。c(゚^ ゚ ;)


   a-smidori09-4.jpg


     こんな風におじぎを始め…。



            ↓



   a-smidori09-5.jpg


グググググーーーッとおじぎが深くなっちゃったんですよねー 。ヽ( ̄д ̄;)ノ


こんな状態 ↑ になったのが9月中旬です。


そして、10月に入った現在、どんな風になっかたといいますと…。




            ↓





            ↓





            ↓



   a-snougo09-1.jpg


じゃん! 先っぽが変色してきましたよ? (゚_゚i)


   a-snougo09-2.jpg


う〜〜〜ん。これはいったいどーいうことなのでしょうか? (・へ・;;)???


以前はカチカチに固かった この袋 ↑ですが、


何だかやわらかくなって来ているし…。(~ヘ~;)ウーン


どうしたもんか悩みましたが…。カットすることにいたいました! ('д')b


…って言うのがですね。


ここ最近、葉っぱに栄養が行き渡っていない気がしたのですよ。(´д`)


以前、このトロピックスノーには guttation ・排水現象があることをお伝えしました。

 グッテーションについてはこちら ↓ の記事をご覧くださいね〜♪
    夜になると起こる現象とは…これだっ!


guttationとは根から吸収した水分の放出が葉からの蒸散だけでは追いつかない時に水滴となって現れる自然現象のことなんですねー。


a-greensnou09-7.jpg


お水をあげた日から2〜3日はこんな風 ↑ に 必ずguttationをしていた、えいと@んちのトロピックスノーちゃんでしたが。


この花の後の袋ができてからというもの、


お水をあげた後でもguttationをしなくなっていたのですよ。(-ω-;) コレッテヤバイ???


で、気がつくと葉っぱが紙のようにペリペリになっちゃってたのですっ! Σ(゚д゚;)


枯れたわけではないんですが、明らかに普通の葉っぱの状態ではないのです。


こりゃいかん! 


緊急事態発生かもしれません!ノ( ̄0 ̄;)\


種を作るために自らの身を犠牲にする習性があるのでしょうか???


このまま放っておけば 枯れてしまう〜〜〜っ! (。>0<。)ビェェン


…って思ったのですねー。


で、思い切ってカットすることにしましたー! d( ̄‥ ̄)=3


 a-snougo09-3.jpg


       カットした後の図 ↑


   a-snougo09-8.jpg


カットした部分 ↑です。パスッって感じですね〜。(゚ー゚;A



さて、解剖していきまっせ〜〜〜。( ̄Д ̄)ノ オウッ


中を切り開いてみますと…。



          ↓





          ↓





          ↓



   a-snougo09-4.jpg


じゃん! 種ができておりました〜。(*゚ロ゚)b


意外にちっこい種ですね?


もっとプラムのような大きな種が入ってるかと思いましたよ。(;^_^A


 a-snougo09-6.jpg


     種の部分だけ取り出してみました。↑


   a-snougo09-7.jpg


捨てるのが何となくしのびなく…。根っこのところに置いてみました〜。(^_^;)


芽が出てきたらどーしょう〜〜〜。\(;゚∇゚)/



ところで。


花の袋をカットした後のトロピックスノーちゃんですが…。


guttationが始まっております〜♪ ヽ(〃^▽^〃)ノ バンザーイ


葉っぱも紙のようではなく、しっとりとしてきました〜。


やっぱり種を作るのに養分を取られていたのでしょうねぇ〜。


元気になってうれしい〜♪ (;∇;)


良かったですー。



実はここまで花の後を放置していたのには理由があります。


今回ははじめての経験だったので、


花が咲いた後、どう変化するのが見たかったのです。(・o・)b


このトロピックスノーの花に関してはネットで調べてもほとんど情報がないのですねぇ。ε-(ーдー)


葉っぱが紙のようにペリペリになった時はドキドキしちゃいましたけど、今は元気になったし。


一連の変化も見ることが出来たので満足でございます〜。(⌒ο⌒)v




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 22:00| Comment(32) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(グリーン編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら〜〜娘のいう
「お花がごめんなさいしてる」状態だったのですねーー。笑
いくつも花が咲くのなら(種がなるのなら)
えいと@さんの判断は正しかったと思いますヨン。
人間でも妊娠中は栄養を胎児にもっていかれますからね〜〜(脂肪はもっていかないけど。爆笑)

大事にされて幸せなグリーンちゃん達だわ。

Posted by おね太郎 at 2009年10月06日 22:32
おはよう^^えいと@さん〜♪
そうですかぁ〜あのヘッドの正体をあかしてしまったのですね!笑
でも、植物って面白いですよねぇ〜^^特に、葉っぱ!
同じ種類の植物は、花や葉っぱの性質が似ている。
今、ハーブのイラストをかいているんですが、これが面白い。じぃ〜っと細かく観察するとね、なでなでしたくなってくる。笑
あ!昨日は、冬用のコンポーストにするために、「みみずちゃん」を集めていました。えいと@さんもどう?冬用の野菜を育てるの^^

Posted by greensmoothie at 2009年10月06日 23:26
やっぱり種が出来てた!

またにょきにょき伸びるかな?種も。
Posted by かげ at 2009年10月06日 23:40
って事は、やはり花が終ったら、種を目的じゃない限り、早々に切ってしまったほうがいいって事ですね。

えいと@さん、ありがとうございます。
Posted by ree at 2009年10月07日 03:19
今Reesんのところでレデイーのことを聞いたところです。



枯れた葉は切ったほうが いいですよね。


他の部分に負担にならないし、、、。

捨てるのがすぐ出来ない気持ち分かります





Posted by bachama at 2009年10月07日 03:33


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>おね太郎さん。

そうなんですー。ずーーっとあの状態のまんま、ごめんなさい〜だったのですね〜。(笑)

このトロピックスノーは花をめったに咲かせないみたいですよ。
花の情報がこれだけないってことは、珍しいことなのでしょうね。
実際、あの後はぜんぜん花をつけることはなかったのですから…。

>人間でも妊娠中は栄養を胎児にもっていかれますからね〜〜(脂肪はもっていかないけど。爆笑)

そうですね〜。歯なんてボロボロになっちゃうって言いますもんね。
脂肪だけはしっかりつくのがね〜〜〜。
お産が終わったのに体重が変わらん!…って人がいましたよ。(笑)

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 04:07

>greensmoothieさん。

そうなんですー。
いよいよトロピックスノーちゃんの袋の正体が明らかになりましたー!(…って大げさ?笑)

>同じ種類の植物は、花や葉っぱの性質が似ている。

そうですね!
このグッテーションひとつとっても言えます。
サトイモ科の植物に同じように見られる現象なのですよー。
外見は違っても性質が似たり…ってこと、あるのですねー。
この花はカラーのような仏炎苞(ぶつえんほう)があるんですよね。
カラーも同じ性質なんでしょうね〜。

じっくり観察するとおもしろいですよね。
生命を感じますよ〜。ほんとになでなでしてあげたい〜。

>昨日は、冬用のコンポーストにするために、「みみずちゃん」を集めていました。えいと@さんもどう?冬用の野菜を育てるの^^

ぎょぇ〜〜〜! ミミズちゃんですか〜〜〜!
いえいえ、遠慮しておきます。(笑)
だって、えいと@んちはアパートメント。
冬にはベランダが雪で閉ざされて開かずのベランダになっちゃうので、
野菜を育てるなんて無理なんですよ〜〜〜。
家の中にミミズちゃんがはい出したらいやですしーーーー。
虫、苦手です〜〜〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 04:14

>かげさん。

そうなの〜〜〜種!
ちっこい種がいっぱい。。。
もっとでかい種だって思ってたのになぁ〜。ちょっと意外でしたー。

芽が出たら…やっぱ育てようかなぁ〜〜〜。
命だもんねぇ〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 04:15

>reeさん。

種が欲しい場合でなかったら花ははやめにカット。
これは正解だと思います。

今回、びっくりしましたもん。
紙みたいになっちゃったの! 葉っぱが! ペリペリ〜。
戻るか心配したけど、ちゃんと戻ってくれました。
種を作るのってエネルギーがいるんですねぇ〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 04:18

>bachamaさん。

>枯れた葉は切ったほうが いいですよね。

そうですよね、枯れちゃったら葉っぱもカットした方がいいですよね。
でも、今回のは枯れたのではないんです。
色はグリーンのまんまで、手触りが紙みたいになっちゃったんですよー。
びっくりしちゃいました。
やはり種を作るために、養分をぜんぶ種の方に送っていたのですねぇ〜。

で、花の後をカットした、その翌日にはだんだん葉っぱがしんなりしてきたんですよ。
よみがえった感じでした。
良かった〜〜〜。
このままほっといたら、株自体が弱ってたかもしれませんね。

この種、どうしようかなーって悩んじゃってます。
庭があったら植えるんですけどね〜。
アパートだしー。あまりグリーンが増え過ぎても困っちゃうしな〜〜〜。
でも、芽が出たらきっと育てるでしょうね。
そんな気がします。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 04:23
理科の実験みたいでオモシロイです。
で、種を「捨てるのが何となくしのびなく…。根っこのところに置いてみました〜。(^_^;)」
ってところが、えいと@さんのお人柄があらわれていて、
いいですね〜〜。
うちのトマトは、かなり危機的状況です。
Posted by 母ちゃん at 2009年10月07日 06:58
トロピックスノーは、こちらで名前を知る事が出来ただけでも感激するくらい、情報がないですよね、、。
なので、えいとさんだけがたよりです〜。(笑)

うちのはまだ花が咲いた事がないけど、葉っぱからはよく水滴がしたたっております。
今回も色々と勉強になりました。ぺこり。

種、捨てるのもったいない気持ち、わかります。(^^;
このまま放置していたら、きっと芽が出てきそう、、。
それぐらい生命力の強い植物なんだもん。うちのは。(笑)
Posted by mucci at 2009年10月07日 07:26
うちのも・・・・

どうしてそうなっちゃう??みたいな
慣用植物がいくつかあります^^;
お店で売ってる時はキレイな形なのに、、
どうしてウチに来ると思いも寄らぬ形になってしまうのか^^;
生き物って面白いよね^^
芽が出てきたら面白いね〜
ぽち!
Posted by ひろめい at 2009年10月07日 07:34
おはよう
そうかぁ種になっていたんだね。
どんな植物でもそうだけど種にしないのなら
どんどん枯れたら切ったほうが栄養が他にまわるから
いいんだよね。
でもこの場合・・・・情報量が少なかった事なんか
考えるとえいと@ちゃんの行動は正しかったね♪
えらい(o^―^o)ニコッ
フフフ・・・・これでこれからは安心だね♪

そうそう、我が家のマザーリーフたち・・・・
この大型台風で家の中に避難させたんだけど
唯一・・・地植えにしちゃったリーフたちを
どうしようかと????悩んでるよ。
思い切ってそこだけちょっとしたビニールで
囲って霜が降りないようにマルチングでもして
観察してみようかと・・・・(笑)
Posted by べりー at 2009年10月07日 09:10
種から芽が出て来るだろうか?
どうだろ〜〜??

種はちょっと枯れっぽい方が種って言う感じだから
難しい所ですね
Posted by ちびか〜ちゃん at 2009年10月07日 10:55
えいと@さん
自分を犠牲にしてまで種に栄養をやっていたなんてなんて感動的なトロピックスノーちゃん。
でで、その種はどうするの?
やっぱり二世を育てるか?えいと@さん。
そのうちえいと@の植物図鑑とか発刊してりして。そしたら絶対買うからね!
Posted by Cat's mama at 2009年10月07日 12:43
やっぱり種が出来ていたんですね〜。
栄養をたっぷり貰った種。
芽が出たら、ちょっと楽しいですよね。
つやつやとした葉に戻って良かったですね!
Posted by コメット at 2009年10月07日 13:15
ほー、「趣味の園芸」を見てると(アメリカに来て見始めた私 爆笑)確かに、養分を取られたり病気がおこったりするから花は終わったら花がらつみをしろ、としつこく言っているけど、こういうことなんですね・・・
感心しました。

というか、えいと@さんすごいです、ちゃーんと面倒みてる。。。
うちのグリーンは今、ネコに喰われ(ホントに。。。)、花も水を飲まれ・・・・ああ、適当な私の性格以上に草花によくない環境を作るものが我が家には・・・・
Posted by moi at 2009年10月07日 14:14

>母ちゃん。

わはは〜理科の実験ですかー。(笑)
解剖ってところでそう思われたのかな?

種ね〜〜〜。どうしようか悩んだんですよ。
捨てるのは何だかねぇ〜。
植えたら芽が出ちゃいそうだし、このまんま土の上に置いて、
芽が出たら何とかしようかなって考えてます。。。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 14:55

>mucciさん。

mucciさんちのスノーちゃんもグッテーションしてるんですね〜。
大きくなって葉っぱがたくさんになると、グッテーションも大変でしょう?
水がポトポトしたたっちゃいますもんね〜〜〜。(苦笑)
フローリングだと大変だと思います〜。

生命力強そうですね。確かに。(笑)
でも、この種、受粉したのかなぁ〜〜〜?
それが疑問ですねー。
ま、このまんま置いて、芽が出なかったら仕方がない〜ってことになりますね。
芽が出たら…育てます。。。スノーちゃんだらけになったら…どーしよう〜。
誰かにもらってもらわんといかんなぁ〜。うーん。。。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 14:59

>ひろめいさん。

>うちのも・・・・どうしてそうなっちゃう??みたいな慣用植物がいくつかあります^^;
>お店で売ってる時はキレイな形なのに、、どうしてウチに来ると思いも寄らぬ形になってしまうのか^^;

わはは〜確かにそうよね。(笑)
お店ではかわいかったのに、家にもって帰ると形が変わりますよね〜。
でも、これは成長してるから仕方がないですよ。
お店では 一番見栄えがいい状態で売られてますもんね。でないとお客さんは買ってくれないしね。
そこから成長しちゃうわけですから、形がどうしても変わっちゃいますね〜。
成長を見ると「生きてるんだなぁ〜生命だなぁ〜」って思います。

スノーちゃんがグッテーションをしなくなった時には心配しましたよー。
このまま枯れちゃうのかな〜〜〜って。
花の袋はカットして正解でした〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:05

>べりーさん。

そうなんですよ〜。
花が終わったら摘んだほうがいいって、べりーさん、何度もアドバイスしてくださってましたよね〜。
迷ったんですが、見てみたかったんです。
どんな風に変化するのかを…。
種ができるだろうなと思ってたんですが、どんな種なのかも興味があったし。

でも、葉っぱがパリパリになった時には焦りました〜。
枯れちゃうんじゃないのー?…って思いましたよ。
花の袋をカットしたら戻ったんですね〜。ほんと良かったです〜。
種を作るってすごい養分を取られちゃうのですね〜。びっくりでした。

地植えのリーフの赤ちゃんですか〜。
地植えは動かさなくていいんじゃないでしょうかね?
マルチングでOKですよ、きっと。
台風、心配ですね〜。何事もなく過ぎることを祈ってますよ〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:10

>ちびか〜ちゃん。

種から芽が出るかどうか…。
受粉してるかが怪しいんですよね〜〜〜。
もしかしたら出ないかもーって思います。
もし、出たら育ててみます〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:12

>Cat's mamaさん。

>自分を犠牲にしてまで種に栄養をやっていたなんてなんて感動的なトロピックスノーちゃん。

ね〜〜〜感動的ですよねー。
植物も人間と同じなんだなーって思いますね。
自分を犠牲にしてでも子供のために頑張る! 親ってスゴいなーって思いますよ〜。うん。

種ね〜。
受粉してたら芽が出ますよねー。
そしたら育てようって思います。
ある程度大きくなったら誰かにもらってもらうかな〜。
アパートではあまりたくさんのグリーンは無理なのですね〜。
でも、出ない気もします。。。
土に植えてないもんね。乗せてるだけ。。。あはは。

>そのうちえいと@の植物図鑑とか発刊してりして。そしたら絶対買うからね!

あははは〜〜〜そこまで専門的なこと、書けるかなぁ〜〜〜。
30年後くらいに出版したら買ってね!(笑)

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:16

>コメットさん。

そーなんですー。種ができちゃってました〜。
でもね、もしかしたらこの種、受粉してないかもしれないんですよね。
しかも、カットしちゃったから…。種としては成熟してないかも…。
このまま様子見て、芽が出たら育ててみます〜。

葉っぱ、よみがえってよかったですー。
ほんとにね、紙みたいだったの! びっくりしました!
今はしんなりして、ちゃんと葉っぱのようです。よかったー。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:19

>moiさん。

>確かに、養分を取られたり病気がおこったりするから花は終わったら花がらつみをしろ、としつこく言っているけど、こういうことなんですね・・・

そうみたいですね〜。
種を作るってとーってもエネルギーがいるんですねぇ〜。
だから種が欲しい場合以外は、はやめに花柄を摘まないと株自体が弱ってしまうようです。

>というか、えいと@さんすごいです、ちゃーんと面倒みてる。。。

わはは〜ありがとうですー。
成長してるグリーンちゃんを見てると、かわいくてねぇ〜。
お世話をしたくなるんですよー。

>うちのグリーンは今、ネコに喰われ(ホントに。。。)、花も水を飲まれ・・・・

あぁ〜〜〜そっかー!
moiさんちにはニャンコちゃんが…! グリーンの天敵(笑)ですよねぇ〜。
うーん。。。
ニャンコちゃんがいる場合は仕方がないですよ〜。
ニャンコちゃんが届かない場所に移動させるか…。でも猫ってジャンプ力あるもんねぇ〜〜〜。うーむ。。。

Posted by えいと@ at 2009年10月07日 15:25
元気になってよかったですね☆彡素敵です。種も育つと嬉しいですね♪アッ!久しぶりです。うちの観葉植物達も、何とか枯らさずに生きてます(笑)こんな、飼い主に育てられ、ビクビクな観葉植物達と想いながら、眺めています(笑)
Posted by 雪だるま at 2009年10月07日 15:41
すごい!まさに植物の神秘ですね。
葉っぱ1枚をカットしただけで(種がだいぶあるけど)
すぐに変化が現れたんですね。不思議ですー!
でも種を守るため、って理にかなってますもんね。
元気になって良かった良かった♪
Posted by ちい at 2009年10月07日 18:43
こんにちは!
すみません、ちょっとコメントが遅れておりますが^^;こちらから♪

あっ、このこ、その後どうなったかな〜?と思っていたのですが、そんな経緯を辿っていたのですね〜!
元気がなくなってきちゃうととっても心配ですよね。でも、元気になってきたようでよかったです^^
それにしても面白い種ですね。

種解剖?!の際に使用している新聞が、えいと@さん宅らしい!と思ってしまいました(笑)。

Posted by yoko at 2009年10月07日 22:54

>雪だるまさん。

お久しぶりです〜。

葉っぱが紙のようになった時には焦りましたが、今はもとのように元気になりました〜♪
種、どうなるのでしょうね?
もしかしたら、種としてはまだ早熟かもしれないし、
受粉してないかもしれないし…良くわかりませんが…。
このまんま様子をみたいと思います。

雪だるまさんちの観葉植物ちゃんも元気なんですね! よかった〜♪
毎日声をかけていれば、反応して元気なグリーンになってくれますよ〜♪

Posted by えいと@ at 2009年10月08日 00:49

>ちいさん。

神秘ですよね〜〜〜。
植物の中では、しっかりとプログラムされていることなのでしょうね。
種を作るためには栄養分をどこに配分するか…とかね。
理にかなってますよね。
種を作る=種の保存が守られる。親の株は枯れても仕方がない…って感じなのでしょう。
そのせいで、葉っぱがかわいそうなことになっちゃって…。
焦っちゃいましたよ〜〜〜。
元気になってよかったですぅ〜。

この種、芽が出るのかなぁ〜〜〜???
しばらくは見守りたいと思います。

Posted by えいと@ at 2009年10月08日 00:53

>yokoさん。

そうなんです〜〜〜。
本当はこのままもうちょっと様子を見たかったのですが、
葉っぱがペリペリになってきちゃって…。
このまま放置してると、株自体が弱っていくような感じだったのですね〜。
なので、種を犠牲にしました。。。

種、意外でした。
こんな粒のようなちっこい種だとは…。
大きくなる種類のグリーンなので、種も大きいんだって思ってましたよ〜。

>種解剖?!の際に使用している新聞が、えいと@さん宅らしい!と思ってしまいました(笑)。

あ、この新聞ね。経済のジャーナルの新聞なんです。
一時を取ってたんですが、夫が忙しくなって読めなくなったんで今はとってないんですよ〜。
えいと@は読めないしね〜〜〜。こんな細かい英語の文字、ジンマシンが出ちゃう!(爆笑)


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年10月08日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。