2012年01月14日

アメリカでも大晦日はやっぱり「年越しそば」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



本日は、ちょっと日を遡りまして…。


2011年12月31日、大晦日の年越しそばについてです。


皆さまは31日の大晦日の日には 年越しそばを召し上がられますか?


えいと@夫妻は必ず食べることにしています。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
  年越しそばとカウントダウンと花火
  大晦日はニシンそば〜♪
  えいと@家の年越しそば〜年越しカウントダウン & 愛国心


さて、なぜ年越しそばを食べるのか?ですが…。


ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、次の理由 ↓ で縁起をかついで年越しそばを食べるということのようですね。


年越し蕎麦の由来とされる説は「細く長く達者に暮らせることを願う」というものがもっとも一般的。

他に「蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った」という説もある。

また、金銀細工師が金粉を集める為にそば粉の団子を使用した事から「金を集める」縁起物ともされる。

薬味のネギは、「ねぎらい祈る」また神職の「祢宜」の言葉に掛けて使う人もいる。

また、ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から、縁起かつぎで食べるようになった。
        


今年の災厄を断ち切り、翌年はお金に困ることなく、健康で長く生きることを願って食べるのが「年越しそば」ということなんですね。


日本に住んでいた頃は、普通に食べていた年越しそばも、


アメリカ暮らしをするようになって 年越しそばのための準備を意識的にするようになりました。



ところで、えいと@夫妻は2011年〜2012年の年末年始は、ニューヨークシティで過ごしたのでありまして、


今年は年越しそばは無理かなぁ〜?…って思っていたのです。


しかしっ! 何でもありな ニューヨークシティ!


おそば屋さんがあったのですよぉ〜〜〜!


しかも! 普通のそば屋ではなくて自家製のそば粉を使った 手打ちそばのお店というではありませんか!


これは行かなきゃーって思い、探すと、何と、えいと@夫妻が宿泊したホテルから徒歩5分の場所にありました。


31日も営業しているのか電話で確認して,行ってきましたよ〜。


 a-oomisokasoba12-1.jpg


ニューヨーク ミッドタウンにある「そば日本」↑


「そば日本」は、カナダに55エーカーの畑を持っているそうで、


その半分の25エーカーが そば畑なんだそうです。


その そば畑でとれたそば粉で毎日、そばを打っているそうなんです。


なので手作り! 手打ちのおそばが ニューヨークで食べることができるのですよ!


もちろん板前さんは日本人!


これは期待が高まりますねー。



まずは居酒屋風に、焼き鳥と 揚げ出し豆腐とビールなんぞを注文いたしました。


 a-OOmisokasoba12-3.jpg


この揚げ出し豆腐 ↑ が絶品!


アメリカの和食レストランに行った際には、まず揚げ出し豆腐をオーダーするのが えいと@夫妻の お決まりなんですが…。


アメリカで「あぁ〜ここの揚げ出し豆腐はおいしい〜」と心から思えたお店は少なかったのですよね。


ダシが辛かったり、大根おろしがなかったり、豆腐が固かったり…。


なかなかアメリカでは満足する揚げ出し豆腐に出会うことはなかったのです。


しかし! ここの揚げ出し豆腐はめっちゃおいしい!


これこそが揚げ出し豆腐だ!…って思えるほどおいしかったのです。


ダシ良し! 豆腐良し! 大根おろしはついてるし、おろし生姜もついていた!


お世辞抜きに本当においしかったです。


 a-OOmisokasoba12-5.jpg


こちらは焼き鳥 ↑ です。これは普通においしかったですね〜。柔らかい鶏肉でした。タレもおいしかったしね。



ここは丼物もおいしいという評判なので、ミニ丼を注文してみましたよ。


メインはお蕎麦なので ミニ丼があるのは嬉しいですねぇ〜。


 a-oomisokasoba12-2.jpg


左のは えいと@夫がオーダーした鰻丼 ↑ 、右のは 私がオーダーしたネギトロ丼 ↑ です。


かなりおいしい〜〜〜! ネギトロ丼なんて とろけるような舌触り!


鰻丼も満足なお味でしたよ。


でね、この丼のご飯、酢飯なんです!


これには驚きましたけど、そんなに違和感がなくて、おいしい丼でございました。


酢飯っていうのはちょっと変わっているけど、


日本人の板前さんが作った丼だわ〜って しみじみ思いましたねぇ。



さて、いよいよメインの年越しそばです。


 a-oomisokasoba12-6.jpg


こちらは えいと@夫がオーダーした鴨南蛮そば ↑ です。


 a-oomisokasoba12-7.jpg


こちらは 私がオーダーした天ぷらそば ↑ です。


感想は…。


おいしい、確かにおいしい。そばはさすがに手打ち。かなりおいしかったです。


ただ…。


ここのおダシは関東風のダシなんですね。


私個人の好みでいうと関西風のダシが好きなんです。


関東風のそばが好きな方は100%満足されると思いますが、私にはちょっと辛かったのですね…。



ところで、お隣の席でニューヨーク在住(たぶん)の国際結婚組の家族が食事をされていましてね。(旦那さまがアメリカ人、奥さまが日本人)


この店には何度か来られている様子で、慣れた感じでオーダーされてたんですけど、


何と、年越しそばに「ざるそば」をオーダーされていたんですよ!


う〜〜〜ん。


確かにここはざるそばがとびきりおいしいという評判のようですが、


日本人って年越しそばに「ざるそば」って食べないと思いません…?


普通は温かい汁そばを食べますよね?


何度も来ておられるような様子の、その家族はあえて「ざるそば」をチョイスした…ってことは…。


ここのそばは 汁そばよりも ざるそばの方がおススメということなのでしょうか…?


まぁ、汁そばもおいしかったのですけどね。私的にはちょっと辛かったけど。


次回,来ることがあったらざるそばをオーダしてみようと思ったのでありました。



いろいろ書きましたけど…全体的には 本当においしいお店です。


自家製のそば粉の手打ちそばなんて…日本でも珍しいのではないでしょうか?


それをアメリカ、ニューヨークでいただけちゃうんですから〜。感激です。


ただし…。


お値段は 高めでありました。


合計で130ドルを超しましたもんね。


NYシティはチップが20%以上必要ですから…ね。チップを合計するとけっこうな金額になっちゃいますでしょ。お高かったです。。。


だけど大満足でしたよー。


NYシティで年越しそばを食べることができたこと、


そして表現しがたいほどおいしかった揚げ出し豆腐、とろけるようなネギトロ丼に出会えたので、


ものすごく満足でございました〜♪



     【インフォーメーション】

  Soba Nippon・そば日本

19 West 52nd Street, New York NY 10019
5番街と6番街の間 52丁目

 営業時間:ランチ 月−土 12-3pm / ディナー 月−日 5:30-10pm
 
 電話 212-489-2525





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。