2011年08月03日

真っ赤な日本、日本も赤狩りが必要ではないのか…?


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



昨日の記事の【お知らせ】に書きましたが、


民主党が「人権侵害救済法案」を成立させるために水面下で動き始めております。

 関連記事はこちら ↓ の【お知らせ】をご覧ください。
「入国拒否されて帰国しました」で終わりにしてはいけない & また出た! 人権侵害救済法案


廃案になったはずの「人権擁護法案」という法案は、


民主党政権になってから「人権侵害救済法案」という名前に変えてゾンビのように甦りました。


なぜ,この法案が恐ろしい法案なのか…。


言いたいことが言えなくなってしまう暗黒の社会を作り上げる 恐ろしい法案だからなのです。


この法案の恐ろしさは次の通り ↓ です。

正当な批判さえ差別と取られる可能性がある。

差別の基準が非常にあいまいで、人権委員会だけの判断で罰せられてしまう可能性がある。

国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより国民個人の言動や、ひいては 公の言動までのすべてが監視対象となる。

人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しないので不当に訴えられ処罰されても泣き寝入りになる可能性がある。

インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上が考えらる。
そしてマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる可能性もある。(マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる)

何が差別と取られるかわからないので使える表現が減る。
その結果、アニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退が考えられる。(当たり障りのないものしか作れなくなる)

特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がる。

テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、現在 多くの国民に浸透していない。



民主党はいじめ、DV、高齢者虐待など重大な人権侵害に対応させたいという目的で、この法案を成立させたいようですが。


本当の目的はそうではありません!


こちらの過去記事では 増え続ける在日外国人(主に中国人)との摩擦を避けるためと書いておりますが、


それ以外にも、実は民主党は在日韓国人と「外国人参政権」を成立させることを約束しているのです。


そのためには言論を制限し、在日韓国・朝鮮人に対し日本人が正当な批判ができにくい社会を作りたいと思っているのですね。


こちらの動画 ↓ をご覧になってください。


   ブチギレしたくなる映像(8分33秒)


こちらの動画 ↑ は民主党が大勝利した2009年の衆議院選挙後の新年会の様子です。


挨拶をしているのは当選をした民主党議員のようです。


「総選挙を皆様のお陰で当選させていただくことができましたし、悲願の政権交代も果たさせていただくことができました」


…と,このように挨拶をしています。


さて、この会場はいったいどこなのでしょうか…?


動画のバックの垂れ幕をよーくご覧ください。


大韓民国とありますね。


そう、在日韓国人の集まる「民団」の新年会で、民主党の議員が挨拶をしているのです。


なぜ、在日韓国人のおかげで当選できた…と 日本の国会議員がお礼を言うのでしょうか…?


この議員や他の議員も皆さまとのお約束の「地方参政権」が、いよいよ前に向かって動き始める 大きな年になるのではないかと思っていると述べています。


民団の新年会に知事や市議が来る時代が来るとも言っています。


つまりいつの日か、知事が民団のご機嫌を伺いに来る日が来るだろうと言っているのです。


こんなことを在日韓国人の前ではっきりと発言しているのです。民主党の議員は…!


こういう事実があるということを、我々日本人は知っておかなくてはなりません。



2010年の1月に、民主党は「外国人地方参政権付与法案」を成立させようといたしました。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   国籍と選挙権について


しかし、この時には日本国民の多くの方が立ち上がり「外国人参政権付与に反対!」の意思表示を行ったことで、


民主党は法案を成立させることができなかったのです。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
やるじゃないか! 日本人! 「外国人参政権に反対する国民大会」に1万人以上が集結!


しかし、民主党は 民団としっかり約束をしているためでしょう、なかなか諦めません。


何度も何度もゾンビのように甦らせようとしているのです。


そして「外国人参政権付与法案」を成立させるためには、日本国民を黙らせなくてはいけなくなったのでしょうね。


先に「人権侵害救済法案」を成立させ、民主党に都合の悪い言動を「差別」とする必要があるのですね。


先ほども書いたように正当な批判も「差別」と見なされ、処罰の対象にされてしまうわけですからね。



なぜ、民主党がこんなにも必死になって 韓国・北朝鮮に都合のいい法律を成立させようとしているのか…。


次の動画 ↓ をご覧ください。

民主党はスパイの集合体/テロ組織「赤い旅団」とも連携【反日左翼】(14分55秒)


もう、恐ろしすぎます。。。


こんな政党が日本の与党、そしてこんな人物が日本の総理大臣をやってるのですから…。


お友達ブロガーののんちゃんが、ブログの記事にされていましたが、


この動画 ↑ に出て来る「赤い旅団」メンバーのイタリア人は、先日の「朝まで生TV」に出演し「脱原発」を強く訴えてた人物なんだそうです。
     今のところWALES「赤い旅団の男。。。」


菅総理に「脱原発」を説いたイタリア人がいたそうですが、その男こそがこの ピオ・デミリア氏。


この男はテロ組織「赤い旅団」のメンバーなのです。(動画の13分あたりから)


今の日本の首脳は テロ組織とつながりがあるということなのですよ…!



はっきり言います!


今の日本の政治の中枢にいるのは真っ赤な集団です!


革命を起こそうと 目論んでいる集団なのですよ。



ところで、皆さまは赤狩り「Red Purge」という言葉をお聞きになったことがおありでしょうか?


先の戦争後、アメリカ国内に増え続ける共産系の脅威を感じたアメリカ政府は「赤狩り」を行いました。


共産系に染まった人物をソ連のスパイと見なし、徹底的に洗いだし公職追放にしたのです。

 詳しくはWikipedia「赤狩り」をご覧くださいね。


大東亜戦争後に日本はGHQの占領下に置かれましたけど、


そのGHQ内にも共産党員が紛れ込んでいたと言われています。


その結果、日本国内の愛国精神を持つ人物は公職追放され、赤く染まった人間が日本の要職に就いていったのですね。


弁護士、大学の教員などに左翼思想を持つ人間が多いのは そのせいです。


アメリカは「赤狩り」を行い、現在は共産系の考えを持つ左翼的な人間は少数派となっていますが、


残念ながら日本では「赤狩り」が行われなかったことで、いまだに赤く染まった人間が多く存在するのです。


そして2009年の夏、ついに真っ赤な集団が 日本の政権の座を奪い取ったというわけなんですよ…。


日本の赤い革命分子は「反戦、平和、平等、人権,高福祉,脱原発」などと耳障りのいい言葉で 一般の国民を騙します。


耳障りのいいことを言いながら、その裏では民団や総連と手を組み、日本国民を裏切っているのです。


民主党の支持母体がこちら ↓ です。

minsyutousijibotai.jpg
  マスコミが報じない民主党の真実さんより画像をお借りしました。

見づらい方はこちらをクリックしていただくと、拡大してご覧になっていただけます。(別枠でPDFで開きます)


民主党の支持母体は、日教組、自治労、解同、革労協、中核派、赤軍派、街宣右翼、そして朝鮮総連、民団です。


こういう真っ赤な政党が 今の政権与党なのです。


日本をどういう方向に持っていこうとしているのか…想像がつきますよね…?


日本も「赤狩り」が必要なのではないか…と私は思いますが…。


皆さまはどう思われますか…?




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 13:36| Comment(15) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。