2009年09月07日

バトンで自己紹介 Part3 その弐


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編です〜。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    バトンで自己紹介♪ Part3!


さて、質問の続きに答えていきまっせ〜。(*゚▽゚)ノ


今からの質問、けっこう難しいっていうかね。内容が濃〜いのですよぉー。


記事に仕上げるのに時間がかかっちゃいましたよぉー。(;´д`)


誰ですかぁ〜? こんな難しい質問を考えた人は〜。 (-ε-) プー




*理想の彼氏(彼女)のタイプを5つあげてください


*責任感がある人

*夢を持ち続け 信念があり 有言実行の人

*優しい人(優柔不断ではない優しさを持ってる人)

*賢い人(勉強ができるという意味ではなく 頭のいい人)

*えいと@を世界で一番大切に考えてくれる人♪
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o うひょー。



*旦那、彼氏(妻、彼女)とケンカをしたら?


めったにケンカをしないえいと@夫妻。


時々ですがケンカすることがあります。


ケンカっちゅーか、意見のくい違いですかねぇ。


意見のくい違いで言い合いをした場合には、いいたいことを言いあって、そのケンカのテーマが終わってからは絶対に後に残さないようにしています。


ウジウジといつまでも考えない! 同じことを蒸し返さない! これを徹底しています。(。・・。)(。. .。)ウン


そのかわり普段から言いたいことがある時にははっきりと言うようにしていますねぇ。


言いたいことを言いあってお互いの不満やストレスを貯めないのが一番ですよねっ。v(*'-^*)-☆



*親友と呼べる人は何人?


うーん、何人でしょうか? σ(゚・゚*)ンー


ところで親友…って何だろう?


友人と親友の違い…って何だろう?


楽しい時間を共有できる…っていうのは友人ですよね?


友人はたくさんいます。


友人の中でも、楽しく時間を過ごす友人、少しだけ深い話までをできる友人、腹を割って話せる、悩みなどを相談できる友人。


いろんなタイプの友人がいますね〜。


だけど親友…って友人とは違いますよね?


苦しい時や辛い時、どんな状況の時にでも支えあえる人、それが親友でしょうか?


そうであるなら、えいと@にとって親友と呼べる人間は一人です。


それは えいと@夫。 (*⌒―⌒*)


えいと@夫はえいと@の配偶者でありますが親友でもあります。


えいと@が悩んでるとき、落ち込んでるとき、しんどい時、どんな時でもそばにいて支えてくれるありがたい存在です。(´∀`)


えいと@夫が えいと@の一番の理解者であると思っています。d(゚∇゚*)



*あなたにとって人生とは?


えいと@は人生、それは修行であると考えています。


人間、生きているといいことばっかりじゃないですよね。


辛いこと、苦しいこと、イヤになっちゃうこと、いーっぱいありますよね。


でも、それも神様から与えられた試練だと思うのです。



世の中には、いろんな理由はあるんでしょうけど自ら命を絶つ人がいます。


自ら命を絶つ人は、その人なりに悩み、苦しんでの結果でしょうが、


自分の命を絶って解決するのは絶対に良くないと思っています。


残された人の気持ちって考えられないんだろうか?…って思うのです。


どんな人間でも一人で生きているってことはありません。


どんな人にも生んでくれた親がいます。


そして夫、妻、子供、友人がいるのです。


残された人の悲しみを考えると安易に「死」を選んではいけないと思います。


この世に生を与えられた…ということは、何か役割があるはずなのです。


役割を果たさないまま「死」を選ぶことはその役割を放棄することなのです。



以前ある病気が原因で余命を宣告された方のブログを読んだことがあります。


その方は自分の残された時間を一生懸命に生きておられる方でした。


その方のブログに「自殺が許せない」と書いてあったのです。


「なぜ、そんなに自分の命を租末にするのか。


せっかく生きることができるのに、いっぱい時間があるのに、なぜそれを自ら絶とうとするのか?


要らない命なら、私にください! あなたの命を私にください!」
と叫ぶように書かれていました。


えいと@はこれを見て涙しましたよ。



生きることは大変なことです。


いいことばかりではない、辛いこともいっぱいあります。


でも、生きなきゃ! 


誰にでもいつかは「死」が訪れます。


それがいつかは誰にもわかりません。


でも! その日を自分で決めてはダメなのです。


与えられた命をまっとうすることが生きる=修行をやりとげることであると思います。



*何のためなら一肌脱ぐことができますか?


そうですねぇ〜〜〜。


やっぱえいと@夫のためかなぁ〜。(´▽`)


ご存知だと思いますが、えいと@夫妻には子供がいないんですよ。


どっちに原因があるとか、あえて作らなかった…っていうわけでもないんです。


自然に任せてたらできなかった〜って感じなのですね。


こりゃ、きっと神様が「二人で生きていきなさい」って言ってるのかなぁ〜って思うんですねぇ。


えいと@夫妻には子供がいないので子供に注ぐはずであった愛情を えいと@夫に注ぐことにしよう…って考えています。


なので、えいと@夫のためなら え〜んやこ〜ら♪ですよー!ヽ(*^◇^*)/


えいと@は縁の下の力持ちになります! ヽ(・∀・)/ ヨイショッ



*あなたの趣味、特技を教えてください


趣味っていうか、旅行するのが好きですね〜。(^∇^)b


いろんなところに行ってみたいです!


独身の頃、あちこち旅行をして来ましたが、まだまだ見ていない場所がたーっくさんあります!


世界は広い!(@∇@)


いろんなところに行っていろんなことを感じたいです!(⌒^⌒)bウン!



特技は…う〜〜〜ん、なんだろ?


ブログネタを探すのがうまい…かなぁ〜?(*^.^*)


えいと@ってしょーもないことでも、ブログの記事にしてしまうことが多いんですね〜。( ̄∇ ̄*)ゞエヘ


普通の人だったらさらっと流してしまうようなことでも、


これはいったい何? どーいうこと???…って いつも疑問に思い 追求してしまうのです。


街を歩いてても、きっと普通の人は気にしないことでも立ち止まって見るんですよねぇ〜。


そのおかげでブログネタには困りません! (≧∇≦)b


ほんとはね、アラスカ紀行 その1&その2、バンクーバー旅行記もはやく仕上げたいのですよ〜〜〜。


えっ? まだ終わってないの? (゚〇゚;)…って思われました?


そうなんです〜〜〜。まだ完結していないのですよぅ。(^▽^;)


いい加減、はやく記事にしたいのですけどね〜。


旅行記の合間に、日頃のことを入れてるとどんどん後回しになっちゃって…。(;´▽`A



そんなわけで。


こんなえいと@のブログにいつも遊びにきてくださる方!


本当にありがとう〜! ☆^ヽ(*^-゚)vThank you♪☆


コメントくださる方も、読み逃げされている方も、本当に本当に感謝ですぅ〜。


また読みにきてね〜♪ (*゚ 3゚)/~チュッ♪



*今、行きたいところはどこですか?


日本ですっ! (^▽^)/


日本に一時帰国したいですー!


昨日の記事にも書いたけど炊飯土鍋で炊いたホカホカアツアツの白いご飯に納豆をかけて食べたい!ですねー。(ノ゚ロ゚)ノ タベタイー!


あとはお風呂ですねっ!


た〜ぷりのお湯にゆ〜ったりと浸かって鼻歌を歌いたい! (ノ゚ロ゚)ノ オフロ~!


やっぱ日本はいい国ですよぉ〜。


政治がちょっと心配だけどね…。( ̄_ ̄|||)



*今、自由に使えるお金があったら何に使いますか?


いろんなレストランに行って、お金を気にせずに思いっきり食べたいです〜。


バッファロー近郊にはいいレストランがいーっぱいあるんですよ〜。


今は、節約のためイベント時以外はレストランでの外食禁止令を出してるのですよね〜。(x_x)


あちこちのレストランでおいしいものを食べてる人の話など聞くと、いいなぁ〜って思うわけです。


ま、現実はお金がないんですし。


グッと我慢の子でいきますね〜。(==;)



*将来の夢は?


将来の夢ですか〜。そうですね〜。


えいと@夫のJob ハンティングがうまくいって、立派な学者になってもらいたいですね。(゚▽゚*)


そして、休暇には えいと@夫と二人でいろんなところに旅行したいです。


えいと@夫と二人で どこか田舎での〜んびりと老後を過ごしたいなぁ〜♪って思いますぅ〜。(*´∇`*)



*バトンを回してくれた人を動物に例えると? その理由は?


バトンを回してくださったmoiさんニャンコちゃんのイメージです。(*^^*)


凛とした気高さ、そしてちょっとした時のかわいらしさを感じます。


最近、コーチャンというニャンコちゃんが新しく家族の仲間入りされたそうで。


またコーチャンの仕草がかわいいんですねー。(=´▽`=)

  moiさんちのコーチャンはこちら → コーチャンのお昼寝


この写真とmoiさんが何となくかぶっちゃいましたぁ〜。(*^m^*)



*次にバトンを回す3人を紹介してください


ハイ。


お一人目は「Kei's Corner」の管理人、bachamaさんです。


bachamaさんは国際結婚をされ アメリカ中西部に旦那さまと住まれています。


たくさんのお孫さんがおられるようには見えない、とっても若々しい方です。


若い頃からいろんな苦労や経験をされているんですね〜。それがbachamaさんのブログに色濃く出ています。


bachamaさんのブログでは 考えさせられることがいっぱいあります。


そんなbachamaさんがバトンを受け取ってくださいました〜♪



お二人目は「シカゴ赴任、どうなるかな?」の管理人、おね太郎さんです。


旦那さまのアメリカ赴任に伴い、駐在妻として子供さん2人とシカゴに住まわれているパワフルな母ちゃんです。


もうね、感心するくらいしっかりした思考、信念をお持ちなのですねぇ〜。


旦那さまが非常にお忙しい方なので、自分自身がしっかりしないと子供はどうなる!…と、すごっく頑張っておられるのです。


お菓子やパン作りも大好きな、とっても家庭的なお母さんであるおね太郎さんが バトンを受け取ってくださいました〜♪



そして最後のお一人は「OH! 日記」の管理人、yokoさんです。


yokoさんは、旦那さまのアメリカ赴任に伴い、アメリカ中西部、OH(オハイオ州)に旦那さまとお二人で暮らされています。


お料理するのが大好きな方で、愛する旦那さまに毎日おいしいお料理を作られています。


yokoさんのお料理は 見た目もとってもきれいなんですね〜。


どうやったらあんなに上手においしそうに盛りつけられるのか…って いつも感心しています。


そんなyokoさんがバトンを受けとてくださいました〜。



bachamaさん、おね太郎さん、yokoさん。


バトンを渡しましたよ〜。よろしくお願いしますね〜♪ m(*- -*)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



ラベル:自己紹介 バトン
posted by えいと@ at 14:14| Comment(27) | TrackBack(0) | ごあいさつ&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の自己紹介で、あらためて、えいと@さんの、@夫さんへの「愛」が、
ぶわわわわ〜〜〜んと伝わってきましたよ。
いいわあ。

やっぱりね、こどもは「預かり物」なんですよ。
大人になって、巣立っていく。
自分達も、そうでしたよね。

パートナーは、自分が選んだ、自分を選んでくれた「大切なひと」。
ずっと、ずっと、二人で、いい時を過ごしたいですよね♪

とっても素敵な「自己紹介」を聴けて、うれしいです。
Posted by 母ちゃん at 2009年09月07日 15:25
うふふ、昨日の記事でお二人の愛を感じたのは
旦那様の努力する姿を見て頑張ろう!っておっしゃってるからです!
これって、旦那様のことを尊敬できるからこそ言えるんだろうなって。
夫婦間でお互いの努力を認め合い、尊敬し合い、っていうのは
できそうでなかなかできないものだと思うんです。
それをえいと@さんご夫妻から感じたので愛だ!と思いました☆
しかも親友としても理解しあえるなんていいわぁー!!
理想の5つのポイント、旦那様ピッタリなんじゃないですかー??

そうそうこないだのアボカド・スパム丼なんですが
わたしはスパムをほんの少しのバターと醤油で炒めてました。
時間がないときにおすすめですよん☆
Posted by ちい at 2009年09月07日 23:49
うふふ。ごちそーさま(・∀・)モエッ
てなお答えでしたね〜〜〜(^ー^* )フフ♪

中には私が考えていた答えといっしょだったりして
う〜〜〜〜〜〜でしたが。苦笑
一昨日から日本のTVが入るのですが
やっぱりというか、マスコミは今度は民主党叩きしてますね。
日本のマスコミって何でいるもこうなんでしょ?
一斉に持ち上げて次は一斉に叩く・・。

今回は毎日更新の人に・・って
私3回ともえいと@さんから回ってきてるよーな。
いや、別にいいのですよ。
パワフル母ちゃんだから。爆笑
あっ、私、お菓子作りは好きじゃないですよ。
ないから、あっても高いから仕方なく作っているだけです。
日本なら作ってませんよ。
Posted by おね太郎 at 2009年09月08日 00:04


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>母ちゃん。

>えいと@さんの、@夫さんへの「愛」が、ぶわわわわ〜〜〜んと

あはは〜ぶわわわ〜〜〜んと…ですかー。(笑)
えいと@夫妻は出逢ってもうすぐ15年になるのです。
なのでラブラブ〜♪な感じは全くないのですよー。
どっちかっていうとクールな夫婦。(笑)
でも、世界で一番大切なのは えいと@夫ですねぇ〜。
えいと@夫がそんな風に思ってくれてるかが疑問ですがね。(苦笑)
なにせ「できない嫁」ですから〜〜〜。(爆笑)

子供は預かりもの…そうなんですね〜。
子供の成長を見守り、そして巣立つとともに手放すのが親の愛ですよね。
親の愛って無限だと思いますよー。本当に親には感謝ですね!

>パートナーは、自分が選んだ、自分を選んでくれた「大切なひと」。
>ずっと、ずっと、二人で、いい時を過ごしたいですよね♪

本当にそうだと思います。
子供が巣立っていった後、長くいっしょに過ごすのは伴侶、パートナーですもんね。
長く一緒にいると、お互いに遠慮がなくなり、思いやりもどっかに置いて来ちゃった〜なんてことがないようにしたいですよね。
夫婦って年輪だと、本当に思います。
思いやりも積み重ね。感謝の気持ちを忘れずに生活したいですね。
自分で選んだパートナーですもん。いつまでも大切にしたいですね。

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 02:47

>ちいさん。

>昨日の記事でお二人の愛を感じたのは旦那様の努力する姿を見て頑張ろう!っておっしゃってるからです!
>これって、旦那様のことを尊敬できるからこそ言えるんだろうなって。

ありがとう〜、なんかうれしいですー。
そうなのですね〜。尊敬してますね〜、夫のこと。
えいと@よりもだいぶ年下なのに、すごーーーっく尊敬できます。
夫が頑張ってる姿を見ると、えいと@は支えていこう〜!…って思えるのですねぇ〜。

親友って定義、むずかしいですよね?
悩みを相談しあったり、深い内容のことまで話すことができるのが親友なのかな〜…とも思うんだけど。
でも、なんか違うかなって。
本当にしんどい時って、友達には頼れないんですよ。
悪いな〜って思っちゃって。
本当に心が落ちてる時に、そのまんまの顔を見せることができる、…っていうのが親友かなって。
じゃ〜えいと@夫しかいないじゃん?…って思ったのですよー。(笑)


スパム丼、バター醤油味なんですか〜。へぇ〜〜〜!
それとアボカドがあうんですね?
やってみよう〜〜。おいしそうー!

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 02:58

>おね太郎さん。

うふふ〜なんだかおのろけな記事になってしまいましたねぇ〜。ごめりんこです〜。(笑)

え、考えてた答えと同じのがあったんですか?
ホント〜〜〜? ひゃーどの質問だろー?
質問の回答が同じでもいいんじゃないかな? 考え方が同じ〜って負ってもいいと思いますヨン。

>今回は毎日更新の人に・・って 私3回ともえいと@さんから回ってきてるよーな。

あら、そうでしたね? ホントだ、3回ともだわ!(爆笑)
だって〜〜〜頼みやすいんだもん〜〜〜。(笑)
長くブログ友達やってるしね〜。
んで、毎日更新されてるし〜〜〜。
バトン、よろしくです〜♪

えっ、お菓子作り、好きじゃないの?
んなことないでしょ〜〜〜!
好きじゃないと作りませんよ〜。
日本では作らなかったのは 作らなくてもおいしいお菓子があったからでしょー?
えいと@はアメリカにおいしいパンがないけど作らないもん。(笑)


>マスコミは今度は民主党叩きしてますね。
>日本のマスコミって何でいるもこうなんでしょ?
>一斉に持ち上げて次は一斉に叩く・・。

そうなんですか〜〜〜。
今は自民党を叩くに叩けないから民主党をたたき始めたのかなぁ〜?
日本のマスコミって「たたけばいい!」って思ってるんでしょうかね?

マスコミが厳しく政界を見つめるってのはいいと思うんですよ。
でもね、偏り過ぎてるじゃないですか?
ダメな部分を叩くのはいいけど、そうであるならいい部分もちゃんと報道しなきゃ〜。
国民はニュースやマスコミを信じるんだから、
悪いことばーっかり報道すると、国民は政治に対して不信感しか持たないですもんね〜。
これも一種の洗脳教育ですよね。

は〜〜〜ため息しか出ないわ〜〜〜。

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 03:09
ブログを拝見する度に、えいとさんのご主人に対する愛情を感じます。(^^)
えいと@ダンナ、幸せですね〜♪
私もえいとさんのようにダンナにもっと愛情をそそげば、やっぱりダンナも変わるもんなのかなぁ・・・(^^;
持ちつ持たれつですかね、、。
Posted by mucci at 2009年09月08日 05:05
ハロー。えいと@さん。。。

えいと@さんの自己分析すばらしいです。
自分のことをこれくらいわかってると生きやすいですね。
信念のある説得録のあるバトンで私、こんなに上手に書けないなあと
思っています。良い年して恥ずかしいわ〜〜。

ほんと、ご主人との愛情の深さも素敵です。うちはほったらかしだし〜。一度ラブラブなお二人の爪のあかでものまんとあかん〜というかんじです。

Have a nice day!!
Posted by ミント at 2009年09月08日 06:19
えいと@さん、こんにちは^^

バトンって、随分難しい質問がまわって来るのですね〜。
でも、そんな質問のお陰でえいと@さんのことを
より一層知ることができたような気がします^^
家庭に愛が溢れてるって良いですよね〜♪

子供のことは、私も同じように考えています。
できたらとってお嬉しいし、できなかったとしても、
それには、何か意味があるのかな〜と自然に任せようと思っています。
まだまだえいと@さんには、及びませんが、
その分の愛情を目一杯旦那さんのために使っていこう!
とえいと@さんの記事を読ませていただいて、改めて思いました♪
Posted by ももんが at 2009年09月08日 06:27

>mucciさん。

>ブログを拝見する度に、えいとさんのご主人に対する愛情を感じます。(^^)

わはは〜ありがとうですー。
今回、ちょっと夫のいいことを書き過ぎちゃいましたかね?(笑)
気に入らない部分ももちろんあるんですよー。
でも、人間だもんね。
欠点のない人はいないですもんね〜。

>えいと@ダンナ、幸せですね〜♪

わはは〜でもね、きっと えいと@夫より えいと@の方が幸せですよ。(爆笑)
だって、いっつも我がまま言うのはえいと@ですからー。

mucciさんのおっしゃる通り「夫婦は持ちつ持たれつ」だと思いますね〜。
夫婦に限らず、優しくすれば優しさが返ってきますもんね?
笑顔には笑顔だと思いますヨン♪

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 09:27

>ミントさん。

えいと@夫妻はけっしてラブラブじゃないんですよー。(笑)
もう知り合って15年なんですよ。
なので、空気のような存在です。
その空気をいつもきれいな、心地よい空気にするように心がけよう〜って思ってるんですよ〜。
吸って苦しいような空気じゃイヤですもんね?

自分のことがわかってきた…って言うの、最近…っていうか、
ブログを始めてからかもしれませんね〜。
いろんなテーマを考えるうちに、自分ってこんな考え方をするんだーって。
ちょっとびっくりなこともあって、自分発見!になってますよ。
そういう意味でブログっておもしろいなぁ〜って思います。

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 09:33

>ももんがさん。

今回のバトンが一番難しかったですね〜。
かなり考えましたよ、特に後半!

>できたらとってお嬉しいし、できなかったとしても、それには、何か意味があるのかな〜と自然に任せようと思っています。

えいと@もまさしくそんな感じです。
子供が絶対に欲しい方は不妊治療をされるんでしょうが、
えいと@は不妊治療は全く考えませんでした。
もちろん不妊治療に抵抗がある…とかいう気持ちは持っていませんが、
えいと@夫妻は自然にまかそう〜って話し合っていたのですね〜。
今は子供がいなくて悲しい〜なんて思いません。
夫と二人で人生を楽しもうって思っています。

縁あって一緒になった夫婦ですもんね。
お互いに思いやりを持って生活していきましょうね〜♪

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 09:40
いつにも増してえいと@さんの旦那様への愛の深さを感じました〜
尊敬できる旦那様と人生を共に歩めるって素晴らしい事ですね
日本を離れて頼れるのは旦那様だけっていう環境が
より2人の絆が深まったような気が〜〜
日本にいるとやれ親戚が、兄弟が、はたまた両家の親がで
いらぬ喧嘩をしてしまって気まずくなってしまうのですが
2人の間で起こった意見の違いは話し合いで解決出来ますもの〜
いつまでもお幸せに〜〜〜♪
Posted by at 2009年09月08日 09:47
うんうん、えいと@さんと旦那様がほんとに人生の良きパートナーであるんだなぁ、と感じさせる自己紹介ですね。
パートナーの事を心から信頼できるというのは幸せな事ですよね^^
私も、いつまでもお互いを尊重しあえる、仲良しパートナーでいたいと思っています!
で、バトンは、次回アップかなぁ?!(笑)
Posted by yoko at 2009年09月08日 10:41
えいと@さんこんにちわ。
下の記事からずっと読ませて頂きましたが、なんかすっごく内容の濃いバドンでしたねぇ。
えいと@さんの親友はタダ一人、えいと@夫さんっていうところ、感動しましたよ。えいと@夫さんのためなら人肌ぬげるえいと@さん。ブログからいつも伝わってきたけれど、ものすごく良い夫婦だなぁと改めて感動しましたー。
それから、えいと@さんの名前がお誕生日の8月から来てるってのも知らなかったですー。
Posted by Cat's mama at 2009年09月08日 11:01
こんばんわ!
喧嘩は我が家は最近はピリピリモードだから
すく喧嘩になってしまう〜〜
でも溜め込まない方がほんといいですよね!

同じく日本にかえりたい〜〜
Posted by ちびか〜ちゃん at 2009年09月08日 11:49
わー、難しい質問でしたね。夫婦であって親友、そうよねー。えいと@さんのやさしい気持ちが伝わってきました。思いやる、って言うのは簡単だけど、毎日一緒に生活しているとなかなかできないのよねー。ああ、反省。明日から家族にやさしくしよっと。

私もお金が手に入ったら日本に行きたいな。
Posted by つなみ at 2009年09月08日 13:16
けいちゃんとうとうとしてしまい今 おきだしてきた私

ほんと 日本のお風呂 懐かしい!!

やっぱり 日本ですね

行きたいところって、、。

頑張って今から 書き上げるか。

初めてのバトンです。 ありがとね

回された方 みなさん このあたりに住んでおられるんですね
Posted by bachama at 2009年09月08日 13:50
えいとさん、丁寧に答えてますね〜。
エライ!
少し見習わないとね(笑)
ブログのネタに困らないなんて良いですね〜。
毎日更新して内容もしっかりしていて
いつも感心しているんですよ。
良い旦那様に出会えて、感謝ですね♪


Posted by コメット at 2009年09月08日 14:13

>E店長さん。

>日本を離れて頼れるのは旦那様だけっていう環境がより2人の絆が深まったような気が〜〜

これはありますね〜!
特にえいと@は英語ができないし、はじめはアメリカ生活が嫌で嫌で仕方がなかったのです。
もちろん友達もいないし。
そんな時に、夫自身、すごーっく忙しくて大変だったろうに、
いろいろ えいと@のことを気遣ってくれました。
大学院の留学って1〜2年目が一番大変なのです。
今から考えたら、あの時期は えいと@がいろいろと気遣わなきゃいけなかったのに…って思いますね〜。

えいと@夫の優しさをすごく感じましたね〜。
だから えいと@が夫を支えていこう〜って思えます。
がんばります!




>yokoさん。

>えいと@さんと旦那様がほんとに人生の良きパートナーであるんだなぁ、と感じさせる自己紹介ですね。

そうですね。本当に良きパートナーです。
夫のことすごーく信頼、尊敬できますね。
何でも相談できますし、泣き言も言っちゃってます。(笑)
尊敬できる人が自分の伴侶って、すごく幸せなことだなって思います。
夫を大事にしよう〜って思いますね〜。

yokoさんのバトン、楽しみにしてますよ〜♪




>Cat's mama さん。

ホントに濃い内容のバトンでしたー。
かなり時間がかかっちゃいましたよ〜。

>えいと@さんの親友はタダ一人、えいと@夫さんっていうところ、感動しましたよ。

ありがとう〜。そういってもらえるとうれしいですー。
ホントにきつい時、苦しい時に支えてくれる…って、夫しかいないかな〜って思ったんです。
友人も言えば助けてくれる人はいるでしょうが、やはり遠慮しちゃいません?
こんなこと聞いてもらうのって迷惑だろうな〜って。
だって、それぞれに生活があるんだもんね。

夫は「今からの人間」なんですよね。
これから成功するかどうか、まだわからない状態なのです。
だから えいと@が支えていく役割なんだって思ってます。
がんばりますー!

ハンドルネーム、そうなのー。Eight@なのよぉ〜。単純でしょ?(笑)

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 14:21

>ちびか〜ちゃん。

>喧嘩は我が家は最近はピリピリモードだから すく喧嘩になってしまう〜〜

わかります〜。
今、ちびか〜ちゃんの旦那さまは無職だし、気持ち的に余裕がないんだと思いますね〜。
だから口調もきつくなっちゃうのかな〜って。

お金がないとケンカしちゃいますよね。
えいと@夫妻も一時、そうでした。
ホントにどうしよう〜〜〜って時期があったのですねぇ。
お金がなくてケンカなんて…辛いですよね。

夫婦ってケンカしてもいいと思うんです。
でも、言ってはいけないことはありますよね。
親しき仲にも礼儀あり〜ですよね。
それと、溜め込まないことも大事ですよね〜。
溜め込むと爆発しちゃうもん。

ケンカもうまくやって、ストレスをためないようにしていきましょー。




>つなみさん。

そうなんですよね〜。
家族になっちゃうと、馴れ合いが出ちゃって お互いの思いやりや気遣いが減って来ちゃいますよね。
でもね、夫婦って元は他人なんですよね。
つなみさんも、子供ちゃんに対する感情と 旦那さまに対する感情って微妙に違うでしょう?
だから余計に、旦那さまにはちょこっと多めに気遣うことが大事かなって思いますヨン。

夫婦の絆って年輪だと思うのです。
毎日の積み重ねですよね。
そして、優しくされたら自分も優しくしよう〜って思うのですねぇ。
不思議なもんですね。人間って♪

日本でゆっくりお風呂に浸かりたいですね〜〜〜。
あぁ〜恋しや日本〜♪




>bachamaさん。

日本のお風呂、なつかしいでしょうね〜。
えいと@もなつかしいですー。
ゆっくりと入ってくつろぎたいですね〜。
bachamaさんはもう長いこと入っておられないのでしょうね〜。
アメリカにも温泉はあるけど、ちょっと違いますもんねぇ。
水着着用だし。(笑)

>回された方 みなさん このあたりに住んでおられるんですね

ほんとですね!(笑) 皆さん中西部ですね〜!
bachamaさんのバトン、楽しみにしてます〜♪




>コメットさん。

今回のバトンはけっこう大変でしたよ〜。
20問もあったし、内容が濃かったですー。

>ブログのネタに困らないなんて良いですね〜。

コメットさんも毎日更新されてるじゃないですか〜。
やはり「小さなもの、発見♪」の精神ですよね。
さらっと探してしまいそうなことでも 足をふと止めて見てみる。
この好奇心がブログネタになるのですよね〜。(笑)

えいと@夫は、えいと@にはもったいないくらいの旦那です。(笑)
わはは〜のろけちゃってごめりんこです〜♪
もちろん、イヤな部分もありますよ。人間誰でも100%じゃないもんね。
頑張る夫を支えるのが、えいと@の役目だと思っています♪


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年09月08日 14:38
いやいや、えいと@ご夫妻のラブラブがみんなの心を温かくする内容で・・・ぜんぜん厭味なくのろけられるのは、愛ですねっ

たいへんなバトンだったのに、ご苦労様でした。
私も仕上げなきゃ・・・(こればっか言ってるな・・・)

お褒め?の言葉まで頂いてしかもリンクいただいてて恐縮です。

それでは私もアップの準備を・・・・
Posted by moi at 2009年09月09日 04:21

>moiさん。

>えいと@ご夫妻のラブラブがみんなの心を温かくする内容で・・・ぜんぜん厭味なくのろけられるのは、愛ですねっ

あはは〜ありがとうですー。
気持ち的には夫のこと、尊敬してますし感謝してますし、めちゃくちゃ大切な存在なんですけど、
それをちゃんと言葉として表現してないですね〜。
これが今後の課題です。

moiさんのバトン、楽しみにしてますね〜♪
難しい質問だけど(数も多いしね)頑張ってください!


     えいと@

Posted by えいと@ at 2009年09月09日 05:37
自殺は「絶対ダメだ」というけれど・・・・・
私はね、死を選んでしまう人は決して「安易」にでは
ないと思うのですよ。

喧嘩したとか、捨てられそうだから、恋人の気を引く為に
リストカット…というのは短絡的で、それこそ「安易」で
すけど、本当に命を絶ってしまう人は精神(心)が病んでし
まっているのだと思います。
周りの人間は勿論、自分自身でもコントロール不能なほど
病んでしまっている状態の場合、「命を粗末にしている」
とか「自殺する勇気があるなら何でも出来る」という言葉
は届かない。
思いとどまれる人は、まだ正気を失っていないだけだと
思うんです。
自殺してしまう人を「呼ばれてた」と表現する事があるよ
うに、普通の精神状態ではない人をただ「弱い」と決めつ
けてしまうのはどうでしょう?
偏った視点だと思いませんか?

暗〜〜〜いコメントでごめんなさいm(__)m
でも、自殺する人を簡単に「弱い」とか「贅沢」と
片付けてしまう事に、常々疑問があるんですよね〜。
Posted by たまてん at 2009年09月09日 09:14

>たまてんさん。

たまてんさんが言われていることはよくわかります。
私は、自ら命を絶つ人全員が 弱い人間であるとはけして思っていません。
悩んで苦しんで、どうしようもなくなって「自殺」という方法を選んでしまう人もいるでしょう。
病気のせいで自殺する方もおられます。
鬱病を患っておられる方の中には「自分の存在価値」がわからなくなって「死」を選んでしまう人もいますよね。
そういった病気の方や精神を病んでおられる方の「死」を責めるつもりはありません。

私が言いたいのは「死にたい!」と思うほど辛い経験をされている人に「自分だけが辛い」のだと思わないで欲しいってことです。
どんな人間だって辛いことがあるのです。
生きている以上、楽チンな人生なんてあるわけはないのです。
みんな必死に生きているのです。

自分が死んだら楽になる。じゃ、残された者はどうなるのか?
自分の子供が、夫が、妻が、父が、母が、友人が自らの命を絶った時に悲しまない人はいないでしょう。
残される人のことを考えられないのかと思うのです。

どんな人間にでも「生まれて来た以上は何らかの役割がある」と思っています。
「自分だけが辛い、この辛さから逃れたい」と自殺する人は、自分の役割を放棄しているのということです。
その役割を果たすことなく、死んでしまえば楽になるからと自らの命を絶つ、それは「命」を軽く考えているということなのです。
生きたくても生きられない人がいます。
生きられるのに、どうしてその時間を有意義に使わないのか?
もうちょっと頑張れば、その苦しみから解放されるかもしれないのに。
その もうちょっとの努力をなぜしないのか…と思うのです。

自ら命を絶つ人の精神状態は確かに正常ではないでしょう。
正常な状態でない時に、いくら「命は大切なもの」と話してもその人の心には響かないでしょうね。
なので、健康な精神状態である時期に「命とは。生きるということの意味」を考えておいた方がいいのではないかな…って、そんな風に考えています。

いつものことですが 長くなってしまいました。読みづらかったらごめりんこです。
まとめるのが苦手なえいと@です。(笑)


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年09月09日 12:02
はじめまして。
えいと@さまのブログをいつも楽しみにしている、みあもと申します。

タイムリーでわかりやすく有意義な内容の記事をコツコツと更新されている御ブログを、毎日欠かさずに拝見しております。
見識の高さだけでなく、その文章から、えいと@さまの温かなお人柄がうかがえて、思わずクスッと笑ってしまったり、ホロリとさせられたり。
マスコミの偏向報道に加え、あまりにも酷い民主党政権に対する憤りが募るばかりの近頃ですが、ここへお邪魔すると共感することが多く、溜飲が下がって、渇いた私の心のオアシスとなっています。
時事問題、特に政治関連で、引用記事の選び方等から本当によく調べて書かれているのだなあ、と感服しております。
ひとつのトピックをとりあげるにも、「みなさんはどう思われますか、、、?」と問題提起されるかたちで、読者側に考える余地を与えて下さるところも素晴らしいと思います。

日常生活のひとこまや、旅行記、圧力鍋を使ったお料理の紹介なども楽しく、えいと@さま自身が撮影された素敵なお写真が掲載されているのも魅力ですね。

自分自身も20年近く前に暮らしたことのある「バッファロー」にお住まいという点に興味を惹かれ、お邪魔しはじめたものの、莫大な量の過去ログに圧倒されました。。。
本来ならば、全ての記事を拝見してから書き込むべきところ、ここまでさかのぼったところで、ひとまずご挨拶させていただくことした次第です。

2006年に”のんびりお気楽アメリカ日記”として開設された御ブログが、どうしても日本の窮状を訴えずにはいられない現状、よ〜〜〜く判ります。
私は一読者にすぎませんけれども、政治ブログでない、こうした一般のブログで「日本の危機」を伝えて行くのが如何に大切か、痛感しています。

ブログ記事の執筆のみならず、たくさん寄せられるコメントにそれぞれ返信されるのはまた時間と大量なエネルギーを必要とされるでしょう。心ない人の乱暴な書き込みを見かけると、心が痛みます。
私のコメントには返信不要ですので、どうぞお気遣いなくお願い致しますね。
同じ海外で奮闘されているえいと@ご夫妻を蔭ながら応援しております。バッファローはまだまだ寒いでしょうから、お風邪等召されませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。
Posted by みあも at 2011年03月23日 02:29

>みあもさん。

はじめまして! ご訪問とコメントをありがとうございます。

みあもさんのコメントを拝見して涙が出ました。
とても嬉しかったです。
私のこと、こんなにも理解してくださる方がおられたんだ…って思うと本当に嬉しかった。

そうなんです。
このブログは「お気楽アメリカ日記」なんです。
アメリカの生活を通して感じたいろんなことを書いていこう…って思い始めたブログです。
はじめ、私はアメリカ生活がイヤでした。
イヤなことがいっぱいあったけど、ブログに愚痴を書くことで気がまぎれ、
そして 私の愚痴に共感してくれる人が出て来て、
アメリカ生活を前向きに考えられるようになりました。

しかし2009年の政権交代以降、日本がどんどんおかしな方向に向かっていくような危機感を持ち、黙っていられなくなって書き始めた日本の政治。
「アメリカ日記」なのに、なんで日本の政治なの?…って思われる方もおられるでしょうけど、
みあもさんが書かれているように「政治ブログでない、こうした一般のブログで「日本の危機」を伝えていく」こと、
それで、普段は政治に興味がない人、アメリカ暮らしで日本のことを忘れつつあるかもしれない方々(忘れてない人が多いでしょうが)に、
現状を知ってもらいたいと思って、この「アメリカ日記」に日本の政治のことを書いています。

自民党政権時代もけして素晴らしい政治ではなかったけれども、
それでも安心して住める日本であったと思います。
普通の主婦が 政治にあれこれ口出ししなくともどうにかなっていた時代だったのです。
でも、今は違います。
このままほっておいたら、このまま無関心でいたら、とんでもないことになってしまう…。
国民みんなで政治を監視し、おかしな方向に向かいそうであれば声を上げなければ、
気がついた時には遅かった…ってことになってしまうのではないか。
そんな危機感を感じています。

>心ない人の乱暴な書き込みを見かけると、心が痛みます。

ありがとうございます。
でも、私は反論はいいと思っているんですよ。
世の中にはいろんな意見がありますし、私とは違う見方をする方ももちろんおられるでしょう。
そういう意見も私は受け入れています。
ただ、私も私なりの意見を持ってますので、私と異なる意見の方には お返事を書かせていただいています。

中には中傷のような書き方をする方もおられますが、
そういう意見は無視します。(笑)
でも幸いなことに、私のブログにはあまりひどい中傷を書く方はこられません。
ま、弱小ブログだからでしょうけどね。(笑)
ランキングの上位の方は、ものすごい中傷が来るそうですから大変だと思います。

>自分自身も20年近く前に暮らしたことのある「バッファロー」にお住まいという点に興味を惹かれ、

みあもさんはバッファローにお住まいだったのですね。
バッファロー、いいところですよね。
人の温かみを感じる地域です。
一部(ダウンタウン)を除くと、とっても住みやすい地域ですよね。
この街、大好きです。
いつまで住めるのかわかりませんが、
ナイアガラの滝、オンタリオ湖などのステキな自然を、住んでいる間は十分に満喫したいなと思っています。

はやくもとの「アメリカ日記」を存分に書ける日が来て欲しいです。
民主党が下野する、その時までは無理かもしれませんね…。

温かいコメントを本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

Posted by えいと@ at 2011年03月23日 05:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。