2011年03月20日

震災1週間経過…今、私たちにできることを考えよう


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。



東北関東大震災が発生して1週間以上が経過しました。


現地になかなか救援物資が届かなくて 辛い毎日を送っておられる被災者の方々。


家族や親戚、友人の安否がまだわからなくて不安に思われている方々。


余震で不安な毎日を送っておられる方々。


いろんな情報が入り交じって パニックに陥り 買いだめに走ってしまった方々。


まだまだ不安でいっぽいであろうと思います。


計画停電(無計画?)も不安やイライラを募らせる原因のひとつになっているでしょう。


1週間が経過したのに なかなか事態が沈静しないことにより 限界が近づきつつあるのかもしれません。


お気持ちは痛いほどよくわかります。



日本から遠いアメリカにいる私が こんなこと書くと「外国に住んでいて辛さがわかるのか」…って怒られるかもしれないけど…。


でも、こんなときだからこそ落ち着いて 冷静になって欲しい…って思います。


一部では 買い占めによりスーパーの商品がなくなるということもありましたが。


これはお店の中の商品がどんどんなくなっていくのを見て、一時的にパニックに陥ったのではないかと思っています。


関東や静岡あたりでも余震で大きく揺れて不安が不安を呼び起こしているんだろうな…って思うのです。


その上計画停電がありましたしね…。


電気がなく、真っ暗だと不安は助長されてしまいますからね…。



ところで、節電に関してですが、


電力不足のことがあるので節電することは重要なのですが、


日本全国が節電する必要はありません。


   denkisyuuhasuu.jpg
       ほくでんより画像をお借りしました。


今回の節電に協力できる地域は 50HZの地域(水色の部分)↑です。


周波数が異なるため 50HZに変換しないと送電できない(一度に変換できる電力は限られている)ので、


東海地方より西側の地域の方々は 必要以上に節電をする必要はないということです。


50HZの地域の方は引き続き節電が必要です。


特に東京電力がカバーする地域の節電が一番重要です。


東京23区は計画停電の対象外だそうですがパチンコ屋さんが普通に営業しているんだそうですね。


パチンコってものすごい電力を消費するって思うのですが…。


こういうのこそ自粛して欲しいですね。。。



被災しなかった人ができることを考えましょう。


まずは募金、義援金を送ることです。


たくさんの募金や義援金集めが行われていますが、義援金詐欺も多く出回っているので注意しましょう。


できるだけ信用のできる、大きな組織を利用する方がいいと思います。


bokinbana.jpg


こちらのサイト ↑ に募金、義援金の一覧がありますが、この中にも詐欺をしているとウワサされている団体があります。


皆さまの善意が無駄にならないよう 気をつけてくださいね。


個人的には日本にお住まいの方、日本に銀行口座をお持ちの方,クレジットカードをお持ちの方は,直接日本赤十字社に募金を行うのがいいと思います。


直接日本赤十字社に募金を行った場合、


郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料が無料となり、また寄付金控除の対象(平成24年度に確定申告が必要)となりますしね。



個人的に物資を送るのは まだ待った方がいいようです。(3月20日現在)


被災地はまだ混乱していること、物資輸送のルートが確保されていないことから、


個人ではまだ動かない方がいいようです。


自民党や一部の地方自治体では援物資を提供してくださる方を募集を始めていますので、


援助の物資を送られたい方は 自民党、一部の地方自治体を通して送るようにしましょう。


自民党では 現在「ポリタンク(20リットル用)を至急ご提供いただける方」を緊急募集されています。


他には乾電池、携帯充電器(乾電池式)、紙おむつ(幼児用・介護用)、生理用品、携帯カイロ、アルコール性ウェットティッシュ(未使用のもの)など、


配送及び現地受け入れの都合上、メーカー・製造元が出荷するケース(箱)単位での提供を呼びかけておられます。
   詳しくは自民党HPをご覧ください。



とにかく! 今、私たちにできることを考えましょう!


募金、援助物資の協力、地域により節電!


そして被災されていない地域の方々は そろそろ普通の生活に戻ってもいいと思います。


被災しなかった地方の方々は 悲観的にならずに 前向きに行動して欲しい。


自分たちの生活を必要以上に自粛する必要はないと思うのです。


被災されて避難所で暮らされている方々のことを思うと きちんと食べることができ、眠る場所があるのは申し訳ないと思う気持ちもよくわかります。


でも、だからといって被災していない者がどんなに自粛しても仕方がないことなんです。


仕事をされている方はしっかり仕事をして納税につなげてください。


そして大切なことは日本国内でお金を使う! これをやって欲しいのです。


日本ができるだけはやく復興するようしっかり仕事をし、納税し、日本国内でお金を使い、経済の活性化に貢献して欲しい。


経済を回すことが 後々の日本の復興に役立つのです。



そして外国住まいの方々へ。


何もできない症候群に陥らないでくださいね。


お友達ブロガーのFrau Kuritanさんが とーってもいいことを書いておられました。
   「VIVAどいちゅ」”何もできない症候群” に注意!

   〜〜〜ここから一部転載〜〜〜

私たち海外在住組は 

遠くに住んでて見ているだけ

遠くから応援してるだけ 祈ってるだけ 

それ以上『何もできない』という強迫観念にかられ 

違った意味で精神的苦痛を伴ってる人も多いのではないでしょうか?

皆 何かしら自分に出来ること をやっています

でも そんな事って うわべだけだけじゃないのか? 

持っていきようのない気持ちを落ち着かせる為にやってるただの偽善行為なんじゃないか??

自分自身 その行為自体満足できず それだけでは足りない もっと何かやらなきゃ

日本の皆は耐えてるのに 私は普通に生活してもいいのか???

たくさんの人達が自責の念にかられ自問自答してるのではないでしょうか?

でも あまり考え込まないでください

皆 愛する祖国を思う気持ちは同じ

あなたが祖国を見捨てたわけでも 家族や友達を見捨てたわけでもないんです


自分に出来る事をやればいいし 
やれないことはやらなくていいんです


                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜



元気を出そう! 日本は大丈夫!

復興に向けてみんなで頑張ろう!




皆さまに見ていただきたい動画(歌)がこちら ↓ 


   アンパンマンマーチ♪(フルバージョン)(2分48秒)

元気が出ると同時に…ちょっとホロっときます。 (TvT)




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 05:27| Comment(27) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。