2009年04月06日

自分の国を愛すること


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



昨日、日本の5日の午前11時半頃に北朝鮮の弾道ミサイル(人工衛星)が打ち上げられましたが。


その後の日本はどんな様子でしょうか。


インターネットニュースでは、

  北朝鮮は「衛星が軌道に」
  何も軌道に入らず=北の打ち上げ失敗か−米防衛司令部

など、成功したのか失敗したのか、テポドンなのか衛星なのか…わけわかりませんが。


とにかく、北朝鮮は打ってしまいました。


日本政府そして日本人はこの事実を絶対にうやむやにしてはいけないと思います。


日本人の傾向としてのど元過ぎれば熱さ忘れる…って部分があるので ちょこっと心配です。


今回過ぎ去ったこととして忘れるなんてことがないようにお願いしますよ!


今回は北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、


日米両国は英仏などと連携し 対北朝鮮非難の決議案を国連安保理に早期に共同提案する方針
(北朝鮮ミサイル:早期に非難決議案…日米英仏)


…ということなので、少し進展があるかなとは思いますが…。



ところで。


日本はもっと強い意志声明を出すべき!! そして、若者達は、もっと自分の国に関心を持つべき!!(By reeさん


というコメントを昨日の記事でいただきました。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
    自国を守れ! 日本の国防を考える


ホントにそうですね。


日本の若者はもっと自国に関心を持って欲しい!と思います。


なぜ自国に関心がない日本人がいるのでしょう?


関心がない=日本がどうなってもいい…ってことでしょうか?


日本がどうなってもいい=日本のことが好きではないということなのかもしれません。


皆が皆そう思ってるわけではないでしょうけれど。


なぜ日本のことが好きじゃないって思う人がいるんでしょうか?



一時愛国心を持とうって叫ばれた時期がありましたね。


安倍元総理の時代でしたか。


教育現場で子供に愛国心を教えようって言われました。


なぜ愛国心を教えなければいけないなんて話になったのでしょうね?


自分の国がいい国だと思えば愛国心は教えなくても自然とわいてくるものなんじゃないでしょうか。


わざわざ教育しないといけない…って話が出たことは、


きっと日本人には愛国精神が乏しいと判断されたからでしょう。


なぜ日本人には愛国精神が乏しいのでしょう。


それは教育の賜物ではないかと考えています。


実は、私自身社会人になってからかなり教育をされました。


反戦、人権問題を重視する職場であったわけです。


若かったせいか、すっかり洗脳されてしまいましたよ。


昨日紹介したたかじんのそこまで言って委員会! 90分まるごと「国防スペシャル」のはじめの方で、


20代前半の若者がそろって日本は侵略国家で悪いことをしてきたと答えています。


この若者たち ↑ と同じ感じでしたね。いや、もっとひどかったかもしれません。


日本は悪い国だった=日本は反省すべき国=日本は尊敬できない国=好きになれない国


…という構図が出来上がっていましたからね。


その後、その職場を去った後に 色んな人の話を聞き、本を読み、


その職場で教育されて来たことのほとんどが事実ではなかったことを知ったのです。


偏った教育って恐ろしいと感じました。



確かに日本はアジア諸国を植民地にし韓国を併合しました。


それが侵略行為であると非難されていますが、あの時代は全世界がそういう流れではなかったですか?


侵略行為を行ったのは、日本だけではありません。


イギリス、フランス、スペイン、オランダなどの西欧諸国は日本よりずっと早くから アジアやアフリカの諸国を支配しています。


なぜ日本だけが非難されるのでしょうか。


戦争に負けたから? 敗戦国はすべてに関して悪者にならないといけないのでしょうか?


戦後、日本は敗戦国のレッテルを貼られ 他国に遠慮した外交をしてきました。


もう戦後60年以上が経過しています。


そろそろ遠慮の外交を卒業して日本のために、日本国民のために主張する外交・政治を行って欲しいものです。



日本は戦前、戦中 アジア諸国の中で唯一欧米諸国と同様の政策をとって来ました。


日本だけが「その歴史が悪の根源である」という考えを持っているんです。


日本人の心の奥に潜んでいる自虐史観が「日本を愛する心」を押さえつけているように感じます。

 自虐史観についてはこちらのサイトをご覧ください。


今の時代の道徳観、正義感で、あの時代の善し悪しを語るのは間違っていると思います。


どんな国の歴史にもいい部分、悪い部分があります。


それを認めた上で自分の国を愛し 守っていこうとする心を持つことが大切なんじゃないでしょうか。


教えられて来たことを鵜呑みにするのではなく 真実を学ぶことが必要であると考えます。



    【おまけ】


今日もYou Tube ↓ の紹介です。お時間がある方は見てくださいね〜。


  You Tube テキサス親父が喝!日本の誇りと愛国心(4分)



    【追記】


前回、今回と難しいテーマの記事にもかかわらず 多くの方のコメントをいただいたこと、感謝いたします。


皆さまがこの件に関してきちんとご自分の考えを持っておられることを知り、うれしく感じました。


すばらしいご意見がたくさんありました。


そしてコメントのお返事として書かせていただいたことは、今回及び前回の記事の本文には書ききれなかった えいと@の考えを書いています。


お時間がある方はぜひ! 4月5日及び6日の記事のコメント欄 ↓ をご覧になっていただきたいと思います。


ほんの5〜6年前まではタブーとされていた話題も、少しずつ表現できるようになってきたことは喜ばしいことです。


インターネット状にもたくさんの情報が流れるようになりました。


ただ、気をつけないといけないのは、どの知識が正しくて、どの知識が誤ってるのかをしっかりと見極める必要があるということです。


少しでも多くの日本人が日本を正しく理解して日本を大切に思う気持ちを持ってくれたらいいなと思います。


我々日本人が自分の国を守らなくて 誰が、どこの国が守るというのでしょうか。


日本は我々 日本人にとって大切な故郷(ふるさと)なのですから…。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 09:46| Comment(49) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だかよくわからない(歯切れの悪い)結末でしたよね〜〜

愛国心って言っただけで「右翼」となる。
君が代斉唱もできない国なんておかしいですよ。

歴史は勝者によって作られます。
それは古今東西同じです。
でも戦争だけではなく歴史には表と裏があります。
慰安婦問題にしても朝鮮人『のみ』が犠牲になったのではないし、日本人、朝鮮人すべてが強制連行でもなかったわけです。
南京『大虐殺』にしてもそう。
第二次世界大戦すべてを日本が正しいとは言いません。
でも日本のみが悪かったのか?
そうではないです。
ナチスだっていい政策もあったのと同じです。
そしてまた、なぜナチスが
日本の軍部が暴走してしまったのか?の検証が大切なのです。
その公平さは今の学校教育では求められないのが問題だと思っています。
Posted by おね太郎 at 2009年04月06日 10:23
おはよう〜
なかなか難しい話題・・・。
日本の若者・・・全く興味のない人たちが大勢いるんじゃ
ないでしょうか?
私が小さい頃日本でも学生運動なんかが
ありましたよね。
良し悪しは別にしてあのように熱くなる若者が
今は殆どいない状態ですよね。
国民性自体が・・・変わりつつあるような気がします。

Posted by べりー at 2009年04月06日 11:07
えいと@さんご安心下さい。
日本人は実は愛国心の高い国民であることは、WBCで証明されました。愛国心により日本は連覇を成し遂げました。TV視聴率は、日本は36.4%、アメリカは1.8%、比べられるような差ではありません。見かけや思い込みではわかりません。事実は日本人はあの愛国心の塊のようなアメリカ人の更に20倍の愛国心があるということです。
北朝鮮のミサイルに驚くことはありません。日本は既にテポドンなんかより遙かに高性能なH-2Aというミサイルを実用化しています。北朝鮮のように3年に1回実験ができるかどうかのレベルではなく、年に数発発射しています。さらにH-2Bという新型のミサイルの開発も終了しており今年中に打ち上げの予定です。
それに核についても北朝鮮は1発か2発あるかもしれないという程度ですが、日本は核の原材料であるプルトニウムを世界で最も多く備蓄しています。非核3原則という国会決議があったので生産していませんが、法律で禁止されているわけではありません。いつでも作ることができます。
日本人自身も知らないうちに準備は十分整っているから大丈夫ですよ。

Posted by kokushi at 2009年04月06日 12:28
最近はネット情報が多いので、
昔よりは事実を知る若者が多くなっているかもしれませんね。
本当に日本の自虐教育はすごいですよね〜。
洗脳されないように、せめてブログで日本の良いところをたくさん探して紹介したいものですね。
Posted by コメット at 2009年04月06日 13:07
えいと@さん、ハローです。

この年になっても勉強不足もあって難しい事はよくわかりませんが。

私は、右寄りでも左寄りでもないしただ単に日本人なので日本がやはり安心で好きですけどね。

ちょっとずれる話しかもしれなせんが
アメリカに暮らして良かった事は
日本のいいところ、悪いところを外から気づけた事。
また、中にいたら気づかなかった変な事、当たり前な事が実はそうじゃない事とか知った上でも、やはり自分は日本人で日本が好きだなとわかった事でしょうか。

愛国心は少なからずありますし、こっちで活躍した日本人には日本人として埃に思うし、、、。

もっと日本人は老いも若きも外からどう見えるか見られているか
日本がどのくらい小さい国で世界の中でどのくらいの知名度なのか、
それゆえ、どれだけ過去頑張って来たか知るべきかと思います。

昔はお国のため、、と愛国心を植え付けられた時代もあったと
思いますが今は国より自分さえよければどの国でもいい、、みたいな
ところがあるのかもしれませんね。

あと、うちの娘は自分はニホンジンのアイデンティティーを持って今いますが、昨年日本に帰ったときはあまりに日本のおかしなところ、嫌なところに遭遇したためかなり辛辣に日本の悪いところを認識してしまったようです。小さな事から愛国心に傷がつく事もあるかもしれませんね。

まとまらないコメントでごめんなさい。やっぱり勉強不足ですね。

Posted by ミント at 2009年04月06日 17:25
えいと@さん、こんにちは^^

恥ずかしながら、知らないことが多くてえいと@さんの記事から、いろいろと勉強させていただきました。
関心がまったくないというわけではないのですが、なんとなく根拠のない安心感があったのかもしれません。
まずは、きちんと知ることから始めないといけないですね。
Posted by ももんが at 2009年04月06日 18:35
自虐意識を刷り込む・・・これはもう日教組の成果でしょうね。
君が代、日の丸に反対&抗議する連中が、人生の節目となる卒業・入学式をメチャクチャにする現状には反吐が出ます。
国歌を歌えない国民って、日本だけなんじゃないかしら。
何でもかんでも戦争に結びつけ、全て日本が悪いとする教育に意義も唱えられない国。異常としか思えません。

毎年教科書の内容にケチをつけて来る中韓。この内政干渉に対しても言いなりの日本って何なの?
慰安婦問題、南京大虐殺などの大嘘をさも本当だったように言いふらし、アメリカ、カナダをはじめとする国がそれを鵜呑みにしている状況すら見て見ぬ振り。
国を代表する国会議員達が率先して自国を貶めようとする国なんて他には無いでしょう。

誰の為の政治をしているんだ!
そう叫びたくなるような法案が次々と通過しているし、それをあえて報道しないマスコミ。
どんなに日本人が活躍しても韓国、中国の事しか取り上げない。また、この二国のご機嫌ばかりをうかがっている姿勢も気持ち悪い。(政治家もマスコミも)
何かにつけて日本はダメダメ的な扱いをし、それに比べ中韓は素晴らしい!
そんな扱いをTVや新聞が大々的にしていたら、それはもう洗脳。自ら調べ、学ぼうとする意識がなければ子供なんて何の疑問も持たずに受け入れてしまいますよね。
そこへ更に、戦争をした悪い国という誘導を行えば愛国心など到底生まれないでしょう。
この国の中心に立つ人、教育現場に関わる人達は日本をどうしたいのでしょう?
日本という国が、特定アジアの属国になって欲しいと本気で考えているのか?
日本の将来を思うと不安になる事ばかりです。
日本に住んでいる日本人が、逆差別を受けるのも遠くない・・・そんな恐怖すら覚えます。

この手の話しになると色々思う事があり、支離滅裂になってしまいました。ごめんなさい^^;;

Posted by たまてん at 2009年04月06日 20:04

こんばんは! えいと@ちゃん♪

二夜連続(*^_^*)

マリーンも ↑ kokushiさんのコメントに同感です。
日本人、戦争を知らない自分〜今の若者
大きな声で愛国心とは言わないけれど秘めた想いって凄いあるとおもいますよ。
テキサスの親父の喝!みたいな事
日本人でない方にそう言ってもらえることは日本人にとっても勇気とパワーを貰えますね。
今も日本に居ながらジレッタイ!
今、実際どうなってるのよ〜!って叫んでるけど。。。
国民は結局、報道の一言で判断するしかないんですもんね。
誤報? 真実?
政治家にはホント凄い頑張ってもらいたいのですが結局日本は外交ヘタなんでしょうねぇぇぇ

Posted by マリーン at 2009年04月06日 20:50
おはようございます。

北朝鮮の問題は 世界でも大きな問題ですよね
隣国の日本はどうおもってるんだろうと時々主人も話しています。

愛国心、、こちらに来て 皆 その気持ちを強く持っていることを感じます。


私は今も日本人でであることには大きな誇りを持っていますよ。 
でも こちらに来て 気付いた違いでしょうか。

30年前も 日本の若者には それが かけていたようにも感じます。

北朝鮮は 同じアジアです もっと 日本の国民が 隣国に目を向け考えることは 当たり前のことのように感じます。
Posted by ba-chama at 2009年04月06日 21:32
今 youtubeを見ていましたが これ 今晩主人と見てみます
紹介ありがとう
Posted by ばーちゃま at 2009年04月06日 21:36
確かに日本の人は大人しい人が多いと思います。
その反面、アジアの国を訪れると
自分は大国の人間だと勘違いしている人も多いのが確か

こんな話があります。
中国を訪れた人が現地の人に「私は、大阪の○○さんの所で働いていました」
「所で大阪の○○さん知ってます?」
聞かれた日本人、「日本は広いし、あなたの国ほど小さくない!」
相手は中国ですよ(笑
って、今日の話題と少しずれてしまいました(^_^;)

Posted by koneko at 2009年04月06日 23:01
私の言い方、思い方は間違っているのかもしれないけれど、アメリカ人が自分の国は一番優れてる、と思っているのはやはり戦争に勝ったからである、と思ってます。
その思いが今の経済や学力に繋がっているんじゃないかな?と思うところもあるんですよ。

日本人は日本が嫌いな訳ではないけれど、無関心もそうですが、人任せにしすぎる傾向があるように思います。
何かがあった時にワイドショーなんかで街角でマイクを向けられると『知らなかった〜』って声が圧倒的に多いですよね。
それはえいと@さんの指摘されてるように、教育なんでしょうね。



Posted by ree at 2009年04月06日 23:42
教育の大切さ・恐ろしさは本当は自国の歴史から個人がもっとよく知るべき所だと思っていますが。
人間の歴史は愚かな侵略・戦争の歴史です。私達個々人の人生同様、同じ過ちを繰り返し少しずつ「何とかしよう」と学んで考えて出来た国際条約や国際組織がある、そういうことから自国の歴史をもっと素直に見るべきとは思いますね。過ちを過ちだったと認めることは大事。でもそれを個人が一生恥じることではない。他のやり方で応えていくべきだと思うし。

皆さんが仰るように海外生活になって良かったと思うこと2つは 私自身も日本という国のことを知らないモノだと思ったこと(それなりにいろいろ勉強してきたつもりだったけど)、それから自分の中の愛国心に気付き驚いたことですかね。
今後の日本人の教育に、こういう気付きを与えるチャンスが出来たらすごいと思うけれど。。。難しいですね。

Posted by moi at 2009年04月07日 00:03
今の時代の道徳観、正義感で、あの時代の善し悪しを語るのは間違っている

まさにその通りですね。
さらには今は当時の情報の多くを捻じ曲げて伝えられてきている。

この国に関しては、何の問題も行き着くところ教育の問題に帰着する気がします。

それは戦勝国がこの国の人間の心に猛毒をばら撒いていったため。

戦争なのだから、どちらが悪いとかそのような判断を下すのは無意味です。
さらには南京事件、従軍慰安婦、その他数え切れないほどの捏造が繰り返されています。

ありもしない事を教え込んで、さらには子供の修学旅行で大陸まで行って謝罪をさせるなどという話もあります。
戦争に負けて国土を焦土と化され財産を失ったけれども、それより何より誇りを奪っていかれたのが何よりの不幸だと思います。


もうそこから這い出せないかと思いましたが、しかし今はインターネットの時代が来ました。
少しずつ、少しずつこの風向きが変わってきてます。
いまだ捏造をくりかえすTV新聞メディアを信じきっている人が多いですが、それでも10年前、さらに20年前と比べたら大きく変わってきています。


まずは日教組、、だな。

なんとかもうひと時代乗り切れればきっとここの状態から抜け出せると、そう願ってます。
Posted by かげ at 2009年04月07日 00:40
えいと@さん
今日も考えさせられる内容でした。「うーん」とうなってしましました。
確かに、確かに、最近の若い人達は自国であるにもかかわらず、日本国の運営に無関心の人が多いでしょう。私もお恥ずかしながらその一人です。政治ってなんか自分とは一層違ったところで行われていると感じるというのが本音ですね。(アメリカのオバマのニュースは観てますがね)日本の政治が直接自分の生活に跳ね返ってくる、という自覚も日本に住んでいる当時からあまりありませんでした。
それに日本を出てからすぐ、ハロウィーンのパーティーで留学生だった服部君が誤って銃殺されるという事件があったのですが、この事件での判決は無罪。そりゃくやしかったですよ。なんの罪もない服部君を銃で殺してそれが無罪だったなんて納得いきませんでした。それにも増して、悔しかったのは日本政府がなにも動きを見せなかったこと。こちらでのニュースを観る限り、民間での動きはあったものの、日本政府からこの事件に対するなんらかの処置があったとの記憶はありません。それに対し、数年後に起こったMichael Fey君のニュースは対照的でした。Michael君は当時住んでいたシンガポールで他人の車を十何回かにわたって傷をつけ道路標識を壊したなどの罪で、有罪判決がおり、むち打ちの刑に処せられたのです。これに大して、ティーンエイジャーにむち打ちの刑など、後年に残る精神的後遺症が高すぎる、人道的ではない、などの理由でアメリカ合衆国政府及び、当時大統領だったクリントン氏自らが、シンガポール政府にむち打ちを逃れるよう申請を出しています。その他、911事件でも日本大使館の日本人保護対策のずさんさ、自国の海外の官僚の保護に重点を置き、一般市民の保護対策は決して納得のいくものではなかったと聞いています。もちろん、これは日本国民の政治に対する無関心さがこのような事態をまねいているのかもしれません。政府が国民の関心を寄せるような政治をするのが先か、国民がもっと関心をよせてより良い政治にするのが先か、タマゴか鶏かの議論になりそうですが、ともかく現状では日本の政府と国民の間に大きなギャップがあることは確かなようです。
Posted by Cat's mama at 2009年04月07日 03:26


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます。



>おね太郎さん。

ホントに歯切れの悪い結末です。
このまま何事もなかったかのように忘れ去られることだけは避けて欲しいなと思いますね。

確かに戦争という極限状態の中で、今で言う「正しいことをして来た」とはけっして言えません。
しかし「悪いこと」ばかりでもなかったはずなのです。
日本は敗戦国です。歴史を作ってはいけません。
しかし、諸外国が主張している「間違った歴史」をそのままにしておくことはないのです。

もう日本は充分に謝罪して来ました。
戦後補償も充分にしてきています。
今、なお戦後補償せよと叫んでいる国は歴史を知らないのです。(知らされていないのです)
そして日本を永久に悪者にすることで 政治的なカードとして使えそうだから言ってくるんですね。

戦後60年以上がたった今、日本人自身がしっかり知識を持って世界に意見をはっきりと言えるようになってもらいたいと切に思います。


Posted by えいと@ at 2009年04月07日 04:23

>べりーさん。

本当に難しいテーマだと思います。
防衛に関すること、愛国心に関することを記事にしようかどうかかなり迷いました。
でも、今回の北朝鮮のミサイルの打ち上げをきっかけに考える機会にしたいと思って記事にしたんです。

今の若者は「事なかれ主義」っていうか無関心ですね。
日本がどんな状況に置かれてるかということが、わかっていない若者が多いように感じます。

しかし、一昔に比べたら「言える環境」になって来ました。
今回の北朝鮮のことで、少しでも多くの若者が「日本の国がなくなってしまったらどうなるか」を考えてくれたらなと思います。

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 04:35

>kokushiさん。

はじめまして! ブログへのご訪問&コメントをありがとうございます。

WBCはすごい盛り上がり方でしたね。
本当に日本チームはよく頑張ったし、応援する日本国民も熱くなれて、えいと@自身もかなりうれしかったです。

このスポーツに対する愛国心を「国そのものに対する愛国心」に置き換えたとき、
はたして同じくらいのエネルギーが出るか…っていうと、そうとは言い切れない部分があるように感じるのです。

確かに日本を愛し、日本のことを考えている日本人は多く存在します。
しかし日本ではなく近隣某国の利益になるようなことばかりする日本人がたくさんいることも事実なのです。
後者の意見が大きくて、日本のためになることが悪のように言われ続けた時代が戦後続いて来たのです。

日本の国防の力は世界レベルで見てもすばらしいと思います。
しかし、それが使えなければ何にもならないのではないでしょうか?
自衛隊はいるけれど、現場ではかなりの制約があります。
自衛隊を「軍隊」と言うことすら許されないのが日本の世論です。
核についても、作る技術はあるかもしれないけれど、作れないのです。
作ることが許されないのですよ。
非核三原則がありますし、それ以上に もし作るなんて話が出たら近隣某国が黙っていません。
なぜ、こんなに近隣某国に遠慮した政治しかできないのでしょうか。

日本人がもっと歴史を知り、国を愛し、そして日本の国を守るべき政治家を選出しなくては日本は変わっていかないでしょう。
kokushiさんが言われるように、WBCのエネルギーがそのまま日本を守るエネルギーになって欲しいなと願っています。



Posted by えいと@ at 2009年04月07日 04:49
久しぶりです。
人工衛星は、嘘だと思いますが・・・・・・
社会向けに言っただけで・・・・・・・・
人工衛星打ち上げ失敗のその割には、計算尽くされた物だったように思います。
北のやることは、私には理解不能です。
Posted by 雪だるま at 2009年04月07日 04:57

>コメットさん。

日本の自虐教育はものすごいです。
えいと@は中学時代にもかなり刷り込まれましたが、その頃よりも社会人になった時の方が大きかったですね。
「それは変な考え方ではないか」と反論することを許さない雰囲気があるのです。
本当に洗脳ですよ。

あの職場時代の友人に会うと考え方の違いに驚きます。
やはり刷り込まれた考え方を変えることは難しいですね。
えいと@自身もかなり時間がかかりましたから。(苦笑)

ネットは色んな意見を知ることが出来てありがたいですね。
しかし、どの情報が正しいのか正しくないのかをしっかり区別しないといけません。
「なんじゃこりゃ」っていうことが堂々とネットに出回っていますから。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 05:06

>ミントさん。

えいと@もけっしてどっちかに寄ってるっていうわけではないんですよ。(笑)
ただ少なくとも日本の左党の考え方は持っていません。
日本の左党は危険すぎますから。(日本にとって)

えいと@もアメリカに来て日本の良さに気づきました。
日本では当たり前のことが、アメリカでは信じられないくらいすばらしいことであると。(笑)
日本を離れてみて「日本っていい国だ!」って認識しましたねぇ。

戦前は「お国のため」というより「天皇のため」でしたよね。
心のよりどころの「天皇」が「神」でなくなり、日本人の心のよりどころがなくなってしまったのでしょうか?
「国」というと漠然としていて「国のため=自分のため」になるっていう感覚が持ちにくいのかもしれません。

>昨年日本に帰ったときはあまりに日本のおかしなところ、嫌なところに遭遇したためかなり辛辣に日本の悪いところを認識してしまった

なるほど、そういうこともあるかもしれませんね。
アメリカにはいっぱいいいところがある。アメリカのいいところが日本にはないものもある。
日本って他人には無関心、不親切な国ですもんね。
そういう部分だけを見ると「日本ってなんてイヤな国!」って思っちゃうでしょうね。
ミントさんの役割は、娘さんが日本のことを好きになるように日本のいいところをいっぱい教えてあげることかな。
本当の日本を知らずに 自分の国が嫌いになる…っていうことは悲しいことですから。

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 05:17

>ももんがさん。

大丈夫、ももんがさんの年齢の頃は、えいと@も何にも知りませんでしたよ。(笑)
危険なことは、教えられたことをそのままにしておくことです。
ももんがさんが今持ってる日本の歴史観が正しいことなのかどうか。
徐々に勉強していけばいいと思います。

根拠のない安心感ですか。
それは「日本では戦争は絶対に起こらない」っていうことかな?
もちろん、日本は「戦争を放棄」した国ですもんね。自ら戦争を仕掛けていくことはないでしょう。
しかし、今のこのご時世。
何が起こるかわからなくなってしまいました。
日本から戦争を仕掛けなくても、仕掛けられるかもしれません。
そうなったとき…どうするかですよ。
戦わずして滅びる道を選ぶのか、それとも戦うのか。

今の憲法では日本を守るのに充分ではないんです。
平和な世の中であればいいのですけどね。そうではなくなって来てますからね。
どの政治家を選ぶべきなのか、よく考えないといけない時代になったと思います。


Posted by えいと@ at 2009年04月07日 05:27

>たまてんさん。

この手の話になると熱くなっちゃいますね。
えいと@もそうです。(笑)

日教組を何とかしないと日本の教育はズタズタのままです。
まず、教師が洗脳されちゃってますしね。まともな教育が出来るはずがありません。

>自ら調べ、学ぼうとする意識がなければ子供なんて何の疑問も持たずに受け入れてしまいますよね。

その通りだと思います。
まっさらの白いキャンバスに泥を塗り付けてるようなものです。
簡単に染まってしまいます。
洗脳されてしまった子供は、何かのきっかけがない限り自ら学ぼうなんて気持ちは起こりませんよね。

国家を歌わない、国旗を掲げない。こんな国、どこにもありません。
国家や国旗には暗い歴史が刻まれてる…って。
どこの国もそうなんですよっ! 暗い歴史のない国なんてどこにもありません!

>国を代表する国会議員達が率先して自国を貶めようとする国なんて他には無いでしょう。

本当にその通りです。
日本人がなぜ日本に不利になるようなことばかり言うのでしょうか。
日本っていう国がなくなってしまったほうがいいと考えてるのでしょうかね。
もし「外国人参政権」が通ってしまったら…!
日本人以外が日本を動かしていくことになります。
今以上に近隣某国の思うツボな政治になっていってしまうでしょう。
それこそ近隣某国の属国になってしまいます。
恐ろしいことです。

日本人にもっと歴史を学ぶ機会を持って欲しい!
知らないってことは不幸なことです。日本人自身にとって…!

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 05:53
この問題について考えるたびに教育とは恐ろしいな、と思います。
高校生だった頃、友人に「私は国歌は歌わない。小学生(中学だったかも)のとき先生に色々教わった。日本はひどいんだ。」と言うようなことを言う子がいました。
その頃の私は「ふ〜ん」とよく分からなかったのですが、今ならどういう事だったのか分かります。
今は新聞・テレビだけでなくネットでも情報が得られるので、いろんな意見やマスコミを通しては知らされない事実を知ることができますよね。
そして、大人であればその情報の正確性や裏表も考えることができる。
でも、大人の言うことを鵜呑みにしがちな子どもに、事もあろうに先生が個人的な思想を植え付けるなんて・・・。
怖いのはそういう先生がごっそりといることですよね。国を愛せない人がなぜに教育者となり得るのか。教育に限らず、色々な分野の上の方に反日思想な人が多すぎです。

自虐思想を植え付けられる日本の子どもたち。
反日を掲げることで国をまとめようとする隣国の子どもたち。
どちらも不幸ですね。

戦争時のことについて言えば、日本が侵略したとされる国、しようとした国の中で今でも日本のことを悪く言う国って言うのはあの2、3国だけと聞きます。
もちろんその国にも補償はしてるのだけど、日本が補償した、ってことを国民には知らせてないんだとか。ぐったりです。

少し前に、幕僚長が侵略はなかったとする論文を書いたと言うことで更迭されてましたね。読みましたが、なぜ更迭されなければならなかったのか全く分かりませんでした。彼の立場でこうい意見を言うことがまずかったんですかね?えいと@さんもこの論文読まれました?

テキサス親父、前に捕鯨についても語ってた気が。彼のテンションが面白かったです(^^)

なんだか長くなって済みません。右な感じで書いちゃいましたが、特に深い思想があるわけでなく日本のことを思ってるだけなんですよねぇ。
日本のことを好きだというと右派だと思われてしまうのでは、と気になってしまう・・・。
はっ!これも変な教育されちゃった!?とふと思いました(笑)
Posted by orval at 2009年04月07日 06:14

>ba-chamaさん。

えいと@も同じです。
ミントさんへのお返事に書いたんですが、
えいと@もアメリカに来て日本の良さに気がつきました。
アメリカに住んで、日本のことがよりいっそう好きになりました。

>もっと 日本の国民が 隣国に目を向け考えることは 当たり前のことのように感じます。

そうですね。
もちろん、日本は北アジアの一員ですから 近隣諸国に目を向けることは必要であると思います。
その前に、まず、日本人自身が日本の歴史をしっかりと学んだ方がいいと思うのです。
まず歴史をしっかりと認識した上で、近隣諸国との関係を築いていく必要があると思います。
今までの外交は、近隣諸国のいいように日本は利用されて来た部分がありますから。
もっと毅然とした態度で、いうべきことはきっちりと言う、不当な要求はのまない外交をしていって欲しいと思います。
将来の日本のためにも。

You Tube、ぜひ! 旦那さまとご覧になってみてください。
テキサスオヤジのYou Tubeは他にもいろいろあるんですよ。
ぜひ! 他のバージョンも見てくださいね〜。


Posted by えいと@ at 2009年04月07日 06:46

>konekoさん。

>その反面、アジアの国を訪れると自分は大国の人間だと勘違いしている人も多いのが確か

えっ、そうなんですか?
えいと@はアジアを訪問した時にはそんな風には感じませんでしたが…。
住んでないからでしょうか。旅行だけではわかりませんもんね。

確かに日本人は昔から、アジア諸国には強気で欧米諸国には弱気って聞きますね。
すべての人がそうではないんでしょうけど。

>「日本は広いし、あなたの国ほど小さくない!」

これってジョークでしょうか?
言ってる意味がわかりませんね。。。(苦笑)



Posted by えいと@ at 2009年04月07日 07:34

>reeさん。

>アメリカ人が自分の国は一番優れてる、と思っているのはやはり戦争に勝ったからである、と思ってます。

これは同感ですね!
やはり戦勝国はそういう気持ちを持っているんでしょう。
反対に、敗戦国は弱気ですよね。
経済的にはすごく発展しましたけど、外交はとっても弱い。
これは戦争の勝ち負けに影響してるのかもしれません。

>ワイドショーなんかで街角でマイクを向けられると『知らなかった〜』って声が圧倒的に多いですよね。

ありますね〜。
これは、本当に知らない人と、知っているけど答えない人がいますね。
なぜ答えないのか。
それは自分が思ってる答えが今の世論には受け入れられない…ってことがわかってるからではないでしょうか?

マスコミの影響力はすごく大きいですよね。
発言力がある有名人が平気で日本を貶めるようなことを言ってるのを聞くと、がっかりします。
事実を知らされて来なかった日本人は、マスコミを信じてしまいがちですよね。
まだまだ「国を愛す」という気持ちが生まれるには時間がかかるのでしょうか…?

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 07:43

>マリーンさん。

WBCの熱い日本人の愛国心は、アメリカにいるえいと@も感じました。
本当にうれしかったです。

>大きな声で愛国心とは言わないけれど秘めた想いって凄いあるとおもいますよ。

そうですね。えいと@もそう思います。秘めた思いはあるでしょうね。
ただ、外交や政治となるとどうしてこうも自虐的になるのでしょうか。
日本はもっと諸外国に対して主張してもいいと思うんです。
なぜ出来ないのか。
やはり各個人が持つ歴史観がブレーキをかけているのではないかな…って思うわけです。

>国民は結局、報道の一言で判断するしかないんですもんね。

そうなんですね。
でも、報道がすべて正しいかといえばそうではないことが多いのですよ。
人間ってマスコミに流されやすい傾向にありますよね。
これは非常に怖いことなんです。

戦後60年以上たった現在でも いまだにいわれ続けている「従軍慰安婦」問題ですが。
この言葉は実は「日本人」が作り出したものなんです。
慰安婦がいたのは事実ですが、軍の命令であったという事実はないんですね。
これを言い出した張本人は「朝日新聞」です。
多くの日本人が読んでいる「朝日新聞」なのですよ。

マスコミを全面的に信じるのは危険なことです。
一度、信じてしまうと、それを撤回するのにはものすごい年月と労力が必要なのですから。

日本を守るためには、日本人自身が歴史をしっかりとみつめ、日本のことを真に考える政治家を選ぶことだと思います。
Posted by えいと@ at 2009年04月07日 07:43

>moiさん。

moiさんがおっしゃる通りだと思います。
日本だけでなく、世界中が愚かな戦争、侵略を繰り返して来たんです。
何も第二次世界大戦だけではないんですよね。
確かに過去に行って来たことは忘れてはならないと思います。
しかし。
敗戦国だけが反省し、何度も謝罪し、遠慮外交を続けることはナンセンスだと思います。

えいと@もmoiさんと同じです。
外国に住むことで、日本のことをじっくりと見つめることが出来ました。
日本に住んでいた頃よりも、もっともっと日本のことが好きになりましたよ。
愛国心がわいています。

>今後の日本人の教育に、こういう気付きを与えるチャンスが出来たらすごいと思うけれど。。。難しいですね。

難しいですねー。
今の教育現場は左翼の塊ですよ。日教組が一番の問題だと思います。
日教組が強い地方は、左的な考えの人間しか採用しないって聞きますし。
教師が偏った考えで、それを子供に教え込むんですから…。
ため息しか出ませんよね…。

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 07:55

>かげさん。

もう、もう! かげさんに果てしなく同意ですよ!
その通りだと思います。

教育の賜物です。まさしく!
えいと@自身が経験しましたが、反論できない状況の中での教育なのです。
少しでも反論っぽいことを申しますと、ひとり部屋に呼ばれ「なぜそのように考えるか」をとことん問われるのです。
人生をまだ20年そこそこしか生きていない若造が、
人生のはるか先輩を何人も前にして、自分の意見を理論立てて主張できるでしょうか?
そしてだんだんと洗脳されていったのでございますよ。
本当にあの職場を出て良かったと、今、本当にしみじみ思いますね。

ピースボートで世界一周した友人がいましたが、
その船の中でもミーティングと称した洗脳教育のような会合が開かれていたそうですよ。
恐ろしいことですよ、本当に…。

日教組はかなり問題であると思います。
何とかしないと、今の小学生までもが洗脳されてしまいます。

インターネットの普及により 多くの情報を得ることが出来るようになりました。
そして、以前に比べてこういう意見を発することができるようになりましたね。
これはかなり前進だと思います。もうひと時代…ですね。



Posted by えいと@ at 2009年04月07日 08:49
ご無沙汰しておりました。(´・ω・`)ノ
この5月に帰国が決まりましてどたばたです。

私の幼少時代は日の丸君が代は普通に掲揚して歌ってましたし、中学高校と某右系仏教学校(笑)に通いましたので洗脳教育とは無縁です。高校の自分の教室で防衛大学の入試が受けられましたw
仰げば尊しとかも歌って問題なしw

でもまあ今回は『撃墜命令』が出たので北の迎撃しないで(TωT)っていう懇願が笑えました。
社民党のみずほちゃんの痛い発言も面白かった。

日本の教育の現状には日教組系左翼組織に加えてアメリカという存在が大きいかと思います。
この幼稚な国の国民にはWW2は『せいぎのせんそう』でなければならず、『せいぎのみかたのあめりかぐん』の敵は『あくのぐんだん』である必要があったのだと。
とはいえ、日本が正義の戦争をしたと言うわけでも無いのです。
無定見、その場しのぎばかりのいかにも日本的と言って笑うに笑えない。。

ピースボートは日本赤軍関係者の辻元清美が創設ですからねぇ。
ウィキペディアの関連項目が笑えますね。
( * 石坂啓 * 湯川れい子 * 万景峰号 * プロ市民)

今週末にでもナイアガラいくぜー(≧ω≦)ノ←初

Posted by Nop at 2009年04月07日 09:53
実はこのニュースを読んでいなかったので
昨日はコメントを別なところにしちゃったけど
愛国心といえばアメリカに来てほんとにアメリカ人の愛国心に驚くとともに日本人はそれほど愛国心を示さないのにもびっくりします
Posted by ちびか〜ちゃん at 2009年04月07日 11:18

>Cat's mamaさん。

確かに政治は一般の国民の知らないところで動いてますよね。
政治学を学んでる人でない限り、どんなことをしてるのか…って興味を持つことは少ないですね。
しかし、だからといって政治に無関心ではいけないと思うんです。
20歳を過ぎて選挙権があるのに一度も選挙に行って投票したことがない…っていう人が実際にたくさんいますからね。

ことこまかくどんなことをしてるのかまではわからなくても、
大きな法案を決議してる時には、なぜその法案が必要なのか、どの政党が賛成で、どの政党が反対なのか…くらいは見ておく必要があるんじゃないかなと思います。

確かに現状では日本の政治と国民の間にはギャップはあるでしょうね。
卵が先か鶏が先か…ですけど、ますは国民がしっかりと知識を持つことが重要なのではないかなと思います。
国民に知識がなかったら 何が正しくて何が誤っているかがわかりませんからね。
正しい知識を持って、その上で政治家を選ぶ。
これしか国民に出来ることはないのですから…。

Posted by えいと@ at 2009年04月07日 11:44

>雪だるまさん。

お久しぶりです。

北朝鮮は「人工衛星」だと主張してますね。
宇宙から将軍さまをたたえるソングが流れてるそうですよ。(苦笑)

北朝鮮はなかなかしたたかな国です。
いままで瀬戸際外交と言われて来ましたが、そんなことはない、計算し尽くされてるような気がします。
北朝鮮は自分の国の体制が崩れずに このまま国が継続していけばいいんですよね。
一部の特権階級だけが生きていければいいわけです。
恐ろしい国ですね、ホントに…。


Posted by えいと@ at 2009年04月07日 11:49

> orvalさん。

>国を愛せない人がなぜに教育者となり得るのか。

これは日教組のしわざです。
日教組が左思想でない人間を教師として採用しない傾向があるのです。
そして左思想の教師により教育という現場で 恐ろしい教育がなされているのですね。

>大人の言うことを鵜呑みにしがちな子どもに、事もあろうに先生が個人的な思想を植え付ける

そうなんですよね。
子供って純粋だし、大人の言うことは素直に信じてしまいますよね。
えいと@なんて成人になってからでも充分洗脳されてしまいましたよ。(苦笑)
左思想の教育は功名です。
まず、自尊心をくすぐり高めていきます。
そして反論させるヒマを与えません。
少しでも反論しようものなら、ひとりだけ別室に呼ばれての教育です。
そこで働く限り違う考えを持てませんでしたね〜。もし違う考えであっても隠さなければなりませんでした。
職場自体の人間関係はとっても良かったんですけど、こういうテーマが話題になると…大変でした。(汗)

近隣某国の2〜3の国は、政治的なカードとして反日を掲げています。
日本を仮想敵国にし、悪者にすることで国民をまとめているのです。
ホントに迷惑な話ですね。

田母神 俊雄氏の論文は正しいことが書いてあると思います。
しかし、今の時代ではまだまだ「かの戦争は侵略戦争であった」とされてるわけですから、
彼の立場で論文を公表してしまうのはマズかったのでしょう。
でも、これで「本当に侵略戦争だったのか?」と疑問を持つ日本国民が多くなったように感じます。
これは大きな前進ですね。

えいと@もorvalさんと同じで、右ではないんですよ。
でも、左の考えは全くないということです。
左思想の政党の求めるような国になれば まちがいなく日本はおしまいですからね。

テキサスオヤジ、そうそう!
捕鯨の時にも吠えてくださってました。心強いオヤジさんです。(笑)



Posted by えいと@ at 2009年04月07日 12:22

>Nopさん。

お久しぶりです〜! お元気でしたか?
5月に本帰国ですか!
じゃ、今大忙しですね。
今週末はナイアガラの滝に来られるんですか〜。
霧の乙女号に乗っちゃってくださいねー!

>日本の教育の現状には日教組系左翼組織に加えてアメリカという存在が大きいかと思います。

なるほど〜。
日教組は大問題ですが、アメリカの影響もあるんでしょうか。
しかし、アメリカは戦時中は日本を「悪の国」としてきましたが(真珠湾攻撃を奇襲攻撃として、日本を悪者にすることでアメリカ人の戦争への気持ちを高揚させて来ましたよね)
戦後はどうなんでしょうね。
日本が共産系の国のようになってはアメリカにとって都合が悪いと思うんですけど…。
どうなんでしょう?

>ピースボートは日本赤軍関係者の辻元清美が創設です

そうなんですよね〜。
他の方へのコメントのお返事に書きましたが、航海中にもミーティングと称した洗脳教育のような会合が開かれていたそうですしね…。
そうやって若者を洗脳していってるんですね。(ため息)

>ウィキペディアの関連項目が笑えますね。( * 石坂啓 * 湯川れい子 * 万景峰号 * プロ市民)

今、見て来ました!
ホントですね! 万景峰号が入ってるのが爆笑ですね!(笑)


Posted by えいと@ at 2009年04月07日 12:35

>ちびか〜ちゃん。

北朝鮮のニュースをご存じなかったですか。
アメリカでは大きく扱ってませんもんね。

愛国心。
日本人にもあるはずなんですが、それを表現できない風潮があるんですよね。
愛国心=軍事国家になるって考えてる人がいるみたいですからねー。
どこからそんな考えがでるねん…って言いたくなりますよね。


   えいと@



Posted by えいと@ at 2009年04月07日 12:43
お勉強が足りない私、コメントするのもお恥ずかしかったのですが、今回読ませていただいてよかったです。
そしてみなさんのご意見、たくさん読めて勉強になりました。いろんなリンクも行ってみました。
いつもの記事もおもしろいけれど、こういう記事もとても興味深かったです。


Posted by つなみ at 2009年04月08日 10:43

>つなみさん。

読んでくださったんですね! ありがとう! すごっくうれしい!

こういうテーマは難しいですよね。
えいと@も記事にしようかどうしようか、かなり迷いました。
でも、北朝鮮の弾道ミサイルの件があったので考える機会にしたい…って思い記事にしました。

今回、皆さんの意見が聞けて良かったというのもありますし、
今までこういう問題に関して知らなかった方が、少しでも興味を持っていただけた…ってことはとってもうれしいことです。
記事にして良かった!…って思っています。

今までの日本では「言ってはいけないこと」っていうムードがありましたが、
ネットの普及によって、少しずつ変わって来ています。
いったい何が日本の為に良いことなのか、何が日本のためになっていないことなのかを考えていきたいな…って思っています。


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年04月08日 12:26
>しかし、アメリカは戦時中は日本を「悪の国」としてきましたが(真珠湾攻撃を奇襲攻撃として、日本を悪者にすることでアメリカ人の戦争への気持ちを高揚させて来ましたよね)

戦後日本は、「あくのていこく」から「あめりかのせいぎのしどう」によって「ただしいみんしゅしゅぎ」になって、今度は「あくのていこく」に仕立て上げられたソ連と対峙すると。(´・ω・`)

幸い日本人はそもそも下地がありましたし、こういう気質ですからさっさと勝ち馬に乗り換えたと。
いい気になって同じ事をよその国でやろうとして痛い目に今もあってますねw

真珠湾は如何なる理由があったにせよ宣戦布告より攻撃が先になったのは歴史的事実ですので揚げ足とられてもしかたないところですね。
(この辺のいきさつは前日送別宴会してたとかなんとか読んだ覚えがありますが事実はどうなんでしょうね。戦後出世されたのは事実ですね。)

それに、某ノートは事実上の宣戦布告だとか、潜水艦などの攻撃があって事実上交戦状態にあったとか言った所で、戦意高揚でやってる分には所詮米国の国内問題ですからねぇ。。
そもそも、交戦国の一方に無料でがんがん武器弾薬を送りつけるのが戦争状態と違うと言う幼稚な理屈が通じるのはこの国だけでしょうし。。

Posted by Nop at 2009年04月09日 23:09

>Nopさん。

>真珠湾は如何なる理由があったにせよ宣戦布告より攻撃が先になったのは歴史的事実ですので揚げ足とられてもしかたないところですね。

日本は敗戦国ですから。
終戦時には何を言われても言い返すことは出来なかったでしょう。
攻撃が先でも、あれは奇襲攻撃ではありませんでした。
アメリカ側には通達されていたのです。
しかし、奇襲攻撃、とした方がアメリカ国内で反日感情が高まりますからね。
都合良く宣伝のために置き換えられたんですね。

>戦後日本は、「あくのていこく」から「あめりかのせいぎのしどう」によって「ただしいみんしゅしゅぎ」になって

日本の憲法はアメリカが創ったと言ってもいいものですよね。
しかし、今の日本はけっして「正しい民主主義」ではないように感じます。
戦後もうすぐ65年。
そろそろアメリカの傘の下から出てもいいのではないかと思います。


   えいと@

Posted by えいと@ at 2009年04月10日 10:36
アメリカの傘の下から出るのには費用的に現実的ではないですねぇ。。(´・ω・`)
自衛隊にはアレが導入されてアレが配備されるとの事ですが、それにしても英国にもまだ届かない。独自防衛は物凄くお金がかかります。
その英国もNATOがありますし。

>都合良く宣伝のために置き換えられたんですね。

まあなんにしても米国内の宣伝活動ですからどうにもなりませんねぇ。

Posted by Nop at 2009年04月13日 05:55

>Nopさん。

>アメリカの傘の下から出るのには費用的に現実的ではないですねぇ。。

まぁそうですね。
現実的なことを考えるとアメリカの傘の下から完全に出ることは難しいでしょうね。
独自防衛は無理でしょう。
日本の中の防衛費増大に反対する派の力もけっこう強いですからねぇ。

しかし、日本の国防についてはもっとしっかり考えていかないと、
将来日本はどうなっていくのか不安がよぎります。
このままではいけないんじゃないかと思いますね〜。


  えいと@


Posted by えいと@ at 2009年04月13日 08:35


震災復興や年金改革よりIMFへの5兆円献金を優先する財務省官僚の国民愚弄が丸見え、みんな怒れ!

1.消費増税はやはり年金改革ではなく、財務省官僚天上がり機関IMFに献金するためだった

 2012年4月17日、安住財務大臣はIMFに600億ドル(約5兆円)拠出すると発表しています。悪名高いIMFは以前からあつかましくも、日本に対し、消費税を15%に上げろと内政干渉していましたから、野田政権が推し進める消費増税法案はやっぱりIMFに出資するためだったことが国民にバレてしまいました。

 本件に関し、数あるマスコミで国民の怒りを素直に代弁したのは日刊ゲンダイのみでした(注1)。日刊ゲンダイ以外の大手マスコミはまさに悪徳ペンタゴンそのものであることがよくわかりました。

なお、上記、悪徳ペンタゴン日本人勢力および彼らを動かす米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

 このように日刊ゲンダイと他の大手マスコミの報道振りを比べると、その他大勢の悪徳ペンタゴン・マスコミがいかに反国民・報道機関に堕しているかよくわかります。消費増税を国民に要求する一方で、5兆円ものIMF献金を勝手に決めた日本政府をまったく批判しない大手マスコミ人は恥ずかしくないのでしょうか。

2.野田政権はなぜ、国民の神経を逆撫でするIMF献金を平気でやるのか

 今回の消費増税強行の真の目的のひとつが、案の定、IMF献金財源確保であったことがこれほどあからさまになっているのに、安住財務大臣はなぜ、平気でIMFに5兆円も献金することを得意気にヌケヌケと国民に発表できるのか、その神経を疑ってしまいます。彼の頭の中では、消費増税とIMF献金は別々になっているのでしょう、だから、国民も自分と同じ考えだと信じて疑わないのでしょう。彼の得意げな表情から窺えるのは、国民がさぞかし怒っているのではないかという、うしろめたい気持ちは毛頭ないようです、安住氏は信じられないような能天気人物です。

 今の日本は増税しなければならないほど逼迫した財政状況なのに、なぜ、他国救済のために5兆円も出さねばならないのか、まったく説明もないし、悪徳ペンタゴン・マスコミ記者連中は安住氏にそれを聞きもしません。ほんとうに狂っています、今の日本は・・・。

 ところで、上記、IMFというのは財政困窮した弱小国に救済資金を貸し付ける基金団体ですから、いったん出したら戻ってこないとわれら国民は認識すべきです。IMFを実質支配する世界的寡頭勢力はIMF資金借入国(弱みを握られた弱小国)にさまざまな要求を突きつけて、その国に内政干渉するわけで、IMFは弱小国支配手段に利用される悪徳高利貸的側面をもっています。

 上記のように、IMFがあつかましく財政赤字の日本に消費増税しろと内政干渉していたのは、このようなIMFの属国支配体質の表れです。将来、彼らは財政危機の日本に強制的にIMF資金を借りるよう要求するかもしれません。こうなると今、IMFは日本政府経由にて、われら国民から血税を巻き上げておいて、将来、日本政府が財政困窮したら、今度は、IMFは日本政府に対し、われら国民の血税で献金させられたカネを高利で借るよう強要してくる可能性すらあります。要するにIMFを支配する寡頭勢力はそのようなアコギな集団とみなすべきです、われら国民は・・・。

続きは

ブログ
新ベンチャー革命2012年4月22日 No.570
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/29156861.html
Posted by 絶対忘れるな! at 2012年07月23日 04:52

>絶対忘れるな さん。

ブログのご紹介をありがとうございました。

Posted by えいと@ at 2012年07月25日 04:28
【ロンドン五輪】 マスゴミの反日ぶりが酷い “歴的快挙も表彰式をカット”

ロンドン五輪体操の男子個人総合決勝が行われ、ついに内村航平選手が92.690点で金メダルを獲得した。日本選手の個人総合の金メダルは1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司以来28年ぶり。また、日本選手が個人総合で世界選手権と五輪を制したのは、内村選手が初めてという快挙でもあったのだが・・・・・。日本メディアは、表彰式の様子を見事にカット。荘厳な響きの君が代が会場に流れる中、日の丸が一番高いところの真ん中に昇るシーンを見ることはできない。あくまで、ニュースやニュースもどきのワイドショーにおけるダイジェストでの話で、ライブ中継ではどうだっかは知らない。しかし、それだけ歴史的快挙なら、何故に録画であっても表彰式をカットするのか___。これは何も、内村航平選手のケースに限らない。


 夕食タイムから朝食タイムにかけ、ダラダラとライブ中継されている感も歪めないロンドン五輪。そのせいもあり、放送されている全てのプログラムを視聴している方は限られているだろう。つまり、熱中症と闘いながら汗水たらして働き、真面目に納税をしている多くの方が五輪中継を見るのは殆どが録画だ。日本人選手の活躍と金メダル獲得を期待しながらだ。それが実現したというのに“日の丸”と“君が代”をカットとは、いったいどこの国のメディアだろうか。民主党や電通から要請(圧力)があったのか、それとも自主規制か。


 これが顕著にあらわれているのが、“なでしこジャパン”佐々木監督の「ドロー指示」への批判。特に読売新聞の記事が酷い。『交代川澄へ「素晴らしいシュートはやめてくれ」』とのタイトルも悪意丸出しだが、 “選手の多くも「金メダルを取るための作戦」と納得を示したが、爽やかさやひたむきさを、なでしこジャパンらしさだと定義するなら、およそ対極のしたたかさでつかんだ2位通過には違いない。選手への今後の影響が心配――と、試合後の記者会見で問われた佐々木監督は、珍しくムキになった。「勝手に心配してくれて結構」”と結ぶ記者の劣化も酷い。


 細かいことは書かないが、「ドロー指示」をアンフェアーと批判している連中には、海老沼匡vsチョ・ジュンホ(韓国)での判定を「日本が買収した!」と騒いでいる輩と同じ臭いがする。同じ読売新聞の記事だが、『日本、ホンジュラスには勝てず0―0…1位突破』とのタイトルにも悪意がにじみ出ている。原監督の愛人問題を1億円で闇に葬ったり、出演者に高額ギャラを払いながら“チャリティ”と詐称(24時間テレビ)して募金を騙し取る読売グループの反社会性は棚に上げ、恥ずかしくもなくよく言えるものだ。

http://asakuraweb.seesaa.net/article/284328387.html
Posted by 日本を愛さない政府、マスコミ、企業に怒り at 2012年08月13日 09:48

>日本を愛さない政府、マスコミ、企業に怒りさん。

情報とブログのご紹介をありがとうございます。
Posted by えいと@ at 2012年08月27日 02:05
●愛国心を利用した、橋本徹が一番危険人物
大阪府有地(土地評価額:10億円/800坪)を韓国民団に1/3以下の破格値3億円で売却
外国人参政権推進派、人権擁護推進派 などなど
マスコミがそろって持ち上げてるから、なお信用ならない。

橋下徹の正体 - YouTube
www.youtube.com/playlist?list=PL9B8D86B629B48E9D


日本には、売国奴がうじゃうじゃいるのだと知りました。

福岡・高島市長、年間800人の中国人研修受け入れを断念
2012.9.18 21:07 [中国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120918/chn12091821080019-n1.htm

Posted by 日本国案泰祈願 at 2012年09月19日 12:09

>日本国案泰祈願さん。

お返事が遅くなって申し訳ありません。

誰が売国奴で、誰がそうでないのか…。
日本人はしっかりと見極めないといけませんね。
保守の仮面を被った売国奴が日本国内にはたくさん存在しますから…。




Posted by えいと@ at 2012年10月10日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116936390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。