2008年08月16日

クルーズの選び方講座


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



前回までアラスカクルーズ セレブレティについてお送りいたしました。(^-^)

 アラスカクルーズに関しての今までの記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    セレブレティクルーズ【SUMMIT】
    【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(ルームサービス編)
    【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(レストラン編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(前菜編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(メイン編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(デザート編)
    熟年になっても…I Love You…♪
    氷とお料理の芸術品! 【Le Grand Buffet Magnifique】
    船上のカジノ The CASINO of Celebrity Cruises
    JAZZの歌声とおいしいカクテル〜船上のJAZZ BAR
    すっごい迫力! 船上の絵画オークション
    間近で鑑賞! 船上のミュージカル
    うっとり〜聞き惚れる! 船上のピアニスト! ANTONIO SALCI
    安全な航海のために〜クルーズの避難訓練
    クルーズのデッキでリラックス〜



ここまで長々とアラスカクルーズについてお伝えして来たのは、


今後クルーズで船旅をしようとお考えの方の参考になればうれしいことですし、


今はクルーズに行く予定がない方でも いつかクルーズでの船旅をされるときに参考にしていただければいいかな…って思うからなんですねー。


そして、クルーズには全く興味を持っていなかった方が、少しでも興味を持っていただけたらいいなーって思っています。(*゚v゚*)



さて。


今回はクルーズの選び方講座と題してお送りします。


クルーズってひとことで言いますけど、その数、その種類はものすごーっく多いんですね。


そんな数多くのクルーズの中からどうやって決めたらいいか迷いますよね?


どうやって決めましょうかね? (-_-)ウーム


*友人や家族の方が行ったことがあって、良かったって聞いたから選んだ。


これ ↑ はいいですよね。


実際に行かれた方の意見や感想を直接聞けるわけですから。


確かな情報であると思います。


ただね〜。


友人や家族が良かったからといって自分にとって◎とは限らないんですねぇ。


だって趣味や志向がまるで同じってわけではないでしょうから。


行った方の意見を参考にしながら 自分はいったいどういったクルーズをしたいのかで決めた方がいいと思います。


まず行き先ですよね。


こちらのHPにクルーズのエリアが載っています。


エリアだけでもこ〜んなにたくさん ↑あるんですねぇ〜。


クルーズだけの旅にする場合はツアーが出ていることが多いので、それに参加するのもひとつの方法ですね。


ツアー以外は 基本的に現地集合、現地解散ですから、


アクセスのことも考えて選んだ方がいいと思います。


あとエリアによって値段が大きく変わるので、それも考えて選んだ方がいいですね。


例えば、はっきり言ってアラスカクルーズの値段設定は高いです。


これはなぜかというと寄港地のポートフィが高いからです。


環境を守る費用ってとこでしょうか?


誰でも気軽に行けない、秘境である…ってあたりが、またそそられるんですけどね〜。


反対にカリブ海クルーズは 比較的安いんですね。


これはポートフィが安いこと、クルーズ会社の競争が激しいこと、


そしてカリブ海は人気が高いので薄利多売が可能であること…などの理由があるんですね。



次に、どの方面に行くか決定したらクルーズ船を選択します。


同じ方面でもいろんな会社から出てますから、


寄港地はどこか? 船の雰囲気は? 価格設定は?


このへん ↑ を十分に調べることをお勧めします。


まず寄港地! これは大事ですよね。


寄港地で下船して観光したりエクスカージョンをするのも旅の楽しみですからね。


そして船の雰囲気! これも大事ですよ〜。


落ち着いた雰囲気で ゆっくりとクルーズを楽しみたいのか、


にぎやかに楽しく過ごすクルーズがいいのか
で選ぶ船は変わって来ますよね。


船によってエンターテーメントはまったく異なって来ますし、


ご自分がどんな風に楽しみたいのかでクルーズ会社を選ぶのがいいと思います。


最後に価格設定! これは非常に重要です。


はっきり言いますがあまりにも安いクルーズはおススメしません!


クルーズの価格設定というものは船のグレード、設備、食事内容、客室で決まるんです。


全体に安い価格のクルーズ船は設備がイマイチ、または 古い場合が多いですね。


クルーズ船のグレード、サービスによっても価格は大きく変わります。


そして食事内容も重要です。


ほとんどのクルーズは全食事が価格に含まれています。


その食事内容が価格に影響されるようなんですね。


クルーズによっては食事がイマイチだった…っていう声も聞かれますし。


価格に含まれてる食事以外に有料で食事が出来るレストランもありますが、


価格設定の低いクルーズは有料のレストランの値段が高いっていうこともあるようです。


おいしい食事を堪能するということもクルージングの大きな楽しみですから。


食事があまりにも残念な内容だと…。


せっかくの旅行も楽しみが半減しちゃいますからね〜。


食事の内容は重要でございますよー。



そして!


一番価格に大きく差が出るのは客室です。


ペントハウススィートやロイヤルスィートなんていう部屋は目が飛び出るような値段です。


ずーーーっと専用のコンシェルジェが控えてるセレブ御用達のお部屋なんですねー。


船とは思えないようなゆったりとした部屋で、最高のサービスを受けることができるんですよー。


セレブな方はぜひ! スィートRoomでおくつろぎくださいね〜。


我々庶民にはスィートはちょっと贅沢でございます。


では、どの部屋がいいか。


安さで選ぶならInside Roomです。


このInside Roomっていうのは廊下の内側の窓のないお部屋なんですね。


1〜2泊の短期間のクルーズならいいですが、


長期間のクルーズになると窓なしの部屋はちょっとキツいかもしれません。


ま、部屋は寝るだけ!…と割り切っておられる方にはいいかもしれませんね。


次に安いのは窓がついてるOcean Viewのお部屋です。


この辺りのクラスのお部屋はリーズナブルでいいでしょう。


で、えいと@夫妻が利用したバルコニー付きOcean Viewのお部屋ですが、これは良かったです!


お部屋はかなりゆったりしますし、バルコニーに出て外を眺められる…って。最高です!


朝起きてすぐにバルコニーに出て海から吹く風を感じる!


これはかな〜り得点が高いですよー!


予算と相談しながら、どのエリアにするか、どのクルーズ会社の船にするか、どの部屋にするかを決定してくださいね〜。




ここで ちょこっとアドバイス。


クルーズでの食事は基本的に相席です。


この相席っていうのは、同等のクラスの部屋の 他の乗客と同じテーブルで食事をする…ってことなんですね。


ほら、映画のタイタニックの食事風景を思い出してくださいな。


大きなテーブルで会話をしながら食事をしていたでしょう?


クルーズでのディナーは社交の場なんです。


もし、どうしても他の部屋の人といっしょのテーブルがイヤな場合は、前もってリクエストしておきましょう。



あとね〜、クルーズっていったら日本より外国の方がメジャーですけど、


日本のクルーズには外国のクルーズにはないすばらしい設備があるんですよー!


まずね! 大浴場!


これは日本以外のクルーズにはありません!


部屋についてるシャワーは狭いですからね〜。


日本人はやっぱお風呂!ですよねー!


船に乗りながらゆったりとお湯に浸かる!


これって最高ですよね〜。


そしてコインランドリー!


外国のクルーズ船にコインランドリーはありません。


洗濯物は全てクリーニングに出すんですよ〜。


洋服はともかく下着を他人に洗ってもらう…ってめちゃくちゃ抵抗がありません?


えいと@夫妻は結局、クリーニングに下着などよー出せませんでしたね〜。


クルーズが終了し、下船した後にアンカレジでコインランドリーを探して洗いましたよ。

 参考記事はこちら ↓ を見て下さいね〜♪
    セレブレティクルーズ【SUMMIT】
    レンタカーで寄り道しながらポーテージ渓谷へ


大浴場やコインランドリーの設備が船にあるなんて…。


日本のクルーズ船は、日本人の気質をよく理解してるなーって思いましたね。



あとはね〜。


ほとんどのクルーズ船はモノクラスといって、


どのクラスの部屋に宿泊しても船内設備の利用に制限はないんですね。


アメリカや日本のクルーズはモノクラスタイプです。


しかし、欧州の一部のクルーズは部屋のクラスによってレストランや使用出来る設備が異なることがあるようです。


下のクラスの部屋の乗客が使える設備は、上のクラスの部屋の乗客が使える設備とはまったく別!…ということですねー。


階級社会っぽい雰囲気を感じたい方にはいいかもしれませんね。



クルーズの選び方講座(大げさ?)(〃'∇'〃)ゝ は以上でございます。


参考になさってくださいまし〜。(*゚▽゚*)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



この記事へのコメント
いいな〜〜大人のクルーズ。
子どもの手が離れたら行きたいっ!

クルーズの料金と食事は比例するっていいますもんね。

クルーズとは比べ物になりませんが
フェリーで自分の車を持ち込んで北海道に行く
って結構ポピュラーなんですが
日本海側のフェリーは食べ物は「・・・」なんだそうです。それでもカップヌードルの自販機があるからいいですよねー。
アメリカクルーズで食事が悲惨だったら・・悲しいですものね。
Posted by おね太郎 at 2008年08月16日 10:37
なるほど・・・ものすごい勉強になりました!!!

確かに食事はおいしくなくっちゃ困りますよね!!
だって街を散策して選ぶ〜なんてこと
出来ないんですもんね!!!
限られた選択肢の中からチョイスしないと
いけないとなると、選択肢の全ては最低レベルを
超えていて欲しい!!!!

それにお部屋!絶対窓がないと息苦しいですねぇ。
えいとさんが泊まられたバルコニー付きって
すごく優雅ぁ〜♪♪♪すごくリラックスできそうですね!

あぁ〜船乗りたくなってきました・・・・♪♪♪
Posted by さとこ at 2008年08月16日 11:34
クルーズ選び方講座すごい勉強になりましたよ。
行くと決めたらケチっちゃだめですよね。

部屋選びも窓がないとおいらは苦しいかなぁ。
せっかくなら海を見て過ごしたいし。

それにしても優雅でいいですねクルーズ。行きたい!!

それでは応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年08月16日 14:20
バルコニー付きOcean View・・・
充分セレブじゃあないですか〜
本当に素敵なクルーズ、うらやましいですよー!

ウォーキングの専用通路があるのは
ビックリですねー。
確かに、、絶対1、2キロは太っちゃいそうだな・・^^;
ポチっと!
Posted by hiromei at 2008年08月16日 16:27

おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>いいな〜〜大人のクルーズ。
>子どもの手が離れたら行きたいっ!

ぜひ! いつか行って下さいまし〜。

>クルーズの料金と食事は比例するっていいますもんね。
>アメリカクルーズで食事が悲惨だったら・・悲しいですものね。

そうですねー。食事は大事ですよ〜。
セレブレティはわざわざ有料の食事にしなくても十分ごちそうで満足でしたよ〜。
有料のレストランはさらに良かったらしいですけどね。(同じテーブルのご夫婦が行かれてました)

>クルーズとは比べ物になりませんが
>フェリーで自分の車を持ち込んで北海道に行くって結構ポピュラーなんですが
>日本海側のフェリーは食べ物は「・・・」なんだそうです。それでもカップヌードルの自販機があるからいいですよねー。

あ! このフェリー! 乗りましたよ! 車は持ち込んでないですけど。
学生時代に敦賀から小樽まで、フェリーで往復しました。
食事は確かにひどかったですね〜!(苦笑)
毎回、お金を払う学食のような形式だったんですけど、高い割にイマイチだった記憶があります。
今はどうなんでしょうね? まともになってるのかな〜?

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月17日 03:06

さとこさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>なるほど・・・ものすごい勉強になりました!!!

参考になりましたか? うれしいですー。

>確かに食事はおいしくなくっちゃ困りますよね!!
>だって街を散策して選ぶ〜なんてこと出来ないんですもんね!!!
>限られた選択肢の中からチョイスしないといけないとなると、選択肢の全ては最低レベルを超えていて欲しい!!!!

そうなんですよねー。
基本は、朝食はレストランでミニコース、またはビュッフェ式、
昼食はビュッフェ式、夕食はレストランでフルコースディナーでした。

料金内で食べられるレストランは決まってますからね。
それがしょぼかったら有料のレストランに行こうか〜ってことになりますから、結局高くかかっちゃうんですよね〜。

>それにお部屋!絶対窓がないと息苦しいですねぇ。

そうですね〜。人それぞれでしょうけどね〜。
えいと@夫妻は窓がないとイヤでしたね。
オーシャンビューは窓はあるけど、窓の開閉が出来ない船もあるようです。

>えいとさんが泊まられたバルコニー付きって
>すごく優雅ぁ〜♪♪♪すごくリラックスできそうですね!

スィートほど豪華じゃなくても バルコニーがあるだけでだいぶ雰囲気はよくなりますよ〜。
開放感が違います。
バルコニーは大きな全面の窓だし、開けて部屋に風を入れることも出来ますしね〜。気持ちよかったです。

>あぁ〜船乗りたくなってきました・・・・♪♪♪

いつか乗って下さいね〜。船旅っていいですよ〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月17日 03:19

naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>クルーズ選び方講座すごい勉強になりましたよ。

参考になりました? うれしいです〜。

>行くと決めたらケチっちゃだめですよね。

節約旅行も楽しいですけどね。
クルーズはあまり節約を考えない方が楽しめるかなぁ〜って思いますね。

>部屋選びも窓がないとおいらは苦しいかなぁ。
>せっかくなら海を見て過ごしたいし。

そうですね〜。
クルーズで節約するとなったら部屋のランクですけど、Inside Roomは船底であることが多いんですよね〜。
船底で窓なし…。ちょっときついかも〜ですよね。

部屋から海が見えるっていいですよー。
Ocean Viewでも海は見えますけど、窓が開かないタイプもあるようなので、海の風を受けたい場合はバルコニー付きですね。
スィートほど豪華ではないですけど 十分ゆったりと過ごせましたよ。

>それにしても優雅でいいですねクルーズ。行きたい!!

ぜひ! いつか行って下さいね〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月17日 03:27

hiromeiさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>バルコニー付きOcean View・・・
>充分セレブじゃあないですか〜
>本当に素敵なクルーズ、うらやましいですよー!

えいと@夫妻は 今までけっこう貧乏旅行をしてたことが多かったんですよね〜。
去年のクルーズがはじめてですよ〜。
ちょっと贅沢しちゃいましたー。

>ウォーキングの専用通路があるのはビックリですねー。

ウォーキングエリアに、ジムもありましたよ!
やっぱ運動不足になっちゃいますもんね〜。

>確かに、、絶対1、2キロは太っちゃいそうだな・・^^;

いや〜。1.2キロじゃーすみません。。。(汗)
だって船ではお腹が減るヒマがないんですもん。
寄港地ではエクスカーションに出かけて、けっこう動くんだけど、
船の中では何かしら、食べたり飲んだりしてましたもんね〜。
実際、3キロほどおデブになりましたわよ。おほほ。(苦笑)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月17日 03:32
クルーズって一度も行ったことないんですが、旦那がいつかきっと行きたい!!って言ってるんで、とっても勉強になりました。

美味しいものを食べてノンビリ・・・・いいですよねぇ。ムスメがいつか独り立ちしたら行こうと思います、旦那とふたりっきりで・・・♪>そんな先かい?!
Posted by 明日香 at 2008年08月17日 09:40

明日香さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>クルーズって一度も行ったことないんですが、旦那がいつかきっと行きたい!!って言ってるんで、とっても勉強になりました。
>美味しいものを食べてノンビリ・・・・いいですよねぇ。

旦那さま、ご興味がおありなんですね〜。
良かったですよー。
えいと@夫妻はゆっくり〜とくつろげるクルーズを選んだんですね。
ホントにのんびりできました。
食事はめっちゃおいしかったし♪ 楽しかったです〜。

>ムスメがいつか独り立ちしたら行こうと思います、旦那とふたりっきりで・・・♪>そんな先かい?!

子供さん連れでも楽しめるクルーズはあると思いますが、
手が離れてからご夫婦二人で…っていうのもいいですよね。
そういう方が多かったですよ。
アメリカは仕事をされている方でも長期の休みが可能なので、リタイアしてなくてもクルーズが出来ますもんね。

じっくり計画を温めて、ぜひ! クルーズを楽しんで下さいね〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月17日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。