2009年07月27日

チップについて考える〜皆さまのご意見より〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



先日からお願いしていましたチップについてのアンケートでありますが。


ここで皆さまのご意見を整理してみたいとおもいます。(^-^)

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
    小銭が必要な街! カナダ・バンクーバー
    チップ=給料という現実がある北米



まず、アンケートの集計です。

日本にお住まいの方(外国に住んだご経験がない方)のご意見です。(7月末現在、36名の方が回答)

 *必要なものであり 渡すのが当たり前…22.2%(8名)

 *習慣であるため 渡すのが当たり前…25.0%(9名)

 *習慣なので仕方なく渡している…38.9%(14名)

 *必要なものではないので 渡す必要なし…2.8%(1名)

 *その他…11.1%(4名)


【必要なものであり 渡すのが当たり前】日本でも導入すべき! 日本人はサービス過剰に慣れてしまって、クレーマーが多くて笑える。

【習慣なので仕方なく渡している】その国へ行くのですから、その国の習慣には従わなければいけないんですよね。

【その他】 レストランとかだったら、店員の愛想できめる。

【習慣であるため 渡すのが当たり前】 初めてのときはよくわからなくてドキドキしました!

【習慣であるため 渡すのが当たり前】「郷に入れば郷に従え」だと思っていますから。

【習慣なので仕方なく渡している】いつまでたってもチップは慣れません・・・。

【習慣なので仕方なく渡している】 本当にサービスが良ければ、喜んで渡すんですけど、大半は習慣だからって感じですよね。

【習慣なので仕方なく渡している】これがあると思うと海外行きたくない、とさえ思う。(かもしれない)

【習慣であるため 渡すのが当たり前】計算が面倒

【必要なものであり 渡すのが当たり前】逆に日本での『サービス料込み』に抵抗がある

【その他】日本の旅館で渡す心づけのような感覚で渡しています。

【その他】たまに横柄な態度のウエイトレスに当たると誰が払うかーと思いますね

【習慣なので仕方なく渡している】習慣ならば、それを渡すのがいいかな。でもいい習慣とは思わないな。

【その他】 チップは廃止すべき いろんな矛盾が多すぎる




チップのある国に住まわれてる方&住んだご経験のある方のご意見です。(7月末現在、37名の方が回答)

 *必要なものであり 渡すのが当たり前…18.9%(7名)

 *習慣であるため 渡すのが当たり前…29.7%(11名)

 *習慣なので仕方なく渡している…45.9%(17名)

 *必要なものではないので 渡す必要なし…0%(0名)

 *その他…5.4%(2名)


【必要なものであり 渡すのが当たり前】Honto wa iyadakedone....

【習慣なので仕方なく渡している】面倒だからヤメテほしい

【習慣なので仕方なく渡している】計算が面倒なんでちゃんと払うから値段に入れといて欲しい。

【習慣なので仕方なく渡している】受けたサービスの内容に応じて割合は上下させます。

【必要なものであり 渡すのが当たり前】 日本でも料金の中にチップは取られているのでサービスに不満足でも我慢せざる得ない

【習慣なので仕方なく渡している】全ての場合にチップが必要なわけではないので、いつもこのお店では渡すべきなのか悩みます。

【習慣であるため 渡すのが当たり前】 あまりにひどいサービスのときは渡す必要ないと思いますが。

【必要なものであり 渡すのが当たり前】ウエイトレスの時給は2〜3ドルなので。。。

【習慣であるため 渡すのが当たり前】 もう慣れました。気分よく食事出来たら20ドルの食事でも5ドルのチップ渡しますよ。

【習慣なので仕方なく渡している】 サーバーの人が決まっていなくて、お会計をレジでする場合、チップはどうすべきなのか?悩みます。

【その他】基本的チップを渡しますが、サービスがあまりにも悪い場合は、チップの価格を低くしたことがあります。

【習慣であるため 渡すのが当たり前】 ESLでチップをもらうことが前提で基本給が低い、と教えられ納得した。

【その他】タイの場合。結果としてサービス向上に繋がっているので、システムとして悪くは無いと思いますね。

【習慣なので仕方なく渡している】 よく行くお店にはチップをちゃんと渡さないと対応が悪くなることがあると聞いたので仕方なく払ってます。



投票&コメントくださった方々! 


本当にありがとうございました〜♪ ミ★(*^-゚)v Thanks!!★彡



さて。


ブログのコメントにもチップに関してのご意見をいただきましたのでご紹介しますね。


チップって計算が本当に面倒くさい!
レシートにチップガイドがついてるのを初めて見た時は笑っちゃいました。
わたしはいつも疑問に思わず払ってたけど お陰で外食が高くつくので自炊派になりました。(By ちいさん

チップを貰う人々、基本賃金が安くチップで生活してるようなもんじゃないですか?だからこそサービスをよくすればいいのに、中には駄目な人もいて、そう言う人にチップは渡したくなくなりますよね〜。
日本のガイドブックにはチップは20%って書いてありますよね。
でも実際アメリカ人は15%置けばいい方なんですよね。中にはいつも10%って人が多いみたいですよ。
一番チップを置くのは日本人だって、よく聞きます。(By reeさん

NZはチップは習慣じゃないんですけど
本当にサービスが良かったりすると 感謝の気持ちを現すって意味で渡すこともありますなぁ。(By どれみさん

チップ、最近はあまり違和感なく払ってます。
あまりにひどいサービスのときは払いませんが、そうでないときは普通にね。
ものすごく気持ちの良いサービスを受けたときはチップで感謝の気持ちを表せることは良いことだと思いますが。。。(By reikoさん

昔ウエイトレスをしていたので レストランでのチップは必ず置いていきます
サービスの悪い人には 少なく サービスのいい人には多くチップします タクシー、ホテル、美容院 ではかならず、、。
働いていたレストランで6人以上のお客さんが来た場合は、15%を加算していたこともありました。(By ba-chamaさん

チップって今だに計算がややこしいし、レストラン以外の場所でスマートに渡すのも難しい。(By Cat's mamaさん

最近はレストランによってはビルに15%の場合のチップはいくら、20%の場合はいくらって書いてよこすレシートもありますね。
そう言う場合はあつかましいなあとかちょっと思いますけど、わからない人や計算の出来ない人にはいいかも。(By ミントさん

チップは北米で飲食店で働いた事があると給料が少ないのがわかっているので大目に渡す人が結構いるみたいですよん。(友達がこれで夫婦喧嘩になるって)
日本人はチップに関してはケチだといわれますが だって納得いかないんだもん。
それにどーして税込みから計算する人も多いの!? 税金はサービスじゃないでしょ〜?(By おね太郎さん

食事の際の金額に最初からチップの分が加算されていることがありました。チップって少なすぎたら何か言われちゃいそうですが、多く払ってもきっと何にも言ってくれないでしょうから^^;(By ももんがさん

チップってそんな意味もあるんですね〜。給料をカバーするなんて、なんだか不思議です。(By コメットさん

やっぱり日本でしか暮らしたことがないので チップ制というのな面倒だなって正直思いました。(By ベリーさん

チップを出すのがあたりまえ・・・ってなかなか理解出来にくくて〜〜
あ〜〜海外には住めないですぅ・・・(By E店長さん

チップね〜、、あれは悩みます、、
あげすぎたくはないけど、少なすぎてもなんだかねぇ?^^;(By ひろめいさん

チップ、いまだ良く悩む事の一つです。正直、好きになれない習慣です。
サーバーの人の給料が低いのは分かりますが、お食事代ってそんな安くないですよね?
レストランのオーナーがもうけてるって事かしらねぇ。(By yokoさん

チップが給料として認識されてるのはアメリカ・カナダぐらいなのね。
でも先進国なのにこんな労働条件おかしくない? 
最低賃金法とかないのかしらね?(By もやこさん

気持ちよく食べて、いいサービスだったらちゃんとチップするよ、うん。
チップはこんな風に「おいてけ」って言われて置いていくもんじゃないと思ってます。あげなきゃよかったと思ってしまったわ。(By つなみさん

私は何年アメリカに住んでもチップ制度になれないです。
いくらぐらい置いたらいいのか計算が面倒だし、小心者なんで置いた金額が良かったのか心配になるし・・・いいことありません。
それにここはチップ出すの?みたいな微妙な場所で心配するのもいやですね。やっぱり日本みたいに込みで入っていると安心できます。
やっぱり私はチップはイヤだけどしかたなく払っている派です。あげるのがイヤってわけではなく↑のような心配がイヤですね。(By あんみつさん

何て申しましょうかね〜、本当にめんどくさいシステムですよね〜( ̄_ ̄;;
「チップ=給料」という考え方が、まず理解できませんわ。
正式に雇われている人なんだから、給料で生活出来るようにすべきですよね。
いちいちチップを払うのも面倒だけど、なんだか“たかり”みたいで嫌だな・・・て、海外のチップ制度を初めて知った時に思いましたよ。(By たまてんさん




こうやって皆さまのご意見 ↑ を拝見してみますと、


チップはなかなか慣れないし、計算は面倒だしあまり歓迎するものではないけど、


習慣でもあるし サービスがよければ渡すのは普通
と考えておられる方が多いように思いますね。(^○^)b


つまりチップ=サービスのお礼という考え方が多くの日本人のチップに対する感覚なのですねぇ。


しかし…。


欧州、その他の国のチップに関してはサービスのお礼でいいのでしょうが、


北米に関してはそうではないのですよね。(-_-)ウーム


先日の記事に書きましたが北米ではチップ=賃金になっている職業があるわけですよ。(・o・)b

 詳しくはチップ=給料という現実がある北米をご覧になってくださいね。


チップをもらうお仕事をされていたご経験がある方はチップは必要なものとして認識されているようですが、


その理由として、ある職業の方々はチップが少ないと生活が圧迫されてしまうわけなんですね〜。(゚-゚;)ウーン


えいと@はこの事実 ↑を知った以後は 少し感覚は変わって来ましたが、


チップという不安定なもので生計を立てなければならない賃金形態にはちょっとクビをかしげたくなっちゃいますねぇ。



えいと@自身の考え方として、基本的にはチップは習慣であり 渡すのは当たり前のものという認識であります。 d(゚д゚)


日本にはない習慣なため、正直なところ価格に上乗せをして払うことに抵抗があります。


アメリカに住んで5年経っても…いまだに慣れません。(;・・)ゞ


もちろん、はじめの頃に比べてチップは当然のこと受け入れるようにはなってきたのですけどね。


けっして安くはないんですよ、アメリカの外食の価格って。


従業員の賃金が食事の費用に入ってないのであればもう少し外食の価格が安くてもいいんじゃないの?


…って思うんですよね。(´^`)


アメリカの外食って 日本の外食の価格とそ〜んなに大きくは変わらないんですよー。


日本であれば食事の価格の中に固定費、材料費、従業員の賃金が含まれているわけですよね?


でもアメリカは従業員の賃金はチップでまかなう…っていう考え方なのです。


でね。


アメリカの場合、食事した価格とは別に税金がかかるのですよ。


そう、外税なのです。


これは州によって税率が異なるので仕方がないことなのでしょうね。


で、その上にチップを上乗せなのです。


これがね〜、すごーっく高く感じてしまうのですね〜。(-ω-;)ウーン


例えば二人で50ドルの食事をしたとするでしょ?


NY州の場合税金が8.75%ですから4.38ドルプラスなんですね。


で、その上にチップです。


チップを20%として計算すると10ドルですよね。


つまり50ドルの食事をして64.3ドル、切り上げして65ドル支払う…ってわけですよ。


50ドルの食事をすると65ドルの支払い!(=゚ω゚=;)


高く感じません???


えいと@はビンボー人なので高く感じてしまうのですね〜。(^^;)


例えばはじめから6500円のメニューをオーダーし、納得して食事をするのと、


5000円のつもりで食事をして、支払いにときに6500円だって気がつくのとでは気分的に違いません?


なんか高いなぁ〜〜〜って思ってしまうのです。(-。ー;)


セレブの方々はウニャウニャ言わないんでしょうけど、えいと@はウニャウニャ言いたくなっちゃうのですねー。(実際は言いませんが)(;^_^A


なので えいと@家はできるだけ外食をしないでお家ご飯にしています。



他には職業によってチップがいる、いらないっていう、その基準もややこしいですよね。


このケースではチップはいるの? いらないの???…って迷うシーンが出てくるのです。(´ヘ`;)


時には『Gratuity』がはじめから加算されているため、うっかりチップの二重払いをしちゃうこともあるし…。(≧ヘ≦) ムゥ


そして、多くの方がご意見に書いてくださったように計算がめんどくさい!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆


これが一番の理由かなぁ。(-"-;)


本当にめんどくさいんですよ。


たま〜にだったらいいでしょうけど、チップを常に頭に入れておかないといけない生活は、正直なところ面倒で仕方がないですね。ε-(;ーωーA



他にはこういうケース ↓ もあるようなんですよ


いつも行くGSにいるおじさんにチップをねだられて困るんですよ〜。
38ドルの所、40ドル出すとおつりくれないんです。「2ドルおつりちょうだい!」っていうと、「ええー、いるのー?」とか言ってしぶしぶくれます。
ガソリンスタンドでなんでチップあげなきゃいけないのー!
ちなみにオットが行くとそういうことはないそうです。女だからなめてんのかー???(By つなみさん



う〜〜〜ん。(・へ・;;)


ガソリンスタンドのおじさんにはチップはいるんでしょうか?


NJ州ではセルフでガソリンを入れるのが禁止されてるそうなんですよ。


セルフがある中でフルサービスのスタンドを選んでるわけじゃないですもんね? そういうガススタンドしかないんだからね。


きっと「おつりはとっときな〜」って人がいるからじゃないかなーって思いますね。


こういうことがだんだん習慣に変わっていくのでしょうね〜。c(゚^ ゚ ;)


そのうちフルサービスのガススタンドはチップが当たり前になっていくかもしれませんね〜。



そうそう、こんな衝撃的な経験をされた方 ↓もおられますよ。


マンハッタンに住んでいたとき友達と某落語家経営のラーメン屋に行ったんですね。で、もちろんちゃんとチップを置いて出てきたんですけど・・・店員(日本人)が血相かえて追いかけてくるんです!「チップ払って下さいっっっ!!!アメリカではね、チップ置くのがあたりまえなんですよ!」って怒鳴りながら。
「え?ちゃんと置いてきましたよ。テーブル見てください」って言ったら不服そうな顔して戻っていったんです。どうやら観光客だと思われたみたいなんですね。(By つなみさん

以前ニューヨークで友達と入った場末の中華屋さん。
時間もお昼をかなりまわっていたのでがらーんとしてたんですよ。
それでね、置いたチップをみたアジア人のおばちゃんウエイトレスが、「えっ!?チップ、たったこれだけ?合計がこれだけなんだから、最低でもこれくらいは置いといてよ!」って面と向って文句を言われたときはかなり頭に来た。
結局あと数ドルテーブルに置いて、さっさと出て来ましてけどね。(By Cat's mamaさん



なんてことでしょう! 自分がされてなくても腹が立ちます! \(*`∧´)/ ムッキー!!


こういうことされるとイヤな気分になっちゃいますね〜。


このチップで文句を言われる、追いかけられるという話はけっこう聞くのです。('д')b


ほとんどは観光客に対してなんでしょうけどね。


チップに慣れていないとうっかり忘れた…ってことがあるかもしれませんもんね。


それでも追いかけて怒鳴る…っていうのはサービス業としてどうなの??? (`□´)b


…って思いません?


これは悪いサービスにあたらないんでしょうか?


チップ=賃金だから必死になるのはわからなくもないけど、


チップに不満があるからって追いかけて怒鳴るなんて、もともと置いて来たチップも取り戻したくなっちゃいますよ。


こういう失礼な店は絶対に二度と行きたくないですよね。


こういうことがあるからチップに関していいイメージがわかないのかもしれませんね。( ̄凵P)b



ところで、えいと@の疑問です。


サービスが良かったらチップを多めに、悪かったらチップを少なくするってよく聞きますよね?


このサービスの善し悪し基準はどうやって決まるのでしょうか? (・・∂) ???


ウェイトレスの対応がよく 楽しく食事ができたら良いサービス。これはわかります。d(゚д゚)(。_。)ウン!


お水を持って来て、注文を聞いて、出来上がった食事を運んできてくれた。


これ ↑ は普通のサービスですよね。(o゚◇゚)b


この普通っていうのも良いサービスに入るのでしょうか?


この普通のサービスだったら15%でいいんでしょうか?


普通のサービスで20%以上もチップを払ってる人っているの???


で、悪いサービスっていうのは どんなことをされた場合のことを言うのでしょう? (・_・;)???


めちゃくちゃ待たされた。 (▼皿▼メ)


オーダーしたメニューを間違えられた。 (▼皿▼メ)


お願いしたことを忘れられた。 (▼皿▼メ)


対応がめちゃくちゃ横柄。笑顔もない。 (▼皿▼メ)


こういう場合 ↑ はチップ少なめ、あるいは チップなしでもいいの??? (;゚△゚)b


他にどういうのが悪いサービスっていうのでしょうね? ?(゚_。)?(。_゚)?


一応接客業なんだし、お客が不快になるようなひどい接客ってするかなぁ〜?


チップが少ない!と追いかけて怒鳴るよう従業員はもちろん不快になる接客でしょうけどね。



正直なところチップって好きになれない習慣だけど、


えいと@は「郷に入れば郷に従え」の精神でチップを渡している感じですかねぇ〜。ε- (´ー`*)


えいと@はチップを特別 多めに〜とか少なめに〜とかしたことがないのですね。


だいたい17〜18%くらいって決めてます。



今回のアンケートの結果をご覧になって、皆さまはどうお感じになられましたか?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 11:07| Comment(25) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日二回目。笑
チップは面倒ですね〜
私は昼15%夜20%ですね。
私の周りの人は税込みで計算する人も結構います。
あと、テイクアウトにすればチップはいらないから
テイクアウト派って人もいるみたいです。
税金にチップで2割り増しくらいになっちゃうから
もったいなく思っちゃいますもんね。
なぜ給料を客が支払わないといけないのかが
理解しがたい。。
郷に入れば・・とは思うようにしているけど
納得はしていないってのが本音です。

ぽちも二回目〜〜
PCが違うから大丈夫でしょ?笑
Posted by おね太郎 at 2009年07月27日 11:29
ごきげんよう。
すんごいわ、この統計。
夏休みの自由研究に提出したら
間違いなく表彰状ものだわ♪

65ドルってあたしの1週間の食費だわよ(笑)
あたし貧乏だし外食が嫌いだからチップとは
無縁だけどたま〜にチップが必要な
場面に出くわすとすんごく緊張するわ。
サービス料込みがどうかとか渡すタイミングとかね。
基本的にはあたしも「郷に入れば郷に従え」精神よ♪
チップがお給料って賃金体系がおかしいのよね。
労働基準局みたいなところないのかしら?
Posted by もやこ at 2009年07月27日 12:26
なかなか面白いトピックでした^^
皆さん、チップに関していろんな経験をされているのですね〜。
特に、チップ〜〜!って追っかけられたって。。。
謙虚に良いサービスを提供してくれたら、チップも気持ち良く渡せますよね。

ちなみに、うちはもっぱらお家ご飯派でーす(笑)。
Posted by yoko at 2009年07月27日 12:26
うーん、チップについてこれだけの記事が書けるなんて、えいと@さん、なかなか凄いっ!感心っ!!
ほんと、チップって一体何の為にあるんでしょうね?もともとは感謝の気持ちを表すものだったんだと思うんですよ。それが習慣になり、習慣になったら、今度はレストランのオーナーが「こんなにチップで収入あるんやったら、給料下げてもええやん」ってなったんじゃないでしょうかね?こう考えるとやっぱりレストランのオーナーだけが得してるように感じちゃいますよね?かと言って、外食して料金を払わないわけにいかないし、チップをケチるとちゃんと仕事してるウエイトレスに悪い。やはり外食しないのがチップを避けれる唯一の方法なんですねぇ。
Posted by Cat's mama at 2009年07月27日 12:53
とっても勉強になりました〜!
旅行の時には追いかけられないように
習慣に従います(笑)
でも色々なお国事情があるものなんですね。
5000円のつもりの食事が6500円に
なるなんてちょっと騙されている感じがしちゃいますね〜。
Posted by コメット at 2009年07月27日 13:23
こんにちわー
んーサービスのよしあしってその人の気持ち
ひとつなんでしょうね。
当たり前の接待だけれどそれがとても気分よく
させてくれたりってあるでしょう?
そんな感じなのかなぁ?
私には今ひとつ実感がないのでわかりましぇん(笑)
マッ・・・私貧乏人ですから海外旅行の予定は
ありません(o^―^o)ニコッ
Posted by べりー at 2009年07月27日 15:10
ハロー!えいと@さん。。。

チップについてアンケートやコメントを
わかりやすくまとめて下さってありがとうございます。
人の意見をまとめて自分の考えを明確にまとめる、、って
大変でしょう〜。すごいです。
(私にはできん)

元値が上がるとそれにタックス、そして+チップとなると
ほんと、高くなる。とほほですが払うべきことなのですよね。
まあ、サービスが悪い場合やあきらかにまずい場合は15%しかあげませんけどね(笑)良く行くお店はケチるとあとがこわいのでちゃんと20%だすようにしています。

Posted by ミント at 2009年07月27日 16:16
えいと@さん、こんにちは^^

チップについて、なるほど〜と思うことがいっぱいでした!
前回の記事にコメントさせていただいたあと、ふと思ったのですが、Gratuityが加算されている場合に、たとえば20%加算されてたとして、でもこのサービスでは17%にか払いたくない、と思った場合は訂正してもらえるんでしょうか?
足りないと、文句を言われちゃうくらいですから、やっぱり払うしかないんでしょうか〜?

って、数パーセントを取り返したい、と思うのはちょっとケチくさいかな^^;
こちらから進んで20%を支払うのと、有無を言わさず20%と決め付けられちゃうのでは、同じ払うでも気分が違うのですよね〜^^
Posted by ももんが at 2009年07月27日 17:45
5000円の料理で6500円支払うっていう
えいと@さんの例題がとってもわかりやすくて
すっと自分に置き換えて考えられました^^

でもでも〜
置くのを忘れたからって追いかけられたり〜
サービス悪いのにチップは置く気になれないし〜、、
そういう時の”チップの存在”考えちゃいますよね。

・・って、えいと@さんが記事にしなかったら
考えてもみなかったかも〜!!
うん!勉強になった!! 
応援!!
Posted by ひろめい at 2009年07月27日 22:13


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>おね太郎さん。

おね太郎さんはランチ15%、ディナー20%って決めておられるんですか〜。
税金がほぼ1割で、チップが2割だから合計3割増くらいになっちゃいますよね〜。
高く感じちゃう〜〜〜。

>なぜ給料を客が支払わないといけないのかが理解しがたい。。
>郷に入れば・・とは思うようにしているけど納得はしていないってのが本音です。

えいと@も同じです。
その国の習慣には従うのが当たり前だから、チップに関しても「仕方がないもの、必要なもの」として考えてますが、
納得はできないですよね。
なぜ、チップが給料になってしまったのか…。これに関して次回 記事にして考えてみたいと思っています。

ぽち☆2回もしてくれたんだ〜。わはは。ありがとー♪




>もやこさん。

夏休みの自由研究に出そうかしらね?(笑)

>たま〜にチップが必要な場面に出くわすとすんごく緊張するわ。
>サービス料込みがどうかとか渡すタイミングとかね。

わかるわ〜〜〜。
そうなのよね。渡すタイミングって難しいけど大事なのよね〜。
うっかりしてたらタイミングを逃しちゃって〜なんてことがあるもんね。
サービス料が込みっていうことに関して気をつけるようになったのはここ最近だわよ。
それまでボーッとしてて二重払いバンバンしてたわよ。
今考えると悔しいわね〜〜〜。取り戻したいわ。

>チップがお給料って賃金体系がおかしいのよね。
>労働基準局みたいなところないのかしら?

ぜったいにおかしいわよね?
一応ね、州によって違うけど「賃金の最低基準」ってのはあるのよ。
でも、ウェイトレスやウェイターに関しては、チップが前提になってるからその基準が守られてないんですって。
なんじゃそれって思うわよね。
で、他にチップをもらってる職業の人たちの賃金はどーなってるのぉ〜〜〜?…って疑問に思っちゃうわ。
やっぱおかしなことだらけよね? 北米のチップ〜〜〜。




>yokoさん。

たかがチップ、されどチップ〜〜〜ですよねぇ。

追いかけられた経験、これは実際に経験するとイヤだと思いますねぇ。
しかも! ちゃんとチップを置いてるのに!ですよ。
東洋人=観光客って勘違いしちゃうのかしらね?
確認もしないで怒鳴りにくるなんて! こういう従業員がいる店にはぜったいに行きません!(怒)

えいと@もチップを考えるのがめんどくさいので、もっぱらお家ご飯です〜。(笑)
アメリカで外食すると 二人で40〜50ドルくらい飛んでいっちゃうもんね?
1食に5000円も出せません〜〜〜。チップも出せません〜〜〜。(笑)


Posted by えいと@ at 2009年07月27日 22:46

> Cat's mamaさん。

>チップについてこれだけの記事が書けるなんて、えいと@さん、なかなか凄いっ!感心っ!!

わはは〜ありがとう〜。
こういうこと突き詰めて考えるのって好きなんです〜。(変?笑)

>もともとは感謝の気持ちを表すものだったんだと思うんですよ。
>それが習慣になり、習慣になったら、今度はレストランのオーナーが「こんなにチップで収入あるんやったら、給料下げてもええやん」ってなったんじゃないでしょうかね?

えいと@も同感です。
そんな感じで変化していったのではないかな〜って思ってます。
習慣ってそんなものですもんね? なんとなく皆がしてることが当たり前〜になっていくっていう感じ?
チップもはじめは好意や善意だったのが、だんだん変化して「当然のもの」に変わっていったのでしょうね〜。

>レストランのオーナーだけが得してるように感じちゃいますよね?

えいと@もそんな気がしています。
だって、記事にも書いてるけど 外食の価格がそんなに安いわけじゃないですもんね?
安いレストランでもディナーでいくと一人20〜30ドルくらいかかっちゃいますよね?
これって日本と変わりないですよ。
つまり外食費の原価部分が低くなるってことですもんね? 従業員の賃金が含まれてないんだったら。
じゃ、すごい利益率ってことになっちゃいますよ。
レストランのオーナって儲かるんですね〜〜〜!

>外食しないのがチップを避けれる唯一の方法なんですねぇ。

そういうことになるのでしょうね。
あとはセルフサービスのお店に行くか、テイクアウトで持ち帰るか…ですかね?
えいと@家はテイクアウト、多いですよぉ〜。(笑)




>コメットさん。

意外に知らないモンでしょう? チップって。
何となく「外国に行ったら必要なもの。レストランに入ったら払うもの」って感覚しかなくて、
さて海外旅行したらどうしていいかわかんなかったり〜ってことが日本人には多いように思います。
でもね、これは仕方がないんです。習慣にないことだもん。
でも、郷に入れば郷に従え…なのですね。
皆がしていることは、たとえ外国人であっても同じようにした方がいいと思います。

でもアメリカでも税抜き価格の20%以上のチップは必要ないですよん。
あまり多くチップしちゃうと「日本人からはもっと取れるぞ〜」って思われて、だんだん%が上がっていくかもしれないからね〜。





>ベリーさん。

>サービスのよしあしってその人の気持ちひとつなんでしょうね。
>当たり前の接待だけれどそれがとても気分よくさせてくれたりってあるでしょう?

そうですね〜。
その人の気持ちひとつなんですよね。
日本にはチップの習慣がないけど、どこの飲食店でも たいてい接客はきちんとしてますよね?
日本のレストランでイヤな思いをしたことってないですもん。
日本の接客はすごいなーって思いますよ。

北米の場合は、サービスは有料って考えなのですね。
それはそれでいいんだけど、有料なら有料なりのサービスを提供して欲しいな〜って思うことが多々あるのです。
このサービスで1.5割のサービス料なのぉ〜〜〜?って思うことがあるのですねぇ〜。(苦笑)

もしかしたらべりーさんご夫妻も海外旅行に行かれることがあるかもしれませんよ〜。
その時に、今回の記事をちょこっと思い出してくださいね〜。

Posted by えいと@ at 2009年07月27日 23:22

>ミントさん。

えいと@ってね、こんな風にひとつのことを突き詰めて考えるのって好きなんですよ。(笑)
もう一種の趣味ですな。

>サービスが悪い場合やあきらかにまずい場合は15%しかあげませんけどね

ミントさんは「サービスが明らかに悪い場合で15%」なんですね〜。
この「明らかに悪いサービス」って具体的にどんなサービスのことをさします?
えいと@的には記事に書いてるように「違うメニューが来た」「ひどく待たされた」「お願いしたことを忘れられた」「めちゃくちゃ愛想が悪い」くらいしか思い浮かばないんですけど…。
「明らかに悪いサービス」ってどんなことがあるのかなぁ〜???

で、えいと@だったら、もしむちゃくちゃ腹が立つようなことがあったらチップを置かないで店を出て、その店には二度と行かないかな〜。
でも、そういう経験ってないんですよね〜。
少し愛想が悪いくらいじゃ、チップを減らせませんもんね〜〜〜。

>良く行くお店はケチるとあとがこわいのでちゃんと20%だすようにしています。

これはありますね〜〜〜。
おいしいお店はきっと何度もリピートするから、チップはちゃんとしとかないとあとが恐いですよね。(苦笑)
お客側がそういう気を使わなきゃいけないのって何だかなーって思いますけどね。仕方がないですね〜。





>ももんがさん。

>Gratuityが加算されている場合に、たとえば20%加算されてたとして、でもこのサービスでは17%にか払いたくない、と思った場合は訂正してもらえるんでしょうか?

これはね〜〜〜。たぶん無理だと思います。
17%にしたいなーっていうのは、普通に満足したってことですもんね?
それだったら減らしてもらうのは無理ですね、きっと。
もし、かなりの不満があって10%に減らしたい…とか、チップはなしにしたい…なとと思う場合には、
その担当の従業員ではなく、マネージャーかマスターを呼んでチップを減らしたい その理由を説明する必要があると思いますよ。
そしたらチップを減らすことは可能だと思います。

>こちらから進んで20%を支払うのと、有無を言わさず20%と決め付けられちゃうのでは、同じ払うでも気分が違うのですよね〜^^

わかります〜。
日本のようにチップの習慣がない国でははじめからサービス料がかかるのは仕方がないと思うけど、
チップ制度がある国で、はじめから「払え!」…ってな感じだとちょっと気分が悪いですよね〜。
うっかり二重に払うこともあるしねぇー。(汗)




>ひろめいさん。

5000円が6500円になるって例、わかりやすかった? よかった〜〜〜。

>置くのを忘れたからって追いかけられたり〜
>サービス悪いのにチップは置く気になれないし〜、、
>そういう時の”チップの存在”考えちゃいますよね。

そうですよねー。
チップ=賃金なので、チップをもらうのに必死になるのはわかるんだけど、
その必死さをサービスに回して欲しいなって思うことが多々あるのですね〜。
そんなに必死になるほどチップが欲しいなら、お客が本当に満足するような笑顔や態度で接して欲しいですよ。
義務的な対応の従業員って多いんですよ〜。
日本のファミレスの方がよっぽど接客態度はいいって思いますもん。

もし、海外旅行に行くことがあったら今回の記事を思い出してね。
その国にはその国の習慣があるんだしね。
チップは納得がいかないけど、その国の習慣だったら仕方がないもんね。


     えいと@


Posted by えいと@ at 2009年07月27日 23:44
タクシーの運転手に「きっちりお釣りを寄越しなさいよっ!」
そう一言ガツーンと言ってから、チップを気前良く渡したとい
うマリリン・モンローの逸話を読んだ事があります。
GSでチップをねだるオッサンの話しを読んで、ふと思い出しました。
客にお釣りを渡さないで、勝手にチップ分として貰おうという
態度&考えは、非常に不愉快ですね。

日本に比べて仕事がルーズなくせに、チップだけはいっちょまえに請求か〜。なんか納得できませんね。
宿の仲居さんに心付けや、家の修繕に来てくれた大工さん達にお茶&お茶菓子を出したりと、日本でもチップのよう
な風習はありますが、それは人としての「気持ち」。
チップが全てだなんて・・・なぜ、お客が従業員の給料を
払わないといけないんでしょう?
だったら、雇用契約とか無くても一緒ですよね。
極端な話し、店に雇われていない人が勝手にウエイトレス
の真似事して稼いでも文句言われないって事じゃない^^;;

Posted by たまてん at 2009年07月28日 00:16
私は、アメリカに 20年以上住んでいるけれど、チップという習慣は、確かに 面倒臭いな、と思います。でも、そういうシステムなら仕方ないな、と。

チップは、大体、キャッシュで払います。クレジットカードで支払って、チップを入れとくと、レストランによっては、そのチップが 自分のウエイターに行くとは限らない、と、以前、レストランで働いてた友人に聞いたことがあって。

けちだと思われるかもしれないけれど、普通のサーヴィスなら、昼も夜も、15%、良ければ、20%、それから、クリスマスの頃は、25%くらいにしてます。

確かに、チップなどのキャッシュを頼りに 生計を立てるなんてと疑いたくなるかもしれないけれど、今の世の中、仕事があれば良い方だし、ウエイターやウエイトレスは、大学生や主婦が多いから、もってこいのお小遣い稼ぎだと思います。 それに、チップは、申請しなくていいから、税金免除になるでしょ。自分が働いた分だけ、自分に返ってくるんだから、いいことだと思いますよ。

私は、以前に あるブランドで お仕事してたのですが、アメリカ人は、そういう所(ごく普通のモールにあるようなお店とか)でも、サーヴィスがよければ、チップとは言わないけれど、後に チョコを贈ってくれたり、サンキューカードを送ってくれたり、時には、クリスマスになると、そのモールの商品券をくれたり。。。アメリカ人は、感謝の心を 上手に表現できると思います。(私は、どのお店に言っても、サーヴィスが とても良い、又は、悪い時は、メールをします。お店側も、カスタマーからの生の声を聞いて 初めて、どんなサーヴィスが必要とされているのかに、気づくんですよ。)

去年、旅先で 2泊した時に、とても感じの良い接待だったので、後に、クッキーを贈りました。接待されるのが当たり前だという観念を 少し柔らかくすれば、日本のようなマニュアルな接待よりも、アメリカの接待の仕方の方がいいかな、と。

あ、そうそう、悪い接待の仕方の時に、むっと怒るより、私は、今日は 何か悪い事があったの?楽しそうじゃないねぇ、なんて、声をかけてます。そうすると、ウエイターやお店の店員さんなんかは、はっと我に返って、ちゃんとしたサーヴィスをしてくれます。

人間だもの、バッドデーもあるだろうしね。 
Posted by まみぃ at 2009年07月28日 00:35
うちは15%って決めてますね〜。
大抵はダンナと一緒なので、もしもサービスが悪くてダンナが10%しか置かなくても、追いかけられたこともないし、文句を言われた事もないですね〜。
ま、大抵サービスが悪かったりなにかあると、ダンナはその旨をマネージャーに言う人なので、その辺は相手も納得してるようです。
合計を考えると、日本よりこっちの方が高いでしょう?
Posted by ree at 2009年07月28日 00:53

>たまてんさん。

>客にお釣りを渡さないで、勝手にチップ分として貰おうという態度&考えは、非常に不愉快ですね。

そうですよね。
アメリカではチップ=あたり前の感覚なんでしょうけど、
おつりをもどさないでちゃっかり全額もらっちゃうってのはどうなのーって思いますよね。
ガススタンドのおっちゃんも、きっとはじめはおつりを渡していたと思うんですよ。
でも、お客によってはおつりが1ドルとか2ドルくらいだったら「とっといて」って言う人がいたんだろうと思いますね。
それで、くれるのか当たり前〜みたいに思っちゃって、お釣りはチップ♪なんて思い込んじゃってるんでしょうね。
…これがだんだんと習慣になっていくんだろうなぁ〜〜〜。うーん。。。

>なぜ、お客が従業員の給料を払わないといけないんでしょう?
>だったら、雇用契約とか無くても一緒ですよね。
>極端な話し、店に雇われていない人が勝手にウエイトレスの真似事して稼いでも文句言われないって事じゃない^^;;

これに関しては、次回の記事で「チップの歴史」として考えてみたいなと思っています。
なぜ、サービスのお礼、感謝の気持ちであるはずのチップが 北米だけ「チップ=賃金」と変化していったのか。
そのへんを考えてみたいと思っています。よかったら見にきてくださいね♪




>まみぃさん。

はじめまして! ブログへのご訪問とコメントをありがとうございます。

>クレジットカードで支払って、チップを入れとくと、レストランによっては、そのチップが 自分のウエイターに行くとは限らない、と、以前、レストランで働いてた友人に聞いたことがあって。

なるほど、やはりそうなんですか。
えいと@は以前はカードでチップ込みで支払っていたんですけど、最近は現金で置くようにしています。
国際結婚をされた方から「アメリカ人はみんな カードではチップを渡さないよ」って聞いたもので…。

>チップは、申請しなくていいから、税金免除になるでしょ。自分が働いた分だけ、自分に返ってくるんだから、いいことだと思いますよ。

えっ! そうなんですか?
えいと@は「チップにも課税されるから、レストランで働く人は必死でチップをもらおうとする」って聞いたことがあるんです。
アメリカでは「レストランの従業員のチップ=給料」として認識してますから、そこからしっかり税金を取ってる…って聞きました。

>悪い接待の仕方の時に、むっと怒るより、私は、今日は 何か悪い事があったの?楽しそうじゃないねぇ、なんて、声をかけてます。
>そうすると、ウエイターやお店の店員さんなんかは、はっと我に返って、ちゃんとしたサーヴィスをしてくれます。

なるほど〜。
そんな風に出来たらいいですよね。
まみぃさんは長くアメリカに住まわれてるから 自然にそういうことができるのですね〜。うらやましいです。
日本人の多くは、たとえ悪い接客をされても我慢しちゃうのですよ。
なので、こんなに態度が悪いのになぜチップ???…って思うのですね〜。

サービスが良かったとき、悪かった時の意思表示が出来たらいいのになって思いますね。
チップの額だけではなかなか伝わらないと思うのです。
もし、対応が悪くてチップを10%しか置かないとしたら、もらう側は「自分の接客が悪かったんだ〜」って反省するのではなく、
「あの客、ケチ!」って思うんじゃないでしょうかね?(苦笑)
まみぃさんのように「楽しそうじゃないね? どうしたの?」って声をかけられたら、ハッと気がつくでしょうけど、チップを少なくなれたら余計にムッとしますよね。

アンケートにあるように、長くアメリカに住んでいる方も「慣れないもの、面倒なもの」と回答されているんですね。
それだけややこしい、難しいものなのでしょう。お金で人の心を表す…ということが。
たかがチップ、されどチップですね。
だけどチップは習慣ですしね。
チップがこれだけ定着してるアメリカで暮らす以上は必要な経費だと思っています。


   えいと@


Posted by えいと@ at 2009年07月28日 01:06
こんにちは

私はウエイトレスをしていたせいか チップには慣れているんで 感覚で チップの量もすぐでてくるんですが、、、。

それがないとめんどくさいかもしれませんね

こちらのウエイtレス業は ごく普通の オフィスガールより収入が多いんですよ
チップ制だから、、。


よくウエイトレスをする学生っておおいでしょう?

良く利用するレストランでは いいチップを置いておくと 確かにサービスは良くなります。

ウエイトレスのステーシオンでは 客の態度とか チップのことが話になることは多いです。

私は日本での食事のほうがずっと高いと思ってました
って 食べるものにもよるだろうけど、、、。

Posted by ba-chama at 2009年07月28日 02:49

>reeさん。

行きつけのお店であったらまず従業員も変な接客はしないでしょうから、チップのことで煩わしい思いをすることって少ないですよね。
やはりイチゲンさんで行った場合でしょうかねぇ〜。

でね、これは考え過ぎかもしれないんだけど、
アジア系のお客が来たら接客の態度を悪くするお店があるように思うのです。
アジア系のお客は観光客って思い込んで、観光客だから何度も来るお客じゃない…って思うことがあるんじゃないかなと。
で、チップが少なかったりすると追いかけていって怒鳴る。
こんなことを何度も来てくれるお客さんにするわけないですもんね。

他には、白人系のお客のテーブルとアジア系のお客のテーブルの接客の態度があからさまに違うことがある…って聞いたことがあるのですよ。
小さな街のレストランではそんなことはないでしょうけど、
観光客が多い大都市なんかはそういう傾向があるのかな〜って思いますね〜。
記事内の つなみさんもCat's mamaさんの出来事も、ニューヨークのマンハッタンでの出来事のようですしね…。

>合計を考えると、日本よりこっちの方が高いでしょう?

絶対に高いですよね。
ウェイトレスやウェイターの給料も、チップを入れるとものすごい高給取りになっちゃいません?
だって1テーブルで平均5ドルのチップをもらえたとして、1時間にどれだけのテーブルを受け持つんでしょうね? 5つくらい??? もっと???
5つとしても25ドルですよ! 時給25ドル! すごいですよね〜。
えいと@もレストランでバイトがしたくなっちゃった〜〜〜。(笑)




>ba-chamaさん。

ba-chamaさんは働いておられたし、計算も自然にできるんでしょうね。
でも正直なところ、本当にめんどくさいのです。
特に友人数人と割り勘で食事をする場合なんかね。頭がこんがらがります。(苦笑)

>こちらのウエイtレス業は ごく普通の オフィスガールより収入が多いんですよ チップ制だから、、。

やはりそうなんですね〜。
reeさんのコメントのお返事のところで書いたんですけど、計算したらすごい時給になっちゃいますね。
高級レストランなんかはすごいでしょうね〜〜〜。働きたくなっちゃいましたよ。(笑)
でも、考えたら不安定ではありますよね。
毎日コンスタントにお客さんが来ればいいけど、そうじゃない場合もあるし、
不況で外食が減ったりするとチップは入って来ませんしね。

>ウエイトレスのステーシオンでは 客の態度とか チップのことが話になることは多いです。

え〜〜〜どんな話ですか?
「あのお客はチップの払いがいいね」とか「あのお客はケチなんだよー」とかでしょうか?
そういうことがあるから、何度も行くお店にはチップは多めに払わないと…って思っちゃうのですよね〜。
いいサービスを受けるために…というより、悪口を言われないためにチップを多めに払う…って感覚になっちゃいますね。(苦笑)

>私は日本での食事のほうがずっと高いと思ってました

レストランにもよりますけど、ほぼ同じくらいですよ〜。
チップを入れるとアメリカの方が高いと思います。


   えいと@


Posted by えいと@ at 2009年07月28日 05:11
私は日本には、習慣がないので渡せないと思います。渡し方も知らないしね。ホテル等のお泊まりの時には、払うかもしれないですが・・・・。面倒臭いですから、料金にチップ代込みにしてもらいたいですね。払うのが、当たり前だったら、どっちにしても同じ事ですよね。
Posted by 雪だるま at 2009年07月28日 05:16
やっぱりチップって海外で生活されている方でも
しぶしぶ払っている感じですね
そもそも良くしてもらったので心づけとかお礼とかの気持ちの表れだと思うのですが
強要されて追っかけられてなんて
チップ恐怖症になりますよね
オバマさんにお願いしてチェンジしてもらいましょう〜♪
Posted by at 2009年07月28日 09:58
えいと@さん、興味深い記事でしたー。こっちに住んでいてもいつも頭を悩ませますよね、チップって。
レストランだけでなく、引越しとか旅行とかたまに行く美容院・・・・普段カードばかりで、小さいお札持ってないと困っちゃいます。
私の経験、取り上げていただいてありがとうございます〜!ハズカシー!店の外まで追いかけてきたお兄さん、どうしてるかしら??今頃になって話題になるとは・・・!
最近はもういつもお家ゴハンなのでチップ置いた事ないなあ。外食高いですもんね。

以前アメリカ人のご夫婦と暮らしていた時、やはりチップをどんな時に払うのか質問したことがありますよー。もっとちゃんと聞いてメモしておけばよかったな。
Posted by つなみ at 2009年07月28日 11:09
えいとさん、

言葉不足でした、すみません。チップを クレジットカードで払うと、税金の対象になるけれど、キャッシュだと、ならないんです。それから、アメリカ人も、チップも クレジットカードで払いますよ。だって、アメリカ人って、キャッシュ持ち歩かないし。

それから、確かに、観光地と観光地じゃない所だと、チップをもらう方の態度もあげる方の態度も違うんじゃないかな。ちなみに、私は シカゴ郊外に住んでるのですが、この辺では、人種によってサービスがちがうっていうのは、聞いた事がないな。ただね、モールにあるお店で働いていた時に、アジア人の家族連れは 評判が ものすごく悪かったです。子供達を手放しで遊ばせたり、泣いてても外に連れて行かなかったり、商品を触ってても知らぬ顔だったり。。。これは、確かにあるんですよ。会社の会議で、それも よく議題になったし、他のお店も そういう苦情を出してたし。あ、チップの話しから それてしまいました。ごめんなさい。

あのね、もし とっても良いサーヴィスを受けた時は、マネージャーをよんで、こんなに良いサーヴィスをしてくれましたって報告して、その時に、私のウエイターさんに これを渡してくださいって、チップを渡すと良いと思います。キャッシュだと それが できますよね。

サーヴィス業のお仕事は、お客様の褒め言葉が 何よりも嬉しいものです。(10年程、経験あり)
Posted by まみぃ at 2009年07月28日 11:27
こんにちは。
チップ、慣れてないと面倒ですが、反対に自分でサービス料を決められる、というのはなかなか良いんではないかな、と思うこの頃です。
日本ではいわゆるチップに当たるサービス料が既に計算して価格に入れられてしまっているわけですからね〜。
えいと@さんがおっしゃっているように、アメリカではチップは大体これぐらい、でそれを入れたら総額が幾らぐらいになるかあらかじめささっと計算するのが必要ですね〜。その上でその総額が、出てきた食事の質やサービスにあうかどうか判断するのが客一人ひとりの役目なんでしょうね。(ごめんなさい、ちょっと変な日本語?分かっていただけたかな?)
Posted by reiko at 2009年07月28日 11:28

>雪だるまさん。

慣れない習慣に従うってけっこう難しいことですよね。
でも、もしアメリカやカナダに行かれることがあったら、とりあえず習慣には従っておく方がいいように思います。
きっちりは出来なくても、最低限ね。
レストランに入ったら食事価格の15〜20%(カナダの場合は10〜15%)は必要経費として考えた方がいいですねぇ。

…っていうのは、例えば、もし外国人が日本の温泉にやって来て、身体を洗わないまま湯船に飛び込んだらイヤじゃないですか?
日本の習慣として、湯船に入る前にかけ湯をしてから…っていうのが常識じゃないですか?
外国人だからって、やって来てそのまんまドボーン!…ってやられたらいい気持ちはしませんよね。
ちょっとくらい日本の習慣を勉強してから旅行に来て欲しい!…って思いますよね。
郷に入れば郷に従う…っていうのは、そういうことなのかなって思います。

こんな面倒なこと、アメリカでは普通に日常的に行われてるんですよね〜。
何年住んでも慣れません。ホント。(苦笑)




>E店長さん。

チップっていうのは面倒なものです。
子どもの頃から「当たり前のこと」として認識してる習慣ならまだしも、
大人になってから、その国の習慣に従うっていうのは本当に難しいことですね。
しかもお金が絡むことですし。
だれでも湯水のようにお金を使えるわけではありませんから…。

>強要されて追っかけられてなんてチップ恐怖症になりますよね

ホントにね。そんな経験をしたら外食恐怖症になっちゃいますよね。(苦笑)
チップ=賃金なので必死になるのはわからなくもないけど、
追っかけて文句を言われて、その後、その文句を言われたお客は「二度とあの店には行かない!」って思うのにね。
下手したら「悪いクチコミ」が広がるかもしれないのに…。
追っかけてまで〜っていうのは、他の方のコメントにもありましたが「あさましい」って思いますね〜。




>つなみさん。

>レストランだけでなく、引越しとか旅行とかたまに行く美容院・・・・普段カードばかりで、小さいお札持ってないと困っちゃいます。

そうなんですよね〜〜〜。
レストランだけだったらいっさい外食しないことでチップからは逃れられるけど、
旅行へ行ったり、引っ越ししたり、美容院もね〜〜〜チップですもんね〜。
えいと@がアメリカで美容院に行かないのは、髪型をちゃんとしてもらえない、こちらの意向が伝わらない…って言うのが一番の理由だけど、
実はチップがイヤだから…って理由もあるのです。(笑)
なのでもう、1年半以上カットしてないっすよ〜〜〜。そろそろ限界〜。どぼじよう。。。(涙)

追いかけられたって経験、ホントにムカつきますよね〜。
ちゃんとチップ置いてたのにね。
reeさんのコメントのお返事にも書いたんだけど、
アジア系のお客が来たら接客の態度を悪くするお店があるように思うのですよねぇ〜。
アジア系のお客は観光客って思い込んで、観光客だから何度も来るお客じゃない…って思うことがあるんじゃないかなと。
で、チップが少なかったりすると追いかけていって怒鳴る。
こんなことを何度も来てくれるお客さんにするわけないですもんね。
同じ店でも 白人系とアジア系のお客に対する態度が明らかに違うようなレストランもあるって聞くし…。
何だかなーって思いません???

ま、アメリカに住む以上は避けられないチップ。
できるだけイヤな思いをしないようにうまくチップとつきあっていかないとダメですね〜。


    えいと@


Posted by えいと@ at 2009年07月28日 11:48

>まみぃさん。

>チップを クレジットカードで払うと、税金の対象になるけれど、キャッシュだと、ならないんです。

そうなんですか〜!
それは知りませんでした。カード払いにすると税金がかかっちゃうのですか。
じゃ〜もらう側としたら現金の方がいいですねぇ。(笑)

>確かに、観光地と観光地じゃない所だと、チップをもらう方の態度もあげる方の態度も違うんじゃないかな。

そうですね〜。あるかもしれませんね。
チップの習慣がない国って日本だけではないですから、他の国の人でもうっかり〜ってコトがありますもんね。
観光客がよく行くようなレストランでは従業員はチップに関して神経質になることがあるかもしれませんね〜。

それでも、やっぱり追いかけられたりしたらいい気持ちはしませんよ。
えいと@には経験がないのですけど、一度でもそんな経験しちゃうとチップに対してとってもイヤな感情を持ってしまうと思います。
そのへん、観光地のレストランの従業員もわかってほしいなーって思いますね〜。
最近は昔と違って、まったく外国の習慣を知らずに旅行する人は少なくなってきていると思うんですよ。
でも、自分の国にない習慣だからチップの渡し方がスマートじゃなかったりするんですね。
これは温かい目で見て欲しいですねぇ〜。
子どもの頃からの習慣ではないことなのですもん。はじめからスマートに(現地の人のように)出来るなんてコトはないですもんね。

アジア人ってお店での態度が悪いんですか…。
それって残念なことですね。
だけど…アジア人をひとくくりにされちゃってることってあるのでしょうね。
そうでない、きちんとしたマナーのあるアジア系の人だっているのに…。
もしかしたらアジア系はチップの渡し方がスマートでない人が多いのかもしれませんね。
だから、アジア系のお客に対して追いかけて…ってことがあるのかな〜。
ちゃんとチップを置いてる人にまでそういう不快な思いをさせるってどうなんでしょうね?

えいと@は普段は外食をあまりしませんが、旅行ではよくレストランを利用します。
すごーっくいい対応をしてくれたウェイトレスさんには、チップはもちろん、お店を出る時にそのウェイトレスさんに心からお礼を言うようにしています。
マネージャーを呼んでまではお礼をしたことはないですけどね…。
どのレストランも、心からお礼を言えるような対応をしてくれたらいいのにな…って思いますね〜。




>reikoさん。

>チップ、慣れてないと面倒ですが、反対に自分でサービス料を決められる、というのはなかなか良いんではないかな、と思うこの頃です。

確かにサービスの善し悪しにかかわらず はじめからサービス料が入ってるのはどうなの〜って言われる方もおられますよね。
自分で決められるのはいいことかなって思います。

でも、えいと@はいいサービスの時にチップを多めに…ってことは出来るんですけど、
これはないやろーって思う時にチップを減らす…ってことはしたことがないんです。
てか、よーしません。(苦笑)
なんかね〜チップを少なくすると、もう二度とこの店には来れないな〜って思うとね。できないんですよー。
ま、こんな店には二度と来ない!…って決めたら出来るんでしょうけどねぇ〜。
reikoさんはチップを少なくしたり、ゼロにしたりしたご経験があるのでしょうか?

アメリカ人の方々は 子どもの頃からチップを当たり前のこととして認識しているので、
その計算もイメージがつきやすいんだと思うのですが、
大人になってアメリカにやって来た日本人が アメリカ人と同じように受け入れるのはなかなか難しいことなのですよ。
でも、習慣としてアメリカでは定着してることですから受け入れています。
郷に入れば郷に従え〜ですからね。



     えいと@



Posted by えいと@ at 2009年07月28日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。