2011年03月17日

とんでもない人事! 仙谷氏復活?&「節電啓発担当大臣」「災害ボランティア担当首相補佐官」


皆さま、こんにちは、えいと@です。ご訪問、ありがとうございます。【3/18追記あり】



毎週楽しみにしている関西TV ニュースアンカー「ニュースでズバリ」がお休みでした。


残念〜と思っていたところ、ラジオ番組のニュースの見方で,


今回の菅首相の動きのことと、原子力災害について 青山繁晴氏から説明がありました。



    青山繁晴 ニュースの見方 March 16(9分54秒)


こちらのブロガーの方 ↓ が 文字お起こしをされていましたので あげておきます。
青山繁晴「ニュースの見方」菅首相では危機は乗り越えられない「ぼやきくっくり」

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

青山繁晴
「僕は二つ、大きな柱、申したいんですね。
ひとつは今の、菅首相の動きのこと。それからもうひとつは原子力災害のことです。
後者については、私は内閣府の原子力委員会の専門委員ですから、その立場をふまえて申したいんですが、まず、菅首相の問題なんですね。
今、救国一致で事に当たらなきゃいけないということになっていて、それはそのとおりで国会も休んでいますし、野党も政治休戦に入ってますね。
しかし、私たち有権者は、言わねばならないことは、やはりきちんと言わなきゃいけません。
というのは菅首相の、今の行動ぶりでは、原子力災害も含めて、今の危機は乗り越えられないし」

中西一清
「ほおー」

青山繁晴
「日本国の復興もできないと、いうぐらいまで考えております。
というのは、まず原子力災害について、菅さんの動き言いますとね、端的に言うと福島の現場に、行く必要がないのに行かれましたね。それからそのあと、東京電力の本店に、行かれましたね」

中西一清
「はい、乗り込みましたね、ええ」

青山繁晴
「ええ、このふたつのことで何が起きたかというと、福島の現場では当然、菅首相御一行様が来るというので、それに対応しなきゃいけませんから、実際ずいぶん力をそがれました。
それから、未確認ではありますけれども、対応の時間も遅くなったという見方もあります。
これはもっときちんと、精査しないとわかりませんが。
いずれにしろ、菅さんが来たために力そがれたのはもう動かしようのない事実です」

中西一清
「ああー、逆にですね、ええ」

青山繁晴
「だから全く逆です。菅さんが行って何かできるんですか? できるはずがないじゃないですか。
それから、それについてですね、野党 何も言いませんから、菅さんのところに、国民の声はなかなか届いてないと思いますけど、ある程度届いたらしいです。
それを受けてですね、大震災が発生してもう5日も経ってるのに、突如として東京電力と、政府の間で、統合対策本部ってものを作りましたね。
で、作って、作っても、菅さんは当然、総理大臣の執務室の中にいて、そこから指示を出すべきなのに、今、中西さんもおっしゃったとおり、わざわざ東京電力の本店に乗り込みましたね。
で、ということは東京電力の本店機能はその時停止したに近かったんです」

中西一清
「うーん」

青山繁晴
「そりゃ動けませんよ、総理大臣がやって来て、そこで何か指示なさるというので。
で、その時に菅さん、3時間以上もいらっしゃって、何をなさったかというと、東京電力の役員たち、もちろん重大な時にありますが、
その民間企業の役員たちに向かってですね、一体どうなってるんだと、叫び、
それから、あなた方しかいない。絶対に現場から撤収するな、撤収したら100%東電はつぶれる
ということを、僕これ何人にも確認しましたが、間違いなくおっしゃってるんですね」

中西一清
「ま、そうおっしゃったみたいですね、ええ」

青山繁晴
「撤収するなって一体どういうことでしょうか。
福島の最前線で、ほんとに命をかけて、東京電力の名も無き社員や労働者、関連下請け会社の名も無き労働者、社員、それから自衛官、警察官、消防官、こういう方々が、取り組んでいる中で、撤収するなと、それなぜ菅さんはそういうこと言うんでしょうか。
そうしますとね、これは、執務室にいて指示出すだけだと国民に見えないから、国民に見えるように動いたという憶測が出るのは当然のことであって」

中西一清
「ま、パフォーマンスであると」

青山繁晴
「はい、僕はそういう言葉あんまり使いたくないんですが、そういう見方出るのは当然で、そして菅さんはその一方で、やるべきことやってないんです。
何をやるべきかというとですよ、菅さんにしかできないことがあって。
それはたとえば、ごく初期に、初期において、株式市場の市場一時停止、取引停止をたとえばやるべきであったし、
それから原発災害については、スリーマイル島の経験を持っているアメリカに対して、そういう意味での協力要請すべきでした。
スリーマイル島の事故っていうのは、アメリカにとってはいわば国家機密でもありますから」

中西一清
「そうですよね」

青山繁晴
「民間企業の東電ではとても言ってくれないこと山ほどありますから、
菅さんが日本国総理として、その機密は守りつつも、しかし実質的に協力してくれってことを、真っ先にやるべき
だったんですよ」

中西一清
「ずいぶん遅かったですもんね、そういう要請を出すのがね」

青山繁晴
「いや、そういう要請も、今、じゃあ出てるかというと、僕は必ずしもそうは思いませんね」

中西一清
「ああ、そうですか」

青山繁晴
「あの、ヒラリー国務長官とか、その、そういう人と松本外務大臣が話したからといって、スリーマイル島の情報を使って協力してくれって要請は、僕は出てないと思いますよ。
だからやるべきことをやってないんですよ。
しかも菅さんさらにやったことはですよ、たとえば、停電の問題ってのは当然、海江田経産大臣の仕事だからその人がやるべきなのに、蓮舫さんを突然、屋上屋(おくじょうおく)を架させて任命したり、
あるいは、ピースボートっていうボランティア団体を率いてきた辻元清美さんを、ボランティア担当の首相補佐官にして、利益誘導じゃないかって疑念を抱かせたり、
そういうやらなくてもいいこと、あるいはやっては困ることだけやって、やらなきゃいけないことやってないんです」

中西一清
「うーん」

青山繁晴
「したがって、この菅さんのこの奇妙な行動が直らないとこの危機も乗り越えられません。
それから、時間ありませんから次の話に行きますとね。
原子力の問題ですが、僕は原子力委員会の中での、専門委員てのは何かというと、普通の委員と違って専門分野がある、実務の仕事ってことなんです。
評論とかコメントじゃありません。
これは僕の本業のひとつなんですが、私の担当っていうのはテロ対策で、原子力の防護なんですね。
そして、原子力の本当の、いちばんの被害っていうのは今回のような自然災害とか事故、ヒューマンエラーじゃなくて、
テロによって放射性物質がまき散らされた時が最大の被害なんですね。
ところがその、テロであっても、この地震であっても共通することがひとつあって、実は12年前から、その、政府も、電力会社も、いざとなったら原子炉が自動停止するから大丈夫だってことばかりおっしゃってるけれども、
炉が自動停止しても、冷却ができなかったら重大な事態に立ち入るから、そちらに力点を置いて、自動停止するから大丈夫っていうことは乗り越えるべきだってこと申してきたんですが、12年間、実は何の、いわば新しい体制もとられませんでした」

中西一清
「でしたですね。今回もあの、二系統あるディーゼル発電機がダウンしてしまったというね、とんでもない事態ですよね」

青山繁晴
「ええ。だからもちろん想像を超えた、その、津波や地震災害によっているんですけれども、しかしその面からいうと実はこれ、人災の面があるわけです。
人災の面があるからこそ、さっき言った、人の助けを借りなきゃいけないので、
アメリカの今まで出してない知恵も借りろということであって、
これ、もう一度申しますが、菅さんも、本来の職務に立ち返って、このスリーマイルの時に遠隔操作をやってるんですけれども、その遠隔操作、今、全然できないから困ってるわけですけれども、
その時の、実際の動かし方、あるいは軍の使い方についてもう一度知恵を仰ぐべきです。
それからですね、もうやはり(放送の)時間がなくなってしまいましたが、最後に申しておきたいのはですね、
チェルノブイリのような事故になることは、今後もありません」

中西一清
「ありません、はい」

青山繁晴
「ありません。
チェルノブイリというのは、核分裂反応が続くまま爆発を起こしましたから、
あえてわかりやすく言えば、そこに、広島型原爆のたとえば500倍ぐらいのものの、核爆弾が落ちたような被害だったわけです。
で、福島で、ほんとに無惨な事態になっていますが、核分裂反応は止まっていますから、あくまで余熱の問題ですから、
あくまでスリーマイル島の事故が悪化したような状況であって、チェルノブイリとは違うっていうことで冷静にならなきゃいけません」

中西一清
「今、あの、爆発が起きてるっていうのも、あれはもう核には関係なく、水素の爆発ということでしょうかね」

青山繁晴
「ええ、核分裂反応とは全く違います。
それから、まさしく最後に申せば、NHKを含めてテレビを中心にですね、たとえば換気扇使うなとかエアコン使うな、肌をさらすなと、いうことがずっと放送されてます。
もちろん大切な放送ですが、これはあくまで、地域住民の方々に向けたことであって、
たとえば東京であったり、他の、100キロ200キロ以上離れた所の人にとっては、こういうことは今やる必要はありません。
それから、地域住民にとっても、もちろんたとえば400ミリシーベルトが出たっていうのは大変なことですが、それは発電所の内部で、しかも1時間そこにいたら当たる量でありますから
放射性物質というのは、雲に乗って拡散されるから問題ですが、同時に、拡散されるってことは必ず薄くなります。
薄くなりますから、そこはやっぱり冷静に見なきゃならないってことと、今、誰がいちばん、放射性障害の心配があるかというと、最前線で取り組んでる…」

中西一清
「そうですよね」

青山繁晴
「名も無き社員と労働者と、自衛官、警察官、消防官の方々であって、
だから、いちばん最初申したとおり、菅さんが、撤収するなとかよけいなこと言っているのが、どれほど困ったことなのかということを申しておきたいと思います。すみません、リスナーの方々も早口になってしまって、大変申し訳ございませんでした」

中西一清
「はい。パニックになる必要はないということですね」

青山繁晴
「そうです、ありません」


                    〜〜〜転載ここまで〜〜〜


青山さんが言われてるようにパニックにははらないようにしましょうね。


福島原発は かなり良くない状況ではあるけれど、


専門家や 鎮圧に懸命になってくださっている現場の方や、自衛隊の方々にお任せするしか今はないのですから…。



それにしても…民主党で大丈夫なのか?…って不安になってしまいます。


まぁ、菅総理は総理なりに一生懸命にやっているのでしょうけど…。


でもさ、菅さん。こんな状況で怒鳴る…って、そりゃ〜ないでしょう?


みんな一生懸命に頑張ってるのに…。


菅さんだけが頑張ってるんじゃないんだよ…。



でね、管政権で本当に大丈夫なのか…?と思ってしまうのですよ。


民主党は 野党に全く協力を要請していないようなのです。


自民党の 石破茂氏が言われていましたが協力の要請どころか、民主党は野党には情報をいっさい出さないらしいのです。


なぜ…?


こういう非常時には 党派を超えて協力すべきではありませんか。


特に前政権の自民党は 災害時のノウハウを持っているのだから、


こんな状況の時には きちんと連絡しあって協力し、知恵を出し合うべきでしょう…?


なぜ民主党は自分たちだけで判断しようとするのでしょう…?



官房長官の枝野氏は 会見でいろいろ発言していますよね。


Ustream.TVの右サイドにTwitterが流れているんですけどね。


「枝野さん、がんばれ」「民主党、枝野さん、いいね」っていうツィートがけっこう流れていたんです。


う〜〜〜ん。。。


この人「原発関連予算」を事業仕分けして削減した張本人なんですけど…。


民主党擁護派が集中して書き込みしているのでしょうか…?



そして,びっくりな人事がありましたよ。動画で青山氏も言われてましたが。


災害対策予算を「100年に1度の大災害対策は不要」「緊急性が無い」と切り捨てた蓮舫氏が「節電啓発担当大臣」ですって!


蓮舫氏が事業仕分けで削減したものはこちら。↓

・ 石油と塩の備蓄 ( ガソリンの不足につながっている )

・防衛費 ⇒ 自衛隊災害救出活動も縮小

・ 除雪費用 ( 雪国の事故多発につながった )

・ 八ッ場ダム

・ スーパー堤防 ( 100年に1度の大震災対策は不要 )

・ 耐震補強工事費 ( 高校無償化の財源化 )

     以下、麻生政権による推進政策

・ 学校耐震化予算 ( 緊急性が無い)

・ 災害対策予備費 ( 生活保護枠拡大(母子家庭)の財源化へ )

・ 地震再保険特別会計 ( 緊急性が無い、子ども手当の財源化へ )



こうやって見ると…事業仕分けで自然災害による「日本の安全保障」が大きく削られたことがわかります。


これを実施した張本人が「節電啓発担当大臣」なんだそうですよ…。


麻生政権時代にで緊急に組んだ「耐震対策費」4千億円は 民主党政権でばらまきに消えてしまいました。


蓮舫氏は「100年、200年、いつ来るかわからない災害より、今、困っている人を支援する方が先」と言ったそうですが。


災害っていつ来るかわからないからこそ、対策として常に備えておくべきものではないのでしょうか…?



これだけではありません。


16年前の阪神淡路大震災の時、被災地に救援物資ではなく、印刷機を持ち込んでピースボートの宣伝ビラを配布していた辻元清美氏が「災害ボランティア担当首相補佐官」だそうです。


以下は お友達ブロガーのさどつおる さんの記事より一部引用します。
   つれづれ日記「こんなやつが…?」

   〜〜〜引用ここから〜〜〜

阪神大震災では、若者たちのボランティア活動がクローズアップされた。
救援物資をいっぱいに詰めたリュックを背負って、不通となった鉄路を黙々と歩む若者たちの姿に、常日頃「近頃の若者は…」と嘆いていた大人たちは心を動かされた。
そんな純朴な若者たちを尻目に、ろくに救援物資も持たずに印刷機だけを持ち込んで、自己宣伝と政府批判のビラを撒き始めた連中がいた。
それが、辻元清美率いる自称・市民団体「ピースボート」である。
彼らが被災地でばら撒いたミニコミ紙『デイリーニーズ』には「国は地震のあった17日付けで公庫の返済分をしっかり引き落としよった」などという「被災者の声」が載ったが、
それを読んだ多くの被災者が口先ばかりの辻元達にインターネット上で憤りの声を上げた。
  
   (別冊宝島Real『まれに見るバカ女』より抜粋)

  辻元清美
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。
私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の、
   “国壊議員”や!」

      『週刊新潮』2005年10月13日号より

                 〜〜〜引用ここまで〜〜〜


何でこんな人が「災害ボランティア担当首相補佐官」に任命されるのでしょうか…?


あり得ないんですけど…。


辻元清美氏は強烈な「自衛隊反対論者」です。


被災地のボランティアの活動って 自衛隊との連携がすごく大切なんですよ?


自衛隊が大嫌いな辻本氏が 自衛隊と協力してきちんと仕事ができるとは とても思えないのですけど…。



     [3/18追記】


コメント欄にも書いてくださってますが、な、な、なんと…!


仙谷由人民主党代表代行の官房副長官起用ですって…!(゚Д゚;)

自民党の石破茂政調会長は17日夜、仙谷由人民主党代表代行の官房副長官起用について「持てる力が最大限に発揮され、一人でも多くの人が救われる結果となることを期待している」と述べ、震災対応で仙谷氏の手腕に期待を示した。党本部で記者団に語った。
公明党幹部も取材に対し、「行政の縦割り組織や民主党内を掌握できる、腕力のある人物でないと務まらない。この緊急事態の中では仙谷氏しかいない。大いに期待している」と語った。

一方、自民党参院幹部は「問責(決議の可決)で辞めた人がすぐ枢要なポストで復活するなんてふざけた人事だ」と批判。
同党の閣僚経験者の一人は「また尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のように混乱を生じさせるのではないか」と指摘した。

 仙谷氏手腕に期待「ふざけた人事」と批判も−自公幹部 時事ドットコム


あり得ない〜〜〜〜っ!!!!!ヽ((◎д◎;))ゝ


問責決議の結果で辞めた人が すぐ枢要なポストで復活するなんて…。


どれだけ 民主党内に人材がいないか…ってことを物語っているではありませんか!


尖閣諸島の時のように また日本を最悪な方向に持っていく可能性があるではありますよ、これは。


仙谷氏こそ「自衛隊は暴力装置」と言った張本人なんですから…!


もう…やだ…民主党、イヤだ! ε=ε=ε=(ノTдT)ノ


この「とんでもない」人事を決定したのは…誰? 菅総理ですか?! (`Д´メ)



ともかく…!


青山さんも言われてますが、やらなくてもいいこと、あるいはやっては困ることだけやって、やらなきゃいけないことやってない菅総理。


本当に大丈夫なのか、この危機的状況を乗り越えることができるのか…。


ものすごく不安を感じます。


祈る思いです。。。



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 12:52| Comment(36) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

現場の方は命がけで戦っていることを忘れてはならない & 記事削除のお知らせ


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。


「ニュースの見方」の中で、今回の菅首相の動きのことと、原子力災害についての青山繁晴氏のご意見を 前回の記事でUPいたしました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
とんでもない人事! 仙谷氏復活?&「節電啓発担当大臣」「災害ボランティア担当首相補佐官」

動画をまだご覧になってない方はこちら ↓ をどうぞ。
  青山繁晴 ニュースの見方 March 16(動画 9分54秒)

この動画 ↑ 中の青山さんのこの言葉 ↓ に胸が詰まる思いをいたしました。

東京電力の役員たちに向かって『一体どうなってるんだ』と、叫び、『あなた方しかいない。絶対に現場から撤収するな、撤収したら100%東電はつぶれる』ということを、間違いなくおっしゃってるんですね。
撤収するなって一体どういうことでしょうか。
福島の最前線で、ほんとに命をかけて、東京電力の名も無き社員や労働者、関連下請け会社の名も無き労働者、社員、それから自衛官、警察官、消防官。
こういう方々が取り組んでいる中で、撤収するなと、それなぜ菅さんはそういうこと言うんでしょうか。



そうなんです。


今、この時にでも東電の技術者や関連下請け会社の社員、自衛官、警察官、消防署の職員の方々が、


被曝するかもしれない、命がなくなってしまうかもしれない状況で 頑張ってくださっているのです。


東電の技術者や関連下請け会社の社員、自衛官、警察官、消防署の職員の方だって一人の国民です。


家族だってあるんです。


家に帰ったら普通の夫であり、お父さんなんですよね。


『絶対に現場から撤収するな!』…って。


これって一般の国民でもある、こういった方々に発する言葉なんでしょうか。


原発を守らないと 国の一部が死んでしまう…何としても最悪の事態を防がなくてはならない。


そういう気持ちがあったからこそ言われたのでしょうが…。


でも、絶対に現場から撤収するな! とは、つまり最悪の場合は死んでくれと言ってるの等しいのです。


菅さんにこの言葉の重みがわかっているのでしょうか…?


総理大臣として 国の代表としてお願いする立場なのではありませんか…?


一生懸命にがんばっている方々に怒鳴り散らすなんてもってのほかではありませんか…?


四つの原子炉が重大なトラブルに見舞われ、制御不能に陥った福島第一原子力発電所。
最悪の事態だけは避けねば――。自衛隊などの放水活動が始まる中、原発内でも多くの人が過酷な状況下で闘い続けてきた。
「もっと早く国ぐるみで取り組めなかったのか」「生きて帰って」
家族にもつらい時間が過ぎていく。

福島第一原発が制御困難に陥った15日、東電は現場での作業に直接かかわらない社員らを施設外に退避させた。
「もう会えないと思った。でも自分だけが立ち去るわけにはいかないと思った」
地震発生直後から作業にあたっていた東京電力社員は、家族に繰り返し言ったという。

家族の説明によると、この社員は地震発生時に原発の中にいた。
激しい揺れに襲われた直後、高い津波に襲われ、施設内の燃料や機材が失われたという。
「自然は怖い。地震と津波が重なるなんて」と振り返ったという。

ポンプ設備や最後の頼みの綱である緊急炉心冷却システム(ECCS)を起動しなければと、社員の自家用車のバッテリーや屋台の小型発電機までかき集めた。
それでもシステムは回復しなかった。
「外からの電力が断たれたのが一番悔しい」とも言った。

現場では数百人の社員や作業員が交代で作業にあたった。
だが、余震が襲うたび、せっかく修理したところが再び壊れていったという。
余震で眠れず、備蓄のクッキーやレトルトの五目ごはんはのどを通らない。
精神的に追いつめられた。
放射線をどれだけ浴びたのか。このまま爆発するのか。
多くの人たちに放射線を浴びせる事態を招くのか。


東電の記者会見では、歯切れの悪い問答が繰り返されていた。
それを知った社員は「中のことを、外の人は知らないんだ」と思った。
「会社には、もうあきらめられているのか」とも。
だが同時に「避難している住民が戻ってこられるようになるまで、ここを出てはいけない」と思っていたという。

この社員から現場の惨状を聞かされた家族は驚いた。
地震が起きるまで「世界最高の技術だから安全だ」という社員の言葉を家族は信じてきた。
事故の際の被曝(ひばく)対策もできていると思っていた。

家族の一人はいう。
「政府や東電は、現場で体を張る連中を見殺しにするのですか。今まで信頼してきただけに、腹立たしいのです」

 「立ち去るわけにはいかない」東電社員、放射線との闘い asahi.com

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。
地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。

会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。
事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。
話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。

東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。
特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。
「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。
出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。

「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ−定年前に自ら志願 時事ドットコム


現場の方々はこんなにも、命をかけて頑張ってくださっているのです。


そしてその陰で涙を流す家族の姿があることも忘れてはならないと思うのです。



菅総理の「政治主導演出」のこだわり ↓ は もうけっこうです。いりません!
  菅政権の政治主導演出へのこだわり、混乱を増幅 読売ニュース


菅さんは 理系で「原子力」に詳しいと自負されているようですが、他に専門家はたくさんいます。


菅さんは「総理大臣にしかできない仕事」をやっていただきたいのです。


被災地では「ガソリンが手に入らない」と嘆く報道がされていました。


ガソリンがなければ車が使えず、遠くに避難することもできないですよね。


そういう手配を迅速に指示するのが総理大臣の役目なんじゃないんですか?


こういった大災害の時には 何が緊急に必要なのか、民主党だけではわからないのでしょう?


なぜ自民党や 他の野党の協力を求めないのでしょうか。


自民党の石破茂氏が ご自身のブログ ↓ で語っておられますので ご覧になってください。
   石破茂「焦燥」


民主党の行動があまりにも遅いので自民党が産業界と連携して官邸を通さずにガソリンを被災地に運ぶ手配を始めました。


本来であれば与党である民主党が率先して行うべきことでしょう…?


日本を、国民の命を守るためには ありったけの知恵を出し合うことが必要なのではないのでしょうか…?


民主党…!


こんな緊急事態に 無能な政党に任せなくてはならない現実が辛いです…!




     【お知らせ】


3月16日にUPした記事、すごい! コアラのマーチ! & 企業の支援に感謝! & アメリカからの無料電話情報ですが…。


掲載していた企業の中に「日本にとって好ましくない企業」が含まれておりました。


私としては、災害時の支援や心遣いは どんな企業であってもありがたいことだなと思い記事にしました。


しかし、「民間企業が使う心理作戦をこの災害時にばらまいてまんまと思惑に嵌らないで欲しい」という読者様からの要望があったこと、


そのご意見に 私も共感できたことから「削除」することに決めました。


一部の企業だけ削除するのも問題があると思ったので、記事全部を削除いたしました。


コメントをくださった方,いただいたコメントを削除することになってしまい申し訳ありません。


いつもコメントをくださる方、当ブログを応援してくださっている方にはいつも感謝をしております。


今後もどうぞよろしくお願いいたします。
m(*- -*)m



     【お知らせ その2】


削除した記事内のアメリカからの無料電話サービスについての情報は こちらに転載しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Verizon 及び AT&T と契約をされている方にお知らせ です。


Verizon 及び AT&T が、日本への通話無料サービスを期間限定で開始することを発表しました。(3/14付プレスリリースより)。 


 詳細は下記URLをご参照ください。

Verizon
 期間:3月11日〜4月10日

Verizon Offers Free Calls/Text to Japan From March 11 to April 10
   http://p.tl/YGuh


AT&T
 期間:3月11日〜31日

AT&T Offers Wireless, Wireline Billing Relief for Consumers Calling and Texting Family, Friends in Japan
March 11 through March 31(上限60分の制限あり)

   http://p.tl/amzx


               (バッファロー日本人会からの情報)


Time Warner Cableも日本への電話料金をFREEにしています。


  詳細は下記のHPをご覧になってください。

Time Warner Cable
 期間 : 3月11日〜4月15日

FREE CALLS TO JAPAN FOR TIME WARNER CABLE DIGITAL PHONE AND TIME WARNER CABLE BUSINESS CLASS PHONE CUSTOMERS
http://www.timewarnercable.com/Corporate/about/inthenewsdetails.ashx?PRID=3173&MarketID=0&IID=BC8F2BD7-CB5E-478C-A6AA-71865132F8DB




被災地の電話回線はまだ混乱中なので、無料ではありますが 被災地への電話は最小限にしたほうがいいかもしれません。


だけど、アメリカ電話会社のこういった計らいはうれしいですね♪


世界が応援してくれているんだなって感謝でいっぱいです。 m(;∇;)m アリガトー




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 03:10| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

震災1週間経過…今、私たちにできることを考えよう


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。



東北関東大震災が発生して1週間以上が経過しました。


現地になかなか救援物資が届かなくて 辛い毎日を送っておられる被災者の方々。


家族や親戚、友人の安否がまだわからなくて不安に思われている方々。


余震で不安な毎日を送っておられる方々。


いろんな情報が入り交じって パニックに陥り 買いだめに走ってしまった方々。


まだまだ不安でいっぽいであろうと思います。


計画停電(無計画?)も不安やイライラを募らせる原因のひとつになっているでしょう。


1週間が経過したのに なかなか事態が沈静しないことにより 限界が近づきつつあるのかもしれません。


お気持ちは痛いほどよくわかります。



日本から遠いアメリカにいる私が こんなこと書くと「外国に住んでいて辛さがわかるのか」…って怒られるかもしれないけど…。


でも、こんなときだからこそ落ち着いて 冷静になって欲しい…って思います。


一部では 買い占めによりスーパーの商品がなくなるということもありましたが。


これはお店の中の商品がどんどんなくなっていくのを見て、一時的にパニックに陥ったのではないかと思っています。


関東や静岡あたりでも余震で大きく揺れて不安が不安を呼び起こしているんだろうな…って思うのです。


その上計画停電がありましたしね…。


電気がなく、真っ暗だと不安は助長されてしまいますからね…。



ところで、節電に関してですが、


電力不足のことがあるので節電することは重要なのですが、


日本全国が節電する必要はありません。


   denkisyuuhasuu.jpg
       ほくでんより画像をお借りしました。


今回の節電に協力できる地域は 50HZの地域(水色の部分)↑です。


周波数が異なるため 50HZに変換しないと送電できない(一度に変換できる電力は限られている)ので、


東海地方より西側の地域の方々は 必要以上に節電をする必要はないということです。


50HZの地域の方は引き続き節電が必要です。


特に東京電力がカバーする地域の節電が一番重要です。


東京23区は計画停電の対象外だそうですがパチンコ屋さんが普通に営業しているんだそうですね。


パチンコってものすごい電力を消費するって思うのですが…。


こういうのこそ自粛して欲しいですね。。。



被災しなかった人ができることを考えましょう。


まずは募金、義援金を送ることです。


たくさんの募金や義援金集めが行われていますが、義援金詐欺も多く出回っているので注意しましょう。


できるだけ信用のできる、大きな組織を利用する方がいいと思います。


bokinbana.jpg


こちらのサイト ↑ に募金、義援金の一覧がありますが、この中にも詐欺をしているとウワサされている団体があります。


皆さまの善意が無駄にならないよう 気をつけてくださいね。


個人的には日本にお住まいの方、日本に銀行口座をお持ちの方,クレジットカードをお持ちの方は,直接日本赤十字社に募金を行うのがいいと思います。


直接日本赤十字社に募金を行った場合、


郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料が無料となり、また寄付金控除の対象(平成24年度に確定申告が必要)となりますしね。



個人的に物資を送るのは まだ待った方がいいようです。(3月20日現在)


被災地はまだ混乱していること、物資輸送のルートが確保されていないことから、


個人ではまだ動かない方がいいようです。


自民党や一部の地方自治体では援物資を提供してくださる方を募集を始めていますので、


援助の物資を送られたい方は 自民党、一部の地方自治体を通して送るようにしましょう。


自民党では 現在「ポリタンク(20リットル用)を至急ご提供いただける方」を緊急募集されています。


他には乾電池、携帯充電器(乾電池式)、紙おむつ(幼児用・介護用)、生理用品、携帯カイロ、アルコール性ウェットティッシュ(未使用のもの)など、


配送及び現地受け入れの都合上、メーカー・製造元が出荷するケース(箱)単位での提供を呼びかけておられます。
   詳しくは自民党HPをご覧ください。



とにかく! 今、私たちにできることを考えましょう!


募金、援助物資の協力、地域により節電!


そして被災されていない地域の方々は そろそろ普通の生活に戻ってもいいと思います。


被災しなかった地方の方々は 悲観的にならずに 前向きに行動して欲しい。


自分たちの生活を必要以上に自粛する必要はないと思うのです。


被災されて避難所で暮らされている方々のことを思うと きちんと食べることができ、眠る場所があるのは申し訳ないと思う気持ちもよくわかります。


でも、だからといって被災していない者がどんなに自粛しても仕方がないことなんです。


仕事をされている方はしっかり仕事をして納税につなげてください。


そして大切なことは日本国内でお金を使う! これをやって欲しいのです。


日本ができるだけはやく復興するようしっかり仕事をし、納税し、日本国内でお金を使い、経済の活性化に貢献して欲しい。


経済を回すことが 後々の日本の復興に役立つのです。



そして外国住まいの方々へ。


何もできない症候群に陥らないでくださいね。


お友達ブロガーのFrau Kuritanさんが とーってもいいことを書いておられました。
   「VIVAどいちゅ」”何もできない症候群” に注意!

   〜〜〜ここから一部転載〜〜〜

私たち海外在住組は 

遠くに住んでて見ているだけ

遠くから応援してるだけ 祈ってるだけ 

それ以上『何もできない』という強迫観念にかられ 

違った意味で精神的苦痛を伴ってる人も多いのではないでしょうか?

皆 何かしら自分に出来ること をやっています

でも そんな事って うわべだけだけじゃないのか? 

持っていきようのない気持ちを落ち着かせる為にやってるただの偽善行為なんじゃないか??

自分自身 その行為自体満足できず それだけでは足りない もっと何かやらなきゃ

日本の皆は耐えてるのに 私は普通に生活してもいいのか???

たくさんの人達が自責の念にかられ自問自答してるのではないでしょうか?

でも あまり考え込まないでください

皆 愛する祖国を思う気持ちは同じ

あなたが祖国を見捨てたわけでも 家族や友達を見捨てたわけでもないんです


自分に出来る事をやればいいし 
やれないことはやらなくていいんです


                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜



元気を出そう! 日本は大丈夫!

復興に向けてみんなで頑張ろう!




皆さまに見ていただきたい動画(歌)がこちら ↓ 


   アンパンマンマーチ♪(フルバージョン)(2分48秒)

元気が出ると同時に…ちょっとホロっときます。 (TvT)




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 05:27| Comment(27) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

天皇陛下のお言葉 & 日の丸アレルギーを卒業しよう


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。


もう皆さまはご覧になられたでしょうか?


先日、今上陛下が 東北地方太平洋沖地震の被災者 及び全国民に向けてメッセージをくださいました。


まだご覧になられてない方はぜひ。↓

  
   天皇陛下 被災者へのメッセージ/東北関東大震災(5分48秒)


私は、たまたまUstream.TV(3/21現在は時間制限付きで放送)で生放送で 陛下のお言葉を聞きました。


えいと@夫と二人で並んで聞いちゃいましたよ〜。感激でございました。(TVT)


天皇陛下のおことば(平成23年3月16日)の全文はこちら ↓ をご覧くださいね。
   (平成23年3月16日・宮内庁HP)


動画に寄せられたコメント ↓ を一部紹介いたします。

本当に日本人で良かったと思います。
温かく、謹み深く、おごらず、、、これらの気持ちは尊敬できる天皇陛下あってこそです。
人を尊敬する心が人を大切にする心となり温かい世の中を作るので しょう。
このお言葉は、被災された方のみならず、
国民ひとりひとりの心に大切な光を灯してくださいました。
ありがとうございました。誇りです。


阪神淡路大震災で妻子を亡くし、生きる希望を失いかけていたとき 、神戸に見えられた両陛下の、お慈悲に満ち溢れたご尊顔を拝し、力を賜りました。
そのときのご恩に報いるべく、陛下のこの度の御言葉を肝に銘じ、1人の国民として皆と力を合わせ、この国難を乗り越えねばならな いと、肝に銘じました。


海外にいます。国内では見えないことが見えてきます。
陛下のお言葉は日本を救う。
もういちど日本人であることの誇りを思い出そう。
いつの世も天皇陛下は私たちとともに生きてくださっているのが伝わるお言葉。


実は正直、天皇制はもうそろそろ、いらないかなって思ってました 。
でも、国民に発表されたメッセージを見て、感激しました。背筋が伸びました。涙が出て来ました。
こういう国難にこそ、天皇陛下は必要なのですね。
真っ暗な闇の中で皆が仰ぐ太陽のような存在だと、心から思いました。


天皇崇拝教育をまったくしていないのに尊崇されてる。
不思議。
ちなみに僕も敬愛してる。


私も海外在住です。
遠い国の事ではなく、自分の母国が苦しんでいる時。
天皇陛下のお言葉が、こんなに感動するとは・・・・・
本当に感謝いたします、日本人で良かったと。ありがとうございます。


阪神淡路大震災の時も膝をおられ被災者と同じ目線で天皇、皇后両 陛下が優しく声をかけておられたのを思い出します。
また被災者の 方々が誰の訪問よりも感動され涙を流されていたのを見たとき、普段は意識していなくともやはり日本人の心の中には両陛下は特別の 存在なのだと言うことをあらためて認識させられました。
日本人で良かったとつくづく思います。


日本人の節度ある行動に称賛の声がよせられているそうですが
そうした日本人の美徳を体現しておられるのが天皇陛下、皇后さま です。
その精神が脈々と 途切れることなく続いていくことを願っています


この度の未曾有の大災害に陛下がどれほど心を痛めておられるのか それを思うとこれほどの温かいお言葉が心に染みないわけがありません。
日本人は陛下と共に生きこれからも力を合わせこの国難を乗 り切ろうではありませんか。
日本人は絶対に負けない! 負けるわけ がない!
失った多くの尊い命、多くの被災者の皆様のために私達は 今ひとつになって私達の国愛する日本を復活させようではありませんか。
天皇陛下万歳! 日本国万歳!



他にもたくさんコメントが寄せられていました。


以前の記事に書きましたが、天皇陛下は毎日毎日、国民のため祈ってくださっています。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   知れば知るほど驚きの「世界最強の天皇陛下」


本当にありがたいことです。


天皇陛下は日本人にはなくてはならない存在なのですね。



さて、本日3月21日は春分の日です。


宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)のひとつ、皇霊殿には、歴代天皇・皇族方の御霊がお祀りされています。
明治以前は、仏式により寺院や宮中のお黒戸に霊碑を奉祀しておりましたが、明治天皇はこれを神式に改められ、皇霊殿において春秋ニ季の皇霊祭を行うことを制定されました。
春分・秋分の日は彼岸の中日として、古くから先祖の御霊を祀る日とされていましたが、
明治十一年に明治天皇がこの日を皇霊祭の祭日に定められたことにより休日となり太平洋戦争の終わりまで続きました。

現在では、戦後の春分の日・秋分の日は戦前のそういう趣旨は排除した上で、もともとの民間の先祖供養の日としての趣旨のお彼岸を復活させたものです。
皇室では春秋ニ季の皇霊祭は宮中行事・皇室の祭祀として現在に至っています。

春分の日の三月二十一日頃(前後)「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ということで、日本の仏教では、平安時代のころから春秋に彼岸会(ひがんえ)が催され、悟りの彼岸へ至るための法要が営まれていました。
また浄土思想の広がりとともに、彼岸の中日(ちゅうにち)の夕刻、落日に向かって念仏を唱えれば、西方の極楽浄土に往生出来ると信じられていました。
しかし本来祖霊崇拝の思想は仏教にはなく、日本古来の風習が仏教と習合っしたと考えられています。
明治以来宮中で行われる春秋ニ季の皇霊祭は、祖先供養の風習を仏教色を除いて宮中行事化したものにほかなりません。
春分・秋分の日の趣旨は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という日本本来の自然観に立ち返ったものといえます。

     春季皇霊祭と宮中行事、皇室の祭祀より


春分の日春季皇霊祭だってことをはじめて知りましたよ…。(・Θ・;)


日本の祝日は すべて御皇室につながっているのですね〜。



ところで今回の震災で「国の大切さ」を強く感じた方が多いのではないでしょうか?


私たち夫婦はアメリカに住んでいますが、外国に住んでいても 祖国は日本です。


先人が築きあげて来た 信用ある日本があるからこそ、私たちは安心して外国で生活ができているのです。


祖国ってありがたい! 日本ってありがたい!…ってつくづく感じながら生活をしています。


こちらの写真 ↓ をご覧ください。

 sinsaihinomaru.jpg
  花うさぎの「世界は腹黒い」さんより画像をお借りしました。

      不屈の日の丸
死者・行方不明者が約一千人を数える岩手県釜石市にある壊滅状態の商店には、春分の日を前に泥にまみれた日章旗が掲げられていた    
       20日午後(桐山弘太撮影、産経新聞3月21日9面から)


不屈の日の丸…! 涙がぶわっとあふれました…。(:_:)


でっ! ここで提案です!


日本国民、みんなで日の丸を掲げませんか?


日章旗をお持ちの方は ぜひ! 本日の春分の日に「半旗」で日の丸を掲げて欲しいです。


お持ちでない方は、今回の春分の日には間に合わないですが、


今後の「日本の祝日」には日章旗を掲げるようにしませんか?



マンション用の日の丸が通販で購入できるというコメントをいただきました。

地震・津波で沢山の尊い命が奪われてしまいました。
今でも助けを待っている人達が沢山います。
そして、原発の作業に命を懸けている方々がいます。

こういう事態の時に不謹慎かもしれませんが紹介させて下さい。

私のワガママな要望で作って頂きました。
 【国旗セット マンション用Lサイズ】が発売されました。
   http://item.rakuten.co.jp/tospa/13360/
 
 【国旗セット マンション用Sサイズ】
   http://item.rakuten.co.jp/tospa/13160/

3月21日 春分の日(春季皇霊祭)
 死者を敬い、
 救援物資を待っている方に少しでも早く届く祈りを、
 日本を支える気持ちで掲げませんか?

沢山の意味を込めて、そして海外からの応援を背に
国旗を掲げて欲しいのです。

    本当に本当にお願いします。



sinsaihinomaru3.jpg sinsaihinomaru2.jpg


こんな感じ ↑ でマグネットでつけられるので賃貸住宅でもOKですよね。



かつて昭和50年代くらいまでは 祝日には日章旗を掲げるお家が多かったように思いますが、


今では国旗を掲げるお家は激減していますよね。


日教組教育のおかげさまで日の丸が まるで悪者のように教育されてきてしまいましたからね…。


日の丸アレルギーを持っておられる方もおられるでしょう。


だけど日本国民であるならば国を大切に思う心を持っているはずです。


そろそろ日の丸アレルギーを卒業しませんか?


私が住んでるアメリカでは本当に普通に日常的に(気軽すぎるくらいに)星条旗が掲げられています。


アメリカ人の愛国心をうらやましいと思っていましたが、


いやいや! 日本人だって愛国心はある! d(゚ー゚*)(。_。*)ウン♪


日本の国の象徴である国旗、日の丸を 多くの家庭で掲げるようになって欲しい…と願っています。



     【お知らせ】


お友達ブロガーのひろめいさん日本赤十字の募金のバナーを作ってくださいました!

   nissekibokin.jpg


かわいいイラストでしょう〜? すごくステキな4コママンガ ↓ を書かれているので 覗いてみてくださいね♪
        SYNCHRO !



ところで、昨日、義援金詐欺、日本赤十字社を語った詐欺も出てるそうですよ…。英語のサイトでJapan Red Crossと書いてあり、Pay palを通して寄付するというサイトらしいです。というコメントをいただきました。


Japan Red Crossって書いたサイトであっても直接のリンク先でない場合は詐欺の可能性がありますので注意してください。


日本赤十字社のサイトに直接訪問して募金するのが一番いいように思います。


皆さまの善意が無駄にならないよう 募金先には注意してくださいね。



     【お知らせ その2】


いただいたコメントのお返事を書きましたので、お時間がある時に読んでくださいまし。m(。・∇・。)m


いつもコメントくださる方々に感謝です♪

唖然! 呆然! ありえない! 日本の国会議員が「日本は竹島から手を引け」ですって!
感動! (;∇;) 災害時の日本人の姿〜日本人はすばらしい!
現場の方は命がけで戦っていることを忘れてはならない & 記事削除のお知らせ
とんでもない人事! 仙谷氏復活?&「節電啓発担当大臣」「災害ボランティア担当首相補佐官」
マスコミに惑わされないで! 石原都知事の発言




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 13:48| Comment(28) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

日本を潰しにかかっているのか…? 全てが信じられない民主党


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。



先日、菅総理が 自民党の谷垣氏に「原発問題担当相としての入閣を要請」し、それを谷垣氏は断ったというニュース ↓ がありましたね。

菅首相(民主党代表)が東日本巨大地震と東京電力福島第一原子力発電所での事故を受け、自民党の谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請していたことが18日、明らかになった。
谷垣氏側は拒否した。
これに関連し、民主党の岡田幹事長は同日、国会内で開いた「各党・政府震災対策合同会議」で、閣僚の3人増員を柱とする内閣法改正を提案した。
3ポストは原発問題担当と復興担当、被災者支援担当が念頭にあるとみられ、野党側も大半は増員には賛成する方向だ。
谷垣氏への入閣要請は、首相周辺から関係者を通じて自民党幹部に伝えられた。
谷垣氏側は「入閣は大連立と同じで、責任の所在が不明確になるだけだ」として拒否した。

   首相、谷垣氏に入閣要請…大連立と同じと拒否 読売Online


このニュース ↑ を見ると民主党が地震対策の協力を要請したのに 自民党は突っぱねたという風にとれます。


日本で流れているTVニュースや新聞が どんな風に報道したかは知りませんが、


こんな時に協力しないなんて! 自民党って何てひどい政党なんだ!って思ってる人がいるようですけど。


違いますからっ! ヾ(*`Д´*)ノ


自民党は震災が発生した3月11日の午後3時には谷垣総裁を本部長とする「東日本巨大地震緊急災害対策本部」を設置しています。


そして党派を超えての協力することを決め、政府を全面支援することを表明しています。


ところが! 自民党の協力を断ったのが民主党なんですよ!


しかも民主党の岡田幹事長は「政府の邪魔をするな!」という要請文を出しているんです。


自民党の協力を拒否していたのは民主党ですから!


   小池百合子総務会長 定例記者会見(2011.3.15)(22分52秒)

この動画 ↑ の8分過ぎあたりからご覧になってください。


動画で小池氏が「民主党は 国家としての危機管理が抜けている」って言われてますが、その通りだと思いますね。


政府からはほとんど情報が入らず、政府側の説明者もほとんどが当事者能力のない人たちで「ご提言は必ず伝えます」で終わってしまっていた自民党の石破茂氏は言われています。


そんな状態で「原発問題担当相としての入閣を要請」ってどういうことでしょうか?


地震から1週間経過して民主党ではどうにもこうにもならなくなったので 自民党に何とかしてもらおうと思ったということなんでしょうかね。


自民党と大連立を組んで政権維持をしたいというのは菅総理の悲願でありますしね。


原発問題担当の大臣を自民党にさせるあたりは何かあった時に責任転嫁をするためなんじゃないの…? (¬д¬;)b


…って、そんな風に思ってしまいます。


そんな意地悪な見方をしなくてもいいんじゃないか…と思われる方もおられるでしょうが、


原発はすでに大きな問題を引き起こしているわけですから。


何で今頃 野党に任せようとするんでしょうか。


「原子力に強い」と自分でおっしゃった菅直人氏がおやりになればいいのではないんでしょうかね? ε-(=`ω´=)



それにしても…民主党ではもうダメなんじゃないでしょうか?


政府として ぜんぜん機能していないのではありませんか?


この動画 ↓ を見てくださいよ…。もう びっくりですから…。


 東北大震災向けの乾電池190万個の配送を民主党が停止(1分28秒)


民主党はいったい何をしているのですか? ( ̄△ ̄;)


自治体の要請がないから送らなかった…って。何言ってるんですか? ( ̄△ ̄;)


被災地はライフラインがストップしてるんですよ? 


連絡がなかったら 要請がないって勝手に判断したんですか…?  ( ̄△ ̄;)


被災地は待ってたのに…?


呆れてしまいます。。。(´□`;)


被災地ではガソリンがなくて 被災者の方の悲鳴のような叫びが Ustream.TV でも流れていました。


民主党の動きがあまりにも遅いため 自民党は独自に動くことを決め、ガソリンの手配を始めたのですよ…。



16年前の「阪神淡路大震災」で 当時の村山富市氏が「なにぶん はじめてのことですので」と言い訳をしていましたが、


今回も同じような言い訳が出ましたよ。↓

にわか節電大臣の蓮舫氏は、東電の計画停電で大混乱を招くと、「初めてのことなので」と、阪神・淡路大震災の時の村山首相と同じセリフを吐いた。自分自身がパニックに陥り、“啓発力”を発揮することは一度もなかった。
節電大臣蓮舫氏 計画停電に「初めての事なので」とパニック 週刊ポスト



     小宮山洋子厚生労働副大臣(26秒)

この人 ↑ も同じことを言ってますよ。「初めて経験することが次々に起こって…」って言い訳をしています。


この人が厚生労働副大臣なんですか。知らなんだ。


社会党系の民主党の議員って「はじめての経験だから許される」なんて思っているのでしょうかね? d(`Д´メ)



それにしても、本当に民主党は日本を守る気があるのでしょうか…?


だいたい辻元清美氏の「災害ボランティア担当首相補佐官」や、仙谷由人氏の「官房副長官」起用もあり得ないし!

関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
 とんでもない人事! 仙谷氏復活?&「節電啓発担当大臣」「災害ボランティア担当首相補佐官」

「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。
私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の“国壊議員”や!」
(By 辻元清美)
   『週刊新潮』2005年10月13日号より


「国会議員」ではなくて「国壊議員」ですって。(゚Д゚;)


しかも16年前の阪神淡路大震災では「自衛隊は違憲だから 救援物資を受け取るな」と被災地を回って被災者に言い回っていたそうですしね。


芯からの「自衛隊反対論者」が「災害ボランティア担当首相補佐官」をするんですね。


災害地のボランティアって 自衛隊との協力が必須なのに…どうするつもりなんでしょうね。


仙谷由人氏は「自衛隊は暴力装置」って言った張本人ですし。


こんな人事をするってこと自体、日本を守る気があるのか疑ってしまいます。|||(-_-;)|||


民主党の考え方自体が「反自衛隊」なのに、手の平返しで 何でも自衛隊頼みであることにも腹立たしさを感じます。

何が「自衛隊、警察、消防(ちょっと間を置いて)、海上保安庁の活動に心から感謝」だ。
菅首相は全国放映のテレビで空々しい賛辞を口にする前に「民主党の安全保障行政欠落は政党としての誤りでした。
危機管理軽視も反省します。特に仙谷前官房長官の『自衛隊は暴力装置』『海上保安庁は武器を持った集団』という発言は甚だ不当な失言で、仙谷氏に撤回させ、謝罪させます」と国民に謝ってから自衛隊10万動員と言え。

  ◆手の平返し何でも自衛隊頼み
それも、不見識にも2万→5万→10万と、たった2日の間に危機管理の禁忌である「兵力の逐次投入」の愚を演じ、
さらに、戦後初めて予備自衛官の非常招集を行うとは、手の平を返したように何から何まで自衛隊
である。
仙谷氏も疚(やま)しい沈黙を守っていないで堂々とテレビ会見してもう一度、「自衛隊は暴力装置」と言うか、撤回して謝るか、民主党のためにも姿勢を明らかにせよ。

 佐々淳行 震災危機を「管理危機」にするな 産経ニュース


同感です! 佐々淳行氏の言われる通りだと私も思います。


確かに震災の規模は阪神淡路大震災よりも遥かに大きいために多くの自衛隊の動員が必要であったとは思いますが、


安易に2万から10万に増加させたことは、


内閣安全保障室長であった佐々淳行氏に言わせると 危機管理の愚なんだそうですよ。


それを平然とやってのける 日本の総理大臣…。 (-_-;)


そして残りの半数で 日本の安全を守らなくてはならない自衛隊員たち…。


大丈夫なのでしょうか…? (´ω`;)


それだけではありません。


アメリカは2200人の海軍を「TOMODACHI」として日本に派遣してくれましたが、


活動にストップがかかっているそうです。Σ(・口・)

東日本大震災と福島第1原発の事故を受け、米軍は空母や無人機を投入して支援作戦「トモダチ」を本格化させている。た
だ、発生から1週間余りが経過しても即応部隊である海兵隊の現地入りは限られ、放射能対応を専門とする部隊も待機状態。
日本から具体的な任務を要請されず「能力を持て余している」(軍事筋)米側から、いら立ちが垣間見える。

 活動限定にいら立ちも 米軍即応部隊「待機」 産経ニュース


日本政府はいったい何をしているのでしょうか…? (゚□゚;)


今以上に日米の関係を悪化させたいのでしょうか…? <(゚ロ゚;)>


米軍を待機させ、支援は必要なしと アメリカに判断させる目的でもあるのでしょうか…?


ところで中国の「人民解放軍」が日本に救援隊として派遣されるのを待機しているそうですよ。
 <東日本大地震>中国「人民解放軍医療部隊を送る」 中央日報


日本がこの提案を受け入れる場合、人民解放軍が史上初めて日本の地で活動することになるそうです。


これって めちゃくちゃ怖いんですけど…。(=Д=;)


仙谷氏だったら「人民解放軍」を日本に呼び寄せそうですよね…?


ぜったいにやめて欲しい! !!!!(゚ロ゚ノ)ノ



こうやって考えてみると、民主党ってわざと日本を守ろうとしていないんじゃないかって思えて来ませんか?


はじめは菅さんはじめ 民主党はとりあえず一生懸命に頑張ってるのかなって思っていましたけど…。


やってることがひどすぎませんか?


民主党ってマジで「日本を破滅させよう」としているんじゃないかって疑ってしまいます。


こんな状態なのに枝野氏は「政府はよくやっている」と自画自賛してるそうですよ。


しかも政治主導で!ですって! Σ(・ω・ノ)ノ!

東日本大震災をめぐり、枝野幸男官房長官が18日の政府と与野党の震災対策合同会議で、
計画停電への対応を自画自賛するなど、政府・民主党の認識が実態とは大きくかけ離れていることが21日、産経新聞が入手した合同会議や実務者会合の議事録で明らかになった。
一方、民主党の岡田克也幹事長からは緊張感の欠如ともとれる発言も出ている。
枝野氏は地震発生後、緊急災害対策、原発事故、計画停電などに関する政府の対策本部の調整役となったものの、対応の遅れが批判された。
会議出席者が作成した議事録によると、18日の合同会議で、社民党の阿部知子政審会長は計画停電について「『無計画停電だ』。街がガラガラで小さな商売が成り立たない」と見直しを求めた。
これに対して、枝野氏は「当初の計画通りだったら大混乱だったが、東京電力、経済産業省に任せず政治主導でやってよくなった」と反論した。

 震災の実態とかけはなれた政府・民主の認識 議事録で明らかに 産経ニュース


もう…何とかしてください…!


もうイヤです! こんな政府! ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・


マスコミが騒がないからって このまま「民主党政権」を放置しておけば、


日本がとんでもないことになってしまいそうな気がしてなりません…。(┯_┯)



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


     nissekibokin.jpg
       >>日赤への義援金・救護金のお申し込みはこちらから


posted by えいと@ at 17:35| Comment(41) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。