2009年09月17日

同居問題〜老後の暮らしを考える


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日はランチしながら(オンナの古トーク)ガールズトークを楽しんできた えいと@でございます。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    ランチでイタリア風ホットサンド♪ パニーニ


今回のガールズトークは、たわいない話が多かったのですが、


話題の中には考えさせられる内容の話もございまして。


今回は、その話についてちょっと記事にしてみたいと思います。


長い記事ですが、皆さまもぜひ! いっしょに考えてみてくださいね。



そのテーマとは老後の同居問題。


ここ数日で、お友達ブロガーの何人かがこのテーマでブログにされており、


また、某掲示板で同居に関する話題が尽きないこともあって、


昔に比べたら減ったんでしょうがまだまだ、同居の問題、嫁姑の問題は根強く残っているのだな…と感じたのです。



一昔前までは旦那の両親との同居が当たり前であった日本。


地域差もあると思いますが、今でも結婚したら旦那の家に入り、同居は当然という地方はありますし、


年をとった親の面倒を見るために同居している家族もまだまだ多いのです。

 平成7年国勢調査 親子の同居等に関する特別集計結果 結果の要約参照


昔に比べて 最近は核家族がすすみ親世帯と子世帯が別になるケースが増えては来ています。


親が元気なうちはそれでいいのでしょうが、


問題は親の健康状態に問題が出て来た時や、どちらかが亡くなって親が一人暮らしになった場合です。


そうなった場合、今の日本の現状では同居する方が多いのではないかと思います。


施設に入れるなんてかわいそうという声もまだ聞かれますし、


他人に世話をされたくない、身内(娘や嫁)に面倒を見てもらいたいと思うご年配の方は多いように感じます。



ところで、えいと@夫の母親は70歳を越していますが 日本で一人暮らしをしています。


義母は定年のない専門職で 現役で仕事を続けている自立した女性です。


えいと@夫妻が結婚した頃に義母の方から「同居はしない」と言われていました。


しかし、義母の周りはそんな風に考えないのです。


「なぜ、70も越した母親と同居しない」


「いつまで外国に行ったままなのだ? はやく帰って来て親の面倒を見るべき」



このような声が義母自身からではなく、その周辺から聞こえてくるのです。


日本ではまだまだ親が年をとったら子世帯は面倒を見るべきであるという考えがあるのですね。


日本では年をとった親と同居しないなんて冷たいという空気がいまだに強くあります。


もちろん、生み育ててもらいお世話になった親です。


感謝しても仕切れないほどです。


親孝行をしたいという気持ちは強く持っています。


しかし。


果たして親孝行=同居なのでしょうか?



先ほども書きましたが、昔に比べて 最近は核家族がすすみ親世帯と子世帯が別になるケースが増えて来ています。


しかし、地域差はありますが2世帯同居、3世帯同居をしている家族もまだまだ多いのです。


同居している知り合いや友人の話を聞いていると、同居して家族全員が幸せにはなれないと感じてしまいます。


親世帯、子世帯は世代が違うのです。


世代が違うとそれだけで考え方や価値観は変わります。


例えば夫婦であれば、多少価値観が違ってもお互いに好きになった者同士なので話し合いで解決ができるものです。


しかし、夫(または妻)の両親とは義理の仲です。


義理の仲での同居はいろいろと難しい問題が出てくるのですよね。


一緒に暮らすといい部分だけでなく、イヤな部分も目につくようになります。


ちょっとしたことが気に触ったり、やり方が違ってイライラしたり。


それが何年も何年も毎日なのです。生活なのですから。


お姑さん、お舅さんにとって快適な生活は、お嫁さん、お婿さんにとっては苦痛の日々かもしれないのです。


その逆もありえますし。


もしかしたらイライラしたお嫁さんが、そのはけ口を子供にむけてしまっているかもしれません。


いつも怒ってる、イライラしたお母さんを子供はどんな風に見て、感じるでしょうか。



えいと@は1例だけ かなりうまくいってる完全同居の家族を知っています。(日本です)


友人Yさんは、旦那さまのご両親と、旦那さま、娘さん一人の5人家族でした。


Yさんはしっかりした良妻賢母。フルタイムで働いていました。


で、この義両親がまたとてもかしこいご夫婦だったんですね〜。


お舅さんは温厚で、小世帯に干渉しない方です。


そしてお姑さんは主婦業に関してはすべてYさんに任せ、働いているYさんのサポート役に徹したのですね。


お姑さんは「Yちゃん、これどうしたらいいかしらね〜?」と、Yさんを常に立て、そしてやたらと干渉しない、いい距離を保っていたと言います。


で、一番重要なのは旦那さま!


どんなにいい義両親であっても衝突することはあります。


その 何か問題があった時には必ず旦那さまが中に入り、Yさんの言い分を聞いてくれていたそうです。


世の旦那さま方! ここ! 大事ですよ〜〜〜!


義理の親と何かあった時に旦那がどう動いてくれるか!


これは本当に重要なのです。


嫁(婿)っていうのはよそから来た人間です。


夫の親と同居の場合は嫁が、妻の親と同居の場合は婿が、たった一人だけ他人なのですね。


そのたった一人の他人を守るのは夫であり、妻しかいないのです。



同居でなくても嫁姑問題はあります。


もちろん、あまり表に出て来ないけど婿舅問題もありますしね。


そして嫁舅、婿姑問題もあるでしょう。


えいと@夫妻は別居ですが、義母とは時々ではあるけれど衝突することがあります。


大きなケンカになることはないですが意見の食い違いでイヤな思いをすることがあるのです。


やはりどんなに仲が良くても、義理の間柄ですから。


自分の親と同じようにはポンポン文句は言えません。


そんな時、えいと@夫は全面的に えいと@の味方をしてくれます。


これは本当に心強いし うれしいことなのです。


何があっても夫は守ってくれる!…と信じることができるのです。


なので、えいと@の親が夫に対し何か理不尽なことを主張しようとする時には、


えいと@は全面的に夫を守ります!


別居でも起こるいろいろな問題、同居だったらなおさら起こる頻度が高くなりますよね。


なぜトラブルを起こす可能性が高い同居を あえて選択しようとするのでしょうか?


親孝行は同居でなくてもできるはずです。


同居をしたために 自分たちの家族の間がギクシャクしてしまうこともあるのです。


中には親との同居が原因で夫婦仲にひびが入り離婚というケースだってあるのです。


こんな悲しいことってないですよね。


まず、自分たちの家族の生活をしっかりと守り、その上でしっかりと親孝行をしていけば良いのだと、そんな風に思います。



さて老後の問題ですが。


日本はまだまだ老人ホームやケアハウスなど施設が充実していないのが現実です。


お金がないといい施設には入れないのですね。


公共の施設はものすごい順番待ちだと聞きます。


日本において年をとった親の面倒を見るために同居するのは現実問題として仕方がないことなのですね。


我々の世代がが老人になる頃はいったいどうなっているのでしょうか。


少子高齢化社会がますます拡大していく可能性が大きい日本。


子供には世話にならない!…っていう人が増えて来ていますが、現実問題として可能なのでしょうか?


元気なうちはいいです。


でも、伴侶が亡くなり一人になって、身体の自由がきかなくなった時に一人で生きて行けるのでしょうか?


その時のためにしっかり貯蓄をしておかないといけませんね。


元気で健康に働けるうちからしっかり老後のことを考えておく必要があると思います。


アメリカは自立した老人が多いと聞きます。


中には子供の世帯に依存したいと思ってる人もいるようですが…。


そういう親がいる…という話を聞くとどこの国も同じなのだな…って思います。


我々が老人になった時に自立した老人になれるよう今のうちから考えておく必要がありそうですね。



皆さまはこの問題をどのように考えられますか…?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 13:32| Comment(30) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ
私も自立したいと思ってます♪
私・・・実は同居だったんですよ(笑)
やっぱり小さなことでもカチンときたりする時も
ありますし、仲良く二人で(ぱぱさん抜きで)
飲みに行った時もありました♪
でも、神経使います・・・。
おまけにすぐお隣は姉さんの家(汗)
これ以上のプレッシャーはなかったですね。
もう8年前に他界しましたが、
息子に面倒みてもらうって思っていた姑でしたから!
・・・嫁さんは大変ですよ。
まぁわかって結婚したんですが、現実はなかなか・・・
そんな苦労を娘たちにはさせたくないですからね。
私は自立できるように努力していきたいです。

今では、隣の義姉からも開放されストレスのない
生活してますよ♪
・・・・だからかしら?結構太ってきたよ(笑)
Posted by べりー at 2009年09月17日 16:51
難しい御題ですよね〜。
総論では語りにくいです。

親世代の年齢はどれくらいなのか、
親、子が住んでいる場所が近いのか、とんでもなく遠いのか、
健康なのか介護が必要なのか、
夫婦揃っているのか、片親だけなのか、
そして、親子、義理親子の性格の相性。
最も大切なのは、双方の希望。

もう、その家庭の数だけ「違うパターン」がありますよね。
「周囲の雑音」ではなく、
当人達、双方の「心からの思い」を大切にして、
いい方法を考えるしかないと思っています。
子が良かれと思っていることが、親にとっては疲れることであったり、
その逆であったり。

いつかはお別れしなければならない大切な人たち。
いろんな状況で「ベスト」は無理だけれど、
「ベター」を探していくしかないなあと思っています。
Posted by 母ちゃん at 2009年09月17日 17:35
難しい問題ですよね。
私達の世代が老人になる頃には、日本も欧米化してくるのでしょうか・・・?

えいとさんの話を読んで、日本ではまだまだ、親と同居するのが常識だと思われるのですね。
そう意見されてる方々が同居されてきた世代だというのもあるでしょうが・・・
私もえいとさんと同様、親と同居=親孝行だとは思えませんね。
近くに住んでいなくても、お互いが幸せに暮らせている事が親孝行にも繋がっていくと思うんですが、、。

私の母も一人暮らしですが、将来は自立なり、ホームに入るなりしたいと考えているようです。
私もそういう考えですが、いざという時に大変な思いをしないように、やはり若い内、健康な内から考えておくべきなんですよね。
お金、、、貯めておくしかないですね。
Posted by mucci at 2009年09月17日 17:51


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>べりーさん。

べりーさんは同居されていたのですか〜。
ご結婚前から決まっていたのですか…。
愛する旦那さまのご両親ですもんね、仲良く楽しく暮らせたら一番いいんですけどね。
しかし、もとは他人。お嫁さんだけ他人ですもんね。
ちょっとしたことでカチンときたり…ってありますよね。
実の親ならポンポン言い返せても、夫の親となるとそうもいかない…。
お隣にお義姉さまが住んでおられたのですか〜。うわー!
いろいろご苦労があったことでしょう。
でも、きっと旦那さまが守ってくださったのでしょうね。
だから何とか頑張って来れたのではないでしょうか?

ほんとに、同居って言うのはいろいろ問題があるようですね。
アメリカでは結婚したら親世帯とは別…って考え方をする家庭が多いようです。
結婚したら独立したひとつの家庭=親世帯とは別…という感覚なのですね。
中には昔の日本式のような考えの家族もあるようですが…。

我々が老人になる頃はどんな世の中になっているのでしょうね?
今は、親の面倒は子供が…って感じですが、将来はわかりませんよね。
「子供とは一緒に暮らしたくない」という声もよく聞きます。
その頃にはホームや施設は充実しているのでしょうか?
今の日本のホームや施設のあり方では、ちょっと入りたくないかな…って思わざるをえない状況ですよね。
ケアがきちんとされているような いい施設はすごく高額ですし…。
将来の日本はどうなるのかな…不安がよぎります。

Posted by えいと@ at 2009年09月17日 23:50

>母ちゃん。

そうですね。難しい問題であり、1000の家族がいたら1000通りの家族のあり方があると思います。

親世帯、子世帯 双方の意見が一致すれば、それが一番理想的ですよね。
でも、多くの同居は 双方の希望ではなく、どちらかの世帯の希望…って言うのが多いような気がします。
親世帯が希望して、子世帯と同居。
この場合,お嫁さんが旦那さまのご両親と暮らすケースが多いようですね。(最近は逆のケースも増えて来ていますけどね)
反対に子世帯が希望して…って言うケースもあります。これは子世帯の経済的な理由って言うのが多いのかも。

どんな人間も、心底意地悪な人はいないと思うんですよね。
同居していじめまくってやろう〜なんて。
一昔前の嫁いじめのようなことをするお舅さん、お姑さんは最近は少ないと思います。
世代が違うためにいろんな考え方、価値観が違うだけなんです。
例えば子育てひとつにしても、自分はこんな風に育てたいのに、おじいちゃん、おばあちゃんは違う育て方がいいって言う…とか。
考え方や価値観が違う場合、どちらにあわせるのか…。
それで もめることが多いんじゃないかなって思います。

一緒に暮らしていなければ、会うときだけあわせるようにしたらいいけど、
これが一緒に生活してる…となると毎日ですからね。
ストレスがたまってしまうことが多いんじゃないでしょうか?
小さなストレスも毎日重なると、大きなストレスになって、
最悪なケースでは精神を病んでしまうこともあるそうですから…。

周囲の雑音。これは迷惑な話です。
それこそ、いろんな家族の事情、考え方があるのに「70才を越した親をほって何年もアメリカで暮らすなんて…!」って言われても困ります。
そんな風に言う人は、責任がないですからね。
じゃ、今、日本に帰って夫に就職先がなかったら、その人は責任をとってくれるのか?
とるわけないですよね?

家族全員が同じ考えであれば、これほど平和なことはありません。
そうでない時に、どんな風に解決していくか…。
誰か一人が我慢するような、そんな解決法はダメだと思うのです。
もし、お嫁さんが我慢するような状況になった時には、夫が全力で妻を守らなければ!
それほどしないと大家族はうまくいかないような気がします。

ベターを目指して…ホントにその通りですね。
家族みんなにとってベターな方法が一番いいですね。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 00:14

>mucciさん。

>私達の世代が老人になる頃には、日本も欧米化してくるのでしょうか・・・?

どうでしょうね〜?
えいと@が20代前半の頃の40代くらいの人はかなり若い考え方だな〜と思いましたが、
その方々が現在、お舅さん、お姑さんの年代になってるわけですよ。
で、同居問題、嫁姑問題がなくなってるかと言えばそんなことはない。
あんまり劇的には変わっていないなぁ〜…って言うのが正直な感想ですね。
つまり…
今から20年後もそ〜〜〜んなに劇的には変わっていないかもしれない…って思ったりするんですよね〜。
今の50代〜70代の方々は、お嫁に来て同居で苦しんだ世代だと思うんですよね。
でも、自分が舅、姑の立場になると…やっぱり同居して欲しい…って思うのですねぇ。
これが不思議な部分なのですねぇ。

日本では、昔に比べて「結婚と同時に同居」というのは減ってきているような気がしますね。
核家族の増加をみてもそれは立証されていますし。
でも、親が年老いた時に引き取って…っていうのは多いような気がします。
ホームや施設が欧州ほど充実してませんからね。
現状のまんまで 欧米のような考え方に変わっていくと、独居老人が劇的に増加してしまいます。
それはそれでまた問題があるのですよね。孤独死とか…ね。

やはり施設の充実ですね〜。
今の日本の施設の状況は、けっして誉められるようなものではありません。
もっと税金を投入しないと改善は無理でしょうねぇ。。。
ケアもキュアも行き届いている「いい施設」に入るには、ものすごい高額だと聞きますし。
…やはり最後にモノをいうのは…お金なんですね。

は〜〜〜ガンバってお金を貯めないとダメですね! 
老後は自分でまかなえるようにしておかないと…。(ため息)

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 00:34
同居ねぇ・・・・・
姑が力一杯同居したがっている人だから、考えると気が重いです。
悪い人ではないのですが、仕切りたがり屋だし、「私って親切でしょ!」
とか「私が楽しいんだから、皆も楽しいわよねっ!」と、色々押し付
けがましいタイプなので、ズッと一緒に居るのは正直ムリ。
暑さ寒さの感覚もかなり違いますしね(苦笑)
それらを我慢してたら、いずれ私は多重人格か統合失調症になること
間違いなし!て、気がします。

私も親孝行=同居とは思いません。
(えいと@さん良いこと言った!!!拍手)
同居をしたが為に不幸になったケースを身近に見ているので、一緒に
住みたいよね〜、とキャピキャピされると余計に拒絶反応がorz

では何が最善の選択か?
これもまた難しいですよね。
特に田舎の人は頑に「長男と」というのがあり、長男もまた「俺が」
という暗黙のルールが根強いですからね。
Posted by たまてん at 2009年09月18日 00:53
コメントをタイプする指が・・・こわばるほどおも〜い話題ですね! 苦笑
老人問題は、日米とも深刻ですよね。
義理の母(白人のアメリカ人)は、気丈な人で87才過ぎまで一人暮らしでした。車の運転、家事、孫のベビーシッター凄かったですよ!そして、彼女は常に自分の子供達との同居は考えていない〜といっていましたが、やはり年には勝てません。しばらく、病院や静養施設をいったりきたり、我が家にもしばらく同居、現在は未亡人の妹のところにいます。老人のためのリクリエーション施設週に二回+介護の人+緊急時の電話サービス〜$$$

深刻な問題は〜

お金です!!!!!!!!

お金がなくなるんです!長寿となると・・・現在100歳までカウントダウン〜♪
日本でもお年寄りが寂しく一人で死んでいた〜とかニュースをみますよね。身寄りがないお年よりはそういうことになるのが、悲しい現実。年取っている親を見殺しにはできませんよね???まさか・・・


うちの夫は言うんです。
「自分は長男だから、死んだ父と約束したように、母をどんなことをしても守ってあげたい」って。
義理の母には、渡米したときにお世話になりました。
人間ですから、欠点のないひとはいません。
夫の希望に添えるように、私なりのことはしていきます。別居ですがね・・・一番若いものがなんとかせねば!エッヘン (爆)

ここのところは、記事に何度も書いてある通り、「母ちゃん」さんのおっしゃるように「ベスト」でいくのが懸命。自分達の生活や夫の姉妹3人の小姑達との関係もありますから・・・。アメリカに住むには、アメリカ人のマインドで対処しないと痛い目にあいます。

お年寄りの同居は、一概に判定できかねますよね。
仮に、お年寄りが健康だとして(アルツハイマーや身体的な問題の場合はさらに困難)そのお宅に小さいお子さん達がいる場合。小姑がいっぱいいる場合〜〜〜〜w
小姑が非協力的な場合か、協力的な場合によっても問題は変わるし。自分が仕事をもっている場合。夫もなにかの身体的なハンディーを追っている場合など・・・

暗い・・・ですよね。
ある歌手は、アルツハイマーの母の看護に疲れて、墓石のまえで自殺したのを覚えていらっしゃいますか?
あれほど、老人介護はつらいものだと思います。身体的よりも、精神的な苦痛。

結論は、お金ですね。理想の状態からいえば、一番気が合う子供のそばの施設に入居。親がいつでも、外出できるように、また緊急の時に駆けつけられるような場所。
これだとお互いに距離がおけてよい関係が保てるかな?
しかし・・・現実的に考えて、宝くじににでも当たらなければ、両親共に100歳+自分達75歳夫婦の生活ってどうやって支えるのでしょうかね?


Posted by greensmoothie at 2009年09月18日 01:08
うちの父方の祖母は高齢だけどひとり暮らし。
母方の祖父母は高齢ふたり暮らし。
両方とも幸い健康で何でもできるから大丈夫だし
基本的に気が若いから同居は考えたことないみたいです。

ってわたしが考えるべきはダー氏のご両親のことかも??
まだまだお若いので考えたことなかったです。汗
台湾の嫁,姑事情などがまだよくわかってないのですが
親戚みんなが近くに住む、っていうイメージがあります。
ダー氏パパのきょうだいも、並んでお家が建ってます。

友達が韓国に嫁いだんですが、旦那様はお母さんの味方みたいです。
親を尊敬する、敬うという儒教的考え方が影響してるのかな。
外国に嫁いで旦那様が味方してくれなかったらやっぱりつらそう!
Posted by ちい at 2009年09月18日 02:33

>たまてんさん。

そうですね〜〜〜。
たまてんさんのお姑さまはいい人なんですよね〜。ユニークでおもしろいし。(笑)
でも…。

>仕切りたがり屋だし、「私って親切でしょ!」とか「私が楽しいんだから、皆も楽しいわよねっ!」と、色々押し付けがましいタイプ

これ ↑ はちょっと…ね、お嫁さんにはきついですよね〜。
たまてんさんの旦那さまご実家の帰省のお話を聞くと…。
ほんとに大変だなぁ〜っていつも思います。

親切を押し付けられて、もしうれしくなかったり迷惑だったとしても、
義理の仲では「うれしくない、迷惑だ」なんてはっきりとは言えませんよね。
我慢せずに言えればいいんでしょうけど、そうなると、今度はお姑さまの方がストレスを感じちゃうかもしれませんよね〜。

>特に田舎の人は頑に「長男と」というのがあり、長男もまた「俺が」
という暗黙のルールが根強いですから

そのようですねー。
男って、学校を卒業した頃って親のことなんて見向きもしないのに、
結婚したら急に「長男だし〜」っていう人が多いですよね?
結婚したら奥さまが自分の代わりに親の面倒をみてくれるから〜とか思うんでしょうかね?
だって、本当に親が大事なら、独身の頃からマメに帰省したりしません?
結婚したら急に親が大事になった〜…っていうのも何だかねぇ〜?

田舎は環境がね、いろいろうるさいんだと思いますよ。
それこそ「長男は親の面倒を見て当たり前〜」っていう空気がありますから。
近所の人が「ご長男さんご夫婦とはいずれ同居されるんでしょう」って目で見ますからね。
そういう環境にいると「同居が普通」って思うんだろうし、
そういう環境で育った男の子は「自分がいずれ親と同居して面倒を見る」って思うのでしょうね〜。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 02:40

>greensmoothie さん。

重いですよね〜〜〜。ほんと重いです。
でも、今のうちから真剣に考えておかないと、急にその時が来てあわてることになっても困りますもんね〜。

>深刻な問題は〜お金です!!!!!!!!
>日本でもお年寄りが寂しく一人で死んでいた〜とかニュースをみますよね。身寄りがないお年よりはそういうことになるのが、悲しい現実。

その通りですよね。
えいと@夫妻には子供がないので 老後は誰にも頼れません。
なので、やはりお金です。
若いうちにしっかり貯めておかないと…って思います。
えいと@が独身時代に貯めた貯蓄は、今やアメリカ生活ですっからかんになってしまいました〜。
これが悩みの種ですね〜〜〜。

しかし、身寄りがないお年寄りだけではなく、身寄りがいても一人で寂しく死んでいた…ってこともあるようです。
子世帯は、自分の生活で精一杯…ってことがあるんですね。
親の生活の援助をする余裕がない。同居も何らかの理由でできない。
親にも余裕資産はない。
そうなると…孤独死ですよね。
子供がいるから大丈夫…っていう時代ではなくなってきているようですよ。
子供がいてもいなくても、やはり老後はお金ですね。
シビアな問題ですよね。本当に…。

アルツハイマーや老人性痴呆症がある場合は、家族が家で介護するのは無理です。
自分の生活が壊れてしまいます。
精神的にも辛いし、肉体的にも大変辛いですよ。
自殺されたのは清水由貴子さんですよね。お気の毒です。。。
誰かに相談はできなかったのか…って思います。

アメリカは欧州ほどではなくても、比較的ホームや施設は充実しているのでしょうね。
日本はまだまだです。
一般の人が入所できるような施設は順番待ちがものすごいそうですし、
ケアやキュアがきちんとしてる「よい施設」はとんでもなく高額であると聞きます。

お金で解決っていうのも何だか寂しい気がしますが、お金は大事ですね。
何才まで生きるのがわからないだけに、どれだけ準備しておけばいいのかもわかりませんが…。
でも、今のうちから自分の老後のことも考えておかないといけないなって真剣に思います。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 03:25

>ちいさん。

台湾の「家」事情ってどんな感じなのでしょうね?

>親戚みんなが近くに住む、っていうイメージがあります。
>ダー氏パパのきょうだいも、並んでお家が建ってます。

…ってことは、同居はしないで近所に住む…って感じなのでしょうか?
それだといいですよね。
「スープがちょっとぬるくなる程度の距離」に住むのが一番いいのかなとも思いますしね。

>友達が韓国に嫁いだんですが、旦那様はお母さんの味方みたいです。
>親を尊敬する、敬うという儒教的考え方が影響してるのかな。

韓国はそうですね。親は絶対的なものですよね。
年配者を尊敬する…っていう考えはいいと思いますが、
どんな状況でも絶対に服従…っていう考え方にはちょっと首をかしげちゃいますねぇ。

日本でも田舎の方に行くと同じような考えが残っていますよね。(田舎のすべてではないでしょうけど)
親には絶対に服従! 親に逆らうなんて許されない…っていう考え方をする地方があります。
そういう環境で育ってきて、そういう考えに対して疑問に思わないのであればいいのでしょうけどね。
結婚してよそから来た場合がね〜。なかなか理解できなかったりするのでしょう。
時代は変わっていくのに、いつまでも古い考え方を押し付けられるのはきついですよね。

>外国に嫁いで旦那様が味方してくれなかったらやっぱりつらそう!

辛いと思いますね〜。
外国に嫁ぐ場合、国によっては習慣や考え方が違ったりしますもんね。
そんな時に、旦那さまに「ここのやり方なんだ! お前があわせるべき!」って突き放されたら…辛いと思います。
異文化にとけ込むには時間がかかりますもんね。
国際結婚される方は、どちらか片方があわせるのではなく、夫も妻も、どちらもがお互いに理解しあわないとね。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 04:17
ほんとに、この問題は難しいですね。
日本では、まだまだ老人ホームに"入れる"事が姥捨て山みたいなイメージを持つ方がたくさんいらっしゃると思います。
その家族それぞれの、良い形というのがあると思いますが、これからはマスコミも政府も「こうでなければいけない」という概念を捨てさせる事が必要になってくるのではないでしょうか。

えいと@さんのお知り合いの方のように同居でうまくいくご家族もいらっしゃると思いますが、それは稀なケースだと思います。たいていは問題が出て来て、精神的、肉体的苦痛を伴う事が多くなってきますよね。
せっかく敬いたい親の事を「いやだ」と思うのは辛いです。

私は、老人ホームがもっと明るいイメージで進化して行く事を願っています。できるだけ低料金で利用できる施設も。
国の力、財源をどう確保するかなど、問題は単純ではないですが、老人ホーム(もっと素敵な名前だと良いですね^^)に"入りたい"と思えるような施設が増えて、いろんなチョイスができるようになると良いなぁ、と思います。

同居問題って、結構当方だけでなくて周りがうるさく言ったりしますよね。
私の母は、長男の父の両親との同居を拒み、周りから鬼嫁のように言われた事があったようですが、言われて嫌な思いをするのは一瞬、良い顔して同居して嫌な思いをするのは一生、と思い、とうとう同居はしませんでした。
でも、それは私にとってもありがたい事だったし、がんばってくれた母に感謝しています。
もちろん、祖母が嫌いという訳では全く、嫌だと思わなくて済む方が幸せだと思いました。

なんだか収拾がつかなくなってきましたが(笑)、お互いがいやな思いをしないで(最小限に抑えて)暮らせるのが一番ですね!

旦那さんは奥さんの肩を持ってくれなくちゃ!に一票!
(母は、父が見方になってくれたからがんばれたそうです。)
Posted by yoko at 2009年09月18日 08:30
同居の難しさって、実の親子間でも、同じ人種同士でもあるのに、国際嫁姑ってもっとあると思うんですよ。
食事だって生活習慣だって全然違うでしょう?
だから我が家は、いずれ隣に住む予定だけど、完全同居は、そう言う理由で出来ない、って事、義母に言ってるんです。
今の状態でお互い仲良くしてるのに、同居したばっかりに嫌な部分に目が行くのって嫌じゃないですか。
私自身は子供が面倒見なくていいよう、それなりの施設に入れたらな、って思います。
子供達の相手に気を使いながら過ごすの、嫌ですもん。
Posted by ree at 2009年09月18日 09:24
もしも私たちが日本に住んでいたら・・・
長男の嫁だから義理両親とは同居とかあったのか?
(というか、アメリカ人だから日本に住むってないけど)
アメリカだと親は同居しないと言う方が多いのじゃないのかな?

主人の両親は歩いて2分の所に引っ越して来たので
何か合ったら時にどうなるのか?
寝たきりとか、、、やっぱり考えてしまいます


それとね!!
あの日記は真面目な日記で
ほんとにいきたいんです〜〜(笑)
お金と勇気がないけど・・・
Posted by ちびか〜ちゃん at 2009年09月18日 09:35
お義母さんが一緒に住みたいなら 住んでもいいとは思っています。

私は娘の世話にはなりたくないので
それなりの施設を利用するつもりです

そのためだけに今から お金を貯める気はないですね
老後の為の貯蓄はしていますが
健康なときに夫婦で 使って楽しみたいです

老人ホームなどはピンからきりまで お金さえあれば その分いい暮らしはできますが、、、。

まだアメリカは 日本のようにホームのあきを待ったりする必要がない分 いいかな

どんな風に老いていくか 
どんな風に死ぬか

郡の老人ホームでも 幸せな人は 幸せをうまく見つけるのかもしれませんね




Posted by bachama at 2009年09月18日 11:04

>yokoさん。

>日本では、まだまだ老人ホームに"入れる"事が姥捨て山みたいなイメージを持つ方がたくさんいらっしゃると思います。

そうなんですねー。それはあると思います。
でね、今の日本のホームのあり方ももっと改善しなければいけないと「姥捨て山」のイメージは払拭されないような気がします。
ホームで最後を迎えたい…って思えるような、清潔でケアの行き届いた、そんなホームだったら嫌がる人は少ない思うんです。
ホームや施設を充実させるには…もっと税金を当てないと無理でしょうね。
現在のように全額個人負担では、いいケアをいけられるホームに入ることができるのは一部のお金持ちだけです。

>同居でうまくいくご家族もいらっしゃると思いますが、それは稀なケースだと思います。
>たいていは問題が出て来て、精神的、肉体的苦痛を伴う事が多くなってきますよね。

そうですね。
うまくいってるケースもあるのでしょうが、どちらが多いかというとうまくいっていない、誰かが我慢しているケースが多いように思いますね。
明らかに大きなトラブルはなくても、ちょっとしたことで不満があったり…はあるでしょう。
小さなことでも、問題が出て来た時に我慢してしまうと…それがどんどん積み重なっていくのです。
この積み重ねが大きなストレスになってしまうのですよね。
同居しなければいい関係であったのに、同居したがために気まずい関係になってしまう…。
こんな悲しいことはないですよね。

>旦那さんは奥さんの肩を持ってくれなくちゃ!に一票! (母は、父が見方になってくれたからがんばれたそうです。)

ほんとにこれって大事ですよねー。
嫁姑問題をかかえる多くの場合、旦那が「俺にいわれても困る」とか「いい加減にしてくれ」って放り投げていたり、
あるいは妻が旦那に全く相談ができない状態であったり…ってことが多いそうです。
守ってくれなきゃ頑張れないですよね。
世の旦那諸君! がんばってくれ〜!…って言いたいですね!

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 11:49

>reeさん。

>同居の難しさって、実の親子間でも、同じ人種同士でもあるのに、国際嫁姑ってもっとあると思うんですよ。
>食事だって生活習慣だって全然違うでしょう?

そうですね。国際結婚の方は特にいろいろと難しいと思います。
食事は重要だと思いますね〜。

アメリカでは親は子世帯と同居をしなければならない…という観念が強い家庭は少ないですね。
それだけ精神的に自立している…ってことでしょうか?
しかし、アメリカ人と一括りにされがちですが、アメリカ人でもオリジナルがどこかで 家族のつながりの深さは異なりますよね。
年をとったら子供といっしょに〜って思うアメリカ人もいますしね。
同じアメリカ人でもいろいろだなぁ〜って思いました。

>私自身は子供が面倒見なくていいよう、それなりの施設に入れたらな、って思います。

アメリカの施設は入りやすいのでしょうか?
アメリカのシステムがよくわからないのですが…。
日本の現状ではホーム入所は難しいのですよね。日本の同居率が高いのは、施設の不備が原因のひとつかな…って思います。
これが将来、改善されていけばいいのですけどね…。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 12:10

>ちびか〜ちゃん。

日本では 長男が親と同居するケースはまだ多いですけど、
昔ほどは「絶対に長男」ということはなくなりましたよ。
だって、現在は遺産相続は兄弟平等に分配ですからね。
昔は長男だけに遺産相続してましたから、同居して家を継ぐのは当然だったのでしょう。
それでも田舎の方では「長男が家を継ぐ」という習慣が今でも残っているそうです。
九州出身の友人が言ってました。
制度や法律が変わっても、人の心はなかなか変わらない…ってことでしょうか。

義両親さまのお家と徒歩2分ですか。
それは旦那さまが、将来は自分たちが両親のお世話をする…っていうお考えなのでは…?
同居ではなく近くに住んで…だったら、まだいいと思いますよ。
24時間同じ屋根の下〜っていうのがね、いろいろありそうですもんね。


>あの日記は真面目な日記でほんとにいきたいんです〜〜(笑)
>お金と勇気がないけど・・・

えっ! ほんとに行きたいのですか??? ホストクラブに???
ひょ〜〜〜!
お金、かかっちゃいますよー。
1回ぽっきりだったらちょっとだけ散財〜ですむでしょうが、
お気に入りのホストができて、通うようになったら…。
怖いですよ〜〜〜!
ま、いつかの夢〜♪ということですね。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 12:20
う〜ん 日本は老人ホームってすっごいお金がかかると聞きました。

アメリカは、、、政府が運営している老人ホーム(ソーシャルセキュりティで入れる)がありますが、とんでもない状況です。 あんな所に入れられる前に亡くなりたいっと思うほど。。。以前教会の奉仕で毎週通った事がありましたが、施設に入るのが怖いような老人ホームもありました。 今SSを払う事で(取られることで)将来を安心しているアメリカ人は沢山いるけど、歳をとっていざ政府運営の老人ホームにいれられたら、きっと驚くことでしょう。。。あんなにお金を取られたのに、こんな施設かあ、、、みたいな。。。

今私はアメリカ暮らしだから、親の面倒はみれるならみたいと思うけど、現実にそうなると、確かに難しい事は沢山出てくると思う。 でも育ててくれた親・あと短い命を持つ親の面倒をみれるのならば、お互い色んな事を乗り越えながら生きて行くことを覚悟しておくのは必要ですよね。

あと、えいと@さんが書かれていたように、旦那様のサポートは必要。 やっぱり家族によって違うけど、お互いサポートし合っていくことになるよね。 旦那様とだけではなく、一緒に住む両親とも。。。
Posted by もみじ饅頭 at 2009年09月18日 12:37

> bachamaさん。

>そのためだけに今から お金を貯める気はないですね
>老後の為の貯蓄はしていますが健康なときに夫婦で 使って楽しみたいです

これは えいと@も同感です!
老後のために、お金を貯めるために、今の生活を犠牲にしたくはないですね。
今は今で、十分人生を楽しまなきゃ〜! ですよね。
楽しみながら 計画的に貯蓄をしていかないとダメだと思うんです。

問題はまったく老後を考えないで若いうちに使ってしまうことです。
年を取った時のことは後で考えたらいい、その時になったらどーにかなる…では、どうにもならないことになるかもしれないのです。

日本での同居で、親の貯蓄が全くないから…っていうのもあるのですよ。
子供世帯に稼ぎがある場合、子供世帯が同居し面倒を見なければならない…というケースがあるのです。
子供はまだいいでしょうが、その配偶者はストレスですよね。
お金のない義両親の面倒をみないといけないのですから…。

アメリカのホームは順番待ちなどがないのですか。
それはいいですね。
ホームの数が多い…っていうことなんでしょうか?

どんな風に老いて、どんな風に死んでいくのか…。
それは、きっとどんな風に生きてきたか…によるのだと思います。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 12:47
丁度この夏、義両親の家へ行って、かれらがこれからどうやっていくか。。。という計画を聞いたところだったので、タイムリーな話題でした!
どこの国でも同じですが、特にここアメリカで、外人として老後を送るというのは、色んな問題があるようです。自分達も同じ道ですから、他人事とは思えず考えさせられましたよ。とはいえ、まだまだ毎日の生活に追われ、具体策はないのだけれど。

うちは私の両親は日本にいますしね。結構な年ですし・・・。やっぱりお金、お金ですねー。
Posted by つなみ at 2009年09月18日 12:54
えいと@さん
これはね、もうどんぴしゃりです。今私が置かれていて、悩んでいる事の一つなんです。一人暮らししている義母がもう限界に来ている。ここで同居してあげないのは冷たいのか?などと思っていたんですがね。いろんな方からコメントをもらい、もう罪悪感をもつのはやめにしました。

だって義母との生活なんて考えられませんから。まず、生活習慣が違う、生活リズムもちがう。考え方も子育ての仕方もすべてちがう。それでお義母さんですから、結構ぽんぽん率直な意見を言われますので、それでかちんと来る事もしょっちゅうあるし。それから食生活が全然ちがう。

でね、考えたんです。私は私の家族を守らなきゃいけないって。もし同居したらえいと@さんがおっしゃるようにきっとストレスのはけ口が子供に向いてしまう。疲れて帰って来る夫にも鬼のような顔をして待っていていっぱい愚痴を言う。
そんな生活したくないって。そんなんじゃみんな楽しくないって。

幸い夫も私をサポートしてくれるので有り難いです。これって本当に大事ですよね?

幸いアメリカにはそういう施設がたくさんあるし、ありがたいことに義母にもすこしの貯えもある。だから施設に入ってもらった方が彼女の為にも良いような気がするんです。同じような年頃の方と交流もあるだろうし、参加出来るアクティビティーも提供されている。

ただね、日本にいる友達が言っていたけれど日本にはそんなに施設の数もないし、一般市民にはそんな施設に入る余裕はない。元気なうちは良いけれど、身体を壊して一人暮らしをしている親の行き先はやはり子供の所しかない、と言っていましたねぇ。

うまくやっていけば、同居には同居の良い所もあるんでしょうが、やはりどこかで誰かが(特にお嫁さんが)我慢しなきゃならないような気がします。

老後のことは私もいろいろ考えさせられるんです。
Posted by Cat's mama at 2009年09月18日 13:02

>もみじ饅頭さん。

>日本は老人ホームってすっごいお金がかかると聞きました。

そうなんです。
ケアやキュアの行き届いた、設備のいいホームはとてつもなく高額なのです。
一般的な家庭には支払うことができないような価格です。
公的資金が入った、比較的安価な価格で入れるホームは順番待ちがものすごいそうですよ。なかなか入所できないんだそうです。
こういう状況では老後は子世帯と同居…になってしまうのは仕方がないですね。

>アメリカは、、、政府が運営している老人ホーム(ソーシャルセキュりティで入れる)がありますが、とんでもない状況です。 

あぁ、そうなんですか…。
アメリカの老人ホームの事情が今までわからなかったんですが…。
そういう事情なのですね…。
日本も似たような感じですよ。価格が安いホームの中味はひどいもんだと聞きます。
ため息が出ちゃいますね…。

確かに育ててくれた親を見捨てるなんてことは絶対にしたくないですね。
でも、もし自分の生活で手一杯だったら…。
どっちを優先させるかですよ。
親への援助や同居に関しては、できる範囲で考えていかないと仕方がないのかなって思いますね。

夫婦間のサポートは必要ですね。
どちらかに負担がかかってしまってはダメだと思います。
介護の面では、夫より妻が担うことになるケースが多いと思います。
そんな時に、夫のサポートは欠かせませんね。
特に、夫の親の介護の場合、妻への精神的なサポートは絶対に必要になってくると思います。

難しいし答えがない問題ですが、いつかやってくる親の介護。
そして、自分たちが老人になったときのことは、しっかり考えておく必要があると思います。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 13:40

>つなみさん。

>丁度この夏、義両親の家へ行って、かれらがこれからどうやっていくか。。。という計画を聞いたところだった

つなみさんの旦那さまのご両親は、きちんと計画をされているのですね。
すばらしいです。
ご自身で老後の計画を立てる…。そうあるべきだとおもいますね〜。

ほんとにそうですね。我々日本人はアメリカでは外国人。
外国人がアメリカに永住する場合は またいろんな問題があるのでしょうね。
そのお話、いつの日かぜひ、聞かせてくださいね。

日本のご両親も心配ですね。
つなみさんはアメリカに永住ですもんね。
日本にご兄弟はおられるのでしょうか?

えいと@も、完全に同じではないんですが不安はありますね〜。
日本に帰国になるのか、アメリカで仕事をすることになるのか…。
まったくわからないのです。
もし、アメリカに残る場合…親のことは悩みますね…。
特に夫の親は一人暮らしですからね。。。
夫は一人っ子ですし…。

本当にお金、大事ですよー。
自分の老後のことも考えないとダメですしね〜。
世の中、金でっせ〜…って、なんだか。。。。。ですけどね。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 13:52
こんにちは^^
ベリーさんのブログからやってきました。
よろしくお願いいたします。

私は三人の子供の親ですが、子供は巣立って欲しいと思います。一緒に暮らすことは考えていません。
それぞれ一生懸命自分の人生を暮らして欲しいと思います。
老後は実家に帰り、農業しながら時々子供が来たりするのが、いいのかな〜?思っています。
Posted by わーこ at 2009年09月18日 13:55

>Cat's mamaさん。

Cat's mama さんが先日、あの記事を書かれた時にすごーっく悩まれているのが読み取れましたよ。
ブログに書こうか、書くまいか…。それも悩まれていたんじゃないですか?

ママさんのところでコメントに書いたけど、まずはママさんの家庭ですよ。
ほんとに自分の家庭を壊しちゃってたら、それこそ 何してるかわかりませんもんね。
ママさんの家庭がうまくいってるからこそ、旦那さまのお母さまにも優しくできるんです。
心にゆとりがないと介護なんてできませんよね。

>幸い夫も私をサポートしてくれるので有り難いです。これって本当に大事ですよね?

そうですよ〜! すごーーーっく大事なことです。
ママさんの旦那さまが「自分の家族が一番大切」って考えてくださってるからですね。

よくね、嫁姑のもめ事に関わりたくない〜って旦那が世の中には存在するのです。
確かに面倒くさいと思いますよ。
旦那から見ると 何でそんなしょーもないことでケンカすんねん…っていうことだってあるかもしれません。。
でも、義理の仲ってなかなか本音でぶつかれないですもんね?
これはちょっと旦那から言って欲しい…ってこと、ありますもんね?
ちょっと愚痴を聞いてくれたら、それで気が晴れる…ってことありますよね?
旦那の家族の世話を妻にお願いしたいんなら、そういうサポートはしてもらいたいです。
旦那のサポートなしでは 義理の親の世話は難しいと思います。

自分自身の老後のことも考えてしまいますよね。
アメリカも日本も、まだまだ老後のケアが十分ではありませんしね。
避けて通れないけど 難しい問題ですよね、本当に…。(ため息)


Posted by えいと@ at 2009年09月18日 14:14

>わーこさん。

はじめまして! ご訪問とコメントをありがとうございます〜。

>私は三人の子供の親ですが、子供は巣立って欲しいと思います。一緒に暮らすことは考えていません。

そうですね。
子供さんには子供さんの人生がありますもんね。
今の30〜40代の方は、わーこさんのようなお考えの方が多いように思います。
その上の世代の方は半々でしょうかね〜。
今の50代以上の方って若い頃はわーこさんのように考えていた方も多かったように思うのですけどね…。
だんだん年を取ってくると考えが変わってくるのでしょうか…?

>老後は実家に帰り、農業しながら時々子供が来たりするのが、いいのかな〜?思っています。

どちらのご実家でしょうか? 旦那さまの? わーこさんの? 
どちらかのご両親と同居…ってことをお考えなんでしょうか?
田舎に住むのはいいですよね〜。
えいと@も年をとったら田舎に住みたいですね。
でも、えいと@は同居は辛いかな。
近距離別居ってのが理想…かな〜って思います。

Posted by えいと@ at 2009年09月18日 14:25
自分の父は3男だけれども親と同居でした。
生活サイクルをあわせるのはムリなので台所を二つにしてお互い好きに、それでタイミングが合えばみんなで夜ご飯って感じでした。

でも今思えば結構出来た祖母と母だった気がします。少なくとも自分の目には摩擦は感じられませんでしたので。
Posted by かげ at 2009年09月19日 16:46

>かげさん。

かげさんのご両親も同居でしたか。
実は、えいと@の両親も同居していました。うちの場合は母親の親との同居でしたが。
子供の立場から見たら、うまくいってるようにみえました。
家庭内がの空気が険悪な様子はなかったし、夫婦仲も良かったです。

しかし、大人になってから聞くと「かなり気を使っていた」そうです。
特に母が。
父にとっては、えいと@の祖母は姑になるんですね。
表面には出て来なかったですけど、婿姑の問題はゼロではなかったようです。
母が、父と祖母の間に入っていろいろ気を配っていたそうです。

もちろん、うまくいってる同居家族もあると思います。
人柄にもよるでしょうし。
かげさんの家族の方は、みなさんが大らかで お互いに過干渉にならず、いい距離を保っておられたのではないでしょうか?

すべてがそういう同居であればいいのですが、なかなか現実を見るとそうではないようです。
昔の人は忍耐強かったのかもしれませんね。
これくらいは我慢しよう、我慢して当たり前…という感覚。
しかし、今の人は自己主張が強いというか…。
自分の生活をまず大事にしたいと思うのでしょうね。

昔は「家」中心の考え方でした。
でも、今は「個人」中心になってきています。
これも時代の流れで仕方のないことかな…と思いますね〜。

同居が100%悪だ!…とは思いませんが、
同居するなら、干渉しすぎないで お互いに譲り合っていかないとダメだし、
夫の親との同居であれば夫が、妻の家族と同居であれば妻が、
自分の配偶者を全力で守らないとうまくいかないんじゃないかなって思います。


   えいと@



Posted by えいと@ at 2009年09月19日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。