2008年07月25日

ツンドラに咲く可憐な花々


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



久々にアラスカ紀行を書くことにした えいと@でありますー。( ̄∇ ̄*)ゞ


しかしね。


何せもう1年前の旅行です。


記憶がちょっと薄れて来てるんですよね〜。(;^_^A


思い出しながら書きますんで、そのへんよろしくお願いいたします〜。m(。・ε・。)m


今まで記事にしたアラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいまし〜。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



今回はバローに咲く花々の写真です。


バローっていうのはアラスカ最北端、北極圏に位置する秘境であります。


   a-alasikamap11 .jpg


以前に記事に書きましたが、バローへは空路でしか行く手段がないんですね〜。


陸路がないのであります。

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
    永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
    エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
    舗装されていない村 バロー
    村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
    素朴なバローの子供たち


こういう素朴な、かつ過酷な環境にあるバロー。


そんなバローの地はツンドラ(永久凍土)なのであります。(・o・)b


永久凍土(えいきゅうとうど)とは2年以上連続して凍結した状態の土壌を指すそうです。


永久凍土の厚さは数百m(アラスカのバローでは440m)にも及ぶこともあるとのことなのであります。



そんな過酷な地、北極圏に咲く花々をご紹介します。(*^ー^*)


   a-barrowhana10.jpg


   これ ↑ ↓ はアラスカコットンです。


   a-barrowhana11.jpg


けっこうあちこちに咲いてましたよ。コットンで真っ白になった原っぱもありました。


a-barrowhana2.jpg


    これ ↑ ↓ はアラスカポピーです。


a-barrowhana1.jpg


かわいいお花ですよね〜。日本のポピーよりだいぶお花が小さい感じがしました。


  a-barrowhana8.jpg


  これ ↑ はLapland Diapensiaっていうお花…かな?


    a-barrowhana3.jpg


これ ↑ はDwarf Fireweed River Beautyってお花です。


きれいな色ですねー! 鮮やかなお花であります!


    a-barrowhana4.jpg


これら ↑ ↓ のお花はアラスカ花図鑑には載ってなかったんですが、


おそらくアラスカ独特のお花であると思われます。


a-barrowhana6.jpg



   a-barrowhana7.jpg


もし花の名前がわかる方がおられたら教えてくださいませ〜。m(*- -*)m



これらの花たちはツンドラ(永久凍土)という過酷な環境の中、


いったいどんな進化を遂げて来たのでありましょう。σ(゚・゚*)


冬には摂氏−50度にもなる厳しい地、バロー。


たくましく遺伝子を残しているのでしょうね。(o^-^o)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪




この記事へのコメント
アラスカの気候で、こんなにも逞しく咲く花を見ると、私達も頑張らなきゃいけないな、って思いますよね〜。
私は花に詳しくないので分らないけど・・・。
コットン畑って見た事がないので見てみたいですね〜。
Posted by ree at 2008年07月25日 05:56
すごい・・・・アラスカの厳しい気候でも植物は
生きていけるんですね・・・はぁ〜ビックリ。
しかもどれも美しい花ばかり!!!!!
コットンすごいですねぇ〜!とても不思議ですね。
コットンが一面に咲いた風景、是非生で見てみたいです!!!

そしてコットンを肌にホワホワつけてみたい(笑)
Posted by さとこ at 2008年07月25日 06:16
すごいですなぁ。
アラスカでもちゃんと健気に育つ植物。
マイナス50度って、半端じゃない寒さですよね。
っていうか、寒さなんて言葉は生易し過ぎ
みたいな。

夏休みにアラスカに行き
ゴルフもダイビングも嗜む師匠
実はアクティブ・セレブですな?
Posted by どれみ at 2008年07月25日 09:35
コットンの白が綺麗ですね〜!

さすが極寒の地に育つ花だけあって、地面に近い場所に花を付けると
か日本の山岳地帯の花のようですね^^
植物って、標高が高い場所の方が色鮮やかだと聞いた事があるので、
気温の低いアラスカは自然とパキッとした色合いになるのかな(?)
Posted by たまてん at 2008年07月25日 09:42
おっ!はじまりましたね、アラスカ紀行。
コットンってアメリカでは南部のイメージだったのですが、アラスカでも咲くのですねー。知らなかった。


しっかし、他の花の名前よく覚えてましたねー。
私なら、その時分かったつもりでも
半年もあればキレイに忘れます。

明日からも楽しみにしてまーすp(*^-^*)q がんばっ♪
Posted by おね太郎 at 2008年07月25日 11:38
アラスカ紀行の始まり始まり(パチパチパチ)
コットンの白い花?実?が綺麗です
ホワホワっとした積もりかけの雪みたいです
アラスカなんて多分絶対行く機会がないので
しっかり熟読して行った気になろうっと♪
Posted by at 2008年07月25日 12:56
すごいですね〜!!
植物の力強さには感心させられます。
それにしてもコットンの花、可愛らしいですね〜。
真っ白でふわふわしてますね。
ポピーも優しい感じですね。
この優しい色合いが南国とは違うところかもしれませんね!!
Posted by コメット at 2008年07月25日 14:16
何だか、みんな高山植物に良く似ていますね。
同じ様な進化の道をたどったのでしょうかね。
Posted by 怠け者 at 2008年07月25日 18:35
コットンすごいたくさん咲いてますね!!
それにしてもアラスカでも育つ植物。すごい生命力です。

それでは今日の応援ぽち!
Posted by naoto at 2008年07月25日 19:57
おお!アラスカ日記再開ですね。
アラスカの花たち、強い生命力を感じますね〜
日本からものすごく遠い極寒の地で
こうしてお花がたくましく咲いていると思うと
自分もがんばらねば〜と思いますねぇ。
自然っていいなぁ。
今後も楽しみにしております〜♪
Posted by フタコトリ at 2008年07月25日 22:52

reeさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>アラスカの気候で、こんなにも逞しく咲く花を見ると、私達も頑張らなきゃいけないな、って思いますよね〜。

そうですね!
こーんなに過酷な環境でも一生懸命にきれいなお花を咲かしてるんですもんね〜。
すごいなーって思います。
人間も負けられませんね! 頑張って生きなきゃー!ですねっ!

>私は花に詳しくないので分らないけど・・・。
>コットン畑って見た事がないので見てみたいですね〜。

このコットンは野生のコットンなんで、綿を作るためのものではないんですよ〜。
でもすごくきれいでした。
一面真っ白ー! 雪みたいでしたよ〜。

応援☆ いつもサンキューです〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:23

さとこさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>すごい・・・・アラスカの厳しい気候でも植物は生きていけるんですね・・・はぁ〜ビックリ。

すごいですよねー!
永久凍土で、冬はカチンコチンに凍っちゃって雪で覆われる、そんな過酷な環境なのに、
こんな風に夏になったらちゃんと花をつけるんですよね〜。
すごい生命力なんだなーって思います。

>しかもどれも美しい花ばかり!!!!!

けっこう鮮やかな色の花が多かったように思います。
白、黄色、紫系が多いのかな〜って思いましたねー。

>コットンすごいですねぇ〜!とても不思議ですね。
>コットンが一面に咲いた風景、是非生で見てみたいです!!!
>そしてコットンを肌にホワホワつけてみたい(笑)

このコットンは野生のコットンなんで、綿は作れないようですけど、
一面に広がる真っ白な風景はステキでしたー。
フワフワなんですよね〜。さわったら気持ちよかったです。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:27

どれみさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>すごいですなぁ。
>アラスカでもちゃんと健気に育つ植物。マイナス50度って、半端じゃない寒さですよね。

ね〜、すごい環境ですよね。−50度なんて!
えいと@は北欧で−35度を経験しましたが、鼻毛が凍ります! パリパリ!(笑)

>っていうか、寒さなんて言葉は生易し過ぎみたいな。

そうそう! 空気が痛いんですよねー。
そんな過酷な環境でも生きていくんですからね〜! すごい生命力ですよね。
人間も一生懸命に生きなきゃなーって思いますね。

>夏休みにアラスカに行きゴルフもダイビングも嗜む師匠
>実はアクティブ・セレブですな?

きゃははー! いつの間に師匠になっちゃったんですか!(爆笑)
アクティブセレブではなく、アクティブボンビーですよー!
旅行に行った後はいつも すってんてんですぅー。(笑)

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:33

たまてんさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>コットンの白が綺麗ですね〜!

きれいですよね〜!
自然の白ですねー。野生のコットンなんで綿は出来ないようですが、
一面に咲いてるのには感激しましたね〜。

>さすが極寒の地に育つ花だけあって、地面に近い場所に花を付けるとか日本の山岳地帯の花のようですね^^

そうですね。山岳地帯と同じ感じなのかもしれません。
地面にへばりつくようにして咲いてる花が多かったです。
背の高い花はあまりなかったように思います。
アラスカでも南の方に行くと、背が高い花が多かったですね〜。

>植物って、標高が高い場所の方が色鮮やかだと聞いた事があるので、
>気温の低いアラスカは自然とパキッとした色合いになるのかな(?)

あー、そうなんですかー。
きれいな色の花が多かったように思いますね。
白、黄色、紫の花が目につきましたよ〜。
どんな風に冬を越すんでしょうね? ほとんどは1年草で、種子で生き残っていくのかな?
それでもすごい生命力だなーって思います。

 えいと@



Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:39

おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>おっ!はじまりましたね、アラスカ紀行。

ハイ〜。やっとこさ始めましたー!(笑)
はやく完結させたいです〜。次が迫って来てますからね。(笑)

>コットンってアメリカでは南部のイメージだったのですが、アラスカでも咲くのですねー。知らなかった。

あ、このコットンは野生のコットンで、アメリカ南部で栽培されてたプランテーションのコットンとは別物です。
このコットンもうまく使えば綿になりそうな気がしますけどねぇ。(笑)

>しっかし、他の花の名前よく覚えてましたねー。
>私なら、その時分かったつもりでも半年もあればキレイに忘れます。

いえいえ、これねぇ〜。
もどってから図鑑で調べるんですよー。アラスカの花図鑑を買って来たんです。
で、えいと@自身が撮った写真と図鑑を見比べて、これかなー?…って。(笑)
花びらや葉の形、茎の状態、背の高さ、どの辺りに分布してるのか…など、調べるのってけっこう面白いです。

>明日からも楽しみにしてまーすp(*^-^*)q がんばっ♪

ありがとですー! 脳の片隅から記憶を引っぱって来なきゃーなりません。
脳みそが半分以上劣化してるんで大変ですー!(爆笑)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:48

E店長さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>アラスカ紀行の始まり始まり(パチパチパチ)

やっと始めましたー。もう1年経っちゃいましたよー!(笑)

>コットンの白い花?実?が綺麗です
>ホワホワっとした積もりかけの雪みたいです

そうですね〜。さわったらフワフワしてて気持ちよかったですよ〜。
一面に咲いてるのは、ホントに雪みたいでした。

>アラスカなんて多分絶対行く機会がないので
>しっかり熟読して行った気になろうっと♪

ありがとうございます〜。また見にきてくださいね〜♪
アラスカは日本からはけっこう行きやすいんですよ。
もし、機会があったら訪れてくださいまし〜。感激的な旅が出来ますよ〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:52

コメットさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>すごいですね〜!!
>植物の力強さには感心させられます。

そうですねー。過酷なツンドラで、こんなにも美しく咲くんですもんね〜。
きっと土は痩せてるでしょうにね。
すごいなーって思います。

>それにしてもコットンの花、可愛らしいですね〜。
>真っ白でふわふわしてますね。

かわいいですよね。
アラスカの大地は茶色っぽい感じなので、コットンの白が映えましたね!

>ポピーも優しい感じですね。
>この優しい色合いが南国とは違うところかもしれませんね!!

色の特徴があるのかな〜?
白、黄色、紫の花が多かったように思います。
ポピーは小さくてかわいかったですね〜。日本のポピーっておもうちょっと大きいですもんね?
これは直径3〜4センチくらいのお花でしたよー。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 00:58

怠け者さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>何だか、みんな高山植物に良く似ていますね。
>同じ様な進化の道をたどったのでしょうかね。

そうですね。
もしかしたら同じ進化をたどってるのかもしれませんね。

こういう過酷な環境でも遺伝子を残していく…って、すごいなーって思います。
短い夏を一生懸命に咲いてる姿はとってもかわいいなー、頑張ってるんだなーって思いました。

 えいと@



Posted by えいと@ at 2008年07月26日 01:01

naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>コットンすごいたくさん咲いてますね!!
>それにしてもアラスカでも育つ植物。すごい生命力です。

すごいですよね〜。
−50度って想像ができない過酷さですもんね。
夏でも夜は0度に近くなるんですからね〜。
そんな環境でも育ち、遺伝子を残してるんですもんね。

人間も頑張らなきゃーダメですネッ!

応援、いつもありがとう〜。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 01:03

フタコトリさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>おお!アラスカ日記再開ですね。

ハイ〜、やっと再開しました。
こんなに間があくとね、再開するきっかけがなかなかなくって〜。(笑)

>アラスカの花たち、強い生命力を感じますね〜
>日本からものすごく遠い極寒の地でこうしてお花がたくましく咲いていると思うと
>自分もがんばらねば〜と思いますねぇ。

そうですねー。
花の命はとっても短くて、これらのお花たちは来年は世代交代しちゃうんでしょうね。
しかもバローの夏は極端に短い。その短い夏を一生懸命にきれいに咲くんですねー。
考えると胸がキュンってなります。

人間も同じですね、きっと。
人生をどう生きるかは自分次第。
長いって思ってても、いつまであるかわからないのが人生です。
毎日を一生懸命に生きなきゃなーって、この花たちを見て感じました。

>自然っていいなぁ。
>今後も楽しみにしております〜♪

ホントに自然ってすごい! 
アラスカ紀行、また見にきてくださいね〜♪
フタコトリさんの旅行記も楽しみにしてますよー。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月26日 01:10
アラスカ紀行、なつかしいですねー。僕がこのブログに訪問しはじめたころの話だと思います。アレから結構時間がたったんですねー。
ホント、時間のたつのははやい!!
あっ、本編とは関係の無いコメントですいません^^;
Posted by まー at 2008年07月26日 01:40

まーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

そうですねー。
前、最後にアラスカ紀行を書いたのは2月の上旬ですからねぇ〜。
もう5ヶ月以上が経っちゃいましたよー。
月日が流れるのははやいもんですねぇ〜。しみじみ。。。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年07月26日 03:02
コットンかわいいね〜
どれもみんな可愛いけど
私は白いポヤポヤがやけに気に入ってしまいました(^O^)

こんな過酷な地で
けなげに咲く花。
どんな場所にも神様は癒しを与えてくれているのですね〜

地球、守らないと
という気に益々なりますね。
今日も日本は暑いです、、
Posted by hiromei at 2008年07月26日 12:13

hiromeiさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

>コットンかわいいね〜
>どれもみんな可愛いけど 私は白いポヤポヤがやけに気に入ってしまいました(^O^)

そうですね〜。
白いフワフワしたコットン、かわいいですよねー。

>こんな過酷な地でけなげに咲く花。
>どんな場所にも神様は癒しを与えてくれているのですね〜

そうですね!
花を見ると癒されますよね〜。
アラスカの過酷な地にもこうやってきれいな花を咲かしてくれる。
バローの人々も,短い夏の間に花を楽しむんでしょうね〜。

>地球、守らないとという気に益々なりますね。
>今日も日本は暑いです、、

そうですねー。
環境が破壊されると、それがもどるのには気が遠くなるような年月がかかりますね。
地球温暖化は自然の流れだ…っていう説もあるけど、
個人が気をつけたら少しでも加速されるスピードは緩まるかな…って気もしますよね。
難しい問題ですけどね。。。

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年07月27日 02:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。