2010年11月18日

しっかりと主張できる日本にするために…


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



昨日の夜に無事にコロラド州から戻りました。


今回はコロラド州デンバー → ノースキャロライナ州シャーロット → ニューヨーク州バッファローという経路で帰って来たのですが、


デンバーは強風で 飛行機が遅れ、その上シャーロットでは雷雲がひどくてなかなか着陸できなかったのです。


そのせいで、なんとシャーロットでの乗り継ぎ時間がたったの15分間!


搭乗がすでに始まっていて、最後の方でした〜。


ちょっと(かなり)焦りましたね〜〜〜。


何とかギリギリ間に合いましたよ〜。良かったぁ〜。


しかし気流が悪くて飛行機がかなり揺れたんです。


まるで悪路を走っているおんぼろバスに乗ってるような感じでしたよ。


しんどかった〜。


帰って来たら午前1時をまわっていたのもあってグッタリ〜でした。



さて。


えいと@夫妻がコロラド州に行ってる間に、日本ではいろいろあったようです。


先週末に横浜で開かれたAPECでは 菅直人総理は大恥を世界にさらして、日本のカブを大幅に下げてくれたようですね?


    20101114-青山繁晴-sundayscramble-1(6分36秒)
    20101114-青山繁晴-sundayscramble-2(12分47秒)


こちらの動画 ↑ をご覧になってください。(消される可能性があるのではやめにご覧になってくださいね)


あぁ、もう…! 菅直人総理、なんて恥ずかしい…!


小、中学生のプレゼンテーションじゃないんだし、


首脳会談で原稿をただ読むだけだなんて…。


チラッと原稿を見るくらいだったらまだしも、会談中、相手の首脳の顔も見ないで原稿を読む日本の総理大臣…。


日本の代表がこんなだってこと、世界に暴露してしまいましたね…。


恥ずかしすぎませんか…?


そして。


今回の日中首脳会談で 中国は尖閣問題が領土問題であることを世界に発信してしまいました。


日露首脳会談でも ロシアの大統領に「北方領土はロシアのものだ」と言い切られてしまいました。


これに対し菅直人総理はロシアや中国との関係について「経済的な協力関係が深まれば 領土問題にいい影響がある」と発言したそうですけど…。


はぁ? 何を言ってんの?…って思いませんか?


経済的な協力関係…って…! 


日本がお金をジャンジャン出して 中国やロシアのご機嫌をとっていけば何とかなるって思っているのでしょうかね。


何ともなりませんって…。(´Д`|||)


相手は話せばわかる国ではないのですよ…。


はぁあ〜〜〜もうBUFに戻って来たとたんに脱力感MAXですよ…。



動画 ↑ の中で青山氏が「対等に話をするには対等な位置で話をしなければ、話にならない」と言われています。


これは何を意味しているのでしょうか…。


私は軍事力だと思っています。


軍事力のない国は発言力はないということです。


軍事力を持った国と対等に話すには 同じように軍事力を持たないと無理です。


そりゃそうですよ。


軍事力がない=強気に出ることができないってことですからね。


相手の国の立場で言えば軍事力のない国に対して 好き勝手なことをやっても反撃する能力はないって思ってますから。


動画 ↑ で青山学院大学の袴田教授は二国間の関係が時に不快感を示すべき時には、一時的に関係が悪化しても言うべきことはキチンと言うべきである。


普通の国であれば国益のために普通にやっていることなのに、


日本だけは「常に良好な関係であることが外交的に良いことである」と思い込んでいると言われています。


これも日本には軍事力がないからですよ。


衝突が起こった時に「では、攻撃するぞ」と言われた場合、軍事力のない日本は手も足も出ないから 相手の国を怒らせないように外交せざるを得ないんです。



以前の記事で日本は外国に完全に舐められていると書きました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


この記事 ↑ では中国のことを書いていますが、中国だけではなくロシアも日本を狙っていますよ。


こちらの地図 ↓ をご覧ください。何の地図かおわかりになられますか?

   nihonsoren1.jpg


日本周辺をひっくり返した地図 ↑です。


こうやって見ると日本列島って見事に大陸の蓋をしていますよね。


今はもうロシアに奪われてしまいましたが千島列島が今も日本であったら、千島列島〜沖縄南西諸島まで完全に蓋をした状態なのです。


中国やロシアにとって日本はとても邪魔な位置にあるわけですよ。


中華人民共和国は建国の1949年以降、日本を中国のものにするための長期戦略をたてています。


その第一歩が尖閣諸島を中国領にすることです。


そしてロシアも同じように日本をロシアのものにしようとしているのかもしれません。


先の大戦で、ロシア(当時のソ連)は戦争が終了した後に 日本の領土である南樺太、千島列島、北方領土を占領しました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    北方領土問題の歴史を知ってください!


敗戦後に 日本軍は最後の力を振り絞り ソ連に抵抗したおかげで北海道は守られたのです。


中国が沖縄を狙っているように、ロシアは北海道を狙っているのかもしれませんよ。


中国とロシアが手を組んで日本に攻めて来たらどうしますか?


アメリカが助けてくれると思いますか?


日米同盟、日米安保条約があるから大丈夫って言い切れますか?


自分の国を自分たちで守ろうとしない日本を アメリカが全力で助けるはずがないと思いませんか…?


現在の自衛隊の数、力では戦争状態になった場合,戦えるのはわずか3〜4日です。


しかも今の法律では専守防衛しかできないので、日本人に犠牲が出てからでないと攻撃はできません。


つまり多くの日本人が死んでからでないと反撃できないのです。


憲法9条、自衛隊法がある限り、日本はだるまさん状態なのです。


憲法9条を死守すると主張している人は9条があるから65年間も戦争を回避できたとよく言われるけれども、


これから先も 今までと同じ状況であると言い切れるのでしょうか?


もし中国やロシアが武力でもって領土を獲得する状況になった場合、


話し合いで解決できると信じているのでしょうか…?


それとも黙って従えばいい、日本が中国やロシアに割譲されても仕方がないと思われているのでしょうか…?


話せばわかる国であれば問題はないのでしょうが、


残念なことに日本の周辺国は話が通じない国が多いのが現実です。


憲法9条改正=戦争になると考える方が多いのですが、


そうではありません。


戦争を回避するために軍事力を強化すべきなのです。


先ほども書きましたが、軍事力の弱い国は話し合いの際に相手にされないのが現実なのです。


日本の国益を考えた主張をするためにも 憲法9条、自衛隊法を改正し、軍事力を強化すべきであると 私は考えます。


皆さまはどう思われますか…?




     【デモのお知らせ】


中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 in 大阪

 平成22年11月20日(土) 12時30分〜新町北公園(大阪市西区)集合

 詳しくはこちらのHP ↓ をご覧になってください。
  http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=21



先日台風のために中止になった大阪のデモです。


関西人のパワーに期待します!


お近くの方は参加をよろしくお願いします。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 05:41| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。