2009年08月16日

サンフランシスコを訪れて〜戦争の始まりと終わり


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



久々の えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪


これはえいと@夫の今年1月にサンフランシスコで行われた学会に えいと@がくっついていった時の旅行記です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    サンフランシスコ旅行記 (2009年1月2日〜9日)目次



あら? サンフランシスコ旅行記は終わったんじゃないの?


…って思われた方がおられることと思います。


そうなんです。一応終わったのですが…。


実はひとつ記事を残してあったのです。


その記事とはサンフランシスコ市庁舎のガイドツアーです。


アメリカやカナダでは国会議事堂や市庁舎の無料ガイドツアーっていうのがあるんですよね〜。


この無料っていうのがうれしいですよね。


でっ!


このサンフランシスコ市庁舎の建築がまたみごとなのです!


a-SFstyo09-11.jpg


    もうね、重要文化財並の建物ですよ〜。


   a-SFstyo09-12.jpg


ここが市庁舎の入り口 ↑です。すごい入り口でしょう?


   a-SFstyo09-4.jpg


入り口を入ると、こんなすばらしいホールがあります。


   a-SFstyo09-6.jpg


映画かなんかに出て来そうな豪華なホールじゃないですか〜?


階段を上って入り口の方をみますと…。↓


   a-SFstyo09-2.jpg


   もうため息しか出ません〜〜〜。素敵過ぎ〜〜〜っ!


a-SFstyo09-5.jpg


上を見上げると天井にはこ〜んなステキな吹き抜け ↑がっ!


これ、ひとつひとつが彫刻されてるんですよ〜。


すばらしいですよね。芸術品です。


   a-SFstyo09-8.jpg


上の階に上がりますと廊下 ↑ がまたすばらしい!


   a-SFstyo09-7.jpg


これは議会を行う部屋 ↑です。


扉のなんと重厚なこと!


この時は開放されてなかったので見学が出来ませんでした。残念〜。


   a-SFstyo09-3.jpg


これは上の回の吹き抜けから下の階を見たところ ↑です。


 a-SFstyo09-9.jpg


こちら ↑ はその吹き抜けの部分です。


ガイドの方に説明を受けながら下を眺めています。


a-SFstyo09-1.jpg


この部分を下から見るとこのような吹き抜けになってるんですね。


本当にすばらしいサンフランシスコ市庁舎でございました。




さて、なぜ今頃サンフランシスコ市庁舎の記事をUPしたのかといいますと…。


実はここはサンフランシスコ講和条約が締結された地だからなのですね。


昨日、真珠湾を訪れたことについて記事にしました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
    終戦の日を迎えて〜真珠湾にて戦争を振り返る


大東亜戦争は真珠湾で始まり、


そしてサンフランシスコ講和条約で終結したのです。


講和条約は戦後6年目の1951年9月8日に この市庁舎に隣接するオペラハウスで行われました。


この講和会議で 日本と連合国との戦争状態の終了、日本国の独立、日本国民の主権の回復が認められることとなったのです。


サンフランシスコ講和条約を締結した当時の総理大臣は、吉田茂氏です。


総理大臣 吉田茂氏は、敗戦後の日本を より犠牲の少ない条件で独立する「寛大な講和」を目指したのです。


日本を再建するのが不可能なほどの大きな賠償責任を提示され、それに従わざるを得ない状況になると、


国力が損なわれ、日本の存続が危ぶまれたからなのですね。


吉田茂氏は そんな最悪の状況を回避し、日本の存続のために働かれた総理大臣なのです。


興味がおありの方はぜひ、こちらのYou Tube ↓ をご覧になってください。

  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その1 You Tube(9分51秒)
  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その2 You Tube(8分51秒)
  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その3 You Tube(7分45秒)
  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その4 You Tube(9分58秒)
  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その5 You Tube(9分35秒)
  【吉田 茂 日本国憲法】「日本独立」 その光と影 その6 You Tube(9分39秒)



    a-SFstyo09-14.jpg


そして1956年12月18日、日本は国連に加盟 ↑いたしました。


   a-SFstyo09-13.jpg


国連のマークが市庁舎の正面にあります。


戦争の始まり(真珠湾)と終結の地(サンフランシスコ)に行ってきたのだな…。


…と、ここを歩きながら感じました。


過去に日本のために頑張ってくれた日本人がいたからこそ、今の日本があるのだということを、


頭の片隅にはおいて生きていかなくてはいけないな…って思います。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
この記事へのコメント
古い建物っていいですね〜〜・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
私も昨日ダウンタウンに行って思いました。
(っても、シカゴは大火がありそんな古い建物は残っていないのですが・・)
講和条約については吉田茂に対して批判もあるようですが、私はあの時の判断としては、それがモアベターだったのではないか?と考えています。
後になってああすれば・・こうすれば・・ってのは
「歴史」になったから言えること。
確かにベストではなかったかもしれない、実際結果的には問題も出たりしたけどね。
でも講和条約は結ばないと日本は一人前の国としては認められないのですから、それが最重要課題だったのではないでしょうか
Posted by おね太郎 at 2009年08月16日 23:37
こんにちは〜^^
サンフランシスコの市庁舎、素敵ですね!!
吹き抜けや柱も素敵。階段なんて、ほんとうに映画に出てきそうですね。うっとり。
そうそう、無料でツアーがあるのがうれしいですよね^^
アメリカ人にとって、こういう建物は日本人が古いお寺とかを見て感じるのと同じように感じるのかしら、、、
と、ふと思ってしまいました^^;
Posted by yoko at 2009年08月17日 00:19
そうそう、サンフランシスコでしたよね。

白洲次郎さんもだけれど、「百戦錬磨」の人々と口で戦うには、
そういう訓練をつんだ人じゃないと到底無理ですよね。
これからは、ますます、世界が狭くなりそうだし、
もっと「日本以外のことも経験したことのある人」が政治家にならないとダメだなあと思います。
井の中の蛙ですんだ時代では、もう、ないですよね。

それにしても、立派な建物ですね〜〜。
Posted by 母ちゃん at 2009年08月17日 01:40
すごい迫力と、すごく綺麗ですね♪歴史って良いですね。日本は、悲惨な物は残したがりますが、古いものは壊す国ですよね。でも、たまに古い街角に出会うと癒されます♪
Posted by 雪だるま at 2009年08月17日 09:08
いま帰ってきました。

今日 ルクセンブルクから先祖がきた老人と話したんですが
彼らは ドイツを嫌い 自国の言葉が ドイツ語に似ている為彼は それを話すことを戦時中 辞めていたらしいです。

二つの戦争で ドイツの占領かにおかれていたこの国の人たち   というか 彼は ドイツをとても嫌っていました。

戦争はさまざまな形で さまざまな人たちを傷つけていますね


古い建物って 素敵ですね

素敵な写真です
Posted by bachama at 2009年08月17日 11:33
ハロー。えいと@さん。。。

ちょっとおひさしぶりのコメントです。
旅行後、ややお疲れモードでなかなかよそ様の
ブログまで遊びに来られず申し訳ありませんでした〜。
これからごいごい遊びに来たいです〜(笑)

サンフラン篇残ってましたか〜(笑)
無料ガイドツアー、知らんかった〜。
実はまだ中に入ったことないんです。用がなくて〜。あはは。
今回の記事を読ませていただいて行った気になっています。
きれいな建物ですよね〜。
シティホールは来年娘が高校の卒業式のあとプロムで行くらしいです。
Posted by ミント at 2009年08月17日 13:22
サンフランシスコ市庁舎、
素晴らしい建物ですね〜!
彫刻もランプも...どれをとっても
素敵ですね〜。
日本人は日本の歴史に関心が無さすぎですよね。
どうでも良いって風潮ですもんね。
教育やマスコミの効果なんでしょうね〜。

Posted by コメット at 2009年08月17日 13:56


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>おね太郎さん。

アメリカの市庁舎って豪華ですよね〜。
すばらしいなっていつも思います。

>講和条約については吉田茂に対して批判もあるようですが、私はあの時の判断としては、それがモアベターだったのではないか?と考えています。

えいと@も同感です。
あのとき、あの判断がなかったら…今の日本はかなったかも…って思いますね。
日米で結んだ安全保障条約は その後にいろいろ問題を起こしていますが、
でも、あの時の状況ではベターだったし、あれしか仕方がなかったとと思います。
後からいろいろ言うのは、そのときどういう状況であったのかなかなかわからないからでしょうね。

敗戦国でありながら堂々と交渉に臨んだ吉田茂氏は、すごい人であると思います。
アメリカに占領された沖縄の返還も 吉田氏が強く主張してくれたからこそですからね。
言いなりの外交ではなかったのだと思っています。

>確かにベストではなかったかもしれない、実際結果的には問題も出たりしたけどね。
>でも講和条約は結ばないと日本は一人前の国としては認められないのですから、それが最重要課題だったのではないでしょうか

そうですね。
日本側からの100%のベストな交渉はありえませんよね。
日本は敗戦したのですから。
しかし、いろんな課題を残してしまいましたね…。今後も引きずりそうですよね…。

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:20

>yokoさん。

そうなんですよ〜〜〜。無料ツアーです。
こういうのがあるのってうれしいですよねー。
SFの市庁舎はホントにすばらしかった! 見る価値ありです!

>アメリカ人にとって、こういう建物は日本人が古いお寺とかを見て感じるのと同じように感じるのかしら、、、

うぅーん、どうだろう〜〜〜?
ま、とにかくすばらしい〜って感じるって点では同じですよねー。(笑)

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:22

>母ちゃん。

>もっと「日本以外のことも経験したことのある人」が政治家にならないとダメだなあと思います。
>井の中の蛙ですんだ時代では、もう、ないですよね。

そうですね! これ、えいと@の夫も同じことを言ってます!
外国を知らない人間が、外国人の心がわかるはずはない…って言っていますよ。
どんなに頭のいい、優秀な人でも 外国を見ていない人は政治家になっても理想論や理論でしか議論ができないと思います。
例えば、アメリカ人と話をする場合は、アメリカの歴史、宗教などを理解した上で話をしないと、アメリカ人の心の中まで読めないんだそうです。

日本しか知らない政治家は どんなに優秀な方でも視野が狭くなりがちですよね。
これだけグローバルな時代になって来たのですから、母ちゃんが言われるような「井の中の蛙」ではもう通用しないですね。
現在の日本の政治家には頑張ってもらいたいです!

SFの市庁舎、すばらしかったですよぉー。うっとり〜でした。

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:22

>雪だるまさん。

日本にもすばらしい建築物はたくさんあるのですが、
その建築物の周辺の環境まで考えませんよね。
京都の古都の、古いすばらしいお寺の近くに近代的なビルとか…あれはどうにかならないもんかと思いますよ〜。

市庁舎、いわゆる市役所がこんなにすばらしい建築物…っていうのがすごいですよね。
日本も少しはそんな名物市役所があってもいいのにな〜って思います。

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:25

> bachamaさん。

戦争は人の心に深い傷を残します。
戦争に勝った側も、負けた側もどちらも傷つきます。

まだまだ世界では戦争や紛争がなくならないけど、
世界中が戦争状態のような世の中にはなって欲しくないですね。
将来、もし世界大戦が起こったとしたら…非常に怖いです。
今は核がありますからね。。。

市庁舎ステキでした。
市役所という、一般の市民が行く建物がこんなにステキな建築物だ…っていうのが素敵ですよね。

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:29

>ミントさん。

旅行に行って帰って来た時ってぐったり〜ですよねー。
わかります〜〜〜。
もうお疲れは取れましたか?

サンフランシスコ編ね、実はわざと残しておいたのですよ。
終戦にあわせて記事にしたかったの。
だって、歴史的な場所ですもん。

ミントさんも機会があったらぜひ! 市庁舎に行ってみてください。
国連のマークのところを歩くと歴史を感じます。ホントに。
この地で「日本は日本の国を取り戻したのだ」って、じんわり感じましたよ〜。

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:33

>コメットさん。

ステキな建築物でした。
こういうのが市庁舎=市役所…っていうのがすごいですよね。
一般市民が気軽に行く場所なんですもん。
このへんがアメリカ〜って感じがします。

歴史の捉え方はいろいろありますが、
日本人は日本人としての歴史をきちんと見つめるべきですよね。
戦後の教育は「日本を二度と戦争が出来ない国にする」ということが第一目標だったわけですから、
歴史観はどうしても「反省すべきは日本」というものになってしまいますよね。

戦後64年。
これからも日本は世界の中で「日本」という国を失うことなく政治をしていかなくてはなりません。
その政治をする人間を選ぶのは われわれ一般市民です。
サンフランシスコで取り戻した「日本」を守っていかなければ…と思います。


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年08月18日 04:40
サンフランシスコ市庁舎ステキな建物ですね。アメリカの古い建物はやっぱりどこかヨーロッパの雰囲気を残す感じが好きです。写真で見てもとてもいいけど実際に見たらもっと素晴らしいのだろうなぁと想像しています。

>戦争の始まり(真珠湾)と終結の地(サンフランシスコ)に行ってきたのだな…。
うんステキな人生の思い出になりますね。えいと@さんはホントいろいろな場所を旅していて羨ましい。私もいつかこんな旅がしたいなぁ〜。


Posted by あんみつ at 2009年08月18日 06:36

>あんみつさん。

そうですね。
アメリカカナダも欧州の雰囲気がありますよね。
ホントにすばらしい建築でしたよ。
こういう建築物をを市庁舎として使うって言うのがすばらしいですよね。

日本人として、かの戦争は忘れてはならないことであると思うのですよ。
戦争の悲惨さを伝えていくことは 戦争を二度を起こさないために大事なことだと思うし、
それだけではなく、戦争を戦った日本人、そして戦後に頑張った日本人がいたのだ…ってことを我々は忘れてはいけないんじゃないかな…って思うのです。
真珠湾とサンフランシスコに行くことが出来て本当に良かったです。


   えいと@


Posted by えいと@ at 2009年08月18日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。