2008年08月04日

使えないシロモノ! アメリカ郊外のバス


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



ウェスタンニューヨークのバッファローで生活するために欠かせないもの。


何度も何度も しつこいようですが、(=^‥^A


車! 自家用車なのでありますっ!( ̄  ̄)b


ホントにね〜、想像出来ないかもしれないけど、


マジで車がないと日常生活は非常に困難なんですねー。(゚-゚;)


日本だと電車や地下鉄があるし、田舎であってもバスがありますよね。


少し離れた都道府県に行くのでもJRなどの長距離電車がありますしねぇ。


これって本当に便利なことだと思いますよー。(⌒ー⌒)b


もちろん、アメリカ全体が公共交通機関がないわけではないんです。


NYシティやロサンゼルス、シカゴ、ボストンなどの大都市では、


地下鉄や電車、バスがけっこう充実してるので、


住む場所を選べば必ずしも車は必要ではないんですね。(^-^)


しかし。


アメリカって広いですからね〜。


アメリカの大部分は田舎!なのですよー。d(^o^;)


えいと@夫妻が住むバッファロー郊外は マジで田舎であります。


場所によってはバッファロー郊外でもバスが走っていますが、


本数はめちゃくちゃ少ないので利用する人は少ないんですねー。


えいと@のアパートの近くまで来るバスはまったくありません。|||(-_-;)||||



ところで先日 大学の後輩の一人、I君がバッファロー郊外に引っ越して来たんですね。


I君は車を持っていません。


今まで彼は大学の近くに住んでいたんです。


今までのアパートは大学のバスが通るルートにあったんで、絶対的には車は必要ではなかったんですね。


今回I君が引っ越した場所は車なしでは厳しいアパートです。


でも大通りまで行けば(約2〜3キロくらい)少ない本数ではあるけれどバスが走ってるんですねー!


で、新しく引っ越したバッファロー郊外のアパートから大学まで一度行ってみよう! ( ̄0 ̄)/ オッシ!


…って思ったらしいんです。


I君は今回の引っ越しで自転車を買ったんですね。


で、大通りまで自転車で出てそこからバスに乗ろうと試みたらしいんです。


州によって違うかもしれませんが、


アメリカのバスは、台数に制限はあるけど自転車をバスに乗せることが出来るんですねぇ。(・◇・)b


で、バス停でバスが来るのを待つI君。


しかし…。バスはいつまでたっても来る様子がなかったらしく、


仕方がないので行けるところまで自転車で行って、とちゅうからバスに乗ろうとしたらしいんですね。


バッファロー郊外のバス停ってバス停からバス停の距離がやたらと長いようで、


ヘトヘトになってしまったようです。(;´д`)ノ


で、やっとバス停を見つけて座って待っていたところ、


無情にもバスが目の前を通り過ぎていったらしいんですねぇ。


バス停に人がいるのに止まってくれないんですかー! Σ(゚д゚;)


I君、かなーりショックだったようです。((((_ _|||))))ドヨーン


バスの運転手さんにはI君がバスを待ってるようには見えなかったのでしょうか?


それともバス停であっても「バスに乗せて〜!」ってアピールが必要なのでしょうか?


とにかく、ヘトヘトになったI君を置き去りにしてバスは行ってしまいました。(T_T)


次のバスが来るまでかなりの時間を待たなくてはなりません。


仕方がないので大学まで自転車で行くことにしたらしいんですね〜。


I君が引っ越したバッファロー郊外から大学までは20マイルはあるんですね。


20マイルっていったら32キロメートル!なんですよー!w(゚ロ゚;)w


その32キロの距離を自転車で行く!


…ってものすごいと思いません? (; ̄□ ̄A アセ


ま、I君はまだ若いし体育会系のたくましい系の体つきなんで、頑張ったんですねー。


平坦な道とはいえ32キロを走るのはけっこう大変だったようです。


帰りは絶対にバスに乗って帰ろう!と思ったらしいんですが、


最終バスであったにもかかわらずバスに乗れなかったらしいんですね〜。(・Θ・;)


何と! 運転手が「自転車はダメ!」って乗せてくれなかったんだそうです。


これってひどくないですか〜〜〜? <(T◇T)>


だって最終バスですよ?


最終バスに乗れなかったら家に帰れないわけです。(=ω=。)


もしかして自転車の先着があって自転車の余裕スペースがなかったのか?


それともそのバスは自転車を乗せられないバスであったのか?


単に運転手が意地悪だったのか?


真相はわからないんですけどね〜。(-_-;*)


仕方がないのでI君は大学の図書館で一夜を過ごしたそうです〜。


あぁー! かわいそうなI君。(;へ:)



こんな感じでバッファロー郊外のバスはとても使えないシロモノなんですよね〜。( ̄_ ̄|||)


バス停もどこにあるのかイマイチよくわからないし。


やはり郊外に住むには車は必需品でありますぅ。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 09:25| Comment(22) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(愚痴編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにアメリカでは大都会を除いて
車は必須ですもんねー。
日本では運転したことのない奥様も
がんばって運転されてますし・・。
友達に高校生のお子さんがいる方がね
まだ運転免許を取れる年齢じゃないので
高校生でも習い事や、ドラックストアの買い物一つ
親がすべて運転、送迎です。
日本ならそれこそ自転車や公共交通機関で済む事が
すまないんですよねぇ(o´д`o)=3
だからアルコールは21歳だけど
運転免許は早く取れるのかな〜とか
思います。
あ〜ガソリン代が痛い・・。
しかもスクールバスも今まで家の前だったのに
今年度からかなり集められるらしく
友達は車を出さないとバス亭まで行けないんですって!
嫌になります・・。
Posted by おね太郎 at 2008年08月04日 10:13
ちなみに、NZは始発場所以外
通常手を上げたり
そのバスに乗りたいって
全身でアピールしないと
バス停で待ってるだけじゃ
バスは止まらないっすよ。
但し、誰かがたまたまそこで降りる場合は別。

自転車は、混んでたんじゃないなら
運転手さんが意地悪に1000点。

しかしながら、自転車乗せられるバスって
さすがバスもアメリカンサイズってこと?

応援P!
Posted by どれみ at 2008年08月04日 12:47
何から何までスケールが大きいですね〜(笑)
いくら日本の田舎でも、そこまででは無いですもんね。
自転車での32kの道のり。
考えただけで筋肉痛が....。

Posted by コメット at 2008年08月04日 12:47
こんにちは!
32キロ自転車は凄過ぎます〜〜
毎日そんな距離を車で走ってもガソリンが・・・
Eは自宅から会社まで3キロなのでとってもエコです
それの5往復を自転車なんて〜〜筋肉痛お大事に♪
Posted by at 2008年08月04日 15:55
ほ〜〜〜〜32キロ、自転車登校ですか!
さすがにそれはめげますね。泊まりたくなる気持ちも分かります。

この辺はメトロもバスもあるので、必須ということもないし車がなくても充分過ごしていらっしゃる方も多いですが・・・私は、車がないと辛いなぁ(笑)あるとないとでは行動範囲も違うし。怠け者なので、どこでも車です(爆)

この彼も・・・クルマ買っちゃうのかな?
Posted by borarn at 2008年08月04日 22:13
笑えない本当の話ですよね。
うちの娘は大学院のときはキャンパス近くに住んでいて大丈夫でした(キャンパスが広くて、キャンパス内でバス利用)でしたが。
今は彼が車のアッシー君で・・・(笑)
どうなるやら〜
応援ポチ☆
Posted by Sky(更年期主婦) at 2008年08月04日 23:03
おっ・・・お気の毒です、Iさん!!
公共のバスに乗る人ってあまり多くないから見逃しちゃったのかなあ?ひどすぎます。
うちのオットも公共バスに乗って、車を買いに行ったそうですよ。本当に大変なことよね。
Iさんも32キロ自転車って!!図書館で泊まり?ごはんはどうしたのー?
今日、車は手に入ったのでしょうか?ああ、質問攻め。
車が必要な国なんだから、もっと簡単に帰る様にしてくれーと言いたいですね。Iさん、ガンバレー。
Posted by つなみ at 2008年08月04日 23:48
うわー、それはツイてないっすね><
最終バスなのにのせてもらえないなんて。。。
バスの運転手が意地悪だった、に2000点!!
Posted by まー at 2008年08月05日 00:12
国土が広いとそうなってしまうんですかね?
日本は田舎でも交通機関はしっかりしてますけどアメリカはそうはいかないのかなぁ。

32キロ毎日こぐわけにいかないですよね。車必需品です。

それでは応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年08月05日 02:22

おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>確かにアメリカでは大都会を除いて車は必須ですもんねー。

そうなんですよねー。
日本に住んでいると、どうしてアメリカがここまで車社会なのかってピンとこないかなー…と思って今回の記事を書きました。

>友達に高校生のお子さんがいる方がねまだ運転免許を取れる年齢じゃないので
>高校生でも習い事や、ドラックストアの買い物一つ親がすべて運転、送迎です。

そうそう! これ、えいと@も聞きましたよ!
運転免許が取れる年齢までは、学校の送り迎えを毎日してる方もおられましたしね〜。(スクールバスがない地域もあるんでしょうか?)

>日本ならそれこそ自転車や公共交通機関で済む事がすまないんですよねぇ(o´д`o)=3

そうそう!
えいと@も夫が車を使っちゃうと、帰ってくるまで買い物にも行けませんよー。
えいと@んちから一番近いスーパーでも6キロはありますもん。

>だからアルコールは21歳だけど運転免許は早く取れるのかな〜とか思います。

そうですねー。
はじめは「えー! 16歳で運転免許が取れるのー?」って驚いたけど、
アメリカでは親の負担を軽くするためにも、はやい年齢で免許が必要なんですねー。

>あ〜ガソリン代が痛い・・。
>しかもスクールバスも今まで家の前だったのに今年度からかなり集められるらしく
>友達は車を出さないとバス亭まで行けないんですって!嫌になります・・。

ガソリン、痛いですよね〜。
車が必需品なだけに、4ドル越えはきついですー。
スクールバス停まで車で送迎? そんなんだったら学校まで車で送って行った方がいいような気もしますねぇ〜。
スクールバスも有料(ですよね?)だし、時間の制約もありますもんねー。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月05日 02:44
私は過去に中部の州で車なし生活を2年したことあるんですよー!(笑)
仕事場まで家から職場まで2時間以上かかってたんですが、車買ったら20分で行けることが分かりました(爆)。
ほんと車ってスゴイなーってその時しみじみ思いましたっけ・・(笑)。。。
Posted by 明日香 at 2008年08月05日 04:33

どれみさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>ちなみに、NZは始発場所以外通常手を上げたりそのバスに乗りたいって全身でアピールしないとバス停で待ってるだけじゃバスは止まらないっすよ。
>但し、誰かがたまたまそこで降りる場合は別。

えぇえーーーっ! やっぱりそうなんですかー!
うーん。
アメリカも同じなのかなぁ〜。
バス停に「運転手に乗りたいことを全身でアピール必要」って書いておいて欲しいっすねぇ〜。(笑)

>自転車は、混んでたんじゃないなら運転手さんが意地悪に1000点。

きゃははー! 1000点ですかー!(爆笑)
うーん、やっぱ意地悪なのかなぁ〜?
それだったとしたらひどい意地悪ですよね?
だって最終便なのにー!

>しかしながら、自転車乗せられるバスってさすがバスもアメリカンサイズってこと?

そうですねー。大きめかなぁ〜。
電車みたいに車両が2つっていうバスもありますしねー。
自転車はバスの中に入れることもあるそうですが、前の部分に引っ掛けるところがあって、そこにくくりつけるそうです。

応援、ありがとー。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 04:52

コメットさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>何から何までスケールが大きいですね〜(笑)
>いくら日本の田舎でも、そこまででは無いですもんね。

でしょー?
アメリカは車が基本ですからね〜。一家に1台ではなく一人1台ですからねぇ。
子供はスクールバスがあるし、こういう公共のバスって使う人は少ないんですよねー。
なので充実しないんだと思います。

>自転車での32kの道のり。考えただけで筋肉痛が....。

そうですよねー。
I君、よく行ったもんです。
えいと@は10キロでもイヤですねー。てか、体力が続かないかも〜。

帰りはさすがにもうイヤダーって思ったようですけどね〜。
しかしバスに乗せてくれないなんて〜ひどすぎー!

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 04:57

E店長さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>32キロ自転車は凄過ぎます〜〜

32キロも自転車って…気が遠くなりそうですよねー。
えいと@は日本で働いてた頃、職場まで12キロでしたが自転車ではよー通いませんでしたね〜。
車か、50ccの単車で通ってましたねぇ〜。

>毎日そんな距離を車で走ってもガソリンが・・・

そーなんですー。
この原油高、辛いっすー!
距離は長いんですけど高速を使うんで 下道を走るよりかはガソリンはマシなんですけどね〜。
でも毎日となったらけっこう使っちゃいますよね。
でも公共交通機関がないから仕方がないんですよ〜。

>Eは自宅から会社まで3キロなのでとってもエコです

3キロですか! 自転車でも大丈夫な距離ですね〜。
いいなー。
通勤時間も短そう!

>それの5往復を自転車なんて〜〜筋肉痛お大事に♪

いやー。
I君はもう懲りちゃったでしょうねぇ。
自転車はバス停の近くのスーパーに置いて、バスで通うことにするみたいですよー。(笑)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月05日 05:11

borarnさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>ほ〜〜〜〜32キロ、自転車登校ですか!
>さすがにそれはめげますね。泊まりたくなる気持ちも分かります。

32キロってハンパじゃない距離ですよねぇ〜。
行きはなんとか頑張れたけど、帰りはダメだったようです〜。(苦笑)

>この辺はメトロもバスもあるので、必須ということもないし車がなくても充分過ごしていらっしゃる方も多いですが・・・
>私は、車がないと辛いなぁ(笑)あるとないとでは行動範囲も違うし。怠け者なので、どこでも車です(爆)

そっかー! 
borarnさんのところは公共交通機関があるんですねー。いいなー。
でも、車の方がやっぱり便利ですよね。
出かけたい時にすぐに出かけられますしねー。

>この彼も・・・クルマ買っちゃうのかな?

彼は修士課程の院生なんで、もうすぐ日本に帰国なんですよー。
なので今から車を買う…ってことはないようです。
あとしばらくの間、自転車とバスで頑張るようです。(笑)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 05:15

Skyさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>笑えない本当の話ですよね。

そうなんですよねー。
車がないとマジで生きていけない国、アメリカなんですよねー。
日本だったらそんな田舎でも、もうちょっとマシじゃないかなーって思いますよ〜。

>うちの娘は大学院のときはキャンパス近くに住んでいて大丈夫でした(キャンパスが広くて、キャンパス内でバス利用)でしたが。

わかりますー!
大学ってすごく広いから、大学の中を走るバスがあるんですよね!(笑)
I君もいままでは大学のバスを利用していたようです。

>今は彼が車のアッシー君で・・・(笑)どうなるやら〜

アッシー君が確保出来てたらGoodですよー!(笑)

応援、感謝です〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月05日 05:20

つなみさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>おっ・・・お気の毒です、Iさん!!
>公共のバスに乗る人ってあまり多くないから見逃しちゃったのかなあ?ひどすぎます。

ねー! かわいそうでしょう〜?
アメリカってバスに乗る時には「乗せてー!」って手を振るなどしてアピールをしないといけないんでしょうかねぇ?
確かに普段はバス停に人がいたこと、見たことないですもんね〜。(汗)

>うちのオットも公共バスに乗って、車を買いに行ったそうですよ。本当に大変なことよね。

えいと@夫はレンタカーを借りて車屋さんを回ったって言ってましたね〜。
マジで足がないってきついですよね〜。

>Iさんも32キロ自転車って!!図書館で泊まり?ごはんはどうしたのー?

32キロってすごいでしょう? えいと@だったら無理!(笑)
ごはんは…。大学の学食って今でも開いてるのかなぁ〜?
学食が閉まってたら、スナックかパンを図書館に持ち込んで食べたんでしょうね〜。

>今日、車は手に入ったのでしょうか?ああ、質問攻め。

実はまだですー!
大学の事務が週末は休みなんですね。なので週明けにIDをもらいにいって、
それからですねぇ〜。

>車が必要な国なんだから、もっと簡単に帰る様にしてくれーと言いたいですね。Iさん、ガンバレー。

ホントですよね!
こんなに大変なんて! 車が必要なんだからもうちょっと簡単に買えるようにして欲しいですね〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 05:45

まーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>うわー、それはツイてないっすね><
>最終バスなのにのせてもらえないなんて。。。

でしょー? I君、かわいそすぎぃ〜。
大学の図書館にソファーとかないらしいんですね〜。
ほとんど徹夜状態だったんじゃないでしょうかね〜。

>バスの運転手が意地悪だった、に2000点!!

あはは〜。意地悪に2000点ですかー!(爆笑)
どうなんでしょうねぇ〜? 何か理由があったのかなぁ〜とは思うんですけどね。
意地悪だとしたらひどすぎぃー! 最終バスなのに! ねぇ〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 06:22
ごめんなさい。
今日は応援だけ♪
Posted by ree at 2008年08月05日 10:15

naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>国土が広いとそうなってしまうんですかね?
>日本は田舎でも交通機関はしっかりしてますけどアメリカはそうはいかないのかなぁ。

これはね〜。
過去からのいろんな問題が絡んでるんでしょうねぇ〜。
アメリカって昔はガソリンがすごく安かったんですよ。水みたいな感覚です。
電車などの整備をするより車やトラックで運送する方がコストが断然安かったんでしょう。
なので公共交通機関がぜんぜん整備されていないんですよね〜。

>32キロ毎日こぐわけにいかないですよね。車必需品です。

バスがこんなに不便だと車が必需品ですよねー。
自転車で32キロはいくら頑丈なI君でもきついでしょうし。
えいと@んちには車が1台しかないから、夫が車を使っちゃうとえいと@は家に軟禁状態なんですよー。(苦笑)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年08月05日 10:41

reeさん、こんにちは。

応援、いつも感謝です〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月05日 10:50

明日香さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>私は過去に中部の州で車なし生活を2年したことあるんですよー!(笑)
>仕事場まで家から職場まで2時間以上かかってたんですが、車買ったら20分で行けることが分かりました(爆)。

えぇえー! 2年も2時間以上かけてお仕事に行かれてたんですかー!
すごい〜〜〜。
バスで行かれてたんですかね?
まさか歩きで…とか???

>ほんと車ってスゴイなーってその時しみじみ思いましたっけ・・(笑)。。。

そうですよね〜。
日本だったら車の方が時間がかかったりすることがありますが(渋滞などで)
アメリカは公共交通機関を使おうとすると、そこまで行く時間、待ち時間などでめちゃくちゃかかっちゃいますもんね〜。
やっぱ車がないと生活出来ません〜。(涙)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年08月05日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。