2008年11月21日

仕草がキュート! カトマイのクマさん


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪


   1日ワンクリック ↓ であなたの1票がブログランキングに入ります!

         banner1.png

     ひらめき応援よろしくお願いいたします〜♪ひらめき




えいと@のアラスカ紀行 2008でございますー。


 アラスカ紀行の過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2007)
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2008)

なお、アラスカ紀行2007は2007年の初夏に3週間、アラスカ紀行2008は今年の8月末〜9月に12日間旅行した記録です。

かなりタイムラグがありますがご了承くださいね。



今日は前回の記事の続編です。

 前回の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アラスカの秘境へ! Pen Air!     
    驚き! 銃を機内に手荷物で持ち込むアラスカ!
    一人づつ体重を量って乗ったのは…!
    スリル満点! 水上飛行機で行く!
    自然があふれるカトマイ国立公園へ!
    アラスカの秘境! ブルックスキャンプ



さて、今回はカトマイ国立公園に住んでいるクマさんをお送りいたします!(*゚▽゚)ノ


ここアラスカのカトマイ国立公園はベアーウォッチングのメッカ!


とーっても愛らしいクマさんの様子を写真におさめることが出来ました!


ご覧になってくださいまし〜。(=^▽^=)ノ



        ↓





        ↓





        ↓



a-katokuma5.jpg


泳ぐクマさん。↑


顔を上げて泳ぐんですね。これは犬かきならぬクマかきでしょうかっ!(*^m^*)


a-katokuma10.jpg


シャケを食べるクマさん。↑


かわいいでしょぉ〜〜〜? ちゃんと両手で持って食べるんですねー!(´∀`)


  a-katokuma4.jpg


    陸に上がるクマさん。↑


    親子のクマのようですよ。


   a-katokuma6.jpg


じゃれ合うクマさん。↑


クマってこんな風にしてじゃれて遊ぶんですねー。(*"ー"*)


a-katokuma7.jpg


  水の中でじゃれ合うクマさん。↑


  遊んでいるんでしょうねー。


   a-katokuma9.jpg


キスするクマさん。↑


きゃ〜〜〜わいぃーっ! (≧∇≦)b


こんな風な仕草を見ると人間と変わらないように思えて来ますよね。


親子の会話が聞こえて来そうな気がいたします。(o^-^o)



クマさんたち、すごーっくリラックスした表情でしょう? (⌒ο⌒)b


なぜクマさんたちはこんなにリラックスして遊ぶのでしょうか?


それは…これです。



    ↓





    ↓





    ↓




a-katokuma11.jpg


じゃん! 人間の方が隔離された状態 ↑だからなんですねー! (‐^▽^‐)b


クマさんからも人間が見えていますが、クマさんはちゃんとわかってるんですね。


人間が自分たち(クマたち)を襲わない…ってことを。(゚ー゚)(。_。)ウン!


このブルックスキャンプのルールとしてクマとは50メートル以上の距離を保つということがあります。


ずーっとそのルールが守られているのでクマも人間を襲わないんですね。



しかし、時たまこういうこと ↓ もあります。(^^;)


a-katokuma3.jpg


えいと@夫妻の近くにぬっとクマが現れたんですね!(゚ロ゚屮)屮 オットビックリ!


そしてクマの方からドンドン近づいて来たんです。 w(゚ロ゚;)w オォー


20〜30メートルの近さまで寄って来ちゃいました。(゚_゚i)タラー


クマさんって歩くのがはやいんですよー!


そういう場合もあわてずに人間の方からすーっと去る…っていうのが鉄則なんです。( ̄  ̄)b


クマは野生ですからね。


おとなしそうに見えてもクマはクマ!野生動物です。


だから絶対に50メートルは守らなくてはなりません。 d(゚ー゚)


こんなハプニングもありましたが、楽しくじっくりとキュートなクマさんを見ることが出来ました!



次回はハンティングをするクマさんの写真をお送りしますね!


ぜひ! 見に来てくださいね〜。(*゚▽゚*)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



この記事へのコメント
もっしもしクマよクマさんよ〜♪
って歌いたくなるほど
ノビノビとしてますねーー。
やっぱりペットと同じように動物も表情があるものねづねー。
ケニアのサファリツアーなどもこーんな風にすればいいのに。。
人間が過剰に介入しるぎたら、それはもう自然ではないのですから・・。
クマさんの急接近ビビりますねーー
わざとじゃないにしても、そうソソクサとは逃げれないような気がします
Posted by おね太郎 at 2008年11月21日 12:26
素晴らしいですね〜!!
こんなに風に観察できるなんて、
考えられませんね。
日本のクマ牧場とはかなりの違いですね〜(笑)
クマさんたち、可愛らしいですね。
ノビノビとしていて、気持ち良さそうです。
Posted by コメット at 2008年11月21日 13:03
♪あるうひぃ〜 もりのなかぁ〜
くまさんにぃ〜 でああったぁ〜
すたこらサッサッサ〜のサ〜
すたこらサッサッサ〜のサ〜♪
くまさんに出会ったら、やっぱり
さっさと逃げるんですね。
動物は自然の中で見るのが
一番威厳があっていいですね。
Posted by cheenamama at 2008年11月21日 13:54
こんにちわ。
ふふふ・・・かわいいくまさんがいっぱい!
日本にもこんなところがあったら
くまさんも打たれずにすむのにね♪
昨日TVで北海道のくまさんが現れるはずの
ない地域にまで現れ始めている。
ってやってました。
そんな日本のくまさん、アラスカに生まれて
いれば幸せだったのかも?
な〜んて考えちゃいました。
大自然の中・・・人間が隔離されて当たり前なのかも
しれませんね。
次回も楽しみにしてます♪
Posted by べりー at 2008年11月21日 14:30


皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。


>おね太郎さん。

そうなんですよー。
人間が作った囲いの中に入れるんではなく、そのまんまの自然の中でクマたちは生活出来るわけですからね。
幸せですよね〜。
のんびりとした表情になりますよね。

ケニアのサファリはねー。利潤追求型ですから…。
今からどうこうするって難しいかもしれませんね。

クマさんの急接近、言っても20〜30メートルは離れてたので大丈夫でしたよ。
走ったらダメだったんでしょうねー。
ゆっくりとさりげなく去る。これですね〜。

Posted by えいと@ at 2008年11月21日 15:56

>コメットさん。

日本のクマ牧場もかわいいんですけどね〜。
どうしても閉じ込められてる感じは否めませんよね〜。

このカトマイ公園は、クマさんが普通に生活をしてるところを覗き見が出来る…って感じなんですよ。
なので本当に自然な感じです。クマさんものびのびしてました。
この観察の柵に入ってると安全ですしね。どちらもが。
しかもけっこうよれる! これってすごく感激ですよ〜。
Posted by えいと@ at 2008年11月21日 16:00

> cheenamamaさん。

そうそう! 
クマさんにであったらすたこらさっさと逃げるんです。(笑)
でも、走っちゃーダメなんですよ〜。
そろりそろりとね。

自然の中でのびのび生きてる野生動物って、表情がいいですよね!
ホントにかわいかったです!

Posted by えいと@ at 2008年11月21日 16:02

>べりーさん。

日本の住処を追われたクマさんたちは本当にかわいそうですよね。
食べるものを求めて山を下りただけなのに…。
涙が出そうです。

アラスカには自然のままの国立公園がたくさんありますからね。
そこで生きてる野生動物は本当に幸せです。
国立公園になってて、レンジャーに管理保護されてますからね。
ハンターも来ないし。

人間は必要以上に野生動物の中に入っていってはいけないんですね。
動物たちも生きてる。
こんな素敵な表情で遊ぶんです。
人間と同じですね。


 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年11月21日 16:05
じゃれあってる熊さんかわいいですね!
サケを食べてるのなんかも♪♪

それにしても人間のほうが隔離されて逆に熊に観察されてるみたいですね。

それでは応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年11月21日 18:41
すごい!
泳ぐくまや、鮭を食べる熊!!!
アラスカではこんな様子が見られるんですね〜
ものすごく行ってみたくなりました
野生の熊と20Mの距離はかなり緊張ですね
何事も起こらなくてよかったです
ハンティングの様子も楽しみに見に来ます
Posted by M家 at 2008年11月21日 20:30
可愛い〜。
昨日の記事では熊が怖くなりましたが、
今日の記事では反対に熊を実際に(安全な距離を置いて)
見たくなってしまいました。
それにしても20mの距離のところまで熊達がやってきたなんて!
本当にご無事でよかったです!

P.S.画像認証の記事ではご助言ありがとうございました!
Posted by Kaz at 2008年11月21日 21:46
こわ〜いっ!

そんな近くに来たのですね。
騒ぐ人と一緒じゃなくてよかったですね。

でもほんとう、メチャ強いと噂のクマちゃん、見た目はとってもラブリ〜!ですね。

見たら騒いじゃいそ(笑)。
Posted by かげ at 2008年11月22日 01:07
かわいい〜。
時々ディスカバーチャンネルなどでやってるのを見ると、小熊なんて抱きしめたくなるほどかわいいですよね〜。
そんな近くに?
私、驚いて足が震えちゃうかも。
Posted by ree at 2008年11月22日 05:02
さすがです〜〜
こんな光景は日本じゃ見れません
アラスカの旅ますます憧れます〜〜
本気で行きたくなってきました
えいと@さんが2年連続で行かれるのが解ります〜〜♪
Posted by at 2008年11月22日 09:14
おはようです。
こうやってみると、すげーかわいいですねー、クマ。
でも野生動物。下手に逃げるとおっかけられて、やられちゃいますよね^^;
確か、クマは坂道だと、のぼりは速いけど、くだりは遅いらしいですよ。前足の方が短いので、くだりは苦手だとか。

最近、コメれずすいませんー。ちょくちょく応援☆はしてますので^^
Posted by まー at 2008年11月22日 10:02
そうだよね
人間が動物の住んでいる世界にドンドンと侵入していって、いろんなバランスを崩してしまっちゃったんだから…
こういう風に人間が隔離された状態や規則の元にいろんな努力を人間の方がしないと
この光景は見られないし、これからも続いていかないよね。

それにしても…20m!
すごいハプニング!
そういう時もそぉ〜っと立ち去るんですね。
私も山方面に割と行くので気をつけます。
それと、人間の存在を知らせる熊鈴!
動物の住む領域に入らせてもらってるんだもんね。

続きも楽しみにしてます♪

そうそう!雪の方はどうですか?



Posted by チャチャ丸 at 2008年11月22日 10:06

>naotoさん。

クマさんの仕草ってかわいいですよねー。
ほんとにこれが獰猛なあのクマ?…って思いますよ。
シャケ、ちゃんと両手で食べてるところは本当にかわいい〜。

人間の方が観察されてるようでした。確かに!(笑)


Posted by えいと@ at 2008年11月24日 02:39

>M家さん。

そうなんです。
同じアメリカでも野生動物の保護の方法は州によって異なるんですね。
アメリカ大陸の国立公園でも野生動物は見られますが、人間との隔離が本当にうまくいってるのはアラスカだけなんだそうです。
なので、こんなに間近でこーんなにかわいい野生の姿を見ることが出来るんですね〜。

アラスカ! いいですよ! いつかぜひ! 訪れてください。
日本からの方がアクセスはいいと思いますしね。

Posted by えいと@ at 2008年11月24日 02:46

>Kazさん。

クマやムース、カリブーなど。
野生動物に出会い頭でいきなり出会っちゃうと恐ろしいですが、
ちゃんと距離をとっていれば大丈夫です。
アラスカはこんな風に、きちんと人間と野生動物の距離をとってるので安心してかわいい姿を見せてくれます。

いきなり近づいて来たのにはびっくりでしたが、落ち着いて行動すれば大丈夫です。
レンジャーも近くにいましたしね〜。

Posted by えいと@ at 2008年11月24日 02:50

>かげさん。

きちんとレクチャーを受けてからの散策だったんで、だれも騒がなかったですね〜。
もしレクチャーを受けずにこういうことがあると、クマに近づいていってしまう人がいるでしょうね。
えいと@もカメラを持ってクマさんを追いかけてしまっていたかも〜。(苦笑)
レンジャーがそばにいたし、冷静に判断できました。

クマさん、キュートでしたよ〜〜〜。
見てて飽きないの。動くぬいぐるみみたいですねー。

Posted by えいと@ at 2008年11月24日 02:54

>reeさん。

かわいいですよね〜〜〜。
じゃれてる姿なんでマジでキュート♪
ディスカバリーチャンネルで見るような風景が目の前で行われてたので感激でした。

この島はクマが自由に歩くので、こっちが知らない間にクマが近くに来ていた…ってことがよくあるんですね。
そんな時も慌てずに行動する必要があるんです。
クマからは襲って来ない…って理解出来てたら大丈夫ですよー!
Posted by えいと@ at 2008年11月24日 02:58

>E店長さん。

2年連続してアラスカに? なんで? 他にもいっぱい行くところがあるのに?
…って、何人かの知り合いに言われましたよ。(笑)
確かにそうなんですよね。
アラスカ以外にもアメリカにはたくさん観光地や国立公園はありますから。

でも、何か惹かれるものがあるんですよ〜。アラスカの魅力です。
これだけは実際に行ってみて、肌で感じないとわからないかもしれませんがね〜。
きっとそのうちにまた行くと思います。
先立つものがあれば…ですが。(爆笑)

Posted by えいと@ at 2008年11月24日 03:02

>まーさん。

お久しぶり! お元気そうで良かった!
お忙しいんですね〜。無理しないでね。
でも、こうやって時々でも来てくれるとうれしいし、安心します。あー元気なんだなって。

クマさん、かわいいですよねー。
そっかー! クマって下りが苦手なんだ! 
じゃ〜間近で出会っちゃったら下り方面にそろり〜と逃げたらいいのね! 
いいこと聞きました! サンキューです♪


Posted by えいと@ at 2008年11月24日 03:05

>チャチャ丸さん。

野生動物が民家の近くに降りて来ることが最近多くなってますよね。
開発は必要なんでしょうけど、やりすぎると生態系は壊してしまうし、こんな風に人間との衝突が起こっちゃうんですね〜。
日本は国土が狭いから仕方がないのかもしれないけど、どうにかしないとますます悲しいことが起こってしまいそうですね。

人間が工夫し、努力しないと共存は難しいと思います。
そのための知恵が人間には備わってるんですもんね。
その知恵を人間だけのために使うんではなく、野生動物との共存のために、環境のためにも使わないといけないなーって思います。

20メートル! すごっく近く感じましたよ〜。
でも、レクチャーを受けてたんでその場にいた人はちゃんとクマさんから離れていきましたよ〜。走ることなく!
やはり教育は大事ですね! 

 
  えいと@

Posted by えいと@ at 2008年11月24日 03:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。