2009年10月01日

厳重なセキュリティ〜国会議事堂の内部を見る


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@のカナダ・オタワ旅行記(旅行じゃないけど)でございます〜。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    オタワに行きます!(^▽^)/
    ちんたら走って7時間! オタワは遠い〜
    フランス語あふれるカナダ・ケベック州
    えいと@夫妻の失敗談〜ビザの更新
    オタワから戻りました! 無事にビザ更新ですっ!
    オタワでビザ更新!
    一足お先に紅葉を満喫〜♪ in オタワ
    オタワのシンボル! 国会議事堂
    夕暮れ時と夜のオタワ・国会議事堂



昨日、一昨日と紹介しましたネオ・ゴシック様式の建築、オタワの国会議事堂でありますが。


この国会議事堂の中を見学をすることができるのです。d(゚▽゚*)


観光地には市庁舎の無料ガイドツアーがありますが、それと同じなんですねー。(o^-^o)


しかし! ここは国会議事堂!


国の中枢機関です。


なので市庁舎のように誰でも気軽に出入りはできないようになっているのですねぇ〜。


まず、見学を希望する場合、予約しないといけません。( ̄。 ̄)b


当日のみの予約で、朝から受け付けています。


人気が高いツアーなので、季節によっては朝一に予約しないと予約が取れないことがあるそうです。


お友達ブロガーのyokoさんは、3月にオタワに行かれたのですが、


お昼過ぎに予約をしに行くと、当日券がもうなかったそうなんですねー。


えいと@夫妻のビザの面接が終了したのは午後12時半頃でした。


ダメ元で予約をしに行きますと、なんと! けっこう空きがあったのです! ラッキ〜♪ v(≧∇≦)v


で、ランチをしてからツアーに参加しようと思い、午後2時50分からのツアーに参加することにし、予約をGetいたしました〜♪



さて、いよいよ国会議事堂の中に入っていきますが、


ここで厳重なセキュリティがあったのですー!w(゚o゚*)w


ちょうど飛行機の搭乗の時のような荷物とボディのチェックを受けましたよ。


さすが! 国の中枢機関ですね! d(゚д゚)(。_。)ウン!


国会議員が集まる場所ですから変なものを持ち込まれては一大事ですもんね。



で、無事にセキュリティを通過して、ツアーに参加です。


c-gijidou09-38.jpg


一歩中に入りますとね…。もう、すごいのひと言ですよ! (*'▽'*)


あちこちに彫刻がさなれているのですが、何ともすばらしいものばかり!


c-gijidou09-13.jpg


ちょっとわかりにくいのですが、二階正面ホールの天井の四隅にはカナダを代表する産業を象徴するレリーフ ↑があり、


それは農業、林業、鉱業、水産業を表しているのだということなんですね。


カナダは大地に根をはって国を発展させてきたということを象徴しているのでしょう。


   c-gijidou09-31.jpg


    こちらは下院本会議場 ↑ ↓です。


c-gijidou09-34.jpg


廊下から下院本会議場を見るとこんな感じ ↑ です。


窓がなかなかステキですよね。(*^-^*)


   c-gijidou09-35.jpg


  こちらは上院本会議場 ↑ ↓です。


  下院本会議場よりもだいぶ豪華な感じがします。


   c-gijidou09-46.jpg


真ん中にはエリザベス女王 ↑の像があります。


こういうのを見ますと、やはり「大英帝国 自治領カナダ」なのだな〜って思いますねぇ。(゚ー゚*)


中央の赤い椅子には議長が座るとのことです。


でね!


この上院本会議場にエリザベス女王が来られた場合は、この像が取り除かれ、


この場に玉座が設けられる
そうなんです。


めったに女王陛下が来られることはないのでしょうが、


もし来られたらこの高い位置に女王陛下がお座りになられるのですねー! (*゚o゚*) ホ~ォ


c-gijidou09-33.jpg


天井 ↑ を見てください。


カナダの象徴であるメープル ↑などの他、


ウェールズの象徴である赤い竜など連合王国各国の象徴 ↑天井の柄になっていました。


そして壁に描かれた絵画 ↑ は、センターの部分が1916年の火事で焼け、1922年に再建された その様子が描かれているのだそうですよ。


   c-gijidou09-30.jpg


ところでこの廊下 ↑ がなんともすばらしかったのですねー! (*´∇`*)


ここは図書館に続く廊下なのですが、この廊下の美しさの評価は非常に高いんだそうです。


   c-gijidou09-37.jpg


そして、このレリーフ ↑ のすばらしいこと! (=´▽`=)


こんな精巧で美しいレリーフ ↑は見たことがないですねー!


c-gijidou09-41.jpg


こちらは戦没者の慰霊の部屋 ↑です。


カナダに関わる戦争で亡くなられた方の名簿が納められています。


でね、とっても不思議なのですが、


このスペースだけがとても暑かったのです。


戦没者の魂が部屋を暑くしているのでしょうか…?



ところで!


このガイドツアーでは希望者は展望台に上れるのでありますっ!


もちろん! えいと@夫妻は上りましたよ〜! (*゚▽゚*)


長くなるので展望台に関しては 次回の記事でUPしますね。


また見にお越し下さいまし〜♪ (o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
おぉ〜〜素晴らしい!播(*゚∀゚*)チゴィネ!!
石の文化ですねぇ。。。。・:*:・(*-ω人)。・:*:・ウットリ
天皇陛下も6月には行かれたのでしょうかね?

展望台?走った後大丈夫だった?
こっちってほら、、結構歩くから・・・苦笑
Posted by おね太郎 at 2009年10月01日 22:39
中の造りがこれまた素敵なところに感動!!
そう言えば今って、テーマパークに入るにも、スポーツ観戦するにも、バックの中身を確認されるんですよね。
国会議事堂ですもん、もっと厳密にチェックなんでしょうね〜。
そう言えば中学の旅行で、国会議事堂見学があったんですが、全然覚えてない私・・・。
Posted by ree at 2009年10月01日 23:53
エリザベス女王の像!
そうか、カナダは、イギリス領自治区なんですね。。。
こういう「目に見えるもの」で確認すると、
あらためてビックリしますよね。
Posted by 母ちゃん at 2009年10月02日 00:17
素晴らしい内部ですね〜!
すごくゴージャス!
カナダ=イギリス領自治区、また一つ学びました。
(学校で習ったんだろうけど、すでに記憶になし。汗)
ではカナダ英語はブリティッシュな感じなんでしょうか?
Posted by mucci at 2009年10月02日 01:16
わぁ〜ため息が出ちゃう美しさっ!!
わたし建物見るの好きだから、すごく行ってみたいです!
日本の建築物も好きだけど、ヨーロッパ風もいいなぁ。

前回のわたしのコメで記事を訂正させてしまったんですねー><
言葉が違う国で生活するのって本当にすごいことだと思います。
わたしみたいに自分から望んで留学するのとは違って
えいと@さんは旦那様の留学を支えるためですもん。
なおさら生活する上で大変なことが多いと思います。
ですからどうか謙遜なさらずに自信を持ってください☆
アメリカで美しいもの、楽しいことをたくさん見つけて生活されてて
えいと@さんはとても素敵な方だと思います!
わたしの友達のアメリカ人なんて、挨拶ができるだけも
「I speak some French(とか色んな言語)」って言うし…。笑
Posted by ちい at 2009年10月02日 01:25
こんにちは!
いやぁ〜、記憶がよみがえってきましたよ!
昼過ぎでも予約が取れたのですね、それはよかった!
私たちが行った時は、混む時期だったのでしょうか?!あんなに寒かったのに(笑)。
でも、本当にすばらしい建築物ですよね。
天井から柱から、手を抜いているところが見られませんよね^^
ちなみに、間違い探しどころか、えいと@さんの記事を見て、なるほど、そうだったのかー!っと復習させてもらってます^^;
展望台の記事も楽しみにしていますね♪
Posted by yoko at 2009年10月02日 05:14
きゃぁ〜写真でみただけでも荘厳な建物ですね。それとも写真のほうがいいのかな?!
しかし・・・総工費にどれだけかかったのでしょうね?
高そうな物件ですよね。 爆
このような物件を見学するときには、事前の研究が必要ですね〜。私ですか?口をあけてみているだけかもね。笑 えいと@さんたち、見学の時間に入れてもらえて、本当にラッキーでしたね。
Posted by greensmoothie at 2009年10月02日 09:51
わぁ〜
すごいですね♪
実際に見たらもっと感動なんでしょうね。
一体どれだけの費用がつぎ込まれたんでしょう?
そこいらへんが・・・興味津々かも(o^―^o)ニコッ
展望台もあるんだね。
そこから見る景色って一体どんなんだろう?
Posted by べりー at 2009年10月02日 10:09
写真見ただけでも すごいのに その場にいた えいとさんの感激は大きかったでしょうね。

Posted by bachama at 2009年10月02日 10:37
えいと@さん
オタワがカナダの首都になったのにはそういう歴史的な理由があったのですね。勉強になりました。
しかしっ!この国会議事堂は豪華!
最初の写真なんかカソリックの教会かなんかかと思っちゃいましたよ。うーん、写真の撮りがいがある建物です。とにかく凄い!の一言。これはどなたの設計で、どなたがこの数々の芸術作品を作られたのか?一度行ってみたいなぁ。
Posted by Cat's mama at 2009年10月02日 11:25
素晴らしいですね〜!
外観も素敵ですが、中はもっとすごいですね。
高い天井や、彫刻、調度品、どれを見ても
高級感で溢れていますよね〜。


Posted by コメット at 2009年10月02日 12:38
わー、すごい!美術館のようですねぇぇ。
一度見てみたいなあ。
しかも無料ツアー、最高です♪

昨日の記事にもあったけど、えいと@さんの(旅行じゃないけど)に爆笑〜!
Posted by つなみ at 2009年10月02日 13:28
うわ!!これは美しい
なんだかこういう建物ってヨーロッパでしかみれないような
雰囲気がありますが
素晴らしいです
Posted by ちびか〜ちゃん at 2009年10月02日 13:43
すばらしい〜♪
歴史的な建物素敵すぎます!昔の人がどうやって作ったのか、タイムスリップして見てみたいんですよね!
展望台からの眺めも高台からなんで奇麗でしょうね〜!
Posted by lani at 2009年10月02日 18:07
やはり至る所に歴史を感じますね!
レリーフ、彫刻、高い天井、大理石?の廊下。
見学できて良かったですね!
1冊の写真集にでもなりそうな豪華さ、画像からも伝わってきます。実物はもっと素晴らしかったのでしょうね!
それにしても えいと@さんは ツイていますね!
一生懸命生きているとツキを呼び込むのでしょう。
羨ましい!
Posted by toshi at 2009年10月02日 20:24
えいと@さん。ハローです。

国会議事堂の中ってこんなにすばらしいんですね!
びっくりです。
とても美してて神々しいかんじがします。

目の保養というかこう言場所にはなかなかお目にかかれないので
観てみたいです。

どれも素敵ですね。
えいと@さんのこのお写真、プロみたい。
写真集できますよ〜。これ、はがきとかにすれば素敵です。

Posted by ミント at 2009年10月02日 23:12


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>おね太郎さん。

天皇陛下は今年の7月3にカナダ・オタワに入られて7日まで滞在されたようですね。
カナダはイギリス自治領ですから歓迎がすごかったんだそうですよ〜。
やはり王国同士。つながりが深いのでしょうね。

あ、この展望台はエレベーターで上がったんで大丈夫でした〜。
階段のみだったら…ちょっと遠慮したかもー。(笑)




>reeさん。

遊園地や野外コンサートでも荷物のチェック、ありますね〜。
こういう国家の中枢機関は、特に厳重なのでしょうね。
ガイドの順路以外は絶対に入れないように、あちこちに警備が立ってたんです。
何か仕掛けられたらえらいことですもんね。

オタワの国会議事堂は芸術といっていいほど本当にすばらしかったですー。
日本の国会議事堂、まだ行ったことがないなぁ〜。
一度は行っておかないとなぁ〜。




>母ちゃん。

そうなんですね〜。
カナダは独立国としての地位はあるんですが、イギリスの自治領なんですよね。
なので、あちこちに女王陛下の像があったり、イギリス調の建物が多かったり、
アフタヌーンティ〜なんかの習慣があったりするのでしょうね。

あの高い位置に女王陛下が座られてる時の会議は緊張するでしょうねー!
上から見られるんですもんね〜。すごいわー。

Posted by えいと@ at 2009年10月02日 23:47

>mucciさん。

カナダはイギリス領なのですね〜。
オーストラリアなどと同じなんですよ。
こうやって歴史をみると、ヨーロッパの大国の力は強かったのだなって思いますね。

あ、カナダの英語ね! アメリカの英語とちょっと違うんですよ!
例えば「Center」はカナダでは「Centre」なんです。
発音もどことなくブリティッシュな感じ。
なので、えいご@が苦手なえいと@としては、アメリカ英語よりカナダの英語の方が聞きとりやすいのですね。
発音がしっかりしてるっていう感じ?
アメリカの英語は単語がチャンクしてるんで、違う単語に聞こえちゃったりするのですよー。(苦笑)
いつになったらアメリカ英語が聞ける耳になるのだろう。。。謎です。




>ちいさん。

ありがとう〜。
そんな風にいってくださるとうれしいですー。
確かに自分からすすんでアメリカにやって来たわけではないのですけどね。
アメリカに住んでるのに、その国の言語ができないって…。
やはり不利だと思うんですね〜。
えいと@の場合、夫がかなりの部分をサポートしてくれるので助かっていますが…。
もし、アメリカにもっと長く住むようなことになったら、ちゃんとまともに勉強しないといけないなぁ〜って思いますねー。

それと!
こういうガイドツアーに参加した時にその場で理解できたら 旅がもっと楽しくなると思うのですよ〜。
その場ではガイドさんが言ってることがわからないですからねー。
後で夫に説明してもらって、疑問点が出て来たら夫に質問するんですよ。
そしたら「うーん、それは言ってなかったな〜わからんわ〜」…で終わっちゃうわけです。
もし、えいと@が英語がわかってガイドさんに質問できたら、
もっともっと、いろんなことを知ることができるのになーって思うのです。
このへんがね〜〜〜ちょっと残念なとこ。(笑)

ま、ぼちぼちがんばります〜。…てか、ぼちぼち…って何だ???(笑)

Posted by えいと@ at 2009年10月03日 00:02

>yokoさん。

そうなんですよー。
yokoさんが行かれた3月の方が人が多いのでしょうか?
けっこう空いてましたよー。
こちらから希望の時間を言うこともできましたしね。(笑)

ほんとにすばらしかったですね。議事堂の中。
ヨーロッッパにいるかのような錯覚を覚えそうですよねー。
文中の説明は、夫が覚えいていることを書いたのです。
えいと@自身が直接ガイドさんの説明を聞けたらいいんですがねぇ〜。(苦笑)
リスニングが苦手なのでありました〜。くすん。。。




> greensmoothieさん。

本当にすばらしかったです。
写真では十分表現できませんね〜。実際に見る方がすごいと思いますよ〜。

>総工費にどれだけかかったのでしょうね? 高そうな物件ですよね。

ほんとですねー。かなりかかったと思いますね。
イギリスの税金で建築したのでしょう。
ビクトリア女王の命での建築ですもんね。

ほんとに前もって予備知識があった方がいいですね。
えいと@は何にも知らずに行ってますし、英語のガイドはトンチンカンだし。
価値が薄れますよね〜。
後でこうやって振り返り、勉強するだけまだいいかなー。




>べりーさん。

建築費、すごい金額であったろうと思いますよー。
こういうところに税金をしっかりかけるあたり イギリスですよねー。
国の威厳がかかってますもんねぇ。

展望台、なかなかすごかったですー。
街が360度見えるんですよー。
近いうちに記事にしますね〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月03日 04:58

>bachamaさん。

ほんとうに感激でしたね〜。
一種の芸術品ですよね、これは。
写真より、実際に見た方がすごいです。
どうしたらこの感動を写真に表現できるかって思いましたね〜。




>Cat's mamaさん。

カナダは昔はイギリスとフランスの植民地でしたからねぇ。
歴史を振り返るとこのオタワを国の中心にしたのがわかる気がします。

>これはどなたの設計で、どなたがこの数々の芸術作品を作られたのか?

ちょっと調べてみたのですがわかりませんでしたー。
1916年に火事で焼けてしまってるので建て直しているのですが、
もともとの議事堂と同じ建築にしたかどうかもわからないですね〜。

機会があったら行ってみてくださいね〜。
OHからだとトロント経由で15時間ほどですってー。遠いね〜。(苦笑)




>コメットさん。

これだけの建築物を建設するってすごいですよね。
かなり大きなお金が使われたそうですし。
でも、国家の中心ですもんね。
威厳もありますし。大事なことなのかもしれませんね。

Posted by えいと@ at 2009年10月03日 10:32

>つなみさん。

すごいでしょー?
地味なオタワだと思ってたら、こんなすばらしい建築が!
正直驚きましたー。

>えいと@さんの(旅行じゃないけど)に爆笑〜!

あはは〜。
旅行で行ったわけじゃないですから〜〜〜。
翌日交付されたらさっさと帰って来てましたもんねー。
3泊もしちゃいましたよぉー。
でも、結果的には良かったです♪ オタワのいいところが見れたし♪




>ちびか〜ちゃん。

いや、それがねぇ。
こういう建築物、北米にはけっこう多いのですよー。
カナダはイギリス領なのでよけいにすごいのでしょうね。




>Laniさん。

ほんとですね〜。
1800〜1900年代のはじめの頃ってどーやって建築したのでしょうねー?
見てみたいですね、ほんと。

展望台、なかなか良かったです〜。
近いうちに記事にしますね〜。

Posted by えいと@ at 2009年10月03日 10:40

>toshiさん。

ほんとに歴史を感じますね。
レリーフもたくさんあったんですよ。
ひとつひとつに意味があるのでしょうね〜。

>それにしても えいと@さんは ツイていますね!

うーん、ついてるのでしょうか???
今回のビザ更新はヒヤヒヤもんでした。
どうなることかと思いましたよ〜。
でも、無事にビザが更新され、何とかなったのは…ついてたのかなぁ???




>ミントさん。

たしかにすばらしいのひと言でしたー。
イギリス領だけに、こういうヨーロッパ調の建築なのでしょうね。

ミントさん、SFにもステキな建築がありますよ!
市庁舎! あそこはぜひ! 行ってください〜。
この議事堂とは違った感じではありますが、SF市庁舎もすばらしい建築でしたよ〜。

写真、お誉めくださってありがとう〜。
写真集なんて! まだまだですぅ〜。
写真の勉強をもっとしなきゃなーって思います。


   えいと@
Posted by えいと@ at 2009年10月03日 11:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。