2009年08月31日

また筋肉痛〜引っ越しのお手伝い & 契約について


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



あぁあ〜〜〜筋肉痛ですぅー。( ´△`)


え? また急にゴルフでもしたんでしょ?…ですって?


いえいえ、違うんですよ〜〜〜。(>_< )Ξ( >_<)


実は、昨日友人の引っ越しのお手伝いをしたのです。(・o・)b


以前の記事にも書きましたが、アメリカの引っ越しって自分でやっちゃうことが多いのです。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   アメリカのお引っ越しはとってもチープ♪ だけど…


  a-uhall2.JPG


で、こういう引っ越しの車のレンタル ↑があるのですね。(^○^)b


アメリカではおなじみのU-HAUL(ユーホール)です。


一軒家のお引っ越しをされる場合や、女性、年配者しかいない場合は引っ越しの業者に依頼されることが多いのですが、


アメリカの人たちって自分たちで引っ越しをやっちゃうことが多いのですね〜。


自分たちで引っ越しする場合、こういう引っ越し用のトラックをレンタルするのです。(*'ー'*)


えいと@もアメリカ国内で3回引っ越しをやりましたが、


ぜーんぶU-HAULを借りて 自分たちだけで引っ越しをやりました。(o^-^o)


留学生の場合、そんなに家具等は多くはないのですが


アメリカ生活が長くなって来ますとだんだん荷物が多くなっていくんですね〜。σ( ̄、 ̄=)


特に本! 院生の場合は本が多いのです。


また、その本が重いのですよ〜〜〜。('〜`;)


本を段ボールに入れる場合は小さい段ボールにしないと 持ち上がりませんよ〜〜〜。マジで。('д')b


で、昨日は1日引っ越しのお手伝いをしてきたわけですが…。


今日はしっかり筋肉痛ですぅ〜〜〜。(;´д`)


今回はにきましたよ。


っていっても普通の肩こりの部位ではなくて、


真っ正面から見て真ん前の肩です。わかります? どこか。d(^o^;)


この前 観たミュージカル、サウンド・オブ・ミュージックのプリマドンナの写真でご説明申し上げますね。


えーっとね。ここが普通の肩の部位 ↓ですよね。


    a-kata09-1.jpg


この部分が肩こりがする〜って言われる部位 ↑ですよね?


えいと@が今回筋肉痛になったのはこの部位 ↓ なんですよー。


    a-kata09-2.jpg


ここ ↑ です〜。わかりますー? d(^◇^;)


腕とのさかい目と申しましょうか。


こんな部位が痛くなったのはじめてですよ〜。.( ;・_・)


重いものを持つとこんなところが痛くなるのでしょうかねぇ? けっこうきつい筋肉痛ですよ。


他は大腿部が少し痛むくらいですかね〜。


これは重いものを持って階段を何度も往復したからでしょうね。d(゚д゚)


バッファローは低層のアパートメントが多いので、


エレベーターなどというステキなモノはないのですよ。(-Θ-:)


ひたすら階段を昇降するのです。


いい運動になりましたよー。(~∇~;)


えいと@夫は腰に来たと申しておりますね〜。


もともと腰がそんなに強くないヤツなので、重いものを運んだり立ったりかがんだり〜って言うのがこたえたようです。( ̄∇ ̄;)




     【おまけ】


今回しっかり主張するって大事なことだなぁ〜って思ったことがあります。


…というのは、引っ越し主のH君はこの引っ越しのトラックをA市にある店舗でレンタルする契約をしていました。


ところがU-HAULの車の配置の都合でB市の店舗に車をピックアップしにいくことになったそうです。


H君が引っ越す先はA市なので、A市でレンタルした方が返却等を考えると距離が近いのです。


そこでH君は予約はA市でしたのだから、マイレージはA市の店舗の往復分でOKという約束をしたんだそうです。


このマイレージというのは引っ越しするのにかかった走行距離のことです。


このU-HAULのレンタルは 車本体のレンタル料金+マイレージ(走行距離)+保険+TAXで料金が決まる仕組みになっています。


近場で引っ越しすればする程走行距離が短くなるので価格が安くなるのです。


A市の店舗の往復の方がB市より近かったのですね〜。


A市の店舗に車がないのはU-HAULの都合だからB市で借りたけれどA市のマイレージにしてもらったということなんですね。


しかし。


当日、そんな決まりはないと言われてしまったようなのですね〜。


つまりB市の店舗の車をレンタルするのだからB市までのマイレージがかかるって言われてしまったそうなんですね。


その差は40ドルもするそうです。大きいですよね!


いったんOKをもらってるのに人が変わると言うことが違う!


こういうことってアメリカではよくあることなんですよ。(-д-;)


そこで!


H君の彼女が交渉を始めたのですよ〜!


もうすばらしかったですね! あー言えばこういう! 聞き惚れちゃいました〜っ!(´∀`) ウットリ


あぁ〜えいと@も英語で言いあいをしてみたい〜って思っちゃいましたよ。


無理ですがね…。(=^‥^A


こういう時は男より女の方が交渉がうまい…っていうか口が立つってことでしょうかねぇ? (*^m^*)


で、結局A市からのマイレージでOKということで話がついたのです。


言ってみるもんですね〜。


主張しなきゃダメってことですよね。d(゚д゚)(。_。)ウン!



こういう引っ越しのトラックをレンタルするのも契約です。


契約がノーマルであってもなくても口約束ではダメなのです。


必ず書面に残す、変更等をした場合は担当した人の名前を聞いておくべきですね。


今回はオンラインの契約だったので、書面に残ってなかったし、担当の名前も聞いておかなかったそうなんですね。


なのでけっこう交渉に時間がかかってしまいました。



以前、えいと@夫妻が経験したアラスカでの悲しい出来事の時にも痛烈に感じましたよ。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   デナリでの悲しい出来事
   誰が一番悪いのか? 悲しい出来事を検証する


契約の変更、イレギュラーな契約の場合は必ず書面に残す!


契約をする時の鉄則だなぁ〜と今回も思った次第です。


皆さまもお気をつけ下さいまし〜。( ̄Λ ̄)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 14:46| Comment(19) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(引っ越し編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「契約書」って当然のことながら英語だし(涙)、
面倒だなあ〜〜〜という気分になりますよね。
でも、やっぱり、サインの前に「確認!」

うちは、壊れた車の修理中、代車でドライブしてたら、
トラブル発生。
「保険でカバーだよね〜〜。」とお気楽に帰宅してみれば、
カバーされるエリア外で運転(とんでもなく遠出!)ということで、
自分で代車の修理代を払う羽目になったという、
おバカな体験があります。

人生、学びの連続です〜〜〜。
Posted by 母ちゃん at 2009年08月31日 16:05
ぷぷぷ・・・なんちゅう写真使ってるんですか〜〜
噴出しちゃったじゃない。

こっちは引越し屋使ってもダンボール代で別なんですよね〜〜それが高いの。
コスコで大量セットで売っている理由がこの間分かりました。
私の場合は「体力」ではなく
メシとお子さんを預かる事が多いです。
つまり「後方支援」ギャハハハ(≧▽≦)
ほら、ウチって子どもが男女だから両方のおもちゃがあるしね。どっちの性別の子がきてもOK状態だから。

自己主張面倒だけど大切ですよね〜〜
私でも担当者の名前は必ず聞くようになったし
オンラインの申し込みはかならずプリントアウトしておくし・・。
これが当たり前のアメリカ人って体力精神力が違うなーーって思います。はい。
Posted by おね太郎 at 2009年08月31日 23:26
お疲れ様でした〜
肩の痛みは大丈夫ですか??

契約書というか、文書は大事ですよね〜

私も何かあったらメールの場合はコピーしたりと気を付けてるんですが、がっくりしたというかショックだった経験ありですよ〜
(取ったはずの子供達の飛行機の席がチェックインの時になってキャンセルになっていたりとか!結局乗れたんですけど、、。汗)

でも、そんな問題があっても責任逃れしたいみたいで嫌な思いをしました。
気をつけましょうね、、。
Posted by mucci at 2009年09月01日 02:17
U-haul懐かしいー!
アメリカ生活でわたしもすっかり自己主張が強くなりました。
苦情、クレームも必ず電話でほえるように…。
ダー氏はものすごく温厚で怒ることはほとんどないんですが
そんな何事も許せるダー氏もよくクレームしてました。

そういえば前にアメリカ国内線が整備遅れで別便に振り替えになった時
カウンターで自分から欲しいと言った人だけミールクーポンがもらえました。
まさかそんなことがあるなんてー!と驚きつつ(日本なら問題になりそう)
わたしもちゃっかり主張してクーポンをもらいました。
このいい加減さが信じられない…
Posted by ちい at 2009年09月01日 02:22
こんにちは〜^^
お引越、お疲れさまです!!
さぞかしお疲れでしょうっ!
私も、こちらではまだ2回ですが、引越は自分たちで。最初は私だけの引越で、主人の車で一度で全部(笑)、二度目はもちろん、U-HAUL使用で。
荷物って、少ないと思っていても意外とあるんですよね^^;
特に、えいと@さん宅は本が多いからなおさら!旦那様、腰大丈夫ですか??くれぐれもお大事にとお伝えくださいね〜。

ほんとに、こちらは同じ会社でも人によって言う事が違うし、その人がいなければ知らないってなるし、むきー!っと思う事が多いですよね(笑)。
それでも、ヨーロッパよりはましなのか?!と考えると、日本のサービスってほんとすばらしい、と思ってしまいます^^
Posted by yoko at 2009年09月01日 02:28
本気で頑張って お手伝いしたんですね

体に痛みがでるなんて

うちの主人も腰が悪いです

男性ってこういうの多いのかな?

女性の私たちは肩にきますよね

商売柄 主人は交渉はうまいですね。

私も一度 自分のことだったんで 言い張ったことがありました

自分が正しいと思うと 言えるものです。

結果的には勝ち?ました

Posted by bachama at 2009年09月01日 02:51


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>母ちゃん。

契約なんですよね。ちょっとしたことでも。
サインの前には確認ですね〜。
でも、えいと@夫妻もそのへんは適当にやっちゃってます。
もう細かすぎて! 字が! しかも英語だしー。(苦笑)

車の保険はありますね。保険によってはその州内だけしか効かない…とかもあるようですね。
えいと@夫妻が住むBUFはカナダとの国境なので、車でカナダに行くことがけっこうあります。
なのでカナダでもOKな保険に入っています。保険料金は高くなっちゃいますけど、万が一のための保険ですもんね。
どこまでカバーしてるのかは要チェックですよね〜。




>おね太郎さん。

>ぷぷぷ・・・なんちゅう写真使ってるんですか〜〜 噴出しちゃったじゃない。

わはは〜。
文章だけで説明するのが難しくて〜〜〜。
どの写真を使って説明しよう〜って思って過去記事探したら、この写真が一番に目についたのですよん。

あっ! 段ボールね!
そうそう! 有料なのですね〜。これがけっこう高いー。日本じゃサービスでくれるのにね。
でもね、ユーホールにフリーの段ボールがおいてありますよ!
使い古しの段ボールだけど。
他にはスーパーに行ってもらうって手があります。
えいと@は昔の段ボール、残してますよ〜。地下のストレージ、段ボールだらけですー。(苦笑)

何にも問題がなかったらいいんですけど、何かあった時に書類や担当した人の名前が必要になって来ますね。
アメリカ人って、自分の責任じゃないことはぜーったいに譲らないし謝りませんからね!
自己主張しないとダメな国なんだわ〜って思いますよ。ホント。




>mucciさん。

肩、まだ痛いです〜。
なんでこんな部分が痛くなっちゃったのか不思議ですよー。わけわからん。(笑)

こっちはちゃんと契約したのに、向こうのミスでうまく伝わってなかったり〜とかありますよね。
そういうとき、がっくりしちゃいますよね〜。

>そんな問題があっても責任逃れしたいみたいで嫌な思いをしました。

あぁ〜〜〜わかりますぅー。
そうなんですよ! 責任逃れしますよね?
自分の担当じゃない!…とか、必死で自分に責任がかかって来ないようにするんですよね〜。
「べつにあんたを責めてるわけじゃないのにー」って思うんだけど、なんでしょうね?
日本のサービス業ほどはなくていいから、せめてお客が不快にならないようにしてくれよ〜って思いますね〜。

Posted by えいと@ at 2009年09月01日 05:43

>ちいさん。

えいと@もね、日本語でOKだったら自己主張するよー!
もうガンガンいっちゃうよ!
でも〜アメリカじゃねぇ〜〜〜。
えいと@の英語力では交渉になりません。。。(涙)

よっぽどひどい時には夫にクレームをいれてもらいます。
でも、夫が忙しい時はね、無理なのですよ〜。
頭が論文でいっぱいの時には、交渉にエネルギーを使いたくないんだそうで。
そんなとき、えいと@が交渉できたらいいんだけどぉ〜。
泣き寝入りーな時もありますねぇ〜。くすん。。。

>カウンターで自分から欲しいと言った人だけミールクーポンがもらえました。

えぇえー! それはどうやってわかったんですか?
他の人がもらってるのを見て…ですか?
そういうのはカウンターの人がちゃんと説明して欲しいですよね。
知らなかったらもらえないんですもんね〜。
そりゃー不公平だわ〜〜〜! ぷんぷん!



>yokoさん。

そうなのー。
荷物って少なく思うけどけっこう多いのよね〜。
H君は はじめは小さな10インチのトラックで引っ越しするつもりだったのよ。
でも、夫が17インチにした方がいい…ってアドバイスしたの。
夫が運転してあげるから…って。(H君は大きな車は運転できないみたい)
そしたら17インチのでギリギリ〜。
積みきれないのもあって、えいと@の車にも積んで運びましたよ。
大きなトラックにして良かったです〜。ホント。

アメリカって担当者が変わると言う頃が違う…ってことがありますよね?
これ、何ででしょうね?
今までどれだけ「え? うっそーん」ってがっくりしたことがあるか…。

>ヨーロッパよりはましなのか?!と考えると、日本のサービスってほんとすばらしい、と思ってしまいます^^

そうそう! 欧州はもっとひどいんですってね!
特にフランス、スペインあたり、最悪らしいですよー。
日本ってすごいですよねー? 
日本に住んでたら普通だったけど、アメリカに住んでみて「日本のサービスのすごさ」を実感しちゃってますよ。うん。




>bachama さん。

ハイ〜〜〜張り切ってお手伝いしちゃいましたー。
翌日は夫婦二人で筋肉痛ですー。(笑)

夫は背骨が少し湾曲してるんですよ。
なので、ちょっとしたことで腰痛が来ちゃうのですね〜。
気圧の変化でも腰が痛くなるみたい。
天気予報みたいなヤツです。(笑)

bachama さんは交渉に勝ったんですか! すごい〜!
えいと@も英語がもっと流暢にできたら交渉するのになーって思いますねぇ。
アメリカじゃ言いたいことの30%くらいしか伝わりません。(涙)
夫はけっこう主張、交渉をしてくれるんですが、論文等で忙しい時にはそれどころじゃなくなるようで…。
そんな時は泣き寝入りですね〜。(泣)
英語でケンカがしてみたいです〜。

Posted by えいと@ at 2009年09月01日 06:02
私もアメリカに来て主張することの大切さを身に染みるようになりましたよ。声にだして言わなかったら何も言わないのと同じって感じですよね。アメリカって国あげて空気読めない集団だし。(笑)最近はおばちゃんも入ってきて私もガンガン主張する人になりつつあります。ありゃ〜旦那が帰ってきちゃったので短くてごめんなさい。応援ポチ。
Posted by あんみつ at 2009年09月01日 08:08
本当ですねぇ。なんでも契約。
証拠がないとやってくれないってことよくありますもんね?でもさ、お友達の彼女さんみたいにしっかり交渉して勝ち取る「交渉勝ち」みたいなこともよくありますよね?私はこの交渉、ぜんぜんうまくないんですが、一つ学んだ事は「感情的になっては負け」と言う事です。なるべく冷静に理路整然と交渉する。これがミソなのですね〜。でもこれば難しい!だから私には出来ないのかも?
ところでえいと@さん、筋肉痛ですかぁ?荷物を何度も階段で運ぶとかなり筋肉使いますよね。お友達も喜ばれたでしょう。
Posted by Cat's mama at 2009年09月01日 09:26

>あんみつさん。

そうなんですよね〜。
言わなくてもわかってくれる〜なんてアメリカではぜーったいに期待しちゃダメんですよね。
言わなきゃわかんない! 伝わらないんですもんね。

>アメリカって国あげて空気読めない集団だし。

きゃはははーーー!(爆笑)
そうなんだ? そっかー。KYな集団なんだー。アメリカ人って♪
長年、アメリカ人と接しておられるとアメリカ人の奥の奥までよ〜くわかってくるんでしょうねぇ〜。

子供ちゃんがいたらよけいに主張しないとねー。
母は強し!ですねっ。




>Cat's mamaさん。

そーなんですー。
H君の彼女、台湾人の方なんですけど、すごーっく流暢に英語を話すんです。
「こんな理不尽なことはない!」ってH君の代わりに交渉してましたー。
すごいー! かっくいぃ〜って思っちゃった〜。

>一つ学んだ事は「感情的になっては負け」と言う事です。なるべく冷静に理路整然と交渉する。これがミソなのですね〜。

えいと@も同感です。
感情的になったらダメですよね。
えいと@もすぐにムキーッってなっちゃうほうだからダメだなぁ〜。
気をつけよ。。。

筋肉痛ですよ〜。
引っ越しって繰り返し作業ですもんね? 
昨日、今日と、まだまだ痛いですー。
夫はかなり腰に来たみたい。さっきマッサージ頼まれちゃった。

でも、人数が多いと引っ越しがはやくすんでいいですね。
以前、えいと@夫妻は2人だけで引っ越ししたんですが、やってもやっても終わらない〜〜〜。
やっぱ大勢でやるのが一番!

Posted by えいと@ at 2009年09月01日 10:53
書面で残す!
これは大事な事ですね〜。
外国での生活の場合は「特に!」という事になるでしょうね。

フリーランスで長く仕事をしていましたが、フリーの場合って
全てが口約束なところがあるので、不安になる事も多かったです。
書面で残す事の大切さは、会社を出て痛感しました^^;;

デジタルな時代ですが、やはりアナログな事も必要ですよね。


それはそうと、引っ越しhelpお疲れさまでした^^;;
思いもよらない部位が筋肉痛になることって、まま有りますよね(笑)
太もも付近が筋肉痛になると、歩く時にロボットみたくなって
自分で笑っちゃったりね^m^
Posted by たまてん at 2009年09月01日 11:30

>たまてんさん。

そうなんですよね。
書面に残した上で証拠をみせないとなかなか「うん」と言わないのです。
日本のように「どの係の人に行っても話が通じる」ことってないのですよ。アメリカをはじめ諸外国は…!
外国で「契約」をする時には必ず「書面に残す!」これは鉄則ですねぇ〜。

日本でのフリーの仕事って口約束なのですか?
それってちょっと怖い部分がありますね。
でも、今まではそれでもOKだったんですよね? やっぱ日本ってすごいわ〜。

筋肉痛、ちょこっとマシになって来たような…。
でもまだ痛みますね〜。(笑)
あまりにひどい筋肉痛になると、ホントロボットのようになっちゃいますよね〜。(笑)


   えいと@
Posted by えいと@ at 2009年09月01日 13:43
お疲れ様でした〜。
普段使っていない筋肉だったんですね。
引越しは疲れますよね〜。
ゆっくり休んで下さいね。

契約って大切なんですね〜。
ぼぉ〜と生活していてはいけませんね(笑)
Posted by コメット at 2009年09月01日 13:59

>コメットさん。

ハイ〜筋肉痛、きちゃいました〜。
肩の前の部分なんて普段使ってないんでしょうねぇ〜。
まだ痛いですよ。(苦笑)

契約は大事ですよ〜。
特にアメリカでは! 口約束はぜーたいにダメ!
人が変わるともう言うことが違うんだもん〜。
そして主張もしっかりと! 
えいと@も英語で主張してみたいです〜。英語力もっともっと必要だわー。


   えいと@
Posted by えいと@ at 2009年09月01日 15:03
引越しのお手伝いお疲れ様でした。
フフフ・・・結構思いがけないところが痛くなるんで
すよね(*^m^)o==3プッ
ゆっくり休んでくださいね♪

およそ、男性って面倒臭い事は逃げ腰になるんですよね。
今回もその彼女のおかげで結構助かりましたね♪
Posted by べりー at 2009年09月01日 20:28

>べりーさん。

普通の運動の時に使う筋肉と、引っ越しの時に使う筋肉って違う場所なんですね〜。
肩の前の部分なんて筋肉痛になったことがないかも〜。(笑)
もう治りました〜。大丈夫っす!

今回の交渉はH君の彼女が頑張りましたね〜。
H君も交渉してたのですけど、むこうの押しが強いと引いちゃうところがあるのですね〜。
「ハイ、ごもっとも」って感じで。(笑)
でも! 彼女は違った! 冷静にだけどガンガン交渉してましたよ!
すんばらしかったですぅ〜〜〜。

えいと@も英語がもっと堪能ならなぁ〜。
交渉時、夫が引き下がったとしても、えいと@は引き下がらないのにぃ〜。くぅー!

   えいと@
Posted by えいと@ at 2009年09月02日 04:45
私、見かけによらず(と言われるのは実は心外な私)交渉は大の苦手です・・・泣き寝入りの多いこと、多いこと。トライはするけど、多分感情的にかっとすると黙るのがいけないんですね。
うちではそれは、ダンナのテリトリー・・・冷製に、というと聞こえは良いが、つめたーく厭味を言い放ったり兎に角押され負けないと言うか。

引っ越しのお手伝いって、結構大変ですよね。場所からすると筋肉って言うか肩鎖関節症とか呼ばれるもの?かもしれません。安静が一番と思いますが肩って、結構使わざるを得ないから、大変ですよね。お大事に・・・
Posted by moi at 2009年09月02日 05:48

>moiさん。

>私、見かけによらず(と言われるのは実は心外な私)交渉は大の苦手です・・・泣き寝入りの多いこと、多いこと。トライはするけど、多分感情的にかっとすると黙るのがいけないんですね。

ほぉ〜〜〜moiさんはムカつくと黙っちゃうタイプなんだ〜〜〜。
えいと@と逆ですね〜。
えいと@はムカついたらガンガン言っちゃうので、返ってダメなんですよね。
冷静にいかないと交渉なんてうまくいきませんよねぇ〜。
えいと@の夫もそうです。怒らないんですよね。
男性の方が冷静なんでしょうかねぇ〜? うーむ。。。

うーん、筋肉痛っていうより炎症だったのでしょうか?
もうすっかり治りました〜。
夫はまだ腰が痛いようです。若いくせに〜〜〜。(笑)
ま、背中がちょっと湾曲してるからなんですけどね。マッサージをせがまれて困りますぅー。(苦笑)


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年09月03日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。