2013年01月16日

日本から天皇・皇室をなくしてしまいたい人へ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。


たまにしか更新ができない状況ではありますが、(すみません。。。)


わたくしは 元気に生きております♪


今年の前半はマイペースな更新となってしまいそうですが…。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。



ところで、昨日(1月14日)の関東は大雪でした!


いやー雪景色、久しぶり〜&懐かしいです。


アメリカで暮らしていた時代には、毎年、50センチ〜多い時には1.5〜2メートルも雪が積もる地域に住んでいたので、


雪の季節がやってくるとうんざり〜だったのですが、


久々に雪を見てウキウキしちゃいました♪


しかし。


雪に慣れていない首都圏やその近郊は、交通が混乱しちゃってますよ。


雪かきもできてないし、道はぐちょぐちょなので、


1日経った本日も 車を出せない状況です。。。



  *********************



さて、本題です。


安倍政権になって「女性宮家は白紙撤回」というニュースがありました。
  安倍政権:「女性宮家」撤回へ にじむ保守色 毎日JP


やっと、やっと日本の舵取りが まともになったと安堵しました。


日本の宝物を壊そうとする政治から まっとうな政治に戻ったのです。


良かった…本当に良かった。


心から そう思いました。



ところで、天皇や皇室のテーマで 記事を書くと、


時折、天皇や皇室に批判的なコメントがつきます。
 気になる方は こちらの記事 ↓ のコメント欄をご覧になってくださいね。
  なぜ女性宮家創設を急ぐのか…? 女性宮家の危険性


どんな風に思うかは自由です。


別に私の意見に反対するな! 日本人は全員 天皇陛下を尊べ!とは思っていません。


日本は言論の自由が認められている国ですから。


でもね。


日本は「天皇をいただく国」なんです。


日本の国体なのです。


天皇は神道そのものなんですよ。


それを税金泥棒だとか、汚染された宗教だとか、


そんな言葉で日本の宝物を汚す輩が 日本に存在するのです。


なぜそこまで毛嫌いするのか…?


…私にはわかりません。


反日感情を持つ 特定の国の方であれば、日本の天皇、皇室に反感を持つということはあるでしょう。


私のブログにコメントをくださる方が 日本人の方なのかそうでない方なのかは 知りません。


批判的なコメントをくださる方が「日本に住む日本人」であるのなら、


もっと天皇・皇室のことを正しく知って欲しいと思います。


日本人でありながら、天皇や皇室を罵倒する人は、


きっと天皇・皇室が何たるかをご存知ないのだろうと思います。


天皇・皇后両陛下の存在がどれほど国益になっているのか。


これを知らないで皇室の存在は税金の無駄遣いだなんて言わないで欲しいですね。


こういうエピソード ↓ を皆さまはご存知でしょうか…?

大東亜戦争(第二次世界大戦)終戦直後に、戦時中 敵国であった大英帝国に今上陛下(当時は皇太子殿下)がご訪問された時のこと。
戦争が終了し敵国でなくなり、皇室と王室の交流が戻ったことで、皇太子殿下がご訪英。
当時は かつて敵国であった日本をよく思わない英国民が多かったのだが、
皇太子殿下のご訪問で 英国人の反日感情がすーっと消えたのだ。
皇太子殿下の振る舞いを見た英国人は「こんなすばらしいエンペラーを持つ日本が悪い国であるはずはない」と思ったという。



私はこの話を聞いて感動しました。


日本の総理大臣が 戦争直後に訪英して、これほどの効果があったでしょうか?


次期天皇である 皇太子殿下のご訪問だからこそ、英国民の心を動かしたのではないでしょうか?


皇室、王室を持つ国は、その存在の重要性をよく理解しているのです。


しかも、反日感情が渦巻いている、かつての敵国をご訪問された皇太子殿下の勇気に感激いたしました。


普通の人には とてもできないことだとは思いませんか…?


このエピソードを聞いても 何とも思わない日本人がいるのでしょうか…?


いるのだとしたら…悲しく残念なことだと 私は思います。



私は日本人は全員、天皇陛下を尊ぶべきだ!とは思ってないし、言ったこともありません。


何度も書きますがどんな風に思うかは個人の自由ですから。


天皇・皇室を尊重できない人間が存在するように、


天皇・皇室を尊重する人間も数多く存在するのです。


天皇・皇室に反対する方は このこと ↑ を理解して欲しいですね。


尊重できない人々の過激な反対運動などは特に、尊重する人々の心を侵害していると言っていいのではないでしょうか?


8月15日に靖国神社に出没する「反天連」という団体がありますが、


私はあれは日本人の集団ではないと思っています。


日本人が自らの意思で、あんなデモ…できませんよ…。


もし、あの団体の中に日本人がいるのだとしたら…


きっと、あの団体に毒された方々なのだろうと思います。


天皇や皇室の悪口ばかり聞いて、それにどっぷり染まってしまったタイプの人なのだろうと思います。


それにしても…日本の国って平和ですよね。


つくづくそう思います。


イギリスや、スウェーデン、タイなどの王国で「王や女王は税金泥棒だ! 無駄な存在だ!」なんて言ったり、


反天連のようなデモを行ったりしたら…


…とんでもないことになりますよ。



天皇、皇室に反対の方にお伺いしたい。


天皇・皇室の存在が、反対される方の生活に何か悪い影響を与えているのですか?


もし日本にとって、国民にとって不利になるようなことがあれば 主張して変えていくことは可能ですし、変えていくべきでしょう。


例えば、政治や裁判官がとんでもない状況だったら 政治を、政党を、政治家を、裁判官を変え、日本の方向性を変えることは可能です。


しかし…


日本の国体そのものを変えることはできません!


日本から 天皇・皇室をなくす。


2672年間も続いている 日本の国体を壊すことは、


革命でも起こさない限り無理です。


天皇・皇室に反対されている方は 日本で革命を起こしたいのですか?



天皇は神道そのものです。


日本の国体そのものなのです。


日本の歴史は天皇とともにあるのです。


それを否定することは、日本の国そのものを否定することになるのではないでしょうか…?


なくしてしまってからでは遅いのです。


どうしても天皇陛下を尊べない人には 何を言っても無駄なのでしょうけどね…。


せめて、天皇陛下を敬い、日本の宝物を大事にしたい…と、
 

そう思っている人々の邪魔をしないでいただきたい。


そんな風に思います…。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 14:10| Comment(19) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。