2008年10月11日

ゴミのポイ捨てについて考える Part2


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪



昨日ゴミについての記事を書きましたが、


寄せていただいたコメントを拝見して、またさらにいろいろ考えさせられました。(-_-)ウーム

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪
    ゴミを捨てないで! モラルを持って生きよう!


なので、今日もしつこくゴミのお話でございます。


もう少しおつき合いくださいませ〜。m(*- -*)m



昨日は川辺や海辺に何気なくポイ捨てしたゴミが動物の生命を奪っていること。


そして何気なくポイ捨てした煙草が土壌を汚染し、川や海を汚していることについて書きました。


河原や海辺に捨てられた釣り糸やゴミが、


野生の海鳥や動物にからまって命を落としていることや、


海のそばに捨てられたゴミ、船から捨てられたゴミが太平洋を海流にのって漂流し、


太平洋の小さな島で育っているアホウドリの赤ちゃんの餌となり その小さな命が奪われている



…という現実があることをお伝えしました。


そのゴミの多くは…日本からのもの。


本当に、えいと@夫妻はミッドウエーに流れついたゴミを見て愕然としましたよ。(||゚Д゚||)ガーン


ポカ○スエットのペットボトル、山○パンの袋、○○スーパーのレジ袋 etc…。


見覚えのある日本語の文字がはっきりと読み取れました。


あの時のショックは忘れられません。。。|||(-_-;)|||


地球は人間だけのものではない! 野生動物たちのものでもあるのだ!


人間の心ないポイ捨てが 環境を汚し、野生動物の命を(回り回って人間の命も!)脅かしているのである!



…ってことを忘れてはならないと思います。



さて。


昨日の記事でこんなコメント ↓ をいただきました。


小さい時に住んでいた地域は、町中ゴミだらけでした。それが常識だと思っていたので自分も平気でゴミを道に捨ててました。(By かげさん


周りの人間が平然とゴミを捨てるので それが当たり前、普通のことになってしまっているっていうことなんですね〜。


これって怖いことですよね。


ポイ捨てが当たり前な環境からそうでない場所に引っ越した場合、


当たり前ではないことに気がつかなかったり、誰にも教えてもらわなかったら…!


恐ろしいことになってしまいます。


ちなみにこのコメントを書いてくださったかげさんは、現在ではゴミだらけが当たり前の常識ではないことに気がつかれ、


きちんとゴミはゴミ箱に捨てる常識ある生活に改められております。(・∀・)v イエーイ



ところで、アメリカでもゴミを普通にポイ捨てしてる場所ってもんがあるんですね。


サーキット場のレース後がゴミの山!


…っていうコメントを昨日いただきました。(By おね太郎さん


以前、お友達ブロガーのM家さんもご自身のブログで書かれていましたが、


サッカーや野球などの観客席の足もとはゴミだらけ!なんだそうです。


どういうことかといいますと…。


アメリカ人はゲーム中にピーナツを食べるらしいんですが、


そのピーナツの殻ををぜーんぶ足もとにポイ捨てするらしいんですねー。( ̄□ ̄;)


みんながやってるから当たり前! 普通! 別に怒られることではない!わけです。


何でもゲームの後に掃除する人たちの雇用のため…とかいう理由らしいんですけどね。(゚-゚;)


しかしね。


その足もとにポイ捨てするのを子供たちは見ているわけなんですよ。 (・o・)b


その子供も大人のマネをして同じことをするようになるんですねー。


アメリカのサーキットや野球観戦では許されることなのかもしれませんが、


他の国では許されないことであったりしますよね?


例えば普段は足もとにゴミをポイ捨てするアメリカ人が 日本に行って野球観戦をした場合にはどうするでしょうね?


ついついいつものクセでポイ捨てをしてしまわないでしょうか? (・へ・;;)


アメリカの子供だから一生アメリカで生活をする…とは限りませんからね。


海外旅行だってするでしょうし。


現在、アメリカに住んでおられる日本人の方は自分の子供にどう説明していいか迷うそうです。(Θ_Θ;)


そりゃーそうですよね。


みーんなやってることなのになぜ自分たちだけダメなの?…って子供だったら不思議に思っちゃいますよ。



モラルって国によって違うなぁ〜…って外国に住んでみて感じることがよくあります。


このゴミに関してだけで見てもアメリカと日本では全然違うわけです。


最近はちょっとずつ進んでるとはいえ まだまだリサイクルに関しては遅れているアメリカ。


これはね〜、仕方がないんですよ。(-。ー;)


アメリカは日本に比べて国土が大きいですからねぇ。


捨てる場所がまだまだいーっぱいあるんですよ。


リサイクルするより埋め立てた方がはやいしコストがかからないわけです。('д')b


日本ではゴミを埋め立てる場所がなくなってきているからゴミを減らすことが緊急課題ですけど、


アメリカでは他にもっと課題がたくさんありますからね。


ゴミ問題は二の次です。


それにアメリカはリサイクルのシステムが整っていないということもあって 個人の意識が薄いんでしょう。


だけどアメリカも少しずつは変化して来ていますよ。


エコバックもちょっとずつ浸透して来てるようですしね〜。(*゚v゚*)b



あと、もうひとつ。


愛煙家としては、タバコのポイ捨ては許せません。特に車からポイ捨てするヤツ。死んだらエエねん!!
そういう一部の喫煙者がいるから、愛煙家の肩身がせまく。。。あっ、単なる愚痴になってしまいました^^;
(By まーさん


そうなんですよね〜。( ̄- ̄;)ンー


喫煙者はマナーが悪い!…ってたたかれることが多いようですが。


すべての喫煙者がポイ捨てや歩き煙草をしているわけではないのですよね。


一部のモラルの欠けた喫煙者のために愛煙家全体がそんな目で見られるってくやしいことだと思います。


一人悪い人間がいたら このカテゴリーの人間は全員同じだ!


…って思われがちですよね〜。(T-T)


煙草を吸う方は自分が愛煙家の代表として世間から見られてるんだ!


…っていう心構えで煙草を吸っていただきたいものであります。( ̄◇ ̄)b



長くなって申し訳ないけど、あとひとつ。


アルピニストの野口さんは、他の国の登山家に、こう言われたそうです。
「日本人はどこにでもごみを捨てる…このチョモランマ(エベレスト)にも、あの富士山にも。(落ちているごみに日本語が書かれたものが圧倒的に多かったようで)
どう思うんだ。(恥ずかしくないのか)」
その後、野口さんは清掃登山を始めたようです。
(By ショウノジさん


アルピニストの野口氏が雪山の清掃活動をされてるのは知っていましたが、


こういういきさつがあったことは知りませんでした。


野口氏は日本の登山家を代表して 山にゴミを捨てる現状を恥じたんですね。d(゚д゚)


もちろん日本の登山家がみんなゴミをポイ捨てしてるわけではないんでしょう。


しかし日本の文字が書かれたゴミが雪山に残っているわけです。(ーヘー;)


一部の登山家の行いはすべての登山家の責任と考え活動を始められたのだと思います。


すばらしいことですね!


アルピニスト、野口氏の活動をさらに支持したいと思いますっ! (≧∇≦)b




ゴミ問題でいろんな方向に話が波及しましたが…。


一人一人が自分の行動に責任を持つことが大切であると思っています。


地球を汚さない! 地球上の生命を守る! 人に迷惑をかけない!


我々 個人で出来ることって小さなことかもしれません。


でも! 


気がついた人が毎日の生活の中で注意を払っていけば、ちょっとずつ変わっていくんじゃないかなーって。


そんな風に思います。(*゚▽゚*)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 10:00| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよねぇ。。
お国柄の違いって難しい・・。
例えば今月は学校で遠足があるのですが
お弁当は「紙袋に入れて捨てられるように」
なんですよ。
日本では逆に「持ち帰りましょう」になってきているでしょ?まぁポイ捨てじゃないだけいいのかもしれませんが・・
あとスペインのBARなんかも足元に食べかすやゴミを捨ているそうで、このゴミが多いほど人気のあかしなんだそーで。。
でもBARってもスペインではカフェ、軽食屋で子どもも行くんですよねぇ・・。

アメリカは国土は広いけど近隣に住んでいる住民だっているんです。
今、核廃棄物がユタのネィティブアメリカンの自治区に作られようとしているのをご存知でしょうか?
ネィティブアメリカンとしては「生活の為」
でも1950年に行われたネバダの核実験で「風下の住人」にされたユタの人たちの反対・・。
いくら国土が広くても汚しっぱなしでは結局、自国の大きな問題になるのにね。
Posted by おね太郎 at 2008年10月11日 10:14
えいとさん、本当に素晴らしいですね。こういう発言を多くの人に広めようとしてるえいとさん・・・感動です。

私もアメリカ来て長いですが、アメリカって本当にごみの分別してくれてるのかな?ってちょっと気になります。みんな「政府がやってるから」って言ってます。だから 日本ほど分別が厳しくない。。。どうなんだろう???と思いつつ。。。

今度確認してみようかしら???どこか行政に連絡して???
Posted by 明日香 at 2008年10月11日 10:15
美しい山の景色に見とれながら歩いていたら、大木の根元にゴミ!
河原を見ていたら、これまたゴミ!!!
どこへ行っても必ず目にするゴミ、ゴミ、ゴミ・・・
ほんっと頭に来ます(`皿´)

ちょっとしたアウトドアブームで、雑誌などで盛んに河原でのバーベ
キューや初心者にもおすすめの登山を紹介していますが、このブーム
に乗せられて来る人達のモラルの低さとマナーの悪さが最悪です。
一体、親にどんな教育をされてきたんだ?
自然界に無い物質が自然に返る訳ないだろーーー!
と、毎回腹立たしい思いがします。

そして、私が今住んでいるアパートの敷地でも!
結構広めなので子供が遊び場にしている事も多いのですが、食べたお
菓子の袋をポイポイ捨てて回ってるの。
しかも女の子(小学3、4生くらい)。も〜ビックリ!
私は親に食べ歩きなんてみっともない事するな。と、言われてきたの
で、外でお菓子を食べながら遊んでいるだけでも信じられません。
親は知らないだけなのか、知ってて注意しないのか?
それも疑問です。
Posted by たまてん at 2008年10月11日 13:23
何処にいっても着たときよりも美しく!と言う想いで
自分達が捨てたものじゃなくても子供達に拾わせている我が家です
しかし、、
日本の物が沢山落ちている事にはがっかりですね

アメリカいきてからそんなにゴミのポイ捨てというのをみてなかったのですが
ちょっと恥ずかしいですよね(日本の物)
Posted by ちびか〜ちゃん’ at 2008年10月11日 13:30
ごみを持ち帰るなんて一番基本だと思うんですけどねぇ・・・
後は煙草も。おいらは煙草苦手ですから道で歩きながら座れるのもいやですねぇ。

きれいが一番ですよほんとに。
意識したら絶対変わるはずですからね。

それでは応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年10月11日 19:50
環境って大切ですよね。
大人の姿を子供も見ているので、真似をするでしょうしね。
ゴミを捨てるのは犯罪だと、認識しなければなりませんよね。
ゴミにしても、落書きにしても大人がマナーを守らなければいけません。
子供はしっかりと見ていますもんね!!
Posted by コメット at 2008年10月11日 22:45
そうなんですよねー。地球はみんなのゴミ箱じゃないんですよね!ゴミがあるのが当たり前って絶対おかしいですよね!!
そして、わざわざ僕のコメ、引用してくださり、ありがとうございます!!タバコ吸いのボヤキなのに^^;
Posted by まー at 2008年10月12日 00:03

おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>学校で遠足があるのですがお弁当は「紙袋に入れて捨てられるように」なんですよ。

あぁ、そうなんですか〜。
アメリカのゴミは「持ち帰る」ではなく「ちゃんと捨てましょう」なんですねぇ。
まぁ、ポイッとそのへんに捨てるよりかはずいぶんマシと言えばマシなんでしょうけどね〜。
結局、遠足先の場所で誰かがゴミ捨てを行わないとダメですけどねー。
あ、これも雇用を生む…っていう考えなのかなぁ〜。

>スペインのBARなんかも足元に食べかすやゴミを捨ているそうで、このゴミが多いほど人気のあかしなんだそーで。。

そうなんだー。
もうちょっと違う方法で人気の証を示したらいいのにね〜。
足もとが汚いお店っていやですよね。
お酒やお水が床にこぼれてたり、食べ物のカスが散らかってたり…。
そういうお店では食事をしたくないわぁ。
…って、これは日本人的な考えだからでしょうかねー。

ユタ州の核廃棄問題に関しては知ってますよ。
だけど、今回は「ポイ捨て」に関してをテーマにしてるんですよ〜。
テーマを絞らないと話がごちゃごちゃになりますからね。

どの国もたくさんの問題を抱えてると思います。
その問題を棚上げするわけではないんですけど、私たち一人一人がちょっと気をつけるだけで変わることてあるんじゃない?
…って言うのが、今回のテーマなんです。

国による考えからの違い、住んでる地域によっても、就いてる仕事によっても考え方は変わると思います。
仕方がない…って片付けてしまえない部分はあるとは思いますがね。

とにかく、アメリカも日本もポイ捨てが多い! これは事実ですよね。
こういう悪い習慣を次の世代に引き継がせたくはないなぁ〜って思います。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年10月12日 00:24

明日香さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

いや〜。
本当はね、昨日でゴミに関しては完結の予定だったんですよ。
でも、皆さまのコメントを読んでるとね〜。いろんな問題があるよなーって思ったんですよね〜。
で、今回にわたりしつこく記事にしちゃいましたー。

アメリカって州が違えば外国…ってよく言われますけど、
ゴミに関しても州によってまったく違うんですよね〜。

ある州ではきちんと分別されてリサイクルも進んでるのに、
他の州では何もかも一緒くたに捨てるし埋め立てる…っていうことがあるようですし。
また、せっかく個人が分別しても一緒に回収しちゃって、また職員が分別し直してる…なんてめんどくさいことをやってる州もあるようですしね。。。

ゴミに関してきちんと出来ている州は個人のゴミに対する考えもきちんとしてることが多いし、ポイ捨ても少ない気がしますね〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年10月12日 00:46

たまてんさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

そうなんですよねー。
観光地って人の目に留まるところはきれいなのに、ちょっと裏側に行くともうゴミの山…。
あとはゴミ箱を設置されてるものの、そのゴミ箱にはあふれかえるゴミ。
許容量をとうに越してるのに、それでも上から捨てられてゴミ箱がひっくり返ってたり…。
ゴミを持ち帰りましょう…っていうのは守られてないってことなんでしょうか?
悲しくなりますね。

ここまでひどくなると、もう市の職員だけでは清掃が追いつかないでしょうね。
国立公園をすべて有料にして管理せざるを得ないと思います。

アラスカの国立公園は入場料が必要で、職員やレンジャーを置いて管理をしています。
だからゴミに関してはかなり厳しいですね。
野生動物を守るためにも、自然を保つためにもゴミはぜったいに捨てない! 捨てさせない!
日本もこういう風にしないともう無理なのかもしれませんね〜。

近所の子供のゴミのポイ捨て…。これは親の教育でしょうかね。
子供って普段、家でやってないことは外でもしませんからね。親も捨ててるんでしょう。
町はゴミ箱じゃないのにね。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年10月12日 00:58

ちびかーちゃん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

来た時より美しく! 本当にその通りですね。
それをアメリカでしっかり教育されてるんですね! すばらしいです!

アリゾナ州はゴミに関しては進んでいるんでしょうか? 
ゴミに関して遅れている州で、日本人が子供を育てる時はどう教育していいかわからなくなることってあるんじゃないかなーって思います。
小さいうちは親がしっかり教育できますけど、学校に上がるようになると友達の影響を受けるでしょうしね…。
ゴミに関して無法状態の州で、いくら「そのへんに捨てちゃダメよ!」って教えても、
「友達はみんなしてることなのにー。何で自分だけダメなの?」ってことになってしまうかもしれませんもんね。
生活環境って本当に大事だと思いますねー。

日本のゴミが外国の島に漂着する問題ですが…。
本当に悲しいことですし、恥ずかしいことですよね。
海辺に捨てられたゴミ、船からポイ捨てされたゴミが遥かかなたの太平洋にまで流れてくるんですからね。

でも、日本だけじゃないんですよ。他の国のゴミだってもちろんあります。アメリカのゴミもね。。。
一人一人が環境のことを考えてゴミのポイ捨てをしなければこういうことは起こらないんですよね。
モラルに任せるだけではどうにも出来なくなって来てるのかもしれません。

 えいと@




Posted by えいと@ at 2008年10月12日 01:08

naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

ゴミは持ち帰る。そのへんにポイ捨てしない。
これが徹底出来たら観光地や町はきれいになるのにね。。。
できていない現状があるんですよねー。

歩き煙草! えいと@も嫌いです。
風向きによっては顔にモロに煙がかかっちゃうんですよねー。
えいと@は呼吸器官がちょっと弱いんで、煙草の煙がかかるとゲホゲホ咳き込んでしまいます。
煙草を持った手をブンブン振りながら歩く人もいるし…。
怖いですよ、あれ。小さい子に当たったらどうすんのー!…って思いますよね。
すべての喫煙者ではないんでしょうけど、そういう回りが見えない喫煙者は実際にいるんですよね。

モラルの問題なんでしょうけどね〜。
ゴミにしても喫煙にしても、罰則がないとダメなんでしょうかねぇ〜。(ため息)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年10月12日 01:14

コメットさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

そうですよね。子供はしっかり見てるんですよね。

子供の心ってキャンバスだって言われてますよね。
真っ白なキャンバス。
それをどう描くかはまわりの大人の影響をたくさん受けるんですよね。

子供が教えられもしないのにゴミをポイ捨てしたりしませんよね。落書きもそうです。
身近な大人がやってるんですよね。それを見て「これはやっても怒られないんだー」って子供は学習していくわけですよ。

やはり大人に責任ですよね〜。
自分の家にゴミをポイ捨てしたりつばやタンを吐く人はいませんよね?
日本全体を自分の家…って考えられないのかな?
町は自分ちの庭。
自分の家の中や庭にゴミをポイポイ捨てませんよねぇ?
海に捨てられたゴミがご近所さんの庭(外国)を汚したら近所付き合いがこじれてしまうから、よそにも迷惑がかからないように…って。
こんな風に考えられないのかなぁーって思います。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年10月12日 01:23

まーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

一人一人が気をつけてたらゴミなんて減ると思っています。
一人一人が気をつけていないんですよね。
「だれかが片付けるだろう」「このくらいいいんじゃないの?」っていう甘えた気持ちがあるんだと思います。

煙草の件、まーさんの叫びが心に響きましたよー。
一部の心ない喫煙者のために愛煙家みんながイヤな目で見られちゃう…。
これってくやしいことですよね。わかりますー。

愛煙家は煙草を吸う時には「みんなに見られてるんだ」って意識を持って欲しいなぁ〜って思っています。
一人一人がそういう意識を持ってくだされば、喫煙者と嫌煙者の間でこんなにもわだかまりが出来ないんじゃないかなーって。
そんな風に感じます。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年10月12日 01:29
はじめまして。
色んな方のコメント欄でえいと@さんのお名前を拝見しておりました。
ずっと気になっておりまして、今日お邪魔させてもらいました。

日本でも日本海側に韓国からのゴミが漂流して,毎年ボランティアの方達がお掃除している様です。もう〜なんて、人ごとの様に思ってましたが日本のゴミも巻き散らかされていたのですね。知りませんでした。知らなかったからでは済まないですね。無知で有る事は恥ずかしい事です。今日は1つ勉強になりました.

私の住む町でもゴミ出しがより細分化されています。おまけで狭い台所にゴミ箱3つです。学校でも子供達はゴミとリサイクルの勉強をしているらしくて、娘にズルがばれるといけないので、ゴミの分別化に励んでおります。

またお邪魔しに来ますね!ここ、京都は今日は素晴らしくいいお天気です。えいと@さんの住むニューヨークのお天気はどうかな?良い一日を!
Posted by cheenamama at 2008年10月12日 08:22

cheenamamaさん、はじめまして!

えいと@のブログへのご訪問とコメントをありがとうございます〜。

>日本でも日本海側に韓国からのゴミが漂流して,毎年ボランティアの方達がお掃除している様です。

そうなんですねー。毎年うんざりする光景ですよね。
海岸沿いに住んでおられる方やボランティアの方の活動には本当に頭が下がります。

しかし。
それと同じことが太平洋で起こり、その多くが日本のゴミなんです。
どの国のマナーがどう、どの国のゴミが多いからなってない!…ではなく、
どの国も同じことをししているんだ…ってことなんですね。
韓国やその他のアジアの国々、そして日本もアメリカも同じなんです。

一人一人がちょっと気をつければこういったゴミはかなり減るはずなんですよね。
だってきちんと捨てられたゴミが勝手にゴミ箱から出て海に行くわけはないんですから。
海辺や道ばたにポイって捨てられたゴミが風に吹かれて海に落ち漂流していくんですからね〜。(ため息)

日本はリサイクルがかなり進んでいますし、意識もずいぶん高まって来ています。いいことだと思います。
気になるのは若い方々(ティーン)の「ちゃんとすることはかっこう悪い」って思ってること。
ちゃんとしないことの方がかっこう悪いことなんだって理解出来るようになってもらいたいな…って思います。

NYといっても、えいと@はBUFの片田舎に住んでおります。(笑)
もうそろそろ冬に向かっておりますよー。
cheenamamaさんのブログにも遊びにいかせていただきますね〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年10月13日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。