2011年01月09日

民主党と安全保障〜どうやって日本を護る?


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



新しい年が始まって、民主党の かんちょくと、あ、失礼、菅直人総理は はりきっておられるようですね。

「徹底的に(首相を)やってやる」
菅直人首相(64)が7日、総理として初めて生出演したインターネットの番組で、自らの意思で総理の座を退く可能性はないと断言し、総理居座りを宣言した。
「過去に短い期間で総理を辞めた人がいるが、原因が何となく分かる。気持ちがなえるんです。おれはここまでやっているのに、なぜ分かってくれないのか。いろんな思いが伝わらないから、これ以上やってもだめだとなる」
菅首相は「私は(市民運動出身で)変わり種。徹底的にやってやろうと思う」と、政権にかじりつく決意を宣言。
野党には早期の解散総選挙を求められているが、「日程がきつく、日本の国会のシステムは総理をなえさせる要素が多くても、自分の気持ちになえて辞める選択肢は、私にはない」と、強調した。
「どこまでやれるか、もう1度見直さないといけない」と、衆院選マニフェスト見直しにもあえて言及。
言いたいことを言ってエンジンがかかったのか、鼻息の荒さが音声を通じて漏れるほど、高揚していた。

      菅首相初のネット生放送で「絶対辞めん」 nillansports.com


えぇえ〜〜〜自らの意思で辞めることはないんですかぁー? 


やはり支持率が1%になっても辞めないって言ってたのは本当なんですねぇ。


困りましたー。だって解散総選挙は総理大臣が決定しないと起こりえないんですから。


内閣を改造して 大臣の一部が交代しても意味がないですもの…。


だって。


民主党って本当に人材がいませんから。


与党のやることに反対ばっかりして 足を引っ張るしか能がない野党時代でしたからね。


民主党は与党になって「政治主導でいく」って意気込んでいましたけど、


政治の素人集団の民主党が 官僚の協力なしで政治ができるはずがないのです。


菅総理が TVニュースでいろんな情報をとっているそうですが。


こんなことは 普通ではあり得ませんよ。


官僚が 重要な情報を総理大臣や重要閣僚に流さなくなっているのではないかと思いますね。


官僚の意見を蔑ろにしてきた民主党政権が、今更 何もできませんから情報ください〜って官僚に泣きついても無理なんじゃないですか?


政治家と官僚は信頼関係ですから。



ところで、民主党はマニフェストを全面的に見直すそうですけど。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    嘘つきマニフェスト〜民主党の総括


これって2009年に民主党を支持した有権者を裏切る行為ですよね?


まぁ、ものの見事にマニフェストは詐欺フェストだったわけですし、


見直さないとどうしようもないのでしょうけど。


で、その裏ではマニフェストに載せてもいない 日本解体闇法案を着々と進めているようですし。


民主党が何としても通したい 裏のマニフェスト ↓ は、日本のためにはならない法案ばかりです。

 1)靖国神社代替施設  2)外国人参政権  3)人権擁護法案
 4)二重・三重国籍   5)戸籍制度廃止  6)夫婦別姓(選択制別姓)
 7)女性差別撤廃条約選択議定書   8)1000万移民推進
 9)日教組教育の復活        10)国立国会図書館恒久平和調査局
 11)地方主権    12)CO2 25%削減   13)東アジア共同体構想



これに加えて公務員スト権を成立させようと 蓮舫氏が張り切っていますしね。

  「公務員スト権」に関してはこちら ↓ をご覧になってください。
    絶対に反対!民主党が奨める「公務員スト権」


そして、最も重要な「国家の安全保障」について民主党にはほとんどこれといった政策がないのです。


国の安全が守られてこその国民の生活じゃないですか?


国がなくなってしまったら 国民の生活云々など言ってられなくなるのに。


永久にどこからも攻められることのない、世界中が平和な世の中であればいいでしょうが、


残念ながら世界中が平和であるなんてことは今の時代では100%ありえないのです。


確かに自民党政権時代も 安全保障が十分であったかと言われれば十分ではなかったと思います。


世論が「防衛に積極的でない」時期に なかなか防衛費を増額したり戦闘機を造ったりなどはできませんからね。


しかし、それでも自民党は 国防に懸命に取り組んできたのです。


しかし、どんなにがんばって安全保障に取り組んでも 予算を増やそうとしても、野党の強力な反対があったらできないわけですよ。


ことごとく反対してきたのは民主党、社民党、共産党などの左派政党なんですね。


そして現在は、その国防、防衛政策に反対していた民主党が圧倒的多数で与党なわけですよ。


安全保障が後回しになってしまうのは 仕方がないことなのかもしれません。


尖閣問題で7日、あらためて政府の見解が示された。沖縄・石垣市が求めていた尖閣諸島への上陸について、総務省は、正式に上陸を認めないことを決めた。
東京都の石原知事は「(総務省が尖閣上陸を認めないと...)なんで認めないの? なんで認めないの?」と話した。
東京都の石原知事も驚いた政府による結論。
中国漁船の衝突事件をきっかけに、沖縄・石垣市が、固定資産税の額などを調べるため実地調査が必要として、国に許可を求めていた尖閣諸島への上陸。
7日、総務省の固定資産税課長の名で、「『平穏かつ安定的な維持および管理のため』という政府の賃借の目的を総合的に勘案した結果、上陸を認めないとの結論となった」との結論が示された。
その理由として、政府は、島の現状に変化がないことなどを挙げ、そのうえで、「強行的に上陸することがあれば、国内法に基づき判断する」とした。
この問題をめぐっては、およそ1カ月前の2010年12月10日、要請に対する国からの回答がないとして、仲間 均(ひとし)石垣市議らが、尖閣諸島の1つ、南小島に上陸した。
仲間市議らは、ビデオカメラで島の様子を撮影し、島に残っているかつお節工場の跡などを記録した。
仲間市議は、自ら撮影したビデオ映像の中で、「これは、南小島のかつお節工場跡だと。石積みの建築が、きれいに今でも残っております」と伝えていた。
今回、国が上陸を認めない結論を明らかにしたことについて、石垣市の中山義隆市長は「それに対しては、非常に残念で。それならば、国としてしっかりと、国の機関が上陸して、調査をしてもらいたいと」と述べた。
また石原都知事は、今後について、「市会議員と違ってね、国会議員っていうのは国政調査権があるんだから。尖閣問題に関心のある議員がね、超党派でチームを組んで、国政調査権の名目で尖閣に上陸して、自衛隊が駐留する可能性があるかないか、どういう整備が必要かっていうことを、ぜひ政府に申請して国政調査をしてほしい」と述べた。
今回の決定を受けて、石垣市の仲間市議は、「議員としてね、上陸をして調査をすることがですね、わたしは議員の務めと思っておりますから。これまで通りですね、従来通りですよ、わたしの信念は変わらないと」
「(最終的には、実効支配というか実績を積み上げていくことにつながっていくと?)そういうことです。
政府はこれまで同様ですね、同じように上陸を認めないと言ってきたわけです。同じです、これはね。自民党時代からずっとこうきて、今、民主党に変わってるんですけど、民主党も、もっとひどいことを言ってきておりますけれどもね。
わたしは、信念は変わりませんし、やっぱり実行しないと。そこの議員が 常に尖閣に行けること。これが実効支配だと、わたしは思っておりますからね」と語った。

 総務省、沖縄・石垣市が求めていた尖閣諸島への上陸を認めないことを決定 FNN


はぁ〜もう…ため息しか出ませんね…。


総務省は「石垣市の市議会議員の尖閣諸島上陸は認めない」そうですよ。


しかも、その理由が『平穏かつ安定的な維持および管理のため』ですって。


島の現状に変化がない…って、どこをどう見たら変化がないって言えるのでしょうか?


中国漁船(おそらく船長は人民解放軍の便衣兵)が日本の領海で海保の船に体当たりしてきたという事実があるのに。


ちなみに便衣兵というのは民間人の姿をした軍人のことで、昔からの中国の得意技のひとつです。


それだけではなく今年の5月か6月頃に 中国人が束になって尖閣諸島に上陸するかも…ってウワサもあるというのに…!


こんなに危機が迫った状況で 島に変化がないって…信じられません!


中国に実効支配されたら 尖閣諸島は確実に中国のものになってしまいます。


尖閣諸島は沖縄県石垣市です。なぜ石垣市の市議会議員が上陸してはいけないのでしょうか。


中国が怒らないように気を使ってということなのでしょうけど、


気を使えば使うほど、つけあがってくる国ですよ? 中国って国は…!


これで問題を先延ばししたら、いつか尖閣諸島は竹島と同じ状況になってしまうでしょうね。


どんなに国際的に我が国の領土だ!と叫んでも事実上実効支配された場合は取り返すのは不可能です。


尖閣諸島に関しては 現在においては日本が有利ではありますが、


万が一中国人に上陸されて実効支配されたら立場は逆転してしまいます。


それを食い止めるためにも石垣市の職員が定期的に上陸することは 有効な方法なのですよ。


なぜそれを認めないのか…?


自民党政権時代と状況は大きく変化しているのです。


それがなぜ、民主党にはわからない…?


国の安全保障は二の次政権である所以でしょうか。


あぁ! もう! 


こんな日本の安全を考えない政党に これ以上日本の政治を任せていたら、


そのうち尖閣諸島は中国に実効支配され、台湾海峡のシーレーンが危うくなるでしょうね。


そうなったら日本に石油が入ってこなくなるのですよ…?


日本の皆さま、いいんですか? 今の生活がなくなってもいいのでしょうか…?


どなたかが今の日本人の興味の対象は 温泉、グルメ、お笑いの3つだと言ってましたが。


もしシーレーンが危うくなれば、温泉、グルメ、お笑いもなくなってしまいます。


お願いです。危機感を持ってください…!


これだけじゃなく、書ききれないくらいの日本を沈める政策がてんこもりなんです。


一刻も早く解散総選挙で民主党政権にストップをかけないと…!


菅総理は自分の意思では総理大臣の椅子は明け渡さないと断言しています。


なんとか世論の力で「解散総選挙」に持っていってほしいと願っています。




     【お願い】


民主党の蓮舫氏が「公務員にスト権を付与」する法案の成立を目指しています。


この「公務員スト権」については こちらの記事 ↓ をご覧になってください。
    絶対に反対!民主党が奨める「公務員スト権」


なぜ民主党は「公務員のスト権」を早急に成立させたいのか…?


それは民主党の支持母体がこういうこと ↓ になっているからなんですね。


minsyutousijibotai.jpg
      民主党の正体さんより画像をお借りしました。

見づらい方はこちらをクリックしていただくと、拡大してご覧になっていただけます。(別枠でPDFで開きます)


これ ↑ をご覧になっておわかりいただけるように、民主党の主な支持母体は「自治労」及び「日教組」なんですね。


モロに労働組合と癒着があるわけですよ。


民主党支持母体の「自治労」の念願である「公務員のスト権」を何としても通したいのです。


皆さま! お願いします!


「公務員のスト権」に断固反対!という国民の声を政府に届けてくださいませんか?


国家公務員制度改革推進本部事務局が国民の意見を募集 ↓しています。

http://www.gyoukaku.go.jp/koumuin/iken/index.html


意見提出先
別紙の様式により、電子メール又は郵送にて以下まで提出してください。
・電子メールの場合: i.koumuin_atmark_cas.go.jp
             「_atmark_」を「@」に置きかえて送信してください。
・郵送の場合: 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 内閣府本府庁舎2階
          国家公務員制度改革推進本部事務局 意見募集担当宛


意見募集期間は平成23年1月14日(金)正午(必着)ですので、もうあまり時間がありません。


賛同いただける方はどうかよろしくお願いいたします。



     【追記】


1月10日に民主党は「公務員スト権」の見送りをする方針を決めたそうです。

人事院勧告制度の廃止と、労使交渉による給与決定を2012年度に先行実施。その後にスト権を付与する構えだったが、実際にストが発生した場合の国民生活への影響を考慮した。
   政府、公務員スト権付与を見送り 民主と労組反発も 47ニュース


「公務員にスト権を付与」を撤回ではなく見送りなので、


まだまだ安心はできませんが、とりあえず良かったです。

  詳しくはさやーむさんが記事 ↓ にしてくださってます。
    労働は「罰」か?「公務員スト権付与」は見送り


内閣府に意見を送ってくださった方、ありがとうございました!


多くの意見が集まったとの事です。


そのほとんどが公務員にはスト権など必要なしというものであったそうです。


皆さま! Good Jobですっ!


国民の意見も無視できなくなって来たのでしょう。


今後もどんどん意見を送っていきたいですね!


我々の手で日本を守りましょう!


本当にありがとうございました!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 04:08| Comment(24) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。