2010年12月31日

この1年を振り返って〜今年もありがとうございました


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



日本は本日が大晦日ですね。


アメリカは時差の関係で明日が大晦日であります。


さて皆さまにとって2010年はどんな1年でしたか?


えいと@夫妻の日常生活的には 前の年とさほど大きくは変化はない1年でした。


いまだに学生の身分ですのでお金がない生活ではありましたが、夫婦二人で仲良く1年を過ごすことができましたし。


日本で暮らす両親のことを心配しつつ、日常生活はそれなりに過ごすことができました。


えいと@夫妻をいつも応援してくれている えいと@夫の母、えいと@の両親に感謝です♪



さて、もうすぐ2010年が終わろうとしています。


日本人は「年の瀬にこの1年を振り返る」ことをしますよね。


そして新たな年に期待を寄せ、来年の豊富を考えるのです。


これ、すごっくすばらしいことだって思うんですよ。


日々の暮らしって 何となく過ぎていくことが多いじゃないですか?


1年のうち1日でもじっくりと 自分自身のことや社会のことを振り返り考えるってそうそうないように思うんですね。


年の瀬にこの1年を振り返ってみる 日本人の心の習慣ってすばらしいな〜って思うのです。



私はこの1年で「日本に生まれて良かった、日本人で良かった」とさらに強く感じることができました。


何度かコメント欄には書いてますが、実は私は若い頃はやや左巻きな人間だったのです。


どっちかというとノンポリだったので強烈な左翼ではなかったのですが、


考え方としては左寄りでした。


なぜ左寄りだったのか…。それは真実を知らなかったからなのですね。


私の、この左よりの考えを矯正してくれたのは 実は えいと@夫なのです。


夫は「右翼」などではなく、本当に心から日本を愛している人間なのです。


幼い頃(実に7〜8歳の頃)から多くの本を読み、学校ではけっして教えない「日本の近代史」を身につけてきた人です。


夫と出会い結婚し、夫といろんな話をしていくうちに私自身の中にある「自虐史観」が浮き彫りになり、


それまで信じて来た自分の考えに「矛盾」を感じるようになったのでした。


なぜ「矛盾」を感じたのか…? 今までどうしてその「矛盾」を信じ込んで来たのか…?


それは、きっと一方向的な考えしか教えられてこなかったからだと思うのです。


人間って「一方向から教えられることが最もらしいことであったら信じてしまう傾向」があるんです。


昨日の記事に書いた2009年民主党マニフェストも同じです。

  昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    嘘つきマニフェスト〜民主党の総括


子ども手当や高校無料、高速道路無料、増税はしないって聞いたら、そりゃ〜多くの人は歓迎するでしょう。


実際にそれで多くの国民の方が民主党に1票を投じ、民主党政権が出来上がってしまったわけですからね。


一方向のことしか聞かされなっかったら、反対方向からの考えを教えられなかったら、教えられても聞く耳を持たなかったら比較しようがないですもの。


人間って「比較する対象」があるとけっこうきちんと考えられるものなんです。


民主党はマニフェストには載せていない、外国人参政権、選択制夫婦別姓、人権侵害救済法(人権擁護法)(他にもたくさん闇法案あり)などを賢明に成立させようとしています。


日本国籍を有する方でこの法案に賛成されている方は きっと一方向からの考えで判断されているんでしょうね…。



今年は、多くの国民の方々が「日本が沈んでしまうかも知れない危機感」を持ちました。


これは民主党政権になったからこそでしょうね。


今までは見えなかったこと、見てこなかったことに目を向ける人が増えたのです。


何かがおかしい…!と感じた人々が「真実を学ぼう」と考え始めたからこそだと思います。


これね、本当にものすごい成果だと思います。


去年までは 政治にはほとんど関心を持たなかった一般の方々が、


自ら学び、ブログやツィッター、掲示板などで政治の話題を取り上げるなど 危機感を発信し、


そして多くの方がデモに参加したり FAXや電話で抗議の声を上げるようになったのです。


もし自民党政権が継続していたらこれほどの危機感を国民が持つことはなかったでしょうね。


そういう意味では2009年の政権交代、鳩山&菅政権は意味があったと考えます。



私自身のことで言いますと民主党政権になって以降「愛国心」がよりいっそう芽生えた…ということです。


先ほども書いたように、えいと@夫のおかげで自虐史観は払拭されていたのですが、


それでも民主党政権になって以後に 知ったことがたくさんあるんですね。


知れば知るほど「あぁ、日本ってなんて素晴らしい国なのだ」と実感できたのです。


「日本に生まれて良かった、日本人であって良かった」と心の底から感じることができたのですね。


自分の生まれた国に誇りが持てるって なんて素晴らしいことなんだろう…って思いませんか…?



最後に、気持ちよく新年を迎えられるようにこちらの動画 ↓ を貼っておきます。



   浅田真央(mao asada) なんて神秘的な "白鳥の湖"(4分)


なんてすばらしい…!


浅田真央ちゃん、この女性こそ 白鳥です! 


白鳥って優雅に泳いでいるけれど、水の中では一生懸命に水をかいているんですよね。


賢明な努力しているのにそれを見せない美しさ、それが白鳥です。


彼女こそ美しい日本の白鳥であると、私は思います。



日本には「能ある鷹は爪を隠す」という諺がありますね。


日本人って何でも一生懸命に取り組みますよね? 生真面目なくらいに。


でも謙虚だしけっして驕らない、自分を必要以上に大きく見せないじゃないですか?


それが日本人が持つ 神秘的なパワーなのだと、私は思うのです。


ぴかぴか(新しい)頑張ろう! 日本! 頑張ろう! 日本人!ぴかぴか(新しい)


来年はきっといい年になると信じています。




     【ご挨拶】


今年も本当にありがとうございました。(^人^)カンシャ♪


アメリカ日記なんだか政治ブログなんだか、


何だか よくわからないブログにお付き合いくださいまして本当に感謝いたします。


皆さまのコメント、ご意見、たまに来る反論のご意見、どれもありがたく拝見いたしました。


応援クリックも多くの方にしていただいて、すごく励みになっています。


来年もこの調子でブログをやっていくつもりですので、


2011年もよろしくお願いいたします♪ m(。・∇・。)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 12:15| Comment(24) | TrackBack(0) | ごあいさつ&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。