2008年11月12日

いくらに感激! B&B オッカー・オットーハウスは最高!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪


   1日ワンクリック ↓ であなたの1票がブログランキングに入ります!

         banner1.png

     ひらめき応援よろしくお願いいたします〜♪ひらめき



えいと@のアラスカ紀行 2008でございますー。


 アラスカ紀行の過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2007)
    アメリカ的生活(旅行 アラスカ編 2008)

なお、アラスカ紀行2007は2007年の初夏に3週間、アラスカ紀行2008は今年の8月末〜9月に12日間旅行した記録です。

かなりタイムラグがありますがご了承くださいね。



えいと@的に評価が良かったコンチネンタルの飛行機でアラスカ、アンカレジに到着したえいと@夫妻。

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    空からナイアガラの滝を眺める! 機長の粋な計らいに感謝!
    アメリカ南部〜北部の景色の移り変わり
    飛行機の評価をしてみる(独断と偏見にて)


早朝にバッファローを出発し、アラスカに到着したのが夜遅くです。


今回のアンカレジでの宿泊は、以前にもお世話になったあそこですっ! (*゚▽゚)ノ



        ↓






        ↓






        ↓



 a-annkarejiyado10.jpg


ここ ↑ です! B&B オッカー・オットーハウスです!(^▽^)/

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    かゆいところに手が届く感激のサービス! アンカレジのB&B


B&BっていうのはBed and Breakfastのことで朝食付きの宿泊施設ってことなんですね。


そしてこのオッカー・オットーハウスは日本人の方が経営されてるので、もうすばらしいんですよー! (≧∇≦)b


何がすばらしいって! 


サービス! オーナーご夫婦の温かさ! d(゚▽゚*)


今回は2泊宿泊させていただいたんですが、本当にいたせりつくせり!(*゚▽゚*)b



今回、ものすごく感激したのは朝食です。


その日の前日の夜にご夫婦とリビングでいろいろお話ししてたんですが、


その時にいくらの話が出たんですよ〜。


アメリカ人ってサーモンは食べるけど いくらは捨てる人が多いんだそうですね。


日本人はいくらが大好きですから、捨てる前にもらうこともあるそうなんです。


そしたら「そんなもの(いくらですよ!)どうするんだ? 犬に食わせるのか?」…って聞かれることがあるらしいんですね〜。('д')


おいしいのにね〜。もったいないお話です。(゚-゚;)


えいと@夫妻なんてアメリカに来てからいくらなんて口にしてませんよ〜。


捨てちゃうんだったらわけて欲しいね〜


…って思いますよねぇ。ホント。┐(´ー`)┌


そういう話を4人でしていたんですけど、その翌日の朝食に!


なんと! いくらをつけてくださったんですよ! (゚ロ゚屮)屮 オォオ~! イクラー!


  a-akokka2.jpg


じゃん! いくらちゃん♪ ↑ですぅ〜!(ノ*゚▽゚)ノ


この時の感激って言ったら! 言葉にできませんよっ!(;∇;)


「ほら、昨日、アメリカに来てからは食べてない〜食べたい〜!っておっしゃってたでしょ〜?」


…ってB&Bの奥さまは笑っておられました。


もううれしくってうれしくって! まさかいくらがいただけちゃうなんて!(T▽T)


 a-akokka4.jpg


うぅう〜〜〜っ! アツアツのご飯にいくらちゃん!


なんて美しいんでしょう〜〜〜? 輝いてますよーっ!(*^▽^*)


 a-akokka3.jpg


アメリカで生活するものにとって、こんな純和食 ↑は本当にうれしいのですよねー。(´∀`)



ここのご主人にはアラスカの釣り場を教えていただいたし!


このご主人のアドバイスでキーナイ半島に行くことを決心し、


みごと! 1メートル級のでかいサーモンを釣り上げたんですからねー!v(*'-^*)

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    でかい! レッドサーモンをフライフィッシングでGet!


奥さまは釣ったでかいサーモンをさばくのを手伝ってくださったし!

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
     力仕事だっ! サーモンをさばく!


本当に感謝でいっぱいでございますよー!m(;∇;)m



去年、えいと@がブログでB&B オッカー・オットーハウスを紹介させていただいたところ、


それ以降、宿泊の問いあわせが増えてるとおっしゃっていました。


うれしいことです。\(*^▽^*)/


ホントにホントに、このB&B オッカー・オットーハウスはおススメですよ〜!(⌒o⌒)b


すごーくくつろげて居心地のいいB&Bです!


    メール mseanc☆alaska.net  ☆を@に変換してくださいね♪
    電話 (907)276-2033
    FAX (907) 276-3805
       (日本語OKです〜♪)




最後にお二人のお写真を…。(去年の記事に載せた写真ですが…)(*^^*)


a-annkarejiyado5.jpg




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 10:42| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
こちらのB&B、覚えてますよ〜、以前紹介されてたときからいいなあ、と思ってました。
いくら、食べたい〜、と言っていたら、翌朝食卓に登場させてくださるなんて嬉しいですよね〜。
うらやましい限りです!
こういう純和食な朝食、誰かに作って欲しいです〜!
Posted by reiko at 2008年11月12日 12:42
いいなーー新鮮ないくら。
ウチの子達があいたらきっとあっという間になくなっていたわ。苦笑
しかもご飯にお味噌汁!うれしいですよねー。
日本でもそうだけど民宿ってあったかくって
いいお宿ってありますからねーー。
あーーいくら明日買ってこようかなーーー
Posted by おね太郎 at 2008年11月12日 12:43
親切ですね〜!!!
お話に出たからと言って、イクラを朝食にだして
くれるなんてうれしいです。
旅先でこんな出会いは有難いですよね〜。
お客さんが増えたのは嬉しいですね!!
Posted by コメット at 2008年11月12日 12:51
こういうのって嬉しいね〜
日本人ならではのもてなし?なのかしら・・・
どこかの旅館の朝ご飯ですね!
美味しそう〜・・・

そっかーイクラはそっちじゃ
捨てちゃうんですか!!
もったいない〜・・・(大好きです!)

ポチっと!
Posted by hiromei at 2008年11月12日 21:04
いくら捨てちゃうんですねぇ・・・
もったいない!!
もらうのは安くもらえちゃったりするのかなぁ。

日本では高くて食べれません(おいらには手が届かないです)

それでは応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年11月12日 21:19
それがしもいくらが苦手でする。始めてアメリカ的になりました(笑)。

そうそう、カップヌードルのエビなら自分も捨てるよ。
心痛むけれども。。
Posted by かげ at 2008年11月12日 21:19
イクラ捨てちゃう?
捨てるのなら私の家に送って下さい(笑
部屋と言わず、表までイクラで埋まってたり
食べられる量だけで良いです(汗

本当に外国に行くと日本食有りがたいですよね♪
でも、日本料理店に入って食べるとガッカリすることが多いです(^_^;)

B&B オッカー・オットーハウスの写真を見ると、
これは、いける!
と思いました。
ポチ!
Posted by koneko at 2008年11月12日 21:49
信じられられません。。。。。
イクラを捨てるなんて、とんでもありません。
なんてこと・・・・・ガーン^^
残念残念、大好きだから・・・・^^
Posted by ひな at 2008年11月12日 22:32
私と娘がいくら好きなんですよ〜。
娘はニモ、って呼んでます。
捨てちゃうの、とんでもないですよね!
そっか・・・捨てるなら・・・今度フィッシュマーケットで聞いてみようかな。
キーウエストの日本人夫婦の友達が、B&B経営の計画中なんです。
日本人だからこそのサービス、うん、想像出来ますね〜。
Posted by ree at 2008年11月13日 01:02
ハッ・・・・・・・・・・!!!!




そうか、オットーオッカーって、お父、お母なんだ。
今気付いたー。遅かったね、自分。
それにしても涙がチョチョ切れそうにおいしそうなごはんですね。
私の好物って、いくらと鮭なのよ。鮭には○○虫がいようとも!うらやましー。この前の回転寿司でも食べれませんでした、高くて。捨てるなら安くしてー。

Posted by つなみ at 2008年11月13日 01:51
はじめまして!
やいこと申します。
バッファローにお住まいなんですね!
お隣です!!
何度か行ったこともあります。
旅行がお好きなんですね。
すごく参考になります!
まだ始めたばかりの初心者ですが
またお邪魔させていただきます♪
Posted by やいこ at 2008年11月13日 08:22
こんなにきめ細やかなサービスがアメリカでもあるのねって
やっぱり日本人オーナーさんですね。
でも、日本人でも日本旅館でもこんな臨機応変なサービス
受けれないですよ。
いくら、おいしそう〜。純和食の朝食って贅沢。
考えれば、日本に住んでるけどみそ汁、焼き魚、ごはんに
漬け物って朝食は長い間食べてない。
時間に余裕がないと無理なメニューですよね。
過去の記事も読みましたよ。ご主人の裁いたサーモン、お刺身サイコ〜!
Posted by cheenamama at 2008年11月13日 10:14

皆さま、いつも温かいコメント&応援☆をありがとうございます〜。



>reikoさん。

覚えてくださってたんですか〜。うれしいです。
このB&Bは本当に温かいんですよー。
えいと@夫妻はすっかりリピーターになっちゃいましたよ〜。

いくらが出て来たのには本当にびっくり!
こんな素敵な心遣いをしてくださるんですね〜。
ありがた〜くおいしくいただきました〜。

もしアラスカ、アンカレジに行かれることがあったらおススメですよー!
純和食がいただけちゃいますっ!

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:09

>おね太郎さん。

貴重ないくら! あっという間なんてもったいない〜〜〜!
じっくり味わっていただくのよー!って子供ちゃんたちに教えなきゃー!(笑)
アメリカじゃ〜なかなか手に入らないんですもんね〜。
シカゴだと比較的手に入りやすいのかな? でも高いですよねー。

こういう日本人的な温かいおもてなしは本当にうれしいです。
アメリカの住んでるとよけいにね〜。
えいと@はすっかりリピーターですよ〜。(笑)

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:14

>コメットさん。

ホントにまさかいくらが朝食に出るとは…びっくり&めっちゃうれしかったですね〜。
おいしかったですよー! いくら♪
幸せすぎて 大事にちょっとづついただきました〜。(笑)

B&Bのお客さんが増えたのはえいと@もうれしいんですよね〜。
あの温かさを皆さまにも感じていただきたいなーと思ってるんです。
えいと@夫妻は またアラスカに行ったら(また行くのか?←陰の声)このB&Bに宿泊しますよ〜♪


Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:18

>hiromeiさん。

そーなのー!
特にアメリカってあっさりしてることが多いからね〜。
こういう温かーいサービスには心がメロメロですよん。

イクラ、もったいないでしょー?
いくらなんでも(あ、シャレになってる〜…ってオヤジっぽい? 笑)
捨てなくてもいいんじゃないのぉ〜〜〜?…って思いますよ。
「犬の餌」はあんまりだー!(泣)

おいしかったー! イクラちゃん♪ 幸せでした〜♪

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:32

>naotoさん。

そうなんですよー。イクラは捨てちゃうんですってー。
だからタダでもらえたりするそうですよ。
でも「こんなもの食うのか?」って言われるらしいですけどね。(苦笑)

日本では確かに高いですよねー! 
でも、まだ手に入るんですもん! うらやましいですよー!
BUFではまず無理ですぅ〜。モノが売ってないー!(泣)

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:34

>かげさん。

かげさんはイクラ苦手なんですか〜。
じゃーお金かからなくていいですねっ!(笑)

カップヌードルのエビ…ですかー。うーん。。。
えいと@も捨てるかなぁ〜? ダシだと思って…。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:36

>konekoさん。

もったいないでしょー?
釣り場で釣った魚をさばく場合、アメリカ人は内蔵と一緒にイクラも捨てちゃうんだそうですよ。
もったいないー!
だから、アラスカに住んでる日本人が魚屋さんにもらいに行くんですってー。
イヤミ言われちゃうらしいけどね。(人間の食うもんじゃない…とか 怒!)

外国の日本食レストランって、日本人が経営してないことって多いじゃないですか?
なんちゃって日本食。おいしくないっすよねー。(苦笑)

このB&Bはマジでいいですよ! もしアラスカに行かれるjことがあったらおススメですっ!

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:39

>ひなさん。

ショックでしょー?
あんなおいしいイクラちゃんを捨てちゃうなんて〜〜〜!
もったいなさすぎー!(泣)

日本人はお魚の内蔵以外、すべてを残さずにいただくんです!
すばらしいことだと思います!

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:42

>reeさん。

ニモですかー! まぁ色的にはそうですよねー。
しかし…。ニモちゃんを食べてる〜とはあまり思いたくないですねー。(苦笑)

イクラ、アメリカ人のすべての人が捨ててるわけじゃないと思うけど、
食べない人の方が多いようですよ。
フロリダではどうでしょうね? 一度聞いてみられてもいいかも。

このB&Bの奥さまは本当に温かいお人柄で、ちょっとしたサービスがほんとうにありがたんですよー。
帰ってくるまでにビールを冷やしておいてくださったりね。
本当に自分のお母さんのように、いつも甘えちゃってます。(笑)

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:46

>つなみさん。

あはは〜! 今、気がついた?(笑)
おっとー、おっかー! お父、お母なんですね〜。
本当にお父さん、お母さんのようにおもてなしをしてくださるんですよー。

鮭、おいしいですよねー。
寄生虫なんて焼いちゃえば平気!(爆笑)
回転スシでも高いの? サーモン、イクラ!
でも娘ちゃん、サーモン7皿も。。。。。(汗)

イクラ、本当にうれしかったですよー。こーんな純和食、ぜったいにアメリカじゃー食べられませんよね〜。
Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:50

>やいこさん。

はじめまして! ご訪問とコメントをありがとうございますー!

お隣…っていうと…! 近くにお住まいなんでしょうか?
はじめたばかり…というと、ブログをお持ちですか?
URLを入れてくだされば遊びに行きますよ〜。

またコメントしてくださいね〜。お待ちしています♪

Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:53

>cheenamamaさん。

日本でもここまできめ細かいサービスをしてくださるペンションはあるかなーって思うくらい、居心地のいいB&Bなんです。
ちょっとした心遣いが本当にうれしいんですよね〜。
しっかりリピーターになっちゃいましたよ。

朝食に純和食。確かに日本でも少ないでしょうね〜。
最近はパン食が多くなってますもんね〜。
えいと@も日本ではパン食でしたよー。

過去記事、見てくださったんですね〜! ありがとうございますー。
サーモン! 感激でしたよ!
オスだったんでイクラはなかったんですが、白子をいただきましたし。
サーモンのお刺身のおいしかったこと! 夫に感謝です〜♪

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年11月13日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。