2011年01月18日

えいと@のアトランタ旅行記 目次



   えいと@のアトランタ旅行記
   (2010年1月1日〜6日)目次




 第1回 アトランタに到着しました〜ヘロヘロです〜

 第2回 アトランタの治安について

 第3回 アトランタの公共交通機関「MARTA」

 第4回 凍てつくアトランタ

 第5回 情けない噴水ショー in アトランタ

 第6回 ニュース番組CNNセンターを見学

 第7回 ジョージア州議事堂を見学

 第8回 黒人差別を考える〜キング牧師生誕の日によせて〜

 第9回 差別をする心 マイノリティの苦悩

 第10回 楽しい銅像〜 in アトランタ

 第11回 地元の若者の憩いの場「アンダーグラウンド」

 第12回 世界中に愛されるドリンク「コカコーラ」

 第13回 レトロなコレクション〜コカコーラ

 第14回 世界のコカコーラ 飲み放題!

 第15回 空港でコカコーラをグビグビ飲み干す



.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:



   えいと@のアトランタ旅行記
     (2010年12月2日〜5日)目次




 第1回 アトランタに行ってきます♪ 〜これからの日本を考える動画2本〜

 第2回 アトランタから戻りました〜BUFの大雪 その後

 第3回 アメリカのマネー・経済をコントロールするFRB(連邦準備銀行)

 第4回 世界一の御影石 ストーンマウンテン in アトランタ

 第5回 世界一の御影石の頂上で見た素晴らしい景色 & ちょっと残念なこと

 第6回 キング牧師が眠る「キング牧師国立歴史地区」を訪れる




     注)アトランタ旅行記は現在 未完成です




posted by えいと@ at 18:00| アメリカ的生活(旅行アトランタ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

国が安全でなければ 安定した国民の生活はない!&「竹島プロジェクト2011」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日「尖閣諸島の日」がはじめて制定されたという記事を書きました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   「尖閣諸島の日」記念式典に総理大臣の出席なし


国の安全保障の要となる大事な尖閣諸島を象徴する「尖閣諸島の日」に 日本の総理大臣は欠席いたしました。


総理大臣だけでなく、民主党議員から一人の出席もなかったそうです。


民主党にとって 辺境を守る事、国の安全保障は二の次であるということなのでしょうか…?(-。ー;)



ところで、去年の参議院選挙で 「ことら大尉」こと宇都隆史氏が当選されました。


宇都隆史氏は 元航空自衛官の方で、


現在の日本の国防に危機感を持たれて立候補、見事に当選された方です。


こちらの動画 ↓ をご覧になってください。ちょっと長いのですが見る価値、ありますよ!


   【宇都隆史】元航空自衛官として臨む国防政策(22分34秒)


こちらの動画 ↑ で宇都隆史氏は「安全保障は国の根幹である」と言っておられます。


「安全保障なくして 他の政策はない」とも言われています。


子ども手当のための財源確保のためでしょうか、


民主党は省の予算を一律10%カットを決めたそうですが、


その際に国を守るための費用「防衛費」もカットの対象になったそうです。


日本の防衛費は 8年連続で下がり続けており、これ以上削減したら国を守れないところにまで来ているにもかかわらずさらに防衛費の削減ですって…!(@Д@;


そして民主党は「事業仕分け」で自衛隊の人員削減や 4000億円もの防衛費のカットを実施したわけですよ。


国防って固定費や維持費は削れないですから、


防衛費の削減=人員の削減につながってしまうってことですよね。


災害や有事があった際に救助に駆けつける自衛隊の人員が減ってしまうわけですよ?


大丈夫か…? 日本…? (゚_゚i)


国民の生命や財産を守ることは国の義務であるはずなのに、


その国の義務を放棄するのか?…という政策を継続している民主党。


社会保障や消費税の増税に懸命な民主党。


国が安全でなければ 安定した国民の生活はないということを声を大にして訴えていきたいです。



      宇都隆史の叫び(その1)
      宇都隆史の叫び(その2)
      宇都隆史の叫び(その3)

こちら ↑ は去年の参議院選挙の際の宇都隆史氏の演説です。


感動的ですよ。お時間がある時にぜひ ご覧になってみてください。


こういう若い議員さんが出て来てくれたこと、本当にうれしく思います。


宇都隆史さん! 応援していますよっ! (* ̄0 ̄*)/ オゥッ!!



ところで宇都隆史氏のブログでこのような記事 ↓ がありました。
   寒風は、日本人の胸の中に吹く

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

今日(1月14日)は「尖閣諸島開拓の日」です。

明治28年(1895年)に、日本政府は国際法に則り、尖閣諸島を日本領土として閣議決定した記念すべき日です。

昨年の尖閣沖の外国人船長逮捕問題を受けて、石垣市議会が条例を可決し、1月14日は「尖閣諸島開拓の日」となりました。

そこで、本日は日本会議が全国で「尖閣を守れ!」の署名運動を行うということで、私も有楽町駅前広場に街頭演説に伺いました。

現場に到着して、演説をするまでの間、日本会議のみなさんと一緒になってビラ配りをしたり、署名の嘆願をしたりしました。

ところが…。

道行く市民の皆様の冷たいこと…。

会釈をして下さる方はまだいい方で、殆どは無視…。中には、あからさまに嫌な顔をして避けて通る方も…。

同朋の日本人が「国を守りたい」という純粋な気持ちから、ボランティアで寒風の中で頑張っているのに、何も感じることなどないのでしょうか…

外は冷たい風が吹いていましたが、もっと寒々しい風が、道行く人の心の中に吹いているような気がして、つい、

「皆さん、あなた達に国を愛する気持ちはないのですか!」と声にしてしまいました…。

仕方がないことだとは判っているのですが、国民が自分の国に関心を持たなくなってしまったら、未来はありません。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」といったマザーテレサの言葉が胸に刺さりました。

政治は「やらせてみて」いては決して良くなりません。そのような態度では、どの政党に任せても一緒です。

政治は自分たちで動かすものです。

「国が何をしてくれるかではなく、自分が国に何が出来るのかを考える」

そんな国民として当たり前の「公的精神」は、もう日本にはないのでしょうか…。


                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜


宇都氏は「尖閣諸島を守ろう!」の街頭演説 & 署名運動に参加された際に、


道行く方々の反応の鈍さに愕然とされたようですね…。


去年の中国の漁船の領海侵犯の事件以降、目が覚めた国民の方は多いとは思いますが、


まだ国民の6〜7割は「尖閣諸島問題? 何それ」という反応なのです。


実際に戦争にでもならない限り 100%の国民が危機感を持つことはないでしょうね…。


だからといって諦めてはいけないと思います。


知らないから危機感を持っていないだけなのです。


現実に何が起こっているのか、その事実を知れば 危機感を持たない国民はいないと思うのです。


草の根の活動は絶対に必要です!


今年の5月か6月に 中国人が尖閣諸島に大群で押し寄せる計画をしているという噂があります。


もし尖閣諸島に中国人が上陸し、実質的に実効支配してしまったら、本当に今の竹島と同じ状況になってしまいます。


絶対に阻止しないと 国家の主権は守れません!



さて、その竹島ですが。


こちらのブログ ↓ で竹島プロジェクト2011の呼びかけをされています。
     ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2011

    222takesima-6.jpg

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

 今年も「さくら日和」の佐倉純さんがプロジェクトを担当されています。
  
2006年以来参加中の「竹島プロジェクト」ですが、2011年ももちろんやります!

政治の右や左の細かいことや、菅直人の読み方がカンチョクトなのかどうかはわからんが
竹島は間違いなく、日本の物だ!
この一点において、またその心意気に賛同いただける方々で、ブログを使い、この認識を広めていただける方に参加いただきたいと思っています。
また同時に「2月22日は竹島の日」という認識を広めるべく活動いただける方を募集します。

普段政治系のネタをやっているとかやっていないとか、関係ありません。
むしろ普段政治ネタをやっていないブログの皆様が参加してこそ、運動が広がる契機になります。
ぜひよろしくお願いします。

参加概要:
ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。
島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。


期間:
2月22日 竹島の日まで。


みなさまよろしくお願いします。


●画像(バナー)の持ち帰り方法
 こちらが参考になります。「Heart To Me」という素材屋さんの解説ですが、大変分かりやすいです。
 なお、ダウンロードした画像(バナー)のファイル名はお好みで変更して下さい(そのままでも可です)。
 
●タグについて
 上記画像(バナー)のソースを参考にし、あなたのサイトやブログの任意の場所に貼り付けて下さい。画像のサイズとか細かな調整はご都合に合わせて適当にお願いします。
 リンクは必ず「竹島問題研究所」へ貼って下さい。
   http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/

                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜


竹島は日本の固有の領土です!


敗戦後のGHQ占領下にあった時代、1952年の1月18日に、韓国政府が一方的に「李承晩ライン」を引き、


竹島を「独島」と勝手に韓国の領土に組み入れてしまったのです。


敗戦した日本は まったくの弱腰外交しか行うことができず、韓国の実効支配がなされてしまいました。


それに対して日本は「遺憾の意」を示すばかりで きちんとした抗議を行ってこなかったのです。


その結果…現在はどうでしょうか? 


戦争でもしない限り 竹島は日本には戻って来ません。残念ながら…。


しかし、だからといってこのまま黙っていてはダメなんです。


竹島は日本の領土だ!


これを言い続けないと 実質的に 竹島は100%韓国の領土になってしまいます。


そうさせないためにも声を上げ続けることが大切なのです。



ブログやHPをお持ちの日本国民の皆さま!


ブログでこのことを広め、サイドバーに「2月22日は竹島の日」のバナーを貼付けてくださいませんか。


   222takesima-2.jpg

    222takesima-6.jpg

222takesima-1.jpg  222takesima-7.jpg  222takesima-5.jpg


賛同いただける方は よろしくお願いします!m(*- -*)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:30| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

凍てつくナイアガラの滝 & 笑顔がいっぱいな望遠鏡♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



今週の月曜日はキング牧師の日で アメリカは休日でございましたが、


ちょこっと用事があったために えいと@夫妻は早朝からお出かけをいたしました。


…早朝って言っても朝の8時過ぎだったんですけどね。


夜型の えいと@夫妻にとって 朝8時ってめちゃくちゃ早朝なのでございます。( ̄∇ ̄*)ゞエヘ


ところで、バッファローの冬と言えば…。


毎日が雪でど〜んよりとグレーな日々なのでございますが。(- -;)


今週の月曜日は久々に太陽が照っていいお天気な1日でございましてね。


この日(キング牧師の日)は外気温が華氏で2度!(摂氏−17度)で空気が痛いほどの寒さでありましたよ。


外に出たとたん顔が引きつるほど痛かったですわ〜。


でも、こんなに低温で お天気がいいと空気がキーンとすんでいて気持ちがいいのです。


用事が済んだ時点でお昼過ぎであったので、久々に滝や湖でも見に行ってみようか?…という話になりまして。


行ってまいりました! ナイアガラの滝へっ!(*゚▽゚)ノ


   a-NiagaraF11-1.jpg


ドドドドドーーーーッ! ナイアガラの滝でございますー!


相変わらずものすごい迫力でございました。(⌒o⌒)b


真冬になっても さすがに滝の落ちる水そのものは凍ることはないんですよ。


すごい水量と勢いで落下してますからね。


だけど、滝が落ちていく その川は凍るわけです。


   a-NiagaraF11-2.jpg


こんな風 ↑ に。 


これ川なんですよ、けっこう流れがある川がこんな風に凍るってすごくないですか?


まだ全面凍結ではなかったんですけど、かなり広範囲が凍り付いておりました。


この時期(1月中旬)にしては凍るのがはやいような気がしますね〜。


去年や一昨年の写真を見ると1月下旬〜2月に凍り付くことはありましたが、


1月中旬ではまだまだ凍ってなかったです。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    アメリカ的生活(観光 ナイアガラ編)


今年の冬は寒いってことなのでしょうね〜。(-_-)ウーム


a-NaigaraF11-6.jpg


こちら ↑ は凍ったナイアガラ川の表面です。


川の底の方は凍ってないからでしょうね。


川の流れがあることによりひび割れができているようです。


a-NaigaraF11-3.jpg


春〜秋の間は滝の間近に近づくことができるのですが冬の間はクローズされてしまいます。


雪が多い時には手すりまで雪が積もるから危険だからでしょうね。


しかし、なぜか展望のスペースに足跡 ↑ がついておりますよ。


柵を越えて入っちゃう人がいるんでしょうねぇ〜。(;^_^A


a-NiagaraF11-12.jpg


寒くて空気は痛いのですけれども、何度来ても冬のナイアガラの滝はステキです。(=´▽`=)


皆さまも、機会があったら冬のナイアガラの滝を見にお越し下さいませ。




     【おまけ】


ナイアガラの滝には、あちこちに望遠鏡が備え付けられているのですが、


冬の間は その望遠鏡がユニークに変身するんです。


なぜ変身するかといいますと、滝の水煙が望遠鏡にあたり、それが凍ってしまうからなのですねー。


それでは、皆さまに笑顔がいっぱい〜望遠鏡をお届けいたします♪ (=^▽^=)ノ




            ↓





            ↓





            ↓



   a-NiagaraF11-7.jpg


こちら ↑ は思いっきり爆笑〜な望遠鏡さんでございますー。


わっはっはっはっはーーーーーっって笑い声が聞こえて来そう。ヾ(≧▽≦)ノ


   a-NiagaraF11-8.jpg


こちら ↑ はムフフな笑いの望遠鏡さんでございますー。( ̄m ̄* )


   a-NiagaraF11-9.jpg


こちら ↑ は目を見開いて クスっと笑っている望遠鏡さんでございますー。(@w@)


   a-NiagaraF11-10.jpg


ありゃりゃ、こちら ↑ は顔面全体が凍り付いちゃいましたねぇ〜。表情がわかりませんわね〜。


   a-NiagaraF11-11.jpg


こちら ↑ は空を見上げている 望遠鏡さんでございますー。



望遠鏡の皆さん、なかなか個性的でございましょ? (*^m^*)


この時期、望遠鏡でも楽しめちゃう ナイアガラの滝でございました♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2011年01月23日

国際化とはいったい何か…? 日本は内側から中国に侵略される日が来るかもしれない


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今、世界中が不景気である中、日本も不景気の渦に巻きこまれています。


そして日本の大学卒業者の就職内定率が過去最低という大変 不名誉な記録を更新してしまいました。

バブル景気が音を立てて崩壊した1990年代、日本の大学卒業予定者は企業の採用率の低さを嘆いたものだった。
現在の見通しの暗さはそれ以上だ。
厚生労働省が18日発表した最新調査結果によると、今春卒業予定の大学生の就職内定率は、2010年12月1日時点で過去最低の69%。96年の統計開始以来最低の水準となり、前年同月を4.3ポイント下回った。

  就職内定率が過去最低、苦戦する日本の大卒予定者 The Wall Street Journal


高校や大学卒業者だけでなく修士や博士過程修了者の就職も困難になってきています。


いくら不景気だからといって こんなにも若者に就職が困難な状況はあまりにもおかしくないですか?



ところで、日本の国公立大学は 独立行政法人制度をとっています。私立大学ももちろん同じです。


私立大学は学費を自由に設定できますが、国公立大学はそういうわけにはまいりません。


独立法人制度をとることで 国からの大学への支援が縮小され、研究費調達は各大学の自助努力が求められるようになり、


ここ近年に置いては その傾向がさらに増して来ているそうです。


少子化が進んだ結果 日本人学生の数が減少し、国公立大学の経営が厳しくなって来た現在、


大学は 大学を存続させるために「外国人留学生」を多く入学させる傾向に変化してきているのです。


さて、ここ最近 問題になっているのが日本の大学や大学院に外国人、特に中国人の留学生がものすごい勢いで増加して来ているということです。


中国人留学生を入学させたら 国からの補助金があるそうなんですよ。


少子化で大学に入学する日本の子供が減った大学としては こんなにおいしい話はないではありませんか?


お友達ブロガーのkuriさんが記事にされてたのをちょこっとご紹介いたします。
      中国人留学生について語る!

こちら ↑ の記事の中の坂東忠信氏「留学の裏側」という記事を一部 紹介させていただきます。
    外国人犯罪の増加からわかること〜「留学の裏側」

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

新聞によると、青森大に入学していた学生(ほとんど中国人)122人が、入学したものの通学せず、大学側から報告を受けた仙台入国管理局が調べたところ、約9割が県外に居住し、就労していたことが判明したとのこと。
仙台入管は就労目的の偽装留学とみて、大学は受け入れ態勢の見直しを進めているそうです。

これにはウラがあり、大学側は留学生を受け入れると国からお金が出るんです。
また、外国人留学生にも各種の奨学金制度があり、
来日の際の飛行機代まで日本が負担している「国費留学生」「私費留学生」なんてのがあるのです。

詳しくは、私が以前アップした記事 ↓ にかいておりますが、
  http://taiyou.bandoutadanobu.com/?day=20090622
簡単に言うと
私たち日本人の血税は、需要のなくなった大学と日本に税金を納めたことのない外国人青年のために、無償でばら撒かれているのですよ。
    
これが果たして国際貢献でしょうか? 
私たち日本人にどんなメリットがあるでしょうか?


             〜〜〜転載ここまで〜〜〜


独立採算制である大学は 生き残るために多くの学生を入学させる必要があります。


それに対し、国は 日本人の大学生、大学院生を増やすのではなく 外国人(特に中国人)の留学生を増やすべく斡旋しているわけです。


中国人留学生に支給される奨学金に関しては こちらの資料 ↓ を見てください。
  http://www.studyjapan.go.jp/en/toj/pdf/gakubu_j.pdf(PDF)
  http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships_foreign06.html


こんなにも充実した 中国人留学生に対する奨学金制度。しかも返済不要です!


それに対し日本人の学資ローンは返済が必要で、しかも利息の支払いまで課せられます。


これはいったいどういうことなのでしょうか…?


なぜ日本は 日本政府は「日本の若者を育てよう」としないのか…?



大学だけではありません。日本の企業も同じです。

ほんの数年前までは、安い労働力=外国人と捉える企業が多かったが、最近では海外市場攻略の為の戦略人員と位置づけている企業が多い。

「優秀な人材を採用したい」それはあらゆる企業に共通する願いだが、最近では特に企業のグローバル展開を見据えたグローバル側面を期待する企業が多い。
日本に留学している留学生でも十分日本人学生よりも熱心で優秀だという評判はあるが、更に優秀な企業を求める声も出てきている。

そんな声に応えようと、人材業界最大手が動き出した。
リクルートが中国有名大学の新卒採用支援サービスを行う。
募集からSPI(適性検査)の国際版や、面接、内定後の研修、そして入社までをワンストップで提供する。
中国有名大学の学生は、エリート教育の徹底した中国が誇る超優秀な人材がいる。

既に8月にこれに先駆けた中国の中国人学生向け就職サイト(ワークインジャパン)を開設しているが、まずは11月にも上海と北京で現地説明会を行う。

 中国有名大学の超優秀新卒採用をワンストップサポート 中国ビジネスヘッドライン


これからの時代、企業にどんどん中国人が入り込んできますよ…!


日本で学んだ中国人留学生だけではなく、中国で学んだ中国人の雇用も拡大させようとしているのです。


ますます日本の若者の雇用がなくなっていくではありませんか…?


現在、日本人の雇用が減って来ているのは 中国人に雇用を奪われつつあるからではないでしょうか…?


今、日本の若者を企業に入れておかないで10年後、20年後はどうなってしまうか…!


企業の中心になる人材が、ほとんど中国人ということになってしまうのですよ?


これって静かなる侵略ではありませんか…。



   反日教育 生徒たちの憎悪と涙(21分24秒)


こちらの動画 ↑ をぜひ、ご覧になってください。


中国でどのような歴史教育がなされているか この動画 ↑ を見るとよくわかります。


中国の歴史教育は「愛国教育」です。


中国の「愛国教育」は1990年以降に 江沢民氏により始められたものです。


6・4事件つまり天安門事件以降、二度と共産党政府に反旗を翻さないよう、徹底的な「愛国教育」が始まったのです。


その中国の「愛国教育」に利用されたのが日本なのです。


日本を憎悪することで 中国に対する愛国心を育てるというものです。


先の戦争での日本人の残虐性を徹底的に教え込み、


日本が行った卑劣な侵略行為に対し、人民は団結し勝利を勝ち得た!


…というストーリーを若い中国人たちに徹底的に刷り込んでいるのです。


現在、中国全体に300以上の抗日記念館があるそうです。


もちろん中国側の 歪曲された歴史が満載された記念館であり、教育です。


そういった反日教育を子供の頃から受けていたら どんな人間も反日的になりますよね。


そんな反日感情を、日本人に対する憎悪を心の奥に秘めた中国人が 日本に大量にやって来るのですよ…。



国際化っていうのは 中国化ではありません!


日本は日本人のものです。


外国人を排除して鎖国する必要などはありませんが、


無防備に外国人を受け入れすぎるのは 絶対に日本のためにはならないと思います。


このままでは暴力的ではなく、合法的にじんわりと 内側から中国に侵略されてしまうのではないかと危惧してしまいます。


10年後、20年後、50年後、100年後の日本はいったいどうなっているのか…。


ここ最近、恐ろしくて不安で 心臓がドキドキしてしまいます。。。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:20| Comment(20) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

氷点下22度!(((p(>◇<)q))) 寒い冬には温かいロブスター鍋♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



今朝のバッファローの外気温にはびっくり!でございましたー!Σ(・ω・ノ)ノ!


な、な、なんとっ!


華氏−7度! |)゚0゚(| ホェー!!


摂氏でいうと氷点下22度でございすよー!ヽ( ̄д ̄;)ノ


この冬一番の冷え込みじゃないかなぁ〜。


えいと@家は 夜 寝る時には暖房をOFFにしております。


えいと@んちはアパートメントなので建物全体に軽く暖房がかかっている状態なので、


夜の間、各部屋が暖房をOFFにしていても 水道管が凍って破裂する…なんて危険はないのですねぇ。


一軒家のお家では 夜でも軽く暖房をONにしているお家が多いようです。暖房代が大変ですよね。。。


暖房がかかってなくても 普段、朝起きる時には布団の中はヌクヌク状態なのですが、


今朝は 寒いなぁ〜って思いながら目が覚めたんですよね。(((=_=)))ブルブル


お布団そのものが冷え冷え状態だったわけです。


寒かったよ〜〜〜。{{(>_<)}}



ところでアメリカの北国って本当に寒いのですよー。


バッファローはまだマシなほうなんです。これでも。


夏に旅行したThousand Islandsっていうバッファローよりちょっと北に位置するリゾート地などは、何と華氏−30度!(摂氏−35度)まで気温が下がってるようですよ。

  Thousand Islandsに関する記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
    大富豪たちのリゾート地〜1000 Islands♪


後日、記事にいたしますね〜♪なんて書いてますけど、まだ記事にできてません〜〜〜。\(;゚∇゚)/


忘れないうちに旅行記を書いちゃいたいなぁ〜…って思っておりまする。。。(;´▽`A


他にはノースダコタ州やウィスコンシン州などは華氏−30〜40度、アラスカ州のバローは華氏−50度まで気温が下がりますから。{{{{(+ω+)}}}} ヒェ~


どーやって生活しておられるのでしょうね…? 外出しないのかな???( ̄ー ̄?)



さて。


外は凍てつくように寒く 雪がガンガン降るバッファローでございますが。


寒い時のお楽しみ…って言えば身も心も温まる鍋ですよねー。(^○^)b


先日、こ〜んなものを買って来たのです!



            ↓





            ↓





            ↓



   a-Robs11-1.jpg


じゃん! ロブスターでございますー!\(^▽^)/


実は、かつて えいと@夫妻は生きているロブスターを買った経験があるのですよ。


生きたまま鍋に〜〜〜!!!!! (@Д@;


生きているロブスターを家で絞める!(@Д@;


めちゃくちゃ残酷物語ぃいぃいぃ〜号(┳◇┳)泣〜でありました。


煮えたぎる鍋に手を合わせ、「ごめんね、ごめんねぇ〜! ロブスターちゃん!」


…と、えいと@は叫んでおりました。(;△;)


もう あんな辛い思いをしながらの鍋は 二度としたくないですから、(;´Д`A


すでに成仏されているロブスターちゃんを買ってまいりました。


   a-Robs11-2.jpg


こちら ↑ ですー。冷凍ロブスターなので 解凍するだけでOKなんですね。


これ、特売だったんです。


丸ごと1匹で9.99ドル! これって安いですよね?


以前、生きたまんまの丸ごと1匹は35ドル以上しましたもんねぇ。ま、大きいロブスターだったけどね。


 a-Robs11-3.jpg


こちら ↑ が解凍したてのロブスターちゃん♪


 a-Robs11-5.jpg


茹でるときれいな色に変身しますよね〜! おいしそうですー。(=´▽`=)


 a-Robs11-6.jpg


ロブスター解体作業は えいと@夫のお仕事 ↑でございますー。かなり熱かったみたい。


 a-Robs11-7.jpg

         出来上がりの図 ↑


白菜に豆腐、鶏のもも肉、そしてロブスター


感想は…。


う〜〜〜ん。。。ロブスターの身が少なかったですねぇ〜。(´_`。)


かなり痩せたロブスターちゃんでございましたよ。


それだけでなく身が引き締まってなかったですぅー。(´_`。)


ロブスター特有のプリプリ感がなかったのですよ。


味はGoodだったのですけどねぇ〜。


やはり9.99ドルのお安いロブスターはダメってことなんでしょうかねぇ〜。(-Θ-:)


ちょっと(だいぶ)残念でありました。(TmT)ウゥゥ


以前、ロブスターテールだけで26ドルもするヤツを買ったことがあるのですが、


その時のも冷凍だったけど 身がぎっしり詰まっててプリプリしておいしかったのですよね。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
    初鍋! ロブスター鍋!


やはりおいしく食べるにはそれなりのお値段のものを買う必要があるってことなのでありましょうねぇ。(´へ`;ウーム



しかしっ!


おダシは抜群においしかったですっ! (^◇^)v


翌日のランチに残ったおダシでラーメンを作ったのですけど、


ものすごぉ〜っくおいしかったですっ!v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v


ロブスターのおダシがバッチリ!


9.99ドルはおダシ代ということで満足いたしました♪ (○⌒∇⌒○)v




     【おまけ】


お鍋の〆はうどんですよねー!(^∇^)b


うどん投入時のロブスターちゃんの様子がこちらでございます♪



            ↓





            ↓





            ↓



 a-Robs11-8.jpg

  うどんと戯れるロブスターちゃん ↑ (*^m^*) ププッ




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:47| Comment(27) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。