2008年07月27日

真夜中に遊ぶバローの子供たち


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



昨日に引き続き北緯71度23分、北米大陸最北端の地,バローであります。


バローに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪

      陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
      永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
      エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
      舗装されていない村 バロー
      村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
      素朴なバローの子供たち
      ツンドラに咲く可憐な花々
      真夜中の太陽! Midnight Sun!



昨日の記事に書きましたように北極圏に位置するバローは、


5月10日〜8月2日までの85日間は太陽が沈まないんですねぇ〜。


つまり! 白夜(びゃくや、はくや)なのでございます!(゚▽゚*)


で、えいと@夫妻は真夜中の太陽、Midnight Sunを見るためにホテルを出て,海に向かいました。


すると…! 


こんな光景を見たんですねー! 俳(*'o'*)o



        ↓






        ↓






        ↓



a-barrowkouen1.jpg


公園で遊ぶ親子ですっ! w(゚ロ゚;)w オォー


え? なんでそんなに驚いたのかって?


だって、だって…。


子供たちが遊んでる時間は…。


Midnight! 午前0時! (ёロё)ホエー!! だったんですもん!


子供が遊ぶ時間ではないでしょ〜〜〜? 普通に考えて。( ̄ェ ̄;)


でも、この時期のバローは白夜。


薄暗くなってるとはいえ十分明るいんですねぇ〜。



話はちょいとそれますが、遅くまで明るいと生活リズムが狂うことがあります。d(・ロ・)


えいと@が住むNY州バッファローも、夏は日照時間が長いんですね。


夏至の頃は午後10時でも明るいわけです。


なので何度夕食の準備が遅くなったことでしょう。\(;゚∇゚)/


いつまでも明るいので余裕をかましてたら 夫の「お腹減ったな」ってヒトコトでフと時計を見ると…。


えぇえーっ! もうこんな時間なのぉ〜っ! |)゚0゚(| ホェー!!


…ってことが何度も懲りずにありました。(^o^;) オットヨ、スマン


a-barrowkouen11.jpg


うっすら暗くなるとはいえバローの夏は24時間明るいんですねぇ。


真夜中でも遊んじゃう子供がいてもおかしくないかもしれません。(゚ー゚;A


親がついてたしね。


治安の問題もないんでしょうし。


キャッキャ言いながら遊んでましたよー。夜中の0時にっ!


楽しそうでありました。(=^▽^=)b



さて、この親子が遊んでた公園は北極海のすぐ側にある公園でありました。


翌朝ピーカンな快晴であったので公園を散歩してみることにしました。(*゚▽゚*)


a-barrowkouen6.jpg


   素朴な感じの公園ですよね。(*゚v゚*)


a-barrowkouen2.jpg


    全面 砂地の公園なんですねー。


   a-barrowkouen3.jpg


これはバスケットゴール ↑ですが、網がないですねー。σ(^_^;)


で、地面が舗装されてない砂地なんですけど…。


ドリブルができるのかしら??? (=^‥^A


a-barrowkouen4.jpg


   a-barrowkouen8.jpg


     この恐竜ちゃん ↑ かわいい? 怖い? (^^;)


   a-barrowkouen9.jpg


これ ↑ は前日真夜中に子供が遊んでたブランコですねー。


日本のブランコとはちょっと違いますよね。座る部分が…。(゚▽゚)



ところで。


この日は日曜日の朝だったんですけど、


子供が誰一人公園で遊んでいなかったんですねー。


なぜでしょうね? ?(゚_。)?(。_゚)?


もしかしたら…。


土曜日は真夜中まで遊んで,日曜日の朝は寝坊してるのかもしれませんねー。(;^_^A


夜がいつまでも明るいと ついつい夜更かししてしまうのかな?


短い夏の夜を楽しんでいるのかもしれませんね。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪



この記事へのコメント
夏でこんなに明るくてもメチャ寒いのでしょうね。

24時間明るいと自分だったら、いつ寝ていつ起きたらいいか分からなくなりそうでこわいです。
Posted by かげ at 2008年07月27日 07:58
はわわっ。
白夜の気温は零度くらいなのですね。

だったら十分住めそ。

旅行パックとかないのかな〜?
Posted by かげ at 2008年07月27日 08:02
夏なのに長袖のコートと毛糸の帽子
さすがアラスカ!!
白夜ってロマンチック
一晩中語り明かす恋人達もいそうですね
このブランコに乗って♪
Posted by at 2008年07月27日 09:18
そうなんですよねー。
日照時間が長いとつい遊ぶ時間も
長くなる。
親も麻痺しちゃいます。
だから夏休みが長いのかしらん?
とか思っちゃいます。
「カラスが鳴いたから帰ろう♪」
っなくのはいつ??ですもんねー。
シカゴでさえそうだから
冬はずっと暗いアラスカは夏は
少しでも日に当たりましょうよ!
なのかしら?笑
Posted by おね太郎 at 2008年07月27日 10:45
綺麗な青い空ぁ〜〜〜♪
しかし白夜とはいえ、こう明るいと時間の感覚が
ずれちゃうこと必至ですな・・・・。
今こっちは20時半ぐらいですよね、日没。
アダグジも夕飯の時間が完全にずれちゃってます。
・・・いけまへんなぁ。

それにしても公園全てが砂地って珍しいですよね。
植物が成長できないんですかねぇ。寒いから。
バスケットゴールはドリブル無しの、
シュート&リバウンド大会ですね!!!おもしろくない(笑)
Posted by さとこ at 2008年07月27日 12:54
すごいですね。
でもやっぱり時間の感覚はおかしくなっちゃうんだぁ。
それでも0時に遊ぶ子供って眠くないのかな?

公園も全部が砂地って珍しい。バスケットは無理な気がしますが。。。

それでは今日の応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年07月27日 13:44
夜中なのに明るいですね〜。
体内時計が狂いそう(笑)
この明るさだったら子供たちも遊んでしまうかもしれませんね。
世界って広いんですね〜。
Posted by コメット at 2008年07月27日 22:58
面白いですね〜
地球って面白いですよね〜
夜中の0時に明るかったら・・・
私も絶対に外に出たくなるでしょう☆
お店やってたら、オープンテラスでビールなんてのも
いいかもしれません!
ポチ!
Posted by hiromei at 2008年07月27日 23:43
夜中の0時に子供が遊んでるなんて!
恐るべし白夜!ですね。
ホント、生活のリズムが狂いそうです。
つか、明るいと中々寝れないですよね、きっと。
Posted by まー at 2008年07月28日 00:33

かげさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>夏でこんなに明るくてもメチャ寒いのでしょうね。

けっこう寒いですね〜。
真夏の気温で摂氏0度〜8度くらいですからねー。
なので7月なのにバローに住んでおられる方は厚手のジャケットに毛糸の帽子をかぶってるんですよねー。

>24時間明るいと自分だったら、いつ寝ていつ起きたらいいか分からなくなりそうでこわいです。

えいと@もそうなりそう〜。
仕事がなかったり,長期の休みだったりしたら生活リズムが狂っちゃいそうですよね。

>はわわっ。白夜の気温は零度くらいなのですね。
>だったら十分住めそ。

夏の間は住むのは我々でも大丈夫だと思いますね。
でも冬は…。たぶん無理でしょう。(苦笑)

>旅行パックとかないのかな〜?

2泊以上のプランってあるのかな?
一般の旅行者は1泊で十分満足出来ちゃうんですねー。何せ狭い村ですから。(笑)
でね、バローは宿泊費が高いんですよ〜。物資を運んだりするのに経費がかかるんでしょうねぇ〜。
物価も高いです。(このへんはまた記事にしますねー)
仕事で…とかでアパートを借りる、エスキモーの家に下宿する(植村直己氏のように)でないと、
長期滞在は難しいと思います。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:10

E店長さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>夏なのに長袖のコートと毛糸の帽子 さすがアラスカ!!

そうなんですー。寒かったですよ。
太陽が出ると気温が7〜8度になりますが、太陽が出ないと0度くらいに落ちますからね〜。
この日も0度くらいだったんじゃないかなー。

>白夜ってロマンチック
>一晩中語り明かす恋人達もいそうですね このブランコに乗って♪

いいですねー。
バローでは夏が恋の季節かもしれませんね。
冬は家からでないでしょうしねー。寒いし暗いし。気分は滅入っちゃうでしょうしね。(苦笑)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:14

おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>そうなんですよねー。日照時間が長いとつい遊ぶ時間も長くなる。
>親も麻痺しちゃいます。

そうなっちゃいますよねー。
暗くならないと「家に帰ろう」って気持ちにならないですよねー。
シカゴでも夏の間は8時頃まで遊んじゃうことってあるんでしょうねー。

>だから夏休みが長いのかしらん? とか思っちゃいます。

アメリカの夏休みが長いのは春休みがないからかなー…とも思いますよ。
冬休みもないですしね〜。
ちょくちょく休み(サンクスギビングやクリスマス休暇)はあるけど,長期の休みっていったら夏!…って感じなんでしょうね。

バローの場合はきっと冬休みが長いんだと思います。
冬は寒いし暗いしね。
六甲の小学校も夏休みは短くて冬休みは長かったですもん。

>「カラスが鳴いたから帰ろう♪」っなくのはいつ??ですもんねー。

そういやカラスってバローにいるのかなぁ〜。
見なかったような…。

>シカゴでさえそうだから冬はずっと暗いアラスカは夏は少しでも日に当たりましょうよ! なのかしら?笑

そうなんでしょうかねー。(笑)
でも,ホントに太陽の光って人間の身体のリズムには必要だから、冬は大変でしょうねー。
健康を害するヒトもいるでしょうねー。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:23

さとこさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>綺麗な青い空ぁ〜〜〜♪

きれいでしょー? ピーカンのお天気で気持ちよかったです。
気温は低かったですけどね〜。

>しかし白夜とはいえ、こう明るいと時間の感覚がずれちゃうこと必至ですな・・・・。

ですよねー。
太陽が沈むNY州であっても日没時間が遅い時期は生活リズムが狂っちゃうのに、
まったく太陽が沈まない白夜で毎日暮らすって…どんなんでしょうねー。
時計を睨んで生活しないと,本当にめちゃくちゃになっちゃいそう〜!

>今こっちは20時半ぐらいですよね、日没。
>アダグジも夕飯の時間が完全にずれちゃってます。・・・いけまへんなぁ。

あははー! やっぱし? 同じですね!
えいと@んちもいつも午後8時か9時に夕食を食べてますよー。(笑)
うっかりして遅くなった時には11時とか!(爆笑)

>それにしても公園全てが砂地って珍しいですよね。

ですよねー。海岸に近いからかなーとも思ったんですけど、
バローって全体的に舗装されてないんですよね〜。未舗装の村なんです。

>植物が成長できないんですかねぇ。寒いから。

場所によっては27日の記事に書いたように植物が育ちます。
でも、少ないですね〜。全体的に。
やっぱりツンドラっていう環境が植物には厳しいんでしょうねー。

>バスケットゴールはドリブル無しの、
>シュート&リバウンド大会ですね!!!おもしろくない(笑)

そうでしょうね! シュートばっかりのバスケットなんでしょうねー!
練習にならないような気がしますね。(笑)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:31

naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>やっぱり時間の感覚はおかしくなっちゃうんだぁ。

おかしくなるでしょうねー。
えいと@が住んでるBUFでもおかしくなりますもん。(笑)

やはり日本のように朝は5時頃に明るくなって,夜は6〜7時頃に暗くなる…っていうのがいいですね〜。
生活リズムが整いますよ。日本っていい環境だー!

>それでも0時に遊ぶ子供って眠くないのかな?

ねー、びっくりですよ。
この日は翌日が日曜日だったのでゆっくり寝たんでしょうかね?

>公園も全部が砂地って珍しい。

道路もほとんどが砂地なんですよねー。
ツンドラを守るためにコンクリートで固めてしまわないんでしょうねー。

>バスケットは無理な気がしますが。。。

シュートだけ楽しむんでしょうね。(笑)
バスケットの練習にはならないような気がします。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:36

コメットさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>夜中なのに明るいですね〜。体内時計が狂いそう(笑)

ホント狂っちゃいますよね〜。
えいと@は午後9時まで明るいだけで狂ってますよー。(笑)

反対に極夜は午後3頃〜朝の10時頃までは真っ暗なんですよー。
これも体内時計が狂っちゃいますよね。
太陽って人間の身体に必要だと思うんで,精神的にもしんどくなってしまいそうですねー。
過酷な地です。北極圏は。

>この明るさだったら子供たちも遊んでしまうかもしれませんね。

そうですねー。
毎日こんな時間まで起きてるのではないんでしょうけど、たまには遅くまで遊んだりするんでしょうねー。

>世界って広いんですね〜。

本当に地球は大きいんだなーって思いますね。
同じ地球上で、こんなにも環境が違うんですからね〜。驚きです。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:42

hiromeiさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>面白いですね〜 地球って面白いですよね〜

面白いですよねー。
地球上にこんなにも違った環境があるんですもんねー。
7月の真夏なのに気温が0度! そして真夜中でも太陽が見えている!…ですからねー。

>夜中の0時に明るかったら・・・
>私も絶対に外に出たくなるでしょう☆

えいと@夫妻は真夜中にホテルを出て散歩しましたよー。
ま、ミッドナイトサンを見に出かけたんですけどね〜。

>お店やってたら、オープンテラスでビールなんてのもいいかもしれません!

あははー! ホントですね! 
でも寒いんですよ〜〜〜!
気温が0度ですからねー。長時間外にいるのは辛かったりします。
もちろん防寒着きてたら大丈夫でしょうけどね。

そういや、オープンテラス的なお店は一軒もなかったですよー。
夏であっても寒いし、冬は暗いし激寒ですもんねー。
無理でしょうね〜。(苦笑)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:49

まーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>夜中の0時に子供が遊んでるなんて! 恐るべし白夜!ですね。

そうなんですー。
えいと@も見た時にびっくりしちゃいました。
いくら明るいって行っても真夜中なんだよ〜〜〜?…って思っちゃいましたよ。(笑)

>ホント、生活のリズムが狂いそうです。

狂いますねー。
BUFでさえ十分狂ってますから。(笑)
日の出、日の入りがこんなにも極端だったら,マジで狂っちゃいそう〜。
しっかり時計を睨みながら生活しないとメチャクチャになっちゃいそうですね。

>つか、明るいと中々寝れないですよね、きっと。

カーテンが遮光の厚地タイプでしたねー。
真っ暗にしないと寝られないでしょうね〜。これだけ明るいと。
冬はカーテンいらず…でしょうね。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月28日 01:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。