2010年11月10日

メイド・イン・JAPANを選ぼう〜安全な暮らしのために 日本を元気にするために〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



さて。


皆さまは、普段のお買い物をされる時、何に気を配られていますか?


モノの価格、質、安全性に気を配っておられる方が多いと思います。


安い商品と言ったら…中国製、中国産のものがあげられますよね。


同じものでも中国製品、中国産のものは安い価格がついていることが多いです。


ホームセンターで300円で売られているものが 100均のお店にも同じものが売られてたり…なんてことがありますもんね。


何が違うかって言うと生産地が中国だったりすることが実に多いのです。


でも、ちょっと待ってください。


安いものの方が私たちにとって本当にいいのでしょうか…?


確かに家計には優しいでしょうけど、質、安全面ではどうなんでしょう…?


以前、こちらの記事 ↓ で中国製のモノの恐ろしさをUPしました。
  中国製の割り箸や爪楊枝は大変危険! この恐怖の事実!
  チャイナフリーでいこう! 自分自身や家族の身を守るために〜


農薬まみれの中国野菜
抗菌剤や水銀入り中国うなぎ
大腸菌入り粉ミルク
メチルアルコールを混入したニセモノの洋酒
髪の毛が原材料のお醤油
工業用の亜硝酸塩から製造されたニセモノの塩
下水から回収した廃棄された工業用油から食用油を製造
ドブ川の水から食用の氷を製造
日本向けの冷凍餃子に有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を混入



などなど…。食べる物だけじゃありませんよ〜。


毒性物質が混入された歯磨き粉
「フタル酸ジエチルヘキシル」(DEHP)が検出された中国製のおもちゃ
中国製医薬品とペットフードから毒性物質が検出
発ガン剤が混入した子供服
病院の使用済み脱脂綿や家庭ごみから作った綿を使用して作られたお布団
発がん性物質入りの使い捨ての食器類
使用済みの割り箸、爪楊枝を回収、漂白して販売



怖いですよね…。


普通の感覚ではこんな危険なものを売らないでしょ?…って思いますよね…?


そのあり得ないものを普通に販売するのが中国という国なんです。



こちらの動画 ↓ をご覧ください。


   テキサス親父が中国製品に激怒(3分58秒)


おなじみのテキサス親父さんがツバキを飛ばして吠えてますよぉ〜〜〜。


中国製の壁のペイント剤は有毒物質が含まれていることや、


中国製の携帯電話は爆発の危険があることを言われています。


携帯電話が爆発って…!


万が一使用中に爆発なんかしたら…顔面がぶっ飛びますやんか…。


怖すぎませんか〜〜〜?



そしてこちらの動画 ↓ も衝撃的です。


     中国車のクラッシュテスト(1分22秒)


これ ↑ は中国産の自家用車の衝突事故実験の様子です。


これと比較するためにこちら ↓ もご覧になってください。


日本自動車研究所が自動車衝突実験を公開(2分7秒 初めの数秒CMが入っています)


こちら ↑ は日本製の自家用車の衝突事故実験の様子です。


どちらが安全な車か、一目瞭然ですよね。


価格の安い中国製の自家用車。


価格は高くても安全性の高い日本製の自家用車。


あなただったらどちらの車に乗りたいですか?



そしてもうひとつ。


日本製を購入することで「日本を元気にしよう」ということです。


お友達ブロガーのドサンコさんがステキな記事を書いておられますので、一部引用させていただきます。
   「女性たちもいきまっせ〜日本を元気にしよう大作戦」

〜〜〜引用ここから〜〜〜

「いらんよ。レアアース。レアアースだけで世の中まわってへん。
日本の歴史を見たら、アメリカとかも締め上げとかいろいろあったけど、そっからぐっと、町工場から、ぐっとおっさん考えて、がっとなってきた。」
 たかじんのそこまで言って委員会(2010/10/17)中国五大迷惑(経済問題)

たかじんさんのこの発言を受けて、
「日本の女性たちもいきまっせ〜ぐっと、おばちゃん考えて、がっとなってきた」大作戦です。

まずは、ばっさり発言が凛々しくも素敵な金美齢さんからのご提言です。
厳しいことをおっしゃっても嫌みがなくて、素敵です。

「いつもいうのはできない人はしょうがないけど、できる人はね、とにかく、メイドインジャパンに回帰せよと。
それから、地方に行って消費しなさいと。
できる人は努めてそういうことをしましょうってね、ここ数年ずっといいふらしているんですよ。」
たかじんのそこまで言って委員会(2010/10/17)中国五大迷惑(マナー問題)

つまり、簡単なことです。大作戦の柱は二つ。

ひとつ。

日本製を購入せよ。
ふたつ。
国内−特に地方−で消費せよ。

このふたつって、それほど難しいことじゃないと思いませんか。
我が家の例でいえば、食材に関しては、極力「国産」を選ぶようにしていましたし、単に旅行が好きなので、あちこち出かけておりました。
それをこの際、もっと意識して、やっていこうかと思ったんです。
パーフェクトを目指さなくても、まずはできるところから変えていこうかなと。
そうしたら、自分の意識も、そして、この動きが大きくなれば、日本だって、きっと変わってくるんじゃないかって。

今の日本について知ろうとするたびに、
政治家のみならず、目先の欲に目がくらんだ経済界のお歴々の毒が隅々にまで蔓延し、日本を腐らせようとしていることがわかる
から。
そして、それを支えているのは、有権者でもあり、消費者でもある私たち一人一人なのだから。

消費者たちが単に「安ければいい」から「生産地を意識し始めたよ」ひいては「企業姿勢も商品を選択する条件になってきているよ」ということを、
ひとりひとりが企業側に伝えていけば、そして、その声が大きくなれば、日本の政治も変わっていくんじゃないかなと思うわけです。

で、そうなってくると、なんといっても、女性の出番ですよ。
主婦は家計を握り、独身女性は自分へのご褒美に投資を惜しまないわけですから、女性の購買力をなめてもらっては困ります。


私、以前から思っているんですが、日本人に「大量消費」の「使い捨て」文化ってなじまないと思うんですよ。
DNAレベルで「もったいない」精神が埋め込まれているというか、そうすることに対して、「罪の意識」みたいなものが拭えない気がします。

「ちょっと高くても、国産の質の良いものを買って、長く大事に使おう」

そういう気持ちって、多かれ少なかれ、日本人の心にはあるんじゃないかなと思います。
そして、それが自分の心を豊かにしたり、結果的に、日本企業を元気にすることにつながるんだったら、バンバンザイ
だから、そんなにむずかしいことでもないのかなって。

まあ、現実的には難しいこともいろいろありますが、
まずは、レジに持っていく前に、生産地を意識することから始めている、私のご報告の記事を次回からアップしていきます。
日本で頑張っている企業を見つけると、嬉しくなるこの頃です 
買い支えたい本や雑誌を購入したり、応援したい団体や組織にわずかながらお金を出したりして、この上さらに、日本製にこだわるというのもなかなか台所事情として、苦しいところではあるのですが。
無駄遣いを見直せば、どうしても出せないわけでもないとも思う。
ムリをせず、ただ、自分が納得できるところに、お金をつかえばいいんだ。
だって、日本が「人民元通貨圏」になんてなったら、私の虎の子のへそくりもただの紙切れだし。


                 〜〜〜引用ここまで〜〜〜


まさにここ ↑ に書かれている通りだと思われませんか?


食べる物も日用品も、価格が安いからと 安易に購入しない方がいいんです。


多少価格が高くても日本製のものを買うことで、


安全性はもちろん、日本の企業を応援することにつながっていくんですね。


かつて日本はコストが安いからと 中国に生産工場を造り、中国製のものを積極的に輸入していましたが、


それはけっして日本を元気にすることにはつながらなかったのです。


生産コストで競争したら人件費などの問題で日本製が負けるのは当たり前です。


そして、多くの日本の小さな町工場が倒産してしまいました。


日本人自身が あふれ来る中国製品のために苦しめられるということにつながっていたのです。


日本製のものを購入することで、日本の町工場や企業を応援することにつながり、


そして日本そのものを元気にしていくことにつながっていくんじゃないかなって思うのです。



ちょっと前までは安い方がいいって思ってお買い物をされてた方も多かったと思いますが、


最近は安いだけじゃちょっとね…って思われる方が多くなって来たように感じます。


いい傾向ですよね。


100%目指さなくてもいいんです。


できるところから、できる範囲でチャイナフリーを目指しませんか?


そしてお金は使っていかないと、お金が世の中に回らないと景気の回復はみこめません。


無駄遣いはしなくていいけど、日本国内で、地方でお金を回すってことが景気の回復にはとっても大切なんです。


私たちみんなで力をあわせて日本経済を支えていきませんか?



     【おまけ】


お友達ブロガーのLisa_ceriseさん中国製品の見分け方を記事にしてくださっています。
お買い物の際の参考にしてみてください。
   必見!中国産の見分け方。

   〜〜〜引用ここから〜〜〜

中国産を排除しましょう!
そのためには、目利きをしなければ!
バーコードの頭2桁を見ましょう。


 tyuugokuuu1.jpg

『69』は『ろくでもない国』(中国)の製品です。
大韓民国もイエローカード。『88』は『嘘パチ(8)の国8』です。


 tyuugokuuu2.jpg

 [世界各国の国コード]
EANコードでは最初の2桁00-99を国コードとし、
加盟国が増えることを想定して、国と国の間に空番号を設けてあります。
※日本には49と45が割り当てられています。

 [EAN加盟国の国コード]
バーコードの国コードを見ると、どこの国から来たかわかります。
[但し、加工地のみです]
産地が中国で、加工地が日本の場合、45 49になりますのでご注意ください。
日本製を買おうと心がけていても、45、49だけを信じていたら騙されます。

じゃあどうするの?という事になりますが、
要は、信用出来る所で買うということが肝心です。
安い商品は、やっぱり疑うべきだと思います。


               〜〜〜引用ここまで〜〜〜 



そしてもうひとつ。コメント欄からの情報です。(Byけろちん さん


「made in R.O.K」と記載してある商品にも要注意です。


なんだかヨーロッパのどこかの国の製品?…って思っちゃいますよね?


実は、この「made in R.O.K」は「Republic of Korea」つまり韓国製なんですよ。


堂々とメイド・イン・Koreaって書かないあたりがちょっとイヤらしいですね。


韓国製を避けたいと思われている方はお気をつけ下さいね。



さて、私は中国産のものが100%危険であるとは思っていません。


かつて 私が買ったモノの中には中国製品がとても多いです。


気付かずに買ってしまってたこともあるし、中国製品しか手に入らない種類のモノもありますから…。(実際、アメリカは中国製しかないことが実に多いのです)


それでも 今のところは健康的に生きているわけですし。


中国製品すべてが危険、粗悪であるとはいいませんが、


危険である可能性が 他の国の製品より格段に高いこと、


そして日本製品を購入することで 日本を元気にするためにメイド・イン・JAPANを選ぼう運動を行っておる次第でございます。


ぜひ、皆さまもできるだけメイド・イン・JAPANの商品を選ぼう運動にご協力をお願いいたします〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 03:56| Comment(42) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。