2008年12月10日

カトマイ国立公園の宿泊施設「ブルックスロッジ」


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪



えいと@のアラスカ紀行 2008でございますー。


 アラスカ紀行の過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2007)
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2008)

なお、アラスカ紀行2007は2007年の初夏に3週間、アラスカ紀行2008は今年の8月末〜9月に12日間旅行した記録です。


かなりタイムラグがありますがご了承くださいね。



今日は前回の記事の続編です。

 前回の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アラスカの秘境へ! Pen Air!
    驚き! 銃を機内に手荷物で持ち込むアラスカ!
    一人づつ体重を量って乗ったのは…!
    スリル満点! 水上飛行機で行く!
    自然があふれるカトマイ国立公園へ!
    アラスカの秘境! ブルックスキャンプ
    仕草がキュート! カトマイのクマさん
    天敵がいっぱい! 産卵期のシャケたち
    クマさん必死! シャケをハンティング!
    私たちの地球! 美しい自然を守ろう!



えいと@夫妻はアラスカの秘境「ブルックスキャンプ」に1泊いたしました。


今回はブルックスキャンプの宿泊場をご紹介します。(*゚▽゚)ノ


このブルックスキャンプの宿泊は水上飛行機とのセットになっているんです。


なのでアンカレジで水上飛行機と宿泊所のセットのツアーに申し込む必要があるんですね。


かなり人気の高いツアーなので


7月下旬〜8月上旬のベストシーズンはかなり前に申し込みをしないとすぐに埋まってしまうとのことです。


えいと@夫妻はややオフシーズン(8月下旬)だったので1ヶ月前でも大丈夫でした。


さて、どんな感じのロッジだったのか…といいますと。(*゚v゚*)b



        ↓





        ↓





        ↓



 a-blkh4.jpg


じゃん! こんな感じ ↑ の長屋風のコテージでございます。(^▽^)/


数は少ないけど独立型のコテージ ↓もあるんですよー。
 

 a-blkh1.jpg


 a-blkh2.jpg


いいですよねー! お隣のお部屋とくっついてないからプライバシーばっちり!


お部屋も長屋タイプより少し広めのようですし。


きっと先に申し込んだ人から順に こういう独立型のコテージのお部屋になるんでしょうねぇ。


どの部屋でも値段は変わらなかったですからはやいもの勝ちなんでしょうねぇ。(*'ー'*)


この独立型のコテージで泊まれた人、いいなー。


えいと@夫妻は長屋風のコテージでございましたー!(´ー `)


ま、仕方がないですね。けっこうギリギリに申し込みましたから。σ(^_^;)


でも端っこの部屋だったんでまだ良かったですよ。


片側だけでしたけど壁に窓がありましたからねー。


窓があるのとないのとではだいぶ違いますからね。d(゚ー゚)



さて、お部屋の中ですが…。


2段ベッド+奥にトイレ&シャワールームがあります。


けっこう狭かったですよー。(^o^;)


ま、ロッジですからね。贅沢は言えません。


ただ…ちょこっと不満を言わせていただくと…。(・ε・;)


  a-blkh6.jpg


こんな風 ↑ にシャワールームを覗けちゃうんですっ!(;-o-)σ


シャワー室の屋根が開いてるわけですよー。


ま、いいんですけどね〜。夫婦だし。。。(-Θ-:)


お湯はちゃんと出ましたよー。


シャワーの排水も問題なかったしね〜。(こういうロッジは傾いて建てられてることが多いので、排水が悪いことがよくあります)



ところで。


以前の記事にも書きましたが部屋の中には食べ物を持ち込んではいけないんです。


夜間、コテージの周りにクマさんがやって来ることがあるらしいんですよね〜。('o';)


もしコテージから食べ物のニオイがしたらクマさんはコテージの中に食べ物があることを学習してしまうんです。


就寝中に襲われでもしたら一大事ですもんね。(((((;´д`))))


そんなわけで食事は必ずダイニングでとることが決められてるわけです。


 a-blkh8.jpg


朝食、昼食、夕食ともにビュッフェ形式の’食事でありました。(^-^)


別料金でちょっと高かったけど、これも環境を守るための費用ってことなんでやむおえません。


 a-blkh9.jpg


これ ↑ は昼食です。


けっこうボリュームがあるでしょう?


以前の記事に書きましたが往路のフライトがかなり遅れたんですよねー。(- -;)

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アラスカの秘境へ! Pen Air!


そのせいで午後3時頃にランチをいただいたので夕食は不要でございました〜。(ランチがすごいボリュームだったもんで〜)(>▽<)b オトクシチャッター!


 a-blkh7.jpg


このダイニングには暖炉 ↑があるんですよっ。


夜になれば暖炉に火が入るんです!(゚▽゚=)


8月と言えどアラスカですからねー。


8月下旬のアラスカの夜はけっこう冷えるんですよ。


 a-blkh10.jpg


素敵でしょー? (〃^▽^〃)b


ここに座って暖炉の炎を眺めながらビールを飲むのって最高でございましたー!(´∀`)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 11:40| Comment(22) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たき火(?)、キャンプファイヤー、火って癒されますよね。
もちろん、安全な火ですが。私もたき火を見ながらボーと
するの大好きです。何も考えずに火を見てると、太古の人間達も
こんな風に火をみてたのかな〜と考えたりして。
でも、日本じゃお庭でたき火ってわけにも行かず、
火を見る機会もお料理以外じゃないです。
でも、お料理のときは火を見て癒されてる暇はないしね。
それにガスで出る火はそんなに魅力的じゃないしね。
Posted by cheenamama at 2008年12月10日 11:51
確かにロッジは角部屋の方が良さそうですね〜
ウチもタウンハウスの角部屋ですが
窓の多いのはいいです。
暖炉って雰囲気ありますけど
去年のガス代の高さに参って
今はビニールで覆ってしまいました
(中のフタとしていてもなぜか風が入って寒いんです)

ところでこのツアーの料金って高くなかったですか?
いやね、クリスマスの旅行でセスナを使ったツアーがね
高いもんで、、つい、、ふと思ってしまいました。苦笑
Posted by おね太郎 at 2008年12月10日 12:12
良い雰囲気ですね〜。
暖炉の火に美味しい食事!
本当にビールが美味しそう〜!
夜中にコテージのところまで
熊さんが来るなんて怖いですね。
寝ぼけていられませんね(笑)
Posted by コメット at 2008年12月10日 12:44
わわっ、、となると
ロッジの中ではお菓子のつまみ食いもいけないの??
私には辛いわ。。
でも、ダイニングのヒトトキで
結構気持ち的にも「オナカイッパイ」になれちゃいそうだね〜
あとは帰って寝るだけ〜みたいな??
ああ、炎みながらのんびりビールなんて・・・
最高ね!^^
(今朝ポチしちゃったから明日ね〜^^)
Posted by hiromei at 2008年12月10日 21:06
日本でも最近コテージ風のところで、キャンプが出来るところが増えて来ましたが、
ずいぶん前に泊まった記憶しか・・・
でも、大概はジメっとした場所ですね。
多分、森林浴、すなわち森の中と言うことで木々が茂った中に有るせいでしょうね。

このぐらい、すっきりと太陽の浴びられるコテージは良いですね。

それに、独立型のコテージの造り、表ね。
しっかりと目隠しが有って良い感じですね♪

シャワーは、よく映画で見る感じで、本当にそうなんだと(笑
応援!
Posted by koneko at 2008年12月10日 22:14
素敵なところですねー。お食事もおいしそう。
お部屋で何一つ食べちゃいけないの?私には苦行だー。
カフェテリアは24時間オープンなのかしら??

このシャワーは、初めて見ました。日本だったら部屋がかびそうですよねー。

ところで、昨日の記事、玄米いいじゃないですか。
うちも雑穀とか入れてみているけれど、子供らには不評・・・・私一人でせっせと食べてます。


Posted by つなみ at 2008年12月11日 00:55
私、コテージって知らないんですよ〜。
でもね、どうやらガールスカウトのキャンプはテントじゃなくてコテージなんですって。
娘の学年はまだキャンプがないけど、ちょっと楽しみなんです。
Posted by ree at 2008年12月11日 01:51
こんにちは。
ロッジっていうのがアラスカらしくっていいですよね〜。
確かにご飯はそこで食べてはダメ、というの、クマのことを考えると納得ですね。
ダイニングの暖炉、ホント素敵です。
ゆっくりとくつろげそう☆
Posted by reiko at 2008年12月11日 11:02
ロッジの中はまるで寮のようですね♪
確かに独立型は建物が可愛いしプライバシーが守れて素敵ですね。
でも、えいと@さんが泊まられたのでもアラスカって感じで(←どんな感じ?)素敵ですよ。
8月下旬のアラスカなら暖炉に火を入れるのもありでしょうね。
何もかも素敵です!
Posted by Kaz at 2008年12月11日 11:33
!シャワー室が丸見え。
友人同士とか、他人だと気を使ってしまいますが、
まぁ、まぁ、夫婦だから良いではないか〜(^ー^)
ただ、湿気の点を考えるとどうなんでしょうね???

こういう場所だと、夜寝るのが勿体な〜い!
なんて思ったりもしますが、不用意に外へは出られないんですよね?
扉のすぐ外ぐらいならOKなのかな?
Posted by たまてん at 2008年12月11日 11:56
部屋に食事を持ち込めない理由が
くまさんの為だなんて
ビックリです
こちらでは考えられない常識ですね

ランチのボリュームもすごい!!
私もここでビールをカプカプ飲みたいわ(^_-)-☆P
Posted by ティナ母 at 2008年12月11日 12:13


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>cheenamamaさん。

そうですねー! 炎ってずーーーっと見てても飽きませんよね。
海辺で波を見るのもそうですし。
火や水っていうのは人間が生きていくために必要なものですもんね。
癒されるんでしょうかね〜?

ガスの火はね〜ちょっと違いますもんね。
たき火とか、木が燃える炎がいいですね!



Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:20

>おね太郎さん。

そうなんです。
独立型はいいんですけど、長屋式のロッジは角部屋でないと入り口の横にしか窓がなくて暗いと思いますね〜。
角部屋でラッキーでした!
タウンハウスも同じなんですね!
過度でないと窓が少なくなっちゃうんですね〜!

ここの暖炉はオープン式だったので暖かかったですよ〜。
煙も上に上がっていくんで煙くなかったし。
おね太郎さんちの暖炉は薪を燃やすタイプではないんですね。

このツアーですか…。
実は高かったです。(汗)申し込む時どうしようかかなり悩みましたよ。
小型のプロペラ機と水上飛行機での移動、そして環境を守るために宿泊費も高く設定してあります。
だけど行って良かったですよ。お金には換えられない貴重な体験をしましたしね〜。満足です。



Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:28

>コメットさん。

夜のビール、暖炉の前でゆっくりといただくのっておいしいですねー!
TVも何もないんですよ。
あるのは暖炉の炎と、他のお客さんの話し声、笑い声だけです。
こういうところでボーーーッとすごすのも贅沢なことですね。

夜には絶対にクマさんがやって来る…ってことはないんですけど、
柵などしてないんでやって来る場合がある…ってことなんです。
なのでバーが閉まる 夜11時以降はコテージから出ない方がいいんでしょうね。


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:32

>hiromeiさん。

そうなんですよー。
ニオイが出る食べ物はNGですねー。
チョコや飴くらいなら大丈夫なのかな? スナックはダメでしょうねー。

そうそう! ダイニングでお腹いっぱいですよ〜。
暖炉の炎を見ながらビール飲んでボーーーッとして あとは寝るだけです。
翌日の朝、早起きしたかったんでバーが閉まってすぐに寝ましたよ!(笑)


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:35

>konekoさん。

えいと@は日本ではコテージに泊まったことはないですねぇ。
アメリカでは2回泊まりました。どちらもアラスカです。
去年泊まったデナリ公演のコテージは傾いて造られてたんで、マジックハウスのような感覚でした。(笑)
シャワーの排水が流れていかないんでですよー。まいりましたねぇ。(苦笑)

コテージやロッジって自然の中にとけ込むように造られてることが多いですよね。
アラスカはあまり湿気は多くないんでジメっとした感じではなかったですよ。

独立型のはいいですよねー。
えいと@も独立型の方に泊まりたかったです〜。仕方ないけど。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:42

>つなみさん。

そうなんです。
お部屋では飲食禁止です。ま、チョコとかくらいならいいんでしょうけどね〜。
でも、食事の量が多いからお腹いっぱいになりますよー。
ビュッフェ式なんでついついいっぱいとっちゃいますしね。(笑)

ダイニングは夕食は19時か20時頃までかな。
暖炉の横がバーになってて、そこは23時まででした。
夜は寝るだけです。TVも何にもないんですもん。

シャワーね、日本だと確かにかびそうですね〜。
でも、アラスカだしきっと大丈夫なんでしょうね。
それより覗けちゃうのがどうも。。。ま、夫婦だしいいんだけどぉー。

子供ちゃんたち、雑穀ダメなのー? 旦那さまも? おいしいのにねー。


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:47

>reeさん。

コテージは居心地いいですよー。
テントはテントで楽しいでしょうけどね。子供はテントの方がおもしろいかなぁ?
大人はコテージの方が楽でしょうね。

子供さんのガールスカウトやボーイスカウトでの活動、楽しみですね!


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:49

>reikoさん。

そうなんですよね〜。
ちょっとだけならいいだろう…が大きな事故につながっちゃうことだってありますからね。
クマさんに「コテージの中に食べるものがある」って学習させたらダメなんですねー。

TVや娯楽が何にもない…ってかえっていいもんですね。
暖炉の炎を眺めてボーーーッと過ごす…。
贅沢な時間ですよね! ビールがおいしかったです!


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:52

>Kazさん。

ホントに寮みたいですね。(笑)
2段ベットだったし…。
ただ、シャワーが…。これが相部屋とかで他人とだったらちょっとイヤですよね〜。(苦笑)

独立型のコテージはいいですよねー。
でも長屋風のコテージも悪くはなかったですよ。(笑)
すめば都ですね。

暖炉のそばで飲むビールはおいしかったです!
炎ってすてき♪


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 13:56

>たまてんさん。

シャワー…。
夫婦なんで、ま、いいんですけどねぇ。
しかし、夫ったらふざけて覗きに来ましたよ〜! まったくぅー!
湿気は大丈夫みたいです。
普段から乾燥してますしね。部屋もすきまがいっぱいですし。(笑)
なので秋以降はこの施設は閉鎖ですよ。
寒くてやってられないんでしょうね〜。(笑)

夜ですかー。
TVも何にもないし、バーは23時で閉まっちゃうしね。
そっこう寝ましたね。(笑)疲れちゃってるし、翌日ははやいし。
クマさんがコテージの周りに来るかもしれませんしね〜。絶対ではないんでしょうけど。
外を出歩くのは危険かも。真っ暗ですしねー。


Posted by えいと@ at 2008年12月11日 14:00

>ティナ母さん。

その場所なりのルールがありますもんね。
このロッジは「クマさん天国」なので、人間がいろんな面で遠慮や配慮をしないといけないんですねー。

ランチ、すごかったです!
これだけでしっかり翌朝までもちましたよー。安上がりでした。(笑)
暖炉の前で飲むビール! 格別でしたよ!
おいしかった〜〜〜。炎って見てて飽きませんよね〜。ホント。


 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年12月11日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。