2011年01月03日

神道の心が込められた日本のお正月 & 伝えていきたい「教育勅語」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



1月1日はお正月ですね。


皆さまはお正月って何かって考えたことがありますでしょうか?


国によって考え方は異なりますが、今回は日本のお正月について考えてみたいと思います。


昔から元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。
年神様はその年の五穀豊穣を司り、人々に健康や幸福をもたらす神様で、「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。
その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。
新しい年を“迎える”と表現したり、“一年の計は元旦にあり”といったりするのも、
年神様を元旦にお迎えすることから来ています。

         そうだったのか!正月行事の由来 All about参照


毎年1月になれば新年を迎えるのは、単に新しい年になったからだけではないんですね。


日本のお正月には「神道」の心が込められているのです。


だからこそ日本人はお正月には玄関に門松やしめ縄を飾り、お節やお雑煮を食し、初詣に出かけるのですね。


「神道」の心が日本人のDNAの奥深くに根付いているからなのでしょう。



さて。1月2日には皇居で「一般参賀」が行われました。

新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われ、7万7000人あまりが訪れた。
天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻などの皇族方は計5回、長和殿のベランダに立ち、東庭に集まった人々の祝意に笑顔で手を振って応えられた。
モーニング姿の陛下はすべての回であいさつし、「今年がみなさん一人一人にとり、少しでもよい年となるよう願っています。年頭に当たり、世界の平安と人々の幸せを祈ります」などと述べられた。

   陛下「少しでもよい年に」 一般参賀に約8万人 産経ニュース
      (写真は全て産経ニュースよりお借りしました)

j-tennouheika11-1.jpg

「昨年は,多くの地域で猛暑が続き,また経済の状況も厳しく、人々の生活にはさまざまの苦労があったことと察しています。
家族や社会の絆を大切にし、国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、その安寧のために力を尽くすことを切に願っています。
本年が我が国と世界の人々にとって幸せな年になることを念じています。」

        天皇陛下のご感想(新年にあたり) 宮内庁HPより


天皇陛下は日本のために、日本国民のために、世界のために 毎日祈ってくださっているのですねぇ。


何とありがたいことではありませんか…。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    知れば知るほど驚きの「世界最強の天皇陛下」

     
j-tennouheika11-2.jpg

j-tennouheika11-3.jpg


多くの国民が こうやって日の丸を振って 天皇陛下と共に新年を迎えられる。


こんなに素晴らしい光景は他にはないと思われませんか…?


ところで。お友達ブロガーのこうめさんが、一般参賀に行かれた模様を記事にしてくださっています。


天皇・皇后 両陛下のお姿を拝見したとたん、こうめさんったら 涙がブワッと出てきたんだそうです。


それほどまでに感動する一般参賀であったのですね〜。


こうめさんの詳細な一般参賀レポート ↓ をぜひ、ご覧になってくださいね。
     こうめのブログ「一般参賀!」



さて、以前の記事 ↓ にも書きましたが、
    近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜


今上陛下のひいおじいさまであられる明治天皇は「教育勅語」をお作りになられました。

【教育勅語の十二の徳目】
孝行 親に孝養をつくしましょう
友愛 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜 自分の言動をつつしみましょう
博愛 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業 勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就 人格の向上につとめましょう
公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう
 

「親、兄弟姉妹、友人を大切にし、夫婦仲良く、人に優しく、秩序を守り 勤勉であれ」


明治天皇は 日本国民が皆 こうあって欲しいと願われたのですね。


この「教育勅語」に書かれている内容って今の日本人に必要なものであると思われませんか…?


「教育勅語」は人間としてあるべき姿を表しているように感じます。


この「教育勅語」は 子々孫々に伝えていきたいお言葉であります。


当ブログを読んでくださっている方の中に子供さんをお持ちの方がおられましたら、


次の動画 ↓ を ぜひ! 子供さんと一緒にご覧になってください。


     教育勅語(2分17秒)


できましたら子供さんに読んで聞かせてあげてくださいね。


大昔に 私たちの祖先が「にっぽん」いう国をつくったとき、

心のきれいな人たちが住む立派な国にしようと思いました。

そしてみんながその気持ちを大切にして、心をひとつにして頑張ったから

今の「日本」があるのですし、それはとても誇らしいことです。


みなさんは、お父さん、お母さんを大切にして、兄弟姉妹は助け合いましょう。

お父さん、お母さんは仲良くしましょう。

友達は大切にして、意地悪をしたり嘘を言ってはいけません。

いばったり、自慢したりせずに、

困っている人がいたら助けてあげましょう。

勉強は怠けずに、いろいろなことを覚えたり考えたりして、賢くなりましょう。

人のことをうらやましがったり、ひがんだりせず、

すすんでみんなのためになる事をしましょう。

ずるをしたりせずに、決まりはきちんと守りましょう。

もし、大変なことが起こったら、勇気を出してみんなのために頑張りましょう。


このお約束は、昔からみんなが大事にしてきました。

みんなが大きくなっても、外国に言っても変わらない、本当に大切な事ですから、

みなさんもこのお約束を守って、立派な人になってくださいね。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 14:28| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。