2011年05月30日

えいと@夫妻の新居が決定〜♪ & アメリカの賃貸住宅事情


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



さて、昨日の記事に書いたようにPA州滞在中に新居探しをしてまいりました。

  昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   えいと@夫の赴任先の大学を訪れる


どんな所に住むかによって 生活が決まってきますからね〜。


住居は重要なポイントであります。d(゚д゚)(。_。)ウン!


事前にインターネットで 6〜7件 賃貸物件をピックアップしておりまして。


そのうちの2件は2〜3マイル(3.2キロ〜4.8キロ)という近さでしたが、


それ以外は10〜20マイル(16キロ〜32キロメートル)ほど離れた近郊にあるアパートメントでした。


で、同僚になる方に「New Faculty(新任)は大学に近い所に住んだ方がいい」とアドバイスを受けたんですよ。


この地域は冬になると雪は降るし、地面が凍結することが多いそうなんですね。


New Facultyが予定外に授業をキャンセルすることが多いと 学生の評価が悪くなることにつながるので 避けた方がいいというアドバイスをいただいたんです。


アメリカって 大学生や院生がFaculty(教授陣)の評価を行うのですよね〜。


特に新任の時には 学生の評価が悪くならないようにしないといけませんからね。


そこで通勤時間が30分以内という条件でアパートメント探しを行いました。



ところで 今回、えいと@夫が赴任することとなった大学の周辺はけっこうな都会でございましてね。


車の量がハンパなく多く、朝と夕方の通勤、通学時間帯は道路が渋滞するような感じの街です。


なので10マイル(16キロ)以内の物件にしぼって探すことにいたしました。


結局5件のアパートメントを見に行きまして。


その中で間取り,日当り、環境的にものすごーっく気に入った物件があったのですが、


距離が大学まで20マイルとやや遠かったのですよね。(-_-)ウーム


日中だと高速道路を使って30分以内で大学まで行けるのですが、


朝の通勤ラッシュ時間帯は40分くらいかかってしまいそうなので断念しました。(;д;)=3


もう1件、8マイル(13キロ)で距離的にはバッチリで、間取りも良くてしかも新築という魅力的な物件があったのですが、


ものすごく道路が混雑する場所にあってわずか8マイルなのに高速道路を使っても40分以上かかるということなので 残念でしたがあきらめました。(;д;)=3


で、結局大学まで高速を使って7〜10分の場所にあるアパートメントに決定いたしました!


築4年の新しいアパートメントで、間取り、眺望、日当りがGood!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ


大きな道路から離れているので車の音も気にならず、静かな環境♪


フィットネスジム、プールがあってレジデンスは自由に24時間使うことができるアパートメントです。


歩いていける距離に小さなグローサリーストア(スーパー)と銀行があって生活するにはとっても便利な場所にあるので決めました〜♪


ただし…家賃が高い! w( ̄▽ ̄;)w グォーン


PA州の西側(エリー湖に近い地域)は比較的家賃が安いエリアなのですが、


PA州の東側(NYシティやフィラデルフィアに近い地域)は家賃が高めなんですって。


えいと@夫妻が住む地区はPA州の東側なんですよね…。家賃が高いエリアです…。(*´ο`*)=3


今、住んでいるバッファロー郊外の,何と! 2倍以上の家賃になってしまいますぅうぅ〜。(T_T)


まぁ、仕方がないですけどね…。


それと、このあたりの地域の条例でBBQグリルをベランダに置いてはいけないんだそうです。


このアパートメントだけではなく、この辺り一帯が条例で決められているんですってー。( ̄Д ̄;) ガーン


アパートメントの中にピクニックエリアが設けられていて、そこでBBQを楽しむようになっているんだそうです。


えいと@夫妻はBBQグリルを持っているんですよ〜〜〜。どうしよう〜〜〜。(≧д≦)

  えいと@夫妻が持っているBBQグリルはこちら ↓ です。
   BBQグリルを買う時のポイントはここ!


ムービングセールで売るしかないかなぁ〜。


お気に入りのBBQグリルなのになぁ〜〜〜。(。´Д⊂) シクシク


…と思っていましたら屋根付きのストレージがあるので、そこにBBQグリルを入れておく方法があることを聞きました。


1ヶ月95ドル 別にかかってしまうんですけどねー。


どうしようか悩みましたが…。(-ω-;)ウーン


ストレージを借りることにいたしました。


冬の間は 雪や凍結があるので 車を入れておいた方がいいこともあるかもしれないし…。


えいと@夫の釣り道具一式を アパートの部屋の中に入れたくはない気もするし…。(^_^;)


…てなわけで。


今住んでいるアパートメントの2.3倍の家賃で 新居を借りることになってしまいましたぁー!ヽ(T∇T)ノヒャー


でも静かだし 眺望はいいし 南側で日当りもいいし♪


何と言っても1173sq(スクエアーフィート)ですごっく広いんですー!\(*^▽^*)/


とっても満足でございますー。v(*'-^*)-☆




さて、ここからちょこっとアメリカでのアパートメント探しの情報を書いておきます。(州や地域によって異なる場合があります。ご了承ください)


アメリカの賃貸物件探しは 日本のそれとやや異なります。


アメリカは日本と違い「駅前に不動産屋があってその不動産屋を通して賃貸物件を探す」という方法ではなく、


アメリカ、特に大都市以外はアパート経営会社がそれぞれ契約オフィス(Leasing center)を持っていて独自に契約をするようになっているところがほとんどです。


日本の不動産屋のように一括して賃貸物件の空き部屋を管理しているようなシステムがありません。


賃貸物件の選択、交渉から契約まですべて自分で行うことになります。


日本と違い、不動産屋さんにおまかせ…という契約方法ではないので、自分ですべて行うのはけっこう大変な作業です。


では、どんな方法で賃貸住宅を探すのでしょうか。


ネットのアパートメントガイドに地域別に多くのアパートメントの詳細が掲載されているので前もってリサーチを行って物件を数件に絞ります。


アパートメントガイドはこちら ↓ を参考にしてください。
   Apartment Finder
   Apartment Gguide
   Rent.com


または、スーパーマーケットやガススタンドなどに置いてあるアパートメントガイドブックで住居を探します。


あるいは、住みたいエリアを実際に回ってめぼしい賃貸住宅を探し出す、という方法もあります。


できたら事前に部屋の空きがあるかを確認し、いつ訪問するのかをメールか電話で連絡したほうがいいようです。


いきなり行っても大丈夫ですけど、部屋に空きがなかったり、待たされることがありますからね。


物件によればモデルルームがある場合がありますし、空きの部屋があれば見せてもらうことができます。


遠慮しないで見せてもらうようにしましょう。


実際に部屋を見て決めた方がいいですから。


写真だけではわからない物件の周りの環境、騒音状況、部屋の日当り、アパートメントや町並みの雰囲気、大家さんや管理人の人柄などをしっかり見ることができますからね。


あとは契約の際に必要なものがありますので、忘れないように持っていきましょう。


SSN、運転免許証、外国人の場合パスポート、ビザ、移民書類は絶対に必要です。


日本と違いアメリカの賃貸契約に保証人は必要ではありません。(物件やオーナーによっては必要な場合もあります)


所得証明、雇用主のサイン入りオファーレターが必要な場合があるので 準備しておいた方がいいでしょう。


学生の場合は収入がない場合が多いので金融機関の残高証明を準備しておく方がいいでしょう。


オーナーの入居許可が出るのに1〜3日、長い場合は1週間かかることがあるので、


滞在期間が限られている場合は、複数の物件の仮契約を行っておいた方がいいかもしれません。


契約しなかった物件のアプリケーションフィー(20〜30ドル)は戻ってこないことがありますが、これは仕方がないでしょうね。



えいと@夫妻は契約した翌日に入居の許可が出たのでホッといたしました。


もし許可が出なかったら延泊して住居探しを継続しないといけませんでしたからね…。


…そんなわけでえいと@夫妻の新居が決定いたしました〜♪


めでたしめでたし♪ (*⌒▽⌒*)v




        【お知らせ】

頂いたコメントのお返事を書きましたので お時間がある時にご覧になってくださいまし〜♪

  育英会の奨学金の返済が始まる
  ダイソンDC25 アップライト型掃除機を徹底評価
  えいと@夫の赴任先の大学を訪れる




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 13:18| Comment(17) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(引っ越し編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。