2009年07月18日

夜になると起こる現象とは…これだっ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編です〜。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   ひゃ〜! 驚きぃ〜!(@∇@)変化を見せるトロピックスノー♪


トロピックスノーが花を咲かせた〜♪と喜んでいる えいと@夫妻でございます。


ホントにびっくりでしたよ〜。(@∇@)


観葉植物の花がこんなにはやく咲くとは思いませんでしたからね〜。


   a-greensnou09-2.jpg


サトイモ科の花って、こんな感じ ↑ なのですね〜。


でね。


今日、よーっく見てみますと白い部分のツブツブがはっきりしてきてるんですよ。


   a-greensnou09-16.jpg


ね? トウモロコシみたいにツブツブでしょう? (^○^)b


で、奥の方を覗いてみますと…。


   a-greensnou09-15.jpg


白い部分が違うツブツブに変化していってる感じなのですねぇ〜。


昨日より明らかに種のようなツブツブの部分が増えているのです。


不思議なお花ですよねぇ〜? σ( ̄~ ̄)


これからどうなっていくのでしょうかね?


何だかワクワクしちゃいますー。((o(^∇^)o))ワクワク♪



さて、昨日のクイズですが。


夜になると見られる トロピックスノーの ある現象とはいったい何でしょうか?


…っていう問題でございました。


reikoさん、おね太郎さん、べりーさん、E店長さん、
つなみさん、母ちゃん、ba-chamaさん、コメットさん、
ひろめいさん、マリーンさん、ももんがさん、ミントさん、ちいさん、
Cat's mamaさん、あんみつさん、かげさん、reeさん、もみじ饅頭さん。



回答をありがとうございました〜♪ ♪サンキュッ (v^-^v)♪


さて、答えでございますが…。


実は このトロピックスノーちゃんの原産地は熱帯アフリカで、


高温多湿を好むグリーンなのです。


お水が大好きなのですねー。(*"ー"*)


なので夏の生育期には土は湿り気にして育てるのがいいんですよ。


なのにっ!


夜になるとこういう状態になるんですねー!c(゚^ ゚ ;)



            ↓





            ↓





            ↓



a-greensnou09-5.jpg


じゃん! 葉っぱから水滴を出すのですよー!w(゚听;)w


   a-greensnou09-9.jpg


お水をあげたその日の夜は、もうすごいですよ。


汗かきまくり状態になっちゃうんです。( ̄▽ ̄;)


…っていっても葉っぱ全体に汗をかくわけではなく、


写真のように葉っぱのフチから水滴が出てくるのでありますね〜。


a-greensnou09-7.jpg


えいと@は土の表面が乾燥したらたっぷりとお水をあげるようにしているので、


毎日はお水をあげていないんですね。


お水をあげない日でも夜になったら水滴を出すのですよねぇ。(゚-゚;)ウーン


この葉の水滴は、蒸散し切れない分が水滴となって現れる現象そうなんです。


これはグッテーション(guttation ・排水現象)といわれる現象で、


根の水を吸い上げる力の強いサトイモ科の植物で良く見られるそうです。


根から吸収した水分の放出が葉からの蒸散だけでは追いつかない時に水滴となって現れる自然現象です。


用土が湿っている時に夜間や暗い場所でよく起こり、用土の乾燥と共に自然に収まります。


要するに蓄えきれなかった水を排出してるんですな。(´^`)


もともと熱帯のアフリカに生息していたので雨が多くたっぷりと水があったのでしょうね。


株の体内に水をためておく必要がなかったのでしょうねぇ。


お水が大好きなのに 必要以上は蓄えない、ザルのようなグリーンでございますなぁ〜。( ̄~ ̄;)


サボテンや多肉植物のように水を蓄えておいてくれたら旅行の時に心配がないのになぁ〜〜〜。(-。ー;)



…ということで。


正解は葉っぱから水滴が出るでございましたー! ヾ(^∇^)ノ


E店長さん、母ちゃん、コメットさん、マリーンさん、ミントさん、ちいさん、あんみつさん。


大正解でございましたー! \(*^▽^*)/スバラシィー!



サトイモ科の植物がすべてこうなるかどうかはわからないのですが、


少なくともトロピックスノー、クワズイモは、このグッテーションを起こすのですねー。( ~▽~)


この排水されている水はきれいな水なのですけど、


水滴がポタポタと落ちるので フローリングにしみが付いてしまうことがあるのですねぇ。(・Θ・;)


今のえいと@夫妻のアパートメントはカーペット敷きなので吸収してくれちゃいますが、(*^m^*)


日本のマンションの時はフローリングだったので、しょっちゅう拭いてましたよ。(〃゚д゚;A


そういうのがイヤな方はあわないグリーンですねぇ〜。(^_^;)


   a-greensnou09-1.jpg


しかし。


なかなか楽しい観葉植物ですよ。トロピックスノーちゃんは。


見た目も涼しい感じですしね。癒されます。(´∀`)


今後の成長、変化がとーっても楽しみでございます〜♪ (○⌒∇⌒○)ノ




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 11:03| Comment(18) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(グリーン編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜〜〜サボテンとかラクダとはまったく逆なんですねー!
自然の神秘だわ〜〜
でもこれはやっぱりアクアグラスが必要なのかも〜?笑

ところでさっきヒマだったので(笑)
シカゴ編を見てましたが
シアーズタワーがこの7月から名前が変わって
ウィリスタワーになったそーです。
ご存知でしたか?
私は昨日知りました。笑
Posted by おね太郎 at 2009年07月18日 11:21
ミズバショウのような花ですね。
植物本体のサイズから考えたら、ごく小さな花なのかしら???
あまり花の主張はない感じなのかな〜。

むか〜〜〜し、仕事で「癒し」をテーマとした記事を扱っていたとき、
この観葉植物はお風呂場に置くのにも最適!
て、やっていた気がします^^;;
その時は「ふ〜ん、そうなんだ」程度で深く気にしませんでしたが、
こちらの記事を見て納得。
吸収しきれない水分を排出するなら、お風呂場の方が手間いらずで
いいかも(笑)
Posted by たまてん at 2009年07月18日 12:34
ひょひょ、葉から水滴が出ちゃうんですかぁ?
こりゃ不思議です。確かに観葉植物だから床が濡れちゃうのは嫌ですよね?
いやいや、勉強になりました。
Posted by Cat's mama at 2009年07月18日 13:12
水滴が出るんですね〜!!!
植物も、ちゃあんと生きているんですよね。勉強になりました^^
それにしても、ほんと、トウモロコシみたい!
Posted by yoko at 2009年07月18日 14:02
またまた勉強になった

覚えておかなきゃ

グッテーシオン




Posted by ba-chama at 2009年07月18日 14:07
おぉ〜外れてしもたぁー。。。ρ(-ω- ) イジイジ
ふぅ〜んそういう性質なんだね。
びっくりだよ。
なかなかおもしろいなぁ〜♪
くれぐれも水滴には注意しましょうって?(笑)
Posted by べりー at 2009年07月18日 16:07
えいと@さん、こんにちは^^

あー、水滴だったのですか〜?!
面白い植物っていろいろあるんですね。
ぽたっと今にも落ちそうな水滴、よく撮れてますね〜^^
トロピックスノーの花、ほんとにとうもろこしみたいでかわいいです♪
Posted by ももんが at 2009年07月18日 21:48


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>おね太郎さん。

>サボテンとかラクダとはまったく逆なんですねー!

そうなんですよー。
サボテンやラクダは、砂漠など水の少ないところに生きてるでしょう?
わずかな貴重な水を無駄にしないのですねぇ〜。
それに対し、熱帯雨林に生息していた このトロピクスノーはいくらでも水があるから、貯めておく必要がないのですね〜。
生きている場所でこうも変わるのですね。
自然の神秘ですよね〜。おもしろいなーって思いますね。

>シアーズタワーがこの7月から名前が変わってウィリスタワーになったそーです。

へぇえ〜〜。今知りましたよ。(笑)
シアーズが売却したのでしょうね。経営が厳しいのかな〜〜〜。




>たまてんさん。

花の大きさとしては長さは30センチくらいでしょうか。
白いトウモロコシのような部分は、太さが1センチ弱、長さが20センチ弱…って感じの大きさですね。
トロピックスノー自体は1メートルくらいの背丈なのです。
庭など、外で育ててたら、花が咲いたことに気がつかないかも〜ですね。
かなり地味な花ですもん。水芭蕉やカラーと同じ種類の花ですけど、あそこまで主張がないですね〜。(笑)

お風呂場ですかー。なるほどー。
広いバスルームだったらいいかも〜ですね。(けっこう大きなグリーンなので、狭い浴室では圧迫感がありそう〜〜〜)
でも、明るさが必要なグリーンなのですよ。
夏の直射日光は苦手なんですけど、暗いと株が弱ってくるのですねぇ〜。
明るい浴室だといいんでしょうけどねー。大きな窓があるとか。
そういう浴室って少ない気がしますね〜。




>Cat's mamaさん。

そうなんですー。不思議なグリーンでしょう?
きれい好きで水が落ちるのがイヤな人はダメでしょうね〜。
でもベチャベチャになることはないんですよ。
ポタッとたまに落ちるくらいですから。
ドライ気味に育てたら、水滴も少ないように思いますし。

いろんな植物がありますよね〜。
こんな風に特性を知るとおもしろいなーって思います。





>yokoさん。

そうなんですよ〜〜〜。水滴を出すのですねぇ〜。
それなのに、水がなかったらへばってしまうタイプなのですよー。
なので、カナダで10日間、家を空けた時には一番心配でした。
大丈夫でしたけどね。

ホントにトウモロコシのようです。
今日見たら、さらにツブツブが独立しているように見えます…。
ユニークな花です〜〜〜。


Posted by えいと@ at 2009年07月19日 00:10

>ba-chamaさん。

ふしぎなグリーンですよね〜。
生息地を考えるとわかる気がしますけどね〜。
でも、何と効率の悪い…って思いますよね。
旅行のことを考えると お水をもっと大事にして欲しいなぁ〜〜〜って思っちゃいます。(笑)




>ベリーさん。

びっくりですよね。
家の中で育ててなかったら気がつかない現象ですね。
夕方〜夜にしかこの現象は見られませんからねぇ〜。

フローリングのお家がちょっと困るかも〜ですね。
えいと@の日本の自宅のリビングがフローリングなんですね〜。
クワズイモのとき、毎晩拭いてましたもんね。
でないとシミができちゃうもん。。。
ポタッ…ポタッ…って感じで、葉っぱ全体が濡れるのではないんですけどね〜。
イヤな人はイヤかも〜って思います。




>ももんがさん。

ねー。いろんな植物がありますよね〜〜〜。
生まれ育った土地によって特性が全く変わってくるんですね。
このトロピックスノーちゃんは、熱帯の森林の中で、大木の根っこの方に木もれ日をあびながらひっそりと育つ種類のようなんです。
なので、強い太陽光線も苦手だし、たっぷりの水があるので蓄えておく必要もないのでしょうねぇ〜。

水滴の写真。一眼レフでマニュアルモードでとりました。
1枚とるのにめちゃくちゃ時間がかかっちゃいましたよー。(汗)
夜ですしね。
フラッシュをたいちゃうとイメージが変わるし…。
写真って難しいです〜〜〜。



Posted by えいと@ at 2009年07月19日 01:18
週末なので応援だけ★
Posted by ree at 2009年07月19日 01:40
やった〜正解だぁ♪
お水は必要だけど溜めこまない。自分に必要な分だけとって後は土に返すなんてとってもエコだわぁ〜。でもそんなにポタポタ床に影響が出るほどでるんですか?不思議〜。昔見たサトイモの葉の水滴もグッテーションだったのかしら?(←しつこくてごめんなさい)
Posted by あんみつ at 2009年07月19日 03:41

>reeさん。

いつもありがとう〜。




>あんみつさん。

大正解でした〜♪
あ、なるほどー。そういう考え方もあるのですね〜。エコかぁ〜。(笑)

この水滴ね、そんなにボトボトにはならないです。
たま〜にポトッって落ちる程度です。葉っぱ全体が水滴だらけになるわけではないしね。
えいと@は毎日お水をあげてないので、どっちかというとドライ気味に育ててるのですね〜。
だからかもしれませんけどね。

>昔見たサトイモの葉の水滴もグッテーションだったのかしら?

そうだと思います。
サトイモもサトイモ科ですもんね。同じ性質を持ってるんじゃないかなぁ〜。
おもしろいですよねー。いろんな性質があって♪



Posted by えいと@ at 2009年07月19日 03:45
こんにちは。
普段見慣れていると思っている植物も、こうやってアップで見ると、迫力がありますよね。
夜になると水滴を出す、っていうの、面白いですね。
これもアップで、葉っぱからたらっと水が出てる写真、素敵です〜☆
Posted by reiko at 2009年07月19日 03:52
 先日、我が家の観葉植物にも鉢の周りに水がたまって…。確認してみたところ水のあげすぎでした。チャンチャン!
Posted by ショウノジ at 2009年07月19日 06:01
おはようございます〜〜
クイズ当たっちゃった〜〜(ルンルン♪)
サトイモや蓮の葉なんかで葉っぱの先に水滴が・・・
何かで見て記憶に残っていたような〜
とにかく当たって良かった〜
今日は気分よく仕事が出来ます
えいと@さんありがとう〜〜♪
Posted by at 2009年07月19日 10:37
>reikoさん。

ホントですよね。
こんな風にアップにしてみると、植物の神秘がよくわかります。

夜になると水滴。
クワズイモの時は「なんで???」って思ってましたが、
こうやってもともとの生息地や特性を知ると「なるほどなぁ〜」って思いますよね。

写真、お誉めくださっておりがとう〜♪ (〃'∇'〃)ゝテレテレ
1枚撮るのにすごーっく時間がかかっちゃいました。
水滴にピントをあわせるってけっこう難しかったです〜。




>ショウノジさん。

お久しぶりです。

水のあげすぎ??? 植木鉢からあふれちゃったってことでしょうか???




>E店長さん。

大当たりでした〜〜〜。
E店長さんはさすがにグリーンのこと 詳しいですね。
で、昔 ちらっと聞いたことをしっかり覚えておられる!
すごいですー。

不思議な特性を持つトロピックスノーちゃん。
今日も夜になると水滴を出してますよ。(笑)
かわいいです〜♪


    えいと@



Posted by えいと@ at 2009年07月19日 10:51
ご無沙汰ですっ(ぽち、はしてたんですがね)
このグリーンは綺麗ですよねぇ。って、手に入れたことないんだけど 笑
でもgutteringなんて初めて知りました(@o@)
すごいわ・・・

ところで、えいと@さんのGremzはもうすぐ成木、と思うのですが(毎日更新されてるし、きっと元気なはず!)
私の木はいままで大体80日くらいで成木になってた気がするんですよ・・・
あれー、この差はなに????
いずれにしても、こっちのグリーンも成長を楽しみにしてます。
Posted by moi at 2009年07月20日 11:22

>moiさん。

お久しぶりです〜。日本を満喫されていますか?

このトロピックスノーちゃんはすごーっくかわいいですよ〜〜〜。
見た目もきれいだし、いろんな変化を見せてくれるから楽しいです〜。

グッテーション、びっくりですよね〜。
お水を貯えておかないなんて、なんて贅沢なグリーンなんでしょうね。
熱帯雨林に生息してたってことで、そういう性質を持ったのでしょうねぇ〜。

えいと@のGremz、なかなか変化しませんね〜。
もう96日目っつーのに。
1本目って成長が遅いんでしょうかね???
ま、気長に待つことにします。(笑)


   えいと@


Posted by えいと@ at 2009年07月21日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。