2011年04月05日

韓国にだけ礼を言う菅総理 & 民主党に「義援金」の差配をさせてはいけない


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



昨日の記事で日本赤十字社に集められた義援金、寄付金が「民主党」によって仕分けをされるかもしれないという記事を書きました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   義援金が「民主党」によって勝手に仕分けされる…?


この記事で誤解していただきたくないのは、日本赤十字社が政府に分配を依頼しているわけではないということです。


他にもブログやツィッター、掲示板などで話題になっていたらしく、日本赤十字社に多くの問い合わせがあったそうで、


日本赤十字社は4/4に次のようにHPに掲載しています。

皆さまからお預かりした義援金は、寄付者の意向を反映し被災者に公平に配分される必要があります。
これを実現するために被災県に設置されるのが義援金配分委員会です。

義援金配分委員会は、被災地となった地方自治体、市長会や町村会、新聞社、放送局、NHK、中央共同募金会、日本赤十字社などで構成され、義援金の配分基準・方法、被災者への伝達・発表方法などを定めます。
これらは、被災者への直接の配分と透明性の高い配分を目指して検討されます。
 また、日本赤十字社は、皆さまからお預かりした義援金とこれから生じた利子を含む全額を義援金配分委員会に拠出して、被災者の見舞いや直接的かつ効果的な生活支援に役立ててまいります。

このためには、迅速な義援金配分委員会の設置と配分方針の検討が必要です。
日本赤十字社は、中央共同募金会、NHK、NHK厚生文化事業団と共同で、国及び関係自治体に対し義援金配分委員会の早期設置を要望しています。
  
一方、日本赤十字社は、災害発生直後から被災者への医療救護活動や救援物資の配分を行っています。
これらの活動は、日ごろ皆様からいただいている活動資金(社資)を財源としており、義援金を使うことはありません。

  日本赤十字社よりお知らせ「義援金の配分について」


こちら ↑ の説明によると日本赤十字社は「義援金配分委員会」を早急に開催することを国に要求しているにすぎない…ということのようですね。


なのに「日赤と関係自治体間では調整に時間がかかるため、異例ながら政府が差配することになった」


…などと民主党の片山善博総務大臣が 勝手に述べた…ということのようです。


実際に、電話をして確認された方がブログ ↓ で「日本赤十字社」への電凸を記事にされています。
日赤に電凸!義援金の行方は? 正しい歴史認識 国益重視の外交 核武装の実現

   〜〜〜引用ここから〜〜〜(一部抜粋)

ブログ主 :「義援金の分配に政府を介入させることを知った寄付者たちは非常に不安な気持ちになっています。
民主党が党利党略のために使用するんじゃないかとか、多くの人が政府を信用していないので日本赤十字に義援金を寄付した人は非常に不安な気持ちになっています。
今回は政府の関与が必要なのでしょうか?」


日赤 : 「政府の関与と言いましても、どの県にいくら配分するかということなので皆様が心配するような、民主党に都合の良いように使われるとかいう心配はないと思います。」

「政府が関与するのは、どの県にいくら位配分するかに止まるんですか?」

「そうです。
例えば、阪神大震災の時には主に兵庫県で、中越地震の時には主に新潟県が被災したので県に対する分配はそれほど難しくありませんでした。
しかし、今回の場合には、あまりにも広範囲なので、どの県にどれくらい配分するべきかの助言を政府に依頼したのです。
今回は主に岩手、宮城、福島が大きな被害を受けていますが、青森県や茨城県や千葉県なども結構被災していますし、長野県でも被害があるので、その辺をどうするかを政府に助言してもらおうと考えています。」


「県が設置する分配委員会が被災者に平等に見舞金を払うということで、そこに政府が関与するということは無いわけですね。
政府の関与は、飽くまで、どの県にどれ位分配するかというレベルなのですね?」


「そういうことになると考えています。
我々は皆様の義援金を預かっているだけですから、それを100%被災者への見舞金として届くように県の分配委員会に渡します。」


                      〜〜〜引用ここまで〜〜〜


…ということなんですね。


つまり日本赤十字社に集まった義援金を 日本政府に一任するということではないようです。


まぁ、最悪の事態になることはないようですね。


でも、だからといって100%安心はできないんですよ!


これはあくまで日本赤十字社が言ってることですから。


民主党は、政権与党の権限で義援金の分配を全て任せるように圧力をかける可能性がありますからね。


だって…。民主党って,過去にこういうこと ↓ をした政党ですから…!


  minsuisii1.jpg
  minsuisii2.jpg
   有権者への恫喝は許さない(2010年2月25日長崎新聞掲載)


こちら ↑ は2010年の長崎県で行われた知事選挙の際の民主党の選挙対策委員長である石井一参院議員が、


民主党推薦知事候補の総決起集会で、同候補が落選したケースに言及した時の写真です。


民主党が推薦した知事候補が落選したことで、


「時代に逆行するような選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対し それなりの姿勢を示すべきだろう」と長崎県を恫喝したのです。


政権与党の選挙対策委員長という大きな影響力を持つ人物が、その立場を利用して「それなりの姿勢を示す」ということは、


民主党に逆らうヤツ(自治体)には金を回さないぞ!…という脅しをかけたということなんですね。


つまり民主党はそういうことをする政党であるということなんです。



今回は日本赤十字社は早急に「義援金配分委員会」の設立を政府に要求しているということなので、


民主党は政権与党の権限で、早急に「義援金配分委員会」の設立をすればいいだけの話なわけです。


今回の震災では被害が広域にわたり、自治体機能も打撃を受けているため、


被害の全容把握が難航し、配分の調整が進まないということはあるでしょうから、


政府は、被害の状況のデータなどを「義援金配分委員会」に提供するだけでいいのではないんですか?


「どの県にいくら配分するか」まで関わらなくてもいいと思うのですけど…。



もうすぐ統一地方選挙です。


震災の被害が大きかった県は 統一地方選挙は延期されるのでしょうけど、


民主党推薦候補者に対し多く投票する県に多めに分配する…ということを 民主党だとやりかねないわけです。


そういう意味でも義援金の差配を民主党に任せるなんてとんでもないことだと思います。


いくら民主党でも、そんなえげつないことするかなぁ〜?って思われますか?


こんな風に考える 私のことを「ひどい人間」だと思われますか…?


この1年半の民主党政権の行いを振り返ると、疑わざるをえないのですよね…。


皆さまはどうお考えになられますか…?



ところで。


昨日の記事にも書きましたが、


今回の大震災で世界中から救援、支援、義援金、日本を応援するメッセージをいただきました。


本当にありがたいことです。


これに対し、天皇陛下は 先日の玉音放送で感謝の気持ちを言われていましたね。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   天皇陛下のお言葉 & 日の丸アレルギーを卒業しよう

自衛隊,警察,消防,海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々,諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が,余震の続く危険な状況の中で,日夜救援活動を進めている努力に感謝し,その労を深くねぎらいたく思います。
今回,世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き,その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

  東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のお言葉より一部引用


しかし、総理大臣である菅直人氏は まだ世界にお礼のメッセージを発信してないようです。


まぁ福島原発が落ち着かないため,まだ仕方がないのかな…って思ってましたら、


なんと! 韓国にだけ感謝のメッセージを送っていたようですよ。


 菅首相、韓国からのお見舞い書簡に感謝の意
菅直人首相は21日、東日本大震災を受け、韓国の各政党の代表が送った哀悼とお見舞いの書簡について、謝意を記した返信を行った。各政党が22日明らかにし、韓国の複数のメディアが伝えている。

韓国の各政党代表は震災発生の翌日12日、被災者への哀悼とお見舞いを伝える書簡を、在韓日本大使館を通じて菅首相に送付していた。
これに対し、菅直人首相は、在韓日本大使館を通じて与党・ハンナラ党の安商守代表をはじめ、民主党の孫鶴圭代表、自由先進党の李会昌代表に返信の書簡を伝達した。

菅首相は書面で「日本政府と日本国民を代表して心から感謝する。日本政府は地域住民を含め、全国民が難局を克服するために最善を尽くしている」と述べるとともに、
「被災地での韓国国民の被害を最小限に抑えるよう努力する」と伝えた。

一方、ハンナラ党の安代表は22日、駐韓日本大使館に用意された大震災の犠牲者のための弔問所を訪れ、哀悼の意を表した。
「日本国民は、地震による災難を克服できると信じています」と記し、武藤正敏駐韓日本大使に「逆境を克服するのに少しでも役立てれば」と義援金を渡した。
また、「私たち韓国国民は、日本の大災害を一緒に心を痛め、心配している。早期に復旧するように願う」と述べた。

これに対し武藤大使は「韓国が温かい家族のような心で、日本を心配してくれたことに感謝し、勇気を得ている。韓国が見せてくれた温かい心を忘れない」と答えたという。

   菅首相、韓国からのお見舞い書簡に感謝の意―韓国メディアサーチナ(3/23)


はぁ…そうですか…。ε-(-。ー;)


韓国にだけ感謝の気持ちを表明したのですか…日本の総理大臣は…。


いや、韓国にお礼を言っても別にいいですよ?


でも韓国だけに…ってどういうことですかね?


温かい家族のような心で 日本を心配してくれたのは韓国だけですか…?


最大の友好国であるアメリカや台湾こそが 家族のような温かい心で日本を心配してくれているのではないのでしょうか…?


ホントに…日本はいったいどこを向いているのでしょうね…? (:_:)



  米軍による救助作戦:「operation tomodachi 」 友達作戦(4分9秒)



     【お願い】

被災された方からのお願いのコメントをいただきました。

皆様にお願いです。
義捐金はなるべく自治体にお願いできないでしょうか。
それはすぐモノに変わり、被災地に向かうのです。
今被災地では新学期にあたり、文房具や学用品などが必要なのです。
子供服も不足しています。
これから集めた物資を持って市役所に行って来ます。
(By guten-alten-zeitenさん


自治体に直接入った義援金や寄付金は すぐに使うことができ、生きたお金になるということです。


これからも募金や義援金を送ろうと思われている方は、


できましたら自治体に直接お願いいたします!m(*- -*)m

  宮城県 HP   岩手県 HP   福島県 HP
   茨城県 HP  千葉県 HP  青森県 HP




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 14:36| Comment(24) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。